« カツオ小5、ワカメ小1、タラちゃん保育所 | トップページ | エジプトがホメイニ師イランに類似 嫌う米国 »

2011年2月 8日 (火)

うつ認知行動療法 大野裕 慶應教授

0213 うつ病の患者は100万人以上といわれている。自殺者の多くはうつ病の患者だと言われている。その治療法に「認知行動療法」を用いて効果が上がっている、とNHK「クローズアップ現代」で見た。メインゲストは、慶應義塾大学教授・精神科医 大野 裕

読んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

大野裕(おおの ゆたか)http://www.cbtjp.net/
1950年、愛媛県生まれ。
1978年、慶應義塾大学医学部卒業、精神神経学教室に入室。その後、コーネル大学医学部、ペンシルバニア大学医学部への留学。現在は、慶應義塾大学教授(保健管理センター)。
近年、精神医療の現場で注目される認知療法の日本における第一人者。国際的な学術団体Academy of Cognitive Therapy の設立時会員であり、日本認知療法学会理事長。日本ストレス学会副理事長、日本うつ病学会や日本不安障害学会の理事など、要職を務める。

0209  デリケートな神経では、現代社会で生きていけない、というのだろうか。多くの人は、何か失敗すると、挫折する。それを図で表すとこうなる。図上

理解のない会社でサラリーマンは「ウツです」とは、なかなかいえないから、隠して隠して重症化して会社を辞めるか、自殺に追い込まれる。そうすると、タフな神経でないと、生き残れない、ということになる。農耕を中心とした時代は「晴耕雨読」を旨として生きた時代、あまり神経を病むことはなかっただろう。精一杯働けば、お天道様が見ている、という感覚で人間の生理に合っていたが、今現代社会は、体によくないリズムだし、ストレスがかかりやすい。考える必要がある。

 ほかの方にはわからないが、混雑な電車に乗ると動悸が激しくなる、吐き気がするから会社に通勤できない・・・、自宅入力者にいた。見た目元気だし、結構言いたいことと言う人だった。他人から見ると理解できないが、当人には重大な理由である。また、人と目が合わせらえない人、誰とも会わない道を歩く人・・・パニック症候群というのか、神経質な繊細な神経がいる。この現代では、適合しないと一言でいうのは、分析不足であろうが、各種の精神障害だろう。それをウツといえるか、浅学な私にはわからないが、各自悩みを抱える人は多い。それが引き金になって「うつ」を引き起こす。

0229 番組で顔出しで出演した青年Sさんは、まじめゆえの悩んでいるのだが、「朝起きると体がこわばり、頭の中が萎縮するように、硬くなっていく感じ」があり、病院へ来たのだ。これ、登校拒否の小学生の精神状態かもしれない。Sさんは2年前からウツ病に悩まされていて、抗ウツ薬を服用していても、症状は改善されない。朝起きるのはつらく、たびたび遅刻していた。

医師が「どんな気分ですか」と聞くと、彼は「自己嫌悪」と答えた。会社でどんなことが、自己嫌悪の原因になっているか、聞いてみると、「会社で与えられた仕事で、それはほかの方ができないからと、その仕事をすると、ミスを連発で、落ち込む・・・」

0212 医師のカウンセリングが始まった。「仕事のミスが多くあるというが、どの程度か」との質問では、「360箇所に3箇所か4箇所のミスを指摘だれる」という回答に、それを数字を計算すると、1パーセント程度である。「99パーセントは仕事はうまくいっている」と指摘されて、Sさん、エッと驚いた表情で「そういう思考回路がなかった」と、成功している側から見る習慣がなく、いつも否定する側からばかり見ているということを語っていた。

ウツやパニック症候群の人は、否定の面ばかりを巨大に考えすぎて、自分を追い詰めている。そうしないで、肯定している側から見てやると、楽になる。そういいうことを教えているようだった。

0214 この精神科医がこの「臨床認知行動治療」というカウンセリングをすると、30分で一人しか相手にできない。一人に多くの時間を割くことは難しい。薬剤を投与して10分で、「ハイ、次の方」としたほうが、ずっと利益になる。

02100223 薬剤だけで治療する場合と「臨床認知行動治療」を併用する場合を比べた表を見ると、明らかにその効果の差がある。臨床心理士が相手になって、話をじっくり聞いてくれる体制があれば、その効果は違っているが、そのやり方が普及しないのは、制度的な問題があるわけで、臨床心理士の待遇は劣悪で、300万円の年収がある人は、ごくわずかだという。

クローズアップ現代は、この「臨床認知行動治療」の問題をいろんな角度から取り上げて、焦点が散漫になりずぎたきらいがある。現代の国民病「うつ病」を減らすには、臨床心理士を臨床心理師にして開業できるようにしたらいいじゃないか、と私なんか思う。

今、現代の悩みを解決する「フィーリング治療」というアメリカで修行してきた人の治療室がある。あまり認知されていないから、説明しにくいが、催眠療法みたいなものと理解している。約束の時間に行って、一時間程度の施術を受けて、一万円近い金額を払う。悩みがすっきりして、明日の活力になれば、この「臨床認知行動治療」と同じだろう。

医師や臨床心理士から「臨床認知行動治療」を受けても、あまり人生経験のない人からカウンセリングを受けても、「なんだ、こんな若いヤツに・・・」という気持ちが出そうで、そうなると効果がね。やはり人間に対する洞察力と広い知識が必要だ。人に気持ちを察する能力の高い人でないと「臨床認知行動治療」は受けたくない。

日本には、100万人以上のうつ病の人はいるらしい。はっきりした統計がないから断定はできないが、もっと多いのではないか、と思う。ウツは治療が難しい病気。薬剤治療は重要であるが、薬剤治療をしながら、「臨床認知行動治療」を併用していく。治療を週1回で4,5ヶ月で完治する。

考え方、物の見方が、いわゆる「負」の面からでなく、「正」の面から見る見方ができるようになる。そうすると、性格が明るくなり、自分の時間を取り戻すことができるようになる。

健康百話健康保持、どうしていますか カルシュウム、ビタミン、たんぱく質 脳を鍛える Anti-Aging  MRI検査 体験記 痛みは、体内信号 ストレスから解放の自然体  初老期うつ病 定年期うつ病 命は次の命につながる おばんざい 京都の手料理 窓を開ける健康 外気を楽しむ 生老病死をどう受け止めるか  宮本亜門 引きこもり少年から脱出  人間の飽食から生まれた糖尿  便秘、下痢ぎみ、尿道結石 防止運動  性同一性障害?死ぬほどの悩みか!  ポリアミン効果、慢性腫瘍に効く   人間の飽食から生まれた糖尿病  ストレスは 寿命を伸ばす良薬?! 命とむきあう終末期医療の現場 うつ原因はテストステロン欠乏  ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない  再婚とまま子虐待、ネグレクトその影響  母のネグレクト、虐待を受けた人へ

読んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

|

« カツオ小5、ワカメ小1、タラちゃん保育所 | トップページ | エジプトがホメイニ師イランに類似 嫌う米国 »

コメント

こんにちは、竜崎と申します。ブログ拝見しました。
ブログに書かれていること、物の見方や考え方、非常に参考になりました。
臨床認知行動治療について特に勉強してみたいと思います。
また興味のある記事を見たらお邪魔させていただきます!

投稿: 催眠術師 竜崎 | 2011年2月22日 (火) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カツオ小5、ワカメ小1、タラちゃん保育所 | トップページ | エジプトがホメイニ師イランに類似 嫌う米国 »