« 弁護士 着手金30万、勝訴報酬40万円 | トップページ | データ入力 早くできる依頼方法  »

2010年9月 5日 (日)

NHK影山日出夫 知る人の証言

Photo NHK解説委員影山日出夫が局内トイレで8月11日に自殺してから、一ヶ月が経とうとしているが、一向に真相が見えないうちに、「一季節過ぎれば忘れるよ」人のうわさも75日というように、消えてしまうのだろうか。

読んだよクリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。

影山 日出夫(かげやま ひでお、1953年9月17日 - 2010年8月Kageyama 12日):京都府京都市出身。京都教育大学附属京都小学校、同中学校、京都教育大学附属高等学校を卒業後、早稲田大学に進学。大学在学中では早稲田大学グリークラブ。大学卒業後、1976年日本放送協会入局。NHK福岡放送局を経て、1982年に政治部記者となり、内閣総理大臣官邸、自由民主党担当記者。日本放送協会政治部副部長、日本放送協会解説委員、日本放送協会解説副委員長などを歴任した。
主な実績 『おはよう日本』(編集責任者)『日曜討論』(司会)

02 80年ころ、福岡支局にいた影山日出夫、宝くじが当たったという。それは、プレゼントされた宝くじだったが、抽選の見ていて、自分の券が「1000万円にあたった!」と知って、手がブルブル震えビールがコップに注げなくて、テーブルにこぼしたというエピソードを橋本大二郎が語っている。その1000万円をパーっと使って、みんなに奢った・・・という話は伝わっていない。多分預金しているだろう、という。

01_2Tjotteha週刊文春では、橋本大二郎元高知県知事から取材している。橋本大二郎は、同じNHK記者として彼の4年先 輩で、よく知っている。

0329cs朝日新聞『記者有論』で星浩が自ら書いている。星浩は、住まいが近くで、かつ同業者で現場で会っている。自殺の10日前、電車の駅で立ち話をしていると書いている。

影山日出夫の生真面目なNHK日曜討論の司会ぶりは、笑いも、おちゃらけはないから、私自身、敬遠しがちだった。NHKは、タモリの散歩「ブラタオモリ」や「日本語でGO」など、おかしさ、笑いの要素を取り入れてきたが、元来、硬いのがいいみたいなところがある。その代表のまじめさを絵にしたような人に見えた。

02_4 電車に乗っていると、「NHK解説委員の影山日出夫」は、同乗者に面が割れているから、彼は電車に乗って本を読むが、全部厳重にカバーをして、何を読んでいいるかわからないようにしていた。公平を期すNHK職員としてそれに気遣っている、と星浩に語った。そういう細やかな気遣いをしている人だった、と回顧している。

01_3 先輩橋本大二郎は、記者時代の仕事振りを見て、字が丁寧でデスクが彼の原稿は文句つけにくいと文句をいうような完璧な原稿を書くのだとか。そういう完全無欠な仕事をしようとしていた。だから、記者のトップ集団である論説委員になったのだろう。

NHKは正確さが身上だから、若い記者は徹底的に「文字、文章は」しごかれる。それに引き換え、私のブログは誤字脱字や氏名など、時々いい加減。(言い訳ですが)多少いい加減さもないと、気詰まりになる。友人である元NHK論説委員は、今も正確さを大切にしていて、注意してくれる。

03 ウツなど、神経を病みはじめると、きっと、いろんなNHK的なプレッシャーは重いものになるだろう。そんな折、官房機密費を彼が貰っているといううわさが立って、それを彼が気にしていたのではないか。地検が内閣府に問い合わせしたというニュース、そのニュースは現場にいる影山日出夫の耳に 入らないはずはない。

04_2NHKの壁は堅く、週刊誌の取材でそれを破ることはできないのか、いろんな記事読んだが、「影山日出夫自殺」に関して、NHKから出た情報源ニュースはほとんどない。そういうNHK身内のハジの情報管理は、鉄壁のようだ。

ウツをわずらっている身には、やましくなくても、ほかの人がどう思っているか、そんなことに気が行って、悩みが深くなる。だからどうした?と居直る図太さは、繊細な神経の持ち主には、それはない。

Ozawa0701052_2  そこへ、『日曜討論』の司会ぶりでも、結論の持って行き方が強引過ぎるとい05_2 う批判があり、それが影山日出夫の耳にも入って、彼の心を傷つけていたようだ。『日曜討論』の司会は、島田敏男解説委員と隔週交代でやっていたが、最近彼の出番を減らしていたという話がある。

それで、八月十一日、放送センター八階のトイレで首吊り自殺をした。というのが、週刊文春の記事である。NHK局内で死ぬのは、どういうメッセージか、その辺が、病気の渦中にいるとそこまで考えられないのか。

Bdy0912040733002p1 アナウンサーでウツだった小川宏も、自分のマンションから飛び降りる寸前とか、電車に飛び込む寸前だったが、かろうじて復帰した話を聞いたことがある。

国を挙げて、ウツの治療を国民病として、考えるべきだ。「晴耕雨読」という農耕を主にしていた時代、ウツのような神経症はあったのか。

読んだよクリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 弁護士 着手金30万、勝訴報酬40万円 | トップページ | データ入力 早くできる依頼方法  »

コメント

NHKは、タモリの散歩「ブラタモリ」や「日本語でGO」など、おかしさ、笑いの要素を取り入れてきたが、元来、硬いのがいいみたいなところがある。

投稿: | 2010年11月15日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁護士 着手金30万、勝訴報酬40万円 | トップページ | データ入力 早くできる依頼方法  »