« 7月20日(金)の国会官邸大包囲 市民デモ | トップページ | 20日夕、反原発デモ 宇宙人鳩山由紀夫現れる »

2012年7月20日 (金)

インド マルチスズキ工場暴動の解決に良策

 Obtv440_imanes_g_20120720020321 分かりやすく説明すると
 スズキ側は「人事課の職員が労組側代表と協議中、労働者が日本人とインド人人事課職員に暴行した」と説明した。それに対し、労組委員長は、「幹部の指示による労働者や労組を締め付けや工場通用門の閉鎖し、警備員が労働者に凶器で激しく殴りかかった。一部幹部や警察と共に多くの労働者に暴行、殴られた労働者は重傷を負って病院に運ばれた。警備員は会社の施設を破壊し、工場の一部に火を放った」として、会社幹部を非難。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
 


印マルチ・スズキ工場が暴動で停止1人死亡・邦人2人負傷
 697_6 マルチ・スズキ(
インド子会社マルチ・スズキ,インド北部にあるマネサール工場)
は、暴動が起きた経緯について「問題を友好的に解決するため、シニアマネジメントのメンバーが労組側と協議していたが、協議中、労働者がシニアマネジメントのメンバーやマネジャーらを暴行した」と説明した。
 それに対し、マルチ・スズキの労組委員長は、事前に準備された労働者や労組を締め付ける活動が暴動や工場閉鎖に発展したとして、会社幹部を非難。「幹697_11 部の指示で警備員によって門が閉じられ、警備員が凶器を使って労働者に激しく殴りかかった。彼らは一部の幹部や警察と共に多くの労働者に暴行を加え、殴られた労働者は重傷を負って病院に運ばれた。警備員は会社の施設を破壊し、工場の一部に火を放った」とする声明を発表した。   
 現地の警察当局によると、約90人の労働者が逮捕された。罪名は殺人、殺人未遂、放火。工場は暴動発生以降、閉鎖されており、広報担当者は工場再開の時間的なメドについては明らかにしていない

年間生産高は60万台で、スズキの日本工場で生産する台数より大きい。利益も多い。日産やトヨタは先進国で工場生産に遅れたので、途上国狙いで進出して、インドの工場は、ガンジー首相の「インドの国民車をつくろう」に呼応して、インドのクルマメーカー「マルチ」との合弁会社をつくり、ダントツのクルマメーカーを生産して、シェアの65~60パーセントがマルチスズキの生産する車である。

その工場の待遇は他のメーカーよりいい、と思われている。そこでは、臨時職員をカースト制度の低い階級から採用しているらしい。前回クビになった職員の不満もあり、今回9名くらいのクビ問題を話し合っているところに、人事職員がいい回答しないところで、インド労働者側が殴りかかった。そこへ、待機していた不満労働者がガラスを割って入り込んだ・・・、そこで管理者側が警備員に指示して大騒動に・・・、という流れで、受付棟が放火され、人事室も放火、上級管理職の駐車場へ侵入してクルマのフロントガラスを破壊してウサを晴らしてというのが事実ではないか、と思う。

こんな、政情不安のインドで生産して、利益を日本に還流することで日本経営が成り立つという構造をつくり、満足していていいのか。日本の産業の空洞化はますます進む。外国へ出て仕事しない限り、儲けられないのか。簡単に言うと、低い賃金の人間を多くつかって生産することで稼ぐ・・・こんな構造でいいのか?イギリスと同じく、社会保障が壊れ、日本の生産力低下で、貧しくなってしまう。労働者を外国人にしても、その人たちが目覚めて、賃上げ要求してきて、またダメになってしまう。

日本国土で生産してそれを輸出するパターンを放棄していいのだろうか。開発途上国の労働力を安く使うだけで、解決しない問題を含んでいるが、それに気づかないフリで、問題が大きくなり、人権意識が目覚めたときには、あわてふためく。
 これだったら、戦前の軍国主義で中国、満州へ進出したときと、大した意識の差がない。

1970年代、インド政府が率先して実用的な小型車、国民車構想を立ち上げ、スズキが合弁相手として実現した自動車会社である。
日本の軽自動車に近いマルチ800を低価格で生産し爆発的人気、1980年代のインド国内で小型車市場を寡占状態に。
1980年代スズキがインドへの投資は、経営危機すら危惧されていたという。
1992年スズキが出資比率を26%から50%へ。→54%(2002年)に引き上げ子会社化。
2005年、経済産業省より「日本ブランド創造貢献企業」として表彰、ビジネスモデルとして大きな評価を得た。
2006年、インド政府が全保有株式を売却し、完全民営化された。
2007年度、スズキのインドでの新車販売台数が日本を初めて逆転。インドでの販売台数は前年度比12%増の71万1818台に達し、同3.4%減の約66万7000台であった日本での販売台数を4万5000台近く上回った。

読んだら クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村
 

|

« 7月20日(金)の国会官邸大包囲 市民デモ | トップページ | 20日夕、反原発デモ 宇宙人鳩山由紀夫現れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月20日(金)の国会官邸大包囲 市民デモ | トップページ | 20日夕、反原発デモ 宇宙人鳩山由紀夫現れる »