« 中国漁船が凶暴化 韓国警備員刺殺 | トップページ | 日露戦争二百三高地争奪戦と日本人 »

2011年12月16日 (金)

豊臣側と徳川方に引き裂かれた真田一族

01 02 上田城 DVD「真田太平記}(NHKエンタープライズ)から紹介する。戦国時代、最終局面で慶長5年(1600年)7月、家康軍が、上杉景勝に討伐軍を起こして関東へ下る。京都にいた真田 昌幸(父)もこれに従っている。次男(真田左衛門助幸村)も父に同行する。長男は人質同様で家康に仕えていた。真田信繁、冬の陣で大阪城の一角に真田丸(出城)をつくって、徳川軍を散々苦しめて大活躍してみせるが、彼の役を大柄な俳優(草刈正雄)が演じているが、実は小柄だったと記録が残っている。大坂の陣の時、後藤基次の近習を務めた長沢九郎兵衛という者が、後年口述筆記させた『長沢聞書』によると「真田左衛門佐(信繁)は四十四、五にも見え申し候。ひたひ口に二、三寸の疵跡あり小兵なる人にて候

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村nozawa22

家康の留守中に五奉行の石田三成が挙兵し、上杉景勝との挟み打ちを計画して、諸大名に家康弾劾の書状を送り多数派工作を始める。昌幸は下野国犬伏(栃木県佐野市)で書状を受け取り、宇多氏を通じて三成と姻戚にあった関係から次男信繁(=幸村)と共に西軍に与し、上田城へ引き返す。信繁=幸村、幸村は、生きている間は使われていない。江戸時代になって、物語で使われるようになった、らしい。

3038 この時に、長男信幸を滞在していた下野国犬伏(栃木県佐野市)へ呼ぶと、夜遅くなって三人の話し合いになった。つまり、家康に同行して上杉景勝を討伐する側につくか、そうではなく豊臣側で徳川と対抗して意地を通すか、親父(昌幸)と長男(信幸)と次男(信繁)と、人払いして相父(昌幸):今このとき、家康を残すのと、石田を残すのとは、どちらが豊臣の御為になるのか。
3035
兄(信幸):豊臣の御為と申すより、どちらが天下のためあいなりましょうや。
父(昌幸):天下じゃて?
兄(信幸):はい。父上は、これより先、再び天下とりの戦乱が続くことをお望みでようや。父上は戦乱に乗じて、世に出ようと。
父(昌幸):どう・・
兄(信幸):父上!
父(昌幸):これで決まったのう。
兄(信幸):はい。
3036_2
父(昌幸):左衛門助、わ主はどうする?
弟(信繁):父上と共に。
父(昌幸):さようか。
兄(信幸):左衛門助。
弟(信繁):親子、兄弟が敵味方に別れても、あながち悪しゅうはございますまい。
兄(信幸):そうかもの(はい)左衛門助、上田は、父上一人に任せぬか。
弟(信繁):兄上の言葉に従いましょうか。
父(昌幸):沼田は伊豆守一人でいいのではないか?
3037
弟(信繁):父上はかように申します。
兄(信幸):わぬしの決めることではない。
弟(信繁):なれど、私には城がございます。
兄(信幸):それがどうした?
弟(信繁):なれど、父上亡き後は、上田の城が欲しゅうございます。
兄(信幸):父上と離れるか、それもかなわぬか。(はい)
弟(信繁):もし兄上、沼田が立ち行かぬ時は、私の上田がございます。
兄(信幸):上田が立ち行かぬ時は、沼田(はい)。左衛門助、はいわかった。父上、では、これにて。
父(昌幸):もう行くか?(はい)行くがよい。
兄(信幸):では。

兄弟で、徳川につく兄と豊臣につく弟の役割分担がこのときに決まったのだと歴史書にも書いてあるが、一族が両方に分かれて、保険をかけたといわれるゆえんは、ここにある。

その前に、なんで?上杉景勝が家康に攻められるのか。それを知らないと、話がわからない。

(1600年)4月、五大老の一人上杉景勝に、家康から、領内諸城改修の説明するため召還命令、家康ら大阪へ出てくるように命令されるが、拒否。召還命令は景勝を排除の策と見られる。 この際、直江兼続による挑発的な返答が、家康の会津征伐を煽った(直江状)。「こんな侮辱された手紙は初めてだ」と、家康は手が小刻みに震えていたらしい。家康は大軍10万を率いて景勝討伐に出陣し、景勝は突貫工事を命ずるが、6月になると普請を中断して家康軍の対応にあたる。7月、討伐に向かった家康の上杉攻めでがら空き京都大阪で、石田三成らが挙兵(関ヶ原の戦い)。家康に対して会津から出兵。

父の真田昌幸は、下野国犬伏で石田三成の書状を受け取り、三成と姻戚関係から次男信繁と共に西軍に与し、上田城へ引き返す。ここで、在阪、在京の東軍(家康軍)に味方している武将の奥方は全員、大阪城へ人質にとられる。が、ガラシャは、自分が人質では夫が自由に行動ができないだろうと自害する事件が、この時、起きる。

上杉景勝らは、東軍に与した伊達政宗や最上義光らと戦った(慶長出羽合戦)。しかし、9月15日の関が原で西軍三成らが敗れたため、12月に家康に降伏する。  

大阪夏の陣 真田幸村奮闘 淀の側近能力 大阪冬の陣http://youtu.be/khaEKH29sMQ 真田太平記 大阪夏の陣 草刈正雄http://youtu.be/R2urKrh52mU  真田太平記 「上杉景勝」 http://youtu.be/juAhpkSfikM    真田太平記 「超タカビーな稲姫」 - YouTube  真田太平記 「昌幸最愛の末娘於菊」 - YouTube

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 
ブログ村nozawa22

  • 江(小督)の嫁いだ(常滑)大野城 2011.05.10
  • 本能寺の変 家康 紀伊越え 伊勢湾横断 2011.05.09
  • 細川ガラシア辞世の句 2011.05.08
  • 秀吉、高松攻め前の裏工作の密書 2011.02.04
  • そなたと生きられたこと 誇りとするぞ 2011.01.09
  • 長篠の戦い 信長完勝 完敗勝頼 2010.10.15
  • 信、義、そして愛 直江兼続の考え方 2009.06.28
  • なぜ浅井長政は信長に滅ぼされたか 2008.10.03
  • 北条早雲を攻める豊臣秀吉の頭の中 2008.03.13
  • 豊臣秀吉 天下統一バブル崩壊 2008.01.05
  • |

    « 中国漁船が凶暴化 韓国警備員刺殺 | トップページ | 日露戦争二百三高地争奪戦と日本人 »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « 中国漁船が凶暴化 韓国警備員刺殺 | トップページ | 日露戦争二百三高地争奪戦と日本人 »