« 大震災で幸福とは何だ!と思うこの頃 | トップページ | 映画「遥かなるクルディスタン」民族クルド »

2011年6月 4日 (土)

雲仙普賢岳火砕流20周年

4043_24038雲仙普賢岳の火砕流の記憶をこの東日本大震災を経験した今、NHKが特別番組で放送していた。もう二十年経ったか、そのとき生まれた赤ちゃんが大学生になっている歳月だ。「年々歳々、人同じからず」と、当時の人が老いていく姿も、二十年隔てて比べると、感慨無量である

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

4078 特に大規模な人的被害をもたらしたのは、1991年(平成3年)6月3日午後4時8分に発生した火砕流で、報道関係者16名(アルバイト学生含む)、火山学者ら4名(クラフト夫妻と案内役、アメリカ地質調査所のハリー・グリッケン)、消4081防団員12名、タクシー運転手4名、警察官2名、選挙ポスター掲示板撤去作業中の職員2名、農作業中の住民4名,死者43名(+負傷者9名)を出す大惨事となった。Wikipedia参照

4195 4100印象が深かったのは、当時島原市長の鐘ヶ江の映像と現在の落差である。

当時島原市長の鐘ヶ江 管一(かねがえ かんいち、1931年1月22日 - )、氏の、懸命に住民の先頭に立って、冷静に事態の処理に当たっている姿に、テレビ画面を通して感動さえ覚えた。説明はなかったが、20年後、鐘ヶ江さん、半身麻痺しているように見えた。活ゼツは当時と比べるべくもなく、椅子に座って話すのが精一杯の様子である。人間が生き物である限り、仕方がないが、さびしい。それも含めて元市長は伝えているのかもしれない

犠牲が出たことで、鐘ヶ江 島原市長は、このことは一生死ぬまで背負っていくと語り、職務を命をかけていた意思を感じさせた。住民を守るという首長のあるべき姿を見る思いがした。それは戦時中の中隊長の責任感と通じるものを見た中隊長佐野満寿二4045

一番の困難だと思ったのは、火山による火砕流がどんなに危険なものか、誰も知らないとき、注意指示と避難勧告の実施である、それがテーマであった。

4059九州大学の火山学者太田教授が住民避難の指示を市長に伝え、市長は三日間住民を避難させた。三日後、避難解除を求める住民に対して、太田教授は「危険は高まっている。避難の継続を求める」・・・、住民と学者との間に入った市長は、中間をとって一部解除に踏み切った。太田教授は、二十年後は、意外とかくしゃくとしていた

4098 火砕流が来ないなら、5月末から6月はじめは農家ではすべき仕事が一番多い時期だ。仕事なく、火山が噴煙上げ続け、それでも、報道陣は避難住民の家に入り込んだり、畑を荒らしているという話をきくと、落ち着いていられない。消防団員は、住民を土石流の監視と同時に盗難などの見回りをしたい。

4175 4053 普賢岳に火山の一番上に溶岩ドームが下からマグマに押し上げ、られ、徐々に成長していると、学者は観察しているが、あまり住民に恐怖をあおるのは、好ましくないという判断もある。

4136 一方。報道陣は、一番いい映像を撮りたいと、危険を承知で接近しようとする。危Photo 険は刻一刻とましているが、避難地区にある定点から去る報道関係者はいない。←警察官は、俳優不破万作が演じた。

4084 世界的にも有名なフランスの火山学者夫妻が来日した。日本の火山学者も、この二人の研究や映像に恩恵を受けているから、指図するようなことは言えず、学者グループは、報道陣の定点よりなお噴火口に近い、まるで、噴火口の真下まで接近して、カメラポジジョンを取っていた。

4184 6月3日、午後3時56分、最大の溶岩が噴火して、火砕流になって流れ始めた。それが、外国人学者たちを襲って、次に日本人報道陣に襲ってきた。

KBC九州朝日放送の記者だったと思うが、フランス火山学者から、「火砕流の怖さを教えてもらい、命を助かった」と語るシーンがあった。巨大な火砕流から逃げるすべがないなら、と早めに退避したのだった。

太田教授の出した避難勧告にしたがって、市長は住民避難を指示し4196たが、「解除」を求める住民の強い希望で、自宅避難を一部解除をした。その後、6月3日の午後3時56分、最大の火砕流、発生した。苦慮した解除範囲のわずか50mを残して、市長の判断の通り、火砕流は止まった。

しかしながら、定点の報道関係者な4155ど、そして、外国人記者は、避難範囲に入って取材、撮影中の関係者は、火砕流の犠牲になった。報道関係者16名、火山学者ら4名、消防団員12名、タクシー運転手4名、警察官2名、死者43名。報道関係者ハタクシーを借りきりで、島原タクシーは、 “普賢岳”特需でずいぶん潤ったという報道もあったが、撮影取材の記者に付き従った、運転手は犠牲になった。 

地震だ!震度6 道路揺れて歩けない 地震 日本各地の入力者の反応 地震でスーパー棚の食料品 消えた 地震と原発事故で日本中大騒ぎ 京成電鉄11時~午後5時全面運行中止 田老町 住民4000中1000名消息不明 原発事故の被爆、どれほどの危険か? 津波の怖さ 写真で見るTunami 原発事故の被爆、どれほどの危険か? 無残田老町 津波想定の2倍 南三陸町 遠藤さん マイクを放さず 水害地へ行って、手伝うべきだ!か? 大本営発表?とうとう原発被害レベル7 被災者は1年ハワイでゆっくり!? 震災ストレス、震災PTSDの現実

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

ポチッとよろしく!

|

« 大震災で幸福とは何だ!と思うこの頃 | トップページ | 映画「遥かなるクルディスタン」民族クルド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大震災で幸福とは何だ!と思うこの頃 | トップページ | 映画「遥かなるクルディスタン」民族クルド »