« 郵便配達は二度ベルを鳴らす 映画化四度 | トップページ | 池田名誉会長の病状 週刊文春10月27日号 »

2011年10月20日 (木)

朝日新聞は反日で、日本をおとしめるか

01 10月14日天声人語より 朝日新聞は、政府および日本の公機関にほかのマスコミがあえて取り上げない点を批判するのか。その点を考えてみたい。

んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村 nozawa22
 ←クリック

 今回「松島自衛隊基地の戦闘機18機水没」で1機110億円で12機は廃棄1320億円の損、6機修理で800億円、分解調査に136億円かかった、とある。防衛省は第三次補正予算で1090億円を要求した。1320億円(12機廃棄)した上で、1090億円を要求している、と見られるから、国民感情としては、防衛の要の基地で戦闘機がこんなに簡単に被害にあうことが、納得いかないのだ。

F2 それを投書「声」欄に一般の人が声を上げた。それをうけて、天声人語が取り上げた。またnozawa22松島基地 津波ゲリラ 戦闘機18機破壊でも取り上げた。関係者から論理的な反論もあった。

自衛隊基地の運用、基地管理の指示を理解している立場の人から、ご意見があった。それによると、 

震災当日は、予定されていた飛行訓練が悪天候(降雪)で中止になる。
 ↓
 降雪で訓練中止になり、各種航空機収容中に地震(松島は震度6)発生。
 ↓
 直後、津波警報発令。宮城到達予想時刻は15時頃(NHKの速報)。
 ↓
 航空機の緊急離陸よりも、基地要員の人命優先(津波の場合、ジェット機並みの速度で襲来)、全員庁舎上層階へ退避。
 ↓
 結果的に同基地は、主要装備を損失するも、人命損失を微小に抑え、その後の人海戦術で基地の応急処置を完了し、救助や救援物資空輸の航空機離着陸が可能になる。
 
 まず、松島基地と配備部隊、地理、航空機の運用等を把握していれば、当時の状況では離陸は不可能

そのようなことは、松島基地HPや航空専門誌、報道(産経、チャンネル桜)、某大手掲示板、国会TV、動画サイト等で既に語られているので、あえて「朝日新聞」等で取り上げても意味がない、という主張である。  
 そういえば、テレビ、「読売新聞」「産経新聞」等マスコミでは、自衛隊の戦闘機の流失と補正予算請求に異議を唱える論調は、私の知る限りないようだ。「朝日新聞」だけが、投書「声」欄で取り上げた。それに引きずられ、遠慮がちに「天声人語」で取り上げた。

国民の多くは、今自衛隊が日本の防衛、救助災害に有益な団体であることを認識して、内心「自衛隊がんばれ」という意識、愛国心の塊に見えてきている。かつての平和憲法に違反する団体で、戦争反対、平和愛好の阻害しているとは、見ていない、と私は思っている。

 しかし、こうした「異議唱える」論調が出ると、体制側は過剰に反応して、異議を唱えたものを悪者視してしまう傾向がある。上の立つものは、意義を唱えるものこそが真の味方だと気づかない。

ワルガキや反抗する子ほど、後になって先生を慕ってくる。学生時代にいい子だった子は、卒業したらあまり近寄ってこない。反抗する生徒はそれだけ、先生に批判を浴びせていることは、それだけ関心がある、それは自衛隊や公的機関の矢表に立つ人は理解するべきだ。

 すぐにモンスターピアレント風の、イヤな存在として排除しようとしてしまう。異議にきちんと対応しないと彼らは、ますます対立が激化する存在になる。彼らこそが一番関心をもって自衛隊を見ているし、理解してくれたら、より高次の自衛隊の考え、日本を愛する国民グループに変化していく。

 今、無条件に自衛隊のあり方を賛意を表している人たちは、自衛隊から恩恵を受けている存在であって、その無批判に受け入れている存在ではないか、と思ってしまう。一旦、彼らに自衛隊がメリットがない存在になったとき、本当に自衛隊を支持してくれるか、疑問に思ってしまう。

 批判グループに対して、上に立つ組織、あるいは体制は、批判を避けないで、正面から批判を受けて立つ姿勢がほしい。それがより大きな進歩のエネルギーになる。自衛隊を嫌いとか、批判のための批判ではないことに気づいてほしい。相手をやり込めるために批判しているのではない。むしろ、好きだから、好きになりたいから、批判しているのだ、と気づいてほしい。

PhotoPhoto_2 自衛隊とは違うが、朝日新聞「声」の投書を二件紹介する。これも批判しながら、愛すればこその意見と思って読むと、朝日新聞のやっていることも、「反日」という意識ではない、と気づくはずだ。

 韓流番組騒動、どう考えたらいいのか 放射能の拡散、日本はどこが安全か  増税へ日本導く 影の総理 勝栄二郎 MT-X on 松島基地 津波ゲリラ 戦闘機18機破壊 戦闘機一機 100億円×40機発注予定

んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村 nozawa22
 ←クリック

|

« 郵便配達は二度ベルを鳴らす 映画化四度 | トップページ | 池田名誉会長の病状 週刊文春10月27日号 »

コメント

?朝日は反日ではないとの論調みたいですね?それって詭弁でしょう、自衛隊を認めることで中立を装っても駄目ですよ。強いて反日でないとすれば朝日新聞社全体意志が今の日本を否定して自分が思うほうに世論を誘導しようとしている、その全体意志が大勢の国民に見透かされているんじゃないでしょうか?朝日新聞、テレビ朝日は醜いです。もっとも毎日新聞、東京新聞、TBSも同類で酷いものです。

投稿: 三浦さくら | 2014年10月25日 (土) 02時53分

朝日新聞は反日を意図しているとは思っていません。
全てにおいて常に体制批判をしているだけです。
それは発行部数を考えてのことかと思います。
政府が間違っているという情報は皆が注目しますから。

朝日新聞が反日といわれる理由は、主に従軍慰安婦や南京事件での記事によるものと思われます。
利他的な主張をしたのですから、反日の謗りは甘受すべきでしょう。

投稿: | 2014年12月29日 (月) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 郵便配達は二度ベルを鳴らす 映画化四度 | トップページ | 池田名誉会長の病状 週刊文春10月27日号 »