« 参議院選挙 各党の動画事情 | トップページ | 生きる(監督黒沢明)主演志村喬 »

2010年7月 9日 (金)

政党間のバトルをYouTubeで見る

参議院議員選挙の投票を特に理由なく棄権したら、罰金1000円として、徴集したら、大きな財源になるのではないか。それを前から主張している。自分の立場、自分の気持ちを代表する政党はドレだ、となかなかわからない。それを、判断するために昨日と今日のページ(参議院選挙 各党の動画事情 を参考にしてもらえたら、と思っている。棄権の問題は 投票したら、1億円宝くじ 太田総理 2009.05.02 参政権は義務 棄権は罰金3000円 を参考にしてほしい。

読んだよクリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

「たちあがれ日本」の出陣式で石原慎太郎がスピーチをしている前を民主党の白眞勲の選挙カーが通りかかる。あとは、YouTubeでご覧になってください。動画作成者は、そのあと、日本創進党の中田前横浜市長を問い詰めるシーンを載せている。

石原慎太郎が在日朝鮮人・白眞勲と大バトルin新宿駅西口

白 真勲(はく しんくん、原語読みではペク・チヌン、1958年12月8日 ‐):日本の政治家。参議院議員(1期)。元朝鮮日報日本支社長。日本大学大学院生産工学研究科修士
東京都新宿区出身。日本人の母と韓国人の父の間に生まれる。元は韓国国籍。名刺には「母の国・ニッポン 父の国・韓国」と書いている。

韓国系の応援は、しつこい。日本人のあっさりした白菜漬けとキムチの違いみたいなものを感じる。これを全面に押し出してくると、外国人(在日韓国人)の地方参政権を獲得運動は拒否反応を起こしてしまう。永住権ではなく、参政権は帰化してから主張したらどうだろう。と思ってしまう。蓮舫も、自分が帰化しているせいか、帰化しやすい日本だから参政権は帰化したらいいじゃないか、という意見だ。

韓国の学生と何かの拍子に議論が始まったら、お互いの主張が折り合わない。長引いても話を終わりにできなくて、私が折れて妥協する始末。つまり負けたような形で終わらせるしかなかった。アレ、韓国の人の粘り勝ちだな、と思った経験だった。

創価学会公明党支配、メディアで報道されない現状 この討論会は、裏の事情が聞けて、かなりおもしろい。サンケイ新聞出身の山際澄夫が盛んに創価学会の日本支配が進んでいることを盛んに述べている。新聞社には、公明新聞の印刷依頼で財政支配、高級官僚へ創価学会会員の就職で内部へ入り込んでいる現実、裁判官にも、創価大卒の司法試験合格者が多数はいっている。

それらを含めて、日本で創価学会と公明党が一体だと言える人が少なくなり、発表するマスコミ、新聞、テレビ局が少なくなっている。その中で、貴重な人材が吼えている。

関連ページ : 投票したら、1億円宝くじ 太田総理 2009.05.02 参政権は義務 棄権は罰金3000円 2009.02.08 ブブゼラ大騒音で消費税10%増税  参議院選挙 各党の動画事情  無党派は「みんなの党」か「創新党」か  参議院議員選挙 楽しもう作戦

読んだよクリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 参議院選挙 各党の動画事情 | トップページ | 生きる(監督黒沢明)主演志村喬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参議院選挙 各党の動画事情 | トップページ | 生きる(監督黒沢明)主演志村喬 »