2012年5月11日 (金)

北方領土解決 プーチン大統領で好機到来

4rian_00142729_lr_ru  5月7日、隣国ロシアにプーチン大統領が再び誕生した。
 4年間、メドヴェージェフ氏が大統領を担う中、首相としてかなりの実権を握り続けてきた。その後、大統領任期が6年に引き伸ばされた大統領に就任し、名実ともに、プーチン氏はロシアの最高権力を掌握した、といってよい。プーチンは今後、最大連続二期12年間も政権を握り続ける可能性がある。
 つまりプーチンの対日政策が、今後当面の日露関係や北方領土問題の帰趨を決するといえるのである。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 

250pxvladimir_putin_with_lyudmila_p プーチンは親日家で、娘は大学で日本語専攻している。奥さんと娘が前世は日本の「呉服問屋の娘」だという占いを信じているらしい。

メドベージェフ大統領に代わって、プーチン大統領が再登場してきて、反プーチン運動で400名の逮捕者が出るほどで、何で?とよくわからない国内事情を抱えているが、日本にとっては、プーチン大統領は、今までのロシア大統領のなかでは理解のある人ではないか、と日本のマスコミも歓迎している。北方領土の解決のチャンスであると。

YAHOOニュース(インタファクス通信)によると、
 日ソ共同宣言(1956年署名)に基づき、歯舞、色丹の「2島引き渡し」平和条約を求める考えで、プーチン大統領は交渉を開始する腹積もりだ。日本の求める四島返還との隔たりは大きい。

1956049 鳩山一郎と河野一郎が連れ立ってソ連へ行った飛行機中では、鳩山一郎は書類に目を通し勉強してる一方、河野一郎は飛行機野中で熟睡をしていた、というエピソードがある。鳩山一郎=鳩山由紀夫、邦夫の祖父、 河野一郎=河野洋平の父、河野太郎の祖父

Pn2012050801002106___ci0003  メドベージェフ前大統領が2010年、国後島へ訪問強行するなど対日関係を険悪化させたのに比べ、プーチン氏は、中国以外のアジア太平洋諸国と関係を強化する方針も鮮明にしている。
 プーチン氏は、外国メディアのインタビューで、領土問題を「最終決着させたい」と発言。ただ、パノフ元駐日大使は「今もプーチン氏は日ソ共同宣言が交渉の基礎となる唯一の文書だと考えている」と指摘。

プーチン氏は01年3月署名のイルクーツク声明では、日ソ共同宣言を「交渉の出発点を記した基本的文書」と明示した上で、歯舞、色丹以外の国後、択捉を含む四島帰属問題を解決することに同意した。

423287_c450 
ここには①「色丹と歯舞の返還時期や方法」と「②国後、択捉の帰属」を併せて協議する日本側の「2島先行返還論」(同時並行協議)も反映されていた。
 ところが、ロシア側は「日本が、イルクーツクの交渉プロセスを拒否したことが、交渉の停滞を招いた」(パノフ元駐日大使)とし、野田政権が再び同時並行協議の線で動くとみている。

 ただ、プーチン氏は前回大統領期(00年~08年)に比べて支持基盤が弱まっており、ロシアが北方領土で「譲歩」することは考えにくい。早くも国営通信社が「(同時並行協議に固執すると)日本は領土問題解決の歴史的機会を失う」「(弱気になって)日本は2島返還での解決を模索」などと、足元を見透かした報道をしている。

 ロシアでは都市部住民を中心に反政権機運がじわじわと広がっており、中長期的にはロシアの政体が変わる可能性もある。国力を増す隣国の中国は、ロシアの潜在的脅威であり、中露関係が最大のネックだ。北方領土問題の解決には、こうしたロシア内外の要因も大きな意味を持つ。

F0365b51c0d50aa80220331c8ddc81aa色丹、歯舞、国後、択捉、4島を地図で並べてみれば明白なとおり、色丹、歯舞二島返還で領土問題はおしまい、とはとても言えない。
 交渉の仕方として、まず、交渉のテーブルについてこの北方領土問題で、ロシアに譲歩だけを迫ると、日本が強気で勝ちに出ているとロシア国民が思う。

 ロシアの経済の発展に寄与する「友好国日本」というイメージを売り込まないと、「強欲日本」としか思われない。今の北方四島のロシアは、満州に入植地を求めた日本と同じようなものだ。日本は満州で土地を奪われた馬賊みたいな立場。あくまでも、四島回復をしないと満足できない立場ではあるが、満足な解決求めて戦争するわけにいかない。


423287_c450
 そこで、 面積比から言えば、歯舞+色丹+国後=択捉で、ほぼ同じになる。要するに、3島対1島で等しくなる。しかし、たとえロシアをそれで納得させても、日本側はそれでもだめだ、と大声を上げる者がいる。「4島絶対一括返還」を要求する方々が多い。四島で面積は、九州の福岡県とほぼ同じ。
 そこで、三島を日本帰属にし、残りの択捉島に関しては、別途特別な措置をしておく。例えば50年ローンで買い取る約束をする、あるいは、現在北方領土に住んでいるロシア人は引き続き、ロシア人でも、日本人でも日本国籍を付与するなど生活上の便宜を図る。

  プーチンだからこのアイディアを語れるのである。彼から日本に譲歩する気持ちを引き出すためには、日本側も知恵を出して、一件落着に持っていく大いなるチャンス。それは、まず日本は、プーチンと
本当の友好関係を築くことだ。

 日本がロシアと友好的関係を築くことで、それが自然に対中国の牽制となることを、やはり伊勢氏は指摘している。
 その点からも、これは戦略的に非常に重要な点となる。ロシアはインドとの友好関係も強めたいとしているが、日本もインドと友好的になり、日本から見てロシアとインドの「核保有国」が日本の友好国として控え、正面は日米安保で対応する。そうすれば、中国の日本に対する態度も強気一本で対応はしにくくなる。という外交的なメリットがある。 
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/705/

 極東でロシアは何を求めているか、
①シベリアの液化ガスの販売先
②シベリア鉄道の延長支援
③シベリア+沿岸地域開発
 液化ガスは、中国に売るあてにしていたが、中国はキルギスと交渉して、ロシアを相手としなくなった。ロシア資源の販売先として、ロシア経済のためにも、日本が購入先になってもらいたい。ロシア資源を起爆剤として考えるプーチンは平和条約を結んでない日本との交渉は、大きなテーマとなる。

 
これらの点を知って、日本が技術協力、経済協力をして、日ソ友好で、極東経済発展を北方四島と沿岸地域を発展できる共栄圏にする構想で、交渉していけば、択捉島も日本に帰ってくると思う。
 そうしたら、60数年前の「中立条約違反問題」、満州から工場など資材の持ち出し、「日本人シベリア抑留問題、無給働き」など、数々あるソ連に対する恨みも、かなり消える。
 そのために、「四島一括」という題目で、入口に入れないでいるより、プーチン大統領のときに「平和条約締結」という入口を通過しよう!そのチャンスだ。そこから、日露お互いに発展しようと、日本の世論が一致して進むのがいい、と思う。

「極東経済発展を北方四島と沿岸地域を発展」の共栄圏をつくれば、13億人中国に対する1億人日本の守りも堅くなる。対2億人アメリカへの発言も強く出られる。11億人インドとの連携もうまくいく。アジア全体が安定する。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 

ソ連・ロシアとの関係   被爆国日本が、核兵器を模索 ノモンハンでソ連に惨敗の教訓 プーチンに服従か離反か グルジア  ゴルバチョフ「日本が核廃絶リーダーとなれ」 日本びいきのウクライナの歩み  「ロシア油田」中国と競合から考える  麻生首相 強欲ロシアに呑まれるな  メドベージェフ大統領とプーチン首相  ロシア自爆犯、17歳妻だった 

シベリアの抑留日記  ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋  戦後引き揚げ 故郷への道  シベリア抑留の話 シベリア抑留 当時16歳の体験者 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮  中国漁船の悪辣さ写真(朝日新聞) 何で日本は戦争したの? 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮 北方領土 四島一括か 二島分離返還か  吉田正シベリアで作った幻の4曲ロシアと共同開発 国後島沖 天然ガス田。 動画 一億玉砕への道・日ソ終戦工作  日本海周辺5カ国 友好愛隣の交流  東を征服せよ=ウラジオストック(ロシア) !

| | コメント (2)

2012年2月23日 (木)

地下38m凍土 3万年前のナデシコ咲いた

02 昨日の朝日新聞の一面に載っていた。 地下38メートルに埋まっていた三万年前の永久凍土から発見されたナデシコの種を培養して育てた。アメリカ科学アカデミーの雑誌に発表された。(開花したのはナデシコ科の「スガワラビランジ」。)

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

日本で咲いた古代ハスは、数千年前の種から育てのだが、これは、化石の一部を培養して育てたというから、ロシアチームの技術だ。

そういう技術があるなら、マンモスは永久凍土から発見されることがよくある。マンモスだってよみがえらせることは可能ではないか。

種から花を咲かせたような印象を受けるが、これは記者の知識不足か、読者に分かりやすく書いたためか、種のまま育てようとしたが、失敗したというのが真実のようだ。培養技術でというが、細胞遺伝子から作り出すのとも、違うようだ。

 最初は種から再生することを試みたがうまくいかなかったため、状態が良い化石を選んで、めしべの組織の一部を採取、培養して育てたところ、1年後に白い花を咲かせるのに成功した。胎座から細胞を取り出して解凍し、クローン技術で培養皿から再生することにした。
 興味深いことに、現在のスガワラビランジの種の発芽率は 90%であるのに対し、化石から再生されたスガワラビランジから採れた種は 100%の確率で発芽したとのこと。また、細長い葉の形は今も昔もほとんど変わらないとのことだが、花弁は昔の方が細く広がっていたそうだ。

http://science.slashdot.jp/story/12/02/23/005213/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%81%A7-3-%E4%B8%87%E5%B9%B4%E5%89%8D%E3%81%AE%E7%A8%AE%E3%81%8C%E7%99%BA%E8%8A%BD(スラッシュドット・ジャパン)

「現在のスガワラビランジの種の発芽率は 90%であるのに対し、化石から再生されたスガワラビランジから採れた種は 100%の確率で発芽した」とのコメントは示唆に富む。
 人間に当てはめて考えると、どうだろう。
 昔、人間は完全に元気な子供が生まれたが、現代では、一割は弱い子供、支障のある子供が生まれると考えられる。氷河時代の人間の種は確実に生きる力があったが、今は病弱な子が生まれる・・・、という仮説はどうだろう。

以下「ナショナル ジオグラフィク」から引用http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120222001&expand&source=gnews
Tky201202210483 
ロシアの研究チームが約3万2000年前の種子から花を咲かせることに成功した。これまで発芽、生育に成功した種子は2000年前が最古で、その記録が3万年近く更新された。
 開花したのはシベリア原産でナデシコ科のスガワラビランジ(学名:Silene stenophylla)。研究チームがシベリア北東部を流れるコリマ川沿岸部で種子を発見した。氷河期に、リスが食料貯蔵のために隠し埋めたと見られており、放射性炭素年代測定の結果およそ3万2000年前の種子と判明。
 永久凍土の地下38メートル付近から出土し、周囲の地層からはマンモスやバイソン、ケブカサイ(毛サイ)などの骨も見つかっている。発見された複数の種子は、成熟と未成熟が混在していたが、成熟した種子はいずれも損傷を受けていた。貯蔵中に発芽しないようリスが傷付けたと見られている。一方、一部の未成熟の種子は発芽能力を持っていた。
 研究チームは、凍結した種子から組織を抽出。複数の容器で見事発芽させることに成功した。その後も順調な生育経過をたどり、花が咲いた1年後には新たな種子を実らせた。また、発芽した植物はすべて同じスガワラビランジだったが、現生種とは花の形状が異なっていたという。

 アメリカ、ミズーリ植物園の名誉園長で植物学者のピーター・レイブン氏は、「手順に誤りは見当たらない。実にすばらしい成果だと思う。今後もこのような発見が報告されることを期待している」と語る。

◆種子の保存技術に進歩をもたらす可能性
 永久凍土が“古生物遺伝子の貯蔵庫”の役割を果たす可能性を示唆していると専門家は指摘する。つまり、永久凍土を探せば、復活できる絶滅種が見つかるかも知れないのだ。
 イスラエルのアラバ環境学研究所(Arava Institute for Environmental Studies)の植物学者エレイン・ソロウェイ氏は2000年前のヤシをよみがえらせた経験があり、今回の成功まで最古の記録を持っていた。しかし同氏が手がけたヤシの種子は、永久凍土とは対照的な冷涼で乾燥した地域から発見されている。 同ソロウェイ氏は、摂氏マイナス7度で長期間凍結していた種子を発芽させた点に大きな意義があると述べる。「
凍結保存された種子を解凍し発芽させる方法について新たな知見が得られれば、非常に価値のあることだと思う」とソロウェイ氏は語る。また同氏は3万2000年もの間、種子が発芽可能な状態で保存された条件を特定し、人為的に再現できれば、種子の長期保存にも役立つと話している。
(今回の研究結果は、「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版で2月21日に掲載。)

 摂氏マイナス7度で長期間凍結していた種子を発芽させた点に大きな意義がある。「凍結保存された種子を解凍し発芽させる方法について新たな知見が得られれば、非常に価値のあることだと思う」
このコメントも、人間の精子、卵子の保存に画期的な発展を遂げることを言っている。資産家の遺伝子で、現在子供がなくても、死後に子孫が生まれる可能性がる。哲学者、科学者、政治家のDNAを引き継ぐ子孫が生まれる可能性がある。また、絶世の美女の子孫が自分の子供として生むことができる。それが2000年前のカエサルの子ででも、プラトンの子でも、孔子の子供でも。楊貴妃、クレオパトラ似の子でも産める。
 それは、どうかな?ペットなど犬の世界では、一世を風靡したスピッツがいなくなり、今の流行の犬は・・・、となるように、今年の子供はアレキサンダー似の子供です・・・、ということになったら、どえらいことだ。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

日露戦争日本海海戦でバルチック艦隊全滅

32593263  二年越しの司馬遼太郎原作NHK「坂の上の雲」この昨日の放送出終わった。日本海海戦、これほど鮮やかに日本が勝利した戦いは、日本の歴史を紐解いても、見当たらない。平和を好むのは当然であるが、憎むべき戦争でも、日本が勝利すると、その戦争を憎む前に、勝利の喜びが沸く。太平洋戦争では味わえなった勝利を、日露戦争、特に日本海海戦では、味あわせてくれる。昭和二十、三十年代の日本人も、戦争に対する意識も変わってきた。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

人間のサガというものだろうか、戦争は勝つことで、戦争の罪悪意識を取り除いてしまう。戦争は、戦闘そのものがいけないが、いつの間にか、負けることがいけないになり、勝てば戦争もOKになりがちだ。

3306 3309 明治も30年ころまでは、日本は西洋列強に追いつき追い越すことが目標で、西洋の文明を取り入れ、西洋の文物と意識に追いつくことが「坂の上の雲」であった。

ロシアという白熊、怪物がアジアの日本海へ出てくる気配が濃厚であった。それを中国と朝鮮という地域でバリケードをつくって、ロシアと接しない工夫をしていた。ヨーロッパ人の仲間の白人ということで、ロシアの文明国で軍事大国だと思って見られていた。

それを日本は、完膚なきまでにこの白熊の怪物「バルチック艦隊」を全滅したら、ロシア周辺国で圧迫うけている国では、日本の勝利を大歓迎であった。だから、フィンランド、トルコに「東郷ビール」が作られているといううわさがあったが、日本人の願望が、日本が日本海海戦でロシアに勝った・・・だから、トルコAmiraalilblには「トーゴービール」がある、と信じてしまったのかも。

もしかすると,かつてのAmiraaliビールの日本向け輸出用製品に日本語文字付きのラベルをつけていて出しているラベルが、それを複製しているのかもしれません(ただ,Plevnaのラベルは,「復刻版」のものとちがって"EXPORT"の文字は入っていない)

極東の小さな国日本に海軍が、大ロシア軍率いるバルチック艦隊をまるですれ違いざまに、切り殺すような殺人殺陣をやってのけたことに、同盟を組んでいたイギリスは一番驚いた。イギリスの代表新聞タイムズが、日本が勝ったという一報に疑って、そのニュースを確認するため、新聞の輪転機を廻す時間を遅らせた。それが事実であるとわかって、世界の大ニュースになった。

バルチック艦隊は全滅したが、まだまだ日本の連合艦隊と戦うだけの余力は残っていた。バルチック艦隊は、ロシアにとっては二軍、三軍という意識で、水兵は1軍から追い出されたような粗悪品兵士だったという。日英同盟でイギリスの息のかかった国での補給をさせない措置で、ロシア艦隊はどこの国も燃料補給をさせなかった。だから、質にいい無煙炭を載せることができず、煙のもくもくでる粗悪石炭を載せていた。寄港しようとしてもイギリス・フランスの植民地端寄れないから、特に大量石炭を積んだから、船足がのろくなったという。

 新米水兵、訓練してあるといっても、一ヶ月二ヶ月で号令一下、操船がうまくできるわけではない。とくに革命の機運が盛んになって、バルチック艦隊内では、ストライキまがいのことが起きていたという。

220pxtogo_1907 _saneyuki 東郷平八郎 秋山真之 日本側は、東郷平八郎以下、一致団結して、旅順港封鎖から、毎日訓練して巨大な国ロシアと戦う緊張感で水兵の一兵卒にいたるまでが愛国意識で高まっていたのは確かである。

イギリスとの同盟して、通信機、最新大砲など、兵器、備品の便宜を得た。通信機器にも、ロシア海軍の動きの情報も逐一得ていた。これは、太平洋戦争時とはまるで逆で、ロシア以外の国から日本が戦うのを応援されていた状況であった。

日本領海内に近づくと、島の漁師がバルチック艦隊が日本海を北上しているのを見た。それが、連合艦隊に伝わった。

七段構えの戦法、これは秋山真之参謀が立てたバルチック艦隊を全滅させるための周到な迎撃作戦計画。「天気晴朗なれども波高し」の電報で、大本営は、第一段(前夜奇襲)が行われないと理解した。実際には、第二段と第三段のみでバルチック艦隊を殲滅した。
第一段 決戦前夜、駆逐艦・水雷艇隊の敵主力部隊へ奇襲雷撃
第二段 敵進路をふさぐ丁字戦法で、わが艦隊の全力で敵主力部隊を砲雷撃による決戦。
第三・四段 昼間決戦のあった夜、再び駆逐隊・水雷艇隊の全力で、敵艦隊を奇襲雷撃。高速近距離射法が行われた。
第五・六段 夜明け後、わが艦隊の主力を中心とする兵力で、徹底的に追撃し、砲雷撃により撃滅
第七段 第六段までに残った敵艦を、事前に敷設したウラジオストック港の機雷原に追い込んで撃滅

200px1 3266 丁字戦法 秋山参謀と東郷司令長官の一致した意見によって、丁字戦法を採用。実際の進展は次のようなものだった。
1.敵艦隊に対して平行にすれ違う航路(反航)をとる
2.すれ違い直前で敵前回頭を行う
3.自艦隊の足の速さを頼りに敵艦隊の先頭に対して斜め後方から敵進路を遮蔽する(「丁」より「イ」に近い形になる)

3261 東郷は敵前でUターンをした。というようりαアルファ運動というほうが正確に近い。後 3283 続する各艦は旗艦三笠が左折した同地点に来ると、よく訓練されたダンサーたちのように各艦左へ曲がる。それに対してロジェストウイスキーの艦隊は二本もしくは二本以上の矢の束になって北上している。東郷は横一文字に遮断し、敵の頭を抑えようとした。だが、この戦法は、場合によっては、味方に破滅する恐れがある。三笠以下の各艦は次々に回頭している間、三笠は砲撃は不可能に近く、敵とっては、極端に言えば、静止目標を撃つようにたやすい。

3273連合艦隊の目標は、敵の旗艦スワロフであった。海戦の始めにあたり、東郷と秋山真之の一致した「全力を上げてわが敵の先頭をうち、やにわに二、三隻をうちとるべし」という見解は、秋山真之の日本の水軍の戦術案から抜き出した戦法であった。東郷は、真之の立てた戦術原則の通りに艦隊を動かした。

「天気晴朗なれど、波高し」天気晴朗というのは、視界遠くまで届くため、取り逃がしは少ないことが濃厚に感じ、さらに「波高し」というのは物理的な状況はロシアの軍艦において大いに不利であった。敵味方の船は波に大きく動揺すると、波は射撃にくく、十分な日本側に有利で、ロシア側に不利をもたらす。極めてわが方は有利という象徴した一句であった。ロシア側は先頭の三笠に砲撃を集中した。旗艦三笠は多くの被弾をして、船体が不発弾の重さで傾くほどであった。

秋山真之の戦術は、どの戦術書にも載っていないものであった。日本海を七段にわけ、白昼の砲撃戦と日没後の駆逐艦等50隻の駆逐艦、水雷艇の受け持ちであった。彼らは夜明けまで、一睡もしないでロシア艦隊の残存を探し夜襲を繰り返し、敵を一隻も残らず沈めた。

夜明けと共に、ロシア艦艇は白旗を掲げたが、降伏要件として、エンジン停止が行われていないので、攻撃を続けたが、気づいエンジンを停止したところで、旗艦から秋山以下の臨検が行われた。

ロシア敗戦理由
①長途の航海 ②編制・装備 ③指揮統率 ④バルチック艦隊の隊形の不備
連合艦隊の勝因
①日英同盟の恩恵 ②七段構えの戦法

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

日露戦争日本海海戦でバルチック艦隊全滅  坂の上の雲(再放送) カラ元気な明治: nozawa22  日露戦争二百三高地争奪戦と日本人

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

日露戦争二百三高地争奪戦と日本人

3078 3076  十代後半であった祖父は日露戦争の二百三高地の激戦で、日本の将兵が5万人も戦死した報道をみて、徴兵されたら戦死は覚悟しなければならないと思ったそうだ。その当時、長男とか、家督を継ぐものは、徴兵猶予され、次男、三男は、優先的に徴兵されていた。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村nozawa22

明治時代、田舎では次男三男は、こぞって一人娘の婿になろうとしたそうだ。祖父は、長男ではなかったので、一人娘であった17歳の祖母のところへ、祖父が24歳で養子になったと聞いた。寺子屋でその年まで勉強に通っていたらしいが、祖父はそれを目にしていたのだろうか。

3064 白襷隊とは、先陣突撃隊 日露戦争二百三高地での戦死者が五万という数は、徴兵される側としては、恐怖の戦場であった。出兵13万中の5万の戦死は、かってない激戦であった。日米戦争(太平洋戦争)時のときほど、徴兵を逃れ養子、婿にいく手に厳しい目はなかったのかもしれない。非国民と言われることはなかったのだろう。

203高地(にひゃくさんこうち)は、中国北東部の遼東半島南端に位置する旅順(現在の大連市旅順口区)にある丘陵である。1904 - 1905年の日露戦争ではロシア海軍の基地のあった旅順港を巡る日露の争奪戦による激戦地となった場所。

日露戦争において、ロシアの旅順艦隊を旅順港に閉じ込める作戦を失敗して、日本海軍は旅順攻略するには、陸上からの攻撃で戦艦を沈める作戦のため、日本陸軍が旅順要塞を攻撃することを要請した。。

二百三高地ではなく、近くの占領した大孤山から観測射撃を実施。砲撃開始2日目には戦艦レトヴィザンに命中弾、旅順艦隊に危機感、ロシア軍側も、二百三高地から攻撃されたらイチコロ、しかし攻撃側からすると攻撃用陣地を移動に時間がかかるだけでなく、敵ロシア軍からマル見えで攻めるに不利な地点であった。。
3069  しかし、海軍からすると、旅順港停泊中のロシア艦隊を砲撃する弾着観測点として好適で(秋山真之が進言したともいわれる)、要塞の西方から重点的に攻勢するべきだと主張した。中央の大本営が同調して、満州軍総司令官の大山巌や総参謀長の児玉源太郎も、二百三高地攻略の方針になった。

これに対し現地軍である第三軍司令官の乃木希典らは
1.既に大孤山からの観測砲撃や黄海海戦で旅順艦隊は壊滅し、観測点など必要としない。
2.艦隊が殲滅しても、要塞守備隊は降伏せず、降伏しない限り、乃木の率いる第三軍は北上できない。そのためには、要塞正面への攻撃による消耗戦しかない。
 と判断し、海軍や大本営の二百三高地攻撃要請を却下し続けた。

 当時(第一次世界大戦前)戦車や航空機がない以上、歩兵による塹壕から鉄条網をやぶり、機関銃で敵要塞を攻撃する消耗戦しかなかった。乃木の第三軍は満州軍所属で、大本営の指揮下にはないが、戦況の悪化に伴い、大本営の指示に従うことになった。そこへ児玉源太郎が乗り込んで、作戦変更を強いた。

 その部分を「坂の上の雲」で描いていた。
 総参謀長の児玉源太郎が乃木の補佐として乗り込み、
「大山(巌)閣下の司令により、児玉が乃木の相談役をあずかることになった。
 攻撃計画の修正を要求する。
①二百三高地占領を確保するため、すみやかに情報隊を移動して、これを高崎に陣地の変換をもって目標攻撃を…
(大砲陣地の移動は不可能であります)二十四時間に陣地転換を完了せ3065 よ。
②二百三高地占領の上は、28サンチ榴弾砲をもって、一昼夜15 分ごとに連続攻撃を加えよ。敵の追撃に備うべし。」
すると、列席の第三軍の幹部参謀の一人は
203高地への援護射撃をするとおっしゃいましたか。(ゆうた)味方を撃つ恐れがあります。その公算大であります。」
「そこをうまくやれ。」
天皇の赤子を天皇の砲をもって撃つことになるのではありませんか!
「陛下の兵をむだに死なしてきたのは誰か。これ以上死なせんように、作戦を変更を望んどるんじゃ!
 援護射撃は、なるほど玉石ともに砕いてしまうだろう。じゃが、その場合の28_4 人命の損失は、この作戦を続けていくことによる地獄と比べれば、はるかに軽微じゃ!今までも何度か突撃して山上につりついた。そのつど逆襲されて殺された。その逆襲を防ぐんじゃ。防ぐ方法は一大巨砲をもって援護射撃以外ない!援護射撃は危険じゃから止めるというその手のしゃくし定規の考え方によって、今までどんだけ兵が死んできたんか!?
 諸君は昨日の専門家かもしれんが、明日の専門家ではない。戦争は今、作戦の転換を命じておるんじゃ。」
 高橋英樹演ずる児玉源太郎が、満州国第三軍の参謀連中を前にして作戦変更する演説を幹部にする。味方の犠牲者をいとわず、28サンチ砲で援護射撃を積極的に行う。作戦変更が見事に当たり、決死の突撃が行われて、正面防御線の東鶏冠山保塁、二龍山保塁などが相次いで陥落、翌1905年1月1日に要塞は降伏した。二百三高地の要塞をロシア軍から奪う。
 人命を無視した作戦は、明治期だからこそできた作戦であるだろうが、乃木希典の長男、次男ともにに百三高地で戦死。後頭部を砲弾にえぐられ戦死。

3087 3084  強かったと言われる北海道第7師団(旭川)は、15,000人ほどの兵力が五日間で1,000人にまで減少した。ロシア側は予備兵や臨時に海軍から陸軍へ移された水兵までもが、この高地で命を落とした。二百三高地の上から、児玉源太郎参謀に「旅順港にいるロシア軍艦がはっきり見える」と報告電話をするシーン、占領した日本兵のバンザイが日本国民の悲願達成!という喜びが涙となって、伝わってくる。

183_2 日露戦争の勝敗は、日本が勝ったというなら、この二百三高地を占拠して、バンザイ!と叫んだときにあるだろう。死傷者の数からいえば、日本軍が勝ったといえるか、それははなはだ疑問である。(秋山真之の作戦で勝利した日本海海戦は、この項では取り上げていない)

敵の将軍ステッセル、彼も堂々として乃木将軍との会談に現れ、乃木の印象が非常に良かったと評しているが、乃木はこの二百三高地の戦闘方法が児玉らの「人をひとと思わずつぎ込む」こと、勝つことが主眼としたやり方ができなかった、と「坂の上の雲」司馬遼太郎に評されている。(これは私の見方) 

3088 乃木希典は、自作の漢詩で203高地を二〇三(に・れい・さん)の当て字で爾霊山(にれいさん)と詠んだ。
爾霊山嶮豈難攀  爾霊山 攀リ難く嶮なれど 
男子功名期克艱  男子功名 かんかつ期し難し
鉄血覆山山容改  鉄血 山を覆い山容を改む 
万人斎仰爾霊山  万人斉しく爾霊山を仰ぐ

3063   昔の人は、何かあるごとに、漢詩を詠んで嘆じたが、今どきはどうしているのだろう。女性は短歌だったりして、歴史的な事柄を日本人は歌っちゃうんだね。オバマは、イラクの終結を詩にしないのでしょうかね。原発事故終結宣言で、漢詩を一首…と、しゃれたらどうなんだろう。ケチつけられ、クソミソに言われるかもね。その漢詩がうまかったら、世界に広まるかもしれない。   参考ページhttp://www.webkohbo.com/info3/meiji/nogi.html
旅順陥落 二百三高地 http://youtu.be/SdJYbuILG08

坂の上の雲(再放送) カラ元気な明治: nozawa22

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村nozawa22

| | コメント (2)

2011年9月11日 (日)

東を征服せよ=ウラジオストック(ロシア) !

01 日本海に面したロシアの都市ウラジオストックの意味、これがロシアの意図を表現している。

ウラディ=征服 
ヴォストーク=東 (ロシア語の意味)

同じような地名がグルジア国境に「ウラディカフカズ」と街があります。「カフカスを征せ」、ロシアには領土に対する欲が露骨ですね。海に囲まれた日本のお坊ちゃん内閣は、この貪欲さを真似できますか。

「1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村 nozawa22 ←クリック

これはNHK三年大河ドラマ「日のあたる坂道」で広瀬武夫が秋山真之にロシアに行きたいと語る場面で、「ウラジオストックは、東を制服せよ」という意味だと語った。そんなんだ、ロシアは、不凍港を求め南下する政策をずっと続けてきた国。それで、朝鮮や中国に領土を求めて遼東半島などめぐって、明治開国以来、日本と争ってきた。それが、急に政策や願望が変わるはずがない。そこで、ロシアの懐に飛び込んで、ロシアを研究したい、と広瀬は秋山真之に語るわけだ。

広瀬 武夫(慶応4年5月27日(1868年7月16日) - 明治37年(1904年)3月27日):明治の大日本帝国海軍軍人。日露戦争で旅順軍港封鎖で「杉野はいずこ?」殉職エピソードで、戦前は「軍神」として神格化された。

2011090801001039 北海道沖の空域で空中給油を受けるロシア軍の爆撃機(右)=8日午後(防衛省提供)
そのロシアは、野田内閣が成立したと同時に、偵察機を飛ばし、日本の周辺を一周した。ロシアは二機で、燃料を空中補給をしながら、十数時間飛び回ったという。これ、日本自衛隊はスクランブルをかけて追い払った・・・ような形で終わったようだが、ロシアの出方をいつもみているロシアウオッチャーには関心あったが、一般にはあまり注目されていない。

Images ●ロシア爆撃機2機、14時間にわたり日本列島1周

 日本の野田佳彦首相が就任して1週間も経たないうちに、ロシア爆撃機と中国軍用機が同じ日に日本列島周辺を飛行したことが明らかになった。

朝日新聞は「8日、ロシア軍爆撃機2機が14時間にわたり日本列島を1周し、中国軍情報収集機は東中国海(東シナ海)の日中間境界線を侵犯した」と伝えた。
 日本メディアは「ロシア、中国ともに野田政権の外交路線を試している」と分析した。

Ryoukuu ロシア軍の長距離爆撃機TU-95は8日午前6時ごろ、対馬の東側から日本領空に接近、九州西部と沖縄島南部を通り、日本列島に沿って太平洋上空を北上した。
 特に、野田首相が東京電力の福島第1原発を視察する時間に合わせて福島県上空を飛行した。
 日ロ間の領土紛争地域であるクリル列島(北方領土)付近上空では空中給油機IL78と合流し、空中給油を受けた。
TU-95は北方4島のうちクナシル島(国後島)付近の上空から対馬まで南下し、またクナシル島まで北上する飛行訓練を終えて午後8時ごろ、ロシアに戻った。

ロシア軍爆撃機が日本列島周辺上空を完全に一周したのは今回が初めて。 この日、日本航空自衛隊も万一の事態に備えて戦闘機を緊急発進させ、一時緊張が高まったりもした。 日本防衛省のある関係者は「前代未聞の露骨な挑発であり、今後の動向も予測できない」と非難した。 藤村修官房長官も「ロシア軍の訓練領域がここまで日本領空に近いのは異例」と懸念を表した。 (朝日新聞9/10)

ロシアの日本をなめ切った態度に、毎回、生ぬるい態度をとっているから、日本はこんな国という判断をされる。ロシア国民もそう思っているのではないか。中国も、同じように尖閣諸島の領海に出入りした。日本は野田内閣になって、かわったか、ちょっとちょっかいを出して様子を見るようだ。

Kcid_c1dce5ccbd2d4a08b280d54e462e85 Imagescac3muoo 今までも、日本の周囲に偵察機は来ていたが、昨年までは日本一回りした例はなかった。急に給油機まで連れて、一回りするとは、大胆不敵だ。平和憲法のもとに専守防衛、静かにしていると、竹島は韓国に実効支配されるし、尖閣諸島領海は侵される。

 アメリカを兄貴分として、忠犬日本として日米安保に頼る外交が一番いいのか。国際外交はやはり核(原子力)保有していないと、足元を見られ、なめられるのが現実だが、あまり力にたよる外交も諸外国に尊敬されないんだよ。このジレンマ・・・わかるかなァ?

「1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村 nozawa22 ←クリック

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

日本海周辺5カ国 友好愛隣の交流

Photo_2 日本海周辺5カ国(日本、中国、ロシア、韓国、北朝鮮)で、人類の22世紀、23世紀には新しい経済圏、新共栄圏をつくらないと日本海周辺は世界に遅れをとる。今は政治情勢からしてとても話し合える状況ではないが、地理的距離をみたら非常に近い。歴史的にも交流があったのは事実 南下政策を進めるロシアからみると、日本列島はちょうどフタをされている邪魔な国に見える。

読んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

友好国となれば、日本の成田でも、羽田でも空港を大いに利用できる。シベリアで生産される原油、石化ガスは、日本も、韓国も大いに利用できたら、工業発展に役立つ。

日本、中国、ロシア、韓国、北朝鮮の日本海周辺5カ国が、同じ通貨を遣い、EUに似た体制をとっていけたら、新しい経済圏になる。人類発展の未来には必要なステップになる。もう一つ東南アジアの経済圏とが一体になることで、アジア共同体になる。理想的な目標だと思うが、これを日本がリーダーシップをとるというと、文句がでそう。級長は、輪番制がいいじゃないか。

お互いにアジアの国が憎みあっていたら、まあ、鏡を見て憎みあっているようなものだ。「天につばする」って言葉があるが、それそれ。まず、アジアの日本海を囲む地域で仲良くなろう。と、ロシア、韓国、中国に「どう?」と話し合ってみる機会をつくろう

 交流していけば、文化も近いし、人種も近いから、理解さえ深まれば、きっとアメリカにも対抗できるし、中国の専横も押さえて、共同歩調が可能になる。日本政府は、この種類の恒久化研究所を設置するべきではないか。お互いの国の研究者を育てていったら、50年後には、閣僚級の理解者が増えるはずだ。

 近さでいえば、東京から北海道までの時間で、どこの国もいける。韓国に至っては、飛行機なら三時間ない距離である。近い国ほど、仲良く出来ないのは現実だが、文化交流から始めて、スポーツ交流や、学生のホームスティを積極的に進めたらいい。夏休み、日本、中国、ロシア、韓国、北朝鮮から、各100人ずつ回り番でキャンプの一週間を行うといいと思うよ。あるいは、日本の各地のホストファミリーで受け入れてくれたらいい。

将来世代の青少年が日本を好きになり、日本人の学生が各国の土地が好きになり、各国の人と親しくなれば、世界観がかわり、友好的にその国を見ることができる。地図を見ると、中国、韓国、ロシア、北朝鮮は、近いよね。「友好愛隣」をモットーに、もっと何かできそうだ。

読んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

動画 一億玉砕への道・日ソ終戦工作

 国民は、NHKに視聴料を払っているのだから、YouTubeにアップされたからって、著作権を主張してセコク「動画の無料視聴を禁止」というより、戦時中の日本の歴史を国民に知らせる任務も視聴料に含めておいてほしい。

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

今回は、「一億玉砕への道・日ソ終戦工作」が7分割で動画がったので、それを紹介したい。日本の戦前の政治のおろかさを動画を通して失敗を理解できる。それが今原子力行政の処理などみても、相変わらず、同様な失敗や内向きな対処を見て、変わらないものだ。これって、日本だけ のこと?それとも、人類みな同じだろうか。

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 1/7★

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 2/7
http://youtu.be/PIdCTLPUh6I

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 3/7
http://youtu.be/FzGLGCqE4X4

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 4/7
http://youtu.be/YG7SkBGmm6Y

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 5/7 ★http://youtu.be/wcR1Jp1N49U

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 6/7
http://youtu.be/NrA17s1eI3E

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 7/7
http://youtu.be/ZOvAfa-nkUs

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

ポチッとよろしく!

| | コメント (0)

ロシアと共同開発 国後島沖 天然ガス田 

Photo_2  北方領土の国後島沖に油田があると考えるロシア高官から、共同開発をしないか、と(非公式)提案があった。外務省はどう対応するか、困っているように見える。こんな提案に安易にのったら、北方領土のロシアの領有権の承認になると懸念する。それを放置したら、ロシアは中国や韓国に声をかけてしまうだろう。困った、困った。どうする、あなただったら・・・。

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

 まあ、国後島の沖合いに原油がありそうではあるが、コレ、案外ロシアのひっかけだったりして、ね。ゆさぶりかもしれないし、外交は難しいね。鈴木宗男や佐藤優のロシア通を欠いて、ロシアの裏ルートがないのか、動きがないね。外交官も語学成績優秀なキャリア官僚が多くなると、地べたをはいずりまわる情報や人間関係が築けるプロが少なくなる。一概に断定はできないが。栄達するのはうまいが、ロシアの外交官と対抗できる人間力のある外務省官僚が少なそうで仕方がない。

 これは、原子力保安委員会、東電役員、官邸の人間をみていると、よくわかっている人は正直に言って、上からクビ切られたり、アレ、こんな体制の日本はロシア外交では勝てないぞ、と思ってしまう。作業員ではなく、原発事故の収束に動く人々は、すべてとは言わないが、内向きな目で動いている。

 ニュースの元は、日本経済新聞だが、【モスクワ=石川陽平】ロシア政府高官が北方領土・国後島沖にあるとされる原油・天然ガス田の共同開発を日本に提案する考えを明らかにした。日本はロシアによる北方領土の実効支配を認めることにつながりかねないため共同開発には慎重。領土問題を巡る日ロ関係に新たな波紋を投げかけそうだ。
 北方領土がある極東連邦管区のイシャエフ大統領全権代表が日本経済新聞の書面インタビューで答えた。
2月の日ロ外相会談で議論することが決まった共同経済活動の具体策として示したもので、ロシア高官が北方領土周辺での原油・ガス共同開発を提案するのは初めて。 年内にも予定される日ロ高官協議などで議論される可能性がある。
 ロシア科学アカデミー極東支部海洋地質学・地球物理学研究所によると、国後島の南東沖に有望な地層があり、埋蔵量は石油換算で推定3億5000万トン。ただ、日本側は「データがなく判断できない」(日本エネルギー経済研究所)という。
 共同経済活動については「日本の法的立場を害さない前提で何ができるかを議論する」ことで一致している。 ただ、北方領土で活動する日本人にロシアの法律が適用される可能性が高い。 参加を見送れば、ロシアが日本抜きで開発に乗り出す懸念がある

 終戦時のソ連の仕打ちを覚えている日本国民は、ソ連、すなわちロシアのやり口は一切信用しない人が多い。日ソ不可侵条約を結んでいたから、日本は「仮想敵国」ソ連を条約有効期間は、条約を守るものであると信じた。

日本もソ連も、戦前、中国領土を侵食する点では、同様の願望を持ってぶつかっていた。日本は、明治維新以来、満州とロシアの接点ではノモンハンの接触で痛い目にあっている。お互いに、中国という餌食を前にして、日本の利益を奪うソ連は仮想敵国だった。 日露戦争で一応の決着して、ロシアは、帝政ロシアからソ連に衣替えした国になり、新しいお付き合いの形としてロシアと「不可侵条約」を結んだはずだった。

それを守ってもらえたら、北方領土の問題はなかったはずだ。日本は、アメリカに戦争で負けたのは認めても、ソ連とは戦うつもりはなかった。だから、日米戦争の仲裁をソ連に仲介してもらおうとした。そうしたら、逆にその情報をうまく利用されて、日本の足元を読まれて、ソ連は「不可侵条約」やぶる非難を受けるより、現実の領土拡大を選んだ、とみる。

毎年7月、8月は、日本のマスコミは、「太平洋戦争・日中戦争」を省みるシーズンであるが、今年は大震災でNHKも、その余裕がないようだ。沖縄戦の終結が6月30日だろ?その時期、国家上層部も、こんな形で米軍が本土上陸された日にゃ、日本国民皆殺しだ!と思い始め、戦いの終結を研究するように、と(天皇が)指示した。

そのとき、元外相広田弘毅を使って、ソ連外相マリクとの会談をもたせ、「アメリカとの仲介をソ連にして欲しい」と言わせたかった。ところが、ソ連の方は、ヤルタ会談やなんかで、参戦すれば日本領土を奪えるというヒントがひらめいた。

日本が「仮想敵国」ソ連に仲介を求めて近づいたら、なんやかんや言って、門前払いした。足元を見られていたのだろう。「日ソ不可侵条約」を延長しないことになったが、まだ条約は半年有効であった。ソ連内にいた日本人武官が、シベリア鉄道で、ヨーロッパ戦線が終結と同時にソ連製の戦車、航空機、兵員らを乗せた列車が延々とシベリア鉄道でアジア戦線に送られている、と日本の上司(関東軍総参謀副長 松村知勝少将)に伝えた。しかし、「不可侵条約」有効期間中に、侵攻はないと、楽観的に考えていた、と戦後語っている。(早晩あるのは常識であるが、今日明日はないだろう。できれば秋に、来春にという希望的観測を受け入れた)←これが官僚サラリーマンの態度。

戦前の日本は、そんな官僚、軍人を上に戴いていた。ソ連の侵攻を許したからって、官僚は罰せられたり、処分されてはいない。ソ連の侵攻に文句言って、国際司法に訴えれもいいはずだ。それとも日本の手落ち官僚の処分はないのだろうか?それは、現代の原子力行政でも、同様である。

 いつもの夏は、国民が反戦の思いを忘れないように、NHKが特集を作成したが、今年のNHKは震災のフォローに手一杯で、戦争特集はまるでない。せめて、NHKの過去の映像動画を無料で解放してほしい。NHKには国民が視聴料を払っているのだから、インターネットのYouTubeにアップされたからって、著作権を主張して禁止するより、国民に過去の戦争の現実を知らせる任務の方が大きいだろう。セコク「動画の無料視聴を禁止」というより、戦時中の日本の歴史を国民に知らせる任務も視聴料に含めておいてほしい。

ソ連・ロシアとの関係   被爆国日本が、核兵器を模索 ノモンハンでソ連に惨敗の教訓 プーチンに服従か離反か グルジア  ゴルバチョフ「日本が核廃絶リーダーとなれ」 日本びいきのウクライナの歩み  「ロシア油田」中国と競合から考える   麻生首相 強欲ロシアに呑まれるな  プーチンに服従か離反か グルジア  メドベージェフ大統領とプーチン首相  ロシア自爆犯、17歳妻だった 

シベリアの抑留日記  ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋  戦後引き揚げ 故郷への道  シベリア抑留の話 シベリア抑留 当時16歳の体験者 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮  中国漁船の悪辣さ写真(朝日新聞)  何で日本は戦争したの? 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮 北方領土 四島一括か 二島分離返還か  吉田正シベリアで作った幻の4曲

一億玉砕への道・日ソ終戦工作 1/7
http://youtu.be/sYviw8ds2Xk⇒もっと見る方は、動画 一億玉砕への道・日ソ終戦工作

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

ポチッとよろしく!

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

吉田正シベリアで作った幻の4曲

0563 シベリアで抑留された吉田正は、思いついた曲を、木の皮をはいでそこへ書いていた曲が30曲ほどあった。シベリアの厳しい作業の帰り道、みんなが歌って、抑留者はみんな、いつ日本に帰れるか、望郷の念や故郷を思う気持ちを必死に抑えていた。

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

『シベリア抑留』は、日本国民には大きな関心事であった。なにしろ、満州に展開していた日本兵約56万人(戦前満州に在留していた正規軍はほぼ南方諸島へ出征し、多くは現地召集の兵士)が、終戦後ソ連軍によってシベリアへ連れて行かれ、極寒の地で強制労働を強いられていた。それに思い致して「異国の丘』が歌われていた。多くの国民がその歌詞にメロディーに涙した。

 シベリア抑留(Wikipedia参照)
 シベリア抑留(よくりゅう):第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)末期にソビエト連邦軍による満州(現在の中華人民共和国東北地区および内モンゴル自治区北東部)武装解除した元日本兵(民間人、朝鮮人などを含む)を、主にシベリアやモンゴルなど、ソ連邦の各地に抑留し、強制労働に使役したことを指す。
 厳寒環境下で満足な食事や休養も与えられず、苛烈な労働に従事させられ、数多くの抑留者の命が失われた。抑留者56万人中6万人が死んだといわれるが、正確な人数葉不明。このソ連の行いは、武装解除した日本兵の家庭への復帰を保証したポツダム宣言に背いた違法行為であった。

 ロシアのエリツィン大統領は1993年に訪日した際、「非人間的な行為に対して謝罪の意を表する」と表明した。

Kuramoto_image 「帰国」という文字を旧字体のドラマ「歸國」(脚本倉本聡)は、古臭く、現代の人には縁の下の古びた軍靴のように見えるかもしれない。が、アレがまだまだ多くの日本人には胸に刺さった棘として残っている。倉本聡は「今の日本人の姿を見たら、今、南海の海に沈んだままの数十万体の英霊たちは、一体どのように感じるのだろうか」と言っている。棘が胸に残っていない人が多くなり、「平和な日本になった!」と言えればいいのだが、しかし、北方四島も返ってこないで、ロシアは日本を虎視眈々と領土を狙っている現実がある。尖閣諸島から沖縄を狙う中国の欲望を感じる今、その中で、日本が過去を忘れてもいいのだろうか。ソ連ロシアの仕打ちを忘れて、戦う気構えもなく陵辱される歴史を繰り返すのはごめんだ。

「歸國」 8月15日、終戦記念日の深夜。
Ws000002 静まり返った東京駅のホームに、ダイヤには記されていない1台の軍用列車が到着した。
そこに乗っていたのは、60余年前のあのWs000003 戦争中、南の海で玉砕し、そのまま海に沈んだ英霊たちだった。
彼らの目的は、平和になった故郷を目撃すること。
そして、かの海にまだ漂う数多の魂に、その現状を伝えることだ。
永年夢見た帰国の時。故郷のために死んだ彼らは、今の日本に何を見たのか……。

中学二年生のとき、大正町の青木茂君宅へ勉強と称して集まっても、あまり勉強はしなかったが、あの青木君はこの『異国の丘』が大好きで、よく歌って聞かせてくれた。そんな子供でも、この曲を歌うことで、シベリアの極寒地で耐えた抑留者の心情の思いをはせていた。

0567 その頃は、吉田正という作曲家のことは知らなかったが、その後国民栄誉賞をもらうまでに、2000数百曲を残したが、今年平成23年になって、シベリア抑留時代に作詞作曲した曲を覚えている人が出てきて、4曲をそらんじて歌って、その曲が世に出ることになったとテレビで伝えていた。

「帰還の日まで」これは、日本の地へ戻るまで、お互いに倒れてはなるものか、という趣旨の歌である。それは、先に有名になった『異国の丘』と、内容はほぼ同じである。

0564 この歌を覚えていた人は、秋田在住の85歳のシベリア抑留者である。3年間の抑留中、吉田正さんが無名時代、同じシベリア抑留地で暮らした仲間だったらしい。何曲が吉田正はつくって、くじけそうになる仲間を励ますためにみんなで歌ったという。吉田正は、自分の作品として残したくて、木の皮に書いていた曲を小型ノートを手に入れて、書き写していた。

0568 0575帰国となったとき、ソ連としては、書いたものは一切持ち出すのを禁じた。せっかくこの3年間に作詞作曲した曲は廃棄して燃やしてしまった。秋田の北嶋さん、吉田正の曲四曲を覚えていた。記憶と言う頭の中のものは捨てることも、燃すこともできないから、その後も、ずっと覚えていた。それが80代半ばになって、自分が死ねば、この曲が消えてしまうことを懸念して、吉田正事務所に連絡して、事務所の人が、秋田へ来て録音した。

0560 歌手でもない私が、と謙遜していたが、きっと歌うのは好きだったのだろう。音程も狂わずに今から65年も前に覚えた曲を全部きちんと歌えるのだった。

戦争していた時代は、皇国戦士として身をささげていた時とは違って、シベリア抑留者にはただ家族のもとへ、故郷へ帰りたい気持ちで過酷なシベリアの冬を耐え、春になれば帰還ができると言う希望を持っていた。ソ連に理由もなくシベリアへ連れてこられているのだから、考えることは、日本のことばかり。食べ物は不足しているが、労働は厳しく、その定量ノルマを達成できない人は食べ物を減らされた。

S ソ連自体が貧困だった国かもしれないが、スターリンは計画的に日本人日本兵を使ってシベリア開発のため、抑留させ強制労働を強いた。シベリア抑留にも、まったく理由もなく武装解除後の日本人を「ダモイ(帰国)だ」とだまして貨車に乗せシベリアへ連行した。戦争犯罪人でもない日本人を拘束して、強制労働させた上、賃金を一切払っていない。この理不尽さは、今もって北方四島の帰属をめぐっても、その論理ににじませている。ソ連という国、ロシアの実態は、こういう国だ!と、シベリア抑留された人々の多くは、ソ連、ロシアを憎んでいる。その当時二十代前半の人でさえ、そういう経験者はもう80代の後半になった。もう大半の人はこの世から去って行った。

この曲は、長いこと、『作者不明』のままであったが、後に、作詞者は、増田幸治さん、そして、吉田正さんが中国の興安嶺に駐屯中のときに作曲されたということが、ご両人の復員後(吉田正さんは、昭和23年8月に、舞鶴帰還、増田幸治さんは、昭和25年(1950年)4月27日に舞鶴帰還)に分かったのである。

  国際法上、捕虜として抑留された国で働いた賃金は、帰国時に証明書を持ち帰ればその捕虜の所属国が支払うことになっている。日本政府は、南方地域で米英の捕虜になった日本兵に対しては、個人計算カード(労働証明書)に基き賃金を支払った。しかし、ソ連は抑留者に労働証明書を発行せず日本政府はそれを理由に賃金を支払わなかった。1992年以後、ロシア政府は労働証明書を発行するようになったが、日本政府は未だに賃金支払を行っていない。

Topmain750_5_01 吉田正の作曲した「異国の丘」は、国内で歌われたが、従軍中に作曲した『昨日も今日も』と言う曲を、1948年昭和23年、シベリア復員兵中村耕造が、『NHKのど自慢』で歌い話題となる。最初、聴衆も知らない歌だから、黙ってみんな聴いていたが、それがシベリア抑留を歌っているとわかると、歌い終わった途端、カネが連打され、聴衆は興奮した。『昨日も今日も』がのちの「異国の丘」であった。資料

1 今日も暮れゆく異国の丘に
  友よ辛かろ切なかろ
  我慢だ待っていろ嵐が過ぎりゃ
  帰る日も来る春も来る

2 今日も更けゆく異国の丘に
  夢も寒かろ冷たかろ
  泣いて笑うて歌って耐えりゃ
  望む日が来る朝が来る

3 今日も昨日も異国の丘に
  重い雪空日がうすい
  倒れちゃならない祖国の土に
  たどりつくまでその日まで

http://www.youtube.com/watch?v=9hkoI_r3MLM

この曲が『異国の丘』と改題されレコードとなって大ヒットした。
吉田正の経歴
Yoshidapro1110 1921年1月20日、茨城県多賀郡高鈴村(現日立市)に誕生。
1939年3月、日立工業専修学校卒業。
1939年4月、増成動力工業株式会社に入社。
1942年1月、満州国黒河省(黒竜江省北西部)の水戸歩兵第二連隊に入隊。
1945年10月、敗戦後、シベリアに抑留される。
1948年8月、舞鶴港に復員。
1949年4月、日本ビクターに専属作曲家として入社。吉田正は日本で作曲家として有名になったのはその頃からである。

ソ連・ロシアとの関係   被爆国日本が、核兵器を模索 ノモンハンでソ連に惨敗の教訓 プーチンに服従か離反か グルジア  ゴルバチョフ「日本が核廃絶リーダーとなれ」 日本びいきのウクライナの歩み  「ロシア油田」中国と競合から考える   麻生首相 強欲ロシアに呑まれるな  プーチンに服従か離反か グルジア  メドベージェフ大統領とプーチン首相  ロシア自爆犯、17歳妻だった シベリアの抑留日記  ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋  戦後引き揚げ 故郷への道  シベリア抑留の話 シベリア抑留 当時16歳の体験者 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮  中国漁船の悪辣さ写真(朝日新聞)  何で日本は戦争したの? 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮 北方領土 四島一括か 二島分離返還か  吉田正シベリアで作った幻の4曲

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

| | コメント (3)

2011年2月14日 (月)

北方領土 四島一括か 二島分離返還か

02600259 NHKの特集は、
丹波 實 :四島一括返還論者
東郷 和彦:二島分離返還論者
この二人の主張を軸にし説明した。

丹波 實の主張する「四島一括返還」は正論で日本国民の納得がいく解決であるが、相手のある問題で、これを「二島分離返還」という現実論で進めるのがいいのだと東郷 和彦はいう。しかし、樺太から引き上げてきた丹波 實には、この領土問題で安易な妥協する国は、信用されない。領土は国の根幹であり、座標軸だと、「四島一括返還」を机を叩かんばかりに語る。父祖の怨霊のような語り口には、迫力がある。北方領土解決 プーチン大統領で好機到来

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

東郷 和彦(とうごう かずひこ、1945年1月10日 - ):疎開先の長野県軽井沢町にて生まれる。都立日比谷高校、1968年東京大学教養学部を卒業、1968年外務省に入省。駐ロシア公使・条約局長・欧亜局長・駐オランダ特命全権大使などを歴任。同期、槙田邦彦アジア大洋州局長、岡本行夫、榎泰邦インド・南ア大使など。 
鈴木宗男との深いパイプがあり、それゆえに田中真紀子外相時代に駐オランダ大使着任を一時保留され、さらに鈴木が失脚した2002年に罷免された。
 また「ロシアンスクール」に属していた為、一期上の次官争いのライバルであった竹内行夫(のち野上義二のあと次官就任)ら「アメリカンスクール」との確執も取りざたされた。
 外務省在任中は北方領土返還の取り纏めが実現に漕ぎ着けそうになった段階で、田中真紀子外相の容喙で頓挫を余儀なくされたことも指摘している。一方で鈴木同様、歯舞・色丹の二島先行返還論者であり、このことで賛同・批判されてもいる。
 丹波實 - 東郷和彦ラインの「ロシアンスクール」が一掃され、日露交渉を担う実質的な人材が払底している原因となっているとも。

0314ロシアとの外交交渉は、日本国民が望むのは四島一括返還である。それは当然だが、100パーセント実現というのは、戦争して勝つ以外にはありえない。実現可能な方法としては、経済関係を円滑にして、その後、ロシアが困った状況に陥った弱り目に手を貸すことで、交渉していく。このタイミングを逃したら、チャンスは来ない。

03340336ロシアには領土問題で解決すべき問題が8カ国といざこざがあった。それを近年、ことごとく解決して、中国には実効支配していた土地も割譲して、問題を解決した。

その結果、中国のの関係がよくなり、中国に経済支援をうけて、ロシアの経済が上向いている。ロシア国民も中国の支援に親近感を覚え、日本が不要だという雰囲気さえある。

ロシアが経済成長しているという環境で、日本が、なおかつ「四島一括返還」を希望しても、ロシアは見向きもしないし、日本を見限るだろう。日本がAll or Nothingで交渉しても、日本のやり方はロシアとはうまく折り合わない。お互いに歩み寄る感じで折り合っていくのでないと、現実的な解決に近づかない。これは実際交渉する当事者の肌感覚のようである。

現実的に、ロシアという国を相手に交渉しているのだから、彼らを喜ばせつつ、こちらの要求をかなえていくには、どうしたらいいか、これが外務省の仕事だろう。

03260332 東郷局長と鈴木宗男が進めた二島返還で妥協して、後に二島を未解決問題として残しておく手も、国際交渉ではありうる。その時点では、日露の力関係がそこまでしかできなかったら、とりあえず、そのまま進めて、経済関係を優先して、相手の出方を見る。

ロシアとの人的交流をして、相互理解を進めて、ロシアとの関係を深めてから、実質手に島が使える関係でもいいではないか。100%自分のものという関係は、不要になって、新しいシェア関係でもありうる。

0307 過去、ロシアの弱り目に日本が欲張りすぎて、二島返還という相手の飲みやすい条件でまずまとめてもよかった。あれが最大のチャンスだったかもしれない。

エリツィンが橋本総理と話しあったときには、エリツィンは日本の支援がもらえるなら、内心受諾したい気持ちであった。その瞬間、側近が「一度国に持ち帰り、検討する」と、口はさんできた。これは、後に側近は、「この領土を手放すとエリツィン政権が国内的に持たない」という内情を語った。

 日本国内も、二島で妥協したら、一斉に国内世論が沸騰した。世論の願望は四島一括返還という事実上果たせない夢を当事者に押し付けるから、却ってまとまらない。日露戦争のあと、ポーツマス条約でロシアから賠償金を取れないということで、大衆は交渉の当事者の全権大使小村寿太郎の家を襲撃したり、日比谷交番を焼き討ちしたように、世論は無責任である。

ポーツマス条約:日露講和条約。1905年(明治38年)9月5日、米国大200pxjutaro_komura 統領セオドア・ルーズベルトの斡旋によって、米国ニューハンプシャー州にあるポーツマス海軍造船所において、日本全権小村寿太郎とロシア全権セルゲイ・ウィッテの間で調印。
 ロシアは「小さな戦闘において敗れただけで、ロシアは負けてはいない。まだまだ継戦も辞さない」という主張、交渉は暗礁に。これ以上の戦争の継続は不可能である日本が譲歩、米国がロシアを説得する形で事態を収拾し、戦争賠償金には一切応じない条件で交渉は締結。日本が外交的取引を通じて辛うじて勝利を勝ち取った。
 日本は、満州南部の鉄道、領地の租借権、大韓帝国に排他的指導権などを獲得。しかし、軍事費として投じた国家予算の約4倍20億円、戦争賠償金は取得できなかったため、戦時増税による耐乏生活を強いられた国民が日比谷焼打事件などの暴動を起こした。

027202660251 エリツィン橋本会談でまとめた北方領土問題の解決案も、水に流れた。その後は、ご存知のように、日本側は首脳がコロコロ変わり、相手方のロシアは北方領土の解決の情熱が冷め、経済の回復に従い、北方領土には軍事的重要性を見出し、ますます実効支配の度を深めている。択捉島のロシア島民は、プーチン大統領になって、支援をし始め、2万人の島に500億円の支援をして、ロシアにしては、巨額な支援である。島のインフラを完備したから、生活しやすくなり、ロシア意識が高まった。

0277  プーチン就任1年目に、二島返還を口にしていたが、今それを実行する気配はない。返す気があるといったら、すぐ動かないと、時間が過ぎると、遅い場合がある。

外交の専門家がそろっているのだから、総理がそれを決断して、国民にたたかれるかもしれないが、ロシアとの交渉では、いつもごてごてで、うまくいっていない。

レアメタルの輸入とか、樺太の原油採掘権の優先取得とか、四島に勝る、何かを手にして、日本国民を納得させるしかない。アメリカが沖縄を返還と言いながら、返還した割には日本の負担は占領以前と何も変わらない。

0299 ロシアは四島返還しないが、四島返還に勝るとも劣らないメリットがある、というような条件を獲得したら、いいじゃないか。それを外務省は考えろ。今頃になって、一般人が考えるのではなく、専門家が考えているアイデアがあるはずだ。そのために、外務省があるのだから。

東郷局長、鈴木宗男が二島優先返還、を進めたら、それが理由でか、外務省を追い出された。足場が弱い人が、外務省一致の方針でないことはできない。そりゃ四島一括返還は耳障りはいいが、それができない現実の国際関係があるのだから、この狭い隙間をくぐりぬける策が必要だ。

知恵のない時は、国民にアイディア募集をかけて、国民の関心を掻き立て北方四島の返還を訴えていこう。四島返還がいかに相手のある問題であるか、それをしらしめて、その「針の穴にラクダを通す」交渉である現実を訴えて、いくことが、この交渉の成就につながる。

02860289 日ソ中立条約を破棄して、戦争も終わった後、昭和20年の8月末にソ連軍は北方領土は侵犯してきた。ソ連の態度は、許しがたい態度である。それを言い出せば、まとまるものもまとまらないが故にいえないでいる。ロシアと戦争する覚悟があるのか、といえば、それはできない。かと言って、四島一括返還を要求したいという、この覚悟と要求にギャップがある日本国民の願いをどうしたらいいか、必死に考える機会かもしれない。あなただったらどうする?

ソ連・ロシアとの関係   被爆国日本が、核兵器を模索 ノモンハンでソ連に惨敗の教訓 プーチンに服従か離反か グルジア  ゴルバチョフ「日本が核廃絶リーダーとなれ」 日本びいきのウクライナの歩み  「ロシア油田」中国と競合から考える   麻生首相 強欲ロシアに呑まれるな  プーチンに服従か離反か グルジア  メドベージェフ大統領とプーチン首相  ロシア自爆犯、17歳妻だった シベリアの抑留日記  ソ連兵強姦の現実 手記 文藝春秋  戦後引き揚げ 故郷への道  シベリア抑留の話 シベリア抑留 当時16歳の体験者 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮  中国漁船の悪辣さ写真(朝日新聞)  何で日本は戦争したの? 仮想敵国ロシア+中国、北朝鮮

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

Eラーニング | nozawa22の楽しみ方 | うちの仕事 | おすすめサイト | その時歴史 | アメリカ関連 | アンケート入力 | アンケート集計 | アーカイブス切抜き宝庫 | イギリス、ヨーロッパ | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ゲーム | スポーツ | テープ起こし | データ入力 | ニュース | ノーベル賞 | パソコン・インターネット | ファッション・アクセサリ | ベトナム | ペット | マスコミ | メール | ランニング | ロシア問題 | 世界、地球 | 中国と中国人 | 事件・事故 | 人生訓 | 人間の本質 | 住まい・インテリア | 余暇の善用 | 健康 | 先生、教師 | 出世 | 創価学会、公明党 | 動物 | 北朝鮮問題 | 医療 | 友人 | 司法 | 国家戦略 | 国際政治 | 地方自治 | 外国習慣 | 季節景色 | 学問・研究 | 学問・資格 | 学校・受験 | 宗教 | 宝飾アクセサリー | 家族 | 平和 | 年賀状 | 幸福 | 心と体 | 恋愛 | 恋愛、愛 | 意見・主張 | 愛国心 | 慶事 | 慶事おめでとう | 戦争 | 戦後日本の問題 | 手紙 | 携帯・デジカメ | 政治 | 故郷追憶 | 教育 | 文化・芸術 | 文章 | 旅、旅行、見聞 | 旅行・地域 | 日本の体質 | 日本文化 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 時々刻々 | 書籍・雑誌 | 東京見聞録 | 歌、メロディ | 歴史 | 歴史文化 | 死の門出 | 環境エコ | 生き方 | 生活 | 病気 | 社会問題 | 私の提案 | 経済・政治・国際 | 経済・金融 | 結婚 | 美容・コスメ | 職業プロ | 育児 | 芸能・アイドル | 草花 | 言語問題 | 詩歌 | 読書 | 財産形成 | 趣味 | | 選挙 | 野球 | 録音起こし | 青春時代 | 韓国、アジア | 音楽 | 食べ物、食文化