« 内戦シリア 日本人女性記者 銃撃され死亡 | トップページ | 芸術の秋 リサイタルのお誘い いかが? »

2012年8月22日 (水)

シリアが泥沼化するワケ 田中浩一郎解説

023 宮根が夏休みのミヤネ屋で、山本美香さんが殉職したシリア情勢について、 中東研究センター長兼理事田中 浩一郎が説明した。うまく、分析していたので、スッキリわかった。 宮根がいなくても、台本さえしっかりしていれば、キチンと進む。
内戦シリア 日本人女性記者 銃撃され死亡

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 

019_2  まず、山本美香さんが戦闘に巻き込まれた北部、シリア第二の都市アレッポ(人口200万人)は、人口の2/3は町を捨てて脱出している。この町は、反政府軍勢力が強く、政府軍側は奪還しようと思うし、反政府軍は武器を支援国からの拠点であるから、争奪戦が激しく行われる場所である。
 反政府軍側にとっては、今後、このアレッポを勢力下においていないと、シリア全土に勢力拡大が進まない。政府軍としては、シリアを掌握するには、アレッポの反政府軍拠点を一掃しないと、戦いの終わりはありえないと考えるから、お互いに譲れない。

022_2   シリア政府を支援するのがイランであり、
反政府軍を支援するのが、トルコ、カタール、サウジアラビア+アメリカ、EU(ヨーロッパ)である。どちら側陣営も、人員と武器を豊富にあり、代理戦争の様相を帯びて、当事者同士では決着がつかないように、紛争の火の手は盛んで、消しようがなくなっている。
 支援しているイランとシリアとの絆を断ち切りたいと思うアメリカは、二国間に楔
くさびを打ち込みたい。が、安保理で常任理事国のロシアと中国の賛成が得られないから、国連決議ができない。国連軍を
シリア政府軍に向けるわけにはいかない。

 ●ロシアとシリアは、以前から友好関係にあり、武器購入のお得意様であり、ロシアにとっては、地中海へ出る最短距離の上にシリアがあるので、ロシアの軍港がある。その友好国を敵にする訳にはいかない。

 ●もう一国、中国の反対理由は、国連軍がシリアの反政府軍を後押しして、シリア政府を倒す先例が作られたら、新疆ウイグルの反政府行動がある中国には、極めてまずい。国内内紛に国連が中国を干渉する先例をつくりたくない。
 シリアの例は、他人事ではない。シリアに国連軍が進駐するのを認めたら、いつ中国に国連軍が進駐するとも限らない。新疆ウイグル以外、法輪功の信徒、反政府運動、その他少数民族問題は、いつ火を噴くかわからない中国は、シリア問題で、処理を誤ると、火の粉をかぶってしまう。

 そんなわけで、シリア問題では、国連安全保障理事会の拒否権を持つ五大国の足並みがそろわない。だから、武力衝突になると、なにも機能しない国連になってしまう。人道援助や難民問題では、機能する系列が違うので、そちらはいいが、紛争問題では、あまり国連は役立っていない。

 コメンテータ、中東研究センター長兼理事田中 浩一郎は、最後に「世界地図が変わるかもしれません」と、予想外の説明をした。
 国をもたない民族が世界には、いろいろいるが、その中で、全体で一億人約2800万人はいるといわれるクルド族が、イラク、トルコ、シリア周辺内外にいる。このクルド族がこのシリアの内紛から民族独立運動に刺激をうけて、活発化しているという。
 中世までヨーロッパにケルト族が多くいたが、それに次ぐ多数派であったのかもしれない、ユーラシア大陸の旧住民であったのだろうクルドは、ヨーロッパから逃げ出したケルト族に似た立場だ。

 ユダヤ人がイスラエル建国したように、クルド族が新しい国を作る方向へ進む可能性がある。このシリア内紛の今がチャンスだと見ていることは、察しがつく。その動きに何か証拠でもあるようだ。
 クルド族がすでにイラクの一部をすでに国の形にしている。シリアの一部とトルコ一部も含めて、一体のクルド国家になるかもしれない。世界地図が変わる可能性を言及した。日本人は、対岸の火事みたいに見ているが、世界の動向は刻一刻変化している。

  クルド人居住地域
   
トルコ  約1140万人
 
イラン  約480~660万人
  イラク  約400~600万人

  シリア  約 90~280万人
  ドイツ  約 50~ 80万人
アフガニスタン 約20万人
アゼルバイジャン 約15万人
  フランス 約12万人
  スウェーデン 約10万人
  イスラエル 約10万人
  レバノン 約8万人
  オランダ 約7万人

クルド人は、中東ではアラブ人・トルコ人・ペルシャ人(イラン人)の次に多い。トルコ・イラク北部・イラン北西部・シリア北東部等、中東の各国に広くまたがる形で分布し、独自の国家を持たない世界最大の民族集団である。
人口は2500万~3000万人といわれている。
 宗教はその大半がイスラム教に属する。一方、宗派については、イスラム教のスンニ派 (トルコでは、スンナ派シャーフィー法学派)、アレヴィー派、ヤズィーディー(Yazidi)やアフレ・ハックの順に多く存在する。言語的には、イラン語系クルド語を話す。主な仕事は牧畜で、遊牧民として生活する者が多かったが、近年トルコの都市生活をする者も多くなった。


イスラエル、パレスチナ人との友好
国のない民族 クルド、チベットなど

ダライ・ラマ東京で語る記者会見
内戦シリア 日本人女性記者 銃撃され死亡

んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 

|

« 内戦シリア 日本人女性記者 銃撃され死亡 | トップページ | 芸術の秋 リサイタルのお誘い いかが? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内戦シリア 日本人女性記者 銃撃され死亡 | トップページ | 芸術の秋 リサイタルのお誘い いかが? »