« 「善き人のためのソナタ」東ドイツ盗聴の恐怖 | トップページ | 気の利かない男 新婚さんいらっしゃい »

2012年7月28日 (土)

ロンドン五輪 開会式行進 旗手特集

105 200数十カ国の行進を見ていると、世界はみんな、友情を求め、平和を求めているのではないか。それを国家単位になると争うのだろうか。そんな疑問が湧いてきてしまう。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村


Ws000178101ジャマイカのボルトが旗手 メキシコの旗手は、テコンドー選手 各国の伝統と風俗に従って、衣装をまとい、行進する姿に感動した。各国それぞれの事情が反映されていて、なるほどと思う。旗手になる人は、その国の代表する業績であったり、その国の責任を負う人のようだ。

Ws000034Ws000020 ドイツの旗手  グアムの旗手 こうして参加してみると、国力の差が歴然と現れ、日本の地位も見える。イギリスは主催国だから拍手が多いのは当然であるが、参加者数から言っても、五指に入る世界でトップに近い立場であるのが分かる。自信もっていいのだ。

 日本は島国であるが、島の大きさはマダカスカルより小さいが、本州だけでも英国本土ブリテン島より大きかったり、人口1億人以上の国として自信を持っていいのだ、と思う。島国だから、外国との接し方で損をしているのか・・・と、妙なことを痛感してしまう。

Ws000073Ws000078 イラクの旗手 英国の隣国アイルランド旗手聞いたこともない国の人が現れ、それが可愛い女性が旗手していたりすると、世界は広いのだね。と感心したりする。オリンピックの行進は、人種の展示場みたいである。イギリス主催国は、全部に気使って大変であるが、政府同士の交渉とは違って、民間人なら恨みも何もないか ら、お互いに仲良く出来る場だ。
 
Ws000090Ws000178イタリア旗手 
メキシコの旗手→ お互いに会話が出来ればいいじゃないの?コレが憎みあって、テロの場になる心配したら、実際イスラエルチームへの爆弾テロがあった。それはミュンヘン大会だったか、そうなると、一般人の希望的な友好は吹っ飛んでしまう弱いものだ。
Ws000277 →ロシア旗手シャラポア ロシアでは、女性旗手ははじめて。
 でも、それは元にあるのは国家間の憎しみであって、個人とは何も関係ない問題である。個人間では、別の交流チャンネルが、インターネットのできる現在は、成立する。それを信じたい。

Ws000106Ws000113
日本旗手は吉田沙保里、日本でも女性旗手は初めてだ ヨルダン旗手   各国が展示会場のように、ブースを作って、イベント会場で選手と観客が混ざり合うようにしたら、モット盛り上がると思う。お祭り広場にしてしまうのなら、東京オリンピックを開催してもいい。カネは掛からないし、世界友好が実現できる。

Ws000136Ws000146
レバノンの旗手 リヒテンシュタイン旗手「世界はひとつ~、世界はひとつ~・・・」それが実現できる。メールアドレスを交換して、この二週間はお互いに友達になる期間であるとして、競技で勝負するより、もっと仲良しになる点を重要視するイベントにしたら、いいと思う。

Ws000152Ws000158
ルクセンブルグ旗手 →マレーシア旗手
  
NHKの画像は、オリンピック委員会からの提供されるのだろうか。各国の紹介が簡単すぎて、ロシア、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツ、中国、インド、カナダ、メキシコ、日本、ノルウェィなど著名な国ならわかるが、小国はいわれても、場所が分からない場合が多い。地図を使いながら、競技の勝負より国を理解しあう機会にWs000168するべきだと思う。勝ち負けを競うのは、対立をあおることになるより、そのほうが楽しい。そっちを尊重したい。

Ws000162マリの旗手 →マーシャル諸島の旗手 オリンピックの入場行進を見て、人種を見るだけでというと問題がありそうだが、あえて言わせてもらうと、動物園の動物を見るよWs000251り、ずっと楽しい。競技とは別に、首脳会議とは別に、こういう国々の人を招待して、ひとつの島を借り切って、世界の全部の国から集まるお祭りをしたりしたら、友好イベントを楽しめるのではないか。★★ →フィリピンの旗手

319_2331 Ws000327 ↓イランのサヘル  「ネプとイモトのG20 世界番付」G20というのは、20カ国、アメリカ、中国、フィリピン、英国、フィリピン、スイ 317_2 ス、イラン、韓国などなど、外国人を芸能界から集めて、ギヤガヤやってお互いの国際理解を図って→中国の雪丹 る番組であるが、オリンピックの入場イベントに似たような匂いがある。サヘル・ローズ 「戦場から女優へ」:

 世界の国々はお互いに違いはあるが、知り合ってみれば、人情は似たようなものだ。それを政府、国家が本気になって、友好に取り組めば、案外いい国際的理解が進むと思う。それって、予算つけて本気でやる国は出てこないのだろうか。この調子で100年、200年で、人種差別、宗教差別は希薄になる、と断定したいが、そこまではどうもムリだ。私は期待している・・・というに留める。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

|

« 「善き人のためのソナタ」東ドイツ盗聴の恐怖 | トップページ | 気の利かない男 新婚さんいらっしゃい »

コメント

オリンピック入場行進特集・・・・編集するのは大変!おかげでヨルダン国の旗手miss? DAWANIの写真をげっと
ありがとう

投稿: 鉄田繁久 | 2012年8月14日 (火) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「善き人のためのソナタ」東ドイツ盗聴の恐怖 | トップページ | 気の利かない男 新婚さんいらっしゃい »