« オウム関連ブログ一覧 | トップページ | 読んでない新聞、一週間分一気に読む »

2012年6月20日 (水)

山田洋次「十五才 学校」Ⅳ 焦るな晴耕雨読

00  梅雨時期の台風、関東地方は夜八時過ぎから、強い雨が風の音を立てて吹き付けていた。午後十一時半ころになって、雨風の音が静まってきた。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

 不可抗力な状況に陥ると、人間は何もできなくなる。そうすると、不思議と安心感がある。説明しにくいが、「雷鳴と稲光」で、万事休すとなると、人の気持ちは一瞬にみんな平等だ、というか、それとも、無の境地に変わる。
 これは、なんだろう。そんな時間も、稼いでいる人もいるかもしれないが、普通人は何もできない。

010 不登校の息子がいると、「学校へ行け」と必死に尻を叩いて、息子も苦しいし、親も苦しい。「行け、行け」と叱って、学校に何がある?とふと振り返ると、生きていくのに、学校が不可欠か?と思う。

台風のさなかに学校へ行くほうがいいのか?学校よりモット大事な「命」を守ることがあるじゃないか。コレが一番大切だ、人間、この命の絆を大事にしたいと思ったのが「東日本大震災」だった。そうさ、不登校の子供にお尻を引っぱたいて、苦しめるより、一歩引いて、学校なんか止めて、不登校の息子の側に立って・・・、彼の心に寄り添う時期があってもいい。それが一年、二年と穏やかに過ごすことで、現代社会から逃避してもいいだろう。

002  この梅雨台風の時間を 山田洋次「学校」Ⅳを見て過ごした。
 自然災害の中で、人間は「晴耕雨読」で、自然と立ち向かっていると、疲れてしまう。
 焦るな、自然に寄り添って生きることが一番いい。

  (あらすじ)
 横浜郊外に住む不登校の中学3年生・川島大介(金井勇太)は、
 ある日、両親に内緒で九州・屋久島の縄文杉を目指し、ひとりでヒッチハイクの旅に出た。
 見終わると、人生を学ぶ場所は、学校ばかりとは限らない019 025 というメッセージを感じる。
 大型トラックのいかつい運転手・佐々木康(赤井英和)や女性ドライバーの大庭すみれ(麻実れい)に乗せてもらって、交流を深める。

 乗せてくれたすみれが大介を家へ連れてきたのは、引きこもりの息子登(大沢龍太郎)との交流を図るためだった。不登校の大介も、引きこもり少年登も、悩みを持ちながら、それを誰にも打ち明けることのできない子供たち。そんな2人が同じ部屋で心が通い合う。

 船着場で、大介はすみれに切符を買ってもらい屋久島に向かう。
033  彼は、島で出会った登山客・真知子(高田聖子)と共に、険しい山道に挑み、遂に縄文杉を見ることが叶う。その後、真知子と別れてひとり山を降る。下山途中で、遭難しそうになって、一人で行動する厳しさを知る。
 屋久島の町で、大介は、老人・鉄男(丹波哲郎)のクルマに乗せてもらって、彼の家に一夜泊めてもらう。ところが翌朝、鉄男の具合が悪くなり、大介は彼の面倒を看るハメになってしまう。しかし、老人=鉄男の介護はまんざらイヤなものでもなかった。

 暫くして、博多に暮らす息子・満男(前田吟)がやって来るが、彼は嫌がる父親=鉄男を無理矢理入院させてしまった。


  父親を入院させた後、満男(前田吟)が少年大介に一万円を差し出して、いう。
Ws000078 「少ないけど、ラーメンでも食べて」
「こんなものがほしくて、おじいさんのそばにいたのではありません。」
「どうしたんや」
 大介はそれを機に長いセリフを語る。
Ws000079 「おじいさんは、おしっこを漏らして恥ずかしいと言って、泣いていたのです。それをあんなに大きな声で知らない人の前で、くさい、なんていったりして。
 自分だって、子供のころオムツしていたんだろ。おじいさんに抱っこされて大きくなったのだろ。
 その息子にこんなヒドイことをされて、おじいさんがどんなに悲しかったか、大人のくせに、そんなこともわからないのか。それで、一人前なのか、おじさんは・・・。・・・さようなら。」


085  大介は、この大人の情のないやり方に、やりきれない気持ちを残したまま、横浜の家へ帰る。

 しかし、今回の旅で成長した彼は、折り合いの悪い父とも和解し、“学校”という新しい冒険へ挑んでいく・・・。

 前半、大介が家出してヒッチハイクという、ありふれた手法039で展開するから、平凡な作品に終わりそうな印象であった。しかし、屋久島へ着いて、印象が変わってきた。
 
登山客・真知子(高田聖子)と知り合って、姉さんのような人と何かよからぬ展開があるか、と思ったら、まったくそういうコトなし。下山途中で道に迷って・・・九死に一生くらいの遭難にあうと、見ているほうはハラハラして・・・、それもそれだけ。
003  次に丹波哲郎の頑固爺との交流は、先の読めないストーリーに入り込む。爺さんはシベリア帰りで、戦友をたくさん亡くしているという設定で、ちょっとこの爺さんに膨らみを持たせ過ぎているきらいはあるが、丹波哲郎の演技で、屋久島ロケが大いに生きていた。

 ここで、丹波の爺さんがこの15歳に向かって「少年よ!」と、呼びかけ用事をたのむ。あるいは、自分が尿漏らしを介護してもらう。この流れで大介が大人オムツを薬局へ買いに行くと、余貴美子が店主でいて、ストーリーが膨らむ。

067  尿漏らしのことを秘密にして置けなくて、薬局の店主余貴美子が博多に住む息子を呼び、屋久島へ来てもらう。
 この親子関係の悪い息子前田吟がやってきて、病院へ入院するように説得する。「勝手にしろ」と頑固爺が折れる。
 15歳の少年大介には、この息子前田吟の爺さんに対する対処が、情なしに見えて仕方がない。
 ここで、15歳の大介が大人の前田吟に文句をいうシーンを見て、ああ、この子は成長した。ひょっとして不登校が直ってのではないか、と思わせる。
 人生の勉強は、学校だけではない。そういいうメッセージが、この最後にきて納得できる。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

  心に残った映画、DVD
 涙そうそう 長澤まさみ 妻夫木聡   2007.10.30
 まだそんなに老けていない団塊世代 2007.01.27
 
「母べえ」戦前の日本がよく見える 2008.02.03
  市川崑監督追悼番組 「赤西蠣太」 2008.02.22

 海峡(NHK)とジェームス三木        2008.03.28

  • 西の魔女が死んだ サチ・パーカー2008.06.29
  • 奇跡のシンフォニー August Rush 2008.07.06
  • NHK帽子 田中裕子と緒形拳      2008.08.04
  • 四つの嘘 脚本大石静               2008.07.31

      残留孤児二世がたどる はるかなる絆  2009.04.15
  • 遥かなる絆 養母の魅力             2009.05.24
  • チャングムの誓い 韓流ドラマの魅力 2009.08.05
    「冬構え」(1985年)NHKアーカイブス 2009.09.27
      沈まぬ太陽 登場人物一覧             2009.10.25
  • にんじん(原作ルナール)虐待ネグレクト 2010.08.06
  • 素晴らしき日曜日 昭和22年から学ぶ 2010.07.24
  • 居酒屋 マリア・シェル薄幸な女 2010.08.22
  • 遺恨あり 原作吉村昭 「最後の敵討」 2011.02.26
  • 『わが谷は緑なりき』★★白黒映画 2010.10.10
  • 墨東綺譚 監督新藤兼人 良い作品 2010.10.03
  • 恋におちたシェクスピア 評価A 2012.03.17
  • 二十四の瞳YouTube 高峰秀子を思う 2011.01.03
  • 尾崎士郎 人生劇場 1972年版評価A 2011.05.20
  • 赤線地帯、若尾文子 京マチ子若かった 2011.05.17
  • ルワンダの涙 残虐さから考えること 2011.05.13
  • 面白ろうて悲しき「放浪記」の林芙美子 2011.04.27
  • 「カーリー・スー」は「ホームアローン」 2011.10.22
    めぐり逢う朝 風景が素晴らしい 評価A 2012.04.22
    100歳新藤兼人(映画監督)幸せな死 
  • |

    « オウム関連ブログ一覧 | トップページ | 読んでない新聞、一週間分一気に読む »

    コメント

    台風一過^^
    いよいよ暑くなってきました。
    夏休みが近付き…今度は期末テストの準備が始まった。
    手取り足取りでせわしてもらった小学校と違って、急に大人の社会生活を意識するようになた中学校に、とまどいの大きかった1学期でした。期末テストは中間テストのときより、お尻ひっぱたかずに勉強できるといいな^^
    映画「学校」、懐かしい。と思って調べたら2000年の作品でした。息子の生まれた年。

    投稿: すっぱ | 2012年6月21日 (木) 00時42分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « オウム関連ブログ一覧 | トップページ | 読んでない新聞、一週間分一気に読む »