« 日本史⑤ 太平洋戦争関連 | トップページ | フジTVへの抗議は、右翼の街宣か »

2011年9月22日 (木)

円高ドル安 1ドル=76円、いいのか日本

イギリスへ行ったとき、レストランで食事会パーティーをした。支払いは「おじいちゃん、頼むね」ということで、支払いをマスターカードをつかったら、最近、請求書に(レートは)1ポンド=125円と書いた請求書がきた。

「1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村 nozawa22 ←クリック

 一年前は、1ポンド=150円以上だったが、アレ、損した?得した?ふと分からなくなった。100ポンドの請求だったとしたら、1ポンド=125円だと12500円だし、1ポンド=150円だと15000円の支払いになる。とすると、1ポンド=125円だと、支払う日本円は少ない、ということになる。これが、すなわち円高である。

ポンドの話は、分かりにくいから、ドルで考えよう。円高で経営しにくいから、工場ごと海外移転してしまうと考える企業もある。最近の円高は

1ドル=150円 100円=0.67ドル
1ドル=100円 100円=1.00ドル
1ドル=  76円 100円=1.32ドル

  と、今言われている。

 つまり、100円という商品があると、それが何ドルで買えるかで、ドルレートを見ると円高か、どうかが分かる。国単位で、円高メリットで「円高差益で得する分、その差益損の補填する」制度を完璧に行えば、レートで損得はなくなる。その理屈は成り立つが、実際行う気配が無いのは、実際にはできないだのだろう。

 今、日本は、国難の最中で、かつ歳入は40兆円で歳出は100兆円の破綻家計をやりくりの最中で、よその国を支援できる状況ではない。国債の借り入れは900兆円にのぼり、この借金をどう返せばいいのか、頭が痛い状況。そんな日本の「円」が買われているのだ。普通の感覚からすると、1ドル=108円あたりでいいのが、不思議不思議、今じゃ1ドル=76円、そんなに円の価値ある?昔々は、1ドル=360円、一年365日に似ていると思ったものだ。

1176 今、ヨーロッパの財務・金融に携わる人たちは、財政破綻が目の前にせまっているのを回避するために走りまわっている。目下の火の粉は、ギリシャの財政破綻である。コレを放置しておくと、今ギリシャにカネを貸している銀行が破綻、そこの銀行だけでなく、その銀行の債券を買っているフランス、イギリスの金融機関の市場価値がいっせいに下がっていく。その「ばば=ギリシャ債権」を抜き逃げようにも、市場にはお金はだぶついているのに、不利な金融商品は買うところがない。それで、世界の金持ちは、だぶついている金をどこに投資するか、という金融が一斉に日本に一時避難する。それで、円高になっている、と解説していた。

だぶついている金融資産は、一説には、何万兆円(億ではない)も、市場に出回っているという。いい物件があれば、一斉に投資先を目指して動くらしい。

1174 アメリカ、日本も、ギリシャが財政破綻した場合、その影響から逃れることはまず出来ない。ドミノ倒しだそうだ。それより先に影響のある国は、スペイン、イタリアは、財政規模はギリシャの5倍以上あるから、財政破綻が連鎖したら、影響はギリシャの比ではない。この伝わり方を称して、金子先生、「伝染病」といった。言いえて妙である。

金子先生、ヨーロッパに財政状況を称して、「日本の不良債権問題が発生した1997年頃の状態がずーっと今に続いているようなもの」と説明した。

金子 勝(かねこ まさる、1952年6月25日 - ):日本の経済学者。慶1178應義塾大学経済学部教授。専門は、制度経済学、財政学、地方財政論。経済理論学会所属。
1975年、東京大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修了、マルクス経済学を専攻。1980年に研究所助手、茨城大学講師、法政大学助教授・教授を経て、2000年から現職。
東京大学在学中、学生自治会の委員長、学生運動の経験。
2003年より慶應義塾大学「モーニング娘研究会」顧問。
テレビ番組TBS『サンデーモーニング』や、テレビ朝日『朝まで生テレビ!』などに登場。

 日本の不良債権のときは、こっちのゼネコンがあぶないとウワサがあるかと思えば、こっちの流通業が危ない・・・、と思えば、北海道開拓銀行が突然倒れたのは、その頃だったと思う。危なかった。小岩の「北海道開拓銀行」の隣の銀行に融資してもらって返済に通っていたから、苦しい思いの毎日でいた。昨日までドーンと立派な銀行だったのが、倒産!銀行って倒産するのだ、と知ってかなり驚いた。

 現在のギリシャの財政危機は、リーマンショックの影響より、大きいというのが、一致した見方らしい。市場経済が世界規模でつながっているというコワサをしみじみ感じる。こういう他国の影響をきらう人にとって、鎖国しておけば、影響受けない…、すなわち平穏な生活が送れる、か?

日本の苦痛は、東日本大震災、その上に原発事故、国難レベルの危機が日本に来ているというのに、その上に「円高」という外国へモノを売る際には、高くなるというデメリットが追いかぶさる・・・、つまり貿易立国日本としての生命線をギリギリ首絞められて状態だ。

この大元のギリシャの財政危機をどうすれば、脱することができるか、経済学者金子先生の処方箋は二つ、
Aギリシャの不良債権を買い取るだけの資金をEU圏の中から出し、救済する。
B破綻前に、すべての債権放棄をしてもらう。その損失をEU全体でカバーする。

1182 ケチケチしていると、財政危機の火は消えないで広がる。全ヨーロッパに広がり、ユーロが下がり、円高はますます円高になり、再び世界不況になる。

アメリカもオバマ大統領も、仕事の創出1 で余りうまくいっていないし、来年は大統領選挙だから、政策を出しているが、反対勢力が足をひっぱって、景気回復もおおぼつかない。30兆円規模の公共事業や減税を実施しようとしている。共和党系のTeaPartyティパーティが各地に出来て、盛んに小さな政府を主張して、極論グループが盛んに活動している。だから、公共事業して景気回復を目指そうとしているが、ちっとも前に進まない。共和党の大統領候補選びで、8人いる候補中、そのTeaPartyティパーティに媚び売る候補が6人、2名は中立を保っている。共和党は保守層に受ける、外に目を向けない「小さな政府」論者、ブッシュやペイリン女史みたいな白人優位の人が多いようだ。

このまま、アメリカが不景気を輸出するような形が続くと、日本もお付き合いで、ずっとこのままかもしれない。ここで、原発もダメっと萎縮してしまうのは早い。世界、国際的な影響を受けたくない・・・と鎖国してしまう攘夷論ではなく、自然由来のエネルギーを作れる国になれば、日本は変わる。

もし共和党TeaPartyティパーティの考え方で大統領が選ばれると、たぶんアメリカの世界支配は終わる。そうすると、中国が世界の覇権を握ろうとと強引なことが起きるかもしれない。中国共産党が世界標準をもっと学んで、穏やかになってもらわないと、困るのである。特に、安すぎる元のレートを国際標準にあわせるようにしてもらいたい。そうして、貿易不均衡を直しましょう。

安い中国製品が入ってこない、という困ることが起きて、いやいや「痛しかゆし」か。世界通貨、世界経済圏にしましょうよ。そうしたら、通貨レートでもめる問題はなくなる。今、世界は戦国時代だね。そういうことだ。

「1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村 nozawa22 ←クリック

TeaPartyティパーティ 2010年11月2日に実施されるアメリカ中間選挙に向け、一大旋風を巻き起こしている保守系の市民運動。

http://kotobank.jp/word/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC
 オバマ政権の大型景気対策や医療保険制度改革などを批判し、増税なき「小さな政府」を掲げる。現在、数千の組織がある
と見られているが、特定の統括団体やリーダーが存在するわけではなく、その実態は明らかになっていない。参加者の大半は白人で、全体にリバタリアニズム(自由至上主義)の傾向を持つが、反オバマ・反再分配・反国家介入で結集している一時的な保守回帰活動に過ぎず、政治運動の本流にはならないという見方もある。

|

« 日本史⑤ 太平洋戦争関連 | トップページ | フジTVへの抗議は、右翼の街宣か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本史⑤ 太平洋戦争関連 | トップページ | フジTVへの抗議は、右翼の街宣か »