« 隠居のススメ(天野祐吉)に逆らう 学友 | トップページ | 副交感神経の働き 肌荒れ 脳梗塞防止 »

2011年9月 6日 (火)

ゴーヤカーテンからゴーヤ料理へ

08410880 猛暑が過ぎて、ゴーヤのカーテンが大いにがんばってくれたあと、ゴーヤが出来すぎて、困っているご家庭もある。スーパーの野菜売り場で、ゴーヤは1本50円、安く売られている。「1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

あさいち(NHK)で、「豚こまとゴーヤ」つまみ揚げを紹介していた。わりと簡単にできて、おいしそうだ。子供もよろこぶし、野菜を一緒に食べられるから、栄養の観点からも、主婦にもありがたい、と思う。

材料は①ゴーヤ1本、②豚こま300グラムだけだ。あとは、調味料としてしょう油、ごま油、砂糖、小麦粉、たまご、にんにく少々、この程度だ。料理の過程での注意がある。ゴーヤの苦味を取り除くために、ゴーヤを切ったあと、塩と砂糖を振って10分放置する、これで、かなり苦味がとれて、水分が絞れる。

「ゴーヤとブタ小間のつまみ揚げ」料理、始まり、始まり!
0846 0849 Aゴーヤの処理
①ゴーヤは半分に切って種とワタをとり、3,4ミリに切る。
②塩、砂糖を少々振りかけ、10分置く。
③10分後、手もみをして水を切る。

Bブタ肉の処理
08500853 ④ビニール袋の中に、しょう油、ごま油、酒、砂糖(各小さじ1)、(好みで)にんにくスリ下ろす
⑤ブタ小間切れ300グラムをビニール袋内に入れ、肉をもむ。

Cつなぎ材
0859_2 ⑥ボール内で、卵1個、水カップ1/2、小麦粉カップ1入れて混ぜる。味付けなし。
0870D材料の合体混ぜ合わせ
⑦水気を絞ったゴーヤ+ビニール袋で味付けした豚肉→ボール内で、つなぎ材と手もみで混ぜる。

揚げ開始
08740878 ⑧粘り込んだ(ゴーヤ+ブタ肉)を唐揚げ用の塊りにする。
⑨160度から180度の油に入れて、5~6分揚げる。
⑩肉と野菜を一緒に食べることができ、健康によい。
0880_2

ビールのつまみにもいいし、子供のおやつにもいける。一度、作ってみてください。

食料と料理  満腹でも食う人間 ダイエットできるか 食べ物、食文化 塩分を減らす食事を考える 

WTO決裂 背景と日本農業   金芽米  大晦日 昭和20年代のごちそう  おばんざい 京都の手料理  人はどれだけ食べたら満足するか 味噌汁は日本の最高の知恵なり  ポリアミン効果、慢性腫瘍に効く  毒キノコ 食べられるキノコ  サンマのDHA 脳神経と中性脂肪に有効  下水溝油!再生食用油で出回る  梅ジュースを造ってみた。  飲料水「だから」って一体いくら?  大潟村 新しい米粉麺の需要創造  揚げサバ味噌煮 簡単料理  ゆで卵のカラ なぜむき難いか 遺伝子組み換え 是か非か

1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思いますブログ村 nozawa22 ←クリック

ポチッとよろしく!

|

« 隠居のススメ(天野祐吉)に逆らう 学友 | トップページ | 副交感神経の働き 肌荒れ 脳梗塞防止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隠居のススメ(天野祐吉)に逆らう 学友 | トップページ | 副交感神経の働き 肌荒れ 脳梗塞防止 »