« 定年後の仕事に 里親になってみませんか? | トップページ | 性同一性障害 ゲイ レズと違う »

2011年12月 2日 (金)

巨大な「八ツ場ダム」 完成しない公共工事

Photo 巨大な「八ツ場ダム」工事で、いろんな事業者が仕事が入り、これで経済が潤うのは目に見えるようだ。ここのかかる巨大な経費は、国家予算歳出の大きな部分を占める。ダム工事の進行に伴って、経費が積み増しされていく過程は、実にそのズルイというか、巧妙である。

んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村nozawa22
 ←クリック

000109050 Images02 この投書にも指摘するように、経費試算は事業主体が行っているという、インチキ!あきれますね。これは、監視する第三者がいないということ。前原国土交通大臣が「中止!」と号令かけたのはいいが、あとにダレも付いてこない「進軍ラッパ」を吹いているようで、恥ずかしい。前原さん、愛嬌はあるし着想はいいが、よく失敗して「ハジ」かいている。

尖閣諸島の中国漁船の船長を逮捕したが、釈放になったし、こんどは新幹線を羽田の引込み線を利用した新駅の設定で、羽田空港の利便性を上げると主張したが、JRの反対で、アイディアが実現に進みそうにない。根回し不足だ。民主党代表選も、野田さんに勝てると踏んでいたが、負けちゃった。目的達成には、地道に仲間を増やす工夫が不足。

このような40年もっかっても、完成しないダムに痛痒を感じないでやれるのは、相当無神経で厚顔で、強心臓でなければ、できるものではない。

今、借金大国になって、株も下がり、東日本大震災で、円高で輸出産業は軒並み青息吐息。しかも、二極化進行でフリーターや低所得者が多くなり、ウツ病が蔓延し、自殺は交通事故より断然多い。そんな世の中で、強者のみが利益を享受する市場社会になっている。

20110417_2016084_2 Bf152690 同様に「もんじゅ」も、巨大費用を食い尽くして、完成の見込みがない。40年後も、完成しそうにない。これも、費用を全部国民にばら撒いて、国民の懐を潤わせたほうが、よっぽどいい。

みんなが平等に幸せが味わえる采配をするのが、統治者の役目ではないか、と私などは思うが、違うのか。「八ツ場ダム」の費用も「もんじゅ」の費用も、公平にばら撒いた方がよほどいい。そうしたら、社会全体に使用され、社会の潤滑油になる。ゼニは、溜め込まれることはなく、地域で使用されたら、そこで役立つ。

Images 240pxbridge_pier_in_naganohara 八ッ場ダム(やんばダム):ダム建設計画は、1949年(昭和24年)に経済安定本部の諮問機関である治水調査会の答申に基づき建設省によって手掛けられた.
利根川の主要な支流である吾妻川中流部、群馬県吾妻郡長野原町川原湯地先に建設が進められている多目的ダムである。2015年(
平成27年)度の完成予定で、完成すれば神奈川県を除く関東1都5県の水がめとしては9番目のダムとなる。形式は重力式コンクリートダムで高さは 131.0 m 。国土交通省関東地方整備局が事業主体。

1952年(昭和27年)計画発表。
当初は堤高 115.0 m 、総貯水容量 73,100,000 t 「六合(くに)ダム計画」、又は温川「鳴瀬ダム計画」のダム計画貯水容量や水没物件の点ではかどらなかった。
1965年(昭和40年)中和事業によって吾妻川の水質改善、1967年(昭和42年)現在の地点にダム建設決定。
の1億トン級のダムとして事業が発表。水没地域である長野原町に頑強なダム建設反対運動。
1986年(昭和61年)、「八ッ場ダムの建設に関する基本計画」が2000年(平成12年)事業工期として策定。
第1回変更で工期が2010年(平成22年)に延長
第2回変更で建設目的に「流水の正常な機能維持」が追加。同時に総事業費が2,110億円から4,600億円に増額修正。
第3回変更で建設目的に2008年(平成20年)「発電」が追加されると同時に、工期が2015年(平成27年)に再延長。
S 2009年9月16日、鳩山由紀夫内閣、国土交通大臣前原誠司は「八ッ場ダムの事業中止」明言、鳩山由紀夫首相も支持。
地元住民や関係者の反発は大きく、長野原町議会は9月17日、「八ツ場ダム建設事業の継続を求める意見書」を採択。また、水源地域対策特別措置法に基づき事業資金の一部を負担した共同事業者「群馬県」大沢正明知事は、「地元住民の方々の意見、関係市町村、共同事業者である1都5県の意見を聞くことなく、建設を中止としたことは言語道断、極めて遺憾」とコメント
2010年12月2日、12月上旬にダム建設事業の資金が枯渇するとこととなり、直轄事業負担金の支払いを保留していた東京都、埼玉県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県の6知事は馬淵澄夫国土交通大臣と会談を持ち、保留を解き支払う意向を示した。

(賛成)日本の水事情と八ッ場ダムの効果
http://www.town.naganohara.gunma.jp/dam/index.html

(反対)八ッ場ダム、とめどなく溢れる思考停止報道
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/7eaba4bbf3409d6bf7151d9501304ff2

Img4e686bff4ceb8 (2011.12.2 11:08 )八ツ場ダム建設是非、前田国交相「年内に最終判断」改めて表明 建設の是非を再検証中の八ツ場ダム(群馬県)について、前田武志国交相は2日の閣議後会見で、「(有識者会議開催の)7日で国交省の務めとして、やらなければならないことをすべて完了。(その後)私が決断するプロセスになる」と述べた。その上で「24年度予算に反映させるため、最後の踏ん張りをしている。年内のつもりだ」と最終判断の時期を改めて表明した。

んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村nozawa22
 ←クリック

|

« 定年後の仕事に 里親になってみませんか? | トップページ | 性同一性障害 ゲイ レズと違う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定年後の仕事に 里親になってみませんか? | トップページ | 性同一性障害 ゲイ レズと違う »