« オウム教団主要メンバーの経緯を見る | トップページ | 巨人清武英利対読売渡辺恒雄 読売内紛? »

2011年11月23日 (水)

東大院生桑原悠はるか 町議にトップ当選

01_2新潟県津南町で10月30日にあった町議選で、東大大学院2年の桑原悠(くわはら・はるか)さん(25)が無所属で初当選した。

んだよ!クリックよろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村nozawa22
 ←クリック

町議選には定数16に対し17人が立候補した。2位の2倍の得票でトップ当選。3月の長野県北部地震で被災した故郷の惨状を見て、政治家を志したという。
201112169740541n
桑原悠はるか(村議) 津南町は長野と新潟県の県境にあり、人口約1万1千人。高齢化が進む雪深い町で、兼業農家の長女として生まれた。母方の「じいちゃん」が田中角栄元首相の熱心な支援者で、そのエピソードを幼いころから聞かされた。政治家を志していたわけではない。早大進学後の米国留学時に、オバマ現大統領の予備選挙を同世代の若者が手伝うのを見て刺激を受け、東大大学院で公共政策を学んだ。関心は深まったが「数ある職業の一つ」に過ぎなかった。

立候補を決意した直接のきっかけは、東日本大震災の翌3月12日に起きた長野県北部地震。震源地の長野県栄村と隣り合う津南町も震度6弱を観測した。道路や農地に亀裂が入り、住宅が傾いた。帰省して、惨状を目の当たりに。財政や雇用などの問題も抱える故郷を「立て直したい」と思った。
内定していた県内の魚市場の就職は悩んだ末、断った。8月、被選挙権を得た満25歳の誕生日に都内のアパートを引き払った。地元中学の同級生たちがスタッフとなり、応援演説を買って出てくれた。
「まず最初に議会を改革したい」と語った。

被選挙権が25歳からある。その直後に当選したら、やることが一杯の人生になる。彼女の若さは、小学生や中学生に見せてやるといい。こんなに若くても、選挙に出て、町の議会で発言して、町を改革していけるということを、全国に知らせて、見学に来てもらうといい。政治が身近になるから、ぜひそうして!八戸市議、美しすぎる市議より使い物になるのではないか。

東大院生桑原悠はるか(村議)が議会で初質問したというニュースで、盛り上がっている。http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111216-OYT1T00074.htm?from=navlp

んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村nozawa22
 ←クリック

|

« オウム教団主要メンバーの経緯を見る | トップページ | 巨人清武英利対読売渡辺恒雄 読売内紛? »

コメント

こんにちは、昨夜(1/6)のNHKニュースウオッチ9を友人がメールで知らせてくれ貴女のことを知りました。TV画面のバックにわが町(兵庫県香美町)の議会での一般質問の一部が出ており驚きました。津南町議会でもインターネットで公開しようとされているのですね。香美町議会でのそのことについてご協力できることがあればご質問下さい。また香美町議会の議会広報に議案に対する議員の賛否が分かるように掲載しています。これらは平成21年4月の選挙で当選(残念ながら無投票)した新人議員が積極的に関与して、また議長の後押しもあり採用にいたりました。我が町には女性議員がいないので貴町は羨ましいです。一度香美町のHPを見て下さい。議員の情報も公開しています。

投稿: 植田隆博 | 2012年1月 7日 (土) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オウム教団主要メンバーの経緯を見る | トップページ | 巨人清武英利対読売渡辺恒雄 読売内紛? »