« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月 1日 (水)

2013(平成25)年5月 あんなこと、こんなこと

 五月が終わった。人生の速さを痛感しているきょうこのごろであるが・・・今、ソレを止めるわけにも行かないが、あえて今月二ブレーキを掛ける気持ちで、読み直してみたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


晩婚女性の体のタイムリミット 
この問題は、女性手帳配布を取りやめた観点からすると、「女性の生き方」を男性の固定観念で云々するという批判があるだろう・・・が、「子供が産めなくなる」というタイムリミットを考えないでいい・・・という問題は別だ。

  • ヒットラーが独裁者になるまでに何をしたか 
  • ソフトバンクの米国社債、「おトクですよ!」大和証券から電話
  • 葛西城をめぐる攻防 北条Vs反北条 
  • 八千代市 新市長当選 秋葉 就一 22,126票 
  • 史蹟「金町関所」探し 
  • 八千代市長には 服部か、秋葉か 杉山か 
  • 石田三成の才覚と人望 
  • 「葛西城」は北条氏の配下にあった
     小田原北条の東京拠点は、太田道灌の江戸城と葛西城が、要であった。反北条ににらみ利かす点では、「葛西城」は重要であった。しかし、今は、環七道路の地下になってしまった。それは、金町関所が消えたのと同じような・・・歴史認識である。
     

    全国統一準優勝 小田原城北条氏 
    浅間山噴火川流溺死供養碑 天明3年(1783) 
    八千代市長選ヒートアップ 服部友則 秋葉就一 杉山さとき
    ニコニコ動画埋め込み 方法 
    葛飾区の古刹光増寺,住職と話し込む 
    ガス燈GasLightドラマ完成度は高い 評価特A 
  • 歴史認識という障害、日本はどう考えるか。
  • 八千代市長選挙が始まった・・・駅前街頭演説
  • 朝鮮総連本部の購入妨害した人たち その正当性
  • 「ゴーストライターをお願いしたい」書くネタのないときのヒント
  • 今朝の雲行きから、風雨が激しくなりそう・・・
  • 井上ひさし、「木の上の軍隊」が終着
  • witterでつぶやかれている「nozawa22」の記事

    護憲勢力で「戦争博物館」つくろう!
     
  • あさま山荘事件への流れ 
  • 歌手田端義夫94歳幸せな生涯 
  • 八面ろっぴの活躍 還暦阿川佐和子の一日 
    連休の過ごし方 安近短 みさと公園 
  • 出直し「元総理大田光」議論の面白さ 
  • 家康の健康法 粗食、鷹狩り、調薬そして側室 
    プーチンと安倍総理で北方領土、面積等分で解決 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    んで役立ったら、励ましクリック 
      ↓   ↓   ↓   

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     Sponsored Link
    野沢工房PR
    データ入力(文字入力)エクセル入力研究講演、授業の音声の記録を文書化
    に役立つ
    財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位

    http://www.nozawa21.com/
    データ-名刺入力/
  • アンケート入力
    http://www.nozawa21.com/アンケート入力/
    アンケート処理  1000件以上を想定

    録音テープ起し
    http://www.nozawa21.com/テープ起こし/テープ起こし/
    財界「ランキング情報 テープ起し部門」全国1位
    授業、講義、演説の文書化。結婚式スピーチ集
    その他、声のアンケート収録など、用途はいろいろ

    お問合わせ

  • 執筆代行(ゴーストライター)
    http://www.nozawa21.com/執筆代行/
    原案は著者が考え、著者に代わり一冊の本になるまで。
    著者の持っているテーマを聞き出し、著者の言いたいことを表現する作業。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • | | コメント (0)

    « 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »