« 信濃路はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空の色 | トップページ | ファミリーヒストリー 浅野忠信 母の祖父オランダ人、祖母ノルウェー人 »

2012年1月26日 (木)

消費税上げるなら 銀行から「30兆円法人税」を!

日本経済が消費税を上げないと、もたない状況に陥っている。 111_2 12_2 この記事は、「週刊文春」1月26日号である。

Photo  新聞もテレビも、銀行という資金をもっている巨大な組織にうかつに批判したら、何をされるかわからないという怖さがあり、口をつぐんでいる、という印象だ。
 言論の自由を憲法が保障されても、簡単に「言論の自由」を守られない。一方、消費税推進の意見をいっても、怖い人はいない、というわけだ。
 テレビや新聞は権力には臆病だ。だから、週刊誌を見ていないと、日本の権力構造がよくわからない。

法人税を払わない銀行
250円=5円50枚まで両替無料 みずほ銀行

「読んだら クリック!」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

 都市銀行はかつてを危機に陥って、政府は銀行が破綻したら大変と、政府から資本注入してもらって助けてもらったという特別扱いを受けた。
 
他の企業は倒産の危機の中、羨望のまなざしで見られた。日本経済が消費税を上げないと、もたない状況に陥っている。今こそ、銀行が国家的危機にひと肌脱いで、義侠心を見せるときだ。銀行が国民に頼りになる存在であると思われるチャンスだ。
 
「政府に借りた注入金を返した、返した」と大威張りであるが、金利が低水準を利用して、預金者に入るべき利息を独占して、立ち直っている。また、利用者に一度でもATM手数料を割引し手サービスしたことがない。そんなこんなで、稼いでいる銀行である。こんな庶民のカネから取って、溜め込んでいる。

 たとえば、ATMが故障で迷惑かけても、「おわび」の張り紙一枚で事足れり、としている。私鉄なら迂回のための引換券を配布する。みずほのATMのシステムダウンで長期にわたって利用者を困らせた一件でも、客離れがあったが、未だに誰も銀行関係者は責任を取っているように見えない。

112111 現在は、税金を払い始めたというが、過去約10年は一切納税していない。経費だ、経費だと、高額の銀行員は給料は「30代で1000万円越え」といわれて、「うらやましい」と個人的には考えるが、東京電力の利益の上乗せ方式と似たり寄ったりだ。

 これは、「経済戒厳令」を敷いて、国家経済健全化のために、必死に国の歳入が歳出に見合う回復までは、銀行は過去10年間分の納税しなかった額を納めて、国家を支える姿勢を示すべきだ。国民全員が消費税を負担するなら、儲かっている大企業も、特に金融機関は、国に貢献するべきではないか。銀行だけが、日本という国の中で、うまい汁を吸っていても、日本そのものが倒れては、元も子もないではないか。そんなことも考えないで、ごり押し金融のトップは、アホだ。

04_2 95年~09年までの間に銀行全体が不良債権処理で計上した損失は約百兆円、この金額が繰越控除などの制度を利用することで、銀行の利益と相殺され、無税とされた。いわば、銀行は百兆円のうち、法人税率30%分、30兆円の減税してもらった。」(同週刊誌)

 同02年8.0、03年9.2、04年9.1、05年9.4、06年8.9、07年8.0兆円の純益を上げている。週刊文春の編集者も、この意味するところ、数値が大きすぎてよく理解していないのか、「02年~07年の利益」とするところ「02年~05年の利益」と違っている。
05_2_2  これだけ純益がありながら、大銀行が軒並み法人税がゼロだったから、こんな一割に満たない低額の法人税になっている。

08 99年~08年までに業界全体で78兆円の利益があった。しかし、納税額は7兆円のレベルである。つまり、利益の10%にも満たない程度しか納税していない。三菱東京UFJは、1兆円以上の実質業務純益がありながら、納税額は100億円程度。法人税額は30%ですから本来なら3000億円の法人税を払うべきです。

121  2011年12月、三菱東京UFJが抱える国債保有残高が、個人や企業はの貸出残高を上回ったと報じられた。つまり、集めた預金を企業に貸し出すのではなく、国債へ投資している。銀行は民間の企業の役立つ資金を貸す役目を放棄している。
 国債への投資して稼ぐのでは、銀行へ公的資金として税金を投入して救助してきた意味はなんだったのか。

01_2

 銀行のようにもうかっている企業は、法律に守られ、その上、国の支援は有効に利用している。国家の経済危機で消費税を上げようとしているとき、
「銀行!おまえらも、消費税と同額を負担せ!」日本の危機なんだから、
消費税を上げるなら、銀行も負担するべきだ。この10年間で減免されている税を取り戻すだけで、ずいぶん取れるはず。

 政府は「消費税以外の税の可能性をきちんと検討した形跡がないといわれるようでは、野田政権は信用されないだろう。二二六クーデター事件の前夜の様相に似てきた。国が困っているのをよそ目に銀行のラクチンぶりは、金融機関の驕りである。経済厳戒令を発布してでも、消費税と同じだけは支払わせよう。

その銀行たちは、どうして立ち直っているのか、それは低い金利で預金者からお金を預かり、ATMで事務作業が楽になっていながら、銀行の手数料はかなりの高さである。100万円を一年普通預金預けても、数百円。10万円の金を銀行を通して他銀行へ送金したら、手数料が700円だ。100万円の一年間の利息が消える。手続きをしているほうがカネ払うなんて、おかしいよ。手続きを間違えると、そっくり700円を取られてしまう。どこの民間企業も割引したり、必死に営業しているのに、手続き料金を割り引くとか、サービスするのに銀行の態度は優越的な態度が表に出すぎだ。

金融に一言 
消費増税前に「経済厳戒令」で宗教法人と銀行から税金とれ
法人税を払わない銀行
250円=5円50枚まで両替無料 みずほ銀行
銀行よ、驕る平家はひさしからず2 
銀行よ、驕る平家は久しからず1  
銀行の態度にゴマメノ歯ギシリ
ホリエモン、村上世彰がアメリカ経済 
ニューヨーク発 基軸通貨ドルの没落
100年に一度の不景気 クローズアップ現代
投機資金を封ぜよ現代社会のガン
国家予算の1割貯蓄から日本再建
ビッグ3アメリカ自動車産業の衰退原因 
 
ホットマネー石油へ流入大暴れ 
中国とアメリカの間の日本の立場  
ビルゲーツの「創造的資本主義」とは   
機密費2億3千万円の行方 追及せよ 

「読んだら クリック!
」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村 nozawa22 ←クリック

|

« 信濃路はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空の色 | トップページ | ファミリーヒストリー 浅野忠信 母の祖父オランダ人、祖母ノルウェー人 »

コメント

銀行という巨大な資金をもっている組織にうかつに批判したら、何をされるかわからないという怖さがり、新聞もテレビも口をつぐんでいる、という印象だ。
「言論の自由」を憲法が保障しても、そうか簡単に「言論の自由」が守れるはずがない。

投稿: 税金取る側 | 2012年6月26日 (火) 11時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信濃路はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空の色 | トップページ | ファミリーヒストリー 浅野忠信 母の祖父オランダ人、祖母ノルウェー人 »