« 代理出産、子宮貸します業から思うこと | トップページ | きょうという日、一体何があったのか »

2011年2月22日 (火)

羽鳥慎一はフリー、どうする?安住紳一郎

Photo_4Img_0398 ネタ元は日刊ゲンダイらしいが、「日テレの顔羽鳥慎一、フリー転身を決意の裏にはどんな事情があったのか。」引用元:http://imashun-navi.seesaa.net/article/169205044.html 「一番の理由は給料の大幅削減でしょう。日テレ側が新賃金制度導入を目指して、社内は3度もスト、ゴタゴタ続きです。新制度は人件費抑制策で、羽鳥のケースだと推定年収1200万円が最悪800万~900万円に下がる可能性もある」(日テレ関係者)

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

Img_0396  羽鳥の退職には、もうひとつ深刻な理由がある。来春に「ズームイン」が大幅リニューアルされ、羽鳥も降板が決定的だ。 長らく朝の情報番組は『ズームイン』の独壇場だったが、最近は『めざましテレビ』に押されている。羽鳥を降板させ、後任に上重聡(PL学園時代にレッドソックスの松坂と甲子園で投げ合った)の起用が予定されているらしい。羽鳥としては、降板決定後Miyaneseiji_01 に退職では・・・」(関係者)
 今後は宮根アナが在籍する芸能プロ「テイク オフ」に所属してやっていくみたいですね。⇒ 芸能界のう・わ・さ!!

インターネット上では、事実として、駆け回っている。自社番組「おしゃれイズム」に出た羽鳥慎一が、「社員がこんな(舞台の)階段を下りてきていいの?」といいながら、司会の上田晋也に乗せられて、かなり打ち明け話をしていた。

羽鳥慎一は訓練されたアナウンサーではあるのは、よくわかる。「好感度アップ」に努力している。こうすれば、視聴者の印象がよくなるといつも考えていると、自他共に認めているようだが、TBS安住紳一郎と羽鳥慎一を比較してみてしまうのは、私だけではないだろう。

安住紳一郎の経歴は、羽鳥と比較すると、物足りない感じがする。羽鳥が野球少年としてクラブ活動している頃、安住はファミレスでアルバイトに暮れていた。羽鳥が横浜の野球の強い平沼高校から早稲田政経へストレートで入学している。が、安住は北海道の田舎公立高校から一浪して明治の文学部へ。

Ws000001 国語の教師にほぼ決まっていたが、アナウンサーも「一対多数のコミュニケーション」の教師になるための勉強とアナウンサー試験を記念のつもりで、TBS、日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日のアナウンサー試験を受けた。日本テレビは書類選考で不採用。テレビ朝日は最終選考前に不採用。フジテレビは連絡が取れずに不採用。TBSとフジテレビは第一次を通過し、最終選考でようやくTBSの合格を果たした。あとから見ると、綱渡りのような採用劇である。観客から見ると、安住紳一郎の綱渡りと、仕事も適当にやってきたのが、いい味になっているのかもしれない。

羽鳥慎一は、ずっと、まともに努力して、そして成功してきたかな、と思える生き方に、安住との決定的な違いがある。彼は芸を努力の上にできた達人で、確かに上手にこなしている。だから気が抜けていない、という硬さが見える。

Images 安住紳一郎は、自分のちゃらんぽらんをわかっていて、知らんふりしているのか、なかなかの名人芸である。視聴者には上から目線を感じさせない。その間が絶妙で、この辺りの呼吸は努力では身につかない。天衣無縫の天性に見える。あれでも、北野武と共演しているのを見ると、相当気つかっているのがわかる。それでいて、サラリーマンでありながら、人様の数倍給料はもらっているだろう。

 努力の羽鳥であるが、プライベートは酒癖が悪く、「結婚しようと思い、奥さんのご両親に結婚のご挨拶に伺った際に、飲みすぎてしまい、お義父さんの頭をヘッドロック状態にしてしまった、これがきっかけとなり、ご両親が結婚式に出席しなかった」と衝撃の告白をした。でもその後、ちゃんと仕事をしている姿を見てもらい今は仲良くやっている。

 安住のエピソードは、羽鳥以上にコト欠かない。遅刻は常習犯で、大先輩の黒柳徹子を待たせるという大失態を起こしたことがある。また、生放送番組『ジャスト』放送リハーサルには頻繁に遅刻、本番放送が始まってから局に到着したことも。

Img_0400_2Img_0394_2 羽鳥にしても、安住にしても、女からみたらいい男。羽鳥はすでに妻帯者である。その彼女は、入社試験の最終までともに受験した仲間のようだ。まあ、相思相愛で結婚したのかな、という印象の女性。

安住はなかなか結婚しないから、みんなで見合い企画で盛り上げていると、「ぴったんこカンカン」で、安住を主要なテーマにしたら、視聴率がぐんぐん上がるから、番組としては、戸惑うようね。中年、年上女性からのファンが多い。安住アナに焦点を絞った企画で、なんと番組史上最高の21.1%を記録

Yonekura  「徹子の部屋」での会話らしいが・・・「彼女は?結婚は?実は彼は米倉涼子にアタックしているという噂もあるんです。米倉さんのお母さんが彼の大ファンだそうです。
Photo_5  そういえば、女優の高畑淳子さんも彼の大ファンだと「徹子の部屋」で公言してましたね。んで黒柳徹子さんには“ときどきデートしてくれたらそれで幸せ”っていってました。高畑さんはもう誰かと一緒に住まないことに決めているそうで、結婚はしないんだけど、安住さんは知的でハンサムで教養があって、声がいい、と言ってました。安住紳一郎さんにしてみりゃ米倉涼子さんの方がいいんでしょうけど・・・」


Watch c¬?a?£a?|a??a??a?¨a??i??a?≪TBSaR?a??a?¢a??i??e??e?3a・・a?\a??a?|a??a??i?? in a¨ ̄a\?  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います

調べているうちに、女子アナの収入の一覧を見つけた。フリーにならないと、所得は増えない現実がある。放送局コレだけ稼げるのだという証拠である。アナウンサーも社員にしながら、タレント派遣もありにしたら?

キャスター部門は
1位 安藤 優子(2億円)フリー
2位 小宮 悦子(1億7,000万円)フリー
3位 草野 満代(1億5,000万円)フリー
4位 三雲 孝江(1億2,000万円)フリー
5位 小島奈津子(8,000万円)フリー
6位 小谷真生子(7,000万円)フリー
6位 久保 純子(7,000万円)フリー
8位 渡辺 真理(6,000万円)フリー
9位 田丸美寿々(5,000万円)フリー
9位 麻木久仁子(5,000万円)フリー
次点 魚住りえ、高樹千佳子(3,000万円)フリー

男性アナでは
1位安住紳一郎、
2位渡辺和洋、
3位羽鳥慎一。
4位軽部真一。

局アナはどうかというと、
1位 松尾 紀子(2,700万円)フジテレビアナウンス部専任部長
2位 益田 由美(2,600万円)フジテレビ
3位 吉崎 典子(2,400万円)フジテレビ
3位 宮崎  泰子(2,400万円)テレビ朝日
5位 豊田 順子(2,300万円)日本テレビ
5位 吉川美代子(2,300万円)TBS
5位 阿部 知代(2,300万円)フジテレビ
8位 笛吹 雅子(2,200万円)日本テレビ
9位 小栗  泉(2,100万円)日本テレビ
9位 松本志のぶ(2,100万円)日本テレビ
9位 田代 尚子(2,100万円)フジテレビ
9位 大下 容子(2,100万円)テレビ朝日
20代の若手はどうかというと、
・西尾由佳理(1,500万円)日本テレビ
・鈴江 奈々(1,300万円)日本テレビ
・小林 摩耶(1,200万円)TBS
・小倉 弘子(1,700万円)TBS
・高島   彩(1,300万円)フジテレビ
・中野美奈子(1,200万円)フジテレビ
・戸部 洋子(900万円)フジテレビ
・滝川クリステル(800万円)フジテレビ
・河野 明子(800万円)テレビ朝日
・武内 絵美(1,000万円)テレビ朝日
・堂 真理子(700万円)テレビ朝日

http://s.freepe.com/std.cgi?id=01060729&pn=10

ポチッとよろしく!

|

« 代理出産、子宮貸します業から思うこと | トップページ | きょうという日、一体何があったのか »

コメント

安住紳一郎の経歴は、羽鳥と比較すると、物足りない感じがする。羽鳥が野球少年としてクラブ活動している頃、安住はファミレスでアルバイトに暮れていた。羽鳥が横浜の野球の強い平沼高校から早稲田政経へストレートで入学している。

投稿: 安住紳一郎 | 2011年4月17日 (日) 01時39分

羽鳥さん。
原稿通りに進めようと必死なだけ。男らしさ清々しさハツラツさが全然ありませんね。単なるウドの大木なだけ。
TBSの青木女子アナさんとそっくり。

管理人より
そこまでいっちゃあ、おしまいよ!
武士の情けも、必要です。

投稿: 羽鳥 | 2011年7月25日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代理出産、子宮貸します業から思うこと | トップページ | きょうという日、一体何があったのか »