« 木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響01 | トップページ | 恋におちたシェクスピア 評価A »

2012年3月16日 (金)

木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響02

201002013014441l  電車の中の中吊り広告を見ていると、欲望を誘われて、宝くじを当たれば、いまごろクヨクヨしていないだろうな・・・、と夢を誘われる。結婚できるあ相手がいたら、幸せだろうと思った隙間に木嶋佳苗がスーッと忍び込んできて、「結婚しましょう」と言ってきたら、ウン、お金は共同管理でいいえしょう?と囁かれたら、据え膳を食わない男はいない。「お金なんか、女房まかせでいい」と思ってしまう。木嶋佳苗のやったのは、そんな犯罪ですね。しかし、この女は、あなたと結婚したいとは思っていなかった。ただ、あなたのカネが目的だった。その上、底なしの浪費家だった点は死んでいった男は気づかなかったかもしれないが木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響01

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 
クリック

 ふとしたきっかけで、定年後のやもめ暮らしの男性がある六十代女性に求婚してきた。このところまでは、よくある話である。その後、婚前旅行に行き、まあ、それが合意のしるしかもしれないが、結婚した。その後、やもめ男性は有頂天になって、まあ数年は喜んでいたが、徐々に女のペースで、財産をむしりとられていく。実家の隣に建てた家があり、退職金もかなりあった。姉妹らに見守られている間は特に波乱はなかったが、よる年波で持病の悪化で、病院にかかるようになった。「こんな田舎では治療もままならないから」と、「引っ越しましょう」と、大都市の病院の近くへと、持ち家を売却してマンションに移った。そして、現金化した預金通帳は新しい妻が握ってしまった。退職金も彼女のものになってしまった。妹たちは、結婚して数年の新しい嫁が何を狙って結婚したかを知ったという。こんな事例は、珍しくないが、女の本心は・・・クエッションマーク?である。木嶋佳苗的心は、どの女性にもあるという例の一つになるか。

Dscf3622_2   たからくじの中吊り広告「春きらきらくじ」当選金1億2000万円とあり、まるであなたも当たる。10本買えば1本当たり、とでも言いたそうな広告だった。今回限定2回の億万長者への機会をお見逃しなく!次の億万長者はあなたかもしれない!そういわれると、「買ってみようかな」とその言葉にグラット心が動く。3月9日(水)から25日(金)まで発売される、第2139回東京都宝くじは、1等前後賞合わせて1億2000万円の豪華賞金が用意されている、1枚200円の宝くじ。1等の賞金が1億円を超えるものが出てきた今年は、高額当せんへのチャンス!

Ishikawa F4cc2e25  新聞の広告欄を見れば、「石川さゆり特別公演」「春の落語会」「細川たかし、長山洋子ふたりの夢舞台」「美川憲一コンサート」「吉田兄弟和の祭典」「北島三郎特別公演」と並んでいると、何か一つ見なくては、と心が動く。
 
 これらのキャッチフレーズを人の心をわしづかみにする専門のライターが日夜研究しているから、ホンの素人はイチコロだ。手のひらで転がされている。このシステムの典型は、コンビニのPOSシステムと言った思うが、買った瞬間に、何歳くらいの、性別男性、天候、時間帯など、さーっと管理センターに登録されて、次の出荷、あるいは次の製品開発に連動してしまう。
 
 このように、情報弱者である一般人は、あなたの心は読みきられて、次に欲しいものは「これです」自分の欲望は先に読まれて、自分自身より、他人が知っているようなもの。このような時代に、木嶋佳苗が男性が寄って、甘い言葉を使い、男が望むセックスを代償に虜にしようと、カネのある男を募集したとして、木嶋佳苗だけが100%の責任だろうか。「婚活」というカモフラージュして。

Press080303_icon  世の中は、中吊り広告などに見るように、どの言葉も、いかに素人の心をつかむか、その競争である。それに勝ったものが、巨万の富をつかむ社会になっている。その中に木嶋佳苗は、男性が近寄ってきて、SEXを介して彼らからお金をせしめたという点では成功者であるともいえる。

ただそれが、男性には結婚の夢を抱かせ、彼女は現金取引の気持ち、両者はまったくすれ違っている。男性の結婚の夢を手玉にとった点では、彼女の側は、コンビニのPOSシステムと似た情報をキャッチしている情報強者である。(POSとは、Point Of Sale日本語で「販売時点情報管理」という意味。全店舗の売れ筋の情報、死に筋の情報が蓄積されて今後の販売戦略に生かされる)

 パソコンでホームページを開設して、木嶋佳苗は写真をうまくとって「夢」をふりまき、結婚をしたい女性に変身していて、そのえさにガブッと食いつく男はいいカモだったのだ。この情報強者と弱者の違いが、ここにあった。あなた、男は結婚弱者になっているから、この程度の女でも、結婚市場では強者になっている。日本男子よ、がんばれ。あなたの方が、女一人吊り上げる馬力をもちなさい。

女の本音裁く 木嶋佳苗裁判 香山リカ 木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響01 魔性の婚カツ女 週刊朝日から 2009.11.08

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 
クリック

|

« 木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響01 | トップページ | 恋におちたシェクスピア 評価A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木嶋佳苗 どう育ったか 社会と生育の影響01 | トップページ | 恋におちたシェクスピア 評価A »