« 『さらば、わが愛 覇王別姫』女形と妻との50年 | トップページ | NHK大河ドラマ『平清盛』 楽しませてもらう »

2012年1月 7日 (土)

時給2500円 パートがミタ現代の会社

  長寿番組「世界ふしぎ発見」で、女性レポーターがマヤ文明が滅亡した跡を訪ねる。地底の鍾乳洞の奥へ入っていくと、多くの土器の壺が壊されていた。マヤの人は、霊界の入口で、命ある土器をこわしている、と説明があった。
 その前に広がる地底の湖の底に、日照りの雨乞いセレモノーに生贄として捧げられた若い女性の骨が沈んでいた。鍾乳洞の石灰が骨にくっついて、銀色に光っていた。繁栄していたマヤ文明も、日照りで作物が取れなくなって滅びた、という。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

 かなり高度の文明をもっていたマヤ族も、500年から800年繁栄を誇っていたがついに滅びたといわれる。ローマの繁栄も、調べてみると、多くの部分に自然災害で人が住めなくなるのは、燃料のために森林伐採で、自然の災害を呼び込んでしまうのが原因のようだ。海に近い港町が、いつのまにか、何百年と過ぎると、海岸線が何キロも町から遠のいてしまう。これも人災だ。 ローマ帝国 なぜ滅びたか 気象変動説 

 人間が人間のために、利益追求で、個人経営の商店が大規模商業施設に食われてなくなるが、イトーヨーカ堂、イオンはディスカウント店を今年一年で倍増するとニュースで流れていた。一年で倍増?!一気にそういう店舗を増やすだけの力がある。その力量に個人では立ち向かえない。

Photo  駅から離れた裏通りで、個人商店が必死に商っても、いったいいくら稼げる?と思っているのだろう。それは、インターネット上の店も、ネームバリューがないと、これも難しい。ま、当たれば、違うだろうが。

 それが、1時間2500円の時給で採用されて通いだした女性がいる。今は週3日の務めだそうだ。きょうは8時間働いたから、二万円の稼ぎだという。10日で20万円で、30日で60万円になる。驚くような金額ではないかもしれないが、どうして、じっと坐っているだけで1時間2500円、1日2万円になるのか。店を持ち必死で働いても、1万円になるにも難しいというのにだ。

 仕事は、特殊なPC技術ではあるが、まだ慣れていないから、とても成果が上がっていないから、時給に見合うだけの働きをしていない・・・、と社内の様子を語って聞かせてくれた。
 少し早めに出社して掃除でもする気でいたが、行ってみると、もう自分の仕事をしている人がいる。社内の雰囲気は静かで、パソコンを打つ音が聞こえるのみで、私語を話す人はいないからシーンとして黙々と働く。

 社内への入室は、胸に下げた社員証を掲げるとそれを認識したらドアが開き、そのデータが「●●(社員)何時何分入室」、このデータが管理される。昔のようにタイムカードを押して出勤チェックとは違う。ま、これは経産省へ行ったときもセキュリティが厳しかったが、もうどこの会社も、その程度のことは当たり前の常識だ。誰かに「タイムカードを押しておいて」など、代返のような、アナログなごまかしはできない。

D Photo_2  品川駅を降りた町は、ビルとビルの間を駅からの通路でつながっていて、個人商店が通りに間借りして店を開く余地はない。人工の町にはゆとり、遊びはないから、人はサッサと歩く以外には何もできない。
 
動く歩道で、人が運ばれるサマは、ちょっとアングルを引いて見ればチャプリンの「モダンタイムス」だ。それを誰も笑わないで、黙々と運ばれている。
 その雰囲気は、社内の空気にも影響を与えている。この雰囲気に耐えない限り、仕事をできない。品川駅のビル群は美しいが、哀しい: nozawa22

 2,500円の時給は、紹介会社のコミッションなしの直交渉で仕事についたので、この時給になったのらしい。普通だったら、40代女性の相場は、1000円台でもいい方。

 数々の職場で働いた経験からいうと、
 たいていは挨拶は「おはようございます!」と声をかわし、電話も結構大声で話すのに、電話は手元の携帯にかかるようだ。帰りも、定時になると、囁くような声で「失礼します」という程度。各人も机ごとにパーテーションで区切られ、お互いの仕事は見えない。お弁当も、昼食も、バラバラで、さびしい。と、新人のパートタイマーはいう。
 帰りまで、ほとんど黙々と仕事をこなすだけ。仕事は、それ以外何がある?と言われたら、そうだけど、こんな人間関係の薄い職場があるのか、と思う。現代という社会は、このように、無機質化するのだろうか。

 世界帝国のローマが滅亡したのだから、アメリカも滅び、新興国中国も、カルタゴのように東アジアの小国と長く戦争して滅びる可能性だって、ないとはいえない。

 月収100万円を超すキャリアウーマンが、40代半ばで東京から隠岐の島でカキの養殖を始めると夫婦で移住した話をテレビで見たが、今は水産加工場で水仕事のパートで働いて、来年カキの養殖にかかると、張り切っていた。
 町で出会う人、人が
「こんにちは」
「おはよう」と声を交し合っている。二人は新鮮な気持ちで、人間らしさを取り戻した、と感想を述べていた。

 きょうの話の女性は「2500円の時給、きょう8時間で2万円。この魅力は手放しがたいけどね」と、感想を述べていた。

 「人は何のために働くのか」
 中学生の時に抱いた疑問が再び湧いてきた。
 [
誰かの役に立った]
という実感のない仕事で収入が得られることのむなしさが現代社会には多すぎる。チャプリンが「モダンタイムス」映画を作ったのは70年も80年も前なのに、誰もその疑問を解決しようと真剣に取り上げ、解決しようとした人はいなかったのだろうか。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

|

« 『さらば、わが愛 覇王別姫』女形と妻との50年 | トップページ | NHK大河ドラマ『平清盛』 楽しませてもらう »

コメント

 現代の文明も滅びつつあるのは、歴史をヒントに振り返ると、それがわかる気がする。

 高度の文明をもっていたマヤ族も、500年から800年繁栄を誇っていたがついに滅びたといわれる。ローマの繁栄も、調べてみると、多くの部分に自然災害で人が住めなくなるのは、燃料のために森林伐採で、自然の災害を呼び込んでしまうのが原因のようだ。海に近い港町が、いつのまにか、何百年と過ぎると、海岸線が町から何キロも遠のいてしまう。これも人災だ。

投稿: マヤ ローマより | 2012年4月25日 (水) 14時21分

時給2500円 パートがミタ現代の会社

投稿: | 2012年8月22日 (水) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『さらば、わが愛 覇王別姫』女形と妻との50年 | トップページ | NHK大河ドラマ『平清盛』 楽しませてもらう »