« 95歳の恩師へ感謝をどう表すか | トップページ | 加藤 浩次(極楽とんぼ)の好感度 »

2011年6月27日 (月)

日本中枢の崩壊 経産官僚 古賀茂明

009 ↑「現職経産省官僚」古賀茂明を田原総一朗が直撃27分

菅直人総理のどこが問題か、それをきちんと説明できる人が今いないのか、菅さんを辞任させて、野田さんを首相にして、菅さんよりうまく内閣を運営できるだろうか。自民党に政権を戻して「日本復興」を民主党政権よりうまくやれるとダーレも思っていない。そのあたりをスッキリ説明をしてくれる人、マスコミは求めている。と、私は思ってみている。

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

Photo そこで、「日本中枢の崩壊」を出版して、官僚の内部告発した経産省現役公務員古賀茂明を今、田原総一朗あたりが持ち上げている。その古賀茂明は、前外務省にいた佐藤優と同じ立場、窓際に追いやられ、経産省の次官とかトップから「辞職」を迫られている、という真最中にいるというニュースが流れている。『哀哭通信』は、同書、「日本中枢の崩壊」の内容および感想が的確に書かれていて、読みたくなる。いわく「本書は、ひさびさに読み応えのある内容を持ち合わせた「現職官僚」の提言集でもある。

経産省:古賀氏に退職打診 公務員改革・原発事故対応で政権批判
008 Img_6563  経済産業省は24日、民主党政権の公務員制度改革を批判してきた同省の古賀茂明氏(55)、大臣官房付=を退職させる方針を固め、同日午後、本人に打診した。古賀氏は福島原発事故を受け、電力会社が猛反発する「発送電分離」などの電力改革を唱えたほか、5月20日に出版した著書「日本中枢の崩壊」で、事故を巡る政府の対応を批判しており、現職官僚による「内部告発」が引き金となった可能性が濃厚だ。

 関係者によると、松永和夫経産事務次官が同日、古賀氏に7月15日付の退職を打診した。古賀氏は「あまりに性急だ」と回答を留保しているという。

何で?そんな主流から嫌われれいるか、その意見を拾ってみるか。 まず、本人の経歴から紹介しよう。
Photo_2
1955年、長崎県に生まれる。
1980年、東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。大臣官房会計課法令審査委員、産業組織課長、OECDプリンシバル・アドミニストレ―タ―、産業再生機構執行役員、経済産業政策課長、中小企業庁経営支援部長などを歴任。
2008年、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官に就任し、急進的な改革を次々と提議する。
2009年末に審議官を退任した後も、省益を超えた政策を発信し、公務員制度改革の必要を訴え続けたために官房付の押し籠められた。

 『日本中枢の崩壊』の本の冒頭に「日本の裏支配者が誰か教えよう」と切りだしてあるから「ヤクザの話になるのか」と一瞬、違和感を抱いた。そうではなく「裏支配者は高級官僚である」との指摘には納得した。そして経産省の現役幹部が実名で証言するのには驚いた。高級官僚たちの傲慢・怠惰の本性を知るに福島原発メルトダウンが必然であることがよーく理解できた。国民の怒りを爆発させないと、これじゃー、日本は沈没する。

<民主党の裏切り>
 古賀氏は本のまえがきで次のように書いている。
「自分の言っていることは、普通の国民からみれば至極当たり前のことだし、民主党がマニフェストに掲げた脱官僚などのスローガンと方向性が一致している。ただ民主党政権が官僚に騙されているだけだと思った。だから、誰かが声を上げれば、政治家の多くは理解するはずだと思った。むしろ、分かっていて黙っている方が、罪が重いと思ったくらいだ。
 ところが、私はまったく甘かった。民主党は騙されているのでなく、むしろ確信犯的に路線を変更していたからだ」。自分の甘さに非を認めるのは結構なことだが、許されないのは「民主党の変節」である。 この本の結論である。
 古賀氏は次のように断じている。
「改革が遅れ、経済成長を促す政策や産業政策が滞れば、税収不足から、政府を動かす資金すらなくなる。そう『政府閉鎖』すらおこりかねない。いや、そうした危機感を煽って大増税が実施され、日本経済は奈落の底へと落ちていくだろう。タイムリミットは、ねじれ国会を解消するための参議院議員選挙がある2013年、私はそう踏んでいる」
参考

役人の政治家操縦のテクニックなどウラの手法を熟知したうえで、内部告発的な著書を書いているから、役人のトップにとっては、正論を語られると、「痛くない腹を探られる」と感じるだろう。古賀茂明の主張している大きな点は、役人は国民のためというより、省益のためにがんばった人が上に残っている。一度上に上がった「横綱は大関陥落しない」お約束のような公務員法を変えろ、と言っている点など、聞いていて、実に明快である。

公務員も、省益に走り、検事も裁判を自分たちの方針に合わせて証拠を偽造した例は特殊だったのか、判断できないが、国民の上にたつ司法関係者も、腐っているのかもしれないように、風通しの良い社会をつくるために、どうしたらいいのだろう。考えるヒントにしたいものである。

最近の問題提起は、動画で語ることが多くなった。『山本太郎』もそうだが、古賀茂明も動画で提起している。そのほうが、邪魔されないで自分の言い分をストレートに伝えられる。

INsideOUT6/22(水)「現役官僚が激白!日本中枢の崩壊」1/3
http://youtu.be/wk0kgESXfc8

古賀茂明氏が語る 日本中枢の崩壊

古賀茂明氏:原発震災を防げなかった本当の理由とは
http://youtu.be/EnSLQFvYA6k

「現職経産省官僚」古賀茂明を 田原総一朗が直撃27分;(内閣不信任投票一日前) ★★

Img_6562 私のブログを書く意味は、そういう主張を紹介して、世の中に人々に注意を喚起して、各自が自分なりの判断をしてくれる意見を持ってもらうことだと、思っています。小学生や中学生、高校生もわかるように書いて、そして社会の動きに注目してもらい、興味をもってもらうことが、より良い社会をつくる基礎だと思っています。

退職官僚古賀茂明Ⅱ嫌われた理由 

退職官僚古賀茂明Ⅰいたちの最後ッ屁

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

日本人よ、貧しくとも高貴たれ① 日本は核をもつな、92歳中曽根康弘 アメリカ海兵隊と空軍 沖縄で犬猿の仲  アメリカ海兵隊って、どんな軍隊? ゼネコン、マザコン、日教組で長崎敗北  外国人参政権 攘夷派と開国派  消費税値上げ以外に打開策ないか  ああ、許すまじ原爆 核不拡散条約NPT 終戦 荒廃した国土 忘れるな    講和条約 日本は占領されていた   戦争を知る人たちの記録    復員兵が帰ってきた 昭20年秋   城山 三郎 ついに『落日燃ゆ』 12月8日 何の日 太平洋戦争開戦:  秀才官僚にカツ!勉強のナレの果て

日本人よ、貧しくとも高貴たれ②松岡洋右 国際連盟脱退の裏側 国際孤立を避ける方針…なんで戦争に 戦争の影響 疎開、食料など  12月8日 開戦記念日 海軍反省会  何で日本は戦争したの?  日本人は「戦争」を選んだ加藤陽子 日清戦争で日本人の意識が変わった  「ロシア油田」中国と競合から考える 怨みに徳をもって報いる 以怨報徳 尖閣諸島、東シナ海油田、漁船衝突  中国の反日運動へ断固おとなの対応 今一番モメている中国のやり方  被爆国日本が、核兵器を模索 

ポチッとよろしく!

|

« 95歳の恩師へ感謝をどう表すか | トップページ | 加藤 浩次(極楽とんぼ)の好感度 »

コメント

民主党がマニフェストに掲げた脱官僚などのスローガンと方向性が一致している。ただ民主党政権が官僚に騙されているだけだと思った。だから、誰かが声を上げれば、政治家の多くは理解するはずだと思った。むしろ、分かっていて黙っている方が、罪が重いと思ったくらいだ。
 ところが、私はまったく甘かった。民主党は騙されているのでなく、むしろ確信犯的に路線を変更していた.
この責任をどう追及するか、国民の問題になる。

投稿: 民主党の弱虫 | 2011年9月30日 (金) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 95歳の恩師へ感謝をどう表すか | トップページ | 加藤 浩次(極楽とんぼ)の好感度 »