« 「 いつまでも、22歳の青春を」の解釈  | トップページ | 尾木ママの授業「つながり」金スマ »

2011年4月 6日 (水)

白血病 特に急性リンパ球性白血病

 薬をもらいにいくT医院、きょう火曜日は意外と患者が少なく、S先生もゆとりがあった。被曝者が福島原発で2名死んだ話をして、「ちょっとお聞きしていいですか?」「急性白血病はどうして、あんなに早くダメになるのですか」と聞く。「骨髄に急性リンパ球性白血病が入ると、だめです」先生、机の上の傍らにある医学事典を手元において見なおしていた。原発事故の最前線の安全を守れ

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

Untitled  骨髄に入りこんだ白血病細胞に早めに治療を加えれば、3/4は完治できるという。早期発見がポイントだというが、なかなか、血液検査を常時しないとだめだ。K氏の場合、家の仕事があったから病院にいくのが後回しになったといっていた。入院して点滴をしながら、数字が回復したら家に帰る生活をしていたが、突然倒れて帰らぬ人になった。あまりにあっけなかった。

芸能人にも、この白血病の人は多い。沈まぬ太陽の渡辺謙は回復したが、夏目雅子 本田美奈子 お笑いの“カンニング”竹山の相棒、中島忠幸、働き盛りに突然の死んだ。彼らはみな白血病である。これは、なにか地球上の環境がかわったか、あるいは人類の遺伝子に弱い部分があるとしたら、それは血液の白血球かもしれない。

05 「白血病」の権威大野竜三先生の解説にそって説明する。「わかりやすい白血病の話」そうわかりやすくないが、一般向けに疾患の病態・分類・治療法などを解説してみる。

総論:ほとんどの急性リンパ球性白血病患者は、診断から4カ月以内に死亡していた。現在では、小児の80%、成人の30%~40%近くが治癒するようになっている。ほとんどの場合、1回目の化学療法で病気を抑えることができます(完全寛解)。経過が最も良いのは3~7歳の小児で、2歳未満の乳幼児や、高齢者ではあまり良くありません。

診察して「急性リンパ球性白血病」とわかっても、医師の認識がすぐには患者につたわらない。患者は診断を受けたあと、その後日常生活として仕事をしようとする。なかなか「あと数日、あと数週間で死ぬと思え」といわれても、シロウトはそう思えないのが現実である。

基礎知識
Study01_02血液とは、液である血漿60~55%赤血球45~50%白血球1%血小板1%の3種の血球が浮遊している液体である。
②リンパ球とは、血液中の白血球のうち20~40%ほどを占める比較的小さく(6~15μm) 、細胞(質)の小さい白血球。(リンパ球=白血球と考えてよい)
③造血幹細胞:血球系細胞に分化可能な幹細胞である。主に骨髄に存在し、白血球(好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球、単球、マクロファージ)、赤血球、血小板、肥満細胞、樹状細胞を生み出す。血球芽細胞、骨髄幹細胞ともいう。

急性リンパ球性白血病 
 この病気は、リンパ球(=白血球と考えてよい)になる正常細胞ががん化して、急未熟な白血球が骨髄に蓄積し、正常な細胞を破壊して、未熟白血球に入れ代わる。その白血病細胞は血流に乗り、肝臓、脾臓、リンパ節、脳、精巣などに運ばれ、そこで増殖を続けることがある。また、脳と脊髄を包む膜を刺激して炎症を起こしたり(髄膜炎)、貧血、肝不全、腎不全やその他の臓器の障害を起こしたりする。

 まとめると、白血病とは 血液のがんです。正確には、「血球のがん」です。「(血球を作る)造血幹細胞骨髄の中がん化」して無制限に増殖をする病気です。 (血球とは、骨髄の中で作られる3種の赤血球、白血球と血小板)

 白血病細胞は、細胞分裂してから次の細胞分裂までの世代時間は、正常造血細胞よりも2-3倍も長い。他のがん細胞も同様です。「正常細胞」は成熟分化後、「計画細胞死」という機構により死ぬ運命にプログラムされている。ところが、がん細胞では、この「計画細胞死」がおこらず、細胞が増え続けてがん組織になる。つまり、計画細胞死」が起こらず、生き続ける細胞ががん細胞である。

この血球寿命は
赤血球(約120日)、
リンパ球(数日から数十年)、
好中球(約1日)、
血小板(3~4日)など。

 なぜ白血病になるのか。
 我々の身体の中では、色々の誘発原因により、がん細胞は常時発生している。常時発生している初期のがん細胞は、大抵は死に絶える。しかし、そのまま増殖し続けて「
本物のがん」になるか、あるいは「死に絶えるか」は、全くの偶然に左右されるようである。

シロウトの意見:加齢によって、「本物のがん」、あるいは「死に絶えるか」の割合が、変わってくるのではないか。「計画細胞死」 という神の摂理が働くように思える。長寿者は、これをうまく回避し続けているのだろう。

 広島・長崎の原爆後やチェルノブイリの原発事故後に白血病が多発した。また、タバコを喫う人は肺癌や喉頭癌になりやすく、焦げた焼魚や塩分の多い漬物などをよく食べる人は胃癌になりやすいことなどは確かです。しかし、これらは第一段階のがん化を引き起こしはしますが、上に述べたように、その後に、「本物のがん」になるか、あるいは「(ガン細胞が)死に絶えるか」は、全くの偶然である。
 タバコを喫い続けると発がんの原因となっている。喉頭癌が90倍、肺癌が7倍、がん全体が3倍増えることが判っている。ヘビー・スモーカの妻は肺癌が2倍に増えている。喫煙が、必ずしも肺癌になるとは限らないが、喫煙が原因で白血病が増えるのは確かである。また、心筋梗塞や肺疾患の原因にもなる。

診断方法:息切れ、動悸、倦怠感、顔面蒼白などの貧血症状や発熱や出血症状を診る。これらの症状は「急性骨髄性白血病」の方が著明である。「急性リンパ性白血病」は発見しにくい、ということだろう。これ以上の詳細は、医師に相談してください。

 異変を感じてから受診までの期間が遅れると、白血球数は増加して、生存率が下がる。増加した白血球は、脾臓、肝臓やリンパ節などに入り込んで、臓器肥大を起こす。皮膚浸潤や歯肉腫脹や痔核 (肛門部の浸潤)なども見られる。白血病細胞が脳髄膜に浸潤して、頭痛などの髄膜刺激症状を呈することもある。これは、「急性リンパ性白血病」に多く、完全寛解(完治)したら、脳に白血病は見られなるが、その後、放置しておけば、この部位から再発してくる可能性がある。そのため、抗がん薬を髄腔内に注入して、中枢神経系白血病の発症予防対策をする。
愛知県がんセンター 名誉総長 大野竜三 参照

大野竜三氏は、中津高校時代の友人でもあり、名古屋の下宿に泊めてもらい、東京では私の下宿へ遊びに来た友である。

  • 病気 ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない うつ原因はテストステロン欠乏 ストレスは 寿命を伸ばす良薬?!  窓を開ける健康 外気を楽しむ 生老病死をどう受け止めるか  宮本亜門 引きこもり少年から脱出  初老期うつ病 定年期うつ病 うつ認知行動療法 大野裕慶應教授 増加する「引きこもり」現象 森山風歩 虐待と筋ジスからの出発 境界性パーソナリティ障害 医療の遅れ
  • 「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    |

    « 「 いつまでも、22歳の青春を」の解釈  | トップページ | 尾木ママの授業「つながり」金スマ »

    コメント

    こんにちは つれづれデジカメ日記 サチです。

    過日はとんでもない思い込みから大変失礼な記事をアップしてしまいました。心からお詫び申し上げます。申し訳けありませんでした。

    叉今回の記事ですが何度も何度も読ませて頂きました。同様な事を担当の先生から説明されましたが、半分も理解できていなかった事に今気が付きました。

    当の本人はそれなりにかなりの細部まで理解していた様で、彼の遺書でそれを知り、夫共々冷静に受け止めなければと懸命に努力しています。

    これからも素敵なブログで皆様の指針となって下さいませ。 益々のご発展をお祈りしています。

    管理人より
    ご子息様のこと、ご心痛のこととお察し申し上げます。一日も早く、平安の日々が戻ることを祈っております。本日は、ご訪問頂きありがとうございます。

    投稿: サチ | 2011年4月 6日 (水) 14時49分

    こうやって見ると人間健康が第一ですね…。

    投稿: 母乳 | 2011年4月 7日 (木) 21時50分

     初めてまして。
     わたしは東京に住む35歳の男性です。去年急性リンパ性白血病と診断されたものです。
     このブログを読むかぎりあの先生の言っていることは間違いないと思います。
     書き方に一言。あの文面だと基本患者さんは死ぬといったように見えてしまします。
     皆さん。これはどの病気にも言えることですが、患者さんは戦ってます。私達素人はカンファレンスを聞いたところで10パーセントも理解出来ない事でしょう。それでも主治医の先生や看護師さんの言いつけを守り、食事制限や生活習慣を変え身を削り一日一日を生きています。
     この記事には、駄目なことに対しての改善策が1つも載っていないことです、患者さんが守ったほうが良い事やセカンドオピニオンことなど表に見えないことも取り上げるべきです。

    投稿: egg | 2013年10月 1日 (火) 22時27分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « 「 いつまでも、22歳の青春を」の解釈  | トップページ | 尾木ママの授業「つながり」金スマ »