« 東京通信工業からソニーに変更した頃 | トップページ | 閑題、世迷い言、無題 »

2012年3月 1日 (木)

初恋のきた道 ディの可憐と中国風土 評価A’

借りてきたDVD「初恋のきた道」http://youtu.be/co-rHyh-vkc見た記憶があるようだと、記憶の底を探っていたら、思い出した。あれは岩波ホールで見た中国映画だ。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

Img_5376  ストーリーの始まりは、都会で働いている息子ルオ・ユーシェン(スン・ホンレイ)が、父の急死の知らせを受けて数年ぶりに故郷の村へ帰ってくると、母(チャオ・ユエリン)は、古いしきたり通りに葬式をあげたい、と願っていたが、遺骸を担ぐ若い人がいないからトラクターで運びたいと村人は困っていた。ユーシェンは部屋に飾られた父母の新婚当時の写真を見ながら、昔聞いた彼らのなれそめを思い出していた。

チャン・ツィイー(チャオ・ディ)章子怡
スン・ホンレイ  (ルオ・ユーシェン)
チョン・ハオ    (ルオ・チャンユー)
チャオ・ユエリン(年老いたチャオ・ディ)

Img_5277 Img_5289  回想であるが、ここからが映画の本筋になる。町から教師として赴任してきた20歳のルオ・チャンユー(チョン・ハオ)と、彼に思いを寄せる18歳の娘チャオ・ディ(チャン・ツィイー)。ディはなんとか自分の想いを彼に伝えようとし、学校を建設中の現場へ弁当を運ぶ。村総出の建設であるが、それは男の仕事で女は食事の提供で協力する。先生もその労働力の一人である。なんとか自分の弁当を食べてもらうように、工夫をし、先生の一挙手一投足に注視している姿がいじらしい。

Img_5294 水運びも、近くの井戸ではなく、学校の見える井戸へ行き、先生の授業の声が聞こえる井戸へ行く。先生の通る道へ野草を摘むふりをして待ち伏せして、子供らと通る道にわざとかごを忘れて、声をかけてもらう。いじらしい努力をし続けた。そのうちに顔と名前を覚えてもらい、知り合いになる。

Img_5275 先生の昼食を順番に提供するのが、それが、先生の給料の現物支給みたいなものだった。村人の役目であった。18歳の娘チャオ・ディ(チャン・ツィイー)は、中国の農村にありがちな、文盲で文字が読めない、手紙が書けないから彼女は食事を作って伝えようと思って必死だった。チャオ・ディの家がImg_5274 チャンユー先生の食事を提供する日だった。ディは得意の腕をふるって昼食を振舞った。建設現場で、自分の弁当は食べてくれたか、と聞くとわからない様子、そんな弁当なら食べたいと所望する。夕食に来てくれたら用意しておくと、ディと先生は約束した。

Img_5307 約束の時間近くになって、先生は使いの男と口論になっていた。先生の親が都会へ戻るようにと先生を連れに来たのだった。そういう事情になったと、説明にきた。Img_5320 戸口で待つディの笑顔が、すばらしく明るい。この笑顔が男の心をくすぐる。映像の勝利だ。ディは、その連れの人も一緒に来てくれたらいい、と提案すると、先生は受け入れた。別れ際に、「これをチャオ・ディに買ってきた」と髪挟みをプレゼントする。

Img_5300 Img_5329 二人分を用意して待っていると、先生は馬車で都会へ行ってしまったと聞いた。用意したお料理のどんぶりを風呂敷に包んで、ヤマを通りぬけて近道で馬車を待ち伏せしようと走った、走った。馬車が見える坂で転んで、包みの中の料理はこぼれ落ち、器は割れてしまった。それっきり、チャンユー先生は戻ってこない。

Img_5348  ディは、彼が帰ってくるのを、雪の降りしきる冬の道でひたすら待った。先生が帰ってきたら、楽しく授業ができるように、教室の障子を張替え、掃除をして一日過ごしていた。それを村長が覗いて、ティの恋心を知った。村では親の言うとおりの結婚をするのがはじめてだった時、ティが恋をしていると村中のうわさになった。

Img_5345 約束した12月某日、朝から雪の道を見つめて、先生の帰る馬車を先生の好きな赤い上着を着て赤いマフラーを巻いて町から村に続く道のわきで立ち尽くした。朝早くから、夕方暗くなるまで待っていた。家に帰ると、発熱して寝込んでしまった。

Img_5395 熱が下がってもいないのに、今度は町へ行って先生を探すと言い出し、目の見えない母をおいて、吹雪の中を町に向かって、歩いて行った。町まで何十キロもある。雪道を歩いて、昨日は熱出して寝ていたディには、限界を超していた。道で倒れたディを村へ連れ戻したが、意識が不明が続いた。盲目の母は、娘が不憫で「先生にディが倒れたと伝えてもらえないか」と、彼女を連れてきてくれた村の人に頼んだ。

Img_5349 先生は、ソレを聞いて、町から飛び出し、ディの家に見舞いに来た。一日、枕元で寝ないで看病していたが、ディは意識がなく寝込んでいた。翌日、先生が見舞いに来て、今は学校で授業をしていると聞くと、ディは少しよくなった体で、学校へ行く。「ディがきたよ、先生」と、村人が叫ぶと先生が現れた。しかし、翌日には、町から迎えがきて、町に帰った。

Img_5298 Img_5299 それから二年間、二人は会うことができなかった。二年後、先生は、町から村へ戻った。それからは、二人は一度も離れることは一度もなかった。村と町をつなぐこの一本道は、二人にとって気持が通じ合うの道となった。再びチャンユーは、村の学校に戻って教師になった。

Img_5386 5375 生き生きした生命力
私たちの心も生き返る。
生きる希望も、
満ち溢れる春は来た。

春風が雪を溶かし、
Img_5351 緑の草を吹く
農民が種をまく 
牛が田を耕す
雁が飛んで 
蛙が冬眠から目覚め、
燕がピーチクImg_5318

Img_5290_2 春は種をまく季節
万物がみな成長し、
生気が満ち溢れる。

バックにチャンユー(チョン・ハオ)先生と子供の朗読が聞こえ、ディがをれを聞きながら学校へ走る。映画は、村の風景と18歳の娘チャオ・ディ(チャン・ツィイー)の初恋を映像的に演出して、視聴者の心をがっちり捉まえて泣かせる。

Img_5375Img_5374  葬式が終わり、息子ユーシェンは、父が一生立ち続けた教壇で、父が初めての授業のために書いた文章を読む。一方ディは、少女の日を思い出すように学校へ向って歩き出すのだった。

 昔は、100人くらい女の子がいると、一人二人は、可憐を絵にしたような少女はいた。打算がないように見えても、やはり彼女らにも打算があって、意中の彼に注目されるためには、手練手管は使っている。そう気づくには、男は相当長い時間がかかる。可憐、純粋なというのは、黄金率のようなもので、人間には欲があるように不可能かもしれない。まあ、この現実を感じさせない映像の世界で完結するのがいい。

Photo 現在の主役の少女は、どうしているか。http://movie.goo.ne.jp/cast/c158347/index.html

チャン・ツィイー(チャン・ツーイー、章子怡、拼音: Zhāng Zǐyí , 1979年2月9日 - )は、中国の女優。身長164cm。体重49kg。

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

|

« 東京通信工業からソニーに変更した頃 | トップページ | 閑題、世迷い言、無題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京通信工業からソニーに変更した頃 | トップページ | 閑題、世迷い言、無題 »