« 長寿の極意、100歳までボケない方法 白澤卓二 | トップページ | 30秒で覚えられる マリックの手品  »

2012年5月21日 (月)

金環日食 天体ショーに近所の人 校庭に集合

Ws000003 21日午前7時半、金環日食が見られると、近くの小学校は、校庭に在校生だけでなく、親も近所の人も集っていた。日食観察用サングラスをかけて太陽のほうを向いて、非常時モードにみな興奮していた。一種、3.11のときの災害時訓練の雰囲気があった。時ならぬ、運動会の様子でもあった。173年ぶりの金環日食に、大人も子供も、はしゃいでいる。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

Img_6718  カメラを持って写そうにも、7時20分~30分、映るのは白い雲と光る空ばかりで、一面に覆った雲がうらめしい。小学校の校庭では、理科の先生らしき人が、天体望遠鏡で、子供たちに覗かせていた。「一人10秒」とか、時間制限で天体望遠鏡らしきものをのぞかせている。各生徒は、日食用グラスをめがねを掛けているから、勝手に太陽方向を見ている。幸い曇り空であるから、目を傷めるということはない。

Img_6710 正式な遮光能力がある製品で見るようにと、下敷きやマガイモノで覗くのを禁止している。以前の日食ではそこまで厳しくなかったが、いつのまにか、きびしくなっている。そういう製品技術のある製品だけが認められる社会に変質したのか。と私の僻み根性がでる。

Img_6703 瞬間的に太陽を見た程度では、目が傷つくはずはない。子供の時、一瞬見た太陽のあの「透明な真紅」を覚えている。灼熱の天ぷら油の中に手を突っ込み、商売する人もいる。そういう人に制限する?「油に手を入れてはいけません」と。事故責任は、自己責任だ。

Img_6717  そこまで、自己責任まで制限しなくても、各自の工夫で乗り切ろう。下敷きOK、ろうそくの煤塗ったガラスでも、いいのではないか?個人ができることを制限しすぎ。カメラを太陽に向けたら、「液晶が壊れる」と注意してくれる人がいたが、曇りは大丈夫だ。夕日の写真を撮っても大丈夫だった。

 金環日食が始まったと、校庭の先生の声が聞こえたので、カメラを太陽にWs000005 向けても、一向にそれらしきものが撮れない。近くで下敷き状のシートで遮蔽して写真を撮る人に、「撮れますか?」と聞いてみた。その人のカメラは性能がよさそうで、写真に撮れた太陽を見せてもらった。太陽がだいぶ欠けた姿が写っていた。遮光下敷きを借りて、見ると太陽はかけている。それを私のカメラで写した。太陽は小さいし、それをうまくシャッターを切るのは、難しい。

Ws000001 二回写すのが精一杯、他人の下敷きだと、返すのが気になる。なにしろ、この天体ショー、数分の勝負である。その人の奥さんもいるから、気つかう。小さい画面を見ても、テレビで放映している太陽の大きさと比べたら、アマチュアもいいところ、いい画像は撮れない。でも、記念にお見せしよう。

最初、どこで写真を撮ろうか迷っていた。そんな人の集まる場所っていうのは、案外ないものだ。カメラの三脚があったはずなのに、いくら探してもない。写真を撮りに出てさて写そうと思った瞬間、「カードが入っていません」と大失敗で、戻ってSDカードいれ、外へでると、小学校の校庭は人だかり。小学生が、いちばん数がそろう場所だね。先生が尊敬される職業でちょうどいい。

 学校の先生つながりで、急に思い出したことがある。
 「サラダ記念日」の俵万智さん、子供生んでから、旦那とは同居していないのか、子供は7歳(小3)になっているようだが、宮城県の被災地にいたが、原子力放射能の影響を受けたくないと、石垣島へ子連れで避難した。
「自分たちだけ避難できていいですね」とバッシングされて、「親ばかです」と、自己主張を語る。子供は、7歳でその島の中で島民になじんでいる。
 最近の彼女の短歌は、内容が凡庸になって、かつての鋭さが消えて、こんな親ばかで凡庸な作品、今だったら、とても認められないだろう。あの一瞬の輝きで世に出てしまったのだ。
 彼女は昔、大学野球かなにかの、球場アナウンスガールだったと、アピールしていて、NHKの男性アナウンサーと語りあっていた。

2006年(平成18年)より宮城県仙台市に住んでいたが、2011年(平成23年)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の発生を受け、沖縄県・石垣島に移住した。Wikipedia参照

【金環日食】見事なリングを観測 和歌山・串本町(12/05/21)http://youtu.be/ohp9ZYhE1


ベストスポットは?いよいよ来週「金環日食」(12/05/14)
http://youtu.be/lmHZqDPNGfw

学問・研究 熱ショックたんぱく質 老化防止物質 ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない ロボットコンテスト2008中国大会 血管外科のプロフェッショナル大木隆生  材料学者細野秀雄教授ノーベル賞候補  遺伝子組み換え 是か非か 脳科学的ギモンに答える 澤口俊之 攻めの温暖化対策 火力発電CO2利用 発明の巨人 西澤潤一 半導体の先駆 ソーラーインパルス 太陽発電で世界一周 

山中教授の万能iPS細胞、医療の革命 遺伝子組み換え 是か非か 中国へ日本企業の進出、問題点  クリーンエネルギー 菜の花発電 クリーンエネルギー 熱海の温泉発電  リニア中央新幹線 東京大阪1時間 中津川駅  核融合エネルギー本島修 さだまさしが紹介 宮沢賢治似の反原発科学者 高木仁三郎 ノーベル賞田中耕一さんグループの研究注目

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村

Ws000003_2  金環日食とは、太陽の手前に月が重なり、太陽が金色のリング状に光って見える日食である。5月21日午前7時半前後、九州南部から東北南部の太平洋側で起きた。他の地域でも、太陽の一部が欠けて細い三日月のようになる部分日食が午前6時すぎ、沖縄 ...

今回と同じ規模が日本の広範囲で観測できるのは、ちょうど300年後の2312年4月7日。今回の天文ショーは、貴重な体験と.

|

« 長寿の極意、100歳までボケない方法 白澤卓二 | トップページ | 30秒で覚えられる マリックの手品  »

コメント

6月6日は、金星が太陽の手前を横断したと。新聞の写真、「ET」の名場面みたいでした^^
金環日食、知多半島も薄曇りでした、お孫さんたちはどうでしたでしょうか^^じいちゃんが写真撮影成功していいですね^^
実家の母は裸眼でみえたと、平然としてましたが…田舎の母強し!^^;

投稿: すっぱ | 2012年6月10日 (日) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長寿の極意、100歳までボケない方法 白澤卓二 | トップページ | 30秒で覚えられる マリックの手品  »