« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

南知多にある食堂裏で見たタイラガイ

Photo_3 中部国際空港にも出店しているまるは食堂は、知多半島の突端にある店が、もともとの発祥の地なのかもしれない。
 コースの一番安い「梅」コースで2000円である。庶民にとって、ラーメンとかカレーライスとは違って、ちょっと贅沢する場合、この「梅」コースで贅沢になる。そんなもの贅沢と言わない人も、もちろんいるだろうが、私はこれで満足している。
 「花ひろば」を見たあと、南知多町へ行った。ここは二度目である。

6440天気は晴れ・・・なんだが、空にはどんより曇りのようだと思ったら、これは大陸からの黄砂で毎年四月五月はこんな空模様だという。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

 このコースのメインは、えび天が二本、ドーンと出てくる、このサービス。衣ばっかりで申し訳なさそうにエビが入っているエビ天と違って、正真正Ws000001銘の太いエビがしっかり入っている。たぶん、これがウリにしているのだろうが、誠実さを感じる。
 刺身にしても、しっかりした歯ごたえのあるはまちが六キレ、七キレ載った刺身がくる。シャチのゆでたのが六匹並んでいると、グロテスクではあるが、実にしっかりした量である。ご飯もどんぶり一杯、実質的な質実剛健、徳川家康の出身地、そんな印象がある。

Ws000000_2よそのお客さんの様子(マルハ食堂ホームページから) 午後3時に到着して、12組の先客が待っていた。この食事にありつけるまでに、そこでチビたちが室428 内で静かに待つのは難しいから、「子供たち、外へ行って遊ばせて」と頼まれて、海岸沿いの海へ連れ出した。「津波が来たら、完全に死ぬナァ」と、冗談を言いながら、海岸の近くまで降りていった。

 店の
裏へ回ると、店の材料の入荷がトラックで運ばれ、下働きの人、男女が魚や貝を箱詰めしたりしている。
 
大きな貝を中身の検査して、箱詰めしている女性がいた。黒くて大きな貝、見たことない貝だったので聞いてみた。カラス貝(別名似たり貝)のような黒い色で、そのサイズはたてで30センチはある。

「なんていう貝?」
「たいらかい」と、ひとこと。アクセントで、この女性は中国人であるとわかった。連れて行ったチビたち、貝に触ってみたり、覗き込んだりしているうちに、小さなエビが動いているから拾ってもってきた。
 6451_2 エビの子供が、この貝が運ばれて来た箱に何匹も何匹もいるから、下働きの中国女性、外見は日本人と言っても不思議ではないくらいだが、ほかの男性も中国人のようで中国語でやりとりしている。セメントの上に箱から出てきたエビの子供がたくさんいるから、彼女は拾ってチビたちにくれた。

「謝謝シェイシェイ」というと、表情が親しみを感じている印象「どこの出身?」「山東省」と答えてくれた。わざわざ追求することではないから、確かめはできないが、いわゆる中国研修生、と言う感じである。

 このエビの子供といい、黒い大きな貝、タイラガイって、一体なんだろうと調べて見ると
D0115124_14111616
三角形の大型の二枚貝、殻は殻頂がとがった三角形で、干潟から水深40m以上の海底で、6~7年という長い年月をかけ約30cmほどにまで育つ。殻の内面にはかすかな真珠光沢がある。殻の外面Photo_2には弱い放射肋があり、有鱗型では肋上に細かい鱗片状突起が並ぶ。殻は薄質で壊れやすい。殻長30cm以上、殻高20cm以上に達する大型種である。タイラギの貝柱は、2つの貝柱(閉殻筋)があり、前の貝柱は小さいが、後の貝柱は上質で大ぶりで「貝柱の王様」といわれ、直径5cm以上にのなる。」「料亭で出される、高級食材らしい。貝柱ひとつで、バブル時代は築地市場において1500円を超す高値を付けられていた。赤坂や築地、銀座の料亭では、
6000~7000円の高値で提供されていた。 選挙のある年、衆議院解散前、料亭での需要が増し一気に値が跳ね上がった。韓国産の廉価なタイラギや、ホタテガイの養殖品が大量に出回り、徐々に値を下がり、今では高値で1キロ6000円くらいである。」

Img_6431  約一時間は待たされたのち、畳の部屋のテーブルで食事。待たされただけあって、「空腹は最大の料理人」と言う格言どおり、出されるものがすべてが腹に直行である。終わってみれば、残骸はかくのとおりである。娘のおごりで文字通り「ごちそうさま!」であった。

 これで、問題なく帰るところで、中一の子の靴がないので、大騒動であった。サンダルか、スリッパの形をした靴で、よくエスカレーターに靴が食い込んで問題になるあの靴である。メーカー名はコスメットと言ったようだが、靴のサイズは25センチ。が、それよりサイズの小さな磨り減った靴が残っている。その残った靴の主が、ウチの子の靴を履いて帰ったというのが、推測である。一足先に帰ってしまったから、戻ってくることは考えられない。

 店の靴脱ぎの場所には「ビニール袋に履物を入れて保管ください」とか「靴の盗難には、当店は責任は持てません」とある。30分以上、ああでもない、こうでもないと、フロアーの責任者に探してもらったが、ラチがあかないので、店のスリッパをもらって、謝罪の意味でエビセンをもらって帰ってきた。この種の靴も、1足6000円の本物もあり、1000円以下の模造品もあるとか。

 昔は、入り口に下足番がいて履物を預けると、大きめの番号木札をもらって座敷に上がった気がする。昔、映画館も、旭座(中津川市の芝居小屋)では、昭和20年戦争が終わった直後は、客席はまだ座敷のマス席で、下駄を脱がないと入れなかった。下足番が履物に番号札をつけて、保管していた。帰りには、番号札を持って下足番に自分の履物を返してもらうのだが、これが混雑するのがいつも大変だった。
 今日靴の盗難騒動で、ふと思い出した。

本能寺の変 家康 紀伊越え 伊勢湾横断

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック
 

| | コメント (1)

2012年4月29日 (日)

おふくろさん 「花ひろば」 入場料600円

00001_20030「おふくろさん」 を歌う森進一を久しぶりに見た。
 川内康範の作詞に無許可でイントロ部分に自分のおふくろをイメージしたセリフを挿入して歌っていた。彼が中卒で大阪へ集団就職にいく汽車を線路際に見送る母親の姿がイメージについてしまう。それに端を発した騒動は記憶に残っている。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

B0174791_10373589  その川内康範を記者が追いかけて、ステッキを振り上げて記者を追い払う姿もマスコミを騒がせた時期もあった。それが数年して、川内康範も没した。それから、何年たったのだろう。

母というのは、森進一にとっては、「空を見上げると空にいたり、雨の日の傘になりなさい」という。これは川内康範の言葉だが、いつの間にか森進一のセリフになっている。「笑顔でいれば、みんなに好かれるよ」東京大空襲でなくした母がそういっていたろ海老名香代子は80歳近くになっても、母に励まされている、とゲストに出て語っていた。母をなくすと、いつまでもいつまでも、母のイメージから抜けられない。

現実生身の母、父、引いてはおばあさん、おじいさんになってみると、歌われるような「空を見上げると空にいたり、雨の日の傘になりなさい」という人間には程遠い。それが現実だけどね。

Photo_5愛知県に転勤で、娘家族は知多半島へ行ってしまった。この連休に「ダンス発表会」があるから、見に来てといわれて、出かけた。この家族の傘になり、そらを見上げれば空にいる親であるだろうか。

発表会の翌日は、クルマで知多半島にある「花ひろば」へ出かけた。連休のお出かけに最適地の一覧表から、選んでくれた。外に出て、花を摘む。今は芝桜のシーズン。その前がビニールハウス内でイチゴ狩りだったが、その時期は終わっていた。

337 芝桜が一面に広がる中を写真を撮ったり、畑の中を散歩する。花は一人10本切り取って持っていける。一人600円の入場料(子供は無料)をとる。花を切り取らないでも、同様の入場料をいる。畑には柵もなにもないから、テントの事務所を経由しないでも紛れ込めるようだ。あちこちに、「有料です」と立て札はあるが、有料入園者に領収書も渡さないし、バッチを付けさせる区別がないから、無料で花畑を見てもわからない。

女性連れが多い。オジサン連中は多くは奥さんや伴侶に連れてこられている様子である。

387423 気の毒に花は盛りには持て囃されるが、いったん花びらが枯れてしまうと、同じ花であるのに見向きもされない。プレゼントに花を贈っても、枯らしてしまうのがオチなのに、どうなだろう。かなり壮大なムダをしてしまう気がしてならない。NTTで電報と一緒に贈る花は割高で小さいがずっと咲き続ける花になっている。K君が亡くなったとき私が贈った花が、数ヶ月後にも仏壇に咲いていた。

「花ひろ423_2ば」という郊外の広々とした場所でないと、こんな花畑はできない。花を生産すると同時に、客を呼び企業として成り立たせ、企業として利潤を上げるには、オカネ、オカネ、親の敵のように、銭抜きには考えられないが、自然の丘陵を花、花、花・・・で一面にするには、日夜の努力、シーズンごとにがっかりさせないだけの花を咲かせる種類を考えなくてはならない。きれいだ、と思わせるだけの工夫が必要である。そのノウハウがないと、客が来ない。

332 丘陵の広さは、この狭い日本ではスケールの小さい場所しかとれない。それでも、この丘陵地帯は、イギリスのハドリアヌス城壁のあった場所に似ていた。でも、カリフォルニアの畑や風力発電の丘陵と比較したら、雲泥の差である。

341 こうして、娘家族と子供は騒ぎ、けんかしながら、花ひろばを歩くのも、何回できるか。「空を見上げると空にいたり、雨の日の傘」と、歌に歌われる親ではないが、生きていてあげれば、彼らのツン張りにはなるだろうか。「最後の砦」になれるようでありたい。

 いつの間にか、川内康範が没したように、人は消えていく。それをPhoto_4理想として、生を楽しみ、死を従容と受け入れていく。
 そうだ、保険証裏に書いてある臓器提供誓約書を書いておこうか、と思う。何も社会に貢献ができないから、この肉体を使えるなら、使ってもらう決心したい。ただ、これも医師の側がしっかりとその意思を受け止めてくれるならいいが。

森進一「おふくろさん」歌えなくなる?
森進一の父母、そして家族思いの歴史: nozawa22
川内康範 母の教え,仏の教え
おかあさんという歌 川内康範: nozawa22 - nozawa22

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

| | コメント (3)

2012年4月28日 (土)

消費増税回避の論文 最優秀賞1億円 

Photo この投書は、消費税を納める一般市民の立場で書かれていて、私にも納得しやすい。「社会保障と税の一体改革」として、政府、財務担当者はしゃにむに消費税導入をせいているが、なんかおかしい。このような財政危機に陥れた張本人と原因をわからせる努力が欠如している。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

年金にしても、この消費増税でも、納める側の意見を聞いていないじゃないか。特に若い人の意見を聞きなさいといいたい。この消費税が10%になると、安心できるなら、みんな納得してくれる。私も賛成する。しかし、バケツの穴をふさがないで、単に水を多めに入れても、バケツに水は溜まらない。出て行くお金、ムダつかいの部分、あるいは優遇される部署、節約するべき箇所の見直しが、何も報告されていない。

 金持ち階層、高級官僚、国会議員の優遇、彼らは消費税が上がってもビクともしない収入がある。そうした階層の人が決定権をもつ政治では、とても一般庶民がラクな生活にはならないだろう。

ほっとできる生活、安心できる老後が実現できるなら、税金を納めることにやぶさかではない。消費税は20%でも、幸せな未来、あるいは安心な生活ができるなら、協力したいい。安心して出産、育児、教育、入院、結婚ができるなら、それも止む得ない。

ところが、特定階層にのみが豊かにならり、多くの人が職業がなかったり、非正規雇用の人が多くなり、安定した人生が送れないのでは、その消費税方式は間違っている。

 ストレスが多い現代社会にあって、うつ病で苦しむ人が多く、毎年自殺者が3万人をこしている。非正規雇用で、安定した生活が送れないから、結婚もできないし、家族が作れない。よく言われるのは、次の世代も教育受けるチャンスを失い、いい職業につけないから、貧困の再生産につながると言われる。

みんなが貧しかった時代は、「家貧しくして、孝子出る」という格言のように、「粒粒辛苦、艱難汝を玉にする」という発想があったが、今では貧乏で教育のチャンスがある人と、そうでもない人には将来の展望が違ってくる。

統計を取った分けではないが、私見では、都会の高校出の仲間より、地方高校の出身者のほうが、伸びののりしろがある。都会で目いっぱい教育されていると、あとの伸びが悪いが、塾予備校で教育されてようやく合格した生徒は、目的に対しては要領はいいが、自分で目的設定していく意欲が欠如している。そんな印象がある。

 東大合格した学生を詳細に調べた結果があればわかるだろうが、小学生のときから、きちんとした教育を受け続けていけば、放任教育の田舎育ちの子供より、今の教育制度の中では、年収1000万円以上の親に育てられた、都会っ子のほうが有利である。

 消費税は、相対的に高収入者がラクな立場になる。「出るを制し・・・」という観点が抜け落ちて、公金は案外使う人の甘い考えが横行している。現状を放置する監視人がいない税制は困る。

国家緊急財政難のときには、財政戒厳令を敷いて、銀行や宗教の溜め込み金の借り上げ、あるいは納付をお願いして、平等社会をつくる一助にしてほしい。医師会、検察、裁判関係者も、高級官僚、産業の成功者は、東日本大震災以上の今の危機に大いにひとはだ脱いでほしい。

この措置をしたのちに、消費税の増税をしていけば、国民も納得できるだろう。どう考えても、富の偏在、貧困の拡大の実態、その原因が明らかになっていない。それを明瞭にせきる経済アナリストはいないのだろうか。

テレビに出てくる人たち、なんか恵まれた立場で、懐が潤っている人ばかりのようだ。出てくる人の胸に「年収1億」とか書いてあれば、その人の意見の背景がわかるだろう。「300万」と書いてある人がいう意見も参考になる。

 豊かな収入のある人は、「医者」の立場で「消費税増税」をコメントするのみ、痛みを感じないのように見えて仕方がない。疑問がないようだ。

 消費増税回避の論文 最優秀賞に1億円 
 これは、私のアイディアであるが、全国規模で日本人が関心をもって考えたら、これはいいアイディアがでてくるだろう。運ではなく努力と才能で1億円が得られると思えば、日本中が活気づく。この賞金こそ、内閣機密費を使っても、誰も文句をいうまいよ。
 
まずは「増税回避」議論をもっと活発にして、日本中の人にアイディア募集して、それを世論調査をしたら、どうだろう。少なくとも、直木賞、芥川賞くらいの賞金を差し上げたら、いいアイディアが出てきそうだ。それで、新しい経済学者の登竜門にもなる。経済、財政の専門家は、こういうためになる研究してもらいたい。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

 

| | コメント (1)

2012年4月27日 (金)

英国スコットランド抵抗 ブレーブハート 評価AAA

タイトルBraveheart - Soundtrack Compilation
http://youtu.be/0wvapr8WvBs
 イギリスは、アイルランドにも、ウエールズにも、スコットランドにも、人種や文化の違いから来る火種を抱えている。その中でも、イングランド北部のスコットランドの抵抗運動の英雄を描いている。史実とは違うという批判はあるが、スコットランド側から、英国の支配に抵抗する姿は、あまり描かれていないから、とても興味があった

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

001005 13世紀末のスコットランド、残虐で冷酷なイングランド王エドワード1世の侵略によっPhoto て家族を殺害されるも難を逃れたウィリアム・ウォレス。成人して彼は故郷に戻り、そこで幼なじみのミューロンと恋に落ち、結婚する。しかし彼女はイングランド兵の手によって殺害され、ついに彼は復讐を決意、圧政に苦しむスコットランドの民衆の支持もあり、彼の抵抗運動は熱を帯びていく。

イングランドから見ると、エドワード1世は着々と国土を拡大と統一に進めた賢くて立派な王であると評価されている。ころは、日本の鎌倉時代である。

 主人公ウィリアム・ウォレスは、子供時代、イン02 グランドの王エドワード1世が率いる英国軍の侵略で、和平交渉と称して呼び出され、主だったスコットランド抵抗軍は皆殺しにされた。ウォレスは故郷から遠く離れた異郷の叔父の下で成長し、故郷に戻ってきた。ここから映画は始まった。幼なじみのミューロンは美しく成長し、再会した二人は恋に落ちる。

 そんな折り、イングランドはスコットラドの貴族を支配するため、“初夜権”なる悪法を復活。それは領地内で結婚の決まった花嫁を略奪し、初夜の権利を貴族の男たちに与える非人間的な法だった。花嫁を奪われるのを恐れたウォレスは二人きりで結婚式を挙げるが、ミューロンは彼の目の前でイングランド兵に殺される。

 復讐を誓うウォレスは、ミューロンの復讐でイングランド駐留部隊を打ち破った。彼の軍儀的な指導力に魅かれ人々が続々と集まってきた。エドワード1世は抵抗軍を封じ込めるため、数千の大軍を送る。三倍もの兵を相手に、ウォレスたちは敵の騎馬隊が接近した時にハリネズミのように待ち伏せ、長い槍で人馬もろとも突き刺す“シルトン戦法”という奇抜な戦略でイングランドの大軍に圧勝した。

018022_2 農民軍と貴族軍をうまく二手に分け、農民軍には長い槍を持たせ、騎馬の貴族軍はイングランド軍の前で逃げたと思わせて後ろに回らせて。スコットランド抵抗軍に騎馬隊がいなくなったと思わせたろころに、イングランド騎馬隊が襲い掛かるが、ハリネズミ作戦で相手が近づいたところに、農民軍が長い槍で馬と騎士を刺し殺す作戦で、イングランド騎馬隊が混乱してしまう。次にイングランド歩兵が襲い掛かると同時に、逃げたと思われたスコットランド軍貴族騎馬隊が後ろから回り込んで挟み撃ちにする。この作戦の成功が大きく取り上げられたクライマックスであった。

 対イングランド作戦の成功で、ウォレスはスコットランドの領主から貴族の称号を与えられた。さらに国境の南でも勝利を収め、国民的なヒーローとなる。予期せぬ強敵の出現に、エドワード1世は、息子エドワード王子の妃イザベルを停戦交渉の使者としてウォレスの元に送る。

 イザベルは政略結婚でフランスから嫁いでいたが、王子(後のエドワード二世)は同性愛者で夫婦は愛のない生活を送っていた。たくましいウォレスにひと目で魅了された彼女はウォレスの命を救うため、「エドワード1世が密かに北に向かっている」との情報を伝える。四方八方から囲まれ、窮地に陥ったウォレスは、スコットランドの貴族たちに援軍を求め、特に若い貴族ロバート・ザ・ブルースを信頼し協力を頼んだ。

 だが、ロバートの父は、息子を国王にしたいがため、陰謀を巡らす。エドワード1世は総攻撃をかけてくるが、私利私欲に走ったスコットランドの貴族たちは敵に買収され、頼りにしたロバートさえも戦場に現れずウォレス軍は大敗を喫する。

 しかし、ウォレスは敗戦の原因を作ったスコットランド側の裏切り者を暗殺し、ゲリラ戦を繰り返しながら再起に備えた。再び、イングランド王エドワード1世は、スコットランド軍との交渉に再び王妃イザベルをウォレスのもとへ送る。ウォレスをより愛するようになっていた妃イザベルは、彼と一夜を共にする。

403 一方、ロバートはウォレスを裏切った罪の意識に苦しんでいたが、ロバートの父は、ロバートには秘密に仕掛けた罠により、ウォレスは捕らえられ、反逆児として裁かれる。
 ウォレスは群衆の前で、最後まで自由を叫び続けながら、極刑に処せられた。10年後の1314年、ウォレスの遺志を継いだロバート率いる軍が戦いに勝利し、スコットランドに自由と平和が訪れた。

 この映画では、ウィリアム・ウォレスとフランス王女イザベラとの間のロマンス、そして、ウォレスの処刑の際に妊娠しており、後のエドワード3世にウォレスの血脈が繋がったことが暗示されている。
 が、エドワード3世はウォレスの死から7年後の1312年に生まれており、ウォレスの息子ではありえない。イザベラは当時まだ9歳でフランスにおり、もちろんウォレスとの面識はない。更に彼女はウォレスの死から4年後、既に戴冠したエドワード2世に嫁いでおり、皇太子としての彼と結婚したわけではない。
 多くの歴史的創作を含んでいるにもかかわらず、イングランドによるスコットランド支配の事実的な側面をよく伝えている。
 その史実がストーリーと違うからと言って、騒ぐこともない。事実ではないエンターテイメントではあるが、イギリスの歴史がこうしてわかるだけでもいい。それにもまして、この映画は、主人公ウォレスは味方の裏切りで処刑される悲劇であるが、そのあとに含みを残し、歴史につなげて終わる。だから、ウォレスの処刑シーンが彼の活躍をを印象つける。

 スコットランドが、イングランドと違う言葉で、違う国会をもち、お金も違うという歴史をこうしてみるとわかる。

ハドリアヌスの城壁で、スコットランド側からケルト人系の人種がイギリスに入ってくるのを防ぐ、イングランド側の考えが、ようやくつながる。ローマ帝国北限 ハドリアヌス城壁 英国見聞: nozawa22

タイトルBRAVEHEART [end scene]
http://youtu.be/nEPxgyBIwgY★"Freedom" - Braveheart Soundtrack (HQ) - James Hornerタイトル
http://youtu.be/rxZcHUhQNXo

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村 nozawa22 ←クリック

| | コメント (1)

2012年4月26日 (木)

ホンマでっか なでしこジャパン監督の教育法

Ws000008034 「ホンマでっか」でおねえキャラで一躍有名になった先生尾木ママが、なでしこジャパンの佐々木監督の女のしかり方、教育を取り上げてほめていた。
 この佐々木監督、ただ女性選手をどう手綱を引き締めているか、外から見ているとわからないが、女ばっかりを相手にまとめていくのは、難しいだろうね。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

 女性を何人も渡り歩くプレイボーイは知っているかもしれないが、女性付き合いの少ない一般的に男性は、女性の性格とか個性を区別して見分けることすら、十分にできないのが、普通である。木嶋佳苗のようにちょっと親切な物言いをすると、男はコロッとだまされる。40代50代過ぎても、女がわからない。
 考えてみると、中学時代のクラスメイトですら、目立つ子ならわかるが、ほかの子はよくわからない。あの子があんな性格だったとか、あの子が意外な性格だったとあとからわかる、ということはよくある。コミットしないと、わかるものではない。

 グラビアモデルの写真で胸を見るにしても、
012011 男は、顔を見て、胸を見て、太ももと見るが、
女は、胸を見て、顔見て・・・、と完全に順序が違うそうだ。女の武器である胸を見て、この性的魅力の勝負をまず敏感に感じるが、顔を見て、「胸だけか」と安心するのだと、いう。「ホンマでっか」は、こういいう心理を分析してみせて、人間を研究できる。
 

 035 なでしこジャパン(日本女子サッカーチーム)の、もちろん女子選手であるが、ある選手が練習時間に遅れてきたのだそうだ。佐々木監督がそのときとった態度が、その選手には怒らなかった。代わりに、ほかの選手全員に「なんで彼女を誘って来なかったか!」と、ほかの選手が遅刻させたことを叱ったという。

 037 女子がスポーツやるのは、「盛り上がるためにやる」が、男子は「スポーツをやることで盛り上がる」という基本的に違うのだという。佐々木監督は、なでしこジャパンの選手には、悪いところを直したり、特に教えたりはしないのだそうだ。集団を大事にして、女子指導としては、このやり方が一番効果的であるそうだ。

036 コレに対して、男子の場合は「各自の目標を設定して、競争し合う方が成績が伸びる」そうだ。
 学習の場合も、「88点とるぞ!」「クラス一位になるぞ!」と競争心をあおって、競争を取り入れるのが、一番効果的である。

それに対して、女子は、グループで仲良く伸ばすのが効果的である。「がんばろうね」と仲間同士で声をかけあって、平均を上げることで成績を伸ばすのがいい。
仲間の連帯を外れて一人成績を上げていくのは、嫉妬とか、いじめが始まりが起きると考えられる。

 基本的に、女子はグループでまとまっていないと、この枠からはずれたり、嫉妬が起きたり、いじめ、足の引っ張り合いがおきる。たとえば、長い髪を「切ってみようかな」と一言でもいうと、ほかの女性は「切っちゃえ、きっちゃえ」とけしかけてくる。
 コレは美容師でも、女性美容師は「似合うと思いますよ」と相手に合わせてコメントするが、男性美容師は「本当に切っちゃっていいのですか」と女性の立場に立って、コメントをいう。

022  女性は、自分が性的魅力において「勝つ」ために、相手を引きずりおろすことが、無意識に働く心理が存在しているのだという。これは、かつて男性の一夫多妻の時代の深層心理があるのだと説明があったが、証明はできていない。

  男と女の違いは、学校教育の中では、論理的なものが多く、感情で理解したり、飛躍したりする教育は、非教育的として排除されやすいが、女性の頭の中は、主にこちらの側の論理でいっぱいである。

クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

| | コメント (1)

2012年4月25日 (水)

開拓者 弁当を持って来られない小学生

007  満州の開拓民と送り出されて、戦争に勝っているなら、万々歳であるが、あの太平洋戦争は、そして満州は砂上の楼閣になってしまった。満洲の地から身ぐるみ剥がれて、命からがらで、故郷へ故郷への思いで戻ってきた。日本に帰ってくれば、故郷なのだから、暖かく迎えてもらえると思っていた引き上げ者は多かったはずだ。

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

 ところが、日本へ帰ってきても、身内の家に身を寄せても、「一旦出て行ったお前らに食べさせるメシはない」と、実家に入った嫁からいびられて、肩身の狭い思いをした人は多い。ある人は、実家の鶏小屋の鶏糞臭い中に入れられたとか、蔵の隅に寝泊りしていたとか、多くの引揚者はつらい思いをしている。

 私の育ったのは、そんな時代だった。
021024教室には多くの引揚者の子が編入してきた。クラスには50人は常に超えていた。60人近くいた。
 満州や朝鮮から来た子がいたし、樺太の製紙工場からの引き上げが目立った。中津の町には王子製紙という大会社の中津川工場があったので、そこへ外地の製紙工場従業員が家族ごと引き上げてくるので、転校生は多かった。

028  満鉄に勤めていた叔母一家が、祖母の家を頼って引き上げていた。故郷の実家から朝鮮の植民地に移って行ったので、実家に多少の箪笥タンスとか何か置いて行ったらしいが、そういうものは、実家では邪魔になるから、中身を片付けるだろうが、引き上げ側には、アレが実家においてきたという意識がある。それで、預かっている母の側と叔母の側との諍いが起きたようだった。引き上げてきた姉妹は、私の学校に来て一年、成績優秀と表彰されていたが、あまり親しくした記憶がない。

 あのころは、学年末にクラスで5人、一学年4クラスあれば20名程度の成績優秀者は表彰状をもらっていた。学年二十人の表彰者に一人は郡長から総代として別に賞状を与えられた。今はそんな制度は、差別になるからない。

 名古屋や東京の都会から疎開してきた人も多く、いろんな人がいた。そういう人は都会のセンスがあって、おしゃれな印象があったが、食い詰めたというか、貧しい人も多くいた。NHK[開拓者」の那須を開拓する話ではないが、中津川の町も、郊外の未開拓の山に近い部分のサント(実戸)、子野地区、松田地区、手賀野地区、西山など、いままで開墾が遅れた地域に人が入って耕すことになった。

 N先生は開拓民の子に「入植して何年?」と聞いていたが、10年経てば、見通しがつく、と説明していた。先生の仕事は安定してるからいいのだが、先生も、戦地から引き上げの先生も多かった。その代わり、戦時中に代用教員になった人も辞めないから、県の教育委員会もこまっただろうな。

 太平洋戦争の南方諸島での生き残り先生は、体罰は厳しかった。生死ギリギリの場所から戻ってきていたY先生などは、内地にずっといた先生とは違うと、回りからいわれていた。代用教員あがりのP先生は、竹刀のようなムチをもって、態度の悪い生徒は遠慮なく叩いていた。復員教師の人生観、厳しさ  保古沼で巨大鯉を釣る先生

 遠くの部落からは1時間半も歩いて南小に通学する生徒がいた。西小にもいたが、多くは貧しくて、弁当を持って来られない子が多かったようだ。昼休み、昼食の時間になると、弁当を持っていない子数人は、いつも外へ出て運動場の鉄棒のまわりにいた。「水で腹をいっぱいにする」と生徒同士では、言っていた。先生は、こういう食べ物がない子を見ながら、どんな気持ちだっただろうかね。先生だって、毎日毎日のことに、食べさせるわけには行かないだろうし・・・ジレンマがあったに違いない。

 小四の春先だったが、学校からみんなで町の映画館へ映画を見に行った。視聴覚教育として、先生が選択して映画を見せていた。午前中の一般客が来ない時間に、児童に見せるのは映画館にもメリットがあるのし、先生も映画を静かにみてくれるなら・・・。

 そういうわけで、毎月一回は映画館へ集合して、教育映画など、よく見たものである。それが恒例化されたのは昭和23、24年ころからだが、その日は「富士の高嶺に雪が降る」というようなタイトルであったが、あまり魅力的な映画ではないと思って、行っておけばよかったのに、行きたくないと行かなかった。映画を見るお金のない子も行かなかった。

 その日、映画からみんな帰ってくると、「弁当がない」という事件が起きた。
 近藤(武典)先生は、映画に行かず居残った生徒を一人ひとり呼び出して尋問しているようだった。弁当を取った犯人は、ひもじいから食ったのだろうと予想はつくが、それを見逃すということはできないだろう。武典先生も、苦しい犯人探しをしたのだろう。私も居残り組だから、疑われた中にいるが、そんなに強く聞かれなかった。初めから目星がついていたからのかもしれない。結末については、何も話されなかったので、アレはどうだったのですか?と武典先生に聞いてみたいが、先生はとっくに黄泉の国に行っている。

027  今は小学校へ弁当を持っていく習慣がないから、わからないが、弁当の用意は、実の親であればこそ一生懸命つくるが、我が家は母が死んで、一年生の私には19歳の姉が弁当を持たせてくれたが、一番悲しかった弁当がある。
 今でも思い出せるが、弁当のご飯の上に「イカの塩辛」が、弁当の蓋で押しつぶされて並んだ姿を見たとき、その弁当の
哀れなこと!普段ミミズを掘り出して遊んでいたから、ミミズに見えて、とても食べる気にならなかった。「イカの塩辛」普段は食べるが、弁当の上に乗せたら、イメージが悪い。しかし、19歳の姉にそれを言うと傷つくだろうから、それは言わずに弁当を残した。いまだに言っていない。たぶん、覚えていないだろう。

 姉も鉄道の機関区へアルバイトに出ていて忙しい人だったから、連絡不十分になる。学校へ行ったら、遠足だった!そのまま、カバン背負って、●●寺へ行った。ここの杉の根元には、武具は刀、馬の鞍が埋めてある、と説明があった。そのあと、昼食なのに、弁当を持ってきていない私は、ぼんやりしていると、ほかに弁当を持ってこられない子といっしょに、担任の加藤スミヨ先生から、蒸かしたサツマイモを一本、もらった。その後、スミヨ先生産休をとって晴郎クンを生んだはずだ。 NHK「開拓者」満島ひかり 満州引上げ悲劇

読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 クリック

 選挙:中津川市長選 1月22日投票
  • 幼い子を孤独にしてはいけない 2010.01.20
  • 故郷の廃家 中津川市内を歩く 2010.03.20
  • 給食に脱脂粉乳を飲んでいたころ 2009.10.05
  • 昔の子供はどんな遊びをしたか 2009.09.05
  • 更け行く秋の夜 16,7頃を回想 2009.09.04
  • 閑話閑題 1 中学生時代のワル  2009.07.01
  • 空中戦でB29遁走 昭和20年1月9日 2008.07.02
  • 空襲警報発令 昭和20年中津川市 2008.06.27
  • 先生の名前を覚えていますか 2008.06.04
  • 復員教師の人生観、厳しさ 2007.08.21
  • 椛の湖 フォークジャンボリー夢の跡 2007.08.01
  • ふるさとを語ろうよ 中津川市(岐阜県) 2007.05.22
  • 軒先で 朝からヒワが鳴いていた 2007.04.14
  • 中津川市によく火事があった頃 2007.03.14
  • 第五福竜丸のマグロを食べた家 2007.03.07
  • カケ将棋に負けた平八先生 2007.02.24
  • 紙芝居おじさん 神主が副業 2007.02.08
  • 市内の企業野球チームが盛んだった 2007.02.06
  • 初恋の洋子ちゃん、今いずこ 2007.02.05
  • 文化新進会 戦後中津川市に新風 2007.02.04
  • 復員兵が帰ってきた 昭20年秋  2007.02.03
  • 本町界隈 中津川市 2006.05.07
  • 「みかんの花咲く丘」が歌われた頃 2006.01.29
  • 冬、来りなば 2006.01.05
  • | | コメント (2)

    2012年4月24日 (火)

    女と男、妻と夫 微妙な食い違い

    Photo 出張なら一週間や十日でも、一ヶ月でも、まあいい。しかし、数年から10年も転勤に、妻がついてこないのは、夫として面白くない。仲の悪い夫婦が多いのに驚く: nozawa22 - nozawa22 - ココログ

    読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

     それぞれ転勤について行けない理由はあるにしても、数年放ってって置かれる夫には、心がさめてくる・・・。そんな男の心情は説明しにくい。男は羽を伸ばしていると思われ勝ちであるが、職場と寝床の行き帰りだけということが多い。夫が家族とともに過ごす人生をしなっている。これは、後からでないと、気づかない場合がある。

     投書の方の気持ちを知って、夫の悪口ばかりいう人に聞いてみた。今悪口ばかり言っているけれど、どうなん?そりゃ、いなくなれば、そういう気持ちになる。だったら、今そういう風にしたらどうやね、と。

     これは、生きているときと、死んだ後の気持ちの違いみたいなものだろう。健在のときは、朝から寝るまで文句タラタラ言って、旦那をくそみそに言っていたのに、死んだとたん、夫に頼っていたのがわかったのか、呆然としている変わりよう。

    日本人男性は「愛情表現が下手」というのは国際的定番であるが、女性も同じなのかもしれない。「愛している」という言葉を言うのは西洋人だけだと思ったら、中国人もよく言う。人にもよるが、これを一日一回は言わないと、愛情が薄れたと思われるらしい。大変だ。真実味が欠けてくると、思ってしまうが、言葉が大事らしい。

     別の観点から見て、男と女の恋愛感情は、長くは続かない。恋愛感情はせいぜい三年、それ以上は惰性。結婚は三年目が危機。結婚は努力の継続と言ったほうがいい。あとは子供がカスガイだ。昔の人はよく見ているものだ。別の意見としては、初対面の印象が一生続き、好きなタイプならその印象がずーっと続くと言う人もいる。

     女性の異性観、夫婦観も、各人各様で、結婚したら、夫との恋愛から心が子供中心に移るタイプの女性もあるし、結婚は夫との関係が中心と考えるタイプの人もいる。それで、男女の考えがよくわからないと、結婚してからのズレが生じるかもしれない。

     たぶん、同じ相手を同じレベルで愛情を持ち続けるというのは、できる人はいる?好き嫌いの波、周波数は変わるはず。相手を尊敬する姿勢なら、維持できるかもしれない。同情ならどうだ?感謝ならどうだ?愛憎は波がありそうだ。それって、ひそかに胸のうちに隠して、黙っているのが、人としての対応、それが生きる人のエチケット。たいてい、男は女の言葉に傷ついていると思う。

     投書の方は、夫の単身赴任で夫を見直すチャンスになったようだ。愛情告白のいいきっかけにもなった。自分の本心を自分で気づかない場合が、意外と多いかもしれない。

     そういう夫婦が別れて暮らす人生を送らないため、転勤のない会社を選んだという夫婦を知っている。
     学生時代からのお付き合いで恋愛結婚した人で、彼が大学の同じ学部で二年くらい先輩で、勉強を教わっているうちに惹かれあって、卒業して転勤のない会社に就職して、彼女のほうが成績がよく、彼の就職先の親会社に勤めた。
     彼女は会社のキャリア組で、このまま勤めたら会社幹部候補でやめるのは惜しいが、子供ができてやめた。親たちは大反対であったが、専業主婦になって子供育てていた。下の子が留守番できる年になって、再度就職して働くことになった。基本、夫婦は離れる転勤はない。

    読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月22日 (日)

    めぐり逢う朝 風景が素晴らしい 評価A

     

    読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    You Tube / 「めぐり逢う朝」サント=コロンブとマドレーヌの二重奏
    You Tube / 「めぐり逢う朝」サント=コロンブに入門を志願するマレ
    You Tube / 「めぐり逢う朝」「スペインのフォリア」を弾くマレ
    You Tube / 「めぐり逢う朝」亡き妻を想いながら演奏サント=コロンブ

    めぐり逢う朝 ストーリー
    035033 一七世紀の音楽家、サント・コロンブに弟子入りするマラン・マレ。マレは靴屋の息子であるが、歌が好きで少年聖歌隊に入っていたが、変声期になって追い出されて、名匠サント・コロンブ(ジャン・ピエール・マリエル)を訪ねてくるところが物語の始まりである。
     気難しい師匠の前でヴァイオリンに似た楽器ヴィオールで、一曲弾いてみるのが課題を出されて、マレはうまく弾いて、二人の娘はうっとり聞きほれて、「弟子にする」と判定と思って父サント・コロンブの顔を見つめる。「だめだ、弟子にはできないから、帰れ」というが、姉娘は「自作の曲もあるのでしょ」と助け舟を出し、前の曲以上に感情こめた演奏をする。師は「一ヶ月のちに結論を出す」と、返事をした。

    064 音楽の世界では、豊かにくらせる才能はある。だが、音楽家とはなれない。まず、世俗のにおいのない音に耳をかたむけなさい。合唱隊を追われて気の毒に思うから、弟子にしょう。と一ヵ月後に決定した。その帰り道、姉娘は「水浴びをする」とマレに言いかけて川辺に行ってしまう。帰り道、姉娘の水浴シーンを見てしまう。これは、二人を引き寄せるためのシーンのようだ。

    119 この映画は、師匠父サント・コロンブと弟子マラン・マレ、娘と恋人の関係の二層構造でストーリーが進む。
    いったんは、弟子として師匠から学ぶべきものを学んでいるが、師は純粋的に音楽を追及しようとしているが、弟子のマレは世間の栄誉地位を求めすぎる点から、弟子であることを断り、追い出してしまう。

    084  追い出されたマレが家を出ていくと、長女の娘が追い掛けてきて、抱き合いブチュっとキスをする。師の目を盗んで、演奏技術を長女娘から倣う。まだ、娘たちは演奏は父の技法を習って身に付けているから、演奏は官邸で父と演奏せkりるほど Ws000094 である。娘の部屋へも忍び込む関係でもあった。父の演奏専門のコテージの縁下へもぐり、演奏をまなんでいた。それが、ある日、二人でもぐりこんでいたとき、マレがくしゃみをして、師匠に見つかってしまった。ミロと娘は引きずり出されて、男は師匠から一発殴られた。

    Ws000126  それをきっかけに再び、弟子にされて、二人の仲も公認となって、娘と半同棲になった。娘はマレにべったりであったが、彼は音楽の腕をあげ、宮廷演奏家になった。当時、宮廷で演奏できることは、成功の証であり、地位もお金もできることで、「娘と結婚する気はあるのか」と聞かれて、「確約はできません。しばらく待ってください」と、自分の将来を束縛しないように、上手に返事をした。

    142それがしばらくして、ますます宮廷演奏家としての地位が固まると、娘と関係を持ったあと、「もうそろそろ終わりだ。別れよう」と切り出す。娘は「早く出て行って」と叫ぶ。マレを家から追い出してしまう。

    名門の娘を利用して、地位が上がってく149_2 ると、束縛されたくないと思う心が芽生え、この糟糠の「妻」ではないが、恋人を捨てる。安定した住まい、食事、Sexまで提供してくれた女をこうもたやすく捨てる・・・、地位が確保されて、収入も上がってきたときの男の変化・・・。(しかし、女の側もこれに沿って成長していないと、男には物足りなくなるのは否定できない。急激に伸びた男にマッチしたポジションを女が保持できるか?難しい問題であるが、それを議論する場ではないので、省略。)

    156 長女の娘は、急に落ち込み、それから妹は楽器製造の家の息子と結婚して5人も子供の母となるが、長女は結婚もせず、家にいるが、それから20年?30年後、病勝ちになり、いまは、床について伏せている。あの自分をテーマにした曲の演奏を聴きたいと父にたのむ。それ葉父の作曲であるが、マレの演奏が定番になっている、それを自分の枕元で演奏を聞きたいから、と大家になったマレに妹が使いとしていく。

    伝言もメモを見たマレは「ノー!」と、このスケジュールの立て込んでいるとき、昔の女が病に伏しているからって、わざわざボランティアに行けるか、という気持ちだったろう。

    その数時間後、気が変わり、昔の恋人、師匠の娘のとこへ駆けつけるが。彼は太り、娘はやせ衰え、昔の面影もない。
    「頬はこけ、目もくぼんだね。腕もすっかり細くなったね」
    「みんな、あなたのおかげ」
    179_2 「声も弱弱しい」
    「仕方ないわ」
    「つらい思いをさせた。あなたは、ほんとうにやせた」
    「なぜだか・・・、昔苦しんだことなど、ウソみたい」
    「恨んでいる?」
    「ええ」
    187「にくいと思うのは、当然だ」
    「私自身もよくない。自分を呪い続けたの。はじめはあなたへの思いに苦しみ、涙も枯れ果てたわ。そして、身体は骨と皮」
    「もともと痩せていた。あのころ、キミの腿葉つかめば片手の掌で握れてしまった。」
    192 「それでも、結婚を望んでいた!」
    パっと布団を自分でまくり、痩せた太ももが見える。股間に何もかかっていない。「あなたの愛なんて、そんなものだったのね」
    「違う、違う」というマレに迫ってくる。
    200「(私をテーマにした曲を)弾いて」

    曲が始まると、「もっとゆっくり弾いて」と静かに聴いている娘の顔色は悪い。マレの乗ってきた馬車が出て行くのを二階窓204_2 から見ている。出て行ってしまうと、娘はプレゼントされた靴を取り出して、包んであった紐を206 ほどき。それを柱の鴨居にかけ、それを首の周りに巻きつけ、乗っていた台から足が離れる。首吊り自殺である。

    213 師匠である父とマレは、再び和解して、音楽は一体なんだと話合い、朝の草原で二人は演奏する。それでエンドになる・・・。

    難しいテーマのようでありながら、コレで納得できたような、できなかったような・・・不思議な気分である。

    読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月21日 (土)

    弔辞 熊崎公平先生

    Ws000000 読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    熊崎先生(高三担任)は、広島師範に在学中に原爆投下に遭い、師範学校の学生は被爆しながら、市街地の被爆死体を片付ける作業に従事した。先生は、いわゆる「入市被爆」を受けて「原爆手帳」を持っている、と話されていた。中津川市で唯一の被爆手帳の所持者であった。被爆死体片付けた 広島高師の学生: nozawa22

     今朝午前9時過ぎ、T子さんから電話あり、今Wさんから連絡があり云々との趣旨である。

     女性の電話は、一方的な 話が多く、彼女の電話もそっちからかけてきたから、そっちの用件が優先であるのはいいが、相手の話を聞かない人が多い様な気がしている。そういうものだと割り切ってしまえば、それでいいかもしれないが、会話というのは、テニスのように打ったら打ち返す妙を楽しむものではないかな。面白い味を与え、相手の話を楽しむ、そんな余裕があると、友人として楽しいはずだ。

     その電話が終わると、すぐにWさんから「Nさん、弔辞を読んでくれない」と、「藪からスティック(棒)」に言われ、葬式に出られないから無理だ、と断ったが、だいぶ人選に困っている様子であった。
     先生には目をかけて頂いて、でもないが、弔辞くらい書くから、誰かに代読してもらえばいいかもしれない、と思って、弔辞をかいた。誰が読んでも違和感ないように、使って頂ければ、Tさんに添付で送る。余計なことでも、使われないことになっても、文句言いっこなし。

     Y君から電話があって、先生に花を贈るから、一口仲間に入って・・・と言う話を持ち込まれた。まあ、先生は本町の近所で、うちから1分のとおりであった。先生は、数学の先生で、できない生徒には近づきにくい先生で、道徳倫理に厳しい印象があった。

     男女は、密室に入ってはいけない。部屋はオープンにしておけ。とか、欲を刺激する宝くじ、あれは「多空くじ」で、損する仕組みになっている。射幸心を刺激するモノは大嫌いな先生であった。

    しかし、弱いものをいじめるのには目を光らせていた。体育祭になると、バンカラ連中が幅を利かせて、生徒を強制的に応援歌を練習させていた。これを批判する弁論を私がやったものだから、いっぺんにこの連中に呼び出しを受けた。

     熊崎先生、その情報をキャッチしたらしく、体格のいいK君に「野沢を守ってやれよ」と、彼をガードつけてくれた。呼び出した彼らの多数は「なぐっちゃえ」とか「伸してしまえ」と声を上げていた。その中のトップが私のクラスの男で、彼も熊崎先生から何か言われていたらしく、「まあまあ」という調子で、無事に帰ることができた。

     大学にいるとき、熊崎先生、教頭かなにかやっていたころで、先生が銀座の三越あたりにあるビヤホールで待ち合わせ、「どうや」といろいろ話して、つまりは岐阜県の高校には数学を教える少ないから、早稲田の学生で「岐阜県に来て数学を教える人材はいないか」ということだった。教員免許なんか、なんとかなるから、と勧誘が目的であった。ちょど、第一次ベビーブームが中学から高校へかかる時期で、教員補強が目下の急務であった。

     アルコールに弱いのに、先生にしこたまビールを飲まされ、真っ赤かになって、池田隼人は偉い、所得倍増と言ったらそうした。とか、高度成長のさなかであった・・・懐かしい思い出である。もうそんな時代は来ない今では、過ぎ去った過去が懐かしい。

     先生宅では、お母さんがおばあちゃんが焼き芋、丸まま焼くのでなく、スライス型にして焼く焼き芋を売っていた。中津川市西山で競馬をやっていたころ、熊崎先生の家が焼き芋の販売権を持っていたと聞いた。中津川市での競馬は、採算がとれないので、数年で笠松へ譲渡した。笠松競馬の採算も、あぶないから、ライブドアの堀江モンがてこ入れして買い取る話があったが・・・。

    「幾星霜いくせいそう」なんて言葉、古いね。80年も過ぎたら、元気な人も、黄泉の国へいくのは、ごく普通なのさ。公平先生のお嫁さんになった福田先生、昭和24年ころ、南小学校の先生で、丸としたかわいい、小学生から見ても、可愛い人と思った。

    「先生は、被爆死体を片付ける話を終えると、熊崎先生は、その後、その話にはそれ以上触れなかった。メリハリのある態度は、先生の信条であった。

     昭和三十二年七月、真夏の日差しを避けて、旭丘公園の緑陰の中を通り抜ける風は、涼しかった。今も、あのときと同じように、先生は長い旅路を終えて、ほっとされているのではないか、と私たち教え子はそう思っています。
     これまでのお導きに感謝し、安らかに眠られることをお祈りいたします。以上、弔辞とさせて頂きます。」
    追記「熊崎公平氏94歳老衰。今月16日に入院して20日死亡」

    読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月20日 (金)

    水上勉の青春時代を振り返る

    Photo Tさんの蔵書整理をお手伝いしたとき、水上勉随筆集「虫のいのちにも」(副題私の人生観」(文庫本、学陽書房)を一冊もらった。
     「虫のいのちにも」で、水上勉が自身の人生を語っている部分があり、興味深かった。
     彼は、仏教が盛んな福井県若狭に大工の家に5人兄弟の次男に生まれた。貧乏で家に風呂がなく、母と一緒によその家へもらい湯に出かけた。兄である長男は耳が聞こえないから、次男の勉が先頭に立ち、提灯でみんなの足元を照らし、雪の日、雨の日、風のある日は、つらかったし、恥ずかしかった。同級生がいる家、ましてや女の子であったりすると、子供心に恥ずかしくてたまらなかったという。父が出張で仕事をしているときは、そうしてもらい湯に行っていた。

    読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    Bfe5bee5cad9 水上勉の家は、村の一番奥まったところで、田んぼにいくには、ひとつ橋を渡って田んぼに行かなければならなかった。その土橋は、台風がきて大水が出ると流されてしまった。その橋を利用するのは、水上勉の家だけだから、誰にも橋の改修に手伝ってもらうわけにはいかなかった。母は、数年に一度はその橋を改修していた。

     父が帰ってきたとき、川に二本の大木を渡し、隙間を栗の木を切って埋、その上を土を載せて踏み固める。踏み固めるのが子供の仕事であった。数ヶ月すると、栗の木が白くなり、一年もすると、椎茸が生えてくるから、学校へもっていく弁当のおかずになったという。この椎茸の話聞いて、橋の下にもぐると、椎茸がいっぱい取れる田舎の風景を考えると、田舎暮らしもいいな、と思ってしまった。

     勉は9歳になると、京都の寺、臨済宗寺院相国寺瑞春院に小僧として修行に出された。修行の厳しさに音を上げて逃げ出してしまうが、連れ戻されて等持院で受け入れてもらった。これは「口減らし」に出されたのだろう。女の子なら、女郎屋に行かされるところだ。男の子は、寺でしっかり教育つけて、育ててもらえると親たちはそう思うのだろう。

     コレと似た話は、高田好胤(薬師寺の管主)でも聞いた。母親が知Takada り合いを介して薬師寺へ預けたという。高田好胤も前管主橋本凝胤の厳しさについて、後の語っている。小学4年生くらいのとき、管主は40歳くらいで男盛り、力の差は絶対だから、つらかったと思う。朝は早いだろうし、朝の掃除、雑巾がけ、読経もあるだろうし、それを率先してやらなければ、先輩小僧さんにいじめもあるだろう。体力的にも、精神的にもつらかっただろう。高田好胤 - Wikipedia

     それでも、我慢に我慢を重ねて・・・、18歳でついに寺から出てしまう。のちにこれらの経験は、『雁の寺』、『金閣炎上』の作品に生かされた。18歳で禅寺を出たのち様々な職業を遍歴。

    (この後、小説を書くが、なかなか認められず、また経営していた会社の倒産、数回にわたる結婚と離婚、最初の結婚でできた長男窪島誠一郎との別離など、家庭的にも恵まれないことが多かった。)随筆では、この辺の話は書かれていない。

     昭和12年ころ、「京都下京区八条坊城西入る」にある梅小路駅裏の貧民窟にある下駄屋の二階に下宿した。最初、「麦藁膏薬」を売り歩く行商をやった。マツヤニを煮て、イヒチオールを混ぜ、とろりとしたところで、竹の皮に伸ばし、数本の麦藁を挟んで、平ペッたく重ねた膏薬である。「肩こり、リュウマチ、切り傷によろし。西村才天堂謹製」という張り紙して完成である。

     これを卸から商品を受け取って、自転車に乗って、鳥羽、伏見、西院、九条、十条の荒物屋、薬局に売り歩く。結構の距離走り回るのであるが、水上勉は苦にしていないで、単純で退屈だったという。その仕事は嫌いだったみたいで、主人に頼んで、立命館大学文学科(夜間)へ入学したが、一年も続かなかったようだ。理由は経済的な理由のようだ。

     それでも、好きな講義や友人はできた・兵庫県の寺の住職富田クン、金閣寺の徒弟古田君と仲良くなった。水上勉も境遇が似ていたので友達になった。古田君と一緒に上長者町堀川にある帯絵職人の家の二階を借りて、下宿した。水上勉は府に臨時職員と)して採用されたので、夜学に通うことに決めたのであった。

     この二人が、案外生臭坊主で酔っ払ったあと、五番町で妓おんなを買った。「おんなを買った」と、男にとっては、ごく普通に言える都合のいい時代であった。友人になった二人は、少し年上であったので、登楼するときは二人の後ろからついていき、二人が先に女を選んだあとに、残っている妓をあてがわれた。

     五番町は千本通りの西側にある小道に遊郭があった。付近の丁稚や小僧奉公人行ける値段であった。ギザ一枚、50銭で学生も登楼できた。別に学割という制度があったわけではないが、顔なじみになると、お茶ひいた(客が付かなかった娼妓(女の子)が貧乏学生を相手にしてくれて、気持よく寝させてくれた。

     富田も、古田も、僧籍があったから、寺に対して気兼ねがあったようだ。水上は、寺を出てしまった破門僧で、気楽なフウテンであった。だから、年長の二人には劣等感を抱いていた。五番町に泊っていると、この世の憂さが瞬時に忘れられる気がして、ひたすら耽溺した。

     給与をもらうと、五番町へ走り込んで、なじみの妓(=千鶴)と二人で夏ミカンやおかきを食べて、一日中部屋で寝ていた。ひたすら、千鶴に愛を注いでいた。二十一歳で満州にいくまで、ずうっと私になじんでくれた。今でも顔を思い浮かべることができる。

     お金がなくて、登楼できないでいると、富田と古田は、「淋病にかかって寝ている」とウソを千鶴にいうと、心配した彼女は下宿へ訪ねてきてくれた。一袋のウワウルシを差し出したときは、感動した。という。「ウワウルシ」とは、淋病の特効薬か?

    参考:ウワウルシ :別名、クマコケモモ、ベアベリーとも「天然の尿路消毒薬」と呼ばれ、尿路を消毒・抗菌する作用。古くから尿路の消毒として利用される。また、ウワウルシに含まれるアルブチンは、メラニンの合成を阻害し、美白効果を持つ成分として、化粧品に幅広く利用される

    「読んだら クリック!
    」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月19日 (木)

    駐留米兵 アフガン遺体と記念写真

    笑顔で遺体と記念撮影、アフガン駐留米兵の写真 米紙(CNN、ロサンゼルス・タイムズ)が報道して大問題になっている。
    Images 4月18日、アフガニスタンに駐留する米兵が自爆テロ容疑者とみられる遺体とともに笑顔で記念撮影した写真を紙面に掲載した。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック


    Defensesecretarypanetta  パネッタ米国防長官は同日、「(こういうふざけた)写真の行為は米国の法や価値観に反する」として強く非難。米軍も関係者の処罰に向けて調査に乗り出した。
    ロサンゼルス・タイムズによると、ある米兵が「指揮系統416pxjapaneseheadburma1945と規律の乱れによる安全上のリスクに注目してもらいたい」との理由で同紙に18枚の写真を提供。そのうちの2枚を紙面に掲載した

     武装勢力メンバーとみられる遺体と記念撮影。また、遺体のそばでポーズを取り、他にも自爆犯の脚を持ったアフガンの警官と並んだり、遺体の一
    部を持って中指を立てる兵士の写真もあった。

     こんなことをしてはいけない、と上官がいうが、現場のノリはお祭り騒ぎというか、体育系のノリ・・・なんて言っちゃあいけないか、言葉選びが難しいが、記念写真を撮りたい兵士の気持ち、勝っている側には、負けている側の心情なんかようわからん。兵士の意識は、そんなもんでしょう。こんなことは、初めてではない。

    こんな報道もある。http://read2ch.com/r/news5plus/1300919445/
    997660  ドイツ週刊誌シュピーゲルは、アフガニスタンに駐留する米兵が アフガン市民を殺害後に虐待し、その遺体の脇で笑っている写真を掲載した。
     同誌は「イラクの旧アブグレイブ刑務所でイラク人収容者を虐待した
    事件以来のスキャンダル」として問題視している。
     同誌によると、アフガン南部カンダハル近郊で2010年ごろ、米兵が近くにいたアフガンの若者を呼び寄せ、いきなり手りゅう弾で攻撃。これを若者の犯行として偽装し、仲間の米兵とともにこの若者を射殺した。


    02_2  イラクで捕まえたイラク兵をアブグレイブ捕虜収容所で収容していたが、そこでの虐待は有名になったが、
    女性兵士が弱ったイラク兵を裸にして虐待
    アブグレイブの虐待には更に多くの写真、及び、ビデオテープが存在する。
    (600ページ中、マスコミには53ページしか示されなかった)米国陸軍の秘密報告書は米議会で非公開で議員たちに披露された。議員達の顔色が変わるほど悲惨なもの02_1であった。そこで示された1800枚の写真とビデオはイラクの女性立法者が男性捕虜に同性愛 行為を強制させる性的拷問を加えていた。

     アブグレイブ刑務所内で米兵が軍用犬を使って裸のイラク人収容者を虐待している写真を公開した。公開された写真では、軍用犬2頭が収容者にほえている。同じ収容者が床に倒れ、足などを犬にかまれて血を流している写真も同誌は入手したという。

    戦争になれば、相手の国の人間をこのように扱うのは、当たり前。一木大佐が襲撃したガダルカナル米軍キャンプでは、夜襲をかけて失敗した戦場には、大勢の日本兵が虫の息になっていた。米軍はブルトーザーで踏み潰して整地するくらいは朝飯前であった。

     東京日日新聞(現「毎日新聞」)によると、日本兵も、中国大陸で二人の少尉が百人斬り競争をしたという。降伏した蒋介石軍の兵士を無抵抗状態で並ばせ、片端から斬っていったという。戦後、国民党蒋介石政権によって、二人の少尉は死刑にされた。(本多勝一「中国の日本軍」P.111) 怨みに徳をもって報いる 以怨報徳

     強姦記念に写真を撮る例も多い。兵士は、強姦相手の女性を下半身を露出させて、自分が横にならび写真をとる。この様な写真は、戦場では、それほどの違和感がなかったようだ。(同書、P123)強姦後、相手の女性の腹を割いて内臓を抉り出した、とも書いてある。

    70027001 中国では、70年ほど前に、日本軍は・・・、その行状はあまり書きたくないが、証拠になる写真がある。ある方が父親が中国戦地から復員時、持ち込んできたが、その父親が亡くなったので、自分は興味ないから持っていてほしいと委託されて私のところに来ている。戦争とは、こんなもの 70年前の写真:

     平常時は人間の死を直視するのを避けるが、戦争というものは、それを平然と行う。現実、こういうことになるのだ。それをわかっていただくのに、これらの写真も、意味があるのではないか。いざとなると、人間というのは、聖人ではなく、獰猛な動物の本能むき出しになる。このことは忘れてはならない。

    戦争の原因 日本は核をもつな、92歳中曽根康弘 松岡洋右 国際連盟脱退の裏側 国際孤立を避ける方針…なんで戦争に TPPは経済共栄圏をつくること 服務規程遵守か、日本救国の情熱か 戦争 被爆国日本が、核兵器を模索 

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (5)

    2012年4月18日 (水)

    ブログnozawa22バックナンバー 楽しみ方

    初めてnozawa22を訪問していただき、記事を堪能して頂くのは、案外難しいだろう。興味がわく記事もあれば、そうでもない記事もある。それを一覧のようにみていけば、興味ある記事で時間をかければいい。その方法として、一ヶ月単位でバックナンバーを提示する場を提供してみたい。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    とりあえず6年前5月を見るnozawa22: 2006年5月
    最近の一ヶ月を比べて   nozawa22: 2011年12月
     さらっと見てみると、と言っても、一ヶ月で週刊誌一冊分になる。マア読んでみると、一日分の文章の量が違う。六年前の個人的な話題から最近は社会問題に記事の量が多くなっている。コレは進歩かわからないが、書き続けると気づかない間に自分の中が変わってきているのだと思う。

      履修不足で大荒れ nozawa22: 2006年10月  
    nozawa22: 2006年6月 nozawa22: 2006年7月 
    nozawa22: 2006年8月 nozawa22: 2006年9月 

     nozawa22: 2007年5月 
     nozawa22: 2008年5月 
     nozawa22: 2009年5月 
     nozawa22: 2010年5月  
     nozawa22: 2011年5月

     別の分類の仕方では、テーマごとに見ると言う方法もある。これは、ブログのサイドメニューにあるから、クリックすればすぐみられる簡単な方法であるが、初めて訪問して頂く方には、気づかないし、興味を持っていない分野には、のぞく気にもならないかもしれない
    人間の本質  余暇の善用  
    慶事おめでとう  日本の体質  生き方  
    それぞれが、週刊誌か、単行本ほどの分量になるので、無理なく興味ある部分をつまみ食いをして読んで頂ければよいと思う。

     親しみを感じて頂けたら、次回の訪問をお待ちしています。仲間になっていこう。そんな感じで・・・

    よろしければ、こんなページも楽しんでください。
    nozawa22」のTwitterでつぶやかれている新着ページ←これがリンク切れの場合は、「「nozawa22」のTwitterでつぶやかれている新着ページ」をそのままコピーして、検索してください。リンクできます。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (2)

    個性的な、自分の意見を持つのは、大変です。

    0014 今夜は、NHKTV「開拓者」第3回を見ました。満州から引き上げが、原発避難と似ていてしかたないです。
     日本は負けない、必ず神風が吹いてアメリカに「勝つ」といっていたのと、原子力発電は「安全だ」と強調していた上層部、関係者の言葉は、同じ
    DNAをもった言葉のように聞こえて仕方ありませんね。われわれ一般国民も「歴史に学ぶ」ほど大げさではありませんが、このようなからくりは知っておかないと、コロっとだまされますね。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    000  こうした大本営発表と原子力委員会発表との比較こそが、今必要です。コレを言うと、支配層には、扱いにくいのがいると睨まれてしまう。案外、こういう異議を唱えるのは勇気がいりますね。
     日本では、昔から、「寄らば大樹の陰」「長いものに巻かれろ」というのが、上手に生きる日本独特の文化風土ですので、自分の意見を持つのは、「理屈をいう」と見られて大変なんです。

    036  世間の人が忘れたことを案外覚えていて、アレ、アレは昔似たことがあったろ、と思うことがあるものだ。満州引き上げは、子供のころにはよく聞かされた。その当時の大人には「シベリア抑留」「満州引き上げ」は、東日本大震災の10倍くらい国民の心に影を落としていたように思う。満州からの引き上げは500万人くらいあったのだから、全国民に影響があった。

    00200018 シベリア抑留からの引上げ者が持ち込んだロシア語がある。「ダモイ=帰国」「ノルマ=割当仕事量」「スパシーボ=ありがとう」ノルマは完全に日本語になった。「暁に祈る」というリンチが明るみになった。この問題は国会でも取り上げられた。日本人自治で赤化指導にしたがわない抑留者を縛って零下20度の外へ放置する私刑で死んだ人のことが、日本で明るみに出た。しかし、今はこれらの事実は風化して、ほとんどの日本人の記憶から消えている。

    訂正参考資料:外モンゴル・ウランバートル収容所において、ソ連軍から日本人捕虜の隊長に任じられた池田重善元曹長(収容所内では「吉村久佳」の変名)が、労働のノルマを果たせなかった隊員に裸で一晩中木に縛り付けられるリンチを行った。隊員らによって付けられた名で、明け方になるころ、瀕死状態の隊員が首がうなだれ、「暁に祈る」ように見えたことによる。
    この事件は1949年(昭和24年)3月に朝日新聞がスクープがきっかけで知られ、元隊員2名が報道直後に「吉村隊長」こと池田元曹長を告発する。
     池田と元隊員数名が4月に参議院の「在外同胞引揚問題に関する特別委員会」に証人喚問された。7月に池田は東京地検に任意出頭して逮捕、起訴された。
     池田は遺棄致死と逮捕・監禁により有罪(懲役3年)となったが、亡くなる1988年(昭和63年)まで無罪を主張。実際には池田がモンゴル側の指示を超えて過酷な処罰をしたことは少なからずあったものの、私刑で隊員を死なせたことはなかった。上記の池田の刑事裁判では残虐なリンチがあったとは認定されなかった。

    030  だんだん、忘れるのは仕方ないにしても、日本人は、「人間は」というべきかもしれないが、忘れるのは早い。中国人、韓国人は、教科書の中できちんと教えているのに、小中学校の教科書で、日米戦争の詳細を勉強していないし、中国へ出征した兵士のこと、満州国でどんなことがあったのか、我々は知らないでいいのだろうか。自虐的になることはあまり、日本人としては、うれしくないが、反省するべきは反省して、その事実を知ることで日本のあり方に生かす。それを忘れてしまっては、あの戦争で死んでいった人が浮かばれない。

     ナチスドイツに関しては、ドイツで再びその前科を犯さないように必死で国民に刷り込む教育が行われていると聞いている。ところが、日本には戦争の総括が済んでいるようには思えない。そのことは、原発再稼動にも似たような、福島原発事故は、その反省を踏まえて、大飯原発の再稼動に生かされているとは、思えない。どうも再稼動が前提で、政府+電力会社主導で話が進んでいる。

    中国漁船の海上保安庁の船への衝突で逮捕された船長解放に不思議な動きをした仙石さん、無役の彼が、事実上の大臣と同じ役目を果たしている。原発を再稼動しないと、なんと言った?国民を恫喝していたね。脅せば、稼動へ動くと思って暴言をはいていた。あれは、満州国建設の原動力になった関東軍の幹部の行動に似ている。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月17日 (火)

    家族の肖像 伊仏合作映画 評価A

    00130011英語: Conversation Pierce)は、「家族の団欒を描いた絵画」のこと。ルキノ・ヴィスコンティ監督によるイタリア・フランス合作映画(1974年)である。キネマ旬報ベストテン1位。しっかり見ないと理解しにくい。

    「読んだら クリック!
    」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック


    Ws000000主人公の孤独な老教授(最後まで名前はない)
    は、監督ヴィスコンティ自身のようだ。ヴィスコンティの最後の力を振り絞った力作、旧世代と新世代の若者たちとの交流を描いた代表作。撮影は全て、教授のアパルトマンのセットの中で行われる。見ていると、外へ出ないから、窮屈感があって、ものたりなかった。
     しかし、最後、新世代の若者分裂で、世代間戦争ではないが、一気に日本にはない、教授の閉ざされた内的世界と若者との葛藤が鮮烈に出て、ヴィスコンティ・ブームがおきた理由がわかるような展開である。
     狭い空間が舞台になったのは、血栓症で倒れたヴィスコンティの移動能力の限界を考えた結果のようだ。彼の死後、1978年日本公開、大ヒットを記録、ヴィスコンティ・ブームが起こった。

     老教授は、ローマ市の中心地の豪邸に住む。アパルトマンで絵画の収集・研究をしながら、18世紀の英国の画家たちが描いた家族の団欒図のコレクションに囲まれて孤独な生活。管理人のドメニコと家政婦のエルミニアと共に静かに暮らしていた。
    そこへビアンカとその娘リエッタ、および娘の婚約者ステーファノ、そしてビアンカの愛人コンラッドがやってきて、「二階を貸してくれ」と、あの手この手で頼みに来る。教授は静かな生活が壊されることを恐れて断るが、しつこく頼まれて仕方なくコンラッドを住ませることになった。

    老教授(バート・ランカスター)Ws000008
    母ビアンカ(シルヴァーナ・マンガーノ)
    娘リエッタ(クラウディア・マルサーニ)
     ステーファノ(ステーファノ・パトリーツィ)娘の婚約者
     コンラッド(ヘルムート・バーガー)ビアンカの愛人

     教授はあまりにも価値観の違う若者たちの行動に気がめいる思いだったが、ビアンカの愛人コンラッドが芸術の理解者であることを知って興味を覚える。コンラッドはかつては学問好きの青年だったのだが、過激な左翼思想に傾倒して学業を中断し、今は昔の仲間に追われていた。ビアンカの夫は実業家で、ファシズムを支持する右翼の過激派と通じていた。

     0009二階を自分の名義で買ったと信じていたコンラッドは、二階を全面改造工事をさせ、一階の住居を水びたしにしてしまう。しかし教授が冷静になって話しこむとコンラッドは美術の造詣も深く、ビアンカとの不倫な関係から発する毒のような魅力とは別に、純粋で教授の心をとらえるのだった。翌朝、パリから帰ってきたビアンカとの間に衝突が起こる。が、和解のしるしにと教授が晩餐へ招待したが、その夜には4人とも遂にあらわれなかった。見ていて、身勝手な四人に腹が立つ。

    0049 一ヵ月後、ヨット旅行から帰って、ふたたび教授の家の二階の住人となったコンラッドは、深夜、右翼青年に急襲をうける。が、教授に書斎の奥の隠し部屋に連れて行かれ、介抱される。不安を訴え、助言を求めるコンラッドを教授は父親のようにはげますのだった。

    0032コンラッドの帰還を迎えて、教授は、彼ら四人を晩餐に呼んだ。あたかも一幅の〈家族の肖像〉と化したかのような「最後の晩餐」だった。ビアンカの夫の話になったのがきっかけで口論になり、娘の婚約者ステーファノと母の愛人コンラッドが思想的立場の違いから激しく対立し、政界の事情に詳しいステファノと反政府思想のコンラッドは互いに罵倒しあい、なぐり合う。教授がかかげる古風な文明論とは、余りにも違う次元の背景に教授の説得力はあまりにも弱い。取っ組み合いの喧嘩になり、教授はなす術もなく、コンラッドは立ち去ってしまった。

    ビアンカがコンラッドにいう言葉~。
    0016「友人を置いて、私たちは空港へ急いでいたわ。彼はなんと言ってと思う?
    主人は私に要求したのよ。“すぐにあなた(コンラッド)とは別れろ”って。初めて言ったわ。ひどく興奮して。反論できなかったわ。あんな銃人は始めて」

    Ws000001娘のリエッタ「愛の再燃ね」
    母「そうじゃないの。“若い愛人を囲うのはいいが、コンラッドはダメだ。”バカなことを言ったわ。“別れないなら、別れさせる”私はカーッとしたわ。そういうなら、離婚するわ。本気よ。」
    リエッタ「彼と結婚?」
    母「(ワハハハ)NO! コンラッド求婚された覚えはないわ。でしょ?」
    コンラッド「今するよ」

    0054母「ありがとう。でも、返事は、ノーよ。“結婚は家族のため、離婚は自由のためよ」
    コンラッド「再婚の自由は」
    母「いいえ、ただの自由よ」
    コンラッド「本気か?」
    母「もちろんよ」

    ここで、娘の婚約者ステーファノが「よせ」とコンラッドを止めにはいるが、「なんでだめだ?」というと「結婚に向かない人、楽しくない人」と列挙すると「楽しませる気はない」と断言するコンラッド。娘リエッタが「酔っている。飲みすぎ」と止めるが、「ボクは酔っていない。ばかげている。笑うのを許さない!あなたの社会のルールで結婚できない」
    0061_20043スーファノ「もうよせ」
    「愛人、麻薬売買、そういうことか?」「そういうこと」「ボクは負け犬だから、ペットだ。可愛がるだけ可愛がって、肝心なところでは、締め出しを
    食う」

    そういうと、コンラッドは出ていく。あなたは彼を傷つけたのよ。彼に背を向ける権利はないわ。「彼を追いかけて許しを請えばいいのよ」教授は「彼は決して許すまい」という。教授は「家族ができたと思えばよかった」と、今までの自分の態度を悔やんだ。

    0050その翌日、コンラッドは、父と呼ぶ教授に、永遠の別れを告げる手紙をのこした。その彼からの手紙を読んでいるときだった。コンラッドは上階で爆死した。
     教授はショックで寝込んでしまい、やがて息を引き取った。 

     日本人なら、老教授の「目」で、登場人物を見てしまうから、母ビアンカが愛人を持っていることも、理解しにくいだろうし、妻と夫の関係も理解できないだろう。夫が妻の愛人を認めているのもわからない。そういっていると、この映画は見る価値はなくなる。

     フランスは、結婚外結婚というか、結婚しないで子供を作っても、その子を、日本でいう嫡子、非嫡子の区別をしない。この映画では、新しい「愛」と「家族制度」を見る思いであった。古い家族制度で凝り固まっている頭には、とてもついていけないですよ。改めて、フランスのヌーベルバーグを感じさせられた。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (0)

    2012年4月15日 (日)

    ボランティアガイドと行く六義園

    東京都の公園では、文京区にある六義園が、見て価値があると思われる順位をつけたら、浜離宮とで、一位、二位を争う。ここは、徳川綱吉の側用人柳沢吉保(川越城主)の私邸である。歩いて回る回遊式庭園でよく作られている。和歌山県の紀伊の浜を模したアイディアを基本コンセプトで作られた、日本の庭園文化をこれでもか、という感じでつくられている。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック


    柳沢吉保の文学的知識が、そこここに生かされている。その歌を知らないと、バカにされてしまう・・・、そんな文化が汲み取れないかもしれない。

    Garden_ph001 駒込駅からすぐの六義園へはいると、土日には案内ガイドが待っていた。その説明を聞きながら、回ると単に各自で回るとは違って、よくわかる。そのガイドは珍しく女性であったが、六人ほどいるという。きちんと勉強していて、一時間を上手につかって園内を案内してくれた。

     東京都内には、重要文化財や特別名勝など指定された文化遺産である9つの都立庭園、
    浜離宮恩賜庭園、小石川後楽園、六義園、清澄庭園、旧岩崎邸庭園、旧古河庭園、向島百花園、旧芝離宮恩賜庭園、殿ヶ谷戸庭園がある。
    これらの都立庭園では、そこでは、ボランティアによる庭園ガイド/庭園管理作業を行っている。
     庭園でボランティア活動をするためには、公益財団法人東京都公園協会が独自の制度として設けた「都立庭園ガイドライセンス」の取得が必要となる。この資格を得るには、公益財団法人東京都公園協会の「緑と水」の市民カレッジが行う「都立庭園ガイドボランティア養成講座」を修了し、ガイド資格試験に合格しなければならない。

    公益財団法人 東京都公園協会
    ●清澄庭園ガイドボランティア養成講座(全7回)
    ●殿ヶ谷戸庭園ガイドボランティア養成講座(全7回)
    ~ガイドに必要な知識と心得を学びます~
    主催・東京都公園協会 緑と水の市民カレッジ事務局
    〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1-5
    URL
    http://www.tokyo-park.or.jp/college/
    ①平成22年10月16日10:00~12:30~⑦平成23年1月15日10:00~12:00
    参加費 7,000円(定員〆切。人気講座、お早めに)

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック


    | | コメント (2)

    2012年4月14日 (土)

    池上 季実子は、いかに作られたか

     池上 季実子がNHKのゲストに出ていた。
    Ws000018Ws000017 三歳までニューヨークに暮らして、その後は、京都で少女時代をすごしたという。その時代、父親は車で送られて帰ってくるようで、車の音が聞こえると、母と娘池上 季実子葉玄関で三つ指を突いて「お帰りなさい」と迎えないと説教されるほどの厳格さだったらしい。父親の意思が貫かれた家庭で、「愛と真」の主役に決まったときは、家族会議で父の怒りは頂点に達したと言う話をしていた。
     特別興味があってみていたわけではないが、プロ意識のある、意思のはっきりした女優だと思った。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック


    Ws000020  彼女の父の強烈なワンマン振りを聞いて、すごい!と思った。意思がはっきりしていて、個性が際立っている彼女の存在は、この父があってこそだと見た。

     一流商社マンで、バリバリ働く男は、かなり自信があるのは想像できる。よその国へ行って、相手国の一流のビジネスマンを相手にやりあうには、語学はもちろん、ほかの教養も知識も、政治情勢も、賄賂の使い方も、相手の弱点も知り尽くして、臨まないと負けてしまう。いい取引ができない。その勢いを家の中でも振るっているのか、家族は迷惑だろう。

    Image59145 池上 季実子(いけがみ きみこ、1959年1月16日 - ):日本の女優。オスカープロモーション所属。血液型O型。
    ニューヨーク・マンハッタンで出生、3歳の時に帰国。幼少期を京都で過ごす。ノートルダム女学院中学校・高等学校→玉川学園高等部→堀越高等学校1977年卒業(同窓生:岡田奈々、森昌子、岩崎宏美ら)。玉川大学中退。
    1985年、できちゃった結婚(27歳)をして一女を儲けるも、3年くらいで離婚。。
     祖父(母方?)は歌舞伎役者の八代目坂東三津五郎。叔父に九代目坂東三津五郎、従兄には十代目坂東三津五郎がおり、十代目三津五郎の薦めで女優の道へと進み、1974年にテレビドラマデビュー。ドラマ「愛と誠」への出演で知名度が上昇、以後数々のドラマ・映画に出演。

     祖父は歌舞伎界の人間国宝、八代目坂東三津五郎。楽屋に遊びに行った時のびんつけ油の匂いを思い出す。祖父はとっても多趣味で粋な男性で、私が古美術を好きなのも祖父の影響ですし、最後の歌舞伎「千利休」の舞台では、本物の利休茶碗を使っている。ただ、私が15歳の時に亡くなったので、私は子供の目でしか祖父を見ていない。今だったらもっといろいろ感じることがあっただろうと、早く亡くなり残念。

    Ikegami15  三歳半で日本に来たので、アメリカの記憶がほとんどなかったが、20歳の時に仕事でニューヨークに行った際、ケネディ空港に降りた途端、印刷の匂いのようなものを感じ、「何、この匂い。なんだか懐かしい」という感じだった。さらに街に出たら、マンホールの湯気の匂いにまた「うわあ懐かしい」と、自分がそこに住んでいたことを実感した。香りって人の記憶をよみがえらせるんですね。

     「三つ子の魂百までも」のようなことがあり、三歳半Ws000022 までイエス・ノーのはっきりした社会で育ったせいか、その後京都で長く育って、そういうことを言ってはいけなかったのに、中学生くらいからイエス・ノーをはっきり言うようになった。
     だから、人ともよくぶつかるが、そんな時は「しょうがないじゃない、半分外国人なんだから」と自分に言い訳している。
    906b3391701c15afd9362c699aa9ad97  あいさつも、例えば、スタジオで以前共演した方に偶然出会うと、その方が男性でも女性でも関係なく、走っていってハグしたり、ほおにキスしちゃう。他人から見たら誤解される。

     私は中学生の時、両親が離婚に向けて別居した関係で、母と一緒に東京の祖父のもとにやってきたんです。その頃NHKの少年ドラマシリーズにいとこの坂東八十助(当時)が出ていたので、撮影を見学に行ったら、プロデューサーに「次の少年ドラマシリーズの主役をやってみないか」と声をかけられた。びっくりしたが、あまり深く考えず「やるやる」と答え、それがデビュー作「まぼろしのペンフレンド」になりました。

    Ikegamikimiko005  もともと女優志望というより、画家にあこがれて芸術が学べる高校に通っていた。当時髪の毛が長かったので「テレビに出たらシャンプーのCMの話がきて、シャンプーをたくさんもらえるかも」などと考えるような軽いノリでした。やってみたら、演技は当然下手でしたが、これがおもしろかった。
     私は現場でも「これどういう意味ですか」などと臆せずスタッフにあれこれ質問して、「素人なのにおもしろい子がいる」とドラマ班の中で評判になり、NHK銀河テレビ小説にも出ることに。

     それまでの出演はNHKでしたから、通学の時間も考えてくれて、厳しい父親も許してくれていましたが、民放のドラマ「愛と誠」のオーディションに受かった後は、家族会議になってしまいました。

     
    うちの父はスパルタ教育で、父の車の音がしたら家族は玄関で三つ指をついてお出迎えしないと一晩中お説教という人だった。口答えでもしたら、京都の家の長い廊下を引きずられて納戸に投げ込まれるような家だった。家族会議のこの日も大変なことになり、でも私は部屋の隅に追い詰められながら「私はこれをやるの、やりたいの!」と初めて父にはむかった。それで父は「勝手にしろ」と、初めて、父は主張を引いて許してくれました。この頃から本気で女優をやりたくなった。


     この場面を再現ビデオにして、NHKが見せていたが、「こんな程度ではない」と当の本人が否定するほどだから、父のワンマンはすごいことが想像できる。それを母は我慢し続けて、娘が大きくなって離婚を決意したのだろう。

    Ws000019  女優とは、他人の人生を生きる仕事。そのためには自分の人生もきちんと生きたいと常に思っていた。やはり自分の性分ですね。石炭を満タンに搭載した機関車みたいにがむしゃらに走っていました。よく「一生懸命やりすぎる」とか、「まじめすぎる」と、特に最近そういう風潮がありますが、そういうのっておかしいと思いませんか。一つのことに一生懸命になることの何がいけないの、といつも思いる。

    Ws000023  娘は、女優の子言われて甘やかされるので、厳しくしつけてきました。娘からは「世界一怖い」と言われていました。通学の服装にもうるさく、特にルーズソックスは許しませんでした。中学生になると娘も口が立ってくるので、言い合いになると、私が「ダーン!」とテーブルを叩いて立つわけです。すると、娘は自分の部屋に逃げ込んで鍵をかける。10円玉でガチャっと開けて中で娘をつかまえて、さらに怒る。その場で言わないと子供はわからないからと、ずっとそうやってきました。だからもう本当に疲れた。
     
    でも、成人した娘のふとした時の発言やしぐさを見て、「ちゃんとやってきてよかった」と思うことが多い。

       娘が社会人になり、手がかからなくなってみると、
    「何のために自分はがんばってきたのか」と考える。もちろん自分のためにがんばってきたはずですが、どこかで娘に依存していたのかもしれません。更年期ともぶつかり、ここ三、四年は鬱で、きついことも多かった。 
    参考資料「DO楽 どらく ひとインタビュー
     

    1626_2cb29ae007c3821032d4ec1a7ae6_2  とはいうものの、50代、元気あるし、やるべきことを持っている。完璧(かんぺき)主義すぎて、男は必要ないようにも見える。しかし、というか、男性にのめりこむと、靴下を履かせ、なんでもしてあげるタイプの女だという。それは、自分の思いのままに染めないと気がすまない、ということで、男を束縛してしまい、男はとても息苦しくなりそう。しっかり者の女性の犯し易い過ちが、こんな性格に現れている、かも。

    「読んだら クリック!よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓ブログ村 nozawa22 ←クリック

     

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 

    | | コメント (3)

    2012年4月13日 (金)

    木嶋佳苗被告に死刑判決 4月13日

    K10044216911_1204131252_1204131303_  検事経験あるコメンテーターは、無期判決だろうと予想していたが、裁判員裁判では、死刑を言い渡した。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック


     東京・千葉・埼玉で男性3人を相次いで練炭自殺に見せかけて殺害した罪などに問われた木嶋佳苗被告は、さいたま地方裁判所で「極めて重大で非情な殺人を3度も繰り返し、3人もの尊い命を奪った結果は深刻で酌量の余地はない」と木嶋被告に死刑を言い渡した。
     意外と、厳しい判決になった。決定的な証拠がないといわれていたのに、男性三人の殺害について「証明が十分だ。被告以外にありえない」そうかなるほど、ほかに犯人はいない。死んだ被害者は自殺するわけがない、というわけである。

     検察は「被告はぜいたくな生活を続けるため男性から金をだまし取り、発覚しそうになると関係を断ち切るために3人を殺害した」と主張し、死刑を求刑し、さいたま地方裁判所の大熊一之裁判長は、男性3人の殺害について「証明が十分だ」として木嶋被告の犯行と認めたほか、詐欺などを含め起訴された10件すべてについていずれも木嶋被告の犯行と認定。木嶋被告は一貫して無罪を主張した。

     東京で53歳の会社員の男性が死亡した事件については「被告は練炭を入手したうえで事件の直前に被害者に会っていた。男性が自殺したという弁護側の主張は信用できず、男性を殺害したのは被告以外にありえない」千葉で80歳の男性が死亡した事件については「男性の遺体からは被告が処方されていた睡眠薬と同じ成分が大量に検出されている。被告はこの男性とも事件の直前に会っており、殺人罪が成立する」と述べました。

     そのうえで、木嶋被告に「極めて重大で非情な殺人を3度も繰り返していて、3人もの尊い命を奪った結果は深刻だ。計画的で冷酷な犯行で酌量の余地はない」つまり、結論は死刑。

     裁判員に当たった人は、「私が死刑を宣告した」と思うと、心中は穏やかではいられない。法務大臣も、処刑のGOサインを出すのも、えらく重い。しかし、法務大臣は死刑は法律に基づいて、決定したのだから、逃げちゃいけない。法律が変わらない限り、死刑は死刑にするしかない。

     私は裁判員になりたい、と思っていたが、裁判員になって真剣に考えるとなると、夜も眠れなだろうと思う。被告と裁判員は、患者と医師の関係だろうと思っていたが、医師より患者の近親者に近い心境になるかもしれない。第三者の気持ち、被害者の気持ちになれば、報復の気持ちで断を下せるかもしれないが、そうはいかないだろう。法律に基づき、原告の立場も配慮するし、被害者の立場も斟酌しなければ、公平な裁判にならない。

     裁判員になれば、時間は拘束されるし、ほかの人に「裁判員に選ばれた」といえないし、罪状について思っていることが外部に語れない。裁判官のようにずーっと生活保障されるわけではない。それでいて、裁判官と同じ枷がかかるのだから、不公平だ。 

    女が男から物をプレゼントをもらう、巻き上げるに近い付き合い方をする・・・、この風潮は裁判されたことになるのか?男と女の間の無法地帯にメスを入れるチャンスにしたほうがいい。

    女の本音裁く 木嶋佳苗裁判 香山リカ  木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響02 魔性の婚カツ女 週刊朝日から

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (2)

    大飯原発再開 支配層への不信感

    201204111250261l  大飯原発再開に支配層への不信感が盛り上がっている。そこへ付け込む 大阪府・市の統合本部は10全11基の原子力発電所を「可及的速やかに廃止する」など、同社定款の変更を求める8議案を決定した。
    20120411k0000m010098000p_size5 橋下徹市長は、関電株主の神戸、京都両市との共同提案を目指すが、可決には出席議決権の3分の2以上の賛成が必要で、ハードルは高い。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック

    次の選挙をにらんで、着々と争点を明らかにして、国民の関心をひきつけている。その作戦の一環であるのは、わかる。それにしても、作戦がうまいから、多くの人は引き付けられる。私も、その一人であるが、原発再開にあせる政府、電力会社対大阪、神戸、京都市が、反原発勢力をバックにして戦いを挑もうとしている。

     原発問題を政局にしてしまうのは、混乱に陥れるだけだと思うが、この原発を安全に運営できれば、電力問題解決につながるが、東電、関西電力のいいなりになって、彼らの思うがままに、天下りだったり、安全神話を信じ込まされたり、いい加減で不透明な経営をしているのが、許せない。それが、ネックになっているのである。

     原子力が、安全であれば、私は、核エネルギーを利用するべきだと思う。しかし、その管理する側、彼らのやることなすことが、信用ならない。気の毒に、日本の知識階級と支配層が、信頼されていないという日本国民はまことに不幸・・・、と他人事のようにいっているが、どうすればいいのだろう。

    あらゆるところに不信感が、あふれている。この点を、大阪維新の会はついている。だから、共感を得ているのだ。

    たとえば、自民党のトップと野田総理の消費税法案で遣り合っても、お互いに責任のなすりあいで、それが成立しても、社会保障が安心できるわけでもないし、現に毎日自殺者は絶えない。
    Ws000000  テレビみていても、電車に飛び込み自殺、人身事故を報道している。鉄道より服毒、飛び降りのほうが多いだろう。交通事故が1万人の死者に対して、自殺はその三倍だ。実際死ぬ人の10倍の未遂者がいる。こんな社会を放置していいのだろうか。

    Photo 消費税を増税するなら、食品や必要不可欠な生活用品には、安い税率にする国が多いなか、日本は税率を変えない。なぜか、それを新聞はコレコレの理由ですと説明して終わりにしている。ぜんぜん低所得者の味方ではない。冷たい。

    別途、低所得者には現金を配るから・・・、そうしたほうが、食品の税率を下げるより、国に入る消費税が多くなるという。まったく、国の都合オンリーで押し付ける。そんな考え方でいいのか?

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月12日 (木)

    みすゞ 弟が詩の理解者だった評価A''

    004 金子みすゞの生涯である「みすゞ」というDVD映画を見た。金子みすゞの生涯を現地で製作された映画である。金子みすゞを演じたのは、あぐりの主人公田中美里である。映画では説明ないが、養子に行った弟がみすゞの詩の理解者で、詩を保存していた。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック

    021_2018  みすゞの本名=金子テルの家庭は複雑な事情があるから、説明なしにこのストーリー展開がさっぱりわからないところがある。みすゞの母の妹(叔母)が、大手本屋さんチェーン上山文英堂書店、社長の奥さんであった。が、子供がいないので、みすゞの弟が生まれてすぐに養子にもらわれる。その前に、みすゞ3歳のとき、父が、中国で突然死してしまう。その後、(映画の最初のシーンであるが)みすゞの家で療養していた上山文英堂書店の社長の奥さん(母の妹)が死ぬ。しばらくして、みすゞの未亡人である母が後妻にいく。二つの家庭が一つになる、ということである。

    027 ストーリー展開の合間に、詩が音声なしで画面上に書かれてくるが、みにくいし、読み終わる前に場面転換したりで、ちょっと不親切。詩には音読が必要でしょう。映像は、大正末期から昭和初頭の雰囲気、みすゞの家など、雰囲気がよく出ている。こういう伝記ものは、事実に束縛されるから、うそは描けないので、エンターテイメントが少なくなるようだ。

    016 金子 みすゞ(=本名 金子テル、1903年(明治36年)4月11日 - 1930年(昭和5年)3月10日)は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した童謡詩人。26歳の若さでこの世を去るまでに512編もの詩を綴った。
     デビューは、1923年(大正12年)9月、20歳で『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4誌に一斉に詩が掲載された。当代一の西條八十から「(みすゞは)若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された。
     山口県大津郡仙崎村(長門市仙崎)出身。現・山口県立大津緑洋高等学校卒業。父・庄之助は、妻(みすゞの母)の妹の嫁ぎ先である上山文英堂書店・清国営口支店長。みすゞが3歳のとき1906年(明治39年)2月10日、清国で不慮の死をとげる。(他殺説もあったが、急性脳溢血説が有力。読売新聞平成18年4月20日)

    0015034   上山文英堂の一人息子、上山雅輔(本名:上山正祐)は、みすゞの実弟であるが、ぼっちゃんと呼ばれ、大切に育てられていた。幼くして母の妹の嫁ぎ先である上山家に養子になった。叔母の死後、上山松蔵とみすゞの母が再婚した。兄も結婚したので、それに伴って、みすゞも下関に移り住む。同時に、みすゞと雅輔は実の姉弟でありつつ、義理の姉弟の関係となる。複雑な関係である。

     みすゞは、1926年(大正15年)、上山文英堂の番頭格の男性・宮本啓喜と結婚し、娘を1人もうける。しかし、夫は弟正祐との不仲から、次第に叔父=社長に冷遇され、女性問題を原因に上山文英堂を追われる。自暴自棄になった夫は放蕩が収まらず、後ろめたさからか、みすゞに詩の投稿、詩人仲間との文通を禁じた。

     弟は兄弟がいないから、姉をいとこと思い込んでいたようで、家に来てくれてからは、ずーっと憧れの存在に思っているようで、好きな気持ちから離れられないようだ。
    番頭の宮本との結婚にも反対していた。そのころは、親(社長)の決めた結婚を反対できず、結婚してしまった。

    043 piano を引きながら、みすゞのそばで作曲「初恋」しているシーンは、恋愛気分である。尊敬のまなざしでみすゞの詩作センスにも理解している。詩作を禁じられてからは、作った詩をノートに整理して、弟に預けたのも当然のなりゆきかもしれない。

     さらにみすゞに淋病を感染させるなどした事から1930年(昭和5年)2月に正式な離婚が決まった。みすゞは、せめて娘を手元で育てたいと要求し、夫も一度は受け入れたが、すぐに考えを翻し、娘の親権を強硬に要求。
     夫への抵抗から同年3月10日、みすゞは、娘を自分の母に託すことを懇願する遺書を遺し、服毒(カルモチン)自殺、26年の短い生涯を閉じた。自殺に至る過程は、さらりと表現し、極力ドロドロは避けているのが、まあ詩人らしいというべきか。

     「カルモチン」は、致死性は低いが、大量服用すると急性中毒を引き起こし、死に至る場合がある。これによって、芥川龍之介は1927年に自殺した。作家・太宰治も「カルモチン」で何度も心中未遂をしている。漫画家・つげ義春は1962年に「(同系の)ブロバリン」を用いたが、知人に見つかり未遂に終わっている。また、阿部定事件でも死んだ石田吉蔵が服用している。

    精神科では、どうしても眠れない患者に対して不眠時頓服薬が処方されることがけっこう多い。みすゞは、処方されたカルモチンの錠剤をカンの中にためていた。カルモチンはまだ現役なのである。

     みすゞの生誕100年目にあたる2003年4月11日には生家跡に金子みすゞ記念館が開館。みすゞが少女期を過ごした家を復元すると共に、直筆の詩作のメモなどが展示されている。

    安住紳一郎と米倉涼子 金子みすず巡り:
    金子みすず 亭主に禁じられた詩作:
    金子みすヾの詩 2006.06.20

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック
     

    | | コメント (1)

    2012年4月11日 (水)

    NHK「開拓者」満島ひかり 満州引上げ悲劇

    Ws000006満州開拓の悲劇をなぞって描かれるストーリー、周知の事実であるが、何度聞いてもこの悲劇の責任を誰もとっていないことに、腹を立てている。誰が推進したか、あいまいであるが、当時の高級官僚は責任を避けている。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック
     

     法律を作ったり、執行するレベルの上級公務員、軍人は責任を逃げた例がいくつかあるが、上手である。その代わり、責任を「一億総ざんげ」と称して、国民に押し付ける。大本営に属する幹部は、お互いに守りあい、責任が及ばないように守る。うそ突き通して、地位を守る。

       たとえば、海軍乙事件も、そうだ。福留繁参謀長以下の司令部要員が捕虜になる。一兵卒には「虜囚となって辱めを受けるな」と教えているが、幹部の軍人は捕虜になって一向に恥じない。
     機密資料を敵方に渡ってしまい、海軍の挽回作戦を米軍の待ち伏せ攻撃で大敗北した一件も、福留繁の情報流出が原因であることは、米国文書公開で判明した。しかし、その前に処分落着して、お咎めなしとなって、ノウノウと生き延びた。この福留繁参謀長のウソで多くの兵士の命が失われた。


     同じく、今も原子力発電の事故の責任があいまいのままである。誰も罰
    せられることなく終わるとしたら、日本の指導者は×××と言わざるを得ない。この原発事故は、高級官僚の新旧数人は死刑になっても当然の事故である。満州開拓団を派遣した責任者は、誰だ?当然責任を引き受けるべきだ

    014 NHK「開拓者」は、戦前、旧満州(中国東北地方) へわたり、過酷な逃避行と避難生活を体験した末に帰国、戦後の日本で、新たな農地の開拓にたくましく挑んだ人々の物語。新しい素材も加えて再編集した48分版、全6回のシリーズ。

     私の小学生時代、まわりには、満州もそうだが、樺太からの引き上げの子が大勢いた。中国、朝鮮から引き上げてくる子も多く、田舎の小学校には、昭和22年、23年ころ、次々にクラスに編入してくる子がいた。都会からの空襲疎開の子もいたから、教室はいつも満杯状態だった。

     終戦後、ソ連軍が樺太へ侵攻してきて、王子製紙の樺太工場にいた人は、命からがら引き揚げて、一年遅れで編入して来ていた。父親はみな守備隊に徴発されていたから、小学一年生の男子にもピストルを持たせ、留守家族を守る責任を持たせていたという。ドラマにもあった。夜になると、ソ連兵は、女を求めて、日本人家庭を訪問してくるから、息を潜め女は屋根裏や地下に隠れていたという。

     満州も、ソ満国境に近いところは、国境を守る関東軍が抜けたあとを開拓民から兵役経験なくても、銃を持たせて防衛に当たらされた。8月9日に日ソ中立条約を破って侵攻してからは、一日にして多くの民間人が根こそぎ召集をかけられた。

     義父は、満州の公務員養成の大同学院から満州の役人(馬政局)
    になって30代半ばまでは順調にきていた。それが、ソ連軍の侵攻とともに、満州は崩壊して、一軍人になって数日して「名誉ある降伏」というスローガンで、抵抗運動もせず、ソ連軍に武装解除された。ソ連軍はウソばかっかりで、日本人をだましてシベリア抑留し、日本人は真正直にソ連軍の方針に従った。満州建国大学 最後の同窓会:
     

     日本人は武装解除されたのち、捕虜の意識がないまま、集まったところ、「日本へ輸送する」というソ連軍の言葉を信じて、港へ行く列車に乗った。ところが、南下するはずの列車が北上するので、日本人が騒ぎだした。その列車が停車したさいに、逃走した人が出た。軍用犬の追いかけにつかまり、みんなの前で銃殺された。これを見て、脱走はあきらめた。

     そのまま、シベリア抑留地へ運ばれた。夏服のまま連行されたから、秋口になると、耐え難い寒さが襲ってきた。すぐ帰されると思っていたが、そのうち・・・赤化思想教育を日本人が率先して行うようになった。義父は満州の役人という国家の手先であったとみなされ、ほかの一般収容者より、監視が厳しくなり、帰国も遅れた。


    011  この満州引き上げの悲劇は、現地人の襲撃もあるし、ソ連兵の暴行陵辱もあるが、日本政府の責任もある。
     終戦降伏したのち、日本政府は故意に現地日本人には「引き上げを急ぐな」と放送通達させた。その間に、上層部の引き上げを先行させた。それは、「青春の門」の五木寛之は書いている。
     一般日本人には安心、油断させておいて、軍人や役人の家族は家財道具を列車に満載して引き上げて行った・・・。残った多くの一般人が悲劇を味わった。
    優先的に列車に乗せてもらう話は、「赤い夕日」(なかにしれい)に書かれている。赤い月 なかにし礼 母の満州体験

     NHK「開拓者」のストーリーは、みんな知っている中身であるが、何度見ても、腹が立つ。直接の加害者は、暴徒化した現地民であったとしても、彼らには日本人を怒るだけの理由がある。

    000 001  日本人開拓民が、土地を格安、ほとんどタダのように満州の土地を得られたのは、満鉄の調査部あたりが、現地人から土地を買い進め、つまり国家規模の地上げをして、そこへ日本人を入植した。また、独身青年を内地で教育して、僻地を中心に屯田兵として殖民する。ソ連の侵略の防波堤であった。今ならわかるが、現地の人々は「匪賊」と化して土地を奪われたうらみで日本人を襲撃していたのだろう。

     満州入植者は不安も多かったが、関東軍の精鋭が50万人いるという安心感で耕作が続けられた。満州には関東軍がいるという信頼があった。
     満州は「五族共栄」の国で、ソ連、中国、朝鮮、満州族、日本人が共栄できる土地であると信じていた。ところが、その開拓地が現地人から強制的に取り上げ地上げの場所だったら、恨みは大きい。知らずに日本人が貧困から解放されたと思ってセッセと耕していても、満州はもろい環境であったのは、入植者はしらなかった。

    003  ソ連が侵攻してきて、バランスが崩れた途端、現地人が牙をむいてきたのだった。日本人だけの幸せは、一瞬にして崩れた。そのときには、後ろ盾になるはずの関東軍は、南方の戦況は悪化に伴い、すっかり精鋭はいなかった。残っていたのは、現地召集の弱卒ばかりであった。武器もほとんど太平洋の激戦地へ持っていってしまい、強力な武器を持つソ連軍にかなうはずはなかった。ソ連軍は、日本軍に抵抗されることもなく、一気に南下してきた。

     開拓民は、引き上げを即日決定して、ハルピン新京へ向かった。日本人が多い、土地へ向かったが、列車でいけば、一日、二日程度の距離を歩いていくとなると、一週間も二週間もかかる。それに橋は関東軍が逃げる際、破壊している。昼は現地暴徒が襲撃してくるという悪条件があり、夜しか逃避行はできなかった。病人もいれば、妊婦、子供、乳児もいる。食べ物の絶対量が不足している。追い詰められた人たちの集団自決も多い。

     現地民は即製の食料を売る。彼らは日本人の足元を見透かして、お饅頭が一個が今で言えば数千円とか、べらぼうに高いものになる。子供は腹をすかせるから、買わざるをえない。それにいちいち怒っている暇はない。

     この段階で、失望して、自殺図る人がでている。加藤登紀子の母は、たくましく、失望はしなかったと言っている。加藤登紀子 遠い祖国: nozawa22 親しい満人や中国人に慕われた人は援助してもらっている。ちばてつや満州体験語る ちい散歩

     逃避行のさなかに、日本軍のトラックなどが通る。それらのトラックを必死の思い出止めて、救助を頼むが、剣もほろろに、貴様らを援助に来ているのではない。軍務がある、離れろ、トラックに手をかけているのを蹴飛ばして落とす。

    006 軍人少尉であったと思うが、「女子挺身隊の人がトラックに手をかけて、乗せてほしいと数人がしがみついていた。それを一人落ち、二人おちて行くのを見て、本当にもうそのときは胸が張り裂けそうだった」と述懐していた。これは、個人の意思が組織の意思を超えているから、どうしようもできない。

     この組織の意思に逆らって、旅券にサインし続けて、外務省を首になった杉原 千畝という人がいた。そこまでやるには、自分の命をかけるか、日本の安全を犯すことになるかもしれない。職権乱用で、帰国後、外務省から免職になって、長く不名誉な扱いを受けていた。が、今は名誉回復したはずだ。

    007  もう一人の軍人(通信兵)は、
    「日本人居留民を守ることは教わっていなかった。訓練もしたことがない。そういうことを言われたこともなかった。考えたこともなかった。はっきり言って、ひどいもんですよ」と、まるで責任はないような気持ちである。
     命令がなければ、見殺しにしても、無罪だろうか。集団の中でいると、個人の責任はないのだろうか。

    赤塚不二夫の引揚げは葫蘆ころ島: nozawa22 
    戦争とは、こんなもの 70年前の写真: nozawa22 
    ちばてつや満州体験語る ちい散歩 2008.08.13
    満州引き上げは 負の世界遺産 2008.04.22
    樺太の真岡電話局 最後の放送
    戦後満州引き揚げ 故郷への道 
    反省すべきは反省し、改めるべきは改め・  
    牡丹江へ突入した避難列車の悲劇  
    社会保険庁の愚、旧日本軍の愚
    Mukidasi_top

    満島ひかり、「おひさま」(2011年4月4日 - 10月1日、NHK) - 筒井(須藤)育子 役ではじめて知ったが、ユニークな体当たり女優らしい。Shoujyo少女 (奥田英二作品)一見にしかず。 
    http://youtu.be/2n1_1iOmJss ★
    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック
     

    | | コメント (3)

    2012年4月10日 (火)

    オイルショックと福祉元年 同じ年

    Ws000005 1970年代、田中角栄は、“福祉元年”と大きく打ち上げ、年寄りを安心してWs000007_2一生終えることができる日本をつくろうとした。すばらしい国、美しい国、上げ潮の時代であった。あのときは、まさに右肩上がりで、やる政策がズバズバ当たった。先生の給与も二倍になったはずだ。NHKアーカイブス「歴史にみる社会保障制度

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

     それを田中角栄が胸を張ったとたん、その秋にオイルショックで、ビニール製品がタダみたいに安かったものが、二倍、三倍に上がってしまった。某ガソリン元売が、仕入れておけばすぐ二割三割上がるから、「千載の一遇」という儲けるチャンスであると、スタンド経営者にFAX流したのを新聞記者がキャッチして、大きな問題になった。

     オイルショックと福祉元年、つまり、福祉という幸せプラスの夢を描いたら、 オイルショックというブレーキがかかってしまった。アクセルとブレーキが同時にかかったら、どうなる?70年代からは、わけのかからない時代に入ったのだと考えると、時代を理解できる。

     このときに、トイレットペーパーが品薄で、スーパーに朝入荷するとすぐ売りきれになる状態が数週間続いた。トイレにティッシュペーパーで代用すると、トイレが詰まるから使うな・・・、ならどうするか、大問題であった。トイレットペーパーで行列したのは、あのときのみだ。「トイレットペーパー」を手に入れたことが、団地の階段下で話題になっていた。

    023  これで、物価が上がり、大阪万博の成功裏に終わった後の反動ではないだろうが、これからもっと右肩上がりを期待したときだっただけに、そ024 のショックは大きく、バブル経済の破綻である。出生率が2を切って1.9となって、大騒ぎ。それが今、1.2くらいであるから、2を切ったことで、ずっと上であったが、時代の変わり目であった。ベビーブームの昭和20年代は、4.5だった。あのビートたけしの時代などは、1クラス60人!だよ。

     大平内閣で、このままでは日本の経済運営がうまくいかないと考え、消費税を導入の責任者は、それを選挙で説明して落選した、を覚えている。山中某(鹿児島選出)。増税を喜ぶ有権者はいない。これをいかに説得するかだ。

    Ws000013Ws000014 35年で働き手が半分になり、年金もらう老人が倍になった図 
    日本社会が、大家族で家長の指示で互助の精神で、介護も出産もカバーしてきた伝統で、会社へはひとりで働きが、専業主婦、子供二人の標準世帯を成り立たせ、それが国の福祉政策の基準であった。

     ところが、経済状態が、ジリ貧になると、家内労働の担い手が、外に働きに出ないと、成り立たない状況に変化してきたが、それを無視して従来型を守ろうとする役人が根本的な改革を嫌がっていて、部分的な改革で、乗り切ろうとして、消費税導入を成功したので、それで前面改革をしないですんだ・・・、しばらく命をつないだ。

    80年代、今から30年前からこの矛盾を指摘されている。(金子勝慶応大教授の話)
    Ws000017①標準世帯家族が変わる
    ②雇用、経済成長のあり方が変化
    ③人口構成が変わっている

    今までの社会は、夫サラリーマン、妻専業主婦、子供二人のモデルが永遠に続くような幻想は成り立たない。それを根本から問うことを誰もしていない。この日本型福祉社会は、大家族でいけば、福祉にあまりお金をかけなくて済む。その意識が、現状とズレていることを無視したまま、議論は新しいビジョンなしに進んできた。

    Ws000017_2 過去の議論から学ばないで、新しい仕組みを作らないで、「増税しますか」それとも「歳出を削りますか」の二者択一で国民にせまっている。これが、慶応大学の金子勝先生の発言である。

    022 80年代のテレビ討論で、国民から意見を聞くと、「ビジョンを示してくれたら、税金を払いたくないのではない」と言う意見が主流であった。その当時の橋本大蔵大臣は、真剣に意見を聞いていた。国民の意見は、繰り返し、繰り返し「不安を除去してくれるビジョンがほしい」と発言があった。

    団塊の働き手が引退して、年金を受け取る世代になったら、資金不足、積立金不足は、専門家には十分わかっていた。それを着手すると、消費税でカバーするしかないと知りながら、それに着手したら、選挙に負けるという恐れで、何もできないで今に至っている。

    本格的な計画を提示するなら、消費税にNoというわけではない、と70年代、80年代の発言者は言っている。それはアーカイブのフィルムで多くが語っている。それを同時の政権与党の自民党は受け止めてこなかった。逃げて回るから、年金の永続化になんらの手を打てないできた。年金の問題は、貧乏人の問題であって、金持ちには、関係ない。すべては、月収20万を図るか、老齢者保育園を保障するしかない。

    村山内閣:足りない分の穴埋めの消費税増税
    橋本内閣:既存制度で、歳出削減する
    小渕・森内閣:古い制度でバラマキ公共事業
    政権自民党は、根本的な改革に着手しないで、右往左往していた。基本原則が「国民所得に占める社会保障費、税金の割合」国民負担率という言葉のみである。
    022_2  「何に使うか」「誰がどう負担するか」「どのくらい返ってくるか」それを抜きにして「負担と支出」についてばかりいう。「国民負担率」ばかりに固執して、なんら制度は変わらないでいた。これを「失われた10年」ということだ。
     国民は「返ってこない税金が大きい」と言う重税感を持っている。

     私は、バブルの時代、政府は毎年一割以上貯金をして、それを複利でまわして15年以上続くと、そのうちに、税金徴収しなくても国税を徴収しないで済む国ができる、と主張した。
     それは夢かもしれないが、予算から使わない金を集めて、貯めておく思想が一度も出てこなかったのは、どういうことだろう。杉並区長から新党をつくろうとした人のグループがその考えを取り入れていたが、あのグループ、大失敗で誰も当選しなかった。

    議論している人は、金子勝、宮本太郎、司会は桜井

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月 9日 (月)

    13歳のキミへ 中学生の指針に最適

    13歳のキミへ 中学生生活に自信がつくヒント35
    20120213_2240453 01 著者:高濱正伸(花まる学習会)、「情熱大陸」を見ていないから、著者を覚えていないが、いい話が多く書かれている。(実務教育出版)
     本屋で手にとって数頁立ち読みした。書きなれた文章で、これなら、中学生でも読める。こんど中学生になる孫に読ませようと思って、一冊買った。1200円、ゲームソフトなら、中学生が自分で買うが、本となると、買わないかも。親が子供に対する心得として読み、中学生に接するといいかな、と思う。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    22歳になったときを想定して、叱咤している。職業に、異性関係において、自分の生き方に、前向きに自信を持って生き方のヒントを与えている。これが、大人に話すように、13歳に向かっている姿勢が好感もてる。

    第一章 人に強くなる 赤字は私のお勧め文章
    1301_3
    合わない、と言わない
    2親をいたわれ
    異性を学べ
    4ふられてもだいじょうぶ
    5気づかう側に立つ
    6おいしかったら「おいしい」と言おう
    7目の前の人がほほえむように

    第二章 自分を磨く
    1302
    きついほうを取れ
    9部活はいいぞ
    10
    大好きを極めよ
    11友人は大切に
    12論より行動
    13大笑いしよう
    14何に傷ついたか考える
    15
    すてきな大人を探せ
    16いい芸術に触れよう
    17感じて泣ける日々を

    第三章 立ち向かう
    18
    もめごとはこやし、コンプレックスは宝物
    19悪い人ばかりではない
    20あきらめなければ負けない
    21「キライ」といってラクをする
    22
    欠席連絡は自分でしよう

    第四章 学ぶ
    23定期テストは人生の分岐点
    24わからないままにしない
    25言いたいことをつかむ
    26「できる」より「わかる」が大事
    27聞くことが大事
    28本

    第五章 律する
    29肉体を鍛えろ
    30親よりあとに死ぬことが大事
    31日記を書こう
    32あいさつが道をひらく
    33見つけた人が拾う
    34
    言葉に厳しく
    35自分で決める

     まあ、これを全部実行できたら素晴らしいが、二勝五敗でも、三勝七敗でもいいじゃないか。一つでも拾いものがあったら、オンの字だと思えばOK。という姿勢で気楽に、気楽に。「下手な鉄砲、数打ちゃあたる」そういう生き方で、何冊か買えば、ね。

     私なぞ、異性を学べ読んだとき、あれ、今だに女が分からないと思って、女性の言葉を理屈や回答を考えてしゃべっていた。女は解決を求めてしゃべっているわけではない、とこの著者高浜さん、上手に書いている。

     バーチャルではなく、生身の人間とつきあう切磋琢磨を勧めているのが、一貫してある。いじめの克服を書いているところでも、「頭でっかち」を小学五年で、クラス全体で大合唱をされる毎日であったが、自殺したいような気分を味わっていたのを生徒会副会長に立候補したとき、挨拶で「このデッカイ頭は、たくさんの脳が詰まっている」と、劣等感を逆手にとって、みんなの笑いを取ってしまったら、それ以後、いじめは治まったと書いている。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (2)

    2012年4月 8日 (日)

    上野公園のさくら 満開平成24年4月7日

    876上野公園のさくら 満開 平成24年4月7日
    毎年というほど、上野の桜が満開のときに、日本の動向調査に上野公園へ来ている。これは、8月15日に靖国神社へ来る恒例行事と二大イベントにしている。これによって、ほぼ日本人の動きがわかる。
    デジカメさんの秩父ツアーでは、まだ一週間先が満開らしいが、ここ上野公園では、満開、満開、花も人もいっぱいでした。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック
     

    893昨年は、ちょうど都知事選挙の最中で、渡辺美樹ワタミの社長が街頭演説をして、公園に入ってきて京成駅の横、階段の途中で、握手をしてもらった。ああ、あのときは、寒かったのか、渡辺美樹さんの手が冷たかった。都知事候補渡辺美樹 手はヒンヤリ: nozawa22

    今年は、日本人とまがう中国人、韓国人が多い印象がある。バングラディシュ人とか、イラン人など、日本語でない会話が飛び交っている。増えた。元気のいい人三割以上は外国人だ。ロンドン並みだ。日本人が減ったかもしれない。

    日本人は、親孝行のように、車イスの親を介護がてら、連れてきている人をみかけた。昨年は東日本大震災の直後であったから、自粛ムードで、ことしは不景気の影響か、人出は多いが盛り上がりに欠ける。今年も、ボンボリも少なく、明かりをつけて、威勢良くやろうという気配はない。

    5927939人出は多いが、グループから離れると、孤立してしまう。誰も関心がないから、野垂れて倒れても・・・放置される。昼だったから、まだ、酔い潰れている人はすくないかったが、救急車が来ても、通行人は、あまり立ち止まらない。「またか」という程度である。

    921花見のシートを敷く場所は、早朝から場所取りを出せるグループはいい場所に座れるが、昼過ぎて場所をとるには、平な場所はむりだ。あちこち探して流浪した歩くグループを見かけた。気のどくに、サクラが見えないような辺鄙な場所しかなくて、幹事がつるし上げのようなグループもある。カラオケを持ち込んで、ディスクジョッキー風に盛り上げる、ハイレベルのグループもある。そういうとこへは、ギャラリーも集まる。

    954こんな日に、デートに来ても落ち着かない。歩いて疲れるだけ。サクラなら、どこでも見られる。やっぱり、東京で上野で〝花見”というのは、この人いきれ、それが感じられないと、意味がないのかも。ゴミゴミした人人人・・・、コレでしょ。花見でもあるが、人見でもある。人がいて、それを見る自分・・・、参加している、「参加する」ことに意義がある、オリンピック精神である。

    040034すいていて、落ち着ける穴場は、西洋美術館の庭、ここなら桜もそこそこ見えるし、ベンチも完備、カレーの市民、考える人、地獄門など、美術品が庭に展示してある。入場券買わないでも、喫茶店は入れる。特別催事は別料金だが、常設展は400円程度である。

    049西洋美術館出ると、駅に向かう人の後姿に、人いきれから抜けたホッとした静けさがある。京成上野から乗れば、始発で特急でも座れるメリットがある。 自粛という美名の残酷

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック
     

    | | コメント (1)

    2012年4月 7日 (土)

    99%の富を1%の人、組織が握る

    “99%の富を1%の人が握る”と、「ウオール街を占拠せよ」“Occupy Wall St.” なんてプラカードに書いて、デモして、アメリカの兜町、ウオール街がデモ隊でいっぱいだった。日本人は権力に逆らうのが苦手のようだが、もうじき限界に来る気がする。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック
     

    金持ちから税をとらないで、取りやすい庶民の懐ばかり狙っている政府もふがいない。銀行と宗教団体、医療団体=金持ちからもっと税をとりましょう!そして高級公務員減らし、議員俸給を減額すれば、相当公平感が出る。そうしたら、消費増税もなっとくする。昔から言う「出を制し、入るを図る」と。政府予算の見直し、新規高速道路建設、ダム造成、原発もんじゅへの予算、無駄だ。

    宗教団体の収入は、しっかり見ていきましょう。Photo 今から8年前(平成16年)2004年、雑誌「ダイヤモンド」に、「創価学会の経済力」という特集があった。その当時で、10兆円の財産を持っていると書かれている。その当時は、それなりの衝撃があったらしいが、そのうち、波紋も収まった。それにしても、謎だらけのこの学会に挑んだ記事が少ない。 創価学会が動かす奇怪な巨額マネー この謎に挑むメディアが少ない、というのはまことにおかしい。

    Photo_2   創価学会総資産は10兆円。八年経って、減った?そんなことはありえないでしょう。それ以前に、創価学会にまつわるカネの話題は、もう多くの人の耳目を集めたニュース!
    ①たとえば、1989年六月、横浜市内のゴミ処理場で現金1億7500万円の入った金庫が発見された時は、三日後に、池田大作の〝金庫番”N西H雄が名乗り出た。この担当者は、その後、懲戒免職になっている。
    ②また、1991年に発覚した「ルノアール疑惑」 は三菱商事が間に入って差額が14億7500万円も生じ、その行方が注目されたが、真相は明らかになっていない。
    ③同じく1991年には、東京 国税局が墓苑事業の税務調査に入り、29億5000万円の所得の申告漏れが明らかにな ったが、これもウヤムヤのまま。

    Photo_3 これらを踏まえて、質問した勇気ある議員がいる。
     1995年十一月七日、熊代昭彦自民党代議士(旧岡山県第1区定数5最下位当選、4回当選)は、当時、ほかの議員が公明党と敵対すると選挙で不利になるから、触らない問題、創価学会の資産や税金問題を追求した。
    「最大の宗教団体である創価学会さんは 10兆円の資産と毎年2000億円~3000億円の特別財務、それがすべて無税扱いである。そして、それを元手にする収益事業が実質20%弱の軽減税率‥‥」と、その矛盾と不気味さを指摘した。
     
    Kumashiroc 熊代 昭彦(くましろ あきひこ、1940年2月21日 ‐ )は、日本の政治家、元厚生官僚。衆議院議員(4期)、内閣府副大臣、内閣総理大臣補佐官を務めた。岡山県岡山市の農家に生まれる。岡山県立岡山操山高等学校、東京大学法学部卒業。1963年、厚生省(現厚生労働省)に入省。年金局資金課長、大臣官房総務審議官、援護局長等を務める。
     熊代昭彦代議士のその後を追跡するのが、本欄の主旨ではないが、その後、小泉内閣の郵政法案に反対して対立候補を立てられ、落選。その後国民新党でも、落選。岡山市長選挙に立候補したが落選、熊代前代議士は踏み絵は踏まぬと自民党を離党し、来年夏の参議院岡山選挙区出馬へ計画をした。配下にあたる前岡山市長という刺客を立てられて、出馬辞退に追い込まれた。このあたりの経緯は、魑魅魍魎の世界である。市議会選挙では、トップ当選し現在市議会議員である。選挙では、公明党に目の敵にされたのは想像に難くない。
    http://seimei.blog16.fc2.com/blog-entry-116.html
    http://youtu.be/75ELCCsydTI 熊代選挙ビデオ
    http://kumamusume.blog76.fc2.com/blog-entry-13.html
    http://kumamusume.blog76.fc2.com/blog-entry-14.html

    31780 ●巨額マネーの行方
     集められた「巨額マネー」はどう運用されているのか?
     
     「四大銀行グループで預金総額1兆円超! 頭取もひれ伏す資金力」という見出しの章は、 正月仕事始めに、三菱信託銀行の社長がまず創価学会を訪れるという記事。監督官庁である金融庁より先に、学会に年賀 に行くのが習慣である。 学会は、四銀行のなかでも、圧倒的に東京三菱銀行との関係が深い。

    ●墓苑事業
      粗利益率が50%以上という墓苑事業にも さまざまなウラがあり、「やっかいな仕事も請け負う三井住友建設」と書かれている。

    Soka ● 「マスメディア支配」
     学会ウォッチャ ーの乙骨正生の次のコメントだけを紹介して おこう。
    「新聞の委託印刷だけでなく、広告の出稿、 紙面や番組の買い取りなどで少なく見積もっ ても数十億円をマスコミにつぎ込んでいる。その“威光の前に多くのメディアが文字どおり”カネ縛り?に遭っている」

    ●外務省には推定300人前後の学会員が働 いており、「大鳳会」という組織を持っていることは知る人ぞ知る事実。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月 6日 (金)

    紅いコウリャン '20年代生きる中国 評価A’

    「初恋の来た道」と同じ監督のデビュー作らしいが、大筋のストーリーとは別にしっかり細部を描いているので、楽しめる。「恋の来た道」では、文盲であるが料理で先生に一筋の18歳の少女であった。が、「紅いコウリャン(紅高梁)」では、造り酒屋の女主人。日本軍に虐げられ、殺される同胞をみて、立ちあがる・・・初恋のきた道 ディの可憐と中国風土

    Red Sorghum 紅高梁http://youtu.be/02D6sfEtckA

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    ストーリーあらすじ:
    003 1920年代末、18才になる娘、九児(鞏俐)は、親子ほど年が離れていてハンセン病を煩う造酒屋の李大頭のもとに嫁ぐことになった。嫁に行くシーンで、中国の山東省、神輿に担がれてその嫁入りの道中から始まる。赤土のほこりが舞う中を神輿がいく。

    語弊があるかもしれないが、粗野な男たち、この描写は中国人らしい。花嫁を神輿に乗せて、卑猥な歌で、自分たちの欲情を歌で表現するところなぞ、うーん、人間の本性を現していると思う。

    001 彼女の御輿は覆面の強盗に襲われる。そして強盗が九児をさらおうとした時、彼を殺し九児を助けたのは御輿かつぎの余占鰲(姜文)であった。当時の慣習で、結婚式の3日後に父親(銭明)に連れられ実家に戻る九児が、強盗に襲われたあのコーリャン畑に差しかかった時、彼女は再び強盗に襲われ、畑の奥深く連れ去られる。が今度の男は御輿かつぎの余だった。

    Ws000000 九児も淡い慕情を余に感じていたこともあり、二人はコーリャン畑で愛を交わした。九児が嫁ぎ先に戻ると、造り酒屋の李は行方不明になっており、やがて未亡人として彼女が酒屋を継ぐことになる。番頭の羅漢(勝汝駿)の協力を得て、商売も順調に繁栄していた。
    ある日、一帯に名の通った匪賊、秀三炮(計春華)の一団が酒造場を襲い、九児は誘拐される。身代金と引き換えに、彼女は無事戻ってくるが、その九児の姿に激026 怒した余は、秀の喉もとに包丁をつきつけ許しを乞わせる。
    しかし、彼が家に戻るや、九児が使用人たちとなごやかに酒をくみ交わしている姿に、余は腹立たしさを覚え、コーリャン酒の甕の中に放尿した。ところがその甕の酒が美酒に変化し、九児はこの酒を十八里紅と名付ける。その夜、番頭の羅漢は村から姿を消した。コーリャン畑で九児が身篭ももった息子豆官(劉継)も9才になった。

    039 やがてこの地にも日本軍がやってきて、畑をつぶして道路を建設するため村の人々を強制労働させる。日本軍は人々へのみせしめに、抗日運動家となった羅漢を吊るし、村の肉屋に彼の生皮を剥すよう命じる。

    日本人兵士を中国人がやっているから、言葉がヘンだし、そんな日本人はいないだろうと思う面もあるが、中国人が思う日本兵は、こんなものかも。人権も、クソもない。コーリャン畑を道路にするために大動員するシーンの時代考証が疑問。大陸縦貫道路を作る日本の方針は、’20年代ではなく、昭和19年だから’40年代の間違いではないか。

    048そして彼は恐怖 の色もみせず日本軍を罵倒する言葉を吐き、絶命した。その夜九児は男たちに十八里紅をふるまい、彼らは日本軍への抵抗を誓う。
     ところが彼らが待ち伏せている067 所に日本軍はなかなか現われず、九児は食事を持ってコーリャン畑へと向う。その時日本軍が現れ、彼女は撃ち殺され071 る。余と男たちは怒りの声をあげながら日本軍に襲いかかり爆薬を爆発させ、一面は血の海と化した。たった二人生き残った余と豆官は灼熱の太陽のもと、血に染まったコーリャン畑に立ちつくすのだった。

    059  中国の風土、国土に根ざしたいい映画だった。 スケールの大きさも歴史や民族の習慣など、圧倒する力が背景にあるから、感動する。

    まあ、その感想とは、直接結びつかないが、日本が悪者にされる映画は、中国人にはごく普通なのかもしれないが、日本人の私には、胸が痛む。曽祖父、祖父の時代になるが、日本は中国で一体なにやったの?という教育をやって、日本人反省しないから、国論が一向にまとまらない。これも、責任をあいまいにして平然としている電力会社、東電など、原発推進と同じ勢力だよ。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月 5日 (木)

    意味知らず『君が代』混迷 やむ得ない

    Photo 東京都知事石原慎太郎も、大阪市長橋下徹も、セレモニーには国歌斉唱の義務付けと国旗への敬意払うようにと必死になっている。しかし、歌わされる側には、「キミぃ、“君が代”の意味を知しっているか?」と聞かれ、説明はできない人が多い。人の立場で、それぞれ極めて我田引水の説明になる。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    「きっこのブログ」という、人気ブログがあるのだが、その中に「君が代」のホントの意味、「君が代訴訟で都が敗訴」(共同通信)2008年02月07日の記事に興味深い話があった。

    この「きっこのブログ」は、事情通の書いたものらしく、記事を流用することを禁じているので、コピペはできないが、趣旨だけ説明すると
    “都が敗訴”したのは、国旗、国歌斉唱という職務命令に服従しなかったので、嘱託に再雇用をしなかったと、元都立高校教職員13人が各約560万円の損害賠償を求めた訴訟で東京地裁は7日、(都の指示は)「命令違反を過大視し、再雇用拒否は社会的相当性を欠く」と判断。裁量を逸脱したとして、計2750万円の賠償を都に命じた。

    それに関連して、引用しているのが、『ご臨終メディア』(集英社新書)で作家の森巣博氏と映画監督の森達也氏の対談である。
     その中で、森巣氏が「私は多くのスパイに依頼して」と意味不明の前置きをして、「田園調布にある東京都知事石原邸を監視していると、祝祭日になっても、国旗が掲揚されていない」という。
    映画監督の森達也氏が、突っ込んだ。「いい話だね(笑い)東京都の旗はあったのでしょうね」
    森巣氏「東京都の旗もない。警備のおまわりさんがゾロゾロいるだけで、“祝祭日には日の丸掲げろ”と主張する当の本人は、そうしなくてもいいのだろうか。権力者たちというのは。昭和天皇誕生日すら日の丸がない。なんじゃ、ありゃ、と私のスパイは、ひどく失望しておりました」

     天皇を尊重し、国歌斉唱を強制している当の本人は「天皇誕生日」でさえ、国旗の掲揚してない。それでいながら、都立高校の教員には教育委員会通して強制指導強要、違反者には懲戒処分するなんて、その上、自分は日の丸を掲揚してない。
     これほどのニセ愛国者は前代未聞だろう。インチキ野郎だと思う今日この頃。

    まあ、ざっとこんなことを「きっこのブログ」では書いている。この「きっこのブログ」は、世間の一般人では、権力者に向かって、怖くていえないことを、ズバっという。「溜飲が下がる」とは、このことか、というほどのキレ味で書くから人気だろう。

    再雇用問題では、東大農学部出身の元校長が、まだ最高裁に上告して戦っているニュースを見たが、孤立したら、とても権力とは戦えないが、多くの仲間がいるようだった。

    「君が代」の詩の意味は、1番:
    君が代は ちよにやちよに さざれいしの 巌となりて 
    こけのむすまで うごきなく 常盤(ときは)かきはに かぎりもあらじ
    2番:
    君が代は 千尋(ちひろ)の底の さざれいしの 鵜のゐる磯と 
    あらはるゝまで かぎりなき みよの栄を ほぎたてまつる

    バジル・ホール・チェンバレンは、国歌を翻訳した。
     A thousand years of happy life be thine!
      Live on, my Lord, till what are pebbles now,
      By age united, to great rocks shall grow,
      Whose venerable sides the moss doth line.
    汝(なんじ)の治世が幸せな数千年であるように
    われらが主よ、治めつづけたまえ、
    今は小石であるものが
    時代を経て、
    あつまりて大いなる岩となり
    神さびたその側面に苔が生(は)える日まで

    我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」出典はしばしば『古今和歌集』(古今和歌集巻七賀歌巻頭歌、題しらず、読人しらず、国歌大観番号343番)とされるが、古今集のテキストに初句を「わが君は」とし、現在採用されている「君が代」との完全な一致は見られない。
     万葉集などでは「君が代」自体は「貴方(あるいは主君)の御寿命」から、長(いもの)にかかる言葉である。転じて「わが君の御代」となる。「我が君」の「君」とは天皇なのか、はたまた別の王朝なのか、どうか、としばしば問題にされる。
    『古今和歌集』収録の歌としてごく一般的な「君」の解釈を述べるならば「君は広くもちいる言葉であって、天皇をさすとは限らない」ということであり、それ以上はなにも断定できない。

     以上、一般に議論される内容には、私の考え以上に、解釈は混迷していて、「藪の中」である。有名人の解釈も、あいまいで、理解しているのかどうか、よくわからない。

    石原慎太郎 1999年(平成11年)には「日の丸は好きだけれど、君が代って歌は嫌いなんだ、個人的には。歌詞だってあれは一種の滅私奉公みたいな内容だ。新しい国歌を作ったらいいじゃないか」と答えている。
    ○肯定的意見
    事実上の国歌として歌われてきた明治以来の伝統を重視すべき
    政治的背景とは無関係に日本的な曲であって国歌に最もふさわしい
    国民は愛国心を持つべきであるから「君が代」を歌うことでその意識を高めなければならない
    君が代によって天皇陛下への忠誠心を涵養(かんよう)する

    菅直人 1999年(平成11年)には「厚生大臣を務めていたときは終戦の日の戦没者慰霊式や、日本青年会議所のセレモニーに招かれたときにも歌った。」と、歌うことについては肯定的な一方で、君が代そのものに対しては「もう少し明るい歌でもいい。歌詞も(解釈が)わかりにくい部分があり、1回議論してみるのは良いことだと思う」と述べた。
    ●否定的意見
    大日本帝国時代の国歌であり、歌詞は天皇崇拝の意味合いが強い(「君」は天皇を指すため)
    (「天皇の治世」という意味の国歌は)天皇が絶対的権力者だった大日本帝国憲法には相応と言えても主権在民の現憲法にはふさわしくない

    ●「君が代」は明治初期に作られた天皇賛美の歌である。その歌が学習指導要領に「指導するもの」として書き込まれ、教員には処分をもって「指導」が強制され、日本中の公立学校で児童や生徒たちが歌わされている。いずれ国民のほとんどが意味も知らぬままに歌い、歌わない国民は「非国民」というレッテルが張られることになるだろう。
      戦後、日本は憲法で「国民主権」が定められた。学校はその主権者たる国民を育てるところである。しかし学校現場で、子どもたちがその意味も知らないまま「君が代」を歌わされるというのは、「国民主権」と真っ向から反することではないだろうか。
     処分されている教職員の多くは、そうしたことに反対しているのである。日本社会の将来が心配である。

    2011年3月2日 朝日新聞朝刊「声-『君が代』意味知らず歌わされる」から引用

     一般人の危惧のほうが、当たっているのではないか。
     識者の解釈は、どうも「ためにする」議論が多く、その説を信じると、どこへ連れていかれるか、わかったものではない。そんな印象を受ける。

    ということは、この「君が代」斉唱で、「歌詞の意味がわからない」のは当然、混迷はやむをえない・・・でいくしかないのかも。解釈を統一とか、どちらかにはっきりしないでいきましょう。日本人の精神性にあっているかも。ヤケクソだ。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (1)

    2012年4月 3日 (火)

    あいまいさ 「和」は 日本の文化である

    Photo_3 西洋の思想、グローバルスタンダードにしないと、日本が負けてしまうと劣等感で焦っている面がたくさんある。たとえば、聖徳太子の「和を持って尊しとなす」「日の出る国から、日の没する国」と中国にプラドをもって対したあのころの自尊心が消えてしまったのは、なぜだろう?と常々思っている。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    この投書は、「あいまい=ファジー」を日本文化だといって、その利点を書いている。「イエス」「ノー」とはっきりしないと、先に進まないのは物、機械という科学の面であって、人の心には、わけることのできない中間があるのを知っているのは日本の文化である。

    「あいまいさ」は、相手を認めるシステムである。「イエス」と「ノー」しか認めないと、「キリスト教」文明しか認めないと、あるいは「イスラム教」しか認めないと、相手を消してしまわないと解決にならない。そうした場合、「和を持って尊し」となすなら、相手も認めることができ、世界の紛争の半分以上、99パーセントは解消できる。

    日本ほど、外国文明を吸収して消化してきた国もめずらしい。最近は消化不良で、よくわからないまま、ファッション、IT技術では、外国語をそのまま使う傾向があるが、あれも、一度日本語に直して国民的認知を深めてから使うようにしたい。

    昔、明治初期は、Book keepingの発音から「簿記」にしたような消化をしている。和を尊ぶ精神は、議論した場合は、相手といさかいを好まないから、相手をやり込める手段には弱い。ディベートを最上の手段とする西洋野郎の・・・武力背景にし、議論はむちゃくちゃの場合が多い。

     倭寇の暗躍する戦国時代前の日本は、食糧不足を大陸、李朝朝鮮半島から奪ってくる時代がかなり長く続いているから、「和」だとだけはいえないが、「和」の国日本が表看板である。その「和」と主張することで、平和を保つことが、島国ゆえに保つことが可能であった。
     もし、半島で大陸と陸続きであったら、韓国の歴史と同じになって、何度侵略の憂き目にあったか。たぶん、元の襲来で証明されるように、植民地化され、婦女子は強姦は当たり前、男は労働者にされ、学問、知識は与えられないまま、放置され、自立もプライドも蹂躙されていただろう。
     幸い、海に囲まれているから、元の船へ夜は帰って寝たから、きょうみたいな強風が吹いて、蒙古軍の船はことごとく沈んで、蒙古軍は全滅してしまった。元の植民地、朝鮮製の船であったから、朝鮮の工人のサボタージュで、船の出来がよくなかったのだと、研究者はいう。

    「あいまい=ファジー」日本文化というテーマがどこまで横道にそれるのだろう。「イエス」と「ノー」しか認めないと、西洋の思想、グローバルスタンダードを尊重しすぎると、自分と違うものを排除、絶滅する方向に行ってしまう。それは強者が繁栄するには都合がいいかもしれないが、弱者を認めない考え方である。

    弱者を甘くみてはいけない。弱者が世界の歴史を作り変え、文化を支えている。負けたけんかは長く覚えているが、勝った側は案外あっさり記憶からなくしている。それでも困らないから。臥薪嘗胆、薪の上で寝て、熊の肝臓をなめても、復讐を考えているものである。和という精神で、負け側も勝ち側も、一緒に、ともに生きていく、聖徳太子の精神は、人間が滅びない知恵が含まれているに違いない。

    「アメリカで給料をもらい、イギリスの邸宅に住み、中国人のコックを雇い、日本人を妻にする」のが、最もいい暮らしだと、どこかに書いてあった。そういいう、それぞれのよい部分をもつ文化を尊重してこそ、世界はいい暮らしができるのだ。それを無視して、グローバルスタンダードを強制する今の西洋、アメリカ市場経済は、地球を危機の陥れている。

     市場経済をグローバルスタンダード、「イエス」と「ノー」しか認めない、「あいまいさ」なしの世界では、行き詰るはず。日本人は日本文化のよさをもっときちんと認識しよう。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22
    クリック

    | | コメント (0)

    2012年4月 2日 (月)

    住民運動から国政で活躍する代議士?

    120100916163922a11_2 ブログ主さんは、橋下さんに、ずいぶん注目しておられるんですね。私は、地方の町おこし(町づくり)や住民運動から力をつけてきたような人が、今後国政にでてきて、活躍されないかなぁと、期待をします。
    以上のコメントを頂いたので、それについて、私なりの考えを述べてみたい。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック


    I0102I0101 「維新の会」の集まりにどんな人が集まったのだろうか。2000人の集団として、報道されているだけで、どんなレベルの人があるまったか、、興味があった。それが、週刊文春の4月5日号。

    2000人の内訳は、全国都道府県(山形県を除く)から、維新政治塾に集まった。大阪国際会議場に入りきらなくて、午前と午後に分かれて行われた。受講生は、金髪に染めた20代女性から定年後の男性まで、あらゆる世代の男女が集まった。

    式の最初に、国家斉唱、しかしきちんと口をあけて声を出している人は少ない、と記者は判定をしている。橋下塾長からは「手を前で組んでいた人はダメです。“休め”の姿勢で国歌を歌うのはマナー違反です」と“気お付け”の姿勢で国歌斉唱することの大切さを強調した。

    次に、記者が報告しているのは、集まった2000人はまだ受験生で、選考の結果400人が国政選挙立候補の塾生として合格するのだ、という。その判定をするのが、維新の会の市会議員だという矛盾をついていた。

    勝ち馬「維新政治塾」に2000人、既成政党脅威

    Photo_2I0201開講式には、山口県光市の母子殺害事件で大月(旧姓福田)孝行死刑囚(31)の弁護団に参加した今枝仁弁護士(41)も参加した。彼は、塾長橋下弁護士とは反対の立場で、争う関係であったが、降参する形で、維新塾へ出席する。立場を180度変えてしまう、この変わり身の早さには、辟易とするが、時流に乗るには、その程度の変身は必要と思うのが、今の生き方?そういうのは嫌いの「時代遅れ」の私だが、そういってばかりはいられない、か?

    住民市民運動を熱心にやって、そうしてそこを地盤に支持を広げ、そして選挙に出て国政で活躍する・・・そういう代議士がかってはいた。市川房枝などは、参議院に全国区があるころは、薄く広く支持者を集めて当選できた。ところが、小選挙区で二大政党時代には、それでは、当選はおぼつかないし、内輪の論理で純粋ではあるが、支持が広がらない。生活ネットワークなどが、これにあたる。

    今、こういう地道な運動で、意識が高い人が集まるが、それで当選できるだろうか?人口が少なく、人々の意識が多様化する前なら、その意識を広めるのには向いていただろうが、とても今の選挙には向かないのではないか。その選挙運動が人々の心にフィットしていたころがある。

    E0171614_10223981矢印が菅直人 市川房枝  菅さんが、政治家になったきっかけも、市川房枝の市民運動に飛び込んだことからだった。でも、常に政治のトップを目指していたとあとから語っていたね。そういう代議士を目指す人の多くは、市民運動にしても、「維新塾」出身にしても、目指すのは議席であり、名誉であるのは、変わらない。協力するボランティアには純粋の心の持ち主はいるが、トップに立つ人は、野心家だ。

    今までは、役人(国家公務員)などから立候補したり、最近ではテレビの人気で注目され立候補して当選する場合があった。市民運動から実力と信頼で政治家になるコースもありましたね。

     橋下徹大阪市長の政治手法は、市民扇動型ではあると思うが、これが現に人気を呼んで、社会に影響を与え、フォロー者が多数出ている。今の若者には、これでないと引き付けないのではないですか。すでに、このように受講者が集まってくるというのは、勝負としては、このやり方が「勝ち」だろう。実際に2000人集まったから、その十倍以上の人が関心を持っていただろう。

     市民運動からオバマ大統領はアメリカのトップに立ったが、市民の意識が高くなれば、そういうリーダーが生まれるだろう。が、日本では、無党派層の大衆を味方につけるには、コツコツと積み上げる市民運動のような方法では難しい。刺激の強いYes,Noのはっきりした提示で引っ張るしか、いい方法がないのではないか、と見る。
     
     その中で、社会の進むべき方向を選別していくしか、今のところ、社会を改革できるだけの大衆に力がないだろう。そう思っている。

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック



     

    | | コメント (1)

    2012年4月 1日 (日)

    評論家活動から引退する 三宅久之82歳

      028 三宅 久之(みやけ ひさゆき、1930年1月10日 -82歳):日本の政治評論家。コメンテーター。 出身校 早稲田大学第一文学部  職業政治評論家 配偶者妻子供息子3人

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック


     1930年(昭和5年)東京府生まれ。昭和一桁世代、戦時中の旧制047 中学校時代に学徒勤労動員で軍需産業(東京都立川市の戦闘機製造)工場で働いていた。終戦後、都立国立高校を卒業。早稲田大学第一文学部に進学。大Images学では演劇に没頭。大学卒業後の1953年(昭和28年)に毎日新聞社に入社。政治部記者から、政治部副部長、静岡支局長、特別報道部長を歴任。1976年(昭和51年)に毎日新聞社を退社後、フリーの政治評論家となる。

     沖縄密約事件をスクープし、後に逮捕され、毎日新聞Nishiyamatakichi2 を去った西山 太吉の直属の上司(政治部デスク 1971年(昭和46年)~二年間)だった。『サンデープロジェクト』(2008年平成20年)のインタビューで、「なぜ政府を追及しなかったのか」という問いに、「そんなことをしたらスポンサーがみんな降りてしまうから不可能だった」と述べている。
     2012年3月いっぱいで講演会、テレビ出演、執筆等の評論家活動から引退することを表明。ただし、『たかじんのそこまで言って委員会』はやしきたかじんが復帰するまでという条件で、当面出演する。Wikipedia参照

    044三宅さんは、良質な保守で、いいキャラクター。社会の現実と力関係を知っていて、理想へ一足飛びにいく前に、その中で人間がよりよく生きていくノウハウを重んじている。それが保守主義であるということである、と体現している人のようだ。どこに力があって、誰がどう狙っているかとか、生の人間関係から権力をみている。戦前の思考回路を捨てていないし、その良さも知っている。アメリカ思考の日本への狙いも見抜いているから、多くの日本人に支持されている。

    A5a120b9 読売の渡辺恒雄とどこで知り合ったのか、仲がよくて、彼の代弁をしている関係である。権力にもぐり込むチャンスはあっただろうが、それは避けて、それを第三者的に見ていたようだ。それでも、十分楽しい人生であったはずだ。健康そうで、好々爺に見えているが、この歳で引退には健康Img_1918 不安・・・、糖尿が悪くなっているらしい。 辛口評 論家の屋山太郎の評論は鋭くていいが、彼は見た目にちょと三宅さんの陽気さがほしい「討論した後、息が切れちゃう。実は羽田空港と伊丹空港では車いすで移動している。賞味期限が来た」と、言っている

    サンデースクランブルを最後に、マスコミに一切出ないという決意で、語っていた。政局では、田中真紀子の夫、田中直紀防衛大臣の問責決議を参議院で議決することで、揺さぶられて、民主党は、これを自民党にお願いし通そうとしているが、自民党谷垣総裁は「①小沢勢力を切るか。②解散を消費税増税議決前にやれ」と、二点を強調して、民主党を困らせている。 

    「小沢一郎論」を三宅さんは語っていた。
    T2009030640ozawa_b 「一時の力より落ちている。消費増税の閣議決定に反対して、副大臣、政務官を辞めさせた程度で、インパクトが弱い。大臣を総引き揚げできないのでは、力が落ちている」とみて、「衆議院での決議も、51人の造反がでれば、消費増税案は通過しない。小沢一郎は、51人以上連れて、離党はできない」と、民主党の主流は読んでいる。小沢一郎はそれだけのエネルギーがあるのか、どうかだ、と三宅さんは笑いながら楽しんでいる。
     

    Imagescac6a7ts自民党との大同団結で、この難局を乗り切ることを考えたらいいのであるが、谷垣、野田会談を持ち掛けていながら、民主党を生かしてしまう協力はできないと自民党はいうが、森元総理。安倍元A112470d Middle_1292510071 総理など、総理経験者クラスは、どうせ自民党に政権が回ってきても、「税と社会保障の一体改革」はすぐ直面するから、民主党に協力してやらせろ、と考えている。ところが、現役幹部は「マニフェスト違反だ、撤回しろ」と小さいことにこだわって前に進まない。反対しておかないと、選挙に勝てない、と思っている。谷垣さんは、増税反対か、民主党への強力か、どう判断するか・・・である。 

     こうなると、第三極の勢力がキーマンになるが、どう見ていますか?と問われて、三宅さんは
    Photo Photo_2 002 「そうですね、維新の橋下さんというものはバカにできませんね。関東では、石原新党ができるかどうか、さらにみんなの党はどうなるか、選挙で関東地方中心にして票をどれだけ伸ばせるかということで、第三極というの占う材料になると思いますね」と「亀井(静香)さんの場合、大変恐縮ですが、賞味期限が切れましたね。たった8人の政党(国民新党)で、党首のいうことを聞く人が一人しかいないというのは、これではもうどうにもなりません。
     

    201104052120027ab 1250816044 17,8年前、自民党が野党に転落したとき、自民党を代表して社会党の村山さんを担いで、自社さ政権を作った立役者だったが、あの時が政治家としての“華”でした。小泉内閣のとき選挙で、ホリエモンを立てられ、あれあたりからだんだん力を失った。今日、国民新党の支持率はほとんどセロに近い。むずかしいところです。 

    ●石原さんと組んだら、どうでしょう。
    「石原さんに言わせると、カメさんがいろいろ話を持ってくるから、メシは一緒に食うんだけど、カメさんの話はナー、まあ40人連れてくるというけど、“名簿を出せ”というと、名簿は出せない、という。何を考えているのかね。と石原さんは言っていた。」
     

    ●今後の日本、日本の政治はどうあるべきでしょう。
    「本当に困ったもんです。芯がないのですよ。日本の行く先の展望に与野党ともに、芯になる政治家が見当たらない。非常に残念です。このままでは、どうなるのか、漂流を続けていくのは困る。石原さんは79歳だ。79と言いながら、オレが出ないと舵とりがうまくいかないから、という気持ちが残っているようですけど、なかなか難しいところですね。
     

    ●三宅さん、また出てください、とお願いしたら・・・。
    「名残は尽きませんが、今日限りです」と言って、去って行った。

    増税へ日本導く 影の総理 勝栄二郎  阿川佐和子 珍香も焚かず 屁: nozawa22

    「読んだら クリック!」よろしくね!
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
    ブログ村 nozawa22 
    クリック

    | | コメント (4)

    « 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »