« 紅いコウリャン '20年代生きる中国 評価A’ | トップページ | 上野公園のさくら 満開平成24年4月7日 »

2012年4月 7日 (土)

99%の富を1%の人、組織が握る

“99%の富を1%の人が握る”と、「ウオール街を占拠せよ」“Occupy Wall St.” なんてプラカードに書いて、デモして、アメリカの兜町、ウオール街がデモ隊でいっぱいだった。日本人は権力に逆らうのが苦手のようだが、もうじき限界に来る気がする。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 
クリック
 

金持ちから税をとらないで、取りやすい庶民の懐ばかり狙っている政府もふがいない。銀行と宗教団体、医療団体=金持ちからもっと税をとりましょう!そして高級公務員減らし、議員俸給を減額すれば、相当公平感が出る。そうしたら、消費増税もなっとくする。昔から言う「出を制し、入るを図る」と。政府予算の見直し、新規高速道路建設、ダム造成、原発もんじゅへの予算、無駄だ。

宗教団体の収入は、しっかり見ていきましょう。Photo 今から8年前(平成16年)2004年、雑誌「ダイヤモンド」に、「創価学会の経済力」という特集があった。その当時で、10兆円の財産を持っていると書かれている。その当時は、それなりの衝撃があったらしいが、そのうち、波紋も収まった。それにしても、謎だらけのこの学会に挑んだ記事が少ない。 創価学会が動かす奇怪な巨額マネー この謎に挑むメディアが少ない、というのはまことにおかしい。

Photo_2   創価学会総資産は10兆円。八年経って、減った?そんなことはありえないでしょう。それ以前に、創価学会にまつわるカネの話題は、もう多くの人の耳目を集めたニュース!
①たとえば、1989年六月、横浜市内のゴミ処理場で現金1億7500万円の入った金庫が発見された時は、三日後に、池田大作の〝金庫番”N西H雄が名乗り出た。この担当者は、その後、懲戒免職になっている。
②また、1991年に発覚した「ルノアール疑惑」 は三菱商事が間に入って差額が14億7500万円も生じ、その行方が注目されたが、真相は明らかになっていない。
③同じく1991年には、東京 国税局が墓苑事業の税務調査に入り、29億5000万円の所得の申告漏れが明らかにな ったが、これもウヤムヤのまま。

Photo_3 これらを踏まえて、質問した勇気ある議員がいる。
 1995年十一月七日、熊代昭彦自民党代議士(旧岡山県第1区定数5最下位当選、4回当選)は、当時、ほかの議員が公明党と敵対すると選挙で不利になるから、触らない問題、創価学会の資産や税金問題を追求した。
「最大の宗教団体である創価学会さんは 10兆円の資産と毎年2000億円~3000億円の特別財務、それがすべて無税扱いである。そして、それを元手にする収益事業が実質20%弱の軽減税率‥‥」と、その矛盾と不気味さを指摘した。
 
Kumashiroc 熊代 昭彦(くましろ あきひこ、1940年2月21日 ‐ )は、日本の政治家、元厚生官僚。衆議院議員(4期)、内閣府副大臣、内閣総理大臣補佐官を務めた。岡山県岡山市の農家に生まれる。岡山県立岡山操山高等学校、東京大学法学部卒業。1963年、厚生省(現厚生労働省)に入省。年金局資金課長、大臣官房総務審議官、援護局長等を務める。
 熊代昭彦代議士のその後を追跡するのが、本欄の主旨ではないが、その後、小泉内閣の郵政法案に反対して対立候補を立てられ、落選。その後国民新党でも、落選。岡山市長選挙に立候補したが落選、熊代前代議士は踏み絵は踏まぬと自民党を離党し、来年夏の参議院岡山選挙区出馬へ計画をした。配下にあたる前岡山市長という刺客を立てられて、出馬辞退に追い込まれた。このあたりの経緯は、魑魅魍魎の世界である。市議会選挙では、トップ当選し現在市議会議員である。選挙では、公明党に目の敵にされたのは想像に難くない。
http://seimei.blog16.fc2.com/blog-entry-116.html
http://youtu.be/75ELCCsydTI 熊代選挙ビデオ
http://kumamusume.blog76.fc2.com/blog-entry-13.html
http://kumamusume.blog76.fc2.com/blog-entry-14.html

31780 ●巨額マネーの行方
 集められた「巨額マネー」はどう運用されているのか?
 
 「四大銀行グループで預金総額1兆円超! 頭取もひれ伏す資金力」という見出しの章は、 正月仕事始めに、三菱信託銀行の社長がまず創価学会を訪れるという記事。監督官庁である金融庁より先に、学会に年賀 に行くのが習慣である。 学会は、四銀行のなかでも、圧倒的に東京三菱銀行との関係が深い。

●墓苑事業
  粗利益率が50%以上という墓苑事業にも さまざまなウラがあり、「やっかいな仕事も請け負う三井住友建設」と書かれている。

Soka ● 「マスメディア支配」
 学会ウォッチャ ーの乙骨正生の次のコメントだけを紹介して おこう。
「新聞の委託印刷だけでなく、広告の出稿、 紙面や番組の買い取りなどで少なく見積もっ ても数十億円をマスコミにつぎ込んでいる。その“威光の前に多くのメディアが文字どおり”カネ縛り?に遭っている」

●外務省には推定300人前後の学会員が働 いており、「大鳳会」という組織を持っていることは知る人ぞ知る事実。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 
クリック

|

« 紅いコウリャン '20年代生きる中国 評価A’ | トップページ | 上野公園のさくら 満開平成24年4月7日 »

コメント

もうかってるなら税金払ってくれてもいいのにね。
CMで人間愛や道徳説いてるんだから。
(・ω・)
とはいえ、政教分離のはずなのに、公明党=創価学会、というイメージはなんなのだ?
ナンミョウホウレンゲキョウは政治と結び付いてどこへいこうとしている?

熊代さんは大きな勢力に(うっかり?)反対して負けちゃったんですね。
負けない力がほしい。
ご紹介されてるブログ記事では過激に酷評されてるようですが、、
郵政民営化反対にしても、ツッコミ1なんてごもっともなんですが、
なんとなくもっと説得力ある反対を、もっと展開して、大きな勢力に負けないでほしかったなぁなんて、残念な気がします。
「民営化」に安易に流れちゃった気がして。
あれ?国の責任は?みたいな。
国が事業を放り投げたようにみえてしまった。
よくはわかりませんが。
結局は、反対勢力に力がなかったから、民営化になったんですね。
結果オーライならいいですけど。

投稿: すっぱ | 2012年4月 7日 (土) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅いコウリャン '20年代生きる中国 評価A’ | トップページ | 上野公園のさくら 満開平成24年4月7日 »