« ルーマニア★ブカレスト 聖心女子大生殺害 | トップページ | シリア情報局シャビーハ★カネと麻薬 »

2012年9月 5日 (水)

山本美香さん殺害現場に★赤いシャツの青年

003 迷彩色のベストを着ているのが自由シリア軍(反政府軍)である。佐藤和孝さんと山本美香さんは、シリア政府に取材申請をしても許可が下りないから、反政府の自由シリア軍に同行して取材にトルコ側から越境してシリアに入った。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

000 山本美香さんと同行していた佐藤さんが、真相バンキシャに出て現場の説明をしていた。編集側が取材映像を明瞭加工して、詳細に点検する。
 前日、シリア政府軍は(ロシア製)ミグ戦闘機を使って市内民間施設を爆撃している。その実態をレポートのために市内取材に入った。
 政府側は彼らの非人道的な行為が国際的に広がるのを嫌っていた。情報局シャビーハをつかって、日本人取材クルーを抹殺しようとしていた。
シリア情報局シャビーハの仕事

006  戦闘地域周辺に入ると、政府軍と反政府軍が入り乱れて、情報合戦・・・スパイの入り乱れる場所になる。
 この周辺では、佐藤さん、山本さんは、「どこから来た?」と繰り返し聞かれていた。普段より聞かれることが多い印象は受けたが、ジャーナリストが攻撃対象になるとは、佐藤さんは思っていなかった。こうして、事件が起きてみると、シリア政府はジャーナリスト、マスコミ関係者はすべて攻撃対象にしているのではないか、その印象がある。

 美香さんが撃たれる前、自由シリア軍民兵と同じ格好した、私服のシャツの上の迷彩ベストを着た民兵がいた。佐藤さんは同じ服装であるから味方だと思って前へ一歩出たとき、民兵の前を歩く男が「(アラブ語で)日本人だ!』と叫んだ。
032  そうすると、後方にいた10人前後の民兵が向こう側道路の車の陰から、撃ってきた。
 パンパンと数発聞こえた後、機関銃で撃つようなダダダ・・・と連射音がしたので、佐藤さんは急いで逃げた。そのとき、右前方にいたはずの山本美香さんとはぐれた。

043 人口200万人のアレッポ市内へは、自由シリア軍に同行して行き、市内メイン道路を政府軍と対峙する200メートルは歩いて近づいた。ほとんど避難してシャッター通りの無人地帯すぎ、しばらくすると案外人の多いところに出た。

 佐藤さんの撮った映像を見ると、建物の角に赤いシャツの青年が何気
029なく
立っていた。それが最初の映像。その青年は、自由シリア軍が行くとその後方についてきて、彼らが止まると赤シャツの青年も止まった。
 「赤シャツの青年に気づきましたか」と司会者が尋ねると、佐藤さんは「気づきませんでした」というほど、何気なく
大衆にまぎれて、情報収集しているようだ。

02606702 自由シリア軍民兵に協力して、道路のコンポストを移動して道路封鎖をしている。その姿を佐藤さんの撮った映像に彼の姿が残っている。
 また、赤シャツの青年、兵士に、「この人たち、日本人か?」とも聞いている様子でもある。また、山本さんの取材の後ろにいてシリア人の答えている内容を聞いている様子である。

034  車の陰になっているが、10名前後の民兵たちが現れた。その前を歩く男がいる。
「日本人だ!」と叫ぶその男は、政府機関の役人のように見える。その後ろに別の赤いシャツの青年が護衛のように付き従っている。
 この大柄の男が民兵の指揮して、外国ジャーナリストを射殺指令をひそかに出して、実行部隊をつれてパトロールしていた可能性がある。

 これらの推測は、佐藤さんの写した映像を明瞭な画像に直してみると、徐々にこの周辺の事情が明らかになってきている。シリア政府軍は、ロシア製ミグ戦闘機で、自由シリア軍の潜んでいそうな建物をミサイルを打ち込んで徹底破壊をして、軍事的な優位を保とうと必死である。自軍の非人道的破壊が外国にもれるのを最大現恐れている。あのようなスパイの横行と、マスコミが入ってくるのを銃撃してしまうと、ほかの外国記者も来ないと計算している。

 山本さん、佐藤さんが入国した時点から、その情報がマスコミ対策情報局には、すべて逐一連絡があったのではないか。山本さんたちには、偶然出会った民兵に見えるが、マスコミ対策部署の課長が、自由シリア軍に似せた格好させ所属民兵を指揮していたのではないか。

 情報ステーションで、自由シリア軍に捕らえられた政府軍の数人にインタビューしていた。捕虜収容している場所は、自由シリア軍本部(元小学校)だった。
 そこで、捕らえられた30代の元政府軍に聞くと、指示されてデモのある学校へ行って首謀者を殺す担当、そのあと、女性のレイプは自由、子供を殺すのも権限を与えられている。
 こっちは20代の兵士、山本美香さん殺害担当とは違うが、外国特派員の車の後つけて殺す担当は十数人いて八人逃げて二名が捕まったとか。大体、一人殺すと、日本円で2万5千円。捕らえられた男は、それより多くもらったといっていた。みんな、自分の悲しみ、同情をおきないように、麻薬を与えられている。アサド大統領に忠誠心はないから、全部しゃべっている。

シリア情報局シャビーハの仕事 
 内戦になると、人間は何でもありになって、殺しも、レイプも、強盗も・・・、法律など屁のつんばりにもならない。これでは、ヒットラーのやったジェノサイド以上の殺戮が起きているようだ。特に政府軍は、ロシアの支援があって、武器はいくらでも入ってくる。ロシアは武器の売れる相手先があって、「売れ、売れ!千載一遇のチャンス」と思っているかもしれない。
 国連は、監視団も去ってしまって、何や役立たず。

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

« ルーマニア★ブカレスト 聖心女子大生殺害 | トップページ | シリア情報局シャビーハ★カネと麻薬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルーマニア★ブカレスト 聖心女子大生殺害 | トップページ | シリア情報局シャビーハ★カネと麻薬 »