« 借金862兆円 日本崩壊 誰の責任 2 | トップページ | 12月8日 何の日 太平洋戦争開戦 »

2010年12月 7日 (火)

うつ原因はテストステロン欠乏

8774_3 「起」 総論 「うつ原因はテストステロン(男性ホルモン)欠乏」と言い切ると、言葉足らずだが、「当らずとも、遠からず」というところだ。逆にも言える。上の図では、テストステロンが不足して、ストレス耐性が低下して・・・となっている。「ためしてガッテン」を元に書いている。
①K君の場合、市内でも豪商といわれた家業の倒産から、元気がなくなり、私が最後に会ったときは、彼の顔を見て誰だかわからないほど、表情が変わっていた。
②I君の場合、肝硬変だったか、病気が進行して肌の色が茶色になっていたが、意気軒昂だったのは、好きな彼女のことを思い続けているから生命が持ったような話だった。
③S君の場合、学力の割りに仕事に恵まれず、プライドが傷ついていた。だからか、病気の対する耐性が下がっていたような気がする。

★読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

「承」導入 このテストステロン(男性ホルモン)が欠如する一連の症状を「LOH症候群」という。その症状が出ているか、ソレを調べる問診票がある。問診票で点数をつけてください。Loh

問診票で、50点以上になったら、すぐ医師に掛かることが必要である。テストステロンの作用について知られるようになったのは、ここ数年のことである。これは、「試してガッテン」の情報である。

同窓会で話題になるのは、病気のこと。最近、マンションの10数階に住んでいるから袋状の担架に包まれ、救急隊員に運ばれ、手術は腹腔鏡手術で肝臓の石の摘出したと親しい友人が語り出したら、病気話で盛り上がった。この歳になると、病気話が多くなる。若いときは、病気の話しはいやだった。もっと明るい話しをしないと、聞く耳を持っていなかったが、親しい友人が脳梗塞で倒れた話には身につまされた。

「転」:「承」を受けて話を広げる・・・・
事例A:急に元気がなくなった40代の男性、事例B:老衰のように歩くことすらできなった70代の2例を「がってん」では出して説明を始めた。

Aの場合、うつ病だと、医師は診断した。それで薬をもらい、治療しても一向に回復する気配がなく、4年も苦しんだ。Bの場合は、がんだろうと診断された。1年後、ある医師から「LOH症候群かもしれません」と診断されて、男性ホルモンを筋肉注射してからは、めきめきと病状がよくなった、と説明していた。

8748 テストステロンの作用を、まだ一般に知られていないから、それをマウスを使って見せていた。テストステロンの作用が欠けているねずみは、肥満、ストレスに弱いし、短命である。実験で、マウスの海馬にある神経シナプスを取り出して、示した。

87518752 明らかに神経細胞の様子が違う。男性ホルモン=テストストロンの減少が影響していることが明瞭であった。8756_3

テストステロンの働きが正常に働けば、ダビデ像のように、ビシっと引き締まった体型になる。

そのテストロンの働きは、
体毛、
筋肉、
認知機能、
ストレス耐性、
脂肪蓄積抑制、
血管機能、
骨形成
に関わる。従って、テストストロンが衰えると、肥満マウスのように、人間も体型が変わる。

アメリカで、重役はシャープな体型を保つのが義務のようにいわれ、意欲的な男性はフィットネスクラブに通う。自分の体型を維持できないと社会の落伍者に見られてしまう。

テストステロンの働きが減少してくると、
内臓脂肪の増加、
8761 認知力の低下、
抑うつ、
筋力の低下、
性機能の低下、
骨減少、
睡眠障害、
疲労癇が増える。それがガン、死亡リスクが高まる。

ストレスが長時間続くと、テストステロンの低下という原因になることがわかってきた。テストステロンをつくり出す精巣の働きが低下しても、治療法としては、男性ホルモンの補充療法(筋肉注射)が行われる。(専門医の判断で)

東京大学大学院(医系)秋下雅浩準教授は「男性ホルモンが低い高齢男性は死亡率が高い」と研究発表した。

87978799 体の精巣が衰えても、脳はテストロンを合成できる。脳の認知機能を高いまま維持することが可能だと思う。
 活発に会話したり、交流したりして、脳をなるべく使うことが、脳のテストロン濃度を維持していくのに一番いい。

88078814 テストストロンを補充する食品の紹介:その代表食品たまねぎ(ニンニク、ネギ類も可)の含流アミノ酸がテストストロンの働きを助ける。切ってから放置しておくと、成分が消えるので、素早く煮る。煮だし汁に流出しやすいのでその部分も利用する。

運動でも可能。「抜き足、差し足、忍び足」で部屋の中を1日10分程度歩く運動を毎日繰り返す。座ったまま、ひざを左右交代に顔につける運動。このとき、ひざに大好きな女優、あるいは男優の写真をおいて、チュウをするつもりで、ひざを持ち上げることを勧めていた。面白いアイディアだ。

「結」論:人が生き生き暮らし、生活の質をよくすることで、長生きできるのだ、ということ。ターゲットを見つけ、獲物を追いかける姿勢が必要だ。

「太った豚になるのではなく、やせたソクラテス」になるように、東大入学式で訓示した総長がいた。人間が生き延びたDNAには、飢えに強い種類が残っているはず。やりたい仕事、趣味をまい進して、欲をいえば、賞賛されて、社会に役立っているといわれたら、きっと・・・テストステロンも、男性ホルモンも、じゃんじゃん分泌される。張り切っていれば、それが循環してくれる。ということだ。

関連記事 ハゲは、胃がん 気管支ガンが少ない

★読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 借金862兆円 日本崩壊 誰の責任 2 | トップページ | 12月8日 何の日 太平洋戦争開戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 借金862兆円 日本崩壊 誰の責任 2 | トップページ | 12月8日 何の日 太平洋戦争開戦 »