« ロシア首相 国後再訪から事故調査報告書まで | トップページ | 3・11影響?無料点検、鬼瓦外れ、吹き替え100万円? »

2012年7月12日 (木)

「メガネはずせ」 往復ビンタ 昭和の匂い

 今、自伝の電子本を作成しようと、やっていると時間がいくらあっても足りない。試読、立ち読みできるように「少年に往復ビンタ」 をnozawa22の読者に一足先に紹介する。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

 往復ビンタ、懐かしい言葉になったが、昭和20年代、こういう人を制裁する手段が存在した。
 まだまだ軍隊の残影が人々の脳裏に生々しく残っていた頃の話である。痛みを知っているアナログの昔は、往
復ピンタには効果があった。一度痛みを知らされることで、序列ができるし、同じ過ちをさせない効果があったのではないか、と思っている。
 Y家の誠ちゃん、3人兄弟の真中で中三だった。お父さんは本州製紙の工場長で、本州製紙の工場長の自宅が
本町にあった。池があり、庭があり、広かった。Yさん一家は、都会の人の感じがした。
 私の長兄が東京で結婚式したとき、東京に転勤していた誠ちゃんのお父さんに仲人を頼んだ。そんなつながり
もある。誠ちゃんはN家の聖ちゃんと同級生で、二人は中学の野球部のレギュラーで仲良しだった。
 その頃、町の練習場で卓球するのが流行っていた。
 花菱町の和菓子の老舗「梅信」から来ると、道路を屋根で覆った卸売市場八百健がある。その近くに卓球台が4台くらい置いた卓球場があった。
 我々小学生の子分たちは、中学生の誠ちゃん、聖ちゃんと一緒に遊ぶというより、先輩の取り巻きで付いて回った。中三と小五では格段の差があるから、それが当然であった。その日は二人が卓球をしに行くというので、卓球なんかしたこともないし、やらせてもらえないが、ついて行った。中学生の先輩も、チビたちをなんとなく世話してくれていた。
 中三の誠ちゃんは卓球ラケットをシェイクハンドで使っていて、ラケットの柄の部分を長くして持ちやすくしていた。ラケットの柄尻が凹にへこんでおり、特徴があった。球のはじき具合も研究し、ラバーの張替えも自分でしていた。小五から見れば、とにかく中三といえばなんでも出来た。偉大であった。この頃の四,五歳の差は大きい。自転車のパンク修理も、門松の建て方、山へ行ってゴイサギの捕まえ方も、知っていた。

 ラケット持っていた二人が、球の打ち返しか、試合だったのか、ラリーを1時間もやっていたかな。ラケットをどこかに置いて休憩していた。次、再び卓球をしょうとしたら、誠ちゃんのラケットがなくなっていた。中学生の誠ちゃん、聖ちゃんの二人は、探し回っていた。
 近くにいた中学生の包みを触ると、ラケットの柄の部分に特徴があった。シェイクハンドのグリップの凹凸部分が誠ちゃんのと同じだった。凹の部分を触れて、少年を呼び、包みを開けさせた。果たして誠ちゃんのラケットだった。
 その盗んだ少年を連れ出し、チビたち我々も、皆でこの少年を囲んだ。
 こういうときは、我々ガキ子分たちは、その他大勢ではあるが、それなりに役立っている。制裁を加えるにしてもギャラリーがいるといないでは、勢いが違う。
 連れ出された少年は無言であった。誠ちゃんと聖ちゃんはいった。
 「眼鏡をはずせ」
 往復ビンタのルールみたいなものだ。少年は、覚悟してか、眼鏡を外した。
 パチンパチン、
 眼鏡を外した少年の頬から往復ビンタの音がした。誠ちゃんが済むと、聖ちゃんもやった。
 それだけやると、「もうするなよ」といって少年を解放した。
 今は、いわゆるキレて、前後見境なくリンチする。バーチャル時代は痛みを実感しないから、刺すとか、殺すと一気に飛躍するのではないだろうか。
 その当時の往復ビンタは、やる側は、抑えるところは抑えた。殺しをするわけではない。手加減があり、理性的に殴っていた気がする。案外、こういう制裁の光景はよくあることだった。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

 試読、立ち読みしたら、ご感想コメントをください。よろしく。

|

« ロシア首相 国後再訪から事故調査報告書まで | トップページ | 3・11影響?無料点検、鬼瓦外れ、吹き替え100万円? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシア首相 国後再訪から事故調査報告書まで | トップページ | 3・11影響?無料点検、鬼瓦外れ、吹き替え100万円? »