« 猪に乗って ロデオをやるサル | トップページ | 世界で今 何がニュースか2011年6月 »

2011年6月20日 (月)

命を絶った酪農家 原発さえなければ

K01 福島県相馬市の酪農農家(54)がたい肥小屋の壁に「原発さえなければ、と思います。残った酪農家は原発にまけないで頑張ってください」とチョークで書いて、命を絶った。朝日新聞社会面トップに大きく載っている。

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

Tky201106200001 福島第一原発から60キロも離れた相馬市の山間の集落で約40頭の乳牛を飼っていた。なだらかな斜面の奥に母家があり、手前に牛舎とたい肥舎がならぶ。写真で見る堆肥舎はかなり大きい建物。

この人の一日は朝3時から牧草刈り、牛の世話をした。それが終わると畑仕事をすることもある。牛から出る堆肥を売るため、昨年堆肥舎は新築した。農機具をそろえ親から受け継いだ牧場を大きくしていこうと懸命に働いていた。

 ところが、原発事故で3月21日から出荷停止となり、絞った牛乳を捨てる日々が約1か月続いた。「牛乳が出せないからお金が入らない」と仲間にこぼしていた。JAそうま酪農家28戸のうち、(原発事故以来)営業が再開できたのは16戸だけ。

男性の家族は、妻(32)と(長男6歳、次男5歳)。妻はフィリピン人で、夫に従って、おそろいのヤッケを着て、牛舎で牛の世話を手伝っていた。

長男が小学校へ入学するのを楽しみにしていた。「郡山市まで行って高いランドセルを買ってやった」と、20年来の酪農家仲間に嬉しそうに語っていたという。

入学式の直前、四月初旬、妻と子供二人は、原発事故を心配したフィリピン政府に促されフィリピンに帰国した。男性も、四月下旬に妻子を追ってフィリピンへ出国した。「おら、だめだ。べこ(牛)止めて出ていく。子どもらがいなくて寂しい」と、周囲に漏らしていた。

20110619033jd フィリピンに行った男性は、連絡してきた知人に「牛を処分してけろ」と頼んだ。近所の仲間や農家に手わけして世話することに決め、引き取った。

「戻る気はなかったが、言葉が通じなくて」と、5月の中旬に男性は一人で帰国した。しかし、牛舎には牛は一頭もいなくて、「迷惑かけて、すまなかった」と酪農仲間に詫びた。

今月11日、広報誌を配布に訪れたJA職員が亡くなっている男性を堆肥舎の奥で見つけた。ベニヤの壁にチョークでメッセージが残されていた。
Photo_2 「姉ちゃん、大変お世話になりました。原発さえなければと思います。残った酪農家は原発に負けないで頑張ってください。仕事をする気力を無くしました。(妻と子二人の名前)ごめんなさい。なにもできない父親でした。仏様の両親にもうしわけございません」

6月14日、相馬市で葬儀が営まれた。家族や酪農家ら200人が男性の死を悼んだ。フィリピンから駆け付けた妻と子は寄り添い泣きじゃくっていた。

堆肥舎を建てた大工さんに支払が残っていて「保険金で支払ってください。ごめんなさい」と書き残していた。また、隣の酪農家には「言葉ではいえないくらいお世話になりました」と書き残している。

「体は大きいけれど、気は小さくて、仕事一筋の真面目な人だった。もうああいう人を出してはいけない」と隣の酪農家は語った。(矢吹孝文、丹治翔

 自殺までの心理状況が、手にとるように感じられて、記者はよく取材していると思った。他の新聞も載っているだろうか。男性の性格も、借金の状況、商売が原発でいきづまり、幼い子たちのかわいいこと、ぜんぶ、読者の脳裏に浮かんで、「妻を残して子供らどうするんだ」と、叱咤したくなる。

 牛を処分してほしいと頼んだ手前、もう取り戻せないと思いこんでしまったのか、とも思う。気の小さい正直者ほど、たくましく生きることができるはず、生きて子供を育てることが、張り合いだ。

 生きていれば、彼らがあなたの人生に彩を添えるのは、これからだ。今、可愛い盛りではないか。地に這いつくばって、泥まみれで、生きよう!生きているかぎり、明けない夜はない。

子育ての時期、責任の重荷を背負い、坂を上る人生、これが人間、人生の胸突き八丁、わかるよ。にげちゃだめ、苦しい苦しいともがきながら、すごすときこそ、人生の醍醐味。そう思いましょうよ。コレ、神は耐えられない苦難は与えない、と信じましょう。一人で抱え込まないで、誰かにしゃべってしまおう。

放射能公害なんて、基準値がデタラメだ。あんなの信じちゃだめだ。売れなきゃ、自分たちで焼き肉で食ってみよう。ただクビつりするな。出荷禁止の牛乳で自殺してみせろ。それで死んだら、しょうがないが、死にしないだろう、と見せてやろう!

死に急ぐのは、バカらしい。死ぬくらいなら、食えなくなるまで、耐えてみよう。雑草でも食べる気なら、死にはしない。クビつるよりも、放射能降っているなら、人体実験でもやってみましょう。そのくらい居直り、大胆に生きましょう。

言葉だけでは、人が救えるとは思わないが、命を捨てるくらいなら、腐るまで生きるという手もある。自分の人生を鳥の目になって、見てみる気はないですか。

自分育てに役立つ 慶事おめでとう 恋愛、愛 生き方 死の門出 自分育てに日記 鳥の目で人生を 戦後日本の問題 国家戦略 スピーチの話し方 挨拶の仕方: 自殺危機から生還した体験記 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/06/20110620t63009.htm
http://okaiken.blog.ocn.ne.jp/060607/2011/06/post_7462.html

 

1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

ポチッとよろしく!

|

« 猪に乗って ロデオをやるサル | トップページ | 世界で今 何がニュースか2011年6月 »

コメント

 そう 気の毒としか言い様がありません。
 酪農家の方は生き物相手、それが放射能や又は狂牛病で大量の牛を始末しなければならない所に追い込まれ、丹精込めて育て上げた自分の牛達を無くす悲しみ、愛情込めて育て上げ、災難で全てを失う辛さ 。

 国は後手後手で、余りの問題の大きさに対応仕切れず、内輪もめで、時間稼ぎ。なくなった方も、こんな国に絶望したのだと思います。ご冥福をお祈り致します。

管理人より
 同様に ご冥福をお祈り致します。
 可愛い盛りの息子やフィリピンから来た妻が気の毒でね、どうなりましたか。こうした場合は、考えるべき問題がありそうですね。

投稿: 一括 | 2011年9月29日 (木) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猪に乗って ロデオをやるサル | トップページ | 世界で今 何がニュースか2011年6月 »