« 市議会議員のやるべきこと | トップページ | 昭和6年 銀座老舗 14歳の子守り奉公 »

2011年1月26日 (水)

異能人発掘 第二のソニー、ホンダ育てる  

Ws000001 インフィニティ・ベンチャー・サミットが毎年秋に行われ、日本の異能たちが集まってくる。江戸時代の佐久間象山とか、平賀源内に匹敵する異才が現代にもいる。それを発掘して、支援してベンチャー企業に育てあげる。この組織化が日本は遅れているから、その環境をよくしようという狙いがあるようだ。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

00170053 昨年10月、京都で行われたサミットで優勝した人と、もう一組惜しかった人を紹介していた。NHK「クローズアップ現代」を見て、「コレだ!」と思った。

この研究者支援が日本社会を変える。異能の人、隠れた天才の発掘をして、彼らを日本の活力にする。こういうことこそが、市会議員の仕事ではないか、そう思った。

0026_20027_2査しているのは、IT企業の幹部。いい技術はないか、いい人材はいないか、と鵜の目、鷹の 目、猫の目で彼らの技術を見ていた。

優勝したのは、事前から予想されていた本命であった。「株価の未来予測サービス」システムを開発研究した人に与えられた。突出したアイディアとそれを可能にした技術力が、過去最高の審査委員一致の満点、と評価され、出資者が彼のもとに集まって、名刺を交換していた。

対抗馬で惜しかった研究者は、奨学金をもらっている大学院生であった。二人組で高校生のときからの友達二人で、一人3万円の家賃で木造アパートに、暮らしている。

0042彼らの発表したのは、「面白いソケット」--電化製品にこのソケットをかませることで、自動的に電気消費量を計測して、アップロードして知らせる。計測チップと無線機能が組まれている。インターネットを介して、電気使用量を表示し、携帯電話で電源をオン・オフが可能なシステム。さらにほかのユーザーと結ばれゲーム感覚で節電できるアイディアが盛り込まれていた。評価としては、アイデァイは面白いが、製品として売り出すには、課題が多いので、優勝にはいたらなかった。

「株価の未来予測サービス」システムを開発で一位になった内山さん、内容紹介は控えめであった。以前、彼は、グーグルの検索の3年前に自前の「インターネット検索機能」を考えていたが、企業化するまでにモタモタしているうちに、三年後、アメリカのグーグルが検索エンジンが事業化して、先に行かれてしまった。アレヨアレヨと、先に行かれてしまった。

時々取材に訪れる会社、つい先ごろまでボロい会社だな、と思っていたが、少しうまくいくと、その無名の会社はエッ?と驚くきれいなビルを建ている。IT会社は、その変わりようにはスピード感がある。

そのときは、グーグルより先行していただけに、内山さん、相当悔しかったようだ。先に商業化してしまえば、後から「アレはオレのほうが早く着想した」と言っても、遅いのだ。悔しかったらしい。

一位受賞した研究者内山さんは39歳だった。受賞を逃がした二人組は30歳の同級生だ。いやはや、インターネットを利用した研究の前途は奥が深い。昔は「土俵に宝がある」「野球のグランドに金が埋まっている」とか、昔の人は言っていたが、インターネットをうまく使えば、世界の言葉を分析して、株価の動向にまで思いが及ぶとは、すごい。

この内山さん、世界地球上の現象が数式で見えると豪語していた。式を見ていた取材者は「この式は何を表しているのでか?」すときいたら、「私は説明するのは好きじゃないです」という意味を言っていたのには、?という感じだったが、天才は説明しないで感じる人にだけわかってもらうのだろうか。佐久間象山も、天才だったが、傲慢だったので、人から嫌われていた。内山さんも、そうならないように願う。

0052 NHKクローズアップ現代の国谷裕子は、シリコンバレーで活躍中の日本人ゲストは、渡辺誠一郎(ベンチャー企業経営者・技術者)を日本へ呼んで、番組を作っていた。渡辺誠一郎は、これから出てくる異能人の先輩だから、二位になった二人組が、受賞を逃しても、後から拾ってくれる人が出てくるのだと教えていた。

事実、ブラジルとか外国からのオファーがあったし、国内から事業を一緒にしようという申し出があった。奇想天外のアイディアが一番大事で、その芽を伸ばすシステムというか、素材を伸ばして形にしていくバックアップが日本には少ないので、それを作らないと、外国に負ける。そこを強調していた。

日本人の潜在能力ポテンシャルは、外国に比べても高いものがある。発想においてなんら劣ることはない。遜色はない。むしろレベルは高い。そういっていたので、日本の青年よ、やればできるのだ!

0020 司会の彼女国谷裕子の異能ぶりも注目に値する。NHKにいればこそだろうが、ほかの仕事はしていないのか、この「クローズアップ現代」でしか、彼女の姿は見ない。

国谷裕子:大阪府出身。幼少期は日本、アメリカ(ニューヨーク、サンフランシスコ)、香港で過ごす。帝塚山学院小学校を経て、アメリカのブラウン大学卒業(専攻:国際関係学、副専攻:国際経済学)。夫国谷史朗は弁護士(大江橋法律事務所)である。祖父田附政治郎は船場の田附商店の創業者。日清紡の前身湖東紡績も創業、大阪市に北野病院を開設。実父は銀行員。
 NHK『クローズアップ現代』では、2008年12月9日放送で、田母神俊雄元空幕長の論文発表に「航空自衛隊トップとしての自覚が無い」と発言。また、大原健士郎浜松医科大学教授は、「中高年の自殺」収録中「男は女に殺されているようなもの」と発言したところ、「本番では絶対に言うな」と国谷に口止めされた。

異能人つながり:平賀源内墓所 台東区橋場2-2-22  勝海舟の妹、佐久間順の人生 神田うの 異能の人理解できるか

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 
今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

|

« 市議会議員のやるべきこと | トップページ | 昭和6年 銀座老舗 14歳の子守り奉公 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市議会議員のやるべきこと | トップページ | 昭和6年 銀座老舗 14歳の子守り奉公 »