« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

開戦直前 方針決まらない日本Ⅳ

1785  近衛文麿首相は、本心では戦争回避を真剣に考えていたが、うまくいかず、結局内閣総辞職した。近衛文麿は柔弱な人かと思っていたが、身長は180センチあり、戦前では、偉丈夫。三度も首班指名されている。その人が内閣を放り出すのだから、相当行き詰まっていたのは確かである。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

 近衛内閣の間には、戦争に突入する危機を回避するチャンスは、少なくとも二度や三度はあった。それをトップリーダーだちは、逃げてしまった。開戦時の首相東条英機の責任は大きいが、それ以外にも何人か、重大な国の安危のときを不作為の責任がある。国の行く末を誤らせた人がいる。論語で指摘した「自己犠牲と覚悟」をもたない指導者がいたゆえに、日本は対米戦争をして大敗北を喫した。

日本が負けなければ、結果オーライとはいえないが、その損害たるや、東日本大地震の比ではない。戦争被害の死者+行方不明者合計したら、東日本大地震の死者を3万人としたら、その100倍に相当する死者犠牲者を出した。被害地も多くの焦土も多く、今度の津波の何十倍の被害を生んだ。それは自然災害とは違う。そういう災害を対米戦争の指導者は招来したのである。ドイツではヒットラーとナチス追放してように、日本人も、しっかり戦争責任者の責任追及するべきだと思うが、どうなんだろうか。古い話であるが、現代の人が多く学ぶ問題を含んでいる。

日米戦争開戦のあと二ヶ月を切った段階で、陸軍の強硬派を押さえるのは困難だと近衛首相は、アメリカの駐日大使をひそかに呼び、ルーズベルト大統領との太平洋上での首脳会談を提唱した。

国内で開戦派と交渉派があり、海軍は南進論で、陸軍は北進論で最高連絡会議ではニッチも、サッチも、進まないのは、明らか。近衛文麿総理の本心は「交渉」戦争回避であるが、軍の意向を無視して進めないので、一挙にアメリカ大統領と直談判をしよう、と提案したのである。

20922094 ルーズベルト大統領自身も、「戦争回避」では意欲的であると聞こえていたから、その実現は可能性があると踏んでいた。これが強硬派にもれたら、条件が飲めないとぶち壊しに来るとおそれて、陸軍の東条らには秘密で進めていた。これが、近衛には、東条とのパイプがなかったのか、強硬派の本音をつかみきっていないのが、政治家としては惜しい。懐に入って相手説得できる黒田官兵衛か、竹中半兵衛などの軍師がいたら、と思う。

保科善四郎(海軍省兵備局長):日米会談に行く随員も決めて、船の手配も準備していた。近衛の狙いは一部の人にしか伝えられていなかった。

全会一致の最高連絡会議では、この首脳対談案を通すには、ムリ。今、ルーズベルトに申し入れるのは、「中国からの即時撤兵」など、アメリカの言い分の丸呑みである。引き換えに、石油供給の確保の合意を取り付ける。そして、天皇に報告して、天皇の後ろ盾に抵抗する軍を押さえ戦争回避へともっていく計画である。

これがルーズベルトが合意したら、君のところに電報を打つから、天皇陛下に奏上して、それを陸海軍大臣に示して『陛下の思し召し』ということで押し切ろうではないか、ということだった。軍との対立をおそれる首相が自分で軍を説得する代わりに天皇の権威に頼ろうとしたものであった。しかし、アメリカのハル国務長官が、近衛のリーダーシップに疑問を抱いてしまい、交渉に際しては、軍も含めて日本の中で完全に同意を得た意見を示すようにと言い出した。

そうなると、「撤兵」と言う条件では陸軍の反対があるから、アメリカ側にこちらの腹芸で阿吽の呼吸でまとめるつもりだったのが、日米トップ会談がお流れになってしまった。(木戸内大臣の証言)

これも、アメリカの議会にロビー活動のできる人材を近衛首相周辺にもっていなかったのが、日本の本音が伝えられなかった。それが失敗した原因だったのだろう。日ごろに蓄積がないと、急に大統領へのアプローチはできないから、日本はそういう意味で外交の初歩ができていない。

2101 1941年10月上旬、最高連絡会議を前にして、近衛文麿首相は陸海軍からお互いに譲歩を引き出そうと、(近衛私邸)荻外荘に呼び出した。海相の及川、外務大臣(海軍大将)、陸相の東条、企画院の鈴木(陸軍)の、海軍系2名、陸軍系2名の四人で話し合うつもりであった。

近衛は及川から海軍の『開戦回避』の本音を聞いて確認していたので、それを東条を前にして打ち明けてもらうことを期待していた。及川が本音を言えば、陸軍の東条も理解を示して、「開戦回避」が進展すると期するものがあった。

海相及川は、こういった「海軍としては、戦争か交渉で活路を見出すか、いずれにしても、その決定は首相のご裁決に一任します」と、及川は本音を言わず、下駄を近衛に預けた。

近衛首相は、「どちらかといえば、私は交渉にかけてみたい」というと、東条は「お待ちください。陸軍としては、あやふやな理由で統帥部を説得することはできません。海軍が真意を明らかにしない限り陸軍も態度を変えるわけにかいない、そういう流れになった。事態は振り出しに戻った。

お互いの本音はわかっているはずなのに、その本音をオープンにできない、この組織のメンツの張り合いをダレも打ち破れない日本人の腹の探りあい・・・一体、なんだ。近衛首相のリーダーシップの欠如?それとも、海軍と陸軍のまぁ、長州と薩摩藩の間を取り持った坂本竜馬役がいなかった。こんな役目は、粘り強い組織に関係ない人が間にはいる必要がある。

合計4時間、妥協してもいいと感じた時間はなかったのだろうか。結局本音を示さない及川海相、国の安危を考えれば、メンツなんて、たいしたことないだろう。

 ここで登場する人物、その後
●鈴木貞一:A級戦犯 終身禁固の判決。1955年9月仮釈放、1958年赦免
●東条英機:A級戦犯 裁判出頭日拳銃自殺未遂 絞首刑の判決、12月巣鴨拘置所刑執行、満64歳没。
●豊田貞次郎(外相):A級戦犯容疑、東京裁判で不起訴。公職追放(近衛・ルーズベルト会談など和平成立への努力が認められた)
●及川古志郎(海相):「海軍は戦えぬ、とハッキリいわなかったか」と井上成美大将に詰め寄られると、及川は「私に全責任がある」と答えて、その二つの理由をあげた。第一は、東郷平八郎提督の申し次ぎがあり、海軍部内では「海軍は戦えぬ」という言葉がタブーだった。第二は、責任逃れだった。
●近衛文麿:A級戦犯 極東国際軍事裁判出頭日 昭和20年12月16日未明に、荻外荘で青酸カリ 服毒自殺。54歳2ヶ月死去

荻外荘での4者+首相の会談で決裂した4日後、第三次近衛内閣は総辞職した。

遂に所信を貫徹して
輔弼の重責を全うすること (ほひつ 天皇への助け)
能わざるに到り
これひとえに
才能なきが致すところにして
まことに恐懼に堪えず  (きょうく)

どっちかといえば、対米交渉の路線が破れたら、もおう対米強硬派の台頭東条英機になるのは当然のなりゆきだった。東条の就任は、いよいよ開戦内閣の誕生と国民にも、諸外国にも受け止められた。

木戸内大臣の考えで、政治家はどういう方向へいくかわからないから、陛下の命令を一番忠実に実行できる軍を背景にしている東条が就任するのがいいと考えた。器はあまり大きいとはいえないし、もちろん政治家ではないが、、東条以外にもって行きようがなかった。

陛下は、9月の国策にこだわらず『白紙に戻して検討して欲しい』と伝えたが、それは開戦を既定路線とはせず、あらゆる可能性をさぐることを望むと異例の意思表示をした。

 1941年(昭和16年)10月23日(開戦46日前)
 東条は、連絡会議の招集をした。それが、自分たちで「戦争回避を決断」する最後のチャンスだった。

ここでは、軍や企画院の提出した数字を下に10日間にわたる国策の再検討が行われた。いまさら検討しても、すでに議論して内容である。再検討しても、戦争に勝つ見込みはないと、参加者は内心思っている。 

 戦争か、譲歩か、追い詰められた近衛首相は、「戦争に私は自信はない。自信ある人にやってもらわねばならん」と、辞任したのである。それは、開戦の60日切った段階である。
①欧州戦局の見通し
②初期作戦の見通し
③ソ連の動向
④船舶徴用と損耗の見込み
⑤主要物資の需給の見込み
⑥金融持続力の判断
⑦独伊の協力見通し
⑧英米可分か否か
⑨人造石油の可能性等
⑩日米交渉の見込み
⑪中国への影響
状況は変わらないどころか、悪化していた。軍では開戦になった場合の準備スタートさせていた。400万近い民間船舶の徴用、海軍の年間予算分をかけて軍艦の装備を戦時用に改装する工事が進んでいた。莫大な人とカネが動くほど、後戻りは難しくなる。

Suzuki_teiichi 鈴木貞一:が物資面から総合判断を報告した。「南方の石油施設を確保し、それが利用可能になった場合、物資面では当初2年は厳しいものの、三年目からはよくなると思われる。

数字の上では戦争を避けても石油が枯渇する。一方南方を占領すれば、年間450万トンの石油が入り、日本は需給を克服できる、というのである。さらに、南方作戦を引きうける海軍軍令部が緒戦の2年間は確算アリと打ち出した。(永野修身軍令部総長)

いずれも、従来からあった議論であったが、決断の重圧にあえいでいた会議のメンバーは次第にひきつけられていった。

「南方の石油が手に入ったとして、海上輸送を維持できるか」と、開戦当初のネックであった。次に報告があったのは、船の建造量であった。細谷信三郎(艦政本部総務部長)最初三ヶ月は、被害予測は年11万~80万トンへ拡大するが、一方造船の方は、40万トンから80万トンへ倍増するものと、見込んでいる。

これを、楽観しすぎている。と年配の島田繁太郎(海相)がいうと、この数字は、軍令部のしかるものが出した数字だから、信用してもらってもいい」と開戦後の輸送船舶数を算定して、連絡会議のメンバーは安心させた。

この算定をしたのは、軍令部の土井美二よしじ中佐だった。この算定では、南方の鉄資材と造船所の総動員による計画生産を軌道にのせれば造船が順調に増えていく。損害を一定に抑えて、輸送船は十分確保できるというものである。これは、十分の時間と資材も与えられた中で出したのではない、と軍令部の中堅層はそのこと連絡会議に伝えていなかった。

担当者土井美二は「数日研究して、その結果を●神君に示したら、その数字の多くは、仮定の下で出されたものであって、仮定の一つでも崩れたら、その結果は狂ってくる。それを説明して、念を押した。これらの数字が誰に渡され、どのように取り扱われるか、全然知らない」

連絡会議の検討でも、この数字が深く問われる直すことなく、開戦後の需給は可能とする楽観的な根拠に加えられてしまった。

それと同じように、作戦面でも、(海軍は)来るやつとひっぱたいて、向こうの継戦意欲をくじいて、講和に入ると、その作戦が可能な限り、楽観的な見方で計算していた。

長時間続いた会議では、結局、「なし崩し的に開戦やむなし」の気分に会議の空気が支配していた。しかし、海軍は本当の不安を話していなかった。

2121永野修身総長は「二年間はがんばって戦うが、それ以上のことはわからない」ということは、要するに「そのときは、勝つ見込みは少ない」ということだ。「負ける」と言うことはいえないから、そういったのだろう。国家の命運にかかわるこの重大な疑問から、リーダーたちは目を背けていた。

高橋惣吉(海軍省調査部課長)「開戦やむなし、と言うところまで来ていた。暗い方ばかりに結論つけるということは事務局としては、許されないから、腹になかでは、「これは」と思っても、そうはいえなかった。」こういう場合、「勝てるんじゃないか」と言うことばかり探していた。

開戦直前 方針決まらない日本Ⅰ 開戦直前 方針決まらない日本Ⅱ 開戦直前 方針決まらない日本Ⅲ 開戦直前 方針決まらない日本Ⅳ 開戦直前 方針決まらない日本Ⅴ(終)

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

脂肪肝の治し方、考えてみる 三宅裕司

2089 数ある健康番組のなかで、週刊健康カレンダー カラダのキモチ 三宅裕司のMC番組、少しふざけながら良心的な知識を提供して、ゲストは一人か二人で、こじんまりして見やすい。たけしの健康番組は、ヒマな自社タレントの虫干ししている感じで、病気を材料にして脅しすぎ。

010いものを食べ過ぎるなとか、酒飲みは休肝日をつけろ、とか、いろいろ言われるが、まだなぜそれがいわれるか、はっきりわからないから、考えてみたい。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

19691970 肝臓は、脂肪を分解吸収することが主な役割であるが、アルコールが入ってくると、そのアルコールを分解する機能を優先的に働く。すると、脂肪の分解は後回しになる。

アルコール分解吸収(代謝)に、一合(中ビン1本)を完全代謝するには、4時間かかるという。その間、脂肪の分解吸収はお休みになる。アルコールを毎日3合を夜9時に飲むと、次の朝9時までは肝臓が働き、ほかの脂肪を肝臓に溜め込んでしまう。アルコールを取りながら、脂っこい食事をしていれば、脂肪は溜まる。これを毎日続くとこれが脂肪肝の原因になる。

2033 日本人を含め、アジア人に肝臓がんが多いので、これをアジアがんと呼ぶと紹介していたが、アジア人は、アルコール分解能力がロシア人やヨーロッパ人より低いのかもしれない。それは引いては、脂肪肝や「がんに対する抵抗力」とも関係するのかもしれないと、私の直感である。

健康な肝臓は、脂肪は3%であるが、脂肪肝といわれるのは、その10倍、30%も溜まった状態を指す。

一日5合程度を毎日のみ続ければ、人によっては、一週間から二週間で肝臓に脂肪が溜まってくる。脂肪肝になると、医師は警告している。アルコール分解能力は、女性は男性より低い、その2/3の量で進行が進むという。その前にアル中になる方が先だろうが。

1989  肝臓を労わる飲み方は、水を飲み、水分を補給すると、血液中のアルコール濃度が下がる。肝臓の負担が軽減される。汗をかいたりすると、逆に水分が減るので、アルコール濃度が高まる。肝臓でアルコールの分解が盛んに行われる間に寝てしまうと、肝臓の働きが起きているときの1/2に下がると言われている。(5時間後の比較)

2088 健康な肝臓は、脂肪を分解して、血液中に放出する役目を果たしているが、その脂肪を放出するとき、たんぱく質と結びついて出るが、このときにたんぱく質が少ないと、その中性脂肪が放出されないことになる。

  このような理由で、バランスの悪い食事をする人は、たんぱく質が不足して、肝臓に中性脂肪を肝臓に溜め込むことになる。過食も栄養不足も、食事の乱れから脂肪肝の原因になる。栄養不足の飢餓地帯の子供でも脂肪肝になっている。

2019_3肝臓の働きを表す指標として、GOT、GPT、r-GTPが使われるが、血液検査で表示されているが、たいていは説明されても、一般人は理解できないでいる。

2026_2  GOT、GPT、r-GTPは、肝臓の細胞が壊されると、血液にこれが流れ出る。GOT、GPTの数値が高くなれば、肝機能の異常の可能性がある。もう一点、GOTがGPTより高い数値が肝機能が正常であるといわれている。血液検査報告書で注意する点である。

脂肪肝の直し方
肝臓は、各人が努力すると、それに応えてくれる臓器であることを覚えていると、努力のし甲斐がある。「カロリー」を制限して、「(汗をかくほどの)有酸素運動」の散歩、早足歩行を毎日30分から1時間、目安としては1ヶ月続ければ、脂肪肝は確実に改善する。と医師は勧める。

  病気  健康 

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (0)

2011年4月28日 (木)

開戦直前 方針決まらない日本Ⅲ

Konoe_in_limo NHKの求めに応じて東条英機の側近佐藤賢了(陸軍省軍務課長)の遺族が証言している。

「やっぱり(対米戦争を)やるんでしょ」と聞くと、(父である佐藤賢了は)「バ1862 カ、負けるとわかっている戦争をやるバカがあるか!」としか言わなかった。東条のいつもそばにいて、東条がスピーチするときには原稿をかいているはずのブレインが、一番東条の腹の内がわかっている。佐藤賢了の気持ちでもあるが、東条の気持ちでもあるはずだ。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

それは陸軍であるが、本当にアメリカと戦うのが、深刻な動揺が広がっていたのは海軍の方だった。海軍の最高首脳部では、「絶対対米戦争をやっちゃあいかん」という考えで、戦争するだけの国力が日本にはないと理解していた。対米戦争で勝つことを目標にして日本の陸海軍の戦備はできていなかった。

 歴史的な流れは以下のようなものである
 第3次近衛内閣(昭和16年(1941年)7月18日~同年10月18日総辞職)。
 近衛首相は、外相に南進論の豊田貞次郎海軍大将を任命した。フランスはドイツに降伏したので、フランスの権益を奪い、7月28日に南部仏印進駐、7月30日にサイゴンへ入城。これを見たアメリカは、対日石油全面輸出禁止等の制裁強化し、日本は窮地に立たされた。

 9月6日の御前会議で「帝国国策遂行要領」を決定。御前会議後、9月6日の夜、近衞はようやく日米首脳会談による解決を決意し、駐日アメリカ大使ジョセフ・グルーと極秘に会談し、危機打開のため日米首脳会談の早期実現を強く訴えた。事態を重く見たアメリカ大使グルーは、直ちに「日米首脳会談の早期実現」を要請する電報を本国に打った。しかし、国務省(日本での外務省)は「力によって日本を封じ込めるべきだ」と、10月2日、アメリカ国務省は日米首脳会談を事実上拒否する回答をした。

 アメリカの回答をもって、陸軍は日米交渉も事実上終わりと判断し、参謀本部(陸軍管轄)は政府に対し、外交期限を10月15日とするよう要求した。10月12日、戦争の決断を迫られた近衞首相1872 Img は、豊田貞次郎外相、及川古志郎海相、東條英機陸相、鈴木貞一企画院総裁を荻外荘に呼び、「対米戦争への対応」を協議した。そこで近衞は「今、どちらかでやれと言われれば外交でやる宮田健治と言わざるを得ない。(すなわち)戦争に私は自信はない。自信ある人にやってもらわねばならんした。次には、東條が次期首相となった。Wikipedia 参照

当時の高木惣吉(海軍省調査課長)が戦後、証言している。「幾度も(対米戦の)演習をやってみても、あるいは図上演習でも、勝ち目がないと結果がでているが、実際の審判(判定)で、ごまかし(勝ちに)ているが、率直にいえば、日本軍に勝ち目はない。

海軍だけではなく、陸軍でも、対米戦に慎重を除く声が上がって、日中戦争も終わっていない中、アメリカに挑むことの無謀を現場の指揮官は訴えていた。現場と大本営の意識の差は、昔からある。

1852 1853 畑 俊六(支那派遣軍総司令官)は、「日米交渉を何としても成功させてほしい」あるいは、後宮淳(支那派遣軍総参謀長)は「この際、撤兵を条件に飲むことも、大した問題ではないと考える。」

たぶんそれらの意見も、東条首相あたりにも、聞こえていたのだろうが、いざ戦争回避を決断するとなると、リーダーの覚悟は揺れた。アメリカと戦えないことを認め、中国から撤兵するなら、これまでに失われた20万の兵の命、毎年国家予算の70%に達した陸海軍費は、何のためだったのか、国民は失望し、国家も軍も、メンツを失うとおそれた。

70年も後の平成になって批判するのは簡単だが、これを押し切るだけの「知恵と力」のあるリーダーに恵まれなかったのが日本の不幸だった。その難しさは、今東京から「政府機能の遷都」を決断するより難しいかもしれない。どんなことも、賛否両論ある時、両方にいい顔しては、何もできない。このときこそ、リーダーシップがいる。ことわざ「いうはやさしく、行うは難し」と言うとおりである。

 その「行うは難し」の部分を見てみよう。

 証言者は、湊慶濤(海軍省兵備課長)「日本は世界的に全部威信を失墜すると将来、日本人は中国人にツバを吐きかけられるし、朝鮮人に石をぶつけられる。どこへ行っても立つ瀬がない。」

 この頃になると、軍の大勢は、中堅層中心にリーダーを強硬に突き上げていた。こままでは「油」が底をつくだけでなく、アメリカが戦力を増強し、ますます日本を引き離されることになる。その当時で、日本の80倍の工業力があった。だから、この際、一日も早く開戦するべきだという主張が、軍の中に広がっていた。

I1855  保科善四郎(海軍省兵備局長)は、脅迫まがいの脅しを受けている事実を語っている。「海軍はなんでグズグズしているのだ、なぜ戦争に反対しているのだ」と。

 結局、リーダーたちは、右往左往していばかり。リーダーといっても、知識はあっても、決断する覚悟、命を投げ出す胆力がなかったのかもしれない。だから、近衛文麿首相などリーダーたちは、軍の部下や国民を説き伏せるだけの言葉と胆力が欠けていた。東条英機に変わっても、強面に見えても、強気の言葉ばかりで日本不利の対米戦争を変える方向にもっていく指導力がなかった。言葉の強気は内側にある弱きのカモフラージュだ、と思う。

18561857_2  「東条君のいうのは、要するにあれだけの日本兵(20万人)を殺してだ、カネ(毎年国家予算の70%)を使って、手ぶらで帰って来いとはいうことはできない」鈴木貞一(企画院総裁)

 歴史家ジョン・タワー博士(日本近代史)「人が多く死ねば死ぬほど、兵は退けなくなり、リーダーは決して死者を見捨てることを許されないからです。犠牲者に背を向け「我々は間違っていた」とはいえないのです。

 1941(昭和16)年9月6日(開戦93日前)石油がこなくなって、一ヶ月、大本営最高連絡会議には、えらい人たちは集まったが、またしても、当面の方針のまましのごうとしていた。但し、このとき、決定は十月上旬には決定すると、日限を決めた。これがまずかったかも。

 つまり「日米交渉の推移を見つめ、十月上旬までに「開戦の可否」の決定を固める、とした。開戦の決断を先送りした。相変われず、優柔不断な方針で、つまりは「戦争したくない」気持の首脳が多かったと言うことであろう。だからといって、「戦争したくない気持」だけでは、決して戦争を止める力に決してならないのは、今にしてみれば、よくわかる。

1861 時の近衛文麿首相に、鈴木貞一(企画院総裁)が、「(十月上旬に決定するという)日をきることはやらないほうがいい」と、忠告した。「近衛さんは『いずれ、聖断(天皇の判断)を仰いでやらなくちゃならないから(戦争にはならない)』」と、陸軍の強硬派を食い止めれられるニュアンスで楽観していた。それで、一応(日限を)こうやって起きましょう、とこう考えていた。

 陸軍の東条英機の側近佐藤賢了(陸軍省軍務課長)は、日限を決めた意味は、「これ(決定)は、開戦決定をしたにではない。「開戦決定をするという決意」であって「開戦決定をする時期を10月上旬と明示しただけで、日米交渉をしているから、万に一つでもわが目的が貫徹することがあるかもしれない。という逃げ場が、リーダーたちの心にあったのだろう。

I766  確実に戦争の足音が近づいていた。そのころ、近衛文麿首相は、胸の内を海軍の穏健派の沢本海軍次官に語っている。沢本は、日記に書き残している。「(陸海軍)どちらからも、対米戦で(勝利の)見込みかあると言う話は聞かない。この際、(国民の気持にそって)人気取りで開戦決定しようと思えば、容易なことでだが、それは天皇陛下の御心に反することになる。対米譲歩は、国内を乱すというが、国内問題がどうかろうと、国を滅ぼすことはない。だが、対米戦争をやれば、一国を滅ぼす安危に関わる。

 本音では、戦争を避けたいリーダーだから、しかし、多くの恨みを買うその決断を誰が言い出すか、の水面下のなすりあいが始まった。1941(昭和16)年10月初旬になって、最高連絡会議に入る前だろうか、戦争回避のために、リーダーは動いた。

1870 「戦争はしたくない」と言いたくなかった陸軍の使者として、武藤章(陸軍省軍務局長)が内閣書記官を訪ねて、「海軍が(戦争に)自信がないというなら、会議でそれをはっきりいうように海軍側に話してもらえないだろうか」と頼んだ。が、宮田健治(内閣書記官長)は、「そんなに簡単に海軍が承知するはずがない」と断った。武藤は「日米開戦だけは、なんとしてでも避けねばならない」と言ったと伝えられているが、その本音の組織の駆け引きは、表向き強気の陸軍からは、決して公になることのなかった。

武藤章(陸軍省軍務局長)は、横で聞いていた柴勝男(海軍事務局中佐)に「オマエ(海軍)のところで『戦争はできん』と言ってくれたら、陸軍は何としてでも、治めてやるから」と言われたので、「私(柴勝男)も宮田健治内閣書記官に文句を言った。「これは総理大臣たる近衛さんが決めるべき問題だ。それを海軍に言わせようとするのは、責任転嫁である」

「戦争はできん」と言う一事を誰がいうか、簡単にいえば「誰がネコに鈴をつけるか」で、みんな逃げ回っているようなもだった。

 陸軍から「戦争はできない」と海軍にいわせようとしたが、海軍はその尻を別の部署から言わせることを考えていた。外務大臣Suzuki_teiichi の豊田貞次郎海軍大将と及川海軍大臣が、企画院総裁の鈴木貞一を夜訪ねてきた。御前会議の前に企画院総裁の鈴木貞一が 「海軍は戦争は絶対できません」ということを内奏してほしい、と言いに来た。「そんなことは、僕はできません」と答えた。「海軍大臣がはっきりしたことをおしゃらないと」と拒絶したわけだ。誰かがドロをかぶる決意の人がいたら・・・、という悔いが残る。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (0)

2011年4月27日 (水)

面白ろうて悲しき「放浪記」の林芙美子

1965  放浪記は、最近では森光子のでんぐり返しのシーンで有名になったが、高峰秀子主演の映画は、林芙美子の人生に近い感じが生かされているようだ。昭和初期の日本の風俗も盛り込まれているし、ストーリーそのものが何度も人の手を経ているから、見せ場というか、ツボをつかんだつくり方になっている。図書館で借りてきたDVDである。
「浮雲」原作林芙美子 主演高峰秀子:

 

そうそう、図書館のヤツめ、消費電力を節約するとかいって、五時閉館になっていた。図書館を時短にしたら、パートの職員には賃金カットじゃないか。利用者には不便かけて、電気消費量を減らしたら、東電が災害者への補償金を払うのに東電の収入減ったら、意味あるのだろうか。電力を使ってこそ、日本経済が発展するのに、なんでもエコとか、節約することがいいと思う、トンチンカンも困ったものだ。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

Pic1_1_2007020227115218 林 芙美子(はやし ふみこ、1903年(明治36年)12月31日 - 1951年(昭和26年)6月28日):日本の小説家。当人は、生まれは下関と言い、生年は明治37年、誕生日は5月5日語っていたが、没後20年余り経って、誕生の地は門司市小森江(現、北九州市門司区)と発表された。

実父は宮田麻太郎、母はキク。父が認知しなかったので、娘は『林フミ子』として、母方の叔父の戸籍に入った。実父麻太郎は下関で競売りやテキ屋をやって繁盛したが、浮気して、母子は1910年、番頭の沢井喜三郎と家を出た。
 養父喜三郎と母は北九州の炭坑町(直方周辺)を行商して回り、芙美子の小学校は長崎・佐世保・下関と変わった。喜三郎は1914年倒産し、芙美子は両親に付いて山陽地方の木賃宿を転々した。1916年(大正5年13歳)、尾道市に暫く落ち着き、翌年、市立尾道小学校を2年遅れで卒業した

1877  映画の中で、「四年間に七回転校し、旅が故郷や」と語るシーンがある。根っからの根なしっ子、と演技を高峰秀子が演じるさびしそうな表情がいい味出している。

1918年(大正9年15歳)、文才を認めた訓導の勧めで尾道市立高等女学校へ進学した。図書室の本を読み耽り、夜や休日は働いた。女学校の教諭も文才を育んだ。18歳のときから『秋沼陽子』の筆名で、地方新聞に詩や短歌を載せた。尾道では親友たちに恵まれ、後年もしばしば「帰郷」した

1881 父親(養父)に親しまない芙美子に母(田中絹代)が「親に高等女学校出してもらって」というと「私は、働きながら学校へ行って、親の世話になっていない」とむくれているシーンがあった。

1922年(19歳)、女学校卒業直後、遊学中の恋人を頼って上京し、下足番、女工、事務員・女給などで自活し、義父・実母も東京に来てからは、その露天商を手伝った。
翌1923年、卒業した恋人は帰郷して婚約を取り消した。9月の関東大震災で、3人は暫く尾道や四国に避けた。この頃から筆名に『芙美子』を用い、つけ始めた日記が『放浪記』の原型になった

1882 婚約を取りか消され、母と芙美子が東京で行商をしている場面ころがメインのシーンになっている。下宿の隣に印刷工の加東大介が芙美子に気があって、お金を貸したり、おかずにとんかつを一枚多く買って、おすそ分けと言って、芙美子に近づこうとするが、芙美子はハンサム好きで、見向きもしない。貧乏でさびしがりやのくせに、男の好き嫌いが激しい。

1924年、親を残して東京に戻り、壺井繁治、岡本潤、高橋新吉、小野十三郎、辻潤、平林たい子らと知りあった。同棲しては別れることを繰り返した。詩のパンフレット『二人』を、友谷静栄と3号まで出した。原稿を雑誌社・出版社に売り込んで回り、ときに拾われた。

1913  このころに知り合った詩人で劇団員と知り合い、同棲、離別が映画では取り上げられていた。芙美子が、セルロイドのお人形に色付けパートからカフェの女給になったころ、青年伊達春彦(仲谷昇)と知り合った。芙美子はカフェの女給をしながら、テーブルに詩を書いているのを伊達春彦のテーブルに呼ばれ、彼に「どんな詩を書いているの?」と聞かれて、原稿を見せる。

1915 「両手に盛られた私の顔は
 みどりの色の白粉に疲れ
 十二時の針を引っ張っている」

 これがきっと林芙美子が書いた詩だろうか。なかなかいいセンスしているじゃないか。読まれた詩を聞いても、耳に響くし、両手を鉢にして顔が生けられてシーンが浮かぶ。時計の長針にぶら下がって引き止めるようなイメージから、これはいい、と思ったが、この若き仲谷昇扮する伊達春彦は、俄然芙美子に興味を持つ。

 伊達に詩をほめられ、出版社に紹介しよう。同人誌に投稿して欲しいと言われ、芙美子は「私、みんなにおごる」と言い出すと「いや、私がおごる。カフェの片隅で発見した 天才女流詩人のために 乾杯しよう」と伊達春彦は、女給たちにビールを振る舞い気前がいい。

キャスト
[若いときの顔だから見分けにくい]
林ふみ子:高峰秀子
ふみ子母:田中絹代
安岡信雄:加東大介 隣室人
伊達春彦:仲谷昇 同棲相手
福池 貢:宝田明 結婚相手
白坂五郎:伊藤雄之助
上野山 :加藤武
日夏京子:草笛光子 同棲相手婚約者
村野やす子:文野朋子 玩具工場同僚
藤山武士:小林桂樹
田村  :多々良純
玩具工場の主任:菅井きん
刑事:名古屋章
家政婦:中北千枝子
料理屋の客:岸田森
料理屋の客:草野大悟
スタッフ [編集]
製作:藤本真澄、金子正且、寺本忠弘
監督:成瀬巳喜男
監督助手:川西正純、辻村光慶
脚本:井手俊郎、田中澄江


 数日後に、隣の印刷工の安岡(加東大介)が「きょうは天気がいいから、散歩に行きませんか」と声をかけると、にべもなく断り、そのあと春彦が芙美子の下宿に訪ねてくる。そうすると、部屋に上げて、散歩に出る。

芙美子「伊達さん、奥さんいるのでしょう?」
春彦「ボクは彼女のそばにいるだけで自分が腐っていくような気がする
芙美子「新しい女を口説くときは、前の女の悪口をいう。それがおきまりのコース」
春彦「あなたは、傷ついた人だな。ぼく1928 たちはこの険しい世の中の片隅で二人だけの幸福を願うということは不可能なことだろうか。あなたは、私をなぶっているのが、面白いのか?
芙美子「なぶる?それは、私のいうことよ。私が男に甘い女。自分がこわいから、自分に懲りているから、だから」
 伊達は芙美子に近づき、彼女の手をとり、顔を近づける。

次のシーンでは、伊達春彦の部屋
春彦「働くところ、あったの?
芙美子「カフェの女給か、昼飯屋の女中くらい」
春彦「君を静かな部屋において、詩だの、童話を書かせたいものだ
芙美子「自分の奥さんさえ食べさせられないので、別れたのでしょ。あなたの奥さんって、きれいな人でしょう」
春彦「うん、きれいだ
1912 芙美子「憎らしい人、どうして奥さんの所へ帰らないのよ!」
春彦「君は残酷な人だね。僕にとって、君が一番必要だということが、わからないんだ
芙美子「今だけ、さびしいのよ」と、伊達にすがりつく。
春彦「こんな可愛い人をいじめた人がいるなんて。僕にもっとお金があったらな
芙美子「私こそ、あんたにお金の苦労はさせたくないよ。ね、私、明日から働きに行くわ。あんたと二人くらいどうにでもなるわ」

 ヒモタイプの男は、女の心に逆らわないで、上手に女の貢ぎたくなるように振る舞い、優しい言葉を発する。青年伊達春彦(仲谷昇)は、芙美子なんか、本命とは思わず、二股かけて平気な男だが、芙美子の尽くす姿がいじらしい。

1936 芙美子が帰ると、彼の和服の羽織がほころびているのに気づき、繕っておいてやろうと、管理人のおカミさんに針と糸を借りにいくと、「私が直してあげる」と着物を渡すと「手紙が入っているよ」と手紙をおわたされて
「あんたの旦那さん、いい男だから、大丈夫?」
「大丈夫よ」と強気にいうが、手紙を読み始めると、顔色が真剣になる。

1938  ねぇ、春彦さん、あれは「櫻の園」の舞台稽古のあの晩に私はあなたのお嫁さんになったの。それ以来、私たちの間には夫と妻の関係が続けられていて・・・
 あなたはお金ができ次第、家を持とうとおっしゃった。それが、あなたの下宿にいる女は何?あなたは女中だとおっしゃるけど、私には信じられません。

芙美子は手紙を読んで、それは今で言うと、男の携帯メールを読んでいるようなものだ。

 
芙美子が女給として働いている時間帯に、春彦の下宿に彼女が訪れていた。彼の下宿に芙美子の影を感じる若い20代の草笛光子扮する日夏京子が「女のにおいがするわ」といいながら部屋を眺める。
1943 春彦「ばかな、いつも僕が孤独と向き合っている部屋だ。あの女は下の納戸部屋で寝かしてもらっている
「ホント?」
春彦「ホントだよ。詩の仲間が酔っ払って、ここへ遊びに来たときあとからくっ付いて来たんだよ。その晩、ここで雑魚寝して、あくる朝、起きたら掃除したり、洗濯したりしている。すっかりこの部屋の女中きどりでいる
京子「その女が、女中だけでここにいると信じられないわ」
春彦「どうして疑い深いんだ」
京子「だって、私だっていっときもあなたと離れてはいられないわ」
春彦「結婚すれば、朝から晩まで一緒にいられるんじゃないか
京子「いつ結婚できるの?」
春彦「だから、お金が出来た時だといっているだろう
京子「私ね、両親に話して・・・」・・・と話しているところへ、聞き耳を立てている芙美子が、我慢できなくて戸をあけて入る。
芙美子「ただ今」
1945春彦「どうしたんだ。きょうは早いじゃないか
芙美子「この方、どなた?」
春彦「うん、東京新激場の日夏京子さんだ。詩も書く。名前くらいは知っているだろ?君
京子「東京新劇場だとか、詩を書くは余計よ。あなたの妻だって言えばいいのよ」

1939芙美子「私が妻です」
京子「もう一度、言ってちょうだい」
芙美子「妻は私です」
春彦「林さん、この人は僕の妻だ。
芙美子「病気で病院で入院しているという奥さんですか?それとも、別の・・・」
京子「どっちでもいいでしょ!林さん、夫から苗字で呼ばれる妻なんてあるのかしら?もう、この部屋にあなたのご用はないわ。お帰りになったら?」
1950春彦「京子さん、もういいよ。(芙美子へ)ビールでも買ってこないか?三人で飲もうよ
京子「女中さんと一緒に?私はいやよ。外で飲みましょう。」と彼女は立ち上がる。置いていかれそうになる春彦「京子さん」と追いかける。芙美子を振り返り、
春彦「(芙美子に)後で話し合うからね
と言い残して、後を追う。

林芙美子のおもしろさ、真骨頂はプロセスであって、結論とか文士になって活躍する成功譚は、読者にはどうでもいい。このどん底を這いずり回るこの姿に意味がある。春彦と恋人との間で、愁嘆場を演じ、人生でありそうでないことを次々と経験していく、これが放浪記で演じられ、彼女の人生の追体験みたいな味わいがある。それを娯楽にするか、あるいはシリアスに受け取るか、各自の判断かなァ。

林芙美子は大家になっても、貧乏性が抜けなくて、注文の原稿を次々とこなし、過労で結局つぶされてしまうようなものだろう。彼女の原稿書く早さは、かなり早いにかね。相当大量に書いている。ある時期に、過去を切り捨て、適当なレベルに原稿執筆の量を制限するべきだろう。

1926年(23歳)、画学生の手塚緑敏(まさはる)と内縁結婚をし、落ち着いた。緑敏は実直で、妻の執筆を助けた。
1928年(昭和3年)2月、長谷川時雨主宰の女人芸術誌が芙美子の詩『黍畑』を載せ、10月から翌々年10月まで20回『放浪記(自伝小説)』を連載した。その間の1929年6月には友人の寄金を受けて、初の単行本の、詩集『蒼馬を見たり』を自費出版した。
『放浪記』は好評で、昭和恐慌の世相の中で売れに売れ、芙美子は流行作家になった。印税で中国へ一人旅し、講演会などの国内旅行も増えた

1931年11月、朝鮮・シベリヤ経由でパリへ一人旅した。既に満州事変は始まっていた。金銭の余裕があれば旅に出て、向こう見ずな単独行を怖じなかった。ロンドンにも住み、1932年6月に帰国した。旅先から紀行文を雑誌社に送り続けた。
1935年(昭和10年)(32歳)の短編『牡蠣』は、私小説的な作風を離れた本格的な小説として、評価された。
1937年の南京攻略戦には、毎日新聞の特派員として現地に赴いた。1938年の武漢作戦には、内閣情報部の『ペン部隊』の紅一点として従軍し、男性陣を尻目に陥落後の漢口へ一番乗りした(『戦線』『北岸部隊』)。「共産党にカンパ」の嫌疑で、1933年に中野警察署が留置したが、芙美子は思想で共感したのではなく行動の人だった

1940年には北満州と朝鮮に行った。1941年、日米交渉が難航していた頃、自宅を下落合に新築し、飛行機で満州国境を慰問。『放浪記』『泣虫小僧』などが発売禁止処分となる。
太平洋戦争前期の1942年10月から翌年5月、報道班員として仏印・シンガポール・ジャワ・ボルネオに滞在。戦局が危うくなり、1944年4月から、夫綠敏の故郷、長野県の上林温泉、角間温泉に疎開。暫く二階を借りた民家が、今、林芙美子文学館になっている

幸い、下落合の自宅は空襲を免れ、1945年(昭和20年)10月に帰京。自由に書ける時代を迎え、人は活字に飢えていて、翌1946年から出版社が芙美子に原稿依頼が集中した。執筆依頼を断らぬ芙美子は、書きに書いた。その中に『晩菊』や『浮雲』などの名品もあった。私用や講演や取材の旅も繁くした。1949年から1951年に掛けては、同時に9本の中長編を新聞・雑誌に連載した。

Bugakuhihibun 1951年(昭和26年)6月26日の夜、『主婦の友』の連載記事のため料亭を2軒回り、帰宅後に苦しみ、翌27日早朝心臓麻痺で急逝した。『ジャーナリズムに殺された』と、世間は言った。享年47歳。生前、色紙などに好んで、『花の命は短くて苦しきことのみ多かりき』と書いた1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

蝉しぐれ 藤沢 周平と海坂藩 考察 黒澤監督『わが青春に悔なし』評価B 二十四の瞳YouTube 高峰秀子を思う 黒澤監督『わが青春に悔なし』評価B エデンの東 昭和32年ジェームズ・ディーン 遺恨あり 原作吉村昭 「最後の敵討」 「浮雲」原作林芙美子 主演高峰秀子:    楢山節考 木下惠介監督 主演田中絹代

| | コメント (2)

2011年4月25日 (月)

今の指導者は論語 学んでいないのか

1829  (東日本大震災の)被災地の人々が、あの困難なときにも、礼節を守り、混乱がなかったと、世界から賞賛され、感嘆された。東北の人々の態度、あの人々の心の奥底に「孔子」「論語」の精神があったからではないか、と黒鉄ヒロシは「千思万考」で語った。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

困難な状況になると、集団奪略で警察の取り締まりもお手上げになる外国の例が多いのに、順番を守り、お互いに助け合い、なんて美しい人々だろうと思って、涙さえ出そうになった。その姿を外国の記者たちは報道し、世界から日本は賞賛された。もちろん、少数の不心得者はいつの時代にもいるが、大多数の日本人の心の奥底に何かある。その一つに、孔子の『論語』があるとの指摘である。だから、こうも静かに耐えているのだと、私は思っていた。

Confucius_02 孔子(こうし、紀元前551年9月28日‐紀元前479年4月11日):春秋時代の中国の思想家、哲学者。儒家の始祖。
 紀元前551年に、魯国昌平郷辺境の陬邑(昌平とは太平を盛んにする意。邑=村)、現在の山東省曲阜市で陬邑大夫の次男。孔子自身は「卑賎階級」と『論語』で語る。
 幼くして両親を失い、孤児として育ち、苦学して礼学を修めた。礼学の大家を名乗って国祖・周公旦の大廟に入ったとき、「あれは何か」「これは何か」と聞き、知識にあやふやな面も見せている。細かく確認することが礼であるとの説も。
 身長は9尺6寸(216cm)長身(春秋時代の1尺=22.5cmで計算)で、「長人」と呼ばれた(『史記』孔子世家)。52歳のとき魯の定公によって中都の宰に就職したと『史記』に伝える。その翌年に大司寇に就任した。
 紀元前497年に国政に失望して弟子とともに諸国巡遊の旅に出た。しかし孔子を受け容れる国は無く、紀元前483年、69歳の時に故郷魯に帰国。その後は弟子の育成に専念し、紀元前479年に73歳で没した。
引用解釈

『論語』(ろんご):孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物。『孟子』『大学』『中庸』と併せて儒教における四書のひとつである。
『孟子』は言行の主の名が書名であるが、『論語』の書名が「孔子」でなく、『論語』である。「門人相與輯而論纂 故謂之 論語」と門人たちが書き付けていた孔子の言葉や問答を、孔子死後に取り集めて論纂し、『論語』と題した。 
Wikipedia引用解釈

紀元前2500年前、春秋時代の社会で人間は、力のあるものが人の上に立ち、暴力こそが人を従わせる道具だった時代に、孔子は、人間社会に倫理観、道徳観を与え、人としての道しるべを「発明」したと考える。そうすると、「孔子」「論語」の存在意味が理解できる、と思う。

世界の四大聖人、
キリスト:神の名の下に絶対的な愛を獲得するという。
 釈 迦 :悟って真理を追究する。
ソクラテス:正義と勇気を重んじ、フィロソフィーを獲得する。
 この四大聖人の思想は、自分のため、自分を高めることが中心。ところが孔子だけは、他者との比較、関係性、社会とのかかわりを考える。

1846_2 孔子の代表的な思想は、仁、義、忠、孝、信、礼、あと二つ。
仁:人を思いやる親愛の情
義:正しい行いをする心
忠:正直で表裏のないこと
孝:親を敬う心
信:嘘をつかない、約束を守ること
礼:礼儀、感謝の心

南総里見八犬伝の中に描かれている思想であるが、いろんな風に解釈はできますが、契約であったり、忠孝であったり、これらがバランスよく社会の中で構成されていると、社会がうまく回る。そう見ている。

1836 それまでの社会は、野生動物の社会を見ればわかるように、強いものが正義で、「ぶん殴る」ことで従わせるのが人間関係のルール。つまり、乱暴狼藉で、相手が泣こうがわめこうが、知ったことではなかった。孔子の思想は、それまでの人間社会の野蛮さをなくすことにあった。今では当たり前の考え方が、当時は斬新で、魅力的な思想であった。

1837 この孔子の思想を朱子学として、徳川家康は社会、人間関係に取り入れた。明治維新に活躍した人や、その後の人々の思想に深く入り込んでいる。西郷隆盛、福沢諭吉、吉田松陰、夏目漱石、内村鑑三。キリスト者にも、この朱子学、儒教が矛盾なく納まっている。キリスト教を信じながら、論語が使えるということは、思想の分母のところは世界に共通のことである。

1849_2 子いわく、
之を知るものは
之を好むものに如かず
之を好むものは、
之を楽しむものに如かず

簡単に言えば、これは「好きこそ物の上手なれ」である。楽しむものでないと、之を越えられないということである。論語の基本は、自己犠牲覚悟である。今のリーダーには、論語の精神がしみこんでいないから、この自己犠牲覚悟がない、不足している。それをみれば、論語を読んでいないとわかる。

読んでいるというなら、それは「論語読みの、論語知らず」という言葉示すものである。

孔子は、最初ある国で採用されて仕事をしたが、為政者との意見が対立し、その後は、無冠の一学者として諸国をめぐり、道徳の意味を説いて回った。孔子の説く「道徳」こそが、人間の生き方であり、「心の背骨」となると、黒鉄ヒロシはいう。

1844  『子の曰く、吾れ
  
十有五にして学に志す。
  三十にして立つ。
  四十にして惑わず。
  五十にして天命を知る。
  六十にして耳順
みみしたがう。
  七十にして心の欲する所に従って、
  矩
のりを踰えず。』(為政編)
  解釈:わたしは十五歳で学問に志し、三十になって独立した立場を持ち、四十になってあれこれと迷わず、五十になって天命(運命)をわきまえ、六十になって人の言葉がすなおに聞かれ、七十になると思うままにふるまって、それで道をはずれないようになった。

多くの人に影響を与えている。皇太子浩宮が40歳になったとき、会見で「四十にして惑わず」といいますが、「(論語を踏まえ)私はまだ迷ってばかりです」と語った言葉が印象に残っている。

1835 孔子は成功者、と思っている人が多いが、弟子3000人いたといわれているが、彼ははっきりいって人生の失敗者です。大失敗者です。就職しても、短期間でやめているし、66~68歳で故郷の蜀へ帰るが、家庭的にもあまり恵まれてとはいえない。非常に苦難な人生です。故郷へ帰ると、息子が死に、弟子が死んでいく。

つまり、孔子は、世俗的な価値観より、心の価値観を見出した人で、彼の偉業でもっとも有名なのが論語である。これも彼が書いたというより、弟子たちが書き残したものである。

この点は、キリストと似ている。他の賢者も似たような道をたどっている。孔子の時代は、春秋戦国時代で、戦国群雄割拠で人々は荒んでいた。人は欲望のまま暮らし、その時代BC2500年頃で、その時代の人に孔子は道徳を広めた。その時代の知的階級の人々へ人間のあり方、すなわち儒教というものを創出するのである。

これが徳川家康が、人民の統治する上で、都合のいい部分だけを利用しているという批判はあるが、国民に親孝行とか、君臣の関係を保つ思想を教え込み、身分を固定する道具に利用したと、明治以後には批判されている。

江戸時代の仏教と儒教は矛盾なく共存して、鎖国と共に300年の江戸時代を平穏に・・・・と、言い切るのはムリにても、日本人の大人は、儒教に含まれる思想が一応の通過儀礼のように、知識として持っていたことは確かである。武士の思想の一端を担っていただろうと思う。

論語の自己犠牲覚悟。この部分だけは、日本人の「心の背骨」としてもっていたい。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (4)

2011年4月24日 (日)

開戦直前 方針決まらない日本Ⅱ

1800 1801 大本営の「連絡会議」今なら「閣僚会議」+「事務次官会議」の合同会議だろう。その連絡会議が迷走というか、びしっと方針を打ち出せなかった。各代表の反対しない様子見の方針を出しているうちに、ドイツがソ連を侵攻し始めた。そのドイツの旗色がいいのを見て、陸軍はソ連を懲らしめるチャンスと考えた。それで「北進論(ロシア領内へ侵攻)」を実行しようと準備にかかった。昭和16年(1941年)基準で読んでください。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

 それでは、戦争になると、海軍は心配し、石川信吾(海軍省軍務第二課長)が、陸軍を訪ねて東條英機の腹心佐藤賢了(陸軍省軍務課長)を詰問した。彼が一番陸軍で対ソ強硬論者であるおと思われていた。

石川:佐藤、貴様ら、本気でソ連に出るつもりか?
佐藤:誰がそんな事を云った!
石川:北進は陸軍の単独作戦となる。国を潰す気か?食い止めるんだ。

「連絡会議」は、「様子見」のためにあいまいにし、その結果、軍部に拡大解釈を許すことになった。陸軍が突っ走っているのを止める代わりに、バランスを取って今度は海軍に南方の準備を同意した。

18151820その結果、日本軍の仏印(ベトナム)への進駐となった。石油のあるオランダ領インドシナには手を出さないと、フランスの承認を得て少数部隊の仏印派遣で様子見をしようとした。南進も、北方と同様、様子見のつもりだった。
 この様子見の理屈は、国内的には陸軍の北進論と海軍の南進論のバランスを取ったとして、理解ができたかもしれないが、国際的な観点が抜けていた。

Img028 仏印(フランス領インドシナ):1887年から1954年までフランスの支配下にあったインドシナ半島(インドシナ)東部地域で、仏領インドシナである。現在のベトナム・ラオス・カンボジアを合わせた領域

 海軍としては、油田の多い蘭印(オランダ領インド)まで軍を進めたいのを、抑制的にその前で 止めたつもりであった。仏印(ベトナム)で止まっているのは、アメリカやイギリスに気使っているとつもりだったが、国際的には通じないのであった。仏印への進駐は、アメリカの態度を非常に硬化させた。

Ws000000蘭印(オランダ領東インド):オランダが宗主国として支配した東南アジア島嶼部に存在した植民地国家、その領域をさす名称。その支配領域は、ほぼ今日のインドネシアにあたる

1815_2  アメリカは、これを機に、日本が必要とした石油を部分制限だったのを、全面禁止にしてしまった。これで、日米関係は危険水域に入ってしまった。アメリカ国内で反日世論が高まり、対日強硬派が一気に増え、日米交渉の担当者であるハル国務大臣も、時間稼ぎができなくなった。全面禁輸措置を取らざるをえなくなた。ルーズベルトもその措置を追認した。
 この全面禁輸措置を解除するには、日本が中国と仏印からの撤兵することが条件が付けられた。日本のトップが、あいまいで選択肢を残そうとしたがゆえに、陸軍の北進論を準備を進め、海軍もバランス上、南方へ進駐する結果になった。しかし、アメリカの全面禁輸を覚悟していなかった軍の中枢も、たちまち動揺した。

1824 柴勝男(海軍省軍務局中佐):アメリカがここまでやるとは思っていなかったので、そのとき、料理屋へ行って飲んでいた。そのまま石油が止まってしまうと、大変だ。夜中に非常招集がかかった。

鈴木真一(企画院総裁):もうあの瞬間にもう戦になっている。若い人たちは、「戦をやるしか他に方法がないね」といっていた。

湊慶譲(海軍省兵備課長):中堅どころの我々ぐらいのところは、物資がどんどんじり貧になるのは、とにかく絶対に(戦争は)ダメだ、というばかりは言っておれない時代にきたのです。

これらの意見は、中堅一般の意見であったが、首脳クラスは、この緊急非常時にあって、具体的な方策を決めなければならないが、いろいろ意見があるので、一本に決めかねていた。様子を見ているうちに、先方から「全面禁輸」と日本が一番嫌がることに手を打ってきた。そうはならないと、と楽観的だったのが、一気に追い込まれた。それが現実になって初めて、日本が驚いた。

 そういうときに、カーっとならないで、冷静に処理できる人の意見は往々にして、隅に追いやられ、強硬な意見が前に出るのが通り相場である。その意見が強気がゆえに耳触りがいいから大衆受けがいいので、新聞ラジオのマスコミが「強気の意見」を煽る。大衆は、それが強国大国が相手であっても、勝ち目のない戦に突き進んでいることに気づかないでいた。

P0769 日清戦争で遼東半島を三国干渉で、屈辱の返還した 例がある。明治のトップは、日本が「譲歩」を選んで、日本を誤らせなかった。国力のなさを国民にも理解させて、意地をはることを控えたという良識があったと思う。ところが、昭和10年から19年代のトップは、平成の御代から見ると、ここで譲歩しておけば、まだまだ、日本を破壊に追いやる過ちをしなかっただろう。政府のブレーキもなく、なぜ国民大衆も、戦争を歓迎してしまったのか。このあたりが、今日本人の学習するべき点だろう。

三国干渉(さんごくかんしょう):下関条約で日本への割譲が決定された遼東半島を清へ返還するよう、フランス・ドイツ帝国・ロシア帝国の3国が1895年4月23日に行った日本に対する勧告

ここに到って、リーダー達に残された選択肢は二つ。
①中国からの撤退を飲む。(対米譲歩)
②南方の資源を独自調達する。
1821  ①は国内の反対、②は英米の反発が必至であった。まさに進退ここに極まれり、であった。もう結論をやかしたり、先送りは許されないところに追い込まれた。こんどこそ、国家の大局に立って決断しなければならない。決断はさらに困難が増していくのであった。石油停止の現実にリーダーはうろたえているばかりだった。

1941年9月3日(開戦96日前)第50回大本営連絡会議
彼らは、今究極の選択に向き合う。
1822 ①アメリカへの譲歩
②それとも、戦争突入
(水野修身 海軍省軍令部総長):統帥部は焦りがあった。帝国の物資は減りつつあった。このまま時が経ていけば、いよいよ痩せて足腰が立たなくなる。(だから、今一かバチか勝負に出よう)

杉山元(参謀総長 陸軍):10月上旬。には、外交のメドをつけてもらわないといけません。これ以上ズルズル引き延ばすのは、統帥部はとても認められません。

多くの実務担当者の気持としては、日本から一日一万トンは備蓄燃料を消えていく焦りがあった。リーダーには、決断の時間は残されていなかった。現実的な問題としてのしかかってきた。

時の首相東條英機の腹心佐藤賢了(陸軍省軍務課長)は、国策を起案する中核スタッフ(現代で言えば、有能な総理大臣秘書)で制服の軍人であったので、表向き強硬な意見を言っていたが、家族には、対米戦争に戸惑う気持ちを表情に表していたようだ。

さて、この結末は、どうなるか。あと開戦まで3か月…

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (1)

2011年4月23日 (土)

開戦直前 方針決まらない日本Ⅰ

1773 大本営連絡会議が、戦争にするか、交渉で決めるか、日本の方針を決める最高機関であった。そのメンバーには、写真を見ると東条英機が前列の中央に座っている。あとからの評価では、東條の人物をあまり評価しないのに、彼の意見が通っているように見える。近衛文麿首相は辞任して、東條が首相になっている。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

1780 アメリカ工業生産力の日本との比較 海軍の兵備局長保科善四郎は、上司に対等にアメリカと戦うだけの工業力がないし、戦って勝ち目はもちろん、利するものは何もないと何度も訴え続けていた。対米戦争は避けなければならない、と。

陸軍中枢の対米強硬論者も、日米開戦の不利はわかっていた。トップは「勝算なし」とわかっており、日米戦争回避のため努力をしていた。国力の違いもよく理解しているはずだった。

1768 海軍の証言者は、兵備局長保科善四郎の意見として、上司武藤局長に「絶対積極的に戦争にもっていくべきではない」と何度も、何度も訴えていた。日本の工業力を数字から見て、勝てるものではないから開戦は賛成してはだめだと、意見を伝えた。

1791 この大本営連絡会議という組織が実質最高意思決定機関である。その決定を天皇の承認を仰ぐための御前会議はあるにしても、それは全員一致で上申するのだから、決定したも同じ。

 ただ、連絡会議では、各代表がみな対等で、首相にも決定権がなく、反対者が一人でもいると、なにも決められなかった。話をまとめるには、各組織の要望を均等に反映させるあまり、実態のない決定に合意するのが慣例であった。具体的なことは、「別に定める」という表現で決めていた。実際ことが起きたときに改めて議論をすることになり、反対派はその場で反対して意思を通す。有効な意思決定ができなかった。

1798 1941年(昭和16年)6月下旬、ドイツとソ連との間で全面戦争が始まった。ドイツ軍はソ連領深く侵攻し、ドイツの勝ち戦に見えた。ヨーロッパで火の手が上がり、日本首脳陣はどう対応するべきか、判断を迫られた。日本は、対岸の火事のように楽観できない状態になっていた。

1940年(昭和15年)に「日独伊三國間條約」を結び、ドイツとは同盟関係ができていたから、ソ連と戦うドイツのためにも、日本はアメリカを引き付けておく役目があった。

 ドイツ軍は目覚しい進軍で、ソ連領内に深く進攻して、日本国内は「勝った、勝った」の大喜びの戦勝気分だった。陸軍は、この際、北のソ連を叩きに行こう。明治以来の北方処理を解決したいという願望があった。一方、海軍は南方の資源を確保せよ、と言う南進論が出てきた。海軍の自存自衛のためには、南進論が譲れない。

18001801 1941年(昭和16年)7月2日(開戦まで159日)の大本営連絡会議で、当面の対応方針が打ち出された。これも、方針というものの、あいまいで、外交方針は引き続き交渉するとか、陸軍、海軍の顔を立てて、北進論、南進論も、両論併記と言う総花的なプランを示しただけで、「具体的なことは、状況を見て別に定める」という、何もきめず、準備だけはするという、様子見、先送りであった。

なんか、現代の政治も、昭和戦争前の政治家も同じ様なことを進めている。これじゃ、奈良時代の藤原不比等のほうが、能率的に政治をやっていたのではないか。家康、秀吉、信長の戦国時代は機能的に国を動かしていたのではないか、と思う。彼らは自分の命をかけて、政府=「首脳の命」が一致しているから、必死だったが、近代になると、株式会社の代表みたいなもので、その職を辞めたら責任なくなるような、責任回避できるから、甘いのではないか。

1822 159日前の大本営連絡会議で決定を、陸軍では準備しておくことを「自分たちの方針でドンドンやれ」と拡大解釈した。また、海軍は「海軍の方針で進めていいもの」と、理解した。

自立した組織の軍隊は、政治の意思決定の遅さを歯がゆい思いでみていただろう。だから、すでにこことここを占領して、という青地図が出来ているような動きを始めた。

1941年(昭和16年)7月13日(開戦まで148日)大本営連絡会議後には、陸軍は連絡会議の方針に基づき、北進準備で動員を始めた。総勢16個師団で85万人の大兵力を準備した。準備という範囲が連絡会議では決められていないから、すべて陸軍の判断に任されていた。

任務は秘密にされ、兵士の見送りも許さなかった。連絡会議のあいまいな決定した方針を最大限利用して、都合よく解釈した。この大動員が国際的にも、大きな波紋を広げた。

海軍は、陸軍のこの方針を「やりすぎではないか」と、抗議した。また、満州にいる関東軍からも、行動の自由を要求しシベリア占領計画も作っていると、海軍が陸軍の担当者に抗議した。

国家的な緊張が広がることを押さえなくてはならないと、主張するだけの冷静さが海軍みも、陸軍の内部にはあった段階であったが、これが、結局北進論の実行、南進論の実行に移って、日本側の内輪の事情が、外国国際的な目からすると、侵略をはじめているように見られたのではないか。

18201821 陸軍が北進論を進めているのだから、片方をだけを認めることは、海軍の機嫌が悪くなる。それでは、海軍には南進論を認めておけば、バランスがとれている。海軍は、最小限の人数で、とりあえずサイゴン(仏印=ベトナム)へ兵員を輸送した。これは、イギリスやオランダの石油利権には手を出していないというギリギリの抑制を効かした出兵のつもりだった。ソレが通用するのは、日本国内だけで、国際世論を納得させるものではなかった。

国際世論というものを見方につける外交が何もできていない。また、アメリカとの交渉もハル国務大臣(外務大臣)の日本の言い分を渡して、回答をもらうまで、日本はぼんやりしている。日本人がアメリカの要人と親しくして外交のために友人もいない。外交が弱いから、日本の要求が通らない。

あとは、ハル国務大臣のハルノートが、もう我慢の限界と破裂が戦争へ進む。南進論と北進論、つまり陸軍と海軍の行動が日本の針路を勝手に戦争に進んでしまう。

誰か身をもって、戦争回避のために犠牲になれば、日本人の300万の戦死戦災犠牲者は回避できたかも。政治家も官僚も、株式会社の代表みたいなもので、役を降りたら責任ないという逃げ方をする。(続く)

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

中津川市立第二中学三年五組 

中学の二年になると、始めて、クラス替えがあった。三年五組。なんでこのクラスになったのだろう、と考えていた。山がちなところにある西小学校、古い町の多い南小学校の出身者が多い。隣の四組は都会的な地区の東小学校出身の可愛い子が多い。そんな印象があった。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

三年になると、高校入試の模擬試験をやるようになると、クラスにひとりずつできる子がいるのに気づいた。1組長尾先生(音楽)、2組近藤先生、3組安保郁夫先生、4組仙藤先生女、5組間太利先生女、6組本田昇先生、1組はK君だし、二組は●藤君だし、三組はMさん、四組は●上君、五組はA君、六組●室君、リーダーになる生徒が入っている。しかし、わが五組だけは、5月過ぎになってみると、アレ、ウチのクラス、あんまり飛びぬけいる生徒はいないが、平均点が高いと感じた。

 この当時、(岐阜県)東濃地方は、日教組も活動していたし、特に生活つづり方を推進する先生が多く、生徒に順位をつけることを嫌う雰囲気があり、模擬テストをしても、各生徒に順位を知らせていたが、生徒に順位を生徒には廊下に張り出すなど公表していなかった。一つの見識ではあるが、競争心をあおることで、勉強をさせるという考え方はなかった。

「先生、どうやってクラスを決めたのですか?」と聞いたような気もするが、先生ははっきりはいわなかったが、特徴のある子をまず先にとって、ワルの子は統制が取れる男の先生に任せる。つぎに成績のいい子を平均に分ける。不通の子はばらばらと固まりに分ける。あと、メンバーみて、この子をあげるから、この子をもらう・・・、と言う感じで分けた。と思ってみていたが。

五組の担任、間先生、あの頃先生は元気だったから、学区内を歩いて生徒の家庭を回ってきた。家庭訪問という決まりはなかったが、ガラスを割ったとか、お金が紛失したのでとか、あの子が病気だからとか、結構問題があったようで、授業以外の用事で先生は多忙だった。五組50人くらいの家庭を歩き続けていたようだった。

一学期には、文集をつくるお金を集金していたNさんの集金箱からお金がなくなったので、先生はみんなを廊下へ出して、かばんを調べた。今の時代ではちょっと考えられないが、それで文集委員A君は疑われるのは心外だ、と「文集委員を辞める」と言い出した。彼はわがクラスの代表委員をやる第一人者だったから、影響が大きく、彼の家まで言って説得したが、聞こうとしない態度で先生も困った様子で、わが家へ訪ねてきた。

私はA君の親友でもあり、同調していると思ってきたのだが、私はAの態度が幼稚すぎるのは前から知っていたので、「委員を辞める意味がない」と先生に言ったので、ほっとした様子に見えた。

雑巾を新学期には一枚提出することになっていた。町に雑巾を商品として売っている時代ではなかった。各家庭の廃品布地で雑巾を縫うのが、一番安易な方法であるのだが、雑巾を母親が縫うとはおよそ想像のできないわが家であったので、一番困る課題であった。そういう仲間数人で、職員室に忍び込んでか、先生の閻魔帳の雑巾提出欄にチェックをして「雑巾提出」にする。あるいは、提出した雑巾を持ち出し、再度提出して、チェックをしてもらう。このスリルは一種快感でもあった。

まあ、この年頃、反抗期のさなかで、女の先生には、手がつけられないガキだったと思う。授業中や学級会ホームルームHRでは、先生のやること、言うことに反論、ヤジを飛ばし、さすがに冷静な先生も頭にきて、説明しているさなか、教壇から降りてきて、バシっと頬をひっぱたかれた。女の先生に殴られたのは始めてにして最後だったが。

 その日の夕方、先生は、本町のわが家へ訪ねてきて、両親の前で「息子さんを叩いてしまい、申し訳ありません」と謝っていた。母親は、「悪いときは、どんどんひっぱたいてください」と言っていたようだ。それで後から、私には特に何かいいうでもなく、私が学校で横着な子であることで、案外安心している様子だった。

秋になると、学校祭と称して、演劇をクラス単位でやっていた。特に本田先生のクラスは、女傑女優タイプの某さんがいるから、二年では「クリスマスキャロル」三年では「桃源譚」、ウチのクラスは二年で「ウイリヤム・テル」、三年では「青の洞門」(菊池寛原作)をA君の脚色でやったが、あまり女気を削ったら味がなくなって、担任の間先生の愛読書であったので、先生のクレームが入り、手直し。三年生の受験勉強の大切な時期だろうが、そんなことお構いなく、打ち込んだね。

そのあとが、文集つくりであった。正月ころまでかかった。これは毎年恒例の卒業文集で、昨年の卒業生に負けない内容、厚さを目標に熱入れて、高校入試は無視していた。その文集を、クラス生徒分より多めに作って、構内販売という画期的なことを考えた。これで、制作費を浮かそうとしたのだが。まあまあの結果で終わった。

そんな、今名を含めて、それが二中の特徴で、一中の優秀な生徒には学力ではボロ負けであったが、充実した中学校生活だったと思う。

先生は、今年9月で95歳になられる。先生は校長や教頭にもならなかったが、そんなことは関係ないと思う。私たちには先生でいて、人生の中で大きな指標になってくれたと思うので、国家からの表彰でなないが、私たちの目線で表彰状をして差し上げたい、とひそかに思っているところである。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (1)

2011年4月21日 (木)

平城京時代の実力者 藤原不比等

200pxfujiwarafuhito645年大化の改新の立役者 、中臣(藤原)鎌足の二男が藤原不比等フヒトである。(聖武天皇の祖父)この人物の存在なくしては、その後の藤原家の発展はない。出だしは、有力者の後ろ盾がなく、下っ端の下級か役人から始めたが、徐々に昇進して、頭もよく、権謀術数も使えたから、出世は早かった。その後は、遣唐使からの知識をもって帰った人材を使かって政権基盤を固めた。あとは、自分の娘を天皇家へ嫁がせ、自分が天皇の外戚になるように手を打った。最大の偉業は平城京の建設だろう。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

 この人物を調べると、この人は、タヌキおやじで、日本の初の歴史書日本書紀をつくらせたが、かなり創作が紛れ込んでいる。漢文で書かれているから、当時の教養水準からすると、ほとんどの日本人は読めないしろものであった。つまりは、日本という国の商品カタログみたいな存在であったらしい。だから、真実の史実というより、中国の三国志などからチョイスしてストーリーつくりして載せているものがあった。

藤原不比等であるが、『竹取物語』でかぐや姫に求婚する5人の貴公子の1人、車持皇子(くらもちのみこ)のモデルは不比等とされている。物語の登場人物にまでなっているとは、ちょっと意外である。

不比等フヒト出生の秘密 父は中臣(藤原)鎌足、大化の改新の同志、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ )は仲間であり、兄貴分である。そして天智天皇になる家系で、こちら鎌足は格下の存在であり、臣下の関係であったと思われる。中大兄皇子が天智天皇になり、自分の彼女を鎌足に下げ渡すのである。これは、現代から見ると、オイ、ちょっとちょっと、と思うが、その当時の感覚からすると、自分の部下を信頼しているがゆえに、大切な貴重品を渡す感覚かもしれない。ちょっと、その辺の理解が、研究不足でわからないが。

これは「興福寺縁起」「大鏡」にも書かれている。天智天皇は、中臣ナカトミ鎌足に妊娠中の女御を下げ渡し、「生まれた子が男ならばそなたの子とし、女ならば朕のものとする」という約束をしていたらしい。その後、生まれたのが男の子=不比等で、鎌足の次男として扱われた。いろんなところに書かれているので信憑性が高い。だから、不比等は次男にも関わらず、藤原家の祖と言われ「藤原」であり、他の兄弟はみな「中臣ナカトミ」となっている

略歴 不比等11歳の時、父鎌足が死去。壬申の乱の時は、数えで13歳で処罰の対象にも功績の対象にも入らなかった。が、鎌足の同族(中臣氏)の有力者は処罰を受け、天武朝の時代には朝廷中枢から中臣(藤原)氏は一掃された。不比等が朝廷ヘ出仕したときは、有力な後ろ盾がなく、まったく一介の下級官人からの勤務を余儀なくされた。

697年、草壁皇子の息子、軽皇子(文武天皇)を擁立し、その後見として政治の表舞台に出てくる。文武天皇に娘宮子を嫁がせ首皇子(聖武天皇)を産ませている。さらに妻橘三千代との間の娘である光明子を聖武天皇に嫁がせたが、光明子は不比等の死後、不比等の息子の藤原四兄弟の力によって光明皇后となり初の人臣皇后となった。

不比等は、氏寺の山階寺を奈良に移し興福寺と改めた。大宝律令の編纂も関与、その後、養老律令の編纂作業に取りかかるが720年に病死、作業は中途する。

不比等とその息子の藤原四兄弟によって、藤原氏の繁栄の基礎が固められるとともに最初の黄金時代が作り上げられた。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (1)

2011年4月20日 (水)

黒澤監督『わが青春に悔なし』評価B

1590 『わが青春に悔なし』:DVDを図書館で借りてきた。1946年(昭和21年)に公開された黒澤映画第五作である。監督は、黒澤明。物語は滝川事件とゾルゲ事件をモデルとされている。原節子主演。彼女の表情が楽しめる。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

1567  あらすじ:日本が戦争へと歯車が狂い始めていた昭和8年、滝川教授と思われる京大教授八木原(大河内伝次郎)の娘幸枝(原節子)は、何不自由無く活発に育った。父の教え子、糸川(河野秋武)と野毛(藤田進)ら7人の前途有望な学生達が、幸枝の家に入り浸っていた。
 糸川は、慎重で常識と立場を重んじるタイプ。
 野毛は、正しいと信じた事は主張するタイプ。
幸枝は二人にそれぞれにひかれ、二人も幸枝に好意を持っていた関係である。

1556  いわゆる滝川事件で、八木原教授への弾圧に学生運動が盛り上がり、それをきっかけに糸川と野毛はより生き方が別れていく。
 糸川は学生運動をやれば留年になるから、それを避けたいと思い、運動から遠ざかろうとしていた。野毛は警察に捕まり、幸枝の家へは顔を出さなくなった。

1551  数年後のある日、幸枝と婚約寸前の糸川が「野毛をつれてくる」というと、糸川に傾いていた幸枝は「野毛さんを連れてこないで」という。野毛のもつ何かに引かれていたのだろう。それを、無視するように糸川は野毛を連れてきた。幸枝は、野毛の隠された部分、緊張感に引かれる。幸枝は自らの満たされた生き方に疑問を感じて、野毛の生き方を見て、自分の意思に忠実に生き、人生を送る生き方を選択しようと決心する。その日のうちに「東京へ出て自立して生活します」と親に宣言する。

1572 東京で糸川とばったり会って、野毛の消息を聞く。その後、野毛の会社に尋ねていくが、会わずに帰ってしまう。何度か野毛の会社を訪ねていくが、会わずに帰る。このあたりを女心の表現かもしれないが、不要なシーンに思えた。
 ゾルゲ事件を下敷きにして、野毛の仕事を秘密にしているが、いまいち、これが視聴者に伝わってこない。幸枝と野毛と同棲は1584 じめて、二人は幸せな生活が展開するが、現代の目からすると、新婚なのにあまり楽しそうに見えない。野毛の誕生日、出かえる前に野毛は「何か買ってくる」と出かけ、幸枝は「私も料理をつくる」と言い合って別れるのが最後になる。野毛が待1595 ち合わせ場所で、内偵の警察官に捕まる。自宅に警察官が踏み込み、幸枝も連衡される。拷問されたわけか、聡でもないのか、野毛は獄中で死んだ。幸枝は、両親が迎えに来て京都の実家へ帰る。

1611 1601  野毛の妻として、「私は野毛の妻」だから、ご両親の元へ野毛の遺骨を彼の家に持って行き、野毛の両親に同居をしたいと申し出る。この話は、前のストーリーと違いがありすぎて、理解しにくいが、あとから聞くと、滝川事件とゾルゲ事件を題材にした映画は同じ会社内で作られていたから、圧力がかかり、農村部分んい監督が意地で強調したのらしい。

1612 1614  ゾルゲ事件の犯人、スパイだ、スパイの家だと村八分の渦中にへ幸枝入って、遺骨を 埋葬し、その後、「この家に置かせてください」と訴え手も「スパイの家へ来ることはない」の一点張りの野毛の父親の拒否に会いながら、強引に居座ってしまった。

 1624翌日から「田植え」が始まった。街中を歩くと「あからさまにいじめ、村八分されていた。重労1638 働の田植え作業を高熱を発し、フラフラになりながら、勤めた。「いまどき、こんなに働くお姉ちゃんはいなぞ」と母親は夫に説明しただけだが、母親は「こんたら働きぶりは、こんな働く嫁はいない。めたいるも1654 のではない」
 晴れやかな顔して、新農村運動のリーダーとして、幸枝が仲間とトラックに乗って農村を巡回するシーンで「わが青春に悔いなし」の「終」マークがでる。

滝川事件(たきがわじけん):1933年(昭和8年)に京都帝国大学で発生した思想弾圧事件。
Images  京都帝国大学法学部の滝川幸辰教授が、前年10月中央大学法学部で行った講演トルストイの思想について「犯罪は国家の組織が悪いから出る」などと説明したが、無政府主義的として文部省および司法省内で問題化したことに端を発する。
 宮本英雄法学部長が文部省に釈明し問題にはならなかった。1933年3月に「司法官赤化事件」が起こり、状況は一変する。蓑田胸喜ら原理日本社の右翼、および菊池武夫(貴族院)や宮澤裕(衆議院・政友会所属)らの国会議員は、司法官赤化の元凶として帝国大学法学部の「赤化教授」の追放を主張、司法試験委員であった滝川を非難した。

 滝川が休職処分されると同時に、京大法学部は教授31名から副手に至る全教官が辞表を提出して抗議の意思を示したが、大学当局および他学部は法学部教授会の立場を支持しなかった。

小西総長は辞職に追い込まれ、7月に後任の松井元興総長が就任したことから、事件は急速に終息に向かうこととなった。すなわち松井総長は、辞表を提出した教官のうち滝川および佐々木惣一(立命館大学学長)、宮本英雄、森口繁治、末川博(立命館名誉総長)、宮本英脩の6教授のみを免官として、それ以外の辞表を却下された。さらに鳩山文相との間で妥協さが行われた。
 この結果、辞表提出した法学部教官は、要求が達成されたとして、辞表を撤回した残留組と、辞表を撤回せず解決案を拒否した辞職組に分裂し、前記罷免6教授に恒藤恭、および田村徳治の教授2名、大隅健一郎、大岩誠ら助教授5名、専任講師以下8名が辞職という形で事件は決着した。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

ゾルゲ事件ゾルゲを頂点とするソ連のスパイ組織が日本国内で80pxrichard_sorge 108pxhotsumi_ozaki 諜報活動および謀略活動を行っていたとして、太平洋戦争開戦直前1941(昭和16)年9月から翌年年4月にかけて、スパイ容疑で警視庁特高部特高第1課と同外事課によって逮捕された。コミンテルンのスパイとして特別高等警察が取り扱った。
 特別高等警察はアメリカ共産党党員である宮城やその周辺に内偵をかけ、家宅捜査では数多くの証拠品が見つかり、10月13日には九津見房子、秋山幸治が逮捕された。宮城は自殺を図るが失敗、以後は陳述を始め、尾崎秀実やゾルゲなどがスパイであることが判明した

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

黒岩祐治神奈川知事 ソーラーバンク構想

1547 「知事当選おめでとうございます」で始まる黒岩祐治神奈川県知事インタビュー。黒岩氏は政界へ急に出てきた印象だ。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

石原知事が頼んだ人は全部断られ、唯一前松沢知事は意欲的で、都知事への立候補を石原さんに頼み込んで、ようやく立候補の運びになった。そういう流れで、マルく収まPhotoるか、と見ていたが、後ろ盾の自民党、公明党では「支持率が4%と低く、このまま選挙したら 東国原になりそうだ」とささやかれて、「松沢立候補はダメだ」ということで、とたん、石原さん、急旋回。石原回帰になってしまった。松沢前知事は、一気に浪人暮らしだ。残念!

ということで、松沢が神奈川県知事に戻ろうとしたとき、すでに黒岩祐治が公明、自民からアプローチがあって、松沢のトチリに乗じて知事のイスを取った、印象がないわけではない。

1524アナウンサー出身というだけあって、弁舌は言語明瞭だが、いまいち深みに欠ける。コメンテーターは、就任祝いの気持ちがあって、突っ込みが弱かったし、小宮悦子も、仲間意識で、持ち上げ気味に感じた。まあ、自民党も公明党も、便乗した民主党にも、わりと無害な人物であるようだ。

理論的に屁理屈をこねるとか、頑固ではなさそう。いいとこのお坊ちゃんが大人になると、こんな感じで、人の話を聞いてくれそうだ。

黒岩 祐治(くろいわ ゆうじ、1954年9月26日 - ):灘中学校・高等学校を経て早稲田大学政経学部卒業後、1980年4月、フジテレビ入社。同期入社,山村美智子(現在は俳優)。元フジテレビジョンの報道記者・ニュースキャスター・解説委員、国際医療福祉大学客員教授、早稲田大学大学院公共経営研究科講師、新しい日本をつくる国民会議運営委員。兵庫県神戸市出身。趣味及び特技はミュージカル、ダイビング、水泳、歌唱。
 2009年9月20日、「55歳になるのを機にサラリーマン生活に一区切りにした」と発言しフジテレビも退職し、翌10月から国際医療福祉大学大学院 医療福祉経営専攻 医療経営管理分野教授に就任した。「医療・福祉に関する実践的メディア論」「医療・福祉に関する報道の検証」「メッセージ力の高め方」を研究テーマに掲げている。医療福祉系大学の教授でありながら「ホメオパシー批判」を批判。この件で大槻義彦から辛辣に批判されている。(
ホメオパシーとは、「ある物質をある症状を持つ患者に極く僅か与え、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」病気の治癒をめざす行為、思想。200年以上前にドイツ人医師が提案した。欧州の複数国に浸透しているが、科学的な効果は疑問。最近の見方

 2011年3月16日、神奈川県知事選挙への立候補、第17代神奈川県知事当選。 (
新開浩)計画停電でも太陽光パネルで自家発電 http://youtu.be/h96ii6vkE4o

太陽エネルギー利用で、電気を起こし、それを4年間に200万戸に普及させて、エネルギー革命を神奈川から起こしていくのだ、と主張。リーダーはこうやるんだ、という旗をあげるのが任務だ。リーダー論を語るのだが、理論づけが弱そうだ。それを小宮悦子にしても、黒岩新知事を暖かく見守っているようだ。

1533 4年間に200万台のソーラーパネルを各家庭につけることを神奈川からエネルルギー革命を起こす、と黒岩新神奈川県知事はいう。非常に楽観的な言い方をしているが、大丈夫かな、という不安がある。今から60年前、河野太郎の祖父、河野洋平の父、河野一郎が電気、電話、ガス、水道下水、今なら光ファイバーを地下に埋める共同溝案をぶち上げたのと比べて、悪くはないが、なんか発想力が普通ぽい。

1528ソラーバンク構想であるが、「うちの屋根にソーラーパネルを取り付けてほしい」と思うと、まず施工業者に依頼する。施工業者が皆さんに代わって、神奈川ソローバンクにローンを申請→民間金融機関にローンを申請して、100%が下りてくる。

ソーラーパネルが取り付けられ1536 たら、電力が生産されたら電力会社が買い取ってもらいます。電力を売った収入が、ソーラーバンクへの返済になる。つまりは、個人の負担はゼロで、お金がグルグル回ることによって、7~10年でローンが消える。返済が終わると、ソーラーパネルが皆さんのものになる。そのあとの収入はみなさん、ご自由にお使いください。こういうことが、理論的に考えられる。

黒岩神奈川県新知事としては、いいことを言っているが、これを企業の仕事として考えた場合、この計画はキメが荒すぎないか。経営者のセンスからすると、アナウンサーの言い放しのキライがあるぞ。これで失敗したら、誰が責任とるんだ?

悪くはないが、ま、やってみることだね。この神奈川ソーラーバンクが信用保証をしてくれて、電気がうまく売れて、収入が順調にあれば・・・という心配、まるでゼロみたいな話しぶりは、「新銀行東京」のような武士の商法じゃないの?

 軌道に乗って、順調にソーラーシステムが普及したら、「エネルギー革命」が神奈川から始まる!と、いうことになるのかも。それなら、私もいいなァ、と思う。原子力を否定(反原子力)というのではなく、エネルギーを違う太陽にシフトする(脱原発)ということを目指すわけだ。その言い方だって、いいわけぽい。原子力発電を否定しないのは、なんだろう。「長いものにまかれる」独特の日本人の処世術だね。そういう日本的な処世術も大目に見て、「見て見ぬ振り」も、いいかも。

200万戸にソーラーパネルを神奈川県で実現したら、これは社会現象だと思う。しかし、まだ蓄電体制ができないのだから、昼間の電気ばかり多くても、計画停電では、夜は困るだろう。もう少し、詳細をつめてから、コレでいくというプランを出してほしい。黒岩さんにはスタッフがいるのか。関東大震災の復興院の総裁になった後藤新平には手足になるスタッフを持っていたが、黒岩新知事には、ソーラーバンクをつくる法律スタッフ、金融のノウハウ、ソーラー電気を売るには買ってくれる東京電力とのシステムを相談する人、技術面をカバーする技術、蓄電の方法とか、一年二年で動き出せたら、拍手喝采!だ。

416 この困難をやり抜いたら、神奈川県知事を3期保証しましょう。うまくいかなかったら、一期でおしまいだ。ソーラーバンク、金融機関をつくるのは難しいと思うよ。

この太陽光発電のアイディアは、ぜひ成功してほしいが、諸問題をクリアする前にこんなに堂々といっているが、いつまでにできるか、みんな期待しているから、一年たってもできないと、「うそつき」呼ばわりされるよ。★

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

| | コメント (1)

2011年4月17日 (日)

磯野貴理の新恋人は23歳

1592 行列のできる法律相談」で磯野貴理(47)を俎上にのせて、紳介が思うようにいじり倒して、磯野貴理はようやくできた彼氏だから大事にしたいという気持と、芸人として弄られパフォーマンスもしておきたい、そんな気持がない混ぜにになって、恋する乙女を見せていた。

40代ミスたちには、磯野貴理の23歳の彼氏出現の記事、ヒット数は桁はずれに多い。ブログ上の記事にショックを受けているのか、ヒット数が急激に上がって、もう社会現象を起こしている。40代女性が羨ましがっているのは、事実だ。いや50代女性も、可能性があると、急に自信を持ち始めるかも。情報によると、この23の男性、ホストだという。40代女性とも会話がうまくできるはずだ、と納得できた。「ホスト」に偏見を持ってはいけないが、一抹の不安を覚える。

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

磯野 貴理(いその きり、1964年2月1日 - ):日本のお笑いタレント・女性タレント・女優である。所属事務所は、石井光三オフィス。本名:磯野 貴理子(いその きりこ)。結婚中の本名:正司 貴理子(しょうじ きりこ)。
三重県度会郡南勢町(現在の南伊勢町)生まれ。三重県立南勢高等学校卒業。高校卒業後、銀行員を経て劇団七曜日に入団。1987年(昭和62年)9月、三人組のお笑いグループ「チャイルズ」としてデビュー。 1980年代後半、『笑っていいとも!』のいいとも青年隊メンバー(最初の女性メンバーの一人)として活躍。出演当時、年齢詐称していた(24歳→19歳)。観客の中に磯野の妹がいることが判明し、彼女の年齢を尋ねたところ磯野の公称年齢より年上(20歳)であったためタモリから「何で年上の妹がいるんだよ?」と突っ込まれ発覚した。
Wikipedia参照

03697741 きょうは、麻木久仁子(48)も出ていて、彼女はCyzo_201103_post_6950_1 ご存知の方も多いが、大桃美代子の夫であった某通信社社長の山路氏と内密に婚姻届けを出し、その後、別れているという経過をツイッターで大桃からばらされ、ナンヤカンヤ世間からバッシングを受けた。ようやく最近、芸能界復帰した形になっている。

磯野貴理がそんな若い相手1540 を見つけて相思相愛になったことに、「ほんとう?ウソでしょう。」と、麻木は、唖然としていた。どっちかというと、磯野には勝っていると思っていたのに、負けた…と気づいて、だいぶショックを受けている様子だ。「くやしーイ。うらやましー!」という複雑な表情が見えた。

47、48歳、女の限界を感じるようで、女性としての「恋愛」はなし、と思われてしまう。内なる焔が外に出ると「はしたない」とか「●きちがい」と言われる危惧がある。容姿の衰えと同時に、芸能界では、きれいな若い女性が次から次と出てくると、「ババア」扱いされかねない。逆手にとって、磯野貴理は、「ババア」と呼ばれてそれを芸風にもしている。

1546 みんなに本当かと聞かれ、「ラブラブ」というと、「キスは?した?」と次からつぎと聞かれ、彼女は「している」というと、どこで「外、家の中?」、「Hは?」と聞かれ、しばらくは黙って・・・「そんなこと、答えるの?」と肉体関係があると示唆した答えだった。一斉に、みんなワーッと騒ぐ。つまりは、お姉さんには、そういうコトはないものと思っていたから、騒然となる。麻木久仁子、「負けた」って顔で、イスから崩れおちた。

1525 すると、紳介は「じゃあ、じゃあ、メールしてその答えで、信じよう」と、文面は?と貴理がいうと、紳介がスラスラと口からでまかせで「ねぇ 聞いていい? 私のことすき?」と、いう。それを貴理が 打った。そして、「送信」する。

1535それを行列メンバーの目の前の床の上に携帯をおいて、彼から返信がくるか、待った。

1526 相手は、どんな状況でメールを打っているか知らないなら、いい面の皮だ。しばらくすると、返信が来た。一斉に携帯に注目すると、貴理が駆け寄る。それを紳介がブロックするように携帯をとってみる。何と書いてあるか、本人の貴理が紳介の後ろからのぞく。

1560当たり前だろっ
どうしたのさ
大好きだよ(>3<)
きりちゃんが
大好きだよ

こういう文をもらって、貴理は顔が崩れ放し、さっきまで半信半疑1553だった斉木久仁子も、かぶとを脱いだという感じだ。もうもう、負けた。

15571565 そのメールに対して、受け取り放しではいけない、と敏感に感じた女の子がいた。中越典子と言ったかな、年のころ20代半シュンな感じ。

「(返信をすぐ)返さないと!」と言った。その言葉を聞いて、アッこの1566子は、両親そろっている。家庭が健全な家の子だな、と感じた。相手の好意を受けるだけで放っておかない。相手に自分も好意を持っているなら、伝えて、なお一層の理解と好意を深める、という知恵が身についている。この性格は、人間関係に重要だ。片親とか、愛情を自分に注がれていないで育つと、この習慣が疎かになる。このギブ&テイクが、ゾンザイに扱ってしまう。

1579 貴理の携帯を紳介が握っていて、「信用しろ!」といいつつ、貴理の彼は返信を打ち始めた。何を返信されるか、ハラハラの貴理が彼の後ろに就いて回るうち、打ち終わり、送信、「ア、送っちゃった」と、貴理は返された携帯で、文面を読んでいる。

1552 送った文章に気づいて、貴理は、「もう!」と、悲鳴みたいな声を上げた。「いやだ!」行列メンバーは何が書かれたのか、わからないまま、貴理と紳介二人のことがわからないが、そのうち、その返信に、再度返信が来た。

それを紳介がとるのを、貴理が自分がととろうとすると、メンバーが邪魔して、貴理の前に紳介が読んでしまう。「えげつない」と、吐き気を催して、倒れこむ。「なに、なに?」と、麻木さんも、友近も、みんな倒れた紳介の周りに集まる。

15811583  貴理の返信に対する、彼の返信は、「どうしたの?何か落ち込んでいるのかな?」ここまでは、普通だが、あのあと「今夜抱けるかな?」と、読まされて、紳介ならずとも、他人のラブレターは「えげつない」と叫びたくなる。

1574 しかし、島田紳介の上手なところは、これだけ貴理をおもちゃにしていおいて、最後は「40代女性の鏡」と言ったような、いわないような、ほめ言葉で〆た。彼からのメールがうまくなかったら、笑ってしまおうと、準備として、貴理の顔にひげを書いて、笑いにもっていこうと、する。ひげが書いてあると、ジョークでやっているのか、とわかるようになっている。

1573それにしても、プライバシーに踏み込んで、キスの有無、Hの有無まで、問い詰めて、これでもか、笑いを取ってみろ!とお笑い芸人も、道は厳しい。ここまで、己を捨てて、島田紳介に仕込まれて、従順についてきているから、可愛がられているが、逆らったりしたら、ボコボコにされて、芸能界にいられないだろう。その点、磯野貴理はよくやっている。磯野貴理は、ボウロンクソに言われながらも、四十代女性のスター的な存在になりそう。とくに、今回、こんな若い男性を恋人にもつと、うらやましいという感想を持つ女性は多いのではないか。

磯野貴理 正司宏行 離婚の真相  磯野貴理の新恋人は23歳

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

ポチッとよろしく!

| | コメント (15)

2011年4月16日 (土)

今週のベストテン nozawa22

今週のベストテン nozawa22 4月16日(土)
1 千葉県議選(八千代市)定員3名
 
2
英国王子ウィリアム ケイト・ミドルトン結婚 
3
日本一の金持ち 孫正義 
4
覚醒剤シャブ中毒の幻覚と怖さ 
5
無残田老町 津波想定の2倍 
6
神田うの 異能の人理解できるか 
7 神田うの スカーレット・オハラを自覚 
8
千葉県議選(八千代市)結果 
9
東京都知事選挙 結果 2011
10 南三陸町 遠藤さん マイクを放さず

「1日1回 応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

ブログ ベスト10特選 nozawa22

読んで 楽しい ブログ最新テーマnozawa22 今年読んでもらいたいブログ

ブログ ベスト10特選Ⅲ 3月20日

  • おすすめサイト
  • | | コメント (0)

    作家石原慎太郎「太陽の季節」から出発

    最初に映画「太陽の季節」有名なシーンがあって、その後、この映像YouTubeで見てみよう。★

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

    240pxshintaro_ishihara_2009828_2  四期目の都知事に当選した石原氏であるが、文学者としての姿を忘れられていないか、若い人に彼の出発点を紹介してみたい。衝撃的な作品で文壇デビューした。石原慎太郎らしいといえばいえるが・・・。

    昭和三十年、まだ一橋大生だった石原慎太郎が書いた『太陽の季節』が芥川賞を受賞したが、その余りにえげつない風俗描写に世間は眼を剥(む)いた。青い海原にうかぶ白いヨットやモーターボートの上でくりひろげられる若い男女の赤裸々なセックス、恋人交換、殺人。そして―、
     有名なシーン

    裸の上半身にタオルをかけ、離れに上がると彼は障子の外から声を掛けた。“英子さん”部屋の英子がこちらを向いた気配に、彼は勃起した陰茎を外から障子に突き立てた。障子は乾いた音をたてて破れ、それを見た英子は読んでいた本を力一杯障子にぶつけたのだ。本は見事、的に当って畳に落ちた。その瞬間、竜哉は体中が引き締まるような快感を感じた」(『太陽の季節』) 

     この部分“勃起する男性シンボル”が、マスコミみにも取り上げられ、どういうことを書く文学が出たのかと、文壇にも旋風を巻き起こし、支持派と反対派の真っ二つに分れた。

    あらすじ 高校生・津川竜哉はボクシングに熱中しながら仲間とUntitled 酒・バクチ・女・喧嘩の自堕落な生活をしている。ある夜盛り場で知り合った英子と肉体関係を結び、英子は次第に竜哉に惹かれていくが、竜哉は付き纏われるのに嫌気がさし、英子に関心を示した兄道久に彼女を5千円で売りつける。それを知った英子は怒って道久に金を送り付け、3人の間で金の遣り取り(契約)が繰り返される。ところが英子が竜哉の子を身籠ったことがわかり、英子は妊娠中絶手術を受ける。手術は失敗し英子は腹膜炎を併発し死に、葬式で竜哉は英子の自分に対する命懸けの復讐を感じ、遺影に香炉を投げつけ、初めて涙を見せた。

    5byottyann3ffe5c686746d  石原慎太郎へ芥川賞をあたえるか、どうかで、支持派の舟橋聖一は、“若い石原が世間を恐れず、率直に生き生きと《快楽》に対決してその実感を容赦なく描き上げた肯定的積極感が好きだ”と述べ、反対派の佐藤春夫は、“この作者の鋭敏げな時代感覚も、ジャーナリストや興行者の域を出ず文学者のものではない。美的節度の欠如”と評し、カンカンガクガクの論争が続いた」Wikipedia参照

    時代の風潮を書き表しているとはいえるが、賛成派の船橋誠一と反対派の佐藤春夫の言に見えるように、真っ二つに別れていた。ここで賛成派、時代を読む先見性が「太陽の季節」と石原慎太郎が日本の文壇にデビューした。映画「太陽の季節」は、昭和30年頃の風潮を描き、石原慎太郎、裕次郎の兄弟が殴り込みかけてきたような感じでデビューしてきた。

    「太陽の季節」が発表されるや文壇のみならず、一般社会に賞賛もあったが、非難も巻き起こした作品で、そのストーリーに倫理性に欠けることや誤字があることで、芥川受賞の際にはある選考委員がそれらの問題を口にした。

     映画で、津川竜哉(長門裕之)と 武田英子(南田洋子)の二人が知り合って、自宅へ彼女を連れ込んで・・・、あるいは、キャバレーやダンスホールで遊びまくる若者群像を描いているが、石原慎太郎作品の「弟」を読むと、弟裕次郎が年上の彼女を連れてきたりする話がある。裕次郎の友人の噂話をネタ元といいうが、たぶんに裕次郎の体験が含まれているんだろう。
     あの頃、逗子あたりの父親が一流企業に勤める御曹司のご乱行、夏など解放的になる湘南地帯では、ヨットを持っていれば女の子は集まってくる。身持ちの堅い人もいるが、オープンの人もいる。身持ちの堅いというのは、ただもてないだけかも。
     裕次郎は面倒見がいいし、オープンで陽気で、人が慕ってくるのだろう。それに反して兄貴の慎太郎は、怖くて接しにくかったという話を湘南近辺の年齢の近い人はしている。

    「太陽の季節」で主役の二人、南田洋子と長門裕之が結婚することになったのは、この共演がきっかけであるのは有名な話。

    南田 洋子(みなみだ ようこ、1933年3月1日 - 2009年10月21日):東京都港区三田出身。文化学院文学科卒業。夫は長門裕之。義弟は津川雅彦、義妹は朝丘雪路。夫の姪は真由子、従兄弟の娘は山田よう子、甥は北田陽一郎。血液型A型、身長155cm。
    長門 裕之(ながと ひろゆき、1934年1月10日 - ):日本の俳優。本名は加藤 晃夫 (かとう あきお)。実弟は俳優の津川雅彦、父は沢村国太郎、母はマキノ智子、叔父に加東大介、叔母に沢村貞子、祖父には「日本映画の父」と呼ばれる牧野省三

    徹子の部屋」で、南田 洋子が語ったところによれば、かなり『太陽の季節』に似たような心境で、長門を好きで好きでたまらなかったようで、結婚となって、相当うれしい様子であった。原作者慎太郎の付き添いで弟裕次郎が撮影所にきたのをプロデューサーの水の江瀧子が見つけて、チョイ役で出させている。これがきっかけで、次作に裕次郎を抜擢して、長門裕之は格下げになっている。

    E4ded3b256d08fd407772d_large 作品を映画化するために日活へ行って交渉する際、裕次郎も伴って兄弟で掛け合うシーンが「弟」に書かれているが、裕次郎に「もっと吹っかけろ」と言われ、契約金を決めるシーンがある。この兄弟は二人で、親父さんがなくなってから、若くして社会に進出する過程で、協力しあっている。積極的に社会へ出て行く姿は、参考になるかもしれない。

    石原慎太郎は、文学の面でも、評価が賛成と反対がいつも付きまとう。鋭敏な時代感覚があると同時に、美的節度の欠如といわれる負の部分が見える。文学に繊細な美しさを求めると、それは期待を外される。強い日本を求める政治家的なセンスを「よし」とする人には、売れる本を書く人かもしれない。

    都知事になって知った政治の裏側、新銀行東京に融資した現実、ソレを追求して書けたら、文学が政治の上で生きてくる。新分野「文学と政治の融合」ができる。グサっと突き刺すものは、当事者である石原慎太郎しか書けない。彼と同格かそれ以上の相手とケンカしてみてほしい。それなら、ノーベル文学賞とは、ご縁はないという見方を覆す。ノーベル賞に近い。

    しかし、あと4年都知事を続けたら、人生最終章で文学を展開するエネルギーが残っているか、これは、ペース配分を間違えた?と気づくと、臨終だったということにならないように願う。知事の仕事は、副知事の猪瀬さんに任せて、週一回都庁に出るだけで、あとは自宅勤務にしますか?

    沈まぬ太陽 登場人物一覧 戦中派の意識を伝える 大石静の起承転結  金子みすヾの詩 わらび座 田沢湖芸術村で見たもの 生誕100年 太宰治と松本清張は同じ年 東京都知事選挙 結果 2011

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

    | | コメント (0)

    2011年4月15日 (金)

    橋下大阪府知事の野望 大阪維新構想

    201011218128061n 201011218128131n 2011年4月14日 というと、きのうのことだが、大阪市平松邦夫市長が、府知事である橋下徹のやっている大阪都構想で、動き回っている動きに 相当カンに触っているらしい。というニュースが流れた03

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

    Photo_2 平松市長普段ツイッターをやっていろいろ語るのに、橋下府知事のことは一度も出てこない。淡々と実務をこなしているというポーズだけは崩せないが、この無視ぶりが、何か語っているように見える。橋本の行動には、保守の平松市長の立場としては、イライラさえられる。

    Photo 橋下は「読売テレビの辛坊氏を知事にして、自分は府知事を辞めて市長選挙に出る」と、つまりは、大阪市長選と、大阪府知事選挙のW選挙を仕掛けようとしている。辛坊氏に承認をえないで、口攻撃だけの気配であるが、前哨戦をしかけて盛り上げている。戦上手という評判で、武器は人気という「大衆という雑兵どもがいっぱいついている」。戦国時代なら、そんな感覚である。9/21現在の情報では、辛坊氏は内部昇格で囲い込まれたので、選挙の目はないらしい

    この間の府議選、市議選では大阪維新の会が第一党になっていながら、過半数にならなかったので、「負けた」と述べて、体制側の平松市長を唖然とさせた。
     平松市長は、橋下の行動を「政治的メッセージだ」と体制側のドンとして、対抗しなければならないが、動揺を見せられないから、ご苦労なことである。

    平松 邦夫(ひらまつ くにお、1948年11月15日 - ):日本の政治Photo_3 家、元アナウンサー。大阪市長(第18代)。兵庫県尼崎市出身で、血液型はO型。兵庫県立尼崎高等学校を経て、同志社大学法学部卒業。生まれ育った所では園田競馬場の近くで、競馬やパチンコなどのギャンブルに興味を示すようになったという。
    1971年、毎日放送入社。同期はアナウンサーに野村啓司(現・毎日放送専属パーソナリティ)と近藤光史(フリーアナウンサー)、その他の同期に元テレビプロデューサーで現在光明寺住職の御藤良基、現在・代表取締役社長を務める河内一友。
    アナウンサーとして活動、第一部副部長兼国際部副部長も。1995年6月よりニューヨーク支局長を3年間務め、1998年7月よりアナウンサーに復帰。2007年10月15日から人事局専任局長(大阪市長選挙への出馬が取りざさされた為、出馬表明後に休職)を務め、同年11月3日に退職。
    「それゆけ!火曜・やしきたかじん」大阪市長就任後はたかじんの冠番組にゲスト出演している。橋下府知事との"非公式会談"をたかじんの自宅マンションで行なっている。そこまで言って委員会』内で公言。
    (Wikipedia参照)

    Ws000008東京だと対立するとチャンネルがなくなるのに、大阪の人は、うまいこと仲介者をつかって「大阪府知事橋下徹と平松邦夫大阪市長」は、アンダーグラウンドで語り合っている。この辺が大阪らしい。二人はケンカしているように見えて、タッグを組んでいるかもしれない。そんな印象さえある。

    大阪維新の会という思想は大阪都構想という考え方であるが、大阪府と大阪市の二重行政で無駄といえる部分をカットするのは当然だし、府議会と大阪市議会だって二重で無駄になっている。東日本が壊滅している現状に西日本で活力を示そうとする運動のようにもみえる。

    国政に任せておくと、世の中が体制を支配する連中が民意とは違うことをやって、現状民衆の気持と違うことを屋っても気づかない。その不満が無党派層、政権交代へと政局を動かしているマグマが民主党を見限っている。だからといって、地方選挙で、自民党が勝っているわけでもないと、わかるように無党派=「夢」党派は、候補がいない、選択肢のない選挙をさせられているだけだ。無党派のエネルギーをつかんだ側が日本を動かせる。

    アルジェリア、エジプト、リビアで起こった民衆の不満は、日本にも起こった、という印象である。長年続いた保守政治に対する不満、一般市民の意向とは違う組織がのさばる「日本」を変えたくても、ボス政治をどうやったら変わるか、民主党に任せてみたら、いつの間にか、政権は官僚に取り込まれるし、長年の保守政治の魔力に、市民運動家の政治は舵を奪われている。素人政治のようで、人材がそろっていないせいもあるかもしれない。

    Photo_4 そこで、はけどころがない無党派=「夢」党派のエネルギーが愛知の革命と大阪維新の会に向いているのかもしれない。大衆の不満が、名古屋市長河村たかし、大村秀章愛知県知事率いる愛知・名古屋連合も議会の多数派として、動き始めている。大阪・名古屋で、国家の一大事国難と政治の閉塞、法と組織の硬直を打ち破ろうとはじまった。

    無党派は、決して浮動票ではない。「夢」党派として「夢」を求めて、リーダーを求めてやっと名古屋と大阪で花を咲かせようとしているのかも・・・。これも失敗しても、「夢」無党派は消えないで、よい政治家を育てたい。新しい草の根運動を起こし、政治の方向を示して行きたい。

    菅主導(手動)の政権は、どうもダメ臭いぞ、と国民がかぎつけている。これが小沢復権しても、どうも保守政治には変わりはない。河村たかし・橋下徹には、その臭さがない。ここに期待が集まるのだと思う。

    日本の政治へ提言 (夢党派) 無党派が 日本の政局を動かす 無党派を 甘く見てもらっては困る!  橋下大阪府知事に学ぶ政治戦略 政党政治崩壊 再び戦前の暗黒へ 愛知県知事大村秀章 名古屋市長河村たかし当選 辻元清美離党、社民党 今後どうする 

    民主党関連民主党代表 菅直人に決まる 謝野馨氏入閣 義経の発想飛び 消費税値上げ以外に打開策ないか ふがいない民主党に 無党派層はどこへ  民主党、自民党の垢を落とすまでガンバレ!  自民復活&民主惨敗その理由① 自民復活&民主惨敗その理由② 小沢一郎、菅直人、鳩山由紀夫の誤算

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

    | | コメント (2)

    2011年4月14日 (木)

    被災者は1年ハワイでゆっくり!?

    Photo_2 聞こえますか がれきで覆われた岩手陸前高田市。佐々木瑠璃さん(17)は11日、自宅跡に立ち、行方不明の捜索が続く海に向かって、ZARDの「負けないで」を吹いた。津波で母親の宣子(43)、祖母の隆子(75)を亡くし、祖父廣道(76)は行方不明のままだ。「私は元気だから、心配しないで」。涙をふきながら、祖母の買ってくれたトランペットを抱きしめた=森井英二撮影

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

    写真は、本文とは関係ありません。朝日新聞から引用

    明日香さんへ
     被災者の本音のブログを紹介して頂き、読んでみました。(原文(ブログ)
    )「おまえらは(被災者)は1年ハワイでゆっくりしてきな」と言われたい 東日本大震災で多くの人たちが被災し、現在もなお、多くの問題が山積する中、ある人物が書いた匿名ブログがネットで話題になっている。このブログを書いた人物は、福島に兄がいるようで、その兄が電話でその人物に話した内容が記載されている。
     記事のタイトルは「頑張れとか復興とかって、多分、今言うことじゃない。」 とてもショッキングな内容、一度読むことをオススメします。」というメールでしたね。

    私の思うことはいくつかありますが、
    Photo_3  たとえば、「おまえも被災者とおんなじに家を失え!」という嫉妬に似た願望、病気になれば「あんたも同じ病気になれ!」と呪詛
    ジュソでもしたい気持ち・・・、そう思う人もいるし、そうでなく、自分の不幸をじっと耐えて受け止める人もいます。
     たぶんそういう健全な考えの人は、天賦の性格か、信念の人でしょうが、そういう人になるには、教育でそうなれる人が増えるかもしれないが、あまり期待できそうにない。人間は「善意」(性善説)の人ばかりではないのが現実でね、いつの時代も、嫉妬・いじめ、策略があると思う。不幸で惨めな境遇のときは、幸せな人の足をひっぱり、不幸を願うかもしれないでしょう。

    Photo_4  CMで、「ひとりじゃない、みんな応援している」とか、「日本はひとつのチームです」とか、応援してくれるけれど、自分の生活が安定していて応援している、上から目線でしかない。それを指摘しても、指摘した側に何か得がありますか。同情したり、応援してくれるボランティアの善意を、今は「ありがたく頂戴」しておく時だと思う。

    それを善意のボランティアが手伝いに来て、「二日しかいないで」帰るのを「二日もありがとう」という受け止め方ができるか、どうか、だと思う。身ぐるみはぐような協力応援を強要はできないです。そのうちに、ボランティアは、みんな帰ってしまう時期がきます。それはしょうがないでしょう。ボランティアですから。

     募金も、そう盛り上がらなくなります。1年後か、あるいは、早ければ半年後にピークが過ぎると思う。必ず、そういう時期が来ます。いつまでも、募金が集まるなら、被災者のほうが幸せでしょうから。
    Photo_5  気をつけなければならないのは、募金分配で、被災者同士でもめ始めたら、急に世間の同情は冷めます。寄付する人が積み上げる善意は、消えるときは早いです。

    募金を二度、三度もする人は、ほとんどいませんから。久米宏にもう一回2億円寄付してとか、孫正義に100億円をもう一度出せとは、いえないですし、二度も同じ金額を寄付するとは思えない。津波の範囲が広いですから、補償する相手が多いですから、見舞金でおしまいとなる可能性もあると思うです。

     あとは、各自の努力で更正復興しかありません。まったくゼロからの、ローンを抱えている人に再度家を建てるとなると、前のローンをチャラにする徳政令でも出してもらわないと、残酷な話です。何かいい方法が、神戸復興で策があったとも聞きませんから、この現実を踏まえて、自然災害は誰の責任でもない、と冷たい意見しか残っていない。

     ボランティアが帰ったあと、自殺するか、歯をくいしばって生きるか、二者択一が待っているのです。それを私が今、被災者にいえますか。とてもいえませんので、今は「日本は一つのチームです」「がんばろう日本」というエールを贈ります。

     人の同情をだまって受け止め、「ありがとう」と応え、自分の生活を築くこと以外に手はない。過去の被災者は、どうして生きてきたのだろう。これは、まだ、戦争の戦災で家失ったよりいい。そんな比較は意味がないけれど、みんなから支援がある。うまくいけば、食料は一日三回の食事になにか供給される。それを「ありがとう」といって、食べる。刑務所内の食事よりいいものではないかもしれないが、ないよりいい。
     一年後、二年後、自立していくのは、東京の中小企業に働くのも同じ。

    1年間、ハワイに行って、ゆっくりしていたいのは、被災者だけではないでしょう。中小企業の社員もそうだし、個人企業の経営者もそうだと思いますよ。被災者だけが「被災者免罪符」が受け取れ、ハワイに行ける?それは、被災者へ上からの同情、と思う。それが支援になるとは思えない。もっと実質のある支援を考えるべきではないでしょうか。と、一般の人は思う。

     話は変わって、あなたの人生、特に伴侶の問題はどう考えていますか。黙って待っていると相手が現れるわけではありません。あなたの心の傾くまま、好きな相手に思いを伝える機会つくっていますか。長くなりましたので、その問題は、次の機会にお話します。」

    地震だ!震度6 道路揺れて歩けない 地震 日本各地の入力者の反応 地震でスーパー棚の食料品 消えた 地震と原発事故で日本中大騒ぎ 京成電鉄11時~午後5時全面運行中止 田老町 住民4000中1000名消息不明 原発事故の被爆、どれほどの危険か? 津波の怖さ 写真で見るTunami 原発事故の被爆、どれほどの危険か? 無残田老町 津波想定の2倍 南三陸町 遠藤さん マイクを放さず 水害地へ行って、手伝うべきだ!か? 大本営発表?とうとう原発被害レベル7

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    2011年4月13日 (水)

    八丁堀の七人(第六)子別れシーン

    1506 鶴太郎演じる仏田八兵衛が、実の父親(駿府城勤番)が迎えに来て、長年育ててきた娘を手放すシーン。娘もおとつあんを慕っているから、つらい。それを心を鬼にして、娘に罵倒して追い出すように実の父の元に行かせる。このときのウソをいう場面が、現代ではあるのだろうか。ちょっと考えた。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    1475 おやい(楯真由子):私いかない。
    八兵衛(片岡鶴太郎):実の父親が迎えにきているというのに、いつまでも待たせるつもりなんだ。
    おやい:私の父親はおとつあんだよ。おとっつあんだって、そう言ったじゃない。私、行かない。死んだって行かないから。

    1477 八兵衛:この際だからはっきり言っておくがな、おやい、お前の実の父親が見つかって、オレは正直ほっとしているんだ。赤の他人のオマエがこの先も居座られると考えたら、オレはうんざりだ。オマエな、父親として駿府行ってくれりゃ、オレはこぶつきから解放されるといものだ。
    1479 1484 おやい:おとっつあん。
    八兵衛:もう、おとっつあんでも、何でもないんだ。テメエと赤の他人なんだ。だから、サッサと行け。
    おやい:おとっつあん。
    八兵衛:サッサと行け、というんだ。
    (涙を流すおやい、立ち上がって、部屋を出ていく)

    1494 水原弥生(萬田久子):下手な芝居ね。 そんなんじゃ、本心じゃないって、わかっちゃうわよ。本心じゃないって、わかったから、あの子、行く気になったのよ。
     八兵衛さんが誰よりも自分のことを思ってくれていると、わかったから、だから駿府へ行く決心がついたんだわ。八兵衛さんが考えているより、あの子、ずっと大人になっているのよ。
    (八兵衛、ずっと弥生の言葉を聞いている)

    1467 1468 実の父親とおやいが歩いていく。その後ろ姿を青山市之丞(岡田翔太)が見送るシーン。

    1500 青山久蔵(村上弘明):おやいたち、どのあたりだろうかな。
    弥生(萬田久子):そろそろ、品川の大木戸通るころじゃないかしら。
    久蔵:さみしくなるな、え?ハチ。
    八兵衛:これでよかったんですよ。三俵二人扶持の同心の娘でいるより、おやえも幸せに暮らせるでしょう。
    弥生:あ、え、市之丞様だわ。なんだか、元気がありませんね。

    久蔵:おやえが行っちまったんで、がっかりしているのさ。
    弥生:こういうときに、慰めてあげるのが父親の役目でしょ。行ってお上げなさい。
    久蔵:八、おまえも一緒に来てくれ。
    八兵衛:私はもう、父親廃業ですから。
    弥生:そんなこといわないで、しょうがない男たちですわ。ハイ、私が行って来て上げる。

    1502  市之丞に駆け寄る弥生。
    弥生:市之丞様、お久しぶり。
     市之丞の耳に何事か語りかける。市之丞が笑う。
    弥生:行きましょ。行きましょ。
     弥生、市之丞の背に回って、腕で丸をつくって久蔵と八兵衛に合図を送る。久蔵は安心する。

    そこへ、磯貝総十郎(石倉三郎)ら久蔵の部下、同心が駆け寄り
    「青山様。手配中の押し込み犯の潜伏先がわかりました」
    場面展開で、七人の同心がそろって出陣シーン・・・でエンドマークになる。

    八丁堀の七人(第六シーズン) キャスト
    仏田八兵衛: 片岡鶴太郎
    水原 弥生 : 萬田久子

    1511おやい : 楯真由子
    青山市之丞: 岡田翔太

    青山 久蔵 : 村上弘明
    磯貝総十郎: 石倉三郎
    松井 兵助 : 山下徹大
    吉岡 源吾 : 日野陽仁

    1508 花田孫右衛門 : おりも政夫
    古川一郎太 : 末吉宏司

    徳  松 : 鼓太郎
    お  袖 : 竹本聡子

    楯真由子 (たて まゆこ、1988年3月1日 - ):東京都出身の女優。1478元トライストーン・エンタテイメント所属。血液型O型。身長166cm。堀越高等学校卒業。
    実業家・小達一雄(夏目雅子の実兄)の長女、田中好子の継娘に当たる。生まれる以前に叔母・夏目雅子は他界(1985年9月11日)、直接対面したことはない。
     幼少より継母田中好子や夏目雅子の前夫伊集院静の現妻篠ひろ子ら演劇関係者との交流から女優を志し、 早くから子役としてテレビドラマを中心に出演。小学生時代を北海道南富良野町で過ごす。
    1997年、小学4年生の時にNHKドラマ「もうひとつの心臓」でデビュー。

    1509「八丁堀の七人」は、「大岡裁き」「暴れん坊将軍」と同列の扱いだれているが、チャンバラだけで終わらないで、万田久子演じる弥生の比重を大きくして、仏田八兵衛を弥生堂(ほねつぎ)に同居していながら、気をがありそうで、なさそうな、つかづ離れずの関係をキープする戦略が成功している。脚本の作家は実に多いが、その構図は保っている。どうしても、おとこばっかりの刀を振り回す活劇は、飽きる。

    一時間の45分すぎると、「懲らしめてやりなさい」と水戸黄門がいうと助さん格さんが悪人をやりこめてくれるのは、勧善懲悪の典型が出てしまうと、カタルシスにはなっても、ドラマは型にはまってしまう。

    「八丁堀の七人」には、その型がない。現代劇のような男と女の関係が織り込まれ、おもしろくする意図が見えて、たのしい。 下のYouTubeは、「八丁堀の七人」最終編

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    大本営発表?とうとう原発被害レベル7

    Doe3これは、アメリカ軍が飛行機を飛ばして放射能の拡大分散の様子を調査した図。その結果、外国の通信社へ流れ、放射能汚染は、周知の事実となっている。しかし、日本国内では知らされないでいる。終戦時、敗色濃い戦争で、ポッダム宣言は秒読み段階と、日本人が知らなかったのに似ている。

    最初はスリーマイル島の原発被害より下でレベル4と言っていたが、次にチェルノブイリの下でレベル6だ5だと必死に矮小化しようとしたが、欧米の指摘がだんだん当たってきた。ついにレベル7だという。チェルノブイリのように、原子炉の爆発ではない、と強弁しているが、あの水蒸気爆発だ、水素爆発だといっているが、アレは原子炉の隔壁が壊れたのだから、放射能が拡散して、20キロ以内は、広島に原爆が落ちたあとのような状態だ・・・と、いえなくて必死に隠しているのではないか。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    1466 東電は、サッサと「原発はやめてしまいたい」、できるなら「(電力は)火力発電」で言いと本心は思っている。しかし、この原子力の平和利用という日本の「核武装」の一面を担わされているから、東電側の一方的な意向では止められない、と東電のキャリア社員が教えてくれた。原発は、生産費用はかからないが、後処理にめちゃくちゃカネと時間がかかる。

    「平和的」核武装が、この原子力発電のノウハウである。ただ日本各地の原発があるが、、この技術はアメリカ、フランス、イギリスから入ってきて、各原発によって電力をつくるノウハウ、技術が違うのだそうだ。東電の原子力に携わっている理系社員は、福島の原発に数年いると、次はか刈羽原発へ転勤して、次は静岡県の原発へと異動する。特定の発電所だけの知識ではなく、広く知識を得ることになる。それでよさそうだが、深く詳しく知るという面が欠けるのだとか。日本中の原発といえば、同系の原発ではないから、福島の事故が、そのままほかで生かせるとは限らない、と聞いた。

    ヨーロッパ、アメリカでは、国の中で建設される原発は同じノウハウ、同じ技術だが、日本は各原発が技術が違うとは、まるで、関東が50ヘルツ、関西が60ヘルツと建設支援国が違ったことで、こうなった過ちが、原発でも起きている。この点、ダレも語っていないが、原発でてんてこ舞いしている東電社員は案外わかっていても、語っていない。

    東電で発電量が少なくて、電力使用のピークの山が高くならないようにお願いして・・・という問題が、石原慎太郎知事がパチンコ屋の電力使用に文句いうとか、自動販売機の多すぎ、こんなにたくさんある国は日本以外ない、と啖呵切って、日本は部屋の照明が明る過ぎる。ヨーロッパはもっと照明がくらい、と一方的に言い募ってそれで通ってしまう。もうちょっと、頭のいい発言してもらいたい。

    日本人の瞳孔とヨーロッパ人の瞳孔が違うという学説もある。たしか、ヨーロッパ人の夫を持つ娘の家は暗くても、彼らは平気。返って、トイレとか、明かりのある風呂にいくと、ほっとする。まあ、言ってみれば、ネコの目みたいな目をしている人たちと日本人は違うと思うよ。

    照明で電力をつかうことが、文明の象徴だと思っていたし、それを勧めていたのが、文化人、あなたではないか。それを国民が無駄をしていると言い出す為政者の傲慢さにあきれる。東電では、電力を節電されて「痛し、かゆし」だという。

    だってね、水害の被害は東電の責任ではないが、福島原発ではいくらの損したか、計算されていないが、一億、十億どころではない。補償問題がのし掛かって、電力をなるべく売らないと収入がない。、20キロ周辺の住民にどう賠償したらいいのか、ありがたいのは、海よりに原発を建てているから、まん丸ではなく半円の土地しか補償するだけで助かった、とも言える。

    だから、生産した電力をなるべく多く消費してもらいたい、という事実がある。ピーク時まで電力生産できないから気に病むのだが、生産電力と消費電力の差、この使われない電力はどうしているのか、これは大きな疑問だが、ダレもコレに追及していない。なぜだ?できれば、これを蓄電して、無駄なく販売できたら、東電の株は10倍どころか、もっと上がるはずだ。

    東電の研究所では、頭のいい人が研究しているから、その研究があと4,5年で実ると、Aさんは東電よりの楽観論を語っていた。

    できたら、ついでに、夏の雷が作り出す電力も、すごい力がある。これを地中に巨大蓄電装置で溜め込めたら、化石燃料の枯渇は心配しなくていいだろうにね。

    東電の住民賠償は、現実論として浮上するのは、原発の事態収束したのちでが、一年以内に、住民の移動、野菜の補償、漁業補償で、戦々恐々だが、しかし東電がもっている不動産資産がかなりあるから、これは売却、狙われるのは社員住宅だろう。かなりいい場所にあるというし、広さもある。

    とにかく、東電の電気、これを売りさばくことだ。あまり自粛自粛というと、暗くなってしまう。明るい日本でいこうよう。電力は蓄電装置を早く作って、生産電力をぜんぶ使えて、売ることができたら、電力単価を安くできる。

    関西と関東電力の50ヘルツと60ヘルトの違いを相互乗り入れできる技術を研究すれば、問題解決に近づく。関西の電力で関東の発電所でタービン回したら、あるいは逆の発電をしたら、相互乗り入れにならないか。10パーセントのロスは許すから、早くやりましょう。

    地震と原発事故で日本中大騒ぎ 原発事故の最前線の安全を守れ 原発事故の被爆、どれほどの危険か?

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    2011年4月12日 (火)

    カースト制度と闘う 僧侶佐々井秀嶺

    09 ヒンドゥー教のカースト制度は、インドを解放したガンジーさえ手をつけなかったのを、日本人僧侶、仏教徒がカースト制度からの解放を仕掛けている。佐々井 秀嶺 僧侶はインドに帰化して、仏教の最高位に上りつめ、インドの大衆にあがめられている。それを始めて知ったのは、朝日新聞の夕刊紙だった。葬式宗教しか知らない日本人には衝撃的な行動に見える。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    佐々井 秀嶺ささい しゅうれい、本名:佐々井 実、現本名:アーリア・ナーガルジュン(Bhadant-G Arya Nagarjuna Shurai Sasai)、1935年8月30日 - インドで活動している日系インド人僧侶(1世)。カースト以下の身分のダリット(不可触民)の人々を仏教へと改宗させるインド仏教復興運動の中心人物。

    1935年(昭和10年) 岡山県阿哲郡菅生村(現在の新見市)に5人兄弟の長男として誕生。
    1957年 鳥取県立米子東高等学校入学(中退)。山梨県甲州市の大善寺で修行。
    1960年 高尾山薬王院で出家、鹿児島市の日蓮宗 教王寺で修行。
    1962年 大正大学の聴講生、雑誌『実践仏教』発行。傍ら浪曲師(東家楽水 (2代))、易者となる。
    1965年 30歳、薬王院留学僧としてタイに留学。
    1966年 インドのカルカッタ、後にラージギル日本山妙法寺へ。
    1967年 夢告により、ナーグプル(インド中央)に移動。
    1969年 インド山妙法寺をナーグプルに建立。
    1970年 ボンベイのシッダールタ・カレッジに留学。
    1988年 インド国籍を取得。
    1992年 ブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディー寺)管理権奪還運動を開始。
    1998年 マンセル遺跡、シルプル遺跡の発掘を開始。
    2003年 仏教徒代表としてインド政府少数者委員会の委員となる(在任期間:2003年11月2日~2006年10月2日)。
    2009年 44年ぶりに日本帰国、各地を訪問、講演会を開く。

    インドの人口に占める各宗教の割合: ヒンドゥー教徒80.5%、イスラム教徒13.4%、キリスト教徒2.3%、シク教徒1.9%、 仏教徒0.8%、ジャイナ教徒0.4%(2001年国勢調査)インドの人口は12億人。仏教徒960万人、ヒンドゥー教の海の中に、仏教を信じる人はわずか。釈迦が生まれたのはインド、仏教の発祥地なのに、どうしても、日本人には不思議なことに、ヒンドゥー教とイスラム教ばかりが多い。

    身分を縛りつけ、いろんな面で格差をつけるヒンドゥー教カースト制度の影響から抜け出したいと思う人も多いが、ヒンドゥー教の多勢に仏教の無勢、勝ち目がないようにも見える。が、身分を縛りつけ、いろんな面で格差をつけるヒンドゥー教の影響から抜け出したいと思う人は多くいる。最近、インドでは身分の平等な仏教に改宗する下層階級が急増し、いまや仏教徒は1億人ともいわれる。佐々井僧侶らの活躍と無関係ではない、と思われる。

    Ws000009 佐々井 秀嶺 僧侶は、上の写真はニコニコしているが、他の写真を見るとあまり柔和な顔というよりいかつい。ヒンドゥー教と闘うには強さが必要、その意味では、佐々井僧侶の押し出しが向いているかもしれない。

    Ws000007 「日本行脚」という本、40年ぶりに日本に来た佐々井 秀嶺 僧侶の日本での足跡を追いかけて撮った写真が中心Ws000008 らしい。らしい、というのは、この本1000部限定出版で一冊6000円もする。日本にいる佐々井 秀嶺 僧侶ファンが多くいて、彼の生き方にあこがれる日本人が彼に生き方を学ぼうとしてる様子だ。

    Lee_tenghui_2004_cropped_2  そういえば、芸能人のファンは、生き方を学ぶというのではないが、そういいう心の師匠をもつ人が案外いる。台湾の元総統李登輝の講演会があると台湾まで出かける日本人は多い。日本人ばかりのファンクラブを構成している。インテリが多いようだ。私には、そういう親代わりになる人がいない。しいていえば、浄土真宗の親鸞かな。親鸞の思想はわかりやすそうで理解しにくいから、臨済宗など禅宗のほうがいいかも。

    Sasainagpur3oct2010朝日新聞の記者が、佐々井 秀嶺 僧侶を取材にインドで同行取材して、彼の四輪駆動に乗せてもらって、交差点で止まると、車やバイクに乗っている人が佐々井僧侶に合掌したり、声をかける。「バンテージ(上人様)、ジャイ・ビーム!」と、日本の僧侶だったら、ありえないことが起こる。ジャイ・ビーム!とは、仏教人の挨拶言葉らしい。赤い法衣の佐々井僧侶は、実にうれしそうに顔がクシャクシャになる。

    仏教徒で最高位についたインド初代の法相ビームラオ・アンベードルカがいる、その名に由来する挨拶だという。「アンベードルカ、万歳!」という意味に相当するらしい。

    いまでこそ、佐々井僧侶はおインドで僧侶の最高位にいるが、日本にいる頃は、人生失敗ばかりだったという。岡山から上京したのち、商売で借金を抱え、女性問題でも悩み、求道と結婚の板ばさみに苦しんだ。人生の何たるかを自問し、自殺未遂が三回、24歳で出家したが、僧侶の生活に飽き足らず、浪曲師になった。今でも「清水次郎長伝」を大声で語ることができる。

    K616526804 1965年、日本を飛び出して、インドに渡り、そこでアンベードルカを知った。アンベードルカは、ヒンドゥー教徒のカースト制度で一番下の階級、不可触民だった。猛勉強して英国米国へ留学して、インドの憲法を起草した。1956年(昭和31年)にカースト制度のない仏教に改宗した。万民平等の仏教の魅力を多くの人に語り、50万人以上のヒンドゥー教徒、イスラム教徒を仏教に改宗させた。

    Lrg_16211875 そのアンベードルカの死後、指導者を失った仏教は衰退しそうだったが、その地位に佐々井僧侶が就いて、仏教寺院を建設していった。ナグプールに1968年に来てから、インド国籍もとった。

    仏教寺院を建設するときも、佐々井僧侶は建設現場に入って、シャベルを握り、汗を流し働いた。僧侶で汗を流し働く人はいなかったから、驚異の目で見られた。ナグプール市会議員になっている佐々井僧侶の教え子でもあるラフールさん(50)は、佐々井僧侶の働きに目を見張ったほうである。

    Otokoichidai インドの仏教は、ヒンドゥー教に管理されていた。仏陀の生誕の地では、仏陀さえヒンドゥー教の神の一人にされていた。寺や資金さえヒンドゥー教徒の管理下におかれていた。佐々井僧侶は、仏教徒が虐げられている現状に怒りを覚え、大菩薩寺を取り戻す運動に立ち上がったのである。

    Sasainagpur3oct2010_2 仏教徒数1000人と共に、全国5000キロを行進した。仏教徒に大菩提寺奪還の運動を続けた。佐々井僧侶のインドでの生活は、暑さと清貧の生活に日本人には耐え難いレベルであると思われる。しかし、彼は「インドでも、義理と人情です。そして反骨精神、弱きを助け、強きをくじく。弾圧された人をみれば、その立場に立つ側に身を置きたい」という。

    1982年、日本からインドの佐々井僧侶を訪ねてきた学生小池一郎がいた。東北大の学生であったが、今は49歳のコンピュータ会社の社員である。若者の救済に技術学習に小池一郎の会社へ送りこみ、そこでコンピュータ技術者に育てあげている。

    Indiasasaidemo1 「佐々井さんは、不可触民のためにカースト制度と闘っている。僧侶というより、社会運動家に見えた。」と、小池は語る。一昨年09年、佐々井僧侶は日本へ40年ぶりに日本に帰ってきた。日本の仏教を見て「インドの仏教は人々の救済のために役立っている事実を伝え、「葬式仏教」に堕している日本の仏教を活性化する手がかりになれば」と思う。

    日本へ帰ってきたのは、彼佐々井秀嶺 僧侶の破天荒な人生を紹介した「破天」を著した元朝日新聞記者山際素男の死去のためである。「破天」が出版されてから、日本から若者が佐々井僧侶のもとへ来るようになった。

    「もう日本へ戻ることはありません。年も年だし、体が動かなくなった。でも、やると思えばどこまでもやる。それが私の宿命なんです」 

    宗教を考える① 薬師寺管主 高田好胤を思いだす  宮沢賢治 日蓮宗国柱会が発想元か 公明党の組織選挙の現状さぐる 創価学会池田大作、重篤の危機? 宗吾霊堂へ初詣 佐倉宗吾一代記 宗教 伊勢神宮の精神性は何か 幸福の科学 国政進出、第二公明党か チベット動乱で聖火拒否の善光寺僧侶 禅宗(曹洞宗 万福寺)からの贈り物 共に縁を結ぼう 結縁の勧め 語らざれば、憂いなきに似たり 五木寛之 一休宗純 宗派の垣根を越えた行動  

    宗教を考える② オウム真理教が目指したもの  自殺対策に取り組む僧侶の会 週刊朝日の公明党よ!目をさませ  矢野絢也、創価学会を訴える 週刊新潮 石井一参院議員 創価学会党に噛み付く    つつしみの心 それは間違っていないが  ケルン大聖堂の威容  仏像を見て仏教を考える  顕正会VS創価学会 近親相争う カースト制度と闘う 僧侶佐々井秀嶺

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (2)

    2011年4月11日 (月)

    東京都知事選挙 結果 2011

    東京都知事選挙 結果 2011

        97%
    石原 慎太郎 無所属 2,608,318
    東国原 英夫 無所属 1,682,874
    わたなべ美樹 無所属 1,002,909
    小池 あきら 無所属 620,309
    ドクター・中松 無所属 47,402

    1445 1442 石原人気の凄さに目を見張る。150%引退するつもりだった、と当人が言っているが、なぜ出馬したのか、天声人語(朝日新聞コラム)によると、だれかが「東国原が当選する」とささやいた。石原としては、後継には神奈川県知事の松沢を決めて、期待していた猪瀬副知事などを無視して腹積もりしていたが、新聞社などの事前調査で4%の支持率でこれでは、東国原の当選になると危機感を持ったためだ、と今朝読んだ。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    Lcl11031419220003n1  神奈川県知事の松沢成文氏(52)は3月14日、都庁で記者会見を行い、都知事選への出馬断念を表明した。
     松沢氏は「勇退の意向を示した石原知事から『やってほしい』といわれ、(その気でいたが)石原知事の出馬表明で、(このまま立候補したら)、首都圏分裂になると思って出馬を取りやめた。」と述べた。
     都知事選では、共産党元参院議員の小池晃氏(50)、外食大手「ワタミ」前会長の渡辺美樹氏(51)が立候補を表明。立候補が取り沙汰されている前宮崎県知事の東国原英夫氏(53)は不出馬に傾いているとの情報も。

    Photo  これも、かつて美濃部都政の最終幕で、三期目を美濃部さんは出ないつもりだったところ、石原慎太郎が立候補すると聞いて、「(タカ派の)石原氏が都知事になるのは耐えられない」あの男には都政は渡せないと、三期目を美濃部亮吉は立候補して、石原慎太郎を蹴落としたといういわくがある。それに比べ、大衆が保守化したというのだろうか。晩節がうまくいかず、ボロボロ。都知事を辞めた後、参議院議員で楽して、生涯の供として秘書と結婚して面倒をみてもらっていた。

    石原慎太郎 都知事四選の弁
    1443こういう、なんていうのかな、メディアというか、報道の滑り方はよくないと思うね。出口調査で当確が出るようになりましたが。歩を運んで投票して下さる投票というものが開示される前に当落を云々するほはやっぱり民主主義選挙のあり方にとっては、好ましいとは思いませんな。(会場から「その通り!」と声)その通りだろう!

     でもね、こうして集まってもらって、ご挨拶をしなきゃいかんと思いますが、しからば、四選して、石原、何をやるか、これは同じことしかない。プラスアルファね、やっぱり災害対策、東京の今の力を持続してね、プラス今度の災害で感じたけれど、東京は決して完全な防災都市ではありませんから、そういう能力を高めてね、もっともっと安心、安定して暮らしたい都民の期待を私は考える努力をしなくてはならないよ思っています。
     
     まさに国難に匹敵する未曾有の大災害を日本を襲ってね、日本がホントにはっきりいうと傾きだした。日本はこれから大変でうしょ、ホント、大変だ。
     やはり、人間がそれぞれ我欲を抑えてね、やっぱり自分の生活をもうちょっと慎ましくするつもりの決心をしないなら、この日本はもたないと私は思いますね。
     
     しかもね、それが東京はやっぱり常磐イワキ近辺の被災者をかかえて、これを表象するよう電力の制限というものを露骨に表れていますけれど、やっぱり福島の原発のああいう危機というものを目の当たりに控えて、みなさんも緊張が続くと思います。
     かといって、今度の事故で原発全部を否定したら、世界はどうなるでしょうかね。それはね、グローバルに考えて、私たちはね、真剣に考えていく大事な命題だと思います。
     だからと言って、原発をあのままの形で肯定するわけじゃないけれど、この問題に冷静に対処していく必要があると思う。
     
     電力の最大の消費地でもありますよ。でもね、東京の経済が止まったら、日本経済がマヒ
    してしまうのだから、そういう東京から原発がね、歴史的な総括というものを提唱してやっぱり冷静に冷静に判断していかないといけないね。私は、この国の経済は持たないと思います。

     選挙の最初で最後の昨日の演説ででもいいましたがね、
     私が一番ショックを受けたのは、物書きのセンチメントかもしれないが、私を育てて生んでくれた親が死んだのに30年間放ったらかしにして、布団をかぶせてミイラにして、その年金を詐取するような人間は世界中、日本にしかいない。同時に、日本人の残っていますよ。今度のボランティアにしろ、今年の歳始めにランドセルを贈った人たちがいますが、しかし、半々で考えれば、この国の衰運は、否めないし、誰もがそうしているかと言ったら、、国民の我欲だと思う。そういうものを私たちは、抑制していかなくてはいけないね。この国は再生しませんよ
    。」

    最近慎太郎知事「我欲」を抑制することを盛んに言っているが、それには哲学の味付けが薄い。なんか古い倫理観一側面、いうなれば儒教の教えに添っているだけで、方向性がない。物書きだったら、深い知恵を語って、そうか、なるほどという方向を示してほしい。人間の原動力は「我欲」があるからよりよいものを求めて命をかけて発展してきたのだという側面を無視している。わかっているかもしれないが、大衆市民に抑制を求める側面ばかりが強調されている。強権の一端が見えてしまう。

    1450知事に就任した彼にとっては、知事就任は日常の続きだから、もう緊張感がないのがアリアリ。目の下のたるみは老人になれば出るが、割舌が悪くなって、聞き取りにくい。その上、昔のことわざを引用したり、英語を混ぜるから、これじゃあ、若い新聞記者泣かせだ。その上、聞き間違いしたら罵倒されそうだ。「乃公ダイコウ出んば」(我輩が出ないと・・・文語的表現)をスラっと言われて、書き取れる人がいるのか。モゾモゾと「グローバルに考えて」といわれると、聞き取れないものだ。わかりやすくしゃべってくださいね。石原都知事。わたなべ美樹は、若い分、はっきり聞き取れる。

    1451  東国原英夫の票数が二番になるとは、私の読みが違った。宮崎県を一期で辞めて来るのは都民に受け入れられないと思っていたが、そうでもないようだ。多くの人には、東国原の個性にあまり違和感がないようだ。女たらしのイメージは払拭された、と理解していいのか。

    今後は、官僚知事、天下り知事という地方自治の専門家のような人をトップに頂く意識が、東京、都民から変わるようだ。それがすでに進んでいるのが、名古屋であり、大阪である。市民意識の変化が、行動にまで先進的に現れているのが大阪と名古屋の都市部。東京はそろそろ変わる兆しが「東国原」の票数に現れている。

    1456 韓国式に企業家が、企業マインドで国家経営することで、TPPや外交、これらが能率的、合理的に進む。借金減らしも、自治の運営もやれそう。官僚の天下り知事より市民、県民の気持を理解していると思うが、わたなべ美樹は再度挑戦して、彼の本心を時間をかけて理解してもらう必要がある。そこで、東国原とわたなべ美樹の勝負をしてもらうしかない。二度、三度とわたなべ美樹が、企業的には損しても挑戦するか、そこを都民は見ているのだと思う。

    共産党の小池あきらは、まだまだ単独一位には届かない。1458_2共産党が美濃部都知事を支えた時代を思い出して、共闘できる相手を見つければ、可能性があると思うが、どうなんだろう。共産党の名前も変えて「ミドリの民主党」などと変える気はまったくないといっていたし、共闘も難しい。世間の目など、党名を変えたら、共産党が変わったイメージを変えられる。世間の人間の意識など、その程度。これを聡は思わない共産党のガンコさ、よくもあり、融通が利かない。

    世間は、いつも全党共闘といいながら、共産党だけはずす。その意地悪く、共産党をいじめているのが、世間だ。いつか、人々の共産党アレルギーが解消する日はくるか。日本がんばれ、滅私奉公意識は共産党の人が一番本物、とわかる日がくる、だろう。

    だが、しかし、こんな例もある。
    一人のお婆さんが、駅のホームで独り言のように「私は共産党だ、ずーっと共産党へ投票してきた」とブツブツ言っていた。よほど、恨みがあるのか、そういう境遇だと共産党に共感がもてるかも。だからと言って、幹部は、そういいうタイプではないだろう。中国やロシアの共産党幹部は、贅沢な生活しているらしい。

    石原慎太郎圧勝 07都知事選挙

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (1)

    2011年4月10日 (日)

    千葉県議選(八千代市)結果 2011

    午後10時30分

      1 はっとり 友則   14,887
      2 横山 ひであき   14,280
      3 石井 としお   9,520
      4 田代 かずと   8,652
      5 谷口 こういち   7,854
      6 川畑 昭夫    444

    Photo_2 選挙投票日の前日、土曜日、八千代台駅前を歩いていると、「こういちをよろしく」と聞こえた。「ダレ?こういちって」確かめに階段を下りると、30代の若さで西田後継の「谷口こういち」だった。本人が選挙カーには乗っていたのだろうか。

    Photo_4Photo_5  しばらくすると、「服部友則です。地元の服部友則です。地元の・・・」と割りと落ち着いている。自信があるのか、結果みると、二回ともトップ当選して、これだと、国会議員に自民党から立候補するかも。かつて、江口某という八千代松蔭の理事、スーパーのオーナーが立候補して当選している。服部友則、教養だってあるし、見栄えもわるくない。地元の人は知っているから、当選はごく自然かもしれない。

    Photo_7 予想に反して田代一登の票が伸びていない。みんなの党が人気だというのに以外だ市議選の松崎ひろふみの選挙運動でとった態度と関係ないとはいえない。しかし、前回5318票から今回8,652票取ったのだから、あと一回、臥薪嘗胆だ。経歴もよさそうだし、あとは人物が表に出て、握手して歩くような庶民性がほしい。アピール力だ。親しまれるキャラが、明るさが・・・。

    Photo_9 投票率が八千代市全体で34%という低投票率だから、団結力のつよい創価学会の力が働く。無党派、あるいは浮動票の人たち、選挙にいかないから、横山ひであき、予想外の健闘した。低投票で「寝たままいてほしい」と誰かが言ったように、当選しやすい環境でいいのか。千葉県議選(八千代市)定員3名 2011

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    都知事候補渡辺美樹 手はヒンヤリ

     108e6b8a1e8bebae7be8ee6a8b9e8ac9be6 京成上野駅近くへ戻ったら、スピーカーから選挙演説をする声に遭遇した。有力都知事候補渡辺美樹だ。大勢集まっている。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

     彼の主張、
    ●都知事になったら、給料はいらない。一億数千万円これらの金は、募金する。

    ●行政の長で、韓国の大統領李明博イ・ミョンパクが成功しているのは経営者の感覚を持っているからです。「企業経営の経験がある人が知事をやるべきです。」今回企業家で立候補しているのは、私だけです。

    1413 彼のセンスは、経営という観点から見たら、うまくやれそうだな、と思った。しかし、利権の近くに行ってしまったら、自社に有利な計らいをするのではないか、そんな危ぐがある。

    熱心に拍手する人がいた。熱心さを感心するほどにもなれないし、妨害する青年もいた。そちらにも与することもできないし、弱い自分を痛感した。都知事 四選石原慎太郎でいいのか

    1404 石原知事が現役続行より、いいのではないか、と思うが、渡辺美樹が都知事の見込み可能性はほとんどない。石原慎太郎本知事で美濃部亮吉に負けている。そのときの、美濃部さん、宣伝カーが通るだけでオーラがあった。演説すると、みんなひきつけられた。カリスマ性があった。今回は、渡辺美樹が都知事になる可能性は殆どないのか。1437 

     握手して回ったので、手を出したら、美女中心に握手して回り、私の手など左手で触れられたのみだ。その手の冷たさは印象的だ、12年前の都知事選で鳩山邦夫と握った手は、大きかったし、ざらざらと荒れていた。あれは趣味の畑仕事をしているのだろう。渡辺美樹の手は、経営者の手というべきか。演じる人の手か、心ここにあらず。初めての握手して上野をまあるのだろうか。

    つくし「自粛」という思想が悪いわけではない。この考え方は、アジア中心の農耕生活の人々には通じる倫理である。相手をいたわることにつながるが、商売、流通の仕事には「自粛」は、かえって迷惑になる。 都知事 四選石原慎太郎でいいのか

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    2011年4月 9日 (土)

    自粛という美名の残酷

    1325 東日本大震災で日本中が自粛、自粛で縮こまってしまって、経済流通が止まって、かえって被害からの立ち直りが遅れる。自粛に対して、そういう反対の立場がクローズアップされている。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    1344  自粛という美風は、昔から日本人が踏襲してきた習慣であるが、この美風のどこが現代の社会に合わなくなったのか、よくわからないまま、「自粛」という美風がなし崩しにされていくかもしれない。「花見などどんちゃん騒ぎは、この時期、とんでもない。自粛せよ」と石原知事が言ったかどうかは、定かではないが、上野の夜桜見物のどんちゃん騒ぎはさせないように、今年はボンボリに灯を入れる予定はないらしい。あまり、それは行きすぎと、翌日は「朝令暮改」で取り消された。

    1324 上野へ人は出ているものか、京成上野駅から西郷さんの銅像の下から石段を上がって公園内へ入った。きょうは、まあ、天気は花曇りで、スッキリはしないが、桜前線の東京真っ盛り、というのに、人出はすくない。バラバラという程度。やはりみんな「自粛」ムードでか、これでは日本経済は衰退する。もっとお金を回せ…、昔からいうじゃない?「おあし」と、

     俸給を貰う人は、節約「自粛」しても、なんら生活に困るワケではない。しかし、商売で暮らしを立てている人には、きつい話である。都知事のような、俸給生活者が、災害地が悲惨な生活しているから、彼らを悼んで「自粛」という理屈が、美しく聞こえるのは、生活に困らない人の驕りだ。どんどん消費して、お金を回していかないと、魚は売れないし、野菜も売れない。納豆生産地ももっと消費してもらいたい。地場産業の人たちには、商売繁盛が一番の薬である。
     ヨーロッパの人には「自粛」という思想はなさそうである。哀悼の記念
    行事はあっても「自粛」という考え方は少ない。そんなことをしたら、経済が停滞すると知っている。

     昔は三が日は、ほとんどの商店はお休みだった。これは「自粛」とズレがあるかもしれないが、正月は静かに身を潜め「自粛」という生き方を課して、自身を振り返る時を持ったのだろうと思う。だから、東京へひょっこり正月など戻ったりすると、アパート暮らしに単身で買置きがないと、店は閉まっていて、食うものが買えない、食堂が閉まっている。笑い話だが、たまたま、元旦から三日間、酷い目に会ったことがある。

    昔からの習慣で日本人の美風だったと思うが、最近は、経済優先の社会観念が前面に出て、お店は正月も休みがない。次に、24時間営業で、寝ない社会のニーズに応えようとしている。

    1330 昨年ごみステーションに大量に出ていたが、今年のごみの少なさにびっくり

    さて、最近の東日本の震災では、哀悼の意を表す「自粛」を多くの人が表明しているが、花見の自粛、会合の自粛、まさに「自粛」ムードである。東京都は上野公園の花見、これを自粛しようと、知事派言い出したが、あとから「自粛」が景気刺激の反対であると誰かアドバイスをして、ソレを取り消したらしいが、その意図がみんなに伝わって、石原知事だけでなく、遊んでいる場合か?という感じで、花見など浮ついたものは「自粛」なのか、花見客歯少ない。実に少ない。昨年と比べたら、2割から5割程度の人出だ。

    1450 石原さんの国粋的な言動は、「我欲」の国民だ!と日本国民を罵倒して、人気が上がる。「我欲」の権化ではないか、都政を私物化していると見る人もいる。日本人の「我が」我欲が先行しているから、「日本一番」と国粋的な言辞を弄すると、烏合の衆が「ワー」っと拍手するが、こんなのを煽ってはいけないんだ。

    「自粛」というと、何にも考えないで、「昔からの習慣」に従う人が多い。忌みごとがあると、条件反射的に「自粛」する。これには冷静な対応するべきだ。冷たいように見えても普段どおりで生活を通すのが、自粛される側には、ベターなんだと、このことに気づかない人が多い。一様に農業だけの社会なら、決まった収穫で暮らせるから、忌み「自粛」が大いに意味のある習慣である。「自粛」の哀悼が通じる。しかし、流通社会が広がると、そう一様に「自粛」をいえない。俸給生活で年間1億円以上もらう都知事がいうことじゃない。それは、ある人にとっては「残酷」だ。

    東京都知事選挙 結果 2011

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    2011年4月 8日 (金)

    蝉しぐれ 藤沢 周平と海坂藩 考察

    1249 この藤沢周平のストーリーと架空の藩、海坂藩で起こる出来事がどんより曇った雰囲気で、すっきりしないのはなぜだろう。彼が結核で胸を患って、教師を休職して療養していたのは知っているが、最愛の妻も早くになくしている。一人娘を生んで、幸せのさなかに妻が死んだもの大きい影響があるらしい。

    きょう、私、歯が痛くて、思考力が鈍って、じっと文章を書いている気力が欠けているので、明日、すっきりして書くことをお許しください。人間って、そういう意味では、弱いものだね。普段なんとなく平気で書いていたのが、歯痛で文章が書けないのだからね。冗談も言えないような・・・。じゃあ、明日、明日。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    Images_2  藤沢 周平(1927年12月26日 - 1997年1月26日):日本の小説家。山形県鶴岡市出身、本名小菅留治(こすげ とめじ)。
    江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。長女遠藤展子は、エッセイスト。2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。

    「蝉しぐれ」ストーリー 海坂藩(架空の藩。庄内藩がモデル)を舞台に、政変に巻きこまれて父を失い、家禄を減らされた少年牧文四郎の成長を描く。文四郎は15歳。市中の剣術道場と学塾に通い、ひとつ年上の小和田逸平や同い年の島崎与之助と仲がよく、また隣家の娘ふくに不思議と心を引かれ、すこしずつ大人になりつつあった。平凡な日々がおだやかに過ぎてゆくなかで、藩のお世継ぎをめぐる政争で、これに関与していた養父助左衛門は切腹を命ぜられる

    DVD(二枚組で7編)を金町図書館から借りてみた。一編が1時間番組だから、結構長い。最初、全然見ていないと思っていたが、、NHKで放送したものだから、所々見た記憶がよみがえってきた。

    1253 いつも思うが、やはり少年時代、少女時代の主人公が生き生きしていると、楽しい。文四郎と隣家の娘ふくの話がいい。特に子役のふくがいい感じで、もう少しストーリーで展開してくれたらいいのにと見た。

    最初、川へ文四郎が水を汲みにいくと、ぶくが洗濯をしている。石鹸のない時代、洗う洗濯物を水に漬けたのち石の上に置いて木の槌で叩く。ふくは、文四郎が川1254 に来たのに気づきながら顔も上げないでいると、文四郎が「おはよう」と声をかける。ふくは立ち上がって、ペコリと頭を下げる。「七歳にして席を同じゅうせず」の時代のはにかみが初々しい。これがいい。少女時代の無垢、これが表現できる子役に見えた。そののち、成人すると、水野真紀がふくになるが、大人のふくより、無垢の子役のふくに魅力を感じた。

    1257 挨拶した後、ふくが洗濯していると、彼女は「キャー」と大声を上げた。文四郎が駆け寄る。ふくの左手薬指から血が出ている。「蛇に噛まれた」という。蛇はヌルルルと草むらから川をわたっていく。あれ本物ではないだろうが、いい動きしていた。ふくの薬指を取ると、口にあて文四郎は毒を吸い出した。ペッペッとつばを数回吐き出して、「もう大丈夫。泣くな」という。手を握られえ口をつけて吸われたら、どんな感覚が走るか・・・。このシーンが、ふくが文四郎を好きになるスイッチだったかも。

    キャスト
    牧文四郎  : 内野聖陽
    同(子役)  : 森脇史登
    ふく      : 水野真紀
    ふく(子役): 伊藤未希
    父 助左衛門 : 勝野 洋
    母   登世   : 竹下景子

    里村左内 : 平幹二朗
    横山又助 : 柄本明
    語り        : 草笛光子

    ふく(子役)伊藤未希:日本の女優。東京都出身。ニチエンプロダクション所属。日本テレビタレントセンターを経て、2000年、ミュージカル『アニー』でデビュー。そこでの演技が山田洋次監督の目に留まり、大作『たそがれ清兵衛』に抜擢された。高校ではチアリーディング部に所属。日本大学芸術学部在学

    ここまで書くと、暗さのない話であるが、この後、尊敬する養父が世継ぎ問題で画策して藩の実権を握ろうとする筆頭家老里村の謀略で、切腹を申しつけられて死ぬ。その遺骸1227を文四郎が荷車で死体を運ぶシーンは、さりげない映像ではあるが、残酷。咎人の死体を運ぶ文四郎を里村派の藩士の子息がグルになって邪魔する。それに腹を立てて掛かっていきたいのを我慢して家まで運ぶ。家の近くの急坂にかかる。引っ張りあげるが、荷の重さで坂から逆戻りしてひっくり返る。

    最近荷車は使わないから非力の辛さはわからないが、坂になると辛い。江戸では坂が多いから、坂下で待ち構え、荷車を押して駄賃を稼ぐ人も案外いたらしい。山形の海坂藩は、山がちだから、ふくが、坂の上で待っていて、文四郎がひっくり返っているのを駆け寄って、引っ張る手助けしてやる。刑死の父の遺骸の上に花を供えてから、必死でふくと文四郎は力あわせて荷車を坂の上に引き上げた。

    ふくが江戸屋敷へ奥奉公に出ることになった。それがいやで、ふくは文四郎のお嫁さんにしてもらえないか、頼みに来たつもりだったが、文四郎は留守で会えず、文四郎の母にはそんなこともいえず、帰っていく。文四郎が帰ってソレを知ると追いかけたがついに会えず仕舞いになって、翌日はふくは泣きながら江戸屋敷へ奉公に行った。一年半後、殿のお手つきになり、妊娠したが、反対派の女中らの策謀で流産してしまった。

    あまりにふくへのイジメがはげしいので、故郷海坂藩の屋敷にふくをかくまった。そのふくは横山家老派が守る欅御殿で過ごしていた。陰謀うずまく中にふくはいた。次代の世継ぎは、別の側女の産んだ男子が決まっていたが、ふくが男子を産んで、この子が世継ぎ騒動になると心配した里村筆頭家老は、文四郎にふくの生んだ子を連れてくるように指示した。その任務をめでたく果たしたら、加増してやる。と告げた。

    文四郎は、あまりにも非道の行いを受けられないと拒否しようとしたが、それは身の危険を及ぼすと知り、引き受けることにして、次の日から友人と相談して、実行に移す。里村筆頭家老を出し抜くには、文四郎がふくに会って、子供を連れ出し、親子共々横山家老宅へ連れていくことだった。途中に里村派の邪魔だてをかいくぐれば、この作戦は勝てると踏んだ。

    欅屋敷を警護する武士が、用心して開けてくれないが、「牧文四郎」という名前を警護の責任者磯貝が覚えていて、ふくに伝えてようやく面会できて、海坂藩の文四郎の父の代からの良識ある庄屋の家に逃げ込む手はずで進んだ。庄屋宅から夜中、庄内川を下って、城下へ・・・

    コレが成功してからは、一気に里村派と横山派の勢力が逆転して、里村筆頭家老を追放することが出来た。その逃走の間に、ふくと文四郎は、殿の側女の一線を越えかけるシーンを見せて、ふくと文四郎は別れ難い気持がありながら、別れ20年。そして、文四郎は郡代の役目をおおせつかっていた。郡代は家老職のした位の地位だろう。

     使いがきて、ふくが某寺に来ているという文をもってきた。ふくは殿が昨年亡くなって、この娑婆の未練を絶って尼寺へ入る。その前に、文四郎に会いたいという。

     ストーリーは、この最後の逢瀬を軸にして、回想する形である。馬で駆けつけ、ここはふくが逢瀬だけに設定した場所で、飲んで食べて、昔の思い出を語り合い、最後には、DVDドラマでは、それとなく表現しているが、原作ではもっとはっきり表現している。

     ふくのほうから助左衛門(文四郎)に身を投げかけてきて、二人は抱き合う。
     どのくらいの時がたったのだろう。
     お福さまがそっと助左衛門の身体を押しのけた。乱れた襟をかきあつめて助左衛門に背をむけると、お福さまは声をしのんで泣いたが、やがて顔を上げて振りむいたときには微笑していた。
    「ありがとう、文四郎さん」とお福さまは湿った声で言った。
    「これで、思い残すことはありません」

     ふくとの関係が、こうなったのは良かったのか悪かったのか判断できないまま、文四郎は茫然とふくの駕籠を見送る。ふくの表情は晴れやかに見え去っていく。思いを遂げることができたから「これで、思い残すことはありません」。
     これを視聴者はどう思うか、それぞれの勝手であるが、女は強いと思った。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現在の鶴岡市高坂)に生まれる。父小菅繁蔵、母。実家は農家で、藤沢自身も幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わり、この経験から後年農村を舞台にした小説や農業をめぐる随筆を多く発表する。

    1934年、青龍寺尋常高等小学校入学。小学校時代からあらゆる小説、雑誌の類を濫読。1942年、黄金村国民学校高等科を卒業、山形県立鶴岡中学校(現在の鶴岡南高校)夜間部入学。昼間は印刷会社や村役場書記補として働いた。
    1946年に中学校を卒業後、山形師範学校(現在の山形大学)に進む。入学後は校内の同人雑
    誌『砕氷船』に参加。

    教員時代・療養時代 [編集]1949年、山形師範学校を卒業後、山形県西田川郡湯田川村立湯田川中学校へ赴任、国語と社会担当。1951年、『砕氷船』の後継誌『プレリュウド』に参加。この年3月の集団検診で肺結核休職。
    1952年2月、東京都東村山市の篠田病院に入院、保生園病院 右肺上葉切除の大手術。予後
    は順調で、篠田病院内の句会に参加し、俳誌『海坂』に投稿。この時期に大いに海外小説に親しみ、作家生活の素地を完成。
    1957年、練馬区貫井町に下宿、業界新聞に勤めはじめる。1959年、三浦悦子(8歳年下同郷
    )と結婚。1960年に『日本食品加工新聞』の記者となる。以後勤めのかたわら小説を書きつづけていた。(1963年に読売新聞短編小説賞に『赤い夕日』が選外佳作。
    1963年、長女展子が生れるも、10月に妻悦子が28歳で急逝。このことに強い衝撃を受け、虚
    無感をなだめるために時代小説の筆を執るようになり、主に「倶楽部雑誌」に短編を発表。

    妻の死がつよく影響を与え、暗い雰囲気とヒロインの悲劇となっていると思われる。翌年以降、オール讀物新人賞に投稿を始める。1965年から藤沢周平のペンネームを使いはじめた。

    「藤沢」は妻の実家のある鶴岡市「藤沢」から、「周」の字は悦子の親族の名から採られている。
    1969年、作家デビュー 高澤和子と再婚。長女とあわせて三人家族となる。1971年についに
    『溟い海』が第38回オール讀物新人賞を受賞し、直木賞候補となり、翌年『暗殺の年輪』で第69回直木賞。新進の時代小説作家として認められる。この年最初の作品集『暗殺の年輪』

    を文藝春秋より刊行し、翌1974年には日本食品経済社を退社して、本格的な作家生活に入る

    この頃の自分の心境を、藤沢はこう述べている。
    「三十代のおしまいごろから四十代のはじめにかけて、私はかなりしつこい鬱屈をかかえて
    暮らしていた。鬱屈といっても仕事や世の中に対する不満といったものではなく、まったく私的なものだったが、私はそれを通して世の中に絶望し、またそういう自分自身にも愛想をつかしていた。(中略)(そういう鬱屈の解消方法が)私の場合は小説を書く作業につながった。「溟い海」は、そんなぐあいで出来上がった小説である。」

    —(「溟い海」の背景)
    「私自身当時の小説を読み返すと、少少苦痛を感じるほどに暗い仕上がりのものが多い。男
    女の愛は別離で終わるし、武士が死んで物語が終わるというふうだった。ハッピーエンドが書けなかった。」

    初期には自ら述べるように暗く重い作風であり、地味な作家であったが、1976年刊行の『竹光始末』、同年連載の『用心棒日月抄』のあたりから作風が変り、綿密な描写と美しい抒情性のうえにユーモアの彩りが濃厚となってきた。藤沢は、これについて 「『用心棒日月抄』あたりからユーモアの要素が入り込んできた。北国風のユーモアが目覚めたということだったかも知れない」(転機の作物、要約)と述べている。

    円熟の作家として 1980年代前半、町人もので数多くの秀品をものする(『時雨みち』『霜の朝』『龍を見た男』などの短篇集に所収)一方で、大衆小説の本道ともいうべき娯楽色の強いシリーズもの(短篇連作)を次々と生みだす。
    刊行年によって挙げると、1980年に町人ものの『橋ものがたり』、
    捕物帳の『霧の果て-神谷玄次郎捕物控』、
    獄医立花登ものの第一作となる『春秋の檻-獄医立花登手控え』、
    『用心棒日月抄』の第二部『孤剣』、
    翌1981年にはユーモア色を生かした『隠し剣孤影抄』『隠し剣秋風抄』と立花登ものの第二
    作『風雪の檻』、1982年には同じく『愛憎の檻』、1983年には『用心棒日月抄』の系統を生かした『よろずや平四郎活人剣』、立花登第三作『人間の檻』、『用心棒日月抄』の第三作『刺客』などがある。

    1984年以降になると、こうしたシリーズもののほかに綿密な構成による長篇が登場し、物語性のつよい傑作が相次いで発表・刊行されるようになる。すでに1980年に唯一の伝奇小説『闇の傀儡師』、1982年に江戸のハードボイルドを狙ったといわれる彫師伊之助ものの第二作『漆黒の霧の中で-彫師伊之助捕物覚え』が上梓されているが、1984年には江戸を舞台にした恋愛小説『海鳴り』、1985年には武家青春小説とお家騒動ものの系譜の集大成ともいえる『風の果て』と伊之助もの第二作『ささやく河』が刊行され、いずれも高い人気を得た。
    1992年6月に、文藝春秋で『藤沢周平全集』を刊行開始した。

    晩年 [編集]1995年頃より、若いころの結核手術の際の輸血に際し罹患した肝炎により、1996年には入退院を繰りかえす。
    1996年7月に帰宅した際、『文藝春秋』への連載が4月号より中断していた「漆の実のみのる
    国」結末部の6枚を執筆した。1997年1月26日、肝不全のため東京の病院で逝去した(69歳没)。戒名は藤澤院周徳留信居士、墓所は都営八王子霊園。

    | | コメント (0)

    2011年4月 7日 (木)

    尾木ママの授業「つながり」金スマ

    11861196  こんにちは。ワー元気そうですね。名古屋女子大中学ですね。きょうは、皆さんに会えるというので、ボクのほうもいろいろ準備してきたの。アンケート書いてもらったの、覚えている?全部見せてもらったの。ウーン、そう。それで、いろんな準備してきたんよ。昨日夜、ほとんど徹夜。みんなのことが頭に浮かんで、ワクワクしてね、眠れなかった。みんなに準備したの配ろうと思うの。
    「授業だより」というの。一回しか会わなくても、ちゃんと心をこめてあるの。そうよね。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    1190 ハーイ、全員もらった?それじゃ、正式に授業を始めるますよ。いいですか?ここでシーンとなるところが違う。この学校、ねー。
    「テーマ*人間、生きる、命」これがテーマです。副テーマ的には、何を考えるか、みなさんと考えたい。

    1192 アンケートの話に触れて、学校が好き89.2%ということから、その理由が友達、ほとんどの人が友達を挙げていた。東日本大震災の話で、死者と行方不明者を合計すると、29,699名で、宮城県の知り合いの先生に電話して、「どうでした?」と聞いた。「死者と行方不明者で800名」といわれた。それをみなさんにアンケートで感想を聞いたのね。それで、東日本大震災を前に、「今思うこと」とタイトルをつけてみました。

    尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 - ):滋賀県米原市生まれの教育評論家。滋賀県伊吹町(現米原市)出身。高松市立高松第一高等学校、早稲田大学教育学部国文学科(現・国語国文学科)卒業後、私立海城高校の教員、練馬区立石神井中学校教員等を歴任。東京大学教育学部非常勤講師等を経て、現在は法政大学キャリアデザイン学部教授、早稲田大学大学院教育学研究科客員教授。大学では「臨床教育相談論」「キャリアガイダンス論」等(法政大学)の講義を担当.

    アンケートの中で、「苦しかっただろうな」「まだ、遣り残したことがたくさんあっただろうねという“思い”あっただろう」とか、「そう思っているにも関わらず、募金くらいしかできない自分がすごく惨めに感じられる」
    尾木先生「これを読んだとき、涙がでました。アノ、うれしくてです。つまり、何もできない自分を責めているのね。この子はね。
     アンケートは、一つや二つではないです。みんなは、何もできない自分を責めているのです。すごく自分を責めているのです。」

    1189 「そこで、きょうは、自分を責めるのではなく、変えていこうというのを一緒ん考えていこうというのが、きょうの授業です」と、生徒の心をつかむ導入を終えると授業を開始した。

    尾木先生だけではないが、授業の上手な先生は、キャラもあるかもしれないが、「最初の客(生徒)のつかみ方がうまい」そのあと、テーマに入る前の導入で、本題の下地を完成している。この流れを意識して、生徒を引っ張っているか、どうかで、かなり違う。尾木先生、授業が勝負なのよ。「金八先生は授業を見せない」と嘆いていたが。尾木先生の授業の流れを見てください。

     「自分を責める必要はない
      亡くなった人を思う気持ちは尊い 
      だだ亡くなった人のためにも
      これからどう生きるかが大事」と尾木先生はいう。

     自分の体験、20年前、現役で教師をしていた頃、石神井公園(練馬区)の近くにある石神井中学で、ある日、出張した先生の補欠で出席を取りに中学三年生の教室へ行った。4月新学期になってまもない頃であった。
     学級委員の男子と女子が司会をして学級会をやっていた。司会の男子の表情を見ると、顔色が悪いので、「大丈夫?」と聞いてみた。「大丈夫ですよ。風邪ひいただけですから。家で寝ていても面白くないから、きょうは出てきました」というわけ。それにしても、青い顔しているから、心配になったので、「無理したらダメだよ」という風に言った。

    彼は背が高く、ボク(尾木先生)は壇の上にいるのに、ボクを見下ろして「先生、ありがとうございます」といったの。すごくやさしい。それが、土曜日のことだった。

    月曜日、学校へ行くと、女の先生(音楽担当)が職員室で泣いているわけ。「先生、どうしたのですか」「彼××君が亡くなったのです」というわけです。そんな、ウソでしょう、といった。彼はスポーツ万能で、勉強でもほとんど、オール5に近い。それで、決して威張ったりしないのですよ。男子生徒にも、女子からもすごく人気があって、信頼の厚い子だった。その子が亡くなったというわけです。
     ボクはびっくりして、ウソー!といったのですけれど、ほんとうだとわかってきて、それで事情を聞いてみたら、風邪の菌が心臓に入ってしまって、お医者さんに言わせると、「運が悪かった」としか、いえないというわけです。

     そんな形で彼の命はなくなりました。ホントに私たち教師もつらかったのですけれど、そのクラスの生徒さんたち、みんな衝撃を受けたワケね。だれか、お別れの言葉を述べてもらわなくてはいけない。じゃあ、あの子にお別れの言葉を読んでもらおうということで、書いてもらったものがあります。これが、告別式に彼が読んだものをお配りします。

    1201 「(原文のまま)親友の亡き友に宛てた弔辞。これを安住さんに読んでもらおうと思います。」「みなさんも、文字を目で追っていってください。」と、安住アナは言ってから読み始めた。

     
    友人代表、 おとといの朝、少し寝坊をして朝練に遅刻しそうになったので、オマエの家に電話できなくて、親に「朝練に行く」って伝えておいて!と、家を出た。朝練を終えて教室で話をしていると、すると、いつものように先生が教室に入ってきた。
    「きょうは残念なことがありました」といった。先生はこの言葉をよく使うので、あまり気にしていなかった。そして、オマエの名前が出てきて、昨日死んだ、と言っている。オレは一瞬心臓が止まった。耳を疑った。気がつくと汗をたくさんかいていた。それからそのあと
    、頭の中が真っ白であまり記憶がない。そして、部活を早めにおえて家に帰った。

     やっぱり本当だと思った。それでオマエの家に行って、オマエの顔を見た。死んでいるようには見えなかった。頭の中はは真っ白で、何がなんだかわからなかった。
     次に朝、起きると目から涙があふれ出た。そして、オマエのことが頭の中に浮かんできた。涙が次から次に出てきて止まらなかった。
     オマエと知り合ったのは小学校1年、一組で同じクラスになった時からだ。オレは、遠くの保育園から来たので、友達がいなかった。おまけに体が大きいくせにいじめられて、泣き虫で、運動神経は最低中の最低で、頭もあまりよくなかった。オマエは、人気があって、走るのは早いし、塾にも行っていないに一番頭がよくて面白くて明るくて、そして誰よりも優しかった。オレはそんなオマエにあこがれていたし、大好きだった。

     小学校二年のとき、友達もいなかったオレに誕生日にチョロQをプレゼントにもってきてくれた。
      そのとき、600円というのは、オレたちにとっては大変な金額だった。とてもうれしかった。3年になって、一緒にサッカークラブに入った。やはり、オマエは上手でオレは下手だった。4年生のとき、イトマン(水泳クラブ)に入った。やっぱり、オマエは大会に出れるようになったが、オレは幼稚園児と一緒に練習していた。
     5、6年になって、オレは野球クラブに入ったが、やはり下手でいつも、みんなで野球やるときは、オレは、みんなにじゃんけんで「いる」「いらない」とかいわれていた。だけど、オマエにけなされた覚えは一度もない。

    12031195  ここまで読んだとき、安住アナは涙を堪え、読めなくなった。生徒も文字を追いつつ、泣いている子が多かった。

     こんなに差があるのに、友達でいてくれたオマエをオレは大好きだった。オマエは私立の中学に受からなくてまた一緒に学校に行けることになった。中学校に入学してから、また一緒に登校したし、部活のない日は一緒に帰った。
     昨日の通夜には行かなかった。家で机に向かってこの文を書いていた。オマエはオレにとって命より大切な友達だ。
     朝、遅刻しそうなとき、「内申書によくない」と言って、一緒に走った。オマエはよく遅れて来た。今でも後ろを振り向くと、後ろから走ってくる気がする。玄関で待っていると、「○○ちゃん!」と呼んでいるオマエの声が聞こえてきそうな気がする。
     今、オマエをこうして見ていると、「冗談だ!」と笑いながら起きてきそうな気がする。起きてきてほしい。 数えきれないほどの人たちが、こんなにも悲しんでくれる。
     オマエはテストでいい点を取っても、決して自慢しなかった。オレがテストでいい点を取れなかった時は慰めてくれた。オレが悪口を言われいると、かばってくれた。オマエは自慢しなかったけれど、これだけたくさんの友達をもって、これは自慢したほうがいいよ。
     よくケンカするほど仲がいいというけれど、アレは違う。オマエとオレはケンカかたことがないからだ。

     時々遊びに来いよ。夢でも幽霊でもいいから、盆と正月は必ず来いよ。オレが死ななければならない時は、三途の川まで絶対迎えに来いよ。こんど話すときは、オマエは天国の話、オレはプロ野球の話をしよう。
     最後にもう一度言うけど、オマエはオレにとって命より大切な友達だ。いつまでも、友達でいよう。お別れの言葉です。
    1187 尾木先生は、何度もこの話をしているのか、冷静であったが、安住アナは始めての話で、衝 撃を受けたようで、生徒に向かって
    1204「ごめんなさい。最近歳なもんで、涙腺がゆるくなっちゃってね・・・」というと、女子生徒たち納得した顔であった。

    「お勉強も、運動も差がある二人であったが、すごく仲がよかった。担任の女の先生も、『この弔辞を聞いて、なぜこの子が優しくて人気があったか、その理由がわかり納得した』と言っていました」と尾木先生の言葉である。

    この子は『最後にもう一回いうけど、オマエはオレにとって命より大切な友達だ。いつまでも友達でいよう』といった。その後、授業の集中力が今までと真剣さがまるで違った。真剣に食らいついでくる目で授業をうけていたので、授業のあとで「ちょっと」と呼んで「君ね、むちゃちゃ、授業に集中してがんばっているけれど、まさか亡くなった彼の分まで勉強しようとしているんじゃないでしょうね」といったわけ。「先生、そうですよ。早稲田の付属へ行きたかった彼の分までオレが勉強してやるよ」「そんなに無理しなくても、彼は天国で許してくれると思うよ。」「そんなに無理したらだめだよ」にこっと笑って「ありがとうございます」と頭を下げて帰っていった。

    生徒には、友達の力はすごい。気持ちがまとまる。つながる。つながって生きる。住んでいる世界が違っても、一緒に生きることができる。
    1182  人間、物質的なものももちろん大切ですが、心の豊かさというか、生きる角度というか、心の豊かさ、これがあれば、百万馬力というかしら。不幸で悲しくても、みんな同じなんだ、ここにいる私たちも、亡くなった人も、命をつないで、生きていってほしいな、というのが、僕のきょうの授業で訴えたいことです。どうでしょうか、みなさん。

     一人になって、おうちに帰って、ゆっくり繰り返し読んでほしいな、と思います。きょうの僕の道徳の授業「人間、生きる、命」は終わらせて頂きます。ありがとうございました。

    尾木先生の金スマの感想等を書いているブログを、気がついた分をご紹介します。http://ameblo.jp/doradora-shimajirou/entry-10851855861.html
    http://yanngotonaki.seesaa.net/article/193697333.html
    http://oginooheya.seesaa.net/article/194039471.html
    http://momoiro310.blog87.fc2.com/blog-entry-600.html
    http://sakkosan.jugem.jp/?eid=636
    http://shop.plaza.rakuten.co.jp/i-senbei/diary/detail/201104020000/ 

    [金スマで安住さんの涙を流すシーンを見たい]のにベストアンサーに選ばれた回答、その動画は「2時間丸々なのでうまくみてください」http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ref=em_over&ch_userid=k... ←こちらの動画は削除されました。

    生き方について 生き方  赤塚不二夫 弔辞森田一義  二八に帰るすべもなし 秋の夜長 河島英五か、本田美奈子か  命とは、駅伝の一区間だ  てなもんや三度笠からはぐれ刑事まで  元都知事鈴木俊一死す99歳 抱きしめたくなる女性 大原麗子 飛び降り自殺 日テレ女子アナ 元TBSアナ川田亜子 練炭自殺

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

     「吾 唯 足るを 知る」幸福なエコ  再び 日テレ女子アナ自殺 産後ウツか NHK影山日出夫 知る人の証言  森繁久彌.、死して何を残す  彼岸とは、あちらの岸 自殺は感謝の挨拶をしてから   五歳女の子の葬儀 死顔にライト燦然 命とむきあう終末期医療の現場 生老病死をどう受け止めるか  前夜式と葬儀 東京の母

     つれづれデジカメ日記さんへ 蝉しぐれ 藤沢 周平と海坂藩 考察 カースト制度と闘う 僧侶佐々井秀嶺  尾木ママの授業「つながり」金スマ

    | | コメント (4)

    2011年4月 6日 (水)

    白血病 特に急性リンパ球性白血病

     薬をもらいにいくT医院、きょう火曜日は意外と患者が少なく、S先生もゆとりがあった。被曝者が福島原発で2名死んだ話をして、「ちょっとお聞きしていいですか?」「急性白血病はどうして、あんなに早くダメになるのですか」と聞く。「骨髄に急性リンパ球性白血病が入ると、だめです」先生、机の上の傍らにある医学事典を手元において見なおしていた。原発事故の最前線の安全を守れ

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    Untitled  骨髄に入りこんだ白血病細胞に早めに治療を加えれば、3/4は完治できるという。早期発見がポイントだというが、なかなか、血液検査を常時しないとだめだ。K氏の場合、家の仕事があったから病院にいくのが後回しになったといっていた。入院して点滴をしながら、数字が回復したら家に帰る生活をしていたが、突然倒れて帰らぬ人になった。あまりにあっけなかった。

    芸能人にも、この白血病の人は多い。沈まぬ太陽の渡辺謙は回復したが、夏目雅子 本田美奈子 お笑いの“カンニング”竹山の相棒、中島忠幸、働き盛りに突然の死んだ。彼らはみな白血病である。これは、なにか地球上の環境がかわったか、あるいは人類の遺伝子に弱い部分があるとしたら、それは血液の白血球かもしれない。

    05 「白血病」の権威大野竜三先生の解説にそって説明する。「わかりやすい白血病の話」そうわかりやすくないが、一般向けに疾患の病態・分類・治療法などを解説してみる。

    総論:ほとんどの急性リンパ球性白血病患者は、診断から4カ月以内に死亡していた。現在では、小児の80%、成人の30%~40%近くが治癒するようになっている。ほとんどの場合、1回目の化学療法で病気を抑えることができます(完全寛解)。経過が最も良いのは3~7歳の小児で、2歳未満の乳幼児や、高齢者ではあまり良くありません。

    診察して「急性リンパ球性白血病」とわかっても、医師の認識がすぐには患者につたわらない。患者は診断を受けたあと、その後日常生活として仕事をしようとする。なかなか「あと数日、あと数週間で死ぬと思え」といわれても、シロウトはそう思えないのが現実である。

    基礎知識
    Study01_02血液とは、液である血漿60~55%赤血球45~50%白血球1%血小板1%の3種の血球が浮遊している液体である。
    ②リンパ球とは、血液中の白血球のうち20~40%ほどを占める比較的小さく(6~15μm) 、細胞(質)の小さい白血球。(リンパ球=白血球と考えてよい)
    ③造血幹細胞:血球系細胞に分化可能な幹細胞である。主に骨髄に存在し、白血球(好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球、単球、マクロファージ)、赤血球、血小板、肥満細胞、樹状細胞を生み出す。血球芽細胞、骨髄幹細胞ともいう。

    急性リンパ球性白血病 
     この病気は、リンパ球(=白血球と考えてよい)になる正常細胞ががん化して、急未熟な白血球が骨髄に蓄積し、正常な細胞を破壊して、未熟白血球に入れ代わる。その白血病細胞は血流に乗り、肝臓、脾臓、リンパ節、脳、精巣などに運ばれ、そこで増殖を続けることがある。また、脳と脊髄を包む膜を刺激して炎症を起こしたり(髄膜炎)、貧血、肝不全、腎不全やその他の臓器の障害を起こしたりする。

     まとめると、白血病とは 血液のがんです。正確には、「血球のがん」です。「(血球を作る)造血幹細胞骨髄の中がん化」して無制限に増殖をする病気です。 (血球とは、骨髄の中で作られる3種の赤血球、白血球と血小板)

     白血病細胞は、細胞分裂してから次の細胞分裂までの世代時間は、正常造血細胞よりも2-3倍も長い。他のがん細胞も同様です。「正常細胞」は成熟分化後、「計画細胞死」という機構により死ぬ運命にプログラムされている。ところが、がん細胞では、この「計画細胞死」がおこらず、細胞が増え続けてがん組織になる。つまり、計画細胞死」が起こらず、生き続ける細胞ががん細胞である。

    この血球寿命は
    赤血球(約120日)、
    リンパ球(数日から数十年)、
    好中球(約1日)、
    血小板(3~4日)など。

     なぜ白血病になるのか。
     我々の身体の中では、色々の誘発原因により、がん細胞は常時発生している。常時発生している初期のがん細胞は、大抵は死に絶える。しかし、そのまま増殖し続けて「
    本物のがん」になるか、あるいは「死に絶えるか」は、全くの偶然に左右されるようである。

    シロウトの意見:加齢によって、「本物のがん」、あるいは「死に絶えるか」の割合が、変わってくるのではないか。「計画細胞死」 という神の摂理が働くように思える。長寿者は、これをうまく回避し続けているのだろう。

     広島・長崎の原爆後やチェルノブイリの原発事故後に白血病が多発した。また、タバコを喫う人は肺癌や喉頭癌になりやすく、焦げた焼魚や塩分の多い漬物などをよく食べる人は胃癌になりやすいことなどは確かです。しかし、これらは第一段階のがん化を引き起こしはしますが、上に述べたように、その後に、「本物のがん」になるか、あるいは「(ガン細胞が)死に絶えるか」は、全くの偶然である。
     タバコを喫い続けると発がんの原因となっている。喉頭癌が90倍、肺癌が7倍、がん全体が3倍増えることが判っている。ヘビー・スモーカの妻は肺癌が2倍に増えている。喫煙が、必ずしも肺癌になるとは限らないが、喫煙が原因で白血病が増えるのは確かである。また、心筋梗塞や肺疾患の原因にもなる。

    診断方法:息切れ、動悸、倦怠感、顔面蒼白などの貧血症状や発熱や出血症状を診る。これらの症状は「急性骨髄性白血病」の方が著明である。「急性リンパ性白血病」は発見しにくい、ということだろう。これ以上の詳細は、医師に相談してください。

     異変を感じてから受診までの期間が遅れると、白血球数は増加して、生存率が下がる。増加した白血球は、脾臓、肝臓やリンパ節などに入り込んで、臓器肥大を起こす。皮膚浸潤や歯肉腫脹や痔核 (肛門部の浸潤)なども見られる。白血病細胞が脳髄膜に浸潤して、頭痛などの髄膜刺激症状を呈することもある。これは、「急性リンパ性白血病」に多く、完全寛解(完治)したら、脳に白血病は見られなるが、その後、放置しておけば、この部位から再発してくる可能性がある。そのため、抗がん薬を髄腔内に注入して、中枢神経系白血病の発症予防対策をする。
    愛知県がんセンター 名誉総長 大野竜三 参照

    大野竜三氏は、中津高校時代の友人でもあり、名古屋の下宿に泊めてもらい、東京では私の下宿へ遊びに来た友である。

  • 病気 ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない うつ原因はテストステロン欠乏 ストレスは 寿命を伸ばす良薬?!  窓を開ける健康 外気を楽しむ 生老病死をどう受け止めるか  宮本亜門 引きこもり少年から脱出  初老期うつ病 定年期うつ病 うつ認知行動療法 大野裕慶應教授 増加する「引きこもり」現象 森山風歩 虐待と筋ジスからの出発 境界性パーソナリティ障害 医療の遅れ
  • 「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (3)

    2011年4月 5日 (火)

    「 いつまでも、22歳の青春を」の解釈 

    「いつまでも、22歳の青春を忘れない」と言った場合、本人は22歳だという解釈もあるのだ、とハッと気づいた。 

     本人はその「22歳」の価値に気づかない。振り返って22歳をみると、22歳を有効使えていたら、と嘆く人は多い。22歳=「若い」と「未婚」という立場に引っ掛けて、どこかで黒柳徹子が「舞台の出番を待つ心境」と書いていたが、「若い」というのは、フラフラして頼りなく、不安ばかりだ。確か、若いときは、若いだけで何もいいことはない。知識もないし、経験もない。人から頼りにされるでもないし、チヤホヤされるわけでもない。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

     私が22歳の頃、気にしていたのは、人前で自己紹介やスピーチであがらずにしゃべれるようになることだった。小学校でも、中学校でも、学期末になると先生の伴奏で、音楽は歌の試験があった。カラオケの好きな人には、そんな心境はわかりにくいが、ドキドキする。伴奏の出だしに乗れるか、音の高さとリズムに合わせられるか、これが慣れかもしれないが、「人前で話す」も同じだった。

     自信をもって「話す」ことは、自立=大人への第一歩だった。自分の番にくる前に何を話すか、頭でイメージして、自分の番で立ち上がり数分のスピーチをやり遂げると、うまくいったらぐっと拳骨を握った。一回成功すると、まずその後は失敗しない。

     しかし、仕事を始めてみるとそんな能力は使う場があるわけではない。給料をもらうにも、カネを稼ぐにも、関係ない能力である。一体大人になるにはどうすればいいか、迷い道、遠回り、道草、道が見えなくなった。日暮れて道なお遠し。

     人の一生は、重荷を負うて遠き路を行くがごとし。
     急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。
     心に望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
     堪忍は無事長久の基。怒りを敵と思え。
     勝つ事ばかり知りて負くる事を知らざれば、
     害その身に至る。己を責めて、人を責むるな。
     及ばざるは過ぎたるより勝れり。
                     『東照宮遺訓』徳川家康(伝)

    家康のように悟りの境地に至るには、まだまだ修行が足りないからゆっくりと安らかな心境にはならないが、「急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし」と、待ちの体制でいようか。しかし、家康は天下を取った人、彼の言うことを聞いていると、天下取れるならいいが。

    人の命はいつ終わりになるか、わかったものではない。60歳、70歳になっても、22歳の「前に向いて進む気持」、コレを失いたくない。その情熱というか、前にある目標がある命、それが22歳のよさ。「君たちは春秋に富んでいる」と言ってくれたのは、植田重雄先生だった。そうか、先生から見ると、我々の利点は「春秋に富む」点だ。若いということは、いくらでも可能性があることだ。と気づいたが、さて、何をしたらいいのか、ソレが問題だった。

    いま、「 いつまでも、22歳の青春を忘れない」と、私をふくめ、後ろ向きになり勝ちな世代の方々に叱咤しているつもり。22歳の青春は、きょうも元気、明日も元気にいける、と思いこんでいた。今になると、きょうは無事に済んだ。明日はどうだろうと思う。心配しつつ生きていく。希望だけは明るく、好奇心をもって社会の事象、興味の先を広げ、Qualityクオリティ of Lifeを高めて張り合いを持ちたいものである。という意味で「 いつまでも、22歳の青春を忘れない」と書いたつもりだが、読みようでは、現在の私が「22歳」とも読めるもんだ、と自戒している。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (1)

    2011年4月 4日 (月)

    nozawa22って、どうよ ブログ案内

    はじめてnozawa21を訪問して、どこを読めばいいの?と、戸惑う人も多いのではないか。その案内ページをつくってあっても、すぐ古くなる。それで最新記事を読みたい人に、どこを読めばいいのか、数ヶ月に一回は、案内ガイドをしないと不親切かもしれない。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    読みながら寝てしまうとか、途中でトイレに行って読んでいるのを忘れてしまう人もいるかもしれないが、
    看護師から医師ステップアップ新制度 2時間35分 
    全国児童相談所 0570-064-000      1時間56分
    この読者は、真剣に読んでいる様子である。「看護師から医師ステップアップ新制度」 記事は、これは社会に提案できると思っているので、多くの人に同意して頂けるなら、社会を改革する起爆力になる。

    自己紹介: nozawa22目標
    ①読んで楽しく、次も読みたいと思う内容である。
    ②明るく生きる提案があり、前向きの姿勢。
    ③中高生が 社会と歴史、文芸に興味がわくように。
    ④そして、笑いとユーモアをふりまく。

    Ws000001やはり、ソフトバンク孫さんの東北大震災へ100億円寄贈は、久米さんの2億円の寄贈が影が薄くさせてしまった。みんな、孫正義さんて、どんな人?と気になるだろうか。

    芸能関係の記事は、根強い関心があり、どんな状況でも、ヒット数は落ちない。 

      ニュース事故 推薦★
    水害地へ行って、手伝うべきだ!か?
    無残田老町 津波想定の2倍
    計画停電でも太陽光パネルで自家発電
    ★南三陸町 遠藤さん マイクを放さず

        芸 能
    山田まりあ結婚生活を語る
    磯野貴理 正司宏行 離婚の真相

    東尾理子と石田純一ら 現代男女関係
    学べるニュース池上彰とお笑い土田晃之

      ニュース事件
    歌織容疑者プロフィールと彼との関係
    別れるだけで収まらない歌織容疑者
    逃げ場を失くした歌織容疑者


      話題のニュース
    日本一の金持ち 孫正義
    乙武 洋匡 小学校の先生になった
    ★都知事 四選石原慎太郎でいいのか


      人間関係
    仲の悪い夫婦が多いのに驚く
    母のネグレクト、虐待を受けた人へ


      国家紛争
    ロシア自爆犯、17歳妻だった
    ★兵士たちの戦争NHKルソン島死闘
    被爆死体片付けた 広島高師の学生
    発明の巨人 西澤潤一 半導体の先駆

  • 千葉県議選(八千代市)定員3名 2011
  • ●最近の記事 読みたい方→ブログ村 nozawa22←クリック 案内の案内 nozawa22 ブログの読み方案内
  • 私の提案  平和 | 恋愛 |東京見聞録 | 歌、メロディ | 歴史 | 選挙 | 国家戦略戦争 | 戦後日本の問題 | 録音起こし| 中国と中国人| 死の門出 | 愛国心 |東京見聞録 | ブログ案内1 故郷郷愁専門ch中津川市

      nozawa22 大サービス ↑検索エンジン  読んで 楽しい ブログ最新テーマ   今年の締めくくり 推薦ブログ   nozawa22 最近のお勧め記事 09秋   nozawa22始めての方へ お勧めページ    つながり探索データベース     印象に残った出来事2008    nozawa22、リピーター読者を求む 深イイ ブログ最近編 筆者お勧め  2008.04.15     ブログ人気トップ10 ワースト10   nozawa22推薦読物ベスト10

  • 「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

  • | | コメント (0)

    2011年4月 3日 (日)

    千葉県議選(八千代市)定員3名 2011

    1161 立候補者6名定員3名、①石井としお、②田代かずと、③川畑昭夫、④横山ひであき、⑤谷口こういち、⑥はっとり友則。

    ご存知のとおり、4月10日午後10時に結果がでました。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    千葉県議選(八千代市)結果 2011

    本当は、YouTubeで各候補のアピールぶりを載せられるといいのだが、手元にある資料をつかって各候補を分析してみたい。ところで、いつ選挙公報 配布してくれるんかね。と思ったら、選挙前の水曜日に配布されたようだ。新聞を取っていない家庭には配布されないのは、選挙管理委員会の怠慢だ。よそでは戸別に配布しているぞ。

    選挙公報は、4月6日(水曜日)の朝刊に新聞折り込み(読売、朝日、毎日、東京、産経、日本経済の6紙)で各家庭にお届けする予定です。6紙以外の新聞を購読している場合や、選挙公報が届かなかった場合、選挙管理委員会へご連絡ください。行政サービスセンターや新聞専売所にも置いてありますので、ご利用ください。

    投票に行ったら、投票場で抽選券を渡し、次回の選挙の会場で当選番号を発表するくらいの楽しみをつけたら、投票率が上がるだろう。選挙管理委員会は、そのくらいの機転が利かないの?そうすれば、『投票日です。投票に行ってください!」と選挙管理員会のクルマで回る費用をこの当選者に渡せるだろう。このくらいの発想の転換がほしいものだ 投票したら、1億円宝くじ 太田総理 参政権は義務 棄権は罰金3000円

      前回の選挙結果、
    00002_281服部友則、2岩井さとる、3西田譲,次点4田代かずと、5小林幸三、6紺野義聖 投票率は、県平均が44%、八千代台は33% 団地は軒並みに27から28%、米本団地は23%。千葉県議選◇激戦八千代の政党隠し 2007.04.02

    今回立候補をしていない西田譲(8396票前回三位当選)、小林幸三(4309票落選)、紺野義聖(4065票落選)、合計16770票が、ダレの上に行くか。前回トップ服部15000票をどれだけ減らすか、岩井さとるの民主10000票を石井が守り切れるか。焦点は、三点だ。

    ①石井民主、②田代みんな、③川畑高齢者ねらい無所属、④横山公明、⑤谷口無所属、⑥はっとり自民。それぞれが狙っているが、前回次点の田代が、みんなの党へ所属して無党派にアピールして有利。あとは、前回候補を出さなかった公明党は、前回服部を押したのか、こんのに流れているのか、それによって、横山の票が違ってくる。低投票率が予想されていると、組織の公明党ががぜん有利になる。しかし、当選の可能性がなかったから候補を立てなかったのだから、今回候補を立てたからと言って、八千代の無党派層を凌駕するというわけにはいかない、という人もいる。

     高齢者ねらいの川畑は、掲示板にポスターも満足にはっていないから、むり。初立候補谷口は、西田譲の後継支援で、わりと勢いがあるとの情報をもらった。が、結局、①石井民主、②田代みんな④横山公明、⑥はっとり自民、3/4の争いになっている。田代がみんなの党に入って、俄然浮動票をかっさらって有利、トップになるかもしれない。守りの服部と攻めの田代が焦点。もうひとつの注目は、公明組織票の横山対民主党石井の三位争い・・・に、西田の前回票8396票を後継谷口がどれだけ受け継ぐかだ。(選挙後評:予想は当たっていたが、今回の県議選挙は、34パーセント以下で、浮動票がまるでなかった点が予想がはずれ、田代の票が伸びなかった。)

    立候補者①石井としお 民主党
    Photo_2●4月に県議会議員選挙が実施されます。この度私は、各方面のご推挙と民主党の公認をいただき、県議会議員選挙に立候補することにいたしました。
    私は長年、八千代市議会に籍を置き、豊かな自然と農業の振興、子供たちの健全育成、温かい充実した福祉、活力ある文化都市の街づくりに向けて、皆様のご支援をいただきながら精いっぱい努力してまいりまPhotoした。しかしながら、八千代市においても、日本が抱える多くの悩みや課題が顕在化しております。医療、年金、介護、子育て、経済、雇用など市民の生活の安心・安全が今日ほど脅かされていることはありません。
     私は、八千代市民の声を県政に反映させ、全力を尽くしてこれらの課題の解決のために努力する決意です。「思いやりのある県政」を実現するために、「熱意」「誠実」「実行」を信条として、「市民が安心して暮らせる地域づくり」「一人ひとりが幸せに暮らせるまちづくり」を目指し、皆様と手を携えて努力していく覚悟でございます。よろしくご支援、ご指導のほどお願い申し上げます。

    自治体 / 現職4期 / 八千代市議会(八千代市)
    自治体 / 公認予定 / 新人 / 千葉県議会(八千代市)
    [ 生年月日 ] 1951年 9月 19日 
    [ 肩書・役職・経歴等 ] 八千代市議会議員 

    石井としおの政治信条
    •子供の明るい笑顔と夢を大きく育てます。
    •若者が強く生きる力を伸ばせるよう応援します。
    •高齢者や障がい者に生き甲斐と喜びをつくります。
    •豊かな農業・環境を守り子や孫の代へ引き継ぎます。
    •いのちと健康、文化を大切にする社会を築きます。

    立候補者②田代かずと,みんなの党(前民主党系無新)(44) 
    Photo_3みんなの党,千葉県議会. ... 「脱官僚」、「地域主権」、「生活 重視」のみんなの党が、第三極となって改革を実現します。皆様のご支援をお願い 申し上げます。 Photo_2みんなの党千葉県議会第6支部長 、税理士▽会社社長[歴]証券・保険会社社員▽中大院 駅頭に立ち、「税金が無駄遣いされないよう市民の声を届ける」と力を込めた。

    [生年月日] 昭和41年5月21日 44歳
    勝田台小学校、勝田台中学校卒 県立千葉北高卒 中央大学経済学部卒 同大学院経済学研修了
    山一證券、ING生命、日動火災海上保険
    現、税理士、ファイナンシャルプランナー 
    [肩書・役職] みんなの党千代市支部長 後援会緑ヶ丘235-6

    立候補者③川畑昭夫 82才
    Photo_4  01 私の政治活動の目標として長寿社会の確立と言うことでやっていますので、その為には幸せな長寿社会を目指すわけですが、幸せな長寿社会にするには高齢者だけで出来るものでなくて夫婦及び妊婦から新生児、幼児、学童そして青年そして生産者年令である人々とその生産者年令の人々の就職が最も重要となります。
     此の世代の生活が安定しない限り総て良くならないと思いますので、長寿社会を目指す。以上、若い人から生産者世代の人々の、特に職のほうが復活するように応援したい。質問の答えになるかわかりませんが、回答をいたします。

    立候補者④横山ひであき 公明党
    Photo_5 千葉県本部青年局次長、県民運動局次長。明海大学経済学部卒。千葉県出身、八千代市大和田在住。昭01_2 和45年4月生まれ 40歳。
    公明党は2011年の千葉県議会議員選挙(八千代市)の党予定候補者として、横山ひであき氏を公認決定しました。
    大学を卒業後、営業職一筋に長年活躍。「人と人のつながりを誰よりも大事にして仕事をしていました。同僚からも、どこでも生きていける、どこでも通用する人物だと評判でした」とは元上司の言葉。一流企業で活躍をつづけてきた彼が、持ち前のフットワークで「八千代元気プロジェクト」と名づけた政策アンケートを実施。集まった1000人に及ぶ市民の方の声を、政治の場へと反映したいと、今日も八千代を駆けめぐります。 

    立候補者⑤谷口こういち 36歳 西田後継 
    Photo 01_3昭和49年 千葉県生まれ。
    両親・姉、妹2人の6人家族の長男として誕生。
    千葉市立花見川第一中学校卒業。
    千葉県立船橋古和釜高校卒業後、営業職に就く。
    平成10年 交際7年を経て高校の同級生と結婚。
    現在、妻・小学生の息子2人、幼稚園児の娘1人、
    家族5人でゆりのき台に在住。

    Photo_3 立候補者⑥はっとり友則 自民党 
    Photo_2 昭和32年5月31日八千代台に生まれる  53歳
    昭和51年 県立船橋高校卒業 
    昭和56年 国立山梨大学教育学部 卒業 
    昭和57年 八千代市議会議員初当選(連続6期当選) 
    平成15年 千葉県議会議員初当選(連続2期当選) 
    平成19年 千葉県議会議員当選(2期目)

    終盤予想:終盤になって、●1服部友則(自民) ▲2田代一登(みんな) ▲3横山ひであき(公明)、▲石井としお(民主)が、横一列に並んでいる。と見るが、みなさんの予想はいかがでしょうか。石井の応援で民主党が勢いがない点が気がかり。公明党支持の学会員の応援で横山が強いか・・・。前回の西田と同様、▲谷口こういち が台風に目になれるか?という点が注目! トップが一万5000にはならないで、当選ラインが一万票に近づく、接戦だろうと思う。

    議員の活動として、県議は何をしているか見えない。市議も活動を一体普段は何をしているか、知りたいものである。市内を活発にするため、①若者に婚カツで、納税者を増やす活動。②起業家を増やすために、手助け。こうすれば、もうかります。あなたのアイディアはこの会社が欲しがっているとか、斡旋する。③法律相談などなど。

    こういうコーナーを勝田台、八千代台の駅前商店街と協賛する積極性がほしい。特に当選ギリギリの議員は、自分の特技を見せ付けるべきだろう。頭を下げ、顔見世だけの選挙ではなく、国政の議員ではない議員は、意見いうより市民の世話をする活動をしてほしい。

    (過去の八千代市関連の選挙) 八千代市長選、市議選2010概況  八千代市議会議員 (2006年12月)   八千代市議会議員選挙結果2010     みんなの党 発展を祈って 苦言を呈す 八千代市議会議員選挙結果2010 八千代市議選妨害で奥山市議、みん党市議を訴える   千葉県議選◇激戦八千代の政党隠し 八千代市長選速報 本命薄氷2010

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (1)

    2011年4月 2日 (土)

    計画停電でも太陽光パネルで自家発電

    01 茨城県常大宮市の高校の先生宅では、数年前に屋根の上に取り付けた太陽光パネルで自家発電をしている。この太陽光で発電した電気は、東京電力に売ってきた。それが、3月11日以降、5日間停電をしたので、「停電でも自家発電をします」と説明に従って、専用機器を使用して切り替えてみると、ワオ!、電灯はつくし、テレビ、冷蔵庫も使えた。携帯の充電もできた。(朝日新聞「声」4・1から)

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    04 残念ながら、夜は発電できないのが玉に瑕キズである。家庭用の蓄電器さえ開発できたら、原発などいらないのではないか。まず、原子力発電のように企業の設備投資が不要、各自家庭で太陽光パネルを設置してくれたら、じゃんじゃん発電できる。天気の悪い日は発電できないというデメリットがある点は、風力発電、海の波発電という手もある。まったく風もなく、曇って…という発電できないときは、火力発電、水力発電でカバーしましょう。まあ、将来の研究用に原発も残しておきます。

    参考にソーラーパネル補助金〆切間近!www.solargate.jp
    ソーラーパネル大特集
    www.rakuten.co.jp
    ソーラーパネルの価格が1秒で
    www.taiyokonavi.com
    ソーラーパネル 小型なら
    www.gantan.co.jp
    法人用/太陽光パネル資料請求hirotomohome.co.jp
    ソーラーパネル楽天生活雑貨市場
    www.rakuten.co.jp 

    太陽光発電補助金制度

    E5a4aae999bde58589e799bae99bbbe3839 投稿者の場合、太陽光パネルは、約370万円(内補助金約70万円)という。これを原子力発電に投じる金をどんどん補助金に東電が考えたら、飛躍的な発電事情が変わる。クーラーを使う時期の発電量をこの太陽光パネルが生み出してくれそうだ。

    5taiyoko1特に、公共の建物など、太陽光発電を利用して、東電の電力をなるべく使わないシステムにしていったら、相当節電になるし、電気料分だけ節約が可能になる。蓄電器の開発が急がれる。さあ、本格的に太陽光パネルの普及に号令をかけてみよう。こういうのは、お金はいらないのだから、政治主導でできる。民主党の政治家全員でまずやってみると、ガラっと国民の見方が変わるだろう。やってみる価値ある。

    あと、家庭用蓄電器、これを開発して、その技術を世界的に公開してみィ!世界平和に貢献できるし、これで紛争も減る。原子力から核兵器開発もしなくなるかも…。絶対これがいい。 あと、ミスト冷房や、海流で食糧生産とか…いい研究課題はある。あと、その研究者になるための筋道を教育者は教えてあげてほしい。

    家庭用蓄電器が開発されていない・それって、電動自転車や電気自動車があるのだから、屋根のソーラーパネルに蓄電池がないというのは、何かおかしい話である。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    2011年4月 1日 (金)

    水害地へ行って、手伝うべきだ!か?

    東北の都市部で被災した明日香さんから、メールをもらいました。彼女は、被災後、いろいろと思うこと、経験したことを書いてくれた。しばらく音沙汰がないな、と思っていたら、地震と津波で人生最大の経験をしていた様子。

    「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    By the Way 仙台の数駅はなれた利府という日本キリスト教団の修養地があるが、あそこが山野だったころ、初期の初期、学生時代、奉仕団としてワークキャンプのボランティアで出かけた地で、懐かしい。

    3月29日のブログを拝見し、お礼を言いたくなりました。突然予期せぬ事態となり、悲しみは多いのでしたが、私にとっては得るものがあった数週間でした。母親の存在に感謝しました。本当は一人が怖くて寂しいのに、強がっていたのだと思い知らされました。

    さて「語らざれば憂い無きに似たり」という言葉を教えてくださったことに感謝しています。こんなことがありました。
     
    Tky201103130106  今回、私も親戚が3軒、人は無事でしたが、津波に襲われました。津波に飲まれて亡くなった方が多く、しかし流されたけれど、生還した方も確かにいらっしゃるのです。ただそういう運命だった、たまたまそうだった、としか言えない例がほとんどです。

    Dvc00261_2   様々な津波の体験談を聞くにつれ、たまたま生き残ったけれど、家族が皆亡くなって、街も仕事もなくなって、「生きてるだけでよかったですね」では片付けられない状況を目の当たりにして、
    私は次第に何もいえなくなってしまいました。大変な目にあった人に、何かしてあげたい。だけど私には何もできない。こう思うことにすら罪悪感を感じました。

     それから日が経つにつれ、
    「自分が出来ることをすればよいのだ。私にできることとは、職場でしっかり働くことで、それがめぐりめぐって経済の復興につながり、被害を受けた地に元気が戻り、悲しんでいる人の癒しになるのだ」という考えに変わり、使命感に燃えて仕事に励んでいます。

     ところが、同僚の中に、「こんな時に仕事なんかに真面目になっているのは、津波にあっていないからだ。水害にあった土地へいって、手伝うべきだ!」という人もいるのです。

     水害にあった実家の写真を見せ、「自分はこんなにひどい目にあっている。この職場の人は津波がきていないから、お気楽に働いていられるのだ!」と話します。

     しかし、職場の中に、津波で家を流されたり家族を亡くしている人は、たくさんいるのです。その人たちは、ただ表立って口にしないだけなのです。口にしてもしょうがなく、同情をあおってもなんの解決にもならず、むしろ優しい人を心配させることが申し訳なく思うからだと思います。慌てて避難所へ行ったところで、食い扶持を減らすだけで、なんの力にもなれません。それよりは、自分に与えられた職場でできることをして、稼いだお金を親戚へ贈った方がどんなに有益か、と思うからです。

    『語らざれば憂いなきに似たり』とは
    こういうことか。と思いました。

    「明日香さんは家が流されていないから、俺の気持ちなんかわからない!」と言われてとても傷つきました。しかし「語らざれば~」の言葉を思い出し、解らない人には解らなくてよい。と思うことができました。以前の私なら、どうして解らないのさ!とイライラして、私だってこんなに辛い目に合っている!と反論したと思います。

     辛い経験も自分の無能さもひっくるめて受け入れて、多くを語らず、澄んだ目の女性になりたいと思っています。

     生き残ったからには、自分にできることを精一杯やって、人のために 街の復興のために 気合入れて働きたいと思います。 明日香

    一を聞いて、十を知る」ではないが、彼女の理解力が優れているので「語らざれば憂いなきに似たり」が、私の意図しない方向でいかされている。

     自然の災害は、人間の力で抗することができない。過ぎ行く時に任せるしかないだろうとはわかっているが、黙ってもいられないし、かといって、何ができるわけでもない。たぶん、大昔の人も、自然の脅威と人の死、それを受け止めてきたのだろう。

      経験しない私が、何を言っても、被災者の心に届かないだろうが、自分の心の澄むまで、黙っていようと思っている。「同情するより、カネおくれ」というセリフが思い出される。災害から立ち上がるのは、彼らの力ではあるが、被災者が支援もらえるうちに、しっかり生活のめどをつけるようがんばってもらいたい。一生面倒はだれも見てくれないから。

     ボランティアの人は、「自己完結型の支援」でないと被災地に迷惑かけてしまう。食料はもちろん、トイレから寝る場所などを確保すること、現地で世話にならない体制のない人間がフラっといくと迷惑になる・・・、これがネックで、善良な人は二の足を踏む。今いる働いている場所で、しっかり生きていることが、最低限まず大事で、その上に余裕があったら、寄付するという形が一番。

    「自分はこんなにひどい目にあっている。この職場の人は津波がきていないから、お気楽に働いていられるのだ!」と話している方、動転しているから、正常に判断できない時期だと思う。きっと数年後、一年後でもいい、あとから聞けば、きっと「何言っていた?」と逆に言い出しそうだね。

    昔、ノート「珍望録」に気の効いたフレーズがあると書きとめていたのですが、そのなかに「清き心をもって、それを攻め具にしてはいけません」ちょっと、表現が違うかもしれませんが「純潔な心をもって、相手を責める武器にしてはいけない」ということですが、これは災害の救済を叫ぶのは自由だけれど、相手に強制するものではない、という意味にも使えます。

    Eloise 最近「アベラールとエロイーズ」(岩波文庫)という交換書簡の本を読み始めたが、なんで昔の本はこんなに七面倒な文章なんだ、と腹が立つ。じっくり読めば、愛の交換メールなんだけれど、昔の人はこんなんでときめいたのだろうか、と思ったりして、ニヤっと笑える部分がないものか、と探しているが、なかなか見つからない。

    Images 尾木ママの出ている6チャンネルの『金スマ』を見た。彼の生き方が、楽しそうでいい。女装家バーへ行って、彼らとうまく交流するとか、オネエ言葉をつかって、人の懐に飛び込んでしまう。えらいものだ。屈託がない。先生時代、生徒との交換日記をどんどんやって、生徒の内心に入り込む努力は並大抵ではない。毎日、運動会の日でも、先生と生徒の交換日記を徹夜して書いて返していた。

    最後に、名古屋女子大付属中の二年生を相手に授業をして、人と人のつながりというテーマで生徒に感動を与えていた。さすが、二十年も教師をやっていたから、しゃべりは上手だ。客のつかみから、本題へ入る過程は、ピカイチだ

  • 事件・事故 地震だ!震度6 道路揺れて歩けない 地震 日本各地の入力者の反応 地震でスーパー棚の食料品 消えた 地震と原発事故で日本中大騒ぎ 京成電鉄11時~午後5時全面運行中止 田老町 住民4000中1000名消息不明 
  • 無残田老町 津波想定の2倍
  • 「1日1回 応援クリック お願いします!」
       ↓   ↓   ↓   ↓

    人気blogランキングへ 
    今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

    | | コメント (0)

    « 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »