« SONGs長谷川きよしから 先人たち思う | トップページ | 長寿の極意、100歳までボケない方法 白澤卓二 »

2012年5月19日 (土)

スカイツリー 開業三日前の賑わい見た

6553_6551 東京スカイツリーは、駅数にして10もない近所。スカイツリーと命名したのは新聞で知って、しばらく関心持たないでいたら、塔の高さ200メートル台まで伸びていた。そこで初めて見に行っている。次に見たのは400メートル近くになっていた。完成寸前とか、順調に空へ伸びていく様は、日本の工業力を信じたくなる。日本人の誇りみたいな印象があるが、東京タワーの人間臭さからは程遠くなって、機械力の勝利みたいな印象がある。
東京スカイツリー開業四日目 下界を見る
http://www.tokyo-skytreetown.jp/

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

6559_2 東京スカイツリー398メートル進行中 2010.07.19
東京スカイツリー建設途中 224メートル
2009.12.06  東京見聞録

 きょう開業三日前、観光客が押し寄せている。投網に客が掛かるのを待つ様子が、手に取るように墨田区+東武鉄道が浮き足だっ6590 て・・・、お祭り騒ぎだった。
 マスコミのカメラクルーが、なんか特権階級かのように、一番いい場所でカメラを構え、テレビ放送の時間が来ると、すべての支配者面している。これは、何かおかしい。報道をいらないとは思わないが、東京スカイツリーを建設したのは、何のため、誰に益するためか、そのへんがあいまいになっているようで、腑に落ちないところがある。

6557にぎやかで、楽しいのを否定するつもりはない。墨田区の中学生か、高校生がマーチングンバンドで祝賀行進する姿、バンドの音楽が流れたら、胸が高鳴り、涙腺が緩むような感動する。

東武鉄道としては、このスカイツリーに社運をかけているから、ほかの私鉄、東急、京王、西武、京成などとは、意気込みが俄然違う。スカイツリーの一階、二階、三階の店、そら町と称して商業施設がズラーッと並んで、壮観である。羽田空港より、かなりスケールが大きそうだ。これだけ数あると、一年目はいいが、二年目は飽きてしまい、採算がとれないと撤退してしまわないか、心配になる。

気になるのは、こうして観光客からオカネを取る施設側という階層とただ近寄ると水族館は大人2000円、たべもの、例えば「おにぎり」1個170円だったり、とにかく町のスーパーより1.5倍高い。高い場所だから、山小屋の値段と同じだと言えば説明がつくと思っているのだろうか。

65466583   商業施設は、一体いくつ入っているか、素人目には把握しきれないほどだ。これらすべてを管轄しているのだろうが、稼ぐ手段を持つクラスと絞られるだけの生産手段をもたない人々の二分化が強調される現実を見せつけれらる。社会を支配する側は、現状に疑問をもたないだろうが、子供たちには、この電波塔の存在を運営する技術、電波の飛ばし方、この塔ではこんな研究をしているなど、小中学生に示唆を与え、こういう過程を踏んで、勉強するとここで勤められるとか、キッザニアのような参加できる部分があると、希望が持てると思う。

6596一旦できた社会の二分化の固定のショーウインドーではなく、参加していける階段を示して、希望を与える場を見せる、これが、最近の商業施設には、少ない気がする。社会に二分化、ハイクラスに身をおく人々は、その現実を省みて、平等に日本人として幸せを享受できるよようになるか、商業施設でおいしいものを食べるときに考えるひと時を持ってほしい。

営業しているのは、四階までで、四階が展望デッキへの受付コーナーになっている。22日開業日までは、運行していない。

リアルタイム画像『東京スカイツリー』浅草より 
http://asakusa.kanx.biz/ 
こちら→
http://www.tokyo-skytree.jp/
tst-weather/weatherimg.jpg

6600四階から下を覗くと、このしっかりしたスカイツリーとは別世界も見える。中国やほかの国ほどの貧富の差はないというものの、こっちは、これから稼ぐぞ、と言う勢いがあるが、下に見える町並みには、現代を象徴する 意気消沈したものを感じる。

6641_3 降りるのは、エスカレーターで徐々に降りてみると、東武スカイツリー駅の隣だった。河が流れて、噴水が時間で自噴のように出る。これはつい先年までは、ドブ川で今でも臭い。噴水でしぶきが上がると、霧が服装にくっついて、いやな雰囲気がある。それでも、川沿いは、セメントで固めて、遊歩道になっている。

対岸はまだ墨田区の下町、スカイツリーが建設で大変身してきたが、それに伴ってこっちがそう簡単に売り上げが上がってくるかといえば、そうはいかない。ドブ川沿いに、アイスか、たこ焼きを売るクルマが止まっているが、客はみなスカイツリーに行ってしまう。

66616662  楽団の音声が聞こえてきた。そらまち一階そらまち広場、正面玄関のステージに「墨田区吹奏楽団」がブラスバンドが演奏していた。この音のよさは、なんだ、惹かれる。女性が多そうだ。

Img_6691 帰りの電車に乗ると、まだまだ、午後4時だったから、スカイツリーに見物する人は続いている。となりの女性も何度か見に来た人だった。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

|

« SONGs長谷川きよしから 先人たち思う | トップページ | 長寿の極意、100歳までボケない方法 白澤卓二 »

コメント

スカイツリー、4Fまでは自由に出入りができる商業施設になってるんですね。しばらく混みそ~。
建設中からの記事も、合わせて拝見してみたら、できるまでの過程を少しのぞけたみたいでおもしろかったです^^
お正月はやっぱ混むかな~

投稿: すっぱ | 2012年5月20日 (日) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONGs長谷川きよしから 先人たち思う | トップページ | 長寿の極意、100歳までボケない方法 白澤卓二 »