2012年9月25日 (火)

朝の散歩サイクリング葛飾中川周辺

  ご存知ないかも知れないが、中川は、江戸川と荒川に挟まれて流れる知名度の低い川である。青戸近くで蛇行して、中川の半分が荒川に合流して水量が半分になり、残りがまっすぐな新中川として東京湾に注ぐ。
 しかし、中川放水路というから、新中川かな、そこに男の死体が浮いたという事件がある。酒癖が悪く、暴力を振るう夫を我慢しきれず、母親と共に・・・。同情できる点が多かったが、夫が警察官であったゆえに、センセーショナルに連日新聞に取り上げられ、全国に知れ渡った。昭和27年、古~い古~い話。たぶん、地元の人も忘れているだろう。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

01 まっすぐな新中川の流れに沿った私のサイクリングコースは、中川大橋、高砂橋、高砂諏訪橋、細田橋、三和橋、八剣橋、奥戸新橋、上一色橋、上一色中橋、辰巳橋と、歩行者も自転車に優しい橋がたくさんある。
 矢印→で進むと、分水点、新中川通水記念公園がある。そこまで行くと、出発点の高砂橋に戻るには、橋がない。陸の孤島になっている。

002  昨日は、地図を持って行かなかったら、高砂橋(数年前に完成したハープ橋)は、目の前に見えるが、道路▲が続いていないから、困ってしまった。結局、今来た道を戻った。

 きょうは、地図を見ながら中川を渡って、立石、青戸経由して高砂橋に戻ろうと計画した。ところが、自転車で渡るには親切な橋がない。
 環七が通る立派な青戸橋があるが、その橋は歩行者と自転車は通れない。そこからだいぶ離れ総合スポーツセンター前に奥戸橋がある。きょうは、奥戸橋を渡った。
 奥戸橋は歩道の幅が狭いし、欄干が低いから危険な印象で、夜はあぶなくて通る気がしない。もう一本、奥戸街道にかかる本奥戸橋があるが、これも、車ブンブンの道路だ。

 高砂橋から新中川沿いの三和橋、そこで渡って新中川通水記念公園へ、いい道だ。よく手入れされ散歩コースには最適な道である。しめしめ、新しい散歩コースを発見した。たぶん▲で道がつながらない陸の孤島であるがゆえの幸運だ。たぶん、都内では忘れられた地域かもしれない。
 高砂橋にはハープ橋をかけた。ここにも、当然橋が必要である。行政的に見ると、▲地点は橋を架けないと、この地域が発展が遅れる理由になる。住民がその市民運動をやるほど、エネルギーがない。

所要時間1時間弱、懸命にペダルをこぐと、23度Cでも、汗をかく。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   
人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

ツバメ 梅雨は巣作りの季節

Photo  新聞に載っていたツバメの話は、巣が壊れたので、「どうしたらいいか?」と鳥博物館に相談したら、「ラーメンのカップで補強したらいい」と教えられ、その言葉に沿って修復したのが、この写真である。高い場所にある巣なので、植木職人の力を借りて、直したらしい。
 ツバメには親切、結構みんないい人だ。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

Photo_2  家の人が近所のビルの一階駐車場の一角に巣を作っていた。オーナーがツバメの味方でないと、雛が生まれると、排泄物が下に落ちるから、嫌われて追い出される。幸いそこの巣は、下に板を補強して糞害に対策を取っていたから、大事になれているのがわかる。

Swallows_nest 子供のころ、うちでも、玄関の天井に電気の碍子のところに巣を作っていた。昔の家は。玄関が開けっ放しになっているから、ツバメの出入り自由であった。昼間は、田舎の道路を低空飛行で、虫をとっては、巣に戻り雛にえさをあげていた。どこで交尾しているかわからないが、巣に卵を産んだのち、雌雄の親が交代で卵を温めて、雛がかえるとえさを運ぶ。生まれたばかりの雛に大きすぎるえさをもってきて、巣のしたに落とすことがある。

 きっと亭主ツバメは、母親ツバメに注意されるかもしれないが、オニヤンマのような滅多見かけないトンボを取ってきても、赤ちゃんツバメは落としてしまうこともある。昆虫採集しようとしても捕まえられない虫を取ってきていた。ほかは、何をたべさせているのか、かわらないが、かなり雑食のようだった。
800pxhirundo_rustica_mhnt_2  成長すると、飛び出していって、一人前になっているが、しばらくは夜寝る頃には戻ってにぎやかに集まっていた。一回の子供が成長しても、南へ帰るまでにもう一回産卵して育てるようだった。そのときは、前の子供は戻ってこなくなっていた。

 梅雨の時期、小雨けぶる道路を低空でツバメが飛んでいるのは季節感がある。そういう時期が来るともうじき夏なんだと思った。田舎の町では、市街地の家に「ツバメが巣をつくるのは、裕福な家になる」と、言い伝えがあると、ツバメの巣を母は守っていた。

 ただ、昼間は玄関を開けているが、夜ツバメが帰ってきて戸締りをするのはいいが、朝明るくなれば、ツバメはえさを取りに行きたいが、人間たちは起きてこないから、狭い中で飛び回り煩かった。戸をあけてやると、勢いよく飛び出して行った。

ツバメ(燕、学名:Hirundo rustica):スズメ目、ツバメ科に属する鳥。
Swallows_nest_2 
全長 は約17 cm、翼開長は約32cm。背は光沢ある藍黒色、喉と額が赤く、腹は白く、胸は黒い横帯がある。尾は長く、この尾を燕尾形という。翼が大きく、飛行に適している。脚は短く歩行は不得意、巣材を求めるとき以外は地面に降りない。
鳴き声 繁殖期にオスは『チュビチュビチュビチュルルルル』と大きなさえずり声で鳴く。早朝から午前中にかけて耳にする機会が多い。
食性 飛翔する昆虫などを空中で捕食する。水面上を飛行しながら水を飲む。
 日本では、沖縄県以外で
繁殖。ツバメの越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。
越冬ツバメ」は、中日本から西日本各地で見かける。それが、日本で繁殖したツバメか、シベリアなどより北方で夏に繁殖したものであるのかはよく分かっていない。 
 通常は新しい巣を作るが、古い巣を修復して使用することもある。
産卵期は4~7月、一度に3 - 7個の卵を抱く。主にメスが抱卵。抱卵日数は13 - 17日。巣内での育雛日数は20 - 24日。1回目の巣立ちは概ね50%程度。
 落ちたツバメのヒナを人間が育てることはとても困難である。日本では、鳥獣保護法によって野鳥飼育は禁じられているが、保護のために許可を得て飼育することは可能である。
 
集団ねぐらの形成 巣立ちを終えたヒナと親鳥は河川敷や溜池の葦原(よしはら)に集まり、数千羽から数万羽の集団ねぐらを形成する。wikipedia参照

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

Eラーニング nozawa22の楽しみ方 うちの仕事 おすすめサイト その時歴史 アメリカ関連 アンケート入力 アンケート集計 アーカイブス切抜き宝庫 イギリス、ヨーロッパ ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング ゲーム スポーツ テープ起こし データ入力 ニュース ノーベル賞 パソコン・インターネット ファッション・アクセサリ ベトナム ペット マスコミ メール ランニング ロシア問題 世界、地球 中国と中国人 事件・事故 人生訓 人間の本質 住まい・インテリア 余暇の善用 健康 先生、教師 出世 創価学会、公明党 動物 北朝鮮問題 医療 友人 司法 国家戦略 国際政治 地方自治 外国習慣 季節景色 学問・研究 学問・資格 学校・受験 宗教 宝飾アクセサリー 家族 平和 年賀状 幸福 心と体 恋愛 恋愛、愛 意見・主張 愛国心 慶事 慶事おめでとう 戦争 戦後日本の問題 手紙 携帯・デジカメ 政治 故郷追憶 教育 文化・芸術 文章 旅、旅行、見聞 旅行・地域 日本の体質 日本文化 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 時々刻々 書籍・雑誌 東京見聞録 歌、メロディ 歴史 歴史文化 死の門出 環境エコ 生き方 生活 病気 社会問題 私の提案 経済・政治・国際 経済・金融 結婚 美容・コスメ 職業プロ 育児 芸能・アイドル 草花 言語問題 詩歌 読書 財産形成 趣味 選挙 野球 録音起こし 青春時代 韓国、アジア 音楽 食べ物、食文化