« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

花は咲く、そして「絆」歌いながら、ガレキを拒否する日本人

201204_06_10_d0174710_15151562  震災ソング「花は咲く」歌い、「絆」を叫び、日本中が被災地を助けようといいながら、実際に行われているのは、被災地のガレキを持ち込むなという動きだ。「絆」というのは、一体何を指すのですか。日本人はみんな親戚だという感情でしょう。だったら、「岩手、宮城、福島の三県の津波で生じたガレキをウチで処理しましょう」とみんなで、手伝ってもいいはずだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
これを昨日の深夜、今朝になるが、FM深夜放送で、フランス(シャネル日本法人)の日本支社長、この人(リシャール・コラス氏)は怒っていた。彼は日本に40年もいて、妻は日本人で、なおかつ小説家という人だが、彼は被災地に震災1週間後、現地入りして救済に力を尽くしている、とか。
(この方の氏名が調べても、出てこなかったので、読者の方でわかる方、教えてください。)
(コメント欄から)リシャール・コラス氏だと思います。
http://kamakura-info.jp/recommend/02_interview

 その人が、「絆」というなら、被災地のガレキを引き受けてもいいじゃないか、とかなり真剣に怒っていた。鎌倉の自宅にガレキを引き受けてもいい、とまで言っていた。
 それを聞いて、地域の人が、放射能などの影響を理解していたが、やはり地域エゴを認めていては、「絆」に反するだろう。自分の家の隣に火葬場が出来てもらっては困ると同じ気持ちは、わからないわけではあるが、やっぱり「絆」と標榜するなら、中身の伴った「絆」運動でなければいけない。

D0174710_15132451  日本の46都道府県のうち三県、だったら、46分の3県、4県としても、十分の一にもならない。十分の一の痛みを分かち合うのが「絆」でしょう。これを自分の敷地中に10%を「絆」として、ガレキを置かしてあげるのが国民の「絆」であって、そして初めて、「花は咲く」歌い、「絆」を叫べるのだと思う。
 魂の抜けた「花は咲く」では、だめだ。この中身を抜いて「花は咲く」と感情こめてもウソだ・・・日本人だけではないが、標語を語るだけではだめだよ。

 地域エゴを説得して、「十分の一」運動を展開して、公園の一角に三県のガレキを積み上げるくらいのことをしましょう。「十分の一」以上になると、つらいからそれを限度にしたら、我慢の範囲ではないか。

 茨城県も・・・というかも知れないが、46都道府県の共同作業として、ガレキを「十分の一」運動で受け入れたら、お互いの理解が成立するだろう。それでこそ。「絆」が成り立つ。そうして、そのガレキを囲んで、歌おうよ!「花は花は、花は咲く」子供たちにも、それを大人が見せれば、地域エゴだけで、ことがすまないのだとわかり、共同社会の意味を理解する大人になる教育もできる。
http://news.livedoor.com/article/detail/6534038/
池上彰 そうだったのか!日本復興を阻む「敵」(1) 捨てればゴミ、使えば資源

http://youtu.be/wsA7BsxoAI8
http://youtu.be/MwKQ9y16-W4
岩田華怜 / 花は咲く AKB48 (iwata karen / Hana wa saku) 菅野よう子 ★

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (1)

2013年1月27日 (日)

アルジェリア犠牲者★内藤文司郎さん母と子★関係

000034_2

000025 32 この写真と、息子を前のした会食の写真では、お母さんの姿がまるで別人のように様子が違う。穏やかな表情が、一転して、急激に表情が別人のように変わった。心にわだかまり、ストレスがあると、人は変わる。

 事件の真相がどうであれ、多くの人にとっては、かけがえのない人を多く失った。
①アルジェリアの中で、アルカイダ系の人には不満のかたまりを外国資本に向けるために、日本人を利用したという。日本人なら、人命尊重をアメリカや英国、フランスに掛け合ってくれると、期待されて人質にとったのではないか、との推測がある。
 この無謀で勝ち目のないアルジェリア最大のガス油田施設に突っ込んで、アルカイダ系の受刑者解放を引換条件にもちだしたのは、②この襲撃事件は首謀者がオサマビンラデンの後継者として、売り出すため、この事件を引き起こした・・・と、戦場カメラマンの解説があった。コメンテーターの一人がそれに賛意を表していた。
 
 こういう10名程度の死、戦争ならコレは当たり前。
 私たちの祖父の代では、アメリカのとの戦いの中では、このような理不尽な死を強制された時代を潜り抜けてきたのだ。南方の島々での戦い、あるいは、ミッドウエィの海戦以後の日本は、政府の力で国民は死のふちに追いやられた歴史を体験している。
 また、その逆に、相手の国の人々に一気に10名どころではない、数の人々を殺した歴史もある。それが相手側の国では忘れていない。
 公の死は、一ヶ月もすると、波立った水面が穏やかになるように、平穏になるが、身内の死、いとしい人の死は、肉を引きちぎられる思いを残す。悲しみとは、各人にとって、そういう重いものだ。

明日朝7時、羽田へ遺体9名と生存者9名、運命は50%と50%、フィフティフィフティという運を痛感する。

000005000006  イギリスの石油会社BPの最高幹部が訪問する予定を誰かがリークしていたのだとの情報がある。日本の日揮から最高顧問が来ていた。その二人は、共に最初に殺されたようだ。

イスラム教対キリスト教の構図は、誰が否定してもある。キリスト教とイスラム教の宗教和解という大テーマを誰も手をつけないから、十字軍の遠征以来、何度も繰り返す。アラブとイスラム教を西洋側が理解しようとせず、相手を侮辱しているからいつまでも問題が解決できないのだ。
 イスラム過激派でない「イスラム教」寺院では、寺院内は旅人には優しい場所だという。イスラムの中に泊まった人によると、無料で食事と宿泊できるという。イスラム教を信仰しているイラン人(シーア派)は「旅人は神様の友達」という。
 日本の神社仏閣には、参拝者から賽銭を一円でも多く取ろうとする姿勢が見えるが、イスラムの宗教は「近寄ってくる人にはいたわりを」与えてくれる。その姿勢は、日本では、唯一出雲大社に感じられた。他の日本の神社には、来場者とのギブ&テイクのビジネスをやっている。
 イスラム教、キリスト教との和解・理解する場を作らないと、この後1000年たっても、同じことを繰り返すだろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たに死亡が確認された日揮駐在員の内藤文司郎さん(44)の母、さよ子さん(69)が23日、愛知県豊橋市の自宅で取材に応じ「あの子の魂を早く抱いてあげたい」と悲痛な思いを語った。
 さよ子さんなどによると内藤さんは建設関連会社を渡り歩き、知人の紹介で東京の人材派遣会社に登録。アルジェリアなどで高速道路などの建設に携わり、今回が4回目の海外赴任。昨年10月末から半年の契約で日揮に派遣されていた。
 発生直後、日揮から入った連絡は「内藤さんは元気です」。だがその後、「厳しい状況」と一転、22日夜には「亡くなっているのは間違いない」と告げられた。「地獄の中にいるようだ」。死亡確認の報は23日深夜届いた。さよ子さんはどん底に突き落とされ、何も手に付かなくなった。
 今望むのはアルジェリアの地を踏むこと。「ブン(文司郎さん)がどういう所で生きたのか見たい。一刻も早く対面し『私の子でありがとう』と伝えたい」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130124/crm13012401520002-n1.htm

| | コメント (1)

2013年1月21日 (月)

イスラム過激派★先進国の搾取★アルジェの貧困

000022

000039 イスラム過激派が力をつけているとはいえ、政府系の軍隊が動けば、軍事的な力の差は歴然である。しかし、人質の命を軽視した軍事行動は、日本人の目からすると、かなり違和感がある。これから、一体何を学べばよいのだろうか。
アルジェ★天然ガス施設★ゲリラ襲撃★日本人人質

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Photo 

004  イスラム武装勢力が国家の基幹産業である天然ガス施設を襲撃し、外国人を含む数百人規模の人質を取るという例を見ない事件は、軍の強硬策で発生から4日目に結末を迎えた。
 国営通信は20日、サイード情報相の話として、武装勢力の32人はアラブやアフリカなど6カ国の出身者で構成されていたと伝00えた。内務省によると、うちアルジェリア人は3人で、爆発物の専門家も複数いたという。北・西アフリカ地域で活動する「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」の関連組織。
 軍は重火器など大量の武器を押収した。機関銃6丁、ライフル21丁、60ミリ迫撃砲2門、携行式ロケット弾(RPG)2発、ベルトに結びつけられた手榴弾(しゅりゅうだん)10発を押収したと伝えた。

 アルジェリア人調理師の証言として、悲しい話が伝わってきている。犯行グループが16日、英国人男性に銃を突きつけ、「米国人を捜しているから君らは殺さない」と英語で言わせ、隠れていた同僚らをおびき出した後にこの男性を殺害したと証言した。

 イスラム系放送局アルジャジーラから流れた放送では09_2 「アルジェリア軍の責任者からの声明では、軍事作戦は(19日)午前11時には終結した」と放送した。 アルジェリア国営TV(下)では、
02_3  アルジェリア軍は作戦を強行。武装部ループだけでなく、人質7名も死亡。モーリタニア通信社によれば、アメリカ人2名、ベルギー人3名、イギリス1名、日本人1名。しかし、「ベルギー人は、働いていない」とベルギーからコメントがあった。

 国家の基幹産業である天然ガス施設を襲撃し、外国人を含む数百人規模の人質を取るという例を見ない事件は、軍の強硬策で発生から4日目に結末を迎えた。人質の人命尊重を求めていた関係国の意向よりも武装勢力の制圧を優先した形だ。

 アルジェリア政府は、テロ組織の壊滅が最優先になる。採掘技術のないアルジェリア政府にとっては、外国企業が入ってガス、原油を砂漠の中で採掘をしてくれると、国庫は潤う。
 国は潤うが、この利権から上がる大きな富を外国(フランス)へ持ち出している。外国勢力に利しても、国内の民は貧困のままである。砂漠の中から原油とガスを掘り出しても、アルジェリア国民に利益をもたらさないのだ・・・と、わかってきた。
 そこに、過激派の醸成の根がある。過激派勢力は、軍隊に守られている先進国の企業を攻撃した・・・、結果として、人質を殺し自らも組織壊滅の状況になった。
 
異教徒のキリスト教の国、ユダヤ教の国が、アルジェリアのガスで潤っている状況にイスラムの多くの人々は不満である。これが過激派を生む土壌にあると思う。これがアルジェリアの人たちの利益にするには、どうしたらいいか。
フランスなどの国に協力する企業姿勢では、日本も疑惑の目で見られる。

000053
 この構造をわかりやすく説明すると、
 今まで町の個人商店街に、ヨーカ堂、イオンとか、大企業の支店が出店して、町の人の買い物を一手に引き受けて、地元のカネを吸い上げてしまうのに似ている。
 
 町の店なら、売り上げ金は町の金融機関に預金されただろうし、町の店で金を使う。しかし、ヨーカ堂、イオンとか大企業になると、町からゼニを吸い上げて、ヨソへ持って行ってしまう。まるで、地元の地下水脈から吸い上げて、地盤を沈下させるようなもの。地元の繁栄に役立たない。資本主義は冷酷なものだ・・・。
 以前は、地元商店街に気つかって開店時間を朝遅めで夜は営業しなかったが、最近では、地元商店への配慮がなく、なりふりかまわず、売り上げのため、徹底的に地元商店を無視している。
 
先進国というのは、自国の利益最優先で当然と考える。日本も、原油輸送船の運航で、フィリピン人を多く雇っても、日本人船員のことは報じても、外国人船員は後回しになる。国の垣根が地球上にあるかぎり、しょうがないのかも。織田信長が世界制覇の伝説が・・・、400年くらい前に行われていたらと、夢想する
 信長の野望 アジアの統一は可能だった

 この図式で苦しむ地元でゲリラ武装勢力が、ジハード、聖戦を叫ぶ原動力になっている。
 それは、「地元の個人商店主が、ヨーカ堂かイオンのガラス窓を壊した」という理屈かもしれない。これでは、警察に捕まるだろう。アフリカの地元利益、アルジェリア国民の生活向上に努めないと、フランスは多くの犠牲を強いられるだろう。植民地意識を払拭して、対等の貿易国の関係を築いていかないと、立ち行かなくなる。

00040 01 生活苦の泥棒がいくら正当性を叫んでも、統治する政府側説得するのは難しいだろう。武器がリビアのカダフィー体制が崩れて武器庫から大量の武器が過激派に渡ったとしても、まだアルジェリア政府軍に勝つのは難しい。

000044  武装勢力にとって安全な場所に人質を移送しようと、5台の軍用トラックに載せて走行途中に、アルジェリア政府軍ヘリの襲来をうけて、4台のトラックにミサイルが命中し、武装集団と外国人人質が一気に死んだ。それが明確に外へ漏れた情報であった。5台目のトラックに乗っていて助かったイギリス人質の証言である。

 第二次世界大戦の勝ち組フランス、英国などの国は、植民地を長く持ち続け、戦前1800年代から、同じ意識で統治している。色が黒いからっと、差別して家畜扱いをしていないだろうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (1)

2013年1月19日 (土)

アルジェ★天然ガス施設★ゲリラ襲撃★日本人人質

0001400008  北アフリカのアルジェリア東部、天然ガス関連施設がイスラム武装勢力に襲撃され、2人が死亡、日本人や米国、欧州などの外国人が拘束された。死者のうち1人は英国人だったと報道。犯行集団は、フランスがマリに軍事介入したことに対する報復と宣言している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 アルジェリア国営テレビが、ウルドカブリア内相の話として、この日早朝、外国人がアルジェリアの治安部隊に警護されて空港に向かう途中、20人ほどの集団に襲撃された。治安部隊の銃撃で武装集団はいったん退いたものの、関連施設で外国人とアルジェリア人を人質に取ったという。人質の数は9人とも12人とも伝えられる。

 この記事を書いている間に、事態は進展して、アルジェリア軍が包囲から戦闘に入ったと報道。そして、30数名の人質が死んだという。アルカイダ側の報道では、人質を安全な場所に移送させようとした車をアルジェリア軍の戦闘機がミサイルを撃ち込んだ、と報道している。
 情報が錯そうしていると何度も繰り返しながらの情報ステーション。そうして生存している人質は7名だという。その中で、日本人は一人、フランス人が一人、英国人二人・・・等、情報が流されているが、これも情報戦で実態はわからないという。情報が正しいなら、日本人は数名以上が死んでいる。安倍政権としては「人命を最優先」とお題目を唱えている間に、戦闘が激化して、死者がもう出ている。「人命の尊さは・・・」という間に、日本人のいうことは、銃撃一発で簡単に吹っ飛ぶ。

 事件の発端は、アルジェリアに国境を接しているマリの反政府組織(アルカイダ系)が、フランス人をターゲットにテロをやるから、フランス軍がそれらを取締り、相当数の逮捕しているから、その奪還が目的か、マリの北部が根拠地で、そこをフランス軍は攻撃して根絶やしにしようとしている。その勢力と連動して、アルジェリア内で人質作戦になったように見えるが、他の理由もありえるが、地元住民に支持されているのかもしれないが、フランスをはじめとする先進国の支配が一番の問題だと思うが、先進国側にいる我々が何言っても、アルカイダ側には受け入れられないだろう。
 だからと言って、和解するには、先進国側がよほど譲歩しないと、それはできないだろう。この戦争状態をどう平静にするか、誰の責任なのだろう。このままでは、ガス発掘施設も建設も安全に行うのは、かなり無理そうだ。

 イランに三井商社が巨大な原油発掘施設を作って、サテ操業する段階で、イスラム原理主義の政権になって、アメリカが攻撃して、三井商社の作り上げた原油発掘施設は、廃墟になった例がある。数千億円の損害を被ったはずだ。そういう損害、誰がツケを払うのだろう。

 ニッキという社名が連呼されている。「日揮」という外国で活躍する巨大プロジェクトをやっている会社が、人質被害にあっている。
 日揮株式会社=石油、ガス・化学などの施設プラント
などを提供するグローバル会社。
事業紹介、会社情報、テクノロジー、IR情報、CSR/環境、調達情報の提供を行う。
創 立  1928年(昭和3年) 10月25日
資本金 235億1,118万9,612円
従業員数 2,202名(2012年9月30日現在)
採用予定人数 100名程度 (2014年)
対象者
2014年3月に大学卒業、大学院(修士/博士)修了予定者
事務系 全学部全学科 比率は、文=1:技=3

技術系
土木・建築系:土木工学、建築学、建設工学、都市工学など
電気・電子系:電気工学、電子工学、制御工学、計測工学など
システム・情報系:情報工学、管理工学、経営工学、応用物理工学など その他理系:原子力、海洋船舶、資源、安全、環境など
初任給
総合職 修士 244,000円 大学 215,000円
一般職 大学 180,000円 専門門学校168,000円 
(いずれも2012年4月の実績)
昇給年1回(7月) 賞与 年2回(7月、12月)
時間外勤務手当、資格手当、通勤手当など

国内の石油精製プラント建設から出発し、世界の石油精製、石油化学、天然ガス処理プラント、液体燃料製造プラントの建設。
世界のLNG生産量30%を建設の実績がある。
早くから海外にエンジニアリングの拠点を構築し、コスト競争力のあるプラント建設を実現し、メガコンペティションの時代を勝ち抜いて行けるエンジニアリング会社として・・・


 アルジェリアでは、天然ガスが豊富に埋蔵されていても、自国の技術では採掘できない。それをイギリスやフランスが採掘権を持っていて、それをやるにあたり、日本の会社がそこのプラントをお膳立てするという関係で仕事をしている。と私は理解している。
 このあたりの関係が複雑で、誰が主権を握っているか、報道されていないから、理解しにくい。

00011  事件の首謀者は、アルカイダ系のイスラム過激派の一派というところまではわかっている。犯行理由としては、マリ(アルジェリアの隣国)にフランスが武力介入してきた、という。それをやめさせるために蜂起したのだという。自国の問題を隣国で事件を起こすという、日本人の立場からは、わかりにくいが、このあたりは、アルジェリア政府の統治機能が働いていないらしい。

0002400025 犯行勢力は、ガス施設を占拠して、フランスのマリからの撤退を求め、アルジェリア政府はその施設の周りを包囲して、交渉は行わないと言って、殲滅する気構えである。

 アルカイダ系の武装勢力は、人質の数人には体に爆薬を巻きつけて、包囲している政府軍が侵攻してきたら、「人質もろとも爆破してやる」と、牽制している。爆薬で人質を吹き飛ばす作戦で、人質をころしてまでも、強行突破するのか。
 日本人の心情としては、犯行グループと交渉して、人質の命を優先するが、アメリカとか、フランス、英国は、アルカイダ=悪者で割り切り、強行突破する。最近は人質の命より彼等の息の根を止めるのが主題である。だから、人質の命をあまり重要視しない。

 最大のチャンスをねらってやるが、アルカイダの要求を受け入れることは一切ない。これが、人間=猛獣の系譜のヨーロッパ人のやり方。アジアの農耕民族の末裔はそこまでクールの人殺しができない。
 日本企業が単独に仕事をしているときには、日本のやり方はできるが、今回のように、アメリカ人も、イギリス人も、フランス人も含まれている場合は、日本式な交渉は主導権は発揮できないだろう。

00035  すると、強行突破を容認することになる。
 外務省OB城内外務政務官が、現場に飛んだが、フランス人、イギリス人などの外国人の中にあって、日本が方針を通せるだろうか。アルジェの外務大臣に面会し、「人質の命を第一に考えて突入は控えてほしい」 と、日本人の常識を伝えたが、「それを考えた末の決断だ」と一蹴された。
 彼は、郵政民営化では、自民党方針に逆らって、あのときは、議場内で小泉さんの参謀をやっていた安倍晋三の説得を振り払って、反対投票をした。それで、公認がもらえず、刺客片山さんにわずかな差で落選し、三年の冷や飯を食った。その後は、選挙民に認知された。その間には、真鍋かおりとの対談をHPに利用した点を彼女に訴えられて、苦労した。

 今回は、社命で仕事をしていた日本人社員の命を落命させては、大変だ。
 小泉首相は、イラクで日本人青年がイラクで捕まって、「日本政府は、撤退しないと、処刑する」と、日本政府を脅したが、時の首相小泉純一郎は、「No」を貫き、日本青年は、処刑された。YouTubeで現場を実況された。あんなことになっても、小泉首相は日本の方針を貫いた。日本青年は、マスコミにも無視されて、同情はなかった。
 しかし、今回は、日本人社員の命を守れるか。
 アメリカを始めとして、銃規制がどうなっているか、オバマ大統領は殺傷能力の高いアメリカの銃を規制しようと法律の提案をしたが、上院は通らないし、多くの国民は、自衛の権利があるとか言って、銃を放棄する気がない。かえって、銃の規制法が成立しそうだと、アメリカは銃購入ブームが起きているという。とんでもない常識の国だ。
 そんな国を相手に、共同作業するときには、日本の意思が通るか外交の難しさを痛感する。
 解決と引換に、プラントはめちゃくちゃになり、人質は爆破される。殺すことが解決と思うな、うらみを買う。その恨みを永続する。イスラムの人たち対キリスト教市民との対立が解消しない限り、股繰り返す。

 十字軍として、ヨーロッパから十次に渡って遠征をしたが、結局イギリス、フランス側が根負けした・・・それが十字軍の顛末だ。
 戦局的には、勝ったように見えても、アラブ人が死に絶えない限り、恨みの連鎖はつながる。宗教に信心深いのは、す晴らしいように見えても、何ら人生の助けになっていない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

積雪7センチ★東京にも★雪が降った・・・

積雪7センチ、東京にも雪が降った・・・。雪国の人にとっては、なんだ!バカにすんな、と怒られそうだが、東京に雪が積もるのは二年ぶりか。昨年は積もる雪は降らなかったと思う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1408  雪が止んだか、止まないかという昨夜から、雪かきをしている音が聞こえていた。朝ホームセンター、荒物屋、金物屋の店先から、雪かきスコップが、いっせいに売れてしまい、在庫が一切なくなったらしい。

ウチの前だけ雪が残っていると、隣近所の手前、具合が悪い。朝、隣の家が雪かきしている音を聞きながら、その前を出かけるわけにも行かず、きょうは歯科医の予約の前に「ウチの前まで雪かきして頂き、申し訳ないです」と、ブリキのちりとりで、雪をかき始める。シャベルの小さいものを使うより、かえって能率がいい。

まあ、7センチの積雪など、30分もやれば、自分チの前は綺麗に片付く。きょうは、朝から快晴の天気で屋根の上から溶けた雪がドサっ戸落ちてくる。放っておけば雪は自然にとけてしまうものだが、そうはいっても、放置しておくと、歩きにくい。

1407 その後、歯科医院へ出かけると、その道すがら、除雪していない道の難儀なこと、除雪してくれていると、ありがたみを痛感した。スニーカーは革靴や底の平らな履物よりは機動性があるが、雪の上を歩くと実におっかなびっくりで歩きにくい。それが、除雪したアスファルトは、実に楽だ。その楽なことに普段は全然気付かないものだ。

 民家の前は、概ね除雪を心がけてくれているが、立派なビルの前は、意外と除雪がされていない。そうだ、他人の迷惑を感じていないのか、家の外に対して不感症になっている。大きなビルほど、その傾向が強い。手が回らないのはわかるにしても、実に大きな家ほど、他人の迷惑顧みない、と断言してもいいように雪が残って、滑りやすい道になっている。

雪の日のは、気分やムードだった心がけのような抽象的な事実が、明確に現れてしまう。その家の考え方が目に見える。第一勧銀の前は、確か銀行へ入ってくる道は除雪しているが、そのビルの横は無視している。カネの通り道は確保しているが、それ以外は手抜き。街の人への貢献はする必要はない・・・と考えているかのように見えた。
 昔の大ダナは、近所の家の前まで丁稚の掃除をさせているとか、自分チの客が出入りするみちまで掃除して、評判を高めようと掃除をさせた、と聞く。

 利益にならない努力はしないのが今の合理性だろうか。
 「情けは、人のためならず」と、昔のことわざはいったものだ。「他人への貢献、情けは、周り回って自分のためになる」という解釈である。(情けは人のためにならない)と、誤解されていた時期があったが、最近はそういう理解は少なくなった。

 今朝は晴れて、うん生きているぞ、とシャワーを浴びて、細胞に刺激を与えると、雪の日こそ、ゲンキが出る。

 この不景気には、自分の糊口も養えないのに、他人のために雪かきする気にならないと思う人もいるだろう。が、この不景気、なにするものぞ!との意気込みを見せて気分はハイに保つ。陰鬱の気分を飛ばしたいものだ。
 世界には、1日わずか1ドル(=89円)の生活をしている人もいる。一ヶ月で30ドル(=2670円)多めにみて、3000円だ。
 笑え、笑え・・・人生は、そんなものだ。引きで自分という出演者を桟敷席が見ている気分で、見てみよう!案外、違うものが見えてくるのじゃないか。 なにかやって打開してみよう。


 友人の職人(技能功労賞受賞者)から預かった作品ですが、ヤフオク(限定5日間)に出したので、ごらんください。http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n114862337

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで役立ったら、励ましクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

日本憲法★アメリカ女性★ゴードンに勝る草案を書けるか

Gordonjapon_4 GHQで日本憲法草案を書いた現場を知るベアテ・シロタ・ゴードンが、唯一生き残りであった。終戦時の昭和21年、彼女は22歳で民生局の一職員であった。彼女が89歳で亡くなった。
Beate Sirota Gordon, 1923年10月25日 - 2012年12月30日):
ウィーン生まれでウクライナ系ユダヤ人(ロシア統治時代)の父母を持ち、少女時代に日本で育った米国国籍の舞台芸術監督、フェミニスト。1946年の日本国憲法制定に関わった人物。ベアテ・シロタ・ゴードンwikipedia
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

んで楽しかったらクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 22歳で連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)民政局に所属し、GHQ憲法草案制定会議のメンバーとして日本国憲法の起草で人権条項作成に関与した。 日本では憲法24条(家族生活における個人の尊厳と両性の平等)草案を執筆した事実が1990年代になって知られ、著名となった。2012年12月30日、膵臓がんのためニューヨークの自宅で死去。89歳没。
 有名ピアニストだった父が東京音楽学校(現東京芸大)に招かれたことに伴い、一家で来日。5~15歳まで東京で暮らした。米国の大学に進学後に太平洋戦争が開戦。ニューヨークで米タイム誌に勤務していたころ、日本に残った両親の無事を知ってGHQの民間人要員に応募、45年に再来日した。

22_3 25人の民政局員の中では最年少の22歳だった。憲法起草委員会では人権部門を担当。10年間の日本生活で、貧しい家の少女の身売りなどを見知っていたことから、女性の地位向上を提案。14条(法の下の平等)や24条(両性の平等)に反映された。

新聞報道では、おおまかな事実しか記載されていないが、実際にゴードンさんの講演を聴いたり、活動を支援していた人の記録には、割と詳しい伝記が残されている。

Beate_2  民政局員25人の最年少のベアテ・シロタ・ゴードンが、大きな権限をもっていたわけではないだろうが、女性や子供の権利について熱心に調べ、草案つくりに協力していた。彼女の仕事は、焼けのこった日本の図書館を回り各国の憲法を調べることだった。

 彼女は、日本語が堪能であったし、そのほか6カ国の言葉ができるので、「ワイマール憲法」「アメリカ合衆国憲法」「フィンランド憲法」「ソビエト社会主義共和国連邦憲法」などなど図書館から借り出した。「スカンジナビア憲法」が役に立ったと言う。
 若いがゆえに、日本のためというより、女性の権利のため、理想の憲法を作りたいという熱意があった。相当詳細に渡る条文をつくり、提出した。

E382b9e382ade383a3e383b3000306d0d  日本のおめかけ(蓄妾制度)を知っていた彼女は「子供を実子、養子、私生児などで区別するな」と、くどいほど書いている。また、子供たちの高い死亡率を心配し、「児童は、医療、歯科、眼科を無料で治療を受けさせなければならない」という項目さえある。

 しかし、彼女の書いた草案は民生局で、「憲法は原則を書く」という責任者の意向でほとんどカットされた。この時、彼女はひと目をはE382b9e382ade383a3e383b30004a53da ばからず大泣きしたそうだ。民生局のリベラルな男性メンバーでさえ、女性や子供の権利については無理解があったと述べている。
 ベアテさんの草案は、日本政府に提示する段に、また「なんだ、これは!」と日本側が大騒ぎになり、激論になりかけた。
 ベアテさんは、通訳として同席していたが、上司が「女性の権利はベアテ嬢が確固たる信念で書いたもの。このまま通しませんか?」と助言して、落着したという。

 当時の日本側憲法草案には、一般国民男性の権利もなかったくらいで、「女、子供」は、戸主の下の存在であるから、権利を主張など、言語道断ということだった。
 ベアテ・シロタ・ゴードンが書いた草案は、日本の女性のためだけでなく「世界のすべての人たちの、実現されるべき理想であり、希望だった」と、彼女が語っている。

Ghq 「GHQの押し付け憲法である」と、声高に言う人はいることでしょう。
 偶然かもしれないが、民主的な(女性の権利の)意識の高いベアテさんという人が選ばれ、日本憲法草案に「女性とこどもの権利」を書いてくれたことは、歴史的な幸運だと感じる。
 これが、自主憲法だということで、日本人が制定したら、あるいは、改憲したら、このような人類の最先端の意識を盛り込んだ憲法はできるだろうか。
 世界人権宣言と同時に、憲法によって、人権が「平等」「自由」は当たり前のこととして60年間過ごして来られた、その幸福が何よりの憲法の果たした意味である。まだ、日本人の人権意識が、現在の憲法のレベルに達していないから、多くの改憲論者と付和雷同者が不満を述べるところである。

T0003181a  人類の理想を実現を目指した日本国憲法を世界の人に誇ってもいい。これを社民党は護持しようとしているが、残念ながら、国民意識は社会党を滅亡に追いやっているが、これは委員長福島瑞穂の努力不足である。
 人類の理想が書いてある日本国憲法ほど、読んでいて心地のいい文章はない。その文章を知らない人ほど、改憲を叫ぶ。これを書き換えたら、どんな醜い主張がでるやら・・・。原則はそのままで、書き換えないで、現状に合わせて読み替えでやりくりしていけばいいじゃないか。今の政府だったら、きっと改憲草案は自主防衛の名で世界をあやうくする。ベアテ・シロタ・ゴードンに勝る「女性の権利」を憲法上で謳えるか。きっと官僚たちは、「等」などを使って、妙な細工をするに違いない。

 憲法に手をつけたら、「世界中に宣戦布告している」と大騒ぎで、反日騒動どころではないだろう。理想の憲法を世界に読んでもらう努力のほうがいい。ぜひ、世界の首都に「日本本国憲法」銅版にして埋め込むのがいいのじゃないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
んで楽しかったらクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

| | コメント (2)

世界はひとつ★アジアの統一★信長の世界戦略 

066  織田信長の考えを秀吉が実行しているように見えるのが、朝鮮征伐と称する「唐入り」である。これの総責任者の豊臣秀吉は、老年期に入り、判断力が弱くなっている。織田信長のまだ元気だった時期にこのアジア統一をやったら、実現可能であった。と言う推論である。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 織田信長が本能寺の変で倒れなかったら、尖閣諸島の問題、竹島の領土問題はなかっただろう。ifイフのイフだというが、黒鉄ひろしの大風呂敷の仮説を聞いてしまうのだが、織田信長の視座の高さは、そのころの武将にはないくらいの理解力である。
 現代もその目で見ると、どうだ?信長の理解力を現代にもってきて、政治家で匹敵する人物がいるだろうか?

民主主義の時代に世界征服を視野において、領土拡大、他国の統治など考えるべくもないが、いまから500年前に、世界が統一の機関でまとまっていたら、尖閣諸島の領土問題で争うこともない。当時の日本以外の国に住む住民は虫けら同然だったかもしれないが、現代の分立国家のほうが問題だ。当時の感覚からしたらアジア統一の概念は、かなり先進的だ。

 秀吉の考え方も、信長の模倣だろうと思う。秀吉は織田信長のうわっつらを真似しただけだから、家康も秀吉の死後その計画を止めただけだ。世界的には、シーザー(カイザル)、アレキサンダー、チンギスハンの壮大な世界征服の実行者がいる。信長が本能寺の変で倒れなかったら、年齢的に見て、世界征服実行の適齢期であった、と思われる。彼らの知恵より数等倍あった。毛利さえ始末してしまえば、日本は片付いたのだ。それで終わりと思うか、それとも、コレを起点とするか。天才と凡才の分かれ目はここにある。
084083 信長は、10年計画で明を征服して・・・と思ったらしい。その証拠は、フロイスの書簡に残っている。
アジア諸国を従えておけば、現在の領土問題で争いは存在しない。世界、少なくともアジアは統一国家で、世界経済の中心であったかもしれない。戦力の余計なエネルギーはいらないわけだ。

大きな立場で、歴史を見たとき、いつかは地球上を統一国家にしなければならない。行ってみれば、今まさに世界は戦国時代だろう。光秀が信長を倒してしまって、アジア統一のアイディアは消えてしまった。日本を飛び出して、信長が世界統一まで夢想しても、ほかの武将では、そこまでやれないし、考えが理解できない。

081 宣教師ルイス・フロイスから、地球儀をもらって、ソレを眺めて、日本の存在と地球の形を即座に理解したという織田信長の理解力は、群を抜いていた。その当時、自国の一所懸命、領土拡大がせいぜいで、国内統一にまで考えつかないし、ましてや世界統一、アジア統一までは理解できないのが普通の武将だっただろう。その点で、織田信長の天才であった。ただし、そばに仕える武将は、よほど信長の気性を理解して心酔しないと、逃げ出したくなる。明智光秀は、たぶん自分のほうが頭がいい、日本を上手に治められれると思っていたに違いない。
「近くの天才は、単なる気難し屋」
「天才は近くにいると理解できない」

 武力的に見て、世界で一番武器が優れていた。戦国時代を100年にわたりすごし、武将の技術も進んでいた。戦国時代の終わった後、明治維新の後の武士階級の始末で困ったように、信長もソレの戦争屋たちの後始末で頭を悩ましただろう。

 エンドレスに戦争していけば、ババ抜きを外国にもっていく考え方であったか、信長なら家来に命令を上意下達、徹底できる。亀甲船で朝鮮では秀吉は失敗したが、信長には武器の優れた面、船でも優秀な工夫があった・・・歴史から見てのifイフのイフだが。もし信長を本能寺から脱出できたら、
 本能寺の地下道の脱出路がふさがれていなければ、命は助かったはず、そして信長は再起したはずだ。

Ws000064  歴史上、日本が指導者に傑物を得たのはこのとき、ただ一回だったかもしれない。世界へ目を開いている知識人で、かつ武力を背景に持ったのは、彼以外にいただろうか。
 その意味でも、岐阜県岩村城・・・、キンカン頭とからかわれ、傷つくプライドの持ち主の光秀は、織田信長の性格を見て知性を見落としてしまったのかも。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

国家事業★「除染作業」★6500億円 手抜きゼネコンへ

719e0f46215737b7d6371a4eb8ae8a3b 朝日新聞によると、ゼネコンが福島原発除染で、いい加減な仕事をしている状況を伝えている。ゼネコンの体質がよくわかる。こんな連中が公共事業だ、国家プロジェクトだと、景気浮揚にかこつけて、国家の金庫から総額6500億円をかすめ取るのだと思うと、安倍総理のいうことも眉に唾付けて聞きたくなる。公共事業の景気浮揚策は上流で大方うまい汁を吸ってしまうのが現実だ。
 安倍総理は、前の総理時代、「漏れ年金を最後の一件まで調査します」と大見えを切ったが、政治家は将来はいい加減になるけど、その場でカッコいいことをいう。


んで役立ったらクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 朝日新聞1月4日(金)一面と社会面33面より引用
 ゼネコン共同体で四市町村の本格除染
楢葉町=前田建設工業+大日本土木など(受注金額188億円)
飯館村=大成建設など(受注金額77億円)
川内村=大林組など (受注金額43億円)
田村市=鹿島建設など(受注金額33億円)

020  環境省は、福島11市町村を除染対象に指定し、とりあえず、四市町村の本格除染をゼネコンなどの共同体に発注し、昨年から作業を開始した。
 この作業は、昨年~来年度末までの3年間、総額6500億円の国家プロジェクトである。ゼネコン各社は下請けに任せて、まず全額を受け取り、下請け作業員にはどの程度行き渡るのか。
  これとは関係ないが、テレビCM作成では、元請けが一億円で契約したら、末端の作製する孫請け会社は1割の1000万円を受け取ればいい方だ、と聞いたことがある。

Photo
環境省と元請けとの契約した『作業ルール』は、
はぎ取った土や落ち葉は袋に入れて回収し、飛散しないように管理、
住宅の屋根や壁は手でふき取るか、ブラシでこする。高圧洗浄機は、雨どいなど限定される部分にしか使用を認めていない。
洗浄につかった水は回収するきまりになっている。
 以上が『作業ルール』の基本。
 『作業ルール』通りにおこなったら、手間も時間もかかるかり、非能率であるのは、第三者にもわかるが、それを守らないと、洗浄、除染したことにならない。

 0429_1_2
030   朝日新聞記者4人で、楢葉町、飯館村、田村市に入り、約一週間(12月11日~18日)合計180時間を見守って、その作業の実態を調べた。楢葉町、飯館村、田村市の市町村の13か所で作業員の行動を見守った。
 その結果、作業員が土、枝葉、洗浄に使った水を回収しないで捨てるのを目撃。作業員20名からの聞き取りでは、それはゼネコンや下請け会社からの指示で廃棄したのだという。また、「『作業ルール』どおりにやっていたら、この作業は予定通りには終えられない」の証言をしている。

021 楢葉町の道路わきで作業していた作業員は、「刈り取った草木は崖下に捨てるように、大日本土木の現場監督の指示された」と語ったのを記者が録音として取った。これを語った作業員は、どういう処遇が待っているのか、当事者ならずも、気にかかる。

田村市で働いていた作業員4名は、下請けのリーダーから、落ち葉や土は熊手で集めて022 川にかき落とすように指示されたと証言。飯館村では、屋根や壁を高圧洗浄機で洗浄していた水がそのまま側溝へ流れ、そのまま流れて行った。それも、カメラで撮影した。大成建設では、事実を確認中という。

これらの行為は、契約違反であり、放射能汚染物質の環境汚染の対処に関する特措法に違反する。廃棄物の投棄に関して、環境省は「事実なら重大な問題だ」とゼネコン各社から事情を聴く予定である。

 こういう朝日新聞のやり方を「
」と呼ぶのだろうか?
 朝日新聞を嫌うのは、こんなことを書かれた日には、「朝日新聞をぶっ潰せ!」と右傾の声にまぎれて、そういう動きが出るのは、なんかわかるような気がする。建設業の人たちの「核廃棄物の危険性」に人類の将来を憂う気持ちがあるだろうか。手抜きした方が楽に儲かるが、地球の将来、人類の未来を考えようよ。通じないかもしれないね、そういう気持ちで公共事業を取って稼ぐ人たちには。


 こういう作業こそ、除染のノウハウを地元の人に教えて、自分たちの土地を守る機会ではないか。そうすれば、保障費と共に賃金として、現金が地元に落ち、地元の収入になり、地元が潤う。

 そんなに難しい専門知識が必要な仕事ではない。

 除染など、注意さえ守れば、豪雪地帯の雪かき労働に近い。ゼネコンなどが間に入ってやる仕事とは違うだろう。注意・ノウハウ、道具を用意して地元の仕事として任せたらどうだ。こういう仕事を国民を総動員して、特に地元の人にやってもらう仕事だと思う。

  地元を地元の人が除染するなら、本気で真剣に作業をマニュアル通りにやろうとするに違いない。手抜きすれば、地元に住む人の健康に被害、影響することは自分たちである。除染される地域を自分たちに任せれば、絶対効果的だ。

 大企業、大型スーパーが進出して、地元の商売を破壊し不況になるのは、こういうところから始まっていることを自覚してほしい。かつて、オイルショックで「トイレットペーパー」騒動も、あるところにはあった。「千載一遇」のチャンスだといった石油会社だった。
 今回の「除染作業」も、「千載一遇」のチャンス意識があるかもしれない。民間の仕事として、みんな総出で「除染」したほうがいい。足りない人員は、都会のホームレスを使い、彼らの自立を促すチャンスにしたらいい。


んで役立ったらクリック 
  ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »