« 地球の上で 人類が 滅び始めている | トップページ | パレスチナ紛争 英国の三枚舌外交の結果 »

2012年1月12日 (木)

これでいいの?JR福知山線事故 前社長無罪

2012011122011101757 04_amasaki01 最近大きい事件事故が多いから、JR福知山線事故のこと、忘れてしまいそうであったが、1月11日の神戸地裁は、業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長の山崎正夫被告(68)を無罪としたことで、思い出させた。アレだけの世間を騒がせ多くの被害者がでているのに、「無罪」とは、カーッと血が上る思いで見た。

犠牲者の多くは1両目か2両目の乗客で、アレ以来、一両目に乗客が乗らなくてガラガラだったが、最近またそのことを忘れて、乗るようになった。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

 感情的に社長個人を非難しても、解決のつく問題ではないのは、重々わかっているが、しかし、「無罪」と判決が下りると、その判決を利用したり、振りかざしてくるモンスターがいる。それがこわい、と思う。

 それにしても、被告個人に責任を問う、検事のやり方は、稚拙である。いや、そうじゃなく、わざとそういう上層部に責任が及ばないことを知りながら、弁護士、裁判官も、それをやったとしたら、悪質である。死者、負傷者を含め被害者がこんなにいるというのに、誰も責任を取らないとしたら、ヒドイ世の中である。

裁判の争点
  事故地点にATS(自動列車停止装置)を整備指示する注意義務を怠った過失があるか。
  ■ATSによる結果回避可能性
  ■被告の注意義務
  ■被告の脱線転覆の危険性の認識
  ■予見可能性
  ■結果回避義務
  ■
結論
 以上の通りであるから、被告に過失は認められず、業務上過失致死傷罪は成立しない。と、いうが、論理は正しくて、文句いえないようになっているが、こんなの武力をもって攻めてきて負けたら、ひっくり返る。

 組織が起こした犯罪の全責任を上司個人が負えるはずがない。負わないでいいのが、株式会社であり、企業の仕組みであるだろう。

49428c6a20d33ccffcc19d7bbfbf27da_2  それから関連して思うのは、フクシマ原発の事故責任、誰がとる?この式でいったら、上からの指示に逆らって原子炉に注水し続けた、先日肺がんで退職した所長に責任をおしつけて、組織を生かす・・・、こんなイメージがわく。たぶん、そうなる。責任の矮小化、全体の組織が責任はあいまいになる

JImage04 R福知山線脱線事故: 2005年(平成17年)4月25日 JR西日本 福知山線(JR宝塚線)塚口駅 - 尼崎駅間で発生し、乗客と運転士合わせて事故の犠牲者は死者107名、負傷者562名を出す未曾有の大惨事となった。犠牲者の多くは1両目か2両目の乗客、ほとんどが多発外傷や窒息で亡くなっており、クラッシュ症候群も確認されている。 乗客やマンション住人、救助作業に参加した周辺住民なども心的外傷後ストレス障害 (PTSD) を発症するなど大きな影響をおよぼした。Wikipedia参照

Ckk748_c10_写真は、カーブにあたる場所に建っているマンションに激突した車両ばかりが写真になっているが、一両目、二両目がマンションの中へ食い込んで、犠牲者の多くはそこに乗っていた人だといわれている。三両目以下の乗客は、犠牲者は少ない。

当時の話では、運転士脱線して建物にぶつかることがわかって、運転席から乗客のほうに出てきた?と私は思っていたが、どうだっただろうか。この運転手の行動は、車掌とのやりとりが、残されている。 

 民営化後の人員削減策で、特にJR西日本は長期間にわたって新規採用者を絞り、定年退職者がまとまった数になって採用者を増やしたため、運転士の年齢構成に偏り、運転技術を教える中堅、ベテラン運転士が少ない。

Img_585002_14184748_0  伊丹駅到着(9時15分)の際、停車ボイスの1回目の「停車です、停車です。」との音声にブレーキ操作を行わず、2回目の「停車、停車。」との警報音声でブレーキを操作し、72mオーバーラン。停車位置の修正に速い速度で行う。
 伊丹駅停車1分30秒で出発。車掌を呼び出し「まけてくれへんか?」と求め、車掌が「だいぶと行っとるよ?」と返答すると再度「まけてくれへんか?」と言ったところで、乗客が車掌を呼び止めたため電話が切られる。 本件事故を起こした運転士は運転歴11か月で、運転技術や勤務姿勢が未熟だった。運転士は度重なったミスにより、宝塚駅到着前後には既に心身的に影響があった。ミスを車掌が指令所に報告しないか、確認するため無線に気を取られ、伊丹駅手前の停車ボイスを聞き逃し、伊丹駅をオーバーランした。

このように、運転手がミスを気にしているのは、その背景には乗務員に対する懲罰がある。問題目標が守られない場合に、乗務員に対する処分として、「日勤教育」という、再教育などの実務に関連したものではなく、懲罰的なものを科していた。事故を起こした運転士は、過去に運転ミスなどで、すでに3回の「日勤教育」を受けていた。それを気にして、車掌に目こぼしを頼んでいた。この『日勤教育」は、乗務員の精神的圧迫を増大させていた温床との指摘、事故が起こる半年前に、国会において国会議員より「重大事故を起こしかねない」として追及されている。

 これだけ、JR西が社員を叱咤している背景的要因には、並行する阪急電鉄などの関西私鉄各社との激しい競争がある。その影響からか、民営化後のJR西日本は、競合する私鉄各社への対抗意識が強かった。私鉄各社との競争に打ち勝つことを意識するあまり、スピードアップによる所要時間短縮や運転本数増加など、目前のサービスや利益だけを優先し、安全対策が十分ではなかった、と考えられる。

JR福知山線脱線:JR西前社長判決-- JR福知山線脱線事故で業務上過失致死傷罪に問われたJR西日本前社長の山崎正夫被告(68)を無罪とした11日の神戸地裁判決の要旨は次の通り。要旨判決内容は、クリックしてごらんください。
 ■争点
 被告がJR西管内の曲線の中から、本件事故が起きた曲線(本件曲線)を個別に指定し、ATS(自動列車停止装置)を整備するよう指示すべき注意義務があったのに怠った、という過失があるか。
  ■ATSによる結果回避可能性
  ■被告の注意義務
  ■被告の脱線転覆の危険性の認識
  ■予見可能性
  ■結果回避義務
  ■結論
 以上の通りであるから、被告に過失は認められず、業務上過失致死傷罪は成立しない。(毎日新聞 2012年1月12日 東京朝刊)

 判決の条文は、裁判官、検事、弁護士の占有物みたいな感じで、読んでいると面倒くさくなる。保険の契約書、約款みたいな、これでも分かりやすくしているだろうが、まず社長個人を被告としたのは、大失敗だろう。

 だって、戦争責任だって、銃を撃った兵士、指揮した隊長に責任を問うという責任の取らせ方そしていないだろう。株式会社、有限会社にしても、個人に責任がいかないシステムだろう。JR西として責任が問われるべきだ。

組織が法人なら、法人そのものが責任を受け止めるのでなきゃ、被害者が報われない。フクシマ原発の犯した罪は、誰が責任を取るのだろう。国民の税金投入して、みんなで救おう、というのは「一億総懺悔」と丸め込まれた過去の論理と同じだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  そんな中、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の経験、ボランティアの精神が生かされた。
救助・救援活動の功績を讃えて、
同年7月に76企業・団体と1個人に対して国から感謝状、
8月には48企業・団体と34個人に対して兵庫県警から感謝状
9月には32企業・団体と30個人に対して尼崎市から感謝状がそれぞれ贈呈された。
11月には日本スピンドル製造と1個人に対して紅綬褒章が授与された。

 事故現場の近くにあった日本スピンドル製造株式会社は、電車が衝突したマンションからほど近い場所に工場を構える会社で、事故発生時、大きな衝撃音を耳にした社員たちは、すぐに現場に急行。救助活動を開始しました。
 知らせを受けて現場を確認した社長は、そのまま工場に引き返し、すべての機械の操業をストップ。約300名いた社員を食堂に集め、「全力を挙げて救助活動にあたるよう」に指示した。
 工場の操業を止めることは、会社にとって大きな損失だったはず。しかし、社長は当然のように人命の救助を優先し、励ましの声をかけ、ときには会社の工具を利用し負傷者を救出。さらに救急車の到着が遅いことを知ると、マイカーや工場のトラックなどを使って病院にピストン輸送をした。彼らが救った人の数は、130人以上といわれている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

|

« 地球の上で 人類が 滅び始めている | トップページ | パレスチナ紛争 英国の三枚舌外交の結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球の上で 人類が 滅び始めている | トップページ | パレスチナ紛争 英国の三枚舌外交の結果 »