« 増加する「引きこもり」現象 | トップページ | 遺恨あり 原作吉村昭 「最後の敵討」 »

2011年2月25日 (金)

自閉症で天才=サヴァン症候群

 自閉症も、ダウン症も、何か似ているという印象があり、区別できないでいる。ひとつの器官が故障すると、他の機能が発達するとは知られているが、テレビ「スーパーモーニング」で見た自閉症青年の飛びぬけた才能にびっくりした。

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

0419自閉症の天才たち“驚異の才能”全貌 2009年、磯村靖幸さんは上田豊治さんのアトリエを訪問して対面し、1冊の本をプレゼントされた。本はみなさんに見ていただこうと理容院においている、と両親が話した。 スタジオで磯村靖幸さんと上田豊治さんらについてトーク。障害者が自立しやすい社会を作ることや、才能について話した。

0425 知的障害で天才、サヴァン症候群の青年、日本で言うと、裸の大将「山下清」であるが、その種の青年を扱ったアメリカ映画『レインマン』(原題:Rain Man1988年公開)は、評判になった。原作のバリー・モローはロナルド・バスと共同で脚本を執筆した。主演はダスティン・ホフマン、トム・クルーズ。
 自由奔放な青年と、重い自閉症の兄との出会いと人間としての変化を描いたヒューマンドラマである。レイモンドのモデルはアメリカやイギリスでその驚異的な記憶力が話題となったサヴァン症候群患者のキム・ピーク。

0418 テレビで紹介していたのは、盲目の磯村靖幸33歳だった。彼は家業の床屋さんのタオルを洗って干すのが彼の仕事を嬉々ととしてやっていた。目が見えないのにまるでベランダの物干しが見えるかのように躊躇なく歩いて、干し物をする。

彼は一度聴いただけの曲をピアノに向かって座ると、そのまま表現して見せた。アレ?練習したあとのヤラセか?と思ってみた。

Ws000005 盲目のピアニスト辻伸行と似ている。彼辻伸行は練習してうまくなったが、藤村靖幸君は、何も練習はしていない。メロディを一度聴いて覚えてしまう能力、練習したら磨かれるだろう。辻井伸行 - ショパン:幻想曲ヘ短調&舟歌 嬰ヘ長調

もう一つの能力は、記憶力か計算力だ。たとえば、数年先の何月何日は何曜日?と聞くと、それを間違いなく当てる。不思議な能力だ。これは、彼の頭のかなで計算しているのだった。

サヴァン症候群 知的障害や自閉性障害のある者のうち、ごく特定の分野に限って、常人には及びもつかない能力を発揮する者の症状。自閉症や知的障害の大半に於いて原因が特定されていないように、サヴァン症候群の原因も諸説があり、特定には至っていない。男女比は男性が女性の数倍である。広義には、障害にもかかわらず特定分野で優れた能力を持つ人である。狭義のサヴァン症候群は極めて少なく、全世界で数十名程度しかいない。

膨大な量の書籍を一回読んだだけですべて記憶し、さらにそれをすべて逆から読み上げるという、常軌を逸した記憶力を持った男性が最初である。

サヴァン症は、以下のような分野に才能発現する
カレンダー計算:特定の日の曜日を言える。
映像記憶:航空写真を見ただけで、細部まで描き起す。
1度聴いた曲は、楽譜なしに、最後までピアノで弾く
④暗唱:書籍や電話帳、円周率、周期律表など暗唱できる。
⑤芸術性の非常に高い絵画、彫刻など作品を作る。
⑥暗算力:並外れた暗算をする。様々な記憶に関する能力。

命名者とされるJ. ランドン・ダウン(en:John Langdon Down)は、その天才的な能力をもつにもかかわらず、通常の学習能力に先天的な障害を持っている彼らを「idiot savant」(イディオ・サヴァン=賢い白痴)と名付けた。後に"idiot"が差別的な意味を持っていることから、「サヴァン症候群」と改められた。語源となったのは「賢人」の意味する フランス語:savant である。Wikipedia参照

サヴァン症候群が描かれた映画『レインマン』でも、数を瞬間的に把握する能力、たとえば、100個以上の物のおよび10桁もの巨大な素数を言う能力がある。ESPエスパーなど言われることさえある。

0431 上田豊治41歳さんは、きりえのすばらしい作品をつくる能力がある。この絵は、自閉症の天才山下清の再来といわれる作品を作っている。きりえは、細密画のようで、誰もが「うまい!」と叫ばすにいられない作品である。

0414 しかし、その日常は、母に甘えるそのしぐさは、まだまだ幼児のままである。自閉症の精神の未発達部分がのここったままの障害がある。 

 知的障害や自閉性障害のある者人が、社会的に認められて大切に扱われているかといえば、なかなかそこまで、大事にされているわけだはない。特別に取り上げられているのは、差別が一般になっているからこそ、特殊の例を取り上げているに過ぎないのだろう、と想像している。

サヴァン症かわからないが、筋ジスロフィーの重症の寝たきりの男の子が二人で歌うのを四街道国立病院の養護学校の文化祭で、ストレッチャ-に寝たままで歌う、三人の少年合唱を聴いた。澄んだ透明感のある声、世の中にあんなにも美しい声があるのか…私は驚ききだった。声を再現できないのが残念だが、健常児では出せない澄んだ声、ハーモニーだった。ウイーン少年合唱団以上だった。世間の人たちにこんな声、ハーモニーがあることを知らせたいと思うほどだ。
 あのきれいな声は、命を懸けて彼らの心情を歌っているのだ、と気付いた時、こらえきれない何か、熱いものが胸に溢れた。彼らには、命の残りの日々を小学生ながらわかっている。聞く方もそれを痛感して感動するのかもしれない。この声が唯一の自己表現であったのかもしれない。たぶん、もう彼らは、この世にいないだろうが、あの時聞いた歌声は、最高だった。

 自閉症がダウン症と区別しにくいのは、その外見が通常の子とは表情の変化が違うからで、その子の心情を理解するまでに時間がかかる。その子の親からすると理解がないと思われるだろうが、建前上では、公的な機関では差別はしないといいながら、普通児の教室に入るとお荷物感がある。従って、そういう同一に扱えない子は支援教室と称する場所に隔離しているのが現状である。

 ダウン症の子の親は、必死な思いをしているのは、事実である。昭和40年代、うちの子が満1歳になる前に住んでいた家の大家さんの女の子がそうだった。その女の子の上に、同様なダウン症のお兄ちゃんがいたが、ソノ子も小学校へ行く年齢になったとき亡くなった。

 女の子は、もうじき小学生の年齢であったが、バギーに乗せられて散歩していた。よく夜泣きもしていたが、「昨夜は泣いていましたね」と挨拶代わりにいうと、「うちの子は泣いていない」と強硬にいうので、二の句が継げなかった覚えがある。

 その女の子、赤ちゃんだったうちの子を見ると嬉々として喜ぶのだが、その子の目が引きつっていて、うちの子は、出会うたび泣くので困った。たぶん怖さ感じているのだろうが、それを指摘するのもできないので、なるべく会わないようにと思ったが。遊び相手のいない女の子は、うちの子をかまいたいと思っているのだろう。あるとき、母親がバギーにのっているうちの子をさらうようにして、女の子の遊び相手に自分チへ連れて行ってしまった。一時間か、その前後、危害が加えられるわけではないが、うちの子を返してくれないのには驚いた。その子の母親の苦しみを見た思いがした。

 ダウン症は遺伝子疾患であるため、根本的な治療方法は無い。ダウン症は遺伝子疾患及び染色体異常の中では最も発生頻度が高い。ただしダウン症に伴う合併奇形を治療すれば健康状態は改善することができる。
 アメリカにおける統計では、
20 - 24歳の母親ではおよそ1/1562に対し、
35 - 39歳でおよそ1/214、
45歳以上の場合はおよそ1/19と高率となっている。
 母体の加齢により発生頻度は増加。出産の高齢化によるものと見られる。
 数十年前までは、ダウン症者平均寿命が20歳前後であったが、外科的治療進歩して、現在では平均寿命も50年程度に延びている。

一日1回応援クリックお願いいたします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

|

« 増加する「引きこもり」現象 | トップページ | 遺恨あり 原作吉村昭 「最後の敵討」 »

コメント

こんにちは、医療ドラマも大好きなドラマ博士香菜子博士です
今度日本でスタートする山崎賢人君主演の医療ドラマ、グッドドクターはサヴァン症候群のドクターの活躍を描いています。
こういうドラマをきっかけに、サヴァン症候群のような精神障害、精神病への正しい理解が広がるといいなと思う。
自慢じゃないけれどグッドドクターは韓流のオリジナル作品(主演はチュウォン君)を見ました
山崎賢人君も大好きだから、チュウォン君とは違った形でGOOD DOCTORを演じてくれるのではって期待しているんです☆彡

投稿: ドラマ博士香菜子博士 | 2018年6月12日 (火) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 増加する「引きこもり」現象 | トップページ | 遺恨あり 原作吉村昭 「最後の敵討」 »