« 阿川佐和子「私だけ」痛い話!ごきげんよう | トップページ | 日本の成長に必要なのは、国際化 »

2012年7月 7日 (土)

ツバメ 梅雨は巣作りの季節

Photo  新聞に載っていたツバメの話は、巣が壊れたので、「どうしたらいいか?」と鳥博物館に相談したら、「ラーメンのカップで補強したらいい」と教えられ、その言葉に沿って修復したのが、この写真である。高い場所にある巣なので、植木職人の力を借りて、直したらしい。
 ツバメには親切、結構みんないい人だ。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

Photo_2  家の人が近所のビルの一階駐車場の一角に巣を作っていた。オーナーがツバメの味方でないと、雛が生まれると、排泄物が下に落ちるから、嫌われて追い出される。幸いそこの巣は、下に板を補強して糞害に対策を取っていたから、大事になれているのがわかる。

Swallows_nest 子供のころ、うちでも、玄関の天井に電気の碍子のところに巣を作っていた。昔の家は。玄関が開けっ放しになっているから、ツバメの出入り自由であった。昼間は、田舎の道路を低空飛行で、虫をとっては、巣に戻り雛にえさをあげていた。どこで交尾しているかわからないが、巣に卵を産んだのち、雌雄の親が交代で卵を温めて、雛がかえるとえさを運ぶ。生まれたばかりの雛に大きすぎるえさをもってきて、巣のしたに落とすことがある。

 きっと亭主ツバメは、母親ツバメに注意されるかもしれないが、オニヤンマのような滅多見かけないトンボを取ってきても、赤ちゃんツバメは落としてしまうこともある。昆虫採集しようとしても捕まえられない虫を取ってきていた。ほかは、何をたべさせているのか、かわらないが、かなり雑食のようだった。
800pxhirundo_rustica_mhnt_2  成長すると、飛び出していって、一人前になっているが、しばらくは夜寝る頃には戻ってにぎやかに集まっていた。一回の子供が成長しても、南へ帰るまでにもう一回産卵して育てるようだった。そのときは、前の子供は戻ってこなくなっていた。

 梅雨の時期、小雨けぶる道路を低空でツバメが飛んでいるのは季節感がある。そういう時期が来るともうじき夏なんだと思った。田舎の町では、市街地の家に「ツバメが巣をつくるのは、裕福な家になる」と、言い伝えがあると、ツバメの巣を母は守っていた。

 ただ、昼間は玄関を開けているが、夜ツバメが帰ってきて戸締りをするのはいいが、朝明るくなれば、ツバメはえさを取りに行きたいが、人間たちは起きてこないから、狭い中で飛び回り煩かった。戸をあけてやると、勢いよく飛び出して行った。

ツバメ(燕、学名:Hirundo rustica):スズメ目、ツバメ科に属する鳥。
Swallows_nest_2 
全長 は約17 cm、翼開長は約32cm。背は光沢ある藍黒色、喉と額が赤く、腹は白く、胸は黒い横帯がある。尾は長く、この尾を燕尾形という。翼が大きく、飛行に適している。脚は短く歩行は不得意、巣材を求めるとき以外は地面に降りない。
鳴き声 繁殖期にオスは『チュビチュビチュビチュルルルル』と大きなさえずり声で鳴く。早朝から午前中にかけて耳にする機会が多い。
食性 飛翔する昆虫などを空中で捕食する。水面上を飛行しながら水を飲む。
 日本では、沖縄県以外で
繁殖。ツバメの越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。
越冬ツバメ」は、中日本から西日本各地で見かける。それが、日本で繁殖したツバメか、シベリアなどより北方で夏に繁殖したものであるのかはよく分かっていない。 
 通常は新しい巣を作るが、古い巣を修復して使用することもある。
産卵期は4~7月、一度に3 - 7個の卵を抱く。主にメスが抱卵。抱卵日数は13 - 17日。巣内での育雛日数は20 - 24日。1回目の巣立ちは概ね50%程度。
 落ちたツバメのヒナを人間が育てることはとても困難である。日本では、鳥獣保護法によって野鳥飼育は禁じられているが、保護のために許可を得て飼育することは可能である。
 
集団ねぐらの形成 巣立ちを終えたヒナと親鳥は河川敷や溜池の葦原(よしはら)に集まり、数千羽から数万羽の集団ねぐらを形成する。wikipedia参照

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

|

« 阿川佐和子「私だけ」痛い話!ごきげんよう | トップページ | 日本の成長に必要なのは、国際化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿川佐和子「私だけ」痛い話!ごきげんよう | トップページ | 日本の成長に必要なのは、国際化 »