« 今夜も生でさだまさしin山梨 | トップページ | ブラタモリin早稲田界隈 »

2010年5月30日 (日)

無党派を 甘く見てもらっては困る!

無党派を 甘く見てもらっては困る!単なる浮動票ではない。与党民主党にも、野党にも、にらみをきかせて勝手なことをさせないために存在していることを知ってもらいたい。

今から15年前、平成6年4月、社会党・公明党・民社党・社会民主連合・民主改革連合の各党派と連立政権、これは非自民党として、貴重な実験のような政権だった。それも、あっさり、細川の殿さんが夜中に消費税構想を発表したとたんに、ガタガタと崩れてしまった。熊本の殿様は粘りがない、と痛感したものだ。あのとき、およそという意味で使った「腰ダメの数字」という単語を知った。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

自民党が、非自民連合政権から弾かれた社会党の村山さんを首班にして連立政権をつくった。ところが、あの連立で社会党は憲法解釈を変えなければならなくなった。「違憲自衛隊」が「合憲自衛隊」になって、多くの国民は社会党の変節から社会党から離れてしまった。社会党の原理原則をやめたことで崩壊してしまった。

あの時期の教訓を学んで、今回、三党合意である沖縄基地の国外に持っていくことにこだわった。社民党福島さんは、スジを通さないと党のアイデンティがなくなる。社民党そのものが消えるということを知っているから、鳩山さんに罷免される形で、この日米合意に逆らったも、社民党の意見を貫いた。茨の道だが、やるしかない。

鳩山さんの政治的手腕の老練さがないのが一番の問題かな、と思っている。5月に決着、結論を出すと言って、自ないだろう。彼は正直すぎて、自分で手足をしばってしまった。そりゃ時期が明確で早いほうがいいに決まってしるが、アメリカ(軍事的都合)、沖縄地元(騒音、危険)の合意を得るのは、時期区切ってスケジュールとおりに決まるはずがない。十年以上政治家やっていれば、わかることが、わかっていない。

首相になる人には、なったときには何をするか、予め順序を決めておいて、それを突っ走る。首相になると期している人は、それがやりやすいこととか、大向こうの拍手喝采を得られる事業はなにか、リサーチしながら進めていくように考えるべきだ。沖縄基地問題を着手するなら、決着をシュミレーションしておくべきだろう。

コレくらいのことは、鳩山さんくらい政治家の家で育っていれば、わかりそうなものだが。そういかないのは、なぜだ。県議会議員で老練な議員のほうがよっぽど賢いのではないか。つまり政治家がよく使う「絵を描く」という言葉のように、「普天間基地の海兵」をどうするかで、沖縄を味方にするか、敵に回すか、分かれてしまう。

人の失敗をあげつらうのは、簡単だが、自分としたら、どうするか、考えてみた。

①鳩山さん(民主党案)を実行するとなると、これは沖縄から米軍を追い出すこと。だから、60年安保、70年安保クラスの反米運動を全国規模で展開しない限り、実行できないだろう。今、それだけの反米運動に動員ができるか、ということだ。安保条約を廃棄するには、再度沖縄で地上戦をするくらいのエネルギーがいる。それには、そう望む人が70%は必要だ。

60数年前の太平洋戦争では、沖縄戦で総司令官牛島大将が自決するまでの犠牲を日本内地の大本営は強いた。沖縄を日本のために犠牲にしている内地の意識は、今も、60年前も同じだ。我々は、米軍基地を沖縄においておけば、安全だと思うこの神経、なんとかしないとダメだ。

②首相の言葉が軽い。「命を賭して」「基地を外国へ、少なくとも県外へ」という言葉が、案外平気で使って、その裏づけがない。言葉と実行が一致していなと、政治家、特に首相になる人は、実行するためにロードマップができていなと、いけない。

こうなると、民主党への失望は、自民党の時より大きく感じる。せっかく、自民党の垢を落としている最中だから、今一度、岡田さんあたりに党首になってもらって、仕切ってもらいたいと思っている。彼がいちばん清潔な体質だし、勉強していると聞いている。

ただ、大企業イオンの親族で、保守の体質であることは変わりないが、比較的マトモではないか、と思っている。国の経営では、官僚の考えと似て、消費税は10%という考えを持っている。それを覚悟して選挙しないと、だまし討ちのような気分になる。

安定化のために民主党政権の維持を期待しているが、権力を握ると、まるで民主党も自民党も政治手法がまるでそっくりだ。これは、以前から代議士をやっているような人は、強行採決なんか、当たり前の感覚になっいる。王道ではなく「権道」政治になっている。これは問題だ。

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 今夜も生でさだまさしin山梨 | トップページ | ブラタモリin早稲田界隈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜も生でさだまさしin山梨 | トップページ | ブラタモリin早稲田界隈 »