« 吉祥寺支局長マルティーナ 笑ってこらえて | トップページ | 韓流番組騒動、どう考えたらいいのか »

2011年10月14日 (金)

放射能の拡散、日本はどこが安全か

01 一番影響の大きいのは、福島県。栃木、群馬。茨城、千葉も、影響を受けている。最近(10月12日)ようやく文部科学省が発表した汚染マップである。コレ見ると、福島の米を買いたくなくなる。隠したくなる気持もワカランでもないが、放射能がどれだけ影響あるか、自信を持って答えられる人はいない。

んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村 nozawa22 ←クリック

一番こわいのが、セシウム137で、この半減期が30年かかる。新潟県と秋田県でヘリコプターで上空を調べた結果をセシウム137に限って発表しているが、薄茶色地帯は、毎時0.2.~0.5μSV(マイクロシーベルト)で、年間1mSV(ミリシーベルト)になり、それは、3万~6万ベクレルと測定される。この水準が環境省が除染の対象にする地域である。

Bekureru ロシアの原発事故で怖い思いをしたチェルノブイリは、3万7千ベクレルになった「汚染地域」は、強制避難の対象になった。このとき、日本から見てて、すごいことになっているという印象があった。ところが、今日本の現状は、色の薄茶色地帯で、3万~6万ベクレルとなっている。一番赤くなっているところは、60万ベクレルでは、ロシアのチェルノブイリをはるかに上回っている。測定機器の値段は、被曝線量は、公衆トイレの中が多い で紹介している。

それが今日本、わが国で起きているのに、ピンと来ていないのは、なぜなんだ?ロシアは国土が広いから、強制排除しても行く場所が国の割り当てでいけるが、日本のような場所では、行くに行けないから、汚染被害を矮小化しているのだろうか。

怖がらせてはいけないという配慮でか、政府の中で、大本営発表で戦果を過大に発表して、日本が負けていると知らせない事態と似ていないか。あの真っ赤な原発付近は永久に使用不可能であると、早くに宣言してやらないと、期待を持ち続けさせては、生殺しだ。放射能汚染の現実を知ってもらって、日本に住めない人は、海外雄飛するチャンスをつくったらどうなんだ。

水田で稲作の名人には、メコンデルタの広大な水田を日本政府がベトナム政府と話し合って、レンタルできないか。あるいは、多雨で高温の地域を探し、二期作で、米を年二回つくって、日本に輸入したら、米が安くなるのではないか。消費者の立場からしたら、こんなにいいことはない。ご飯茶碗一杯で10円、20円になったら、生きていくのが楽になる。

国民基礎年金1ヶ月で6万余円で生活できるような背景をつくることが、憲法で保障している文化的最低限度の生活を保障することになる。国民にとっては、基礎年金は生活保護費と同じ意味がある。基礎年金で最低生活が可能になる。フィルピンやインドネシアに日本の年金生活者が住める場所はないだろうか

国民基礎年金で生活できるように、文化的な生活を保障するのが、憲法に書いてある。それを国民年金に関していえば、憲法違反である。これを裁判所に訴える人はいないか。国を訴えて勝てるはずがないと、誰も訴える人がいないが、訴えるだけの事象だと思う。

話が転がりすぎたので、元へ戻す。セシウム137の蓄積量がまだ調査がおわっていないから、早く調べて、実際どの程度のものがあるか、さっぱりわからない。目に見えないから恐れる子持ちの親がいれば、大騒ぎなり、反対の目に見えないから、気づかないで平気でいる場合もある。どっちが正しいか、さっぱりわからない。

この汚染マップの日本地図を見て、この上空を飛ぶ飛行機は、汚染されるのではないか。最初の水蒸気爆発のとき、放射能がとんだのだろう。この危険をダレも予想していなかったという原子力科学者って、バカなのだろうか。安全という予想、安全神話を原子力発電に植えつけたのは、国策で核兵器を持てない代わりに、原子力を持ったという経緯がある。これは北朝鮮が核兵器を手放さないと同じくらい、日本には外交カードになっている面があるのではないか。

その点をダレも正直にいわないから、原子力発電推進派の理由付けが弱くなるのだ。これを正直に言えば、九州電力のやらせメールも「なるほど」と、反対派にも、理由がわかり、原子力が日本の必需品であると言ってくれるのではないか。

わかりませんよ、核兵器の代わりに原子力発電を作っている、という論拠は私の想像ですから。専門家に聞いてください。原子力というエネルギーがある限り、それを安全に利用できるなら、使う可能性がある。安全に扱うための技術を研究を放棄して、「こわい、怖い」では困る。技術と知識は、無にしないできちんと研究するべきだと、私は思う。

原子力を利用して、偽メール、やらせを示唆しておいて、第三者協議会の結論をいい加減にあつかうようなトップがいるようでは、「原子力の安全知識」を研究して、まともに国民の安全を図るとは思えない。というのが、現状での結論だ。

原発・放射能の影響   金町浄水場の水に放射能の影響 2011.03.23 原発事故の最前線の安全を守れ 2011.03.26 大本営発表?とうとう原発被害レベル7   原発事故の被爆、どれほどの危険か?  命を絶った酪農家 原発さえなければ 山本太郎Twitter 原発情報の信用度問う 西山英彦(原子力保安院)から日本が崩壊   宮沢賢治似の反原発科学者 高木仁三郎 被曝線量は、公衆トイレの中が多い

んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います
 ブログ村 nozawa22 ←クリック

|

« 吉祥寺支局長マルティーナ 笑ってこらえて | トップページ | 韓流番組騒動、どう考えたらいいのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉祥寺支局長マルティーナ 笑ってこらえて | トップページ | 韓流番組騒動、どう考えたらいいのか »