« 上原美優“早く明るい家族を”あせり | トップページ | しかって伸ばすか、ほめて伸ばすか »

2011年5月17日 (火)

赤線地帯、若尾文子 京マチ子も若かった

3169   DVD[赤線地帯」(溝口健二監監督1956年)は、白黒画面であるが、見飽きない。名作に相当する。

売春防止法制定(同法公布は1956年5月24日)にまつわる社会情勢を取り入れた現代劇で、特殊飲食店「夢の里」を舞台に娼婦たちの生き様を生々しく描き、大勢の女優が登場する。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

3198 「赤線地帯」というタイトルだから、エロい画面が見られるかと思う向きには、ちょっと期待を外される。それくらい「性」が食事かトイレくらいに普通なことと扱われると、こういうことかも。

売春婦の生活に重要なことは、セックスより収入であり、セックスより夫であり子供が生きがいになる。そのための職業である。「墨東綺談」で見たような画面はまるで扱わない。言ってみれば、「派出婦は見た」の紹介所に女性が同居している印象だ。そのくらい色気がない。女も男が刺激を与えないと、フェロモンがでないということかもしれない。墨東綺談 監督新藤兼人 良い作品

200pxakasen_chitai_poster 京マチ子(ミッキー)神戸から家出した不良娘
若尾文子(やすみ)夜逃げした元客の貸布団屋女主人に
木暮実千代(ハナエ)病気の夫と幼子を抱えて一家を支えている
三益愛子(ゆめ子)息子に自分の仕事を否定されて発狂
町田博子(より江)普通の主婦に憧れ嫁に出るが、すぐ戻ってくる
川上康子(しづ子)退勤したやすみに変わって店に出る下働き
進藤英太郎(田谷倉蔵)吉原の「夢の里」経営者

★赤線地帯


La rue de la honte 1  


La rue de la honte 2

3222 夫を病気で亡くした三益愛子(ゆめ子)が、夫の家に息子を預けて出て東京で大年増娼婦で稼いで送金して息子を育てて、一人息子との同居を夢見ている。その仕事を田舎では知られ、息子は東京で働き始め、会いに行って息子か3173 ら絶縁され気が狂う。他にも京マチ子、若尾文子、木暮実千代ら、50年前(昭和30年前後)みんな若い、若い。
 今、NHKの朝ドラに陽子おばあちゃん役の若 尾文子(やすみ)も、しまり屋で副業に娼婦仲3235 間にカネ貸し、客の男から搾り取る娼婦をやっている。当時の金で15万円を前借を布団屋に払わせ、店の金を横領で夜逃げさせ、入院したとうそついてまた金を巻き上げる。かけ落ち男を裏切り、大立ち回り。客の布団店を自分のものにして成功する役。

3191 若尾文子(やすみ)がやめたあと、下働きのしず子(川上康子)が勤めに出る事になり、着物を換え、娼婦になる化粧を施される。京マチ子(ミッキー)が神戸三宮から家出上京して、典型的な現代娘を演じる。その目立つ役の間に、地味な主婦・結婚を夢見て、所帯道具を買い込む町田博子(より江)は、結婚してみて、夢3180破れまた東京へ戻る。病気の夫と赤子を抱える年増売春婦の木暮実千代(ハナエ)、夫は彼女の稼ぎで、子供の面倒をみている。

 昭和20年代から30年代の花柳界、人間の欲望と現実は、こんなものだったのだろうかね。売春婦という性を売る商売は、各人の裏を見ると、とても足を運ぶという気分にはならない。それが、昔の売春の現実。今の現実はどうかはしりませんが。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

映画、ドラマ① 高慢と偏見Pride and Prejudice   杉原千畝の決断 TVドラマ   火垂るの墓 11月2日TV   熟年離婚(TV)を見た  「Always三丁目の夕日」を見た  バルトの楽園 推賞映画   虹を架ける王妃 近現代ドラマ   遥かなる約束 奇跡の夫婦愛   硫黄島からの手紙 映画館で見た   たそがれ清兵衛   武士の一分 妻加世の魅力  まだそんなに老けていない団塊世代   吉村公三郎映画 新文芸坐   野菊のごとき君なりき 初代民子  海峡(NHK)とジェームス三木  奇跡のシンフォニー August Rush

映画、ドラマ② 西の魔女が死んだ サチ・パーカー  遥かなる絆 養母の魅力   チャングムの誓い 韓流ドラマの魅力  「冬構え」(1985年)NHKアーカイブス   沈まぬ太陽 登場人物一覧  恩地派か、行天派か、「沈まぬ太陽」  一身独立一国独立 坂の上の雲   映画おとうと 吉永小百合の魅力   遠まわりの雨 山田太一作品を見て   檀れい 八日目の蝉 なんか心痛い   「浮雲」原作林芙美子 主演高峰秀子   吉原炎上 観月ありさ主演 前編   吉原炎上 観月ありさ主演 後編   夏目雅子YouTube鬼龍院花子の生涯  

映画、ドラマ③赤線地帯、若尾文子 京マチ子も若かった  映画墨東綺談(永井荷風)監督新藤兼人 竹「彼岸花」(小津監督)を見る  京マチ子 雨月物語 溝口監督  素晴らしき日曜日 昭和22年から学ぶ  にんじん(原作ルナール)虐待ネグレクト  居酒屋 マリア・シェル薄幸な女  ホテルルワンダ 支配人 狂気の体験     ルワンダの涙 残虐さから考えること

|

« 上原美優“早く明るい家族を”あせり | トップページ | しかって伸ばすか、ほめて伸ばすか »

コメント

女性は強い…。男は絶対に敵わないし、我慢の限界レベルが違う。だから私は、無条件で女性を尊敬しています。

投稿: アンケートモニター  | 2011年5月17日 (火) 15時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上原美優“早く明るい家族を”あせり | トップページ | しかって伸ばすか、ほめて伸ばすか »