« 女の生き方 夫のいない家で何をする | トップページ | 黒柳徹子の信念と恋愛経験 »

2010年4月 6日 (火)

雅美は、いかに久本雅美となりしか?

0173 今や、飛ぶ鳥も落とすほどの勢いで、レギュラーだけでも週5本はある。その彼女が一夜にして今の地位を築いたわけではない。練習で、ダメだしを繰り返1432 され、怒鳴られ、叱られ、泣いて下宿は帰ったことも、一回や二回ではない。同居していたルームメートが語っていた。NHK

「読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

0363_2  久本 雅美(ひさもと まさみ1958年7月9日 - ): タレント、司会者、コメディエンヌ、女優。
愛称は「マチャミ」。大阪府大阪市平野区(生まれた当時は東住吉区)出身。
0462WAHAHA本舗所属。身長154cm、体重37kg、血液型A型。大阪市立加美小学校、大阪市立加美中学校、大阪府立勝山高等学校、金蘭短期大学国文科卒。三人兄弟の長女で、6歳下の妹(久本朋子)がいる。
 短大卒業後、親の反対を受けながら、上京して佐藤B作の劇団東京ヴォードヴィルショーに入団。 1984年、同劇団のメンバーだった柴田理恵や佐藤正宏らと共にWAHAHA本舗を設立。以後、舞台だけでなくテレビ番組の司会やゲスト、ドラマ、CMなどへ出演。
1984年に宗教法人創価学会へ入信し、現在は創価学会副芸術部長の要職と女子部区主任部長。

1523  可愛いと言われるより、面白いといわれるのを好む大阪で育った。幼い頃から、人を笑わせるのが大好きだった。
 小学校時には、自分で台本を書いて、グループを作ってみんなの前で演じて、大爆笑をとるなど、面白い子であった。あるとき(中学生頃)吉本興業でシロウト漫才コンテストで優勝して、ますます喜劇に目覚めた。

1226大阪人の特徴として、何かというと「ツッコミとボケ」これを意識しないで身につけて、それで会話している。それが丁丁八止とやりあう。生きのいい会話できる人のなかでも、一番になるのが、喜劇を志す。短大生くらいの年になって、東京の友だちの家へ遊びにいったとき、佐藤B作主宰の東京ボードビリアンショーを見た。

そのとき、東京の喜劇は洗練された笑いに触れて、なんや大阪のコテコテの笑いとはまるで違う。電気ショックを受けたような驚きだった。それで、すぐにその日のうちに、入門をお願いした。その行動の素早さには驚くが、将来芽の出る人は、とにかく実行ある。ここがウジウジしない。

団員になったからって、給料をもらえるわけではない。正式な団員で演劇ができても、月5万円もらえれば、いい方だ。一日演劇練習してクタクタになってから、漫画喫茶のバイトとか、コンビニ店員とか、生活費をかぜぐために身を粉にしてはたらくのが当たり前だった。

0254 ライバルとして団員に柴田理恵がいた。彼女はキャラクターが決まって、自分の型があった。20代から40代までを演じる。大学で演劇を学び、学生時代から演劇部で活動していた。それに控え、久本雅美は少し可愛い風貌からお姫様、可愛い役を振り当てられていた。

東京へ出てきたからには、標準語、東京弁で演じて練習したが、笑わせる演技をしようとすると、中途半端になった。先輩から批判が遠慮会釈なく飛んできた。

2206 その頃、本当に毎日怒られていた。
「何がおもしろいのか、どうしておもしろいのか、何がやりたいのか、それがお客さんに伝わるのか。」
人に笑ってもらうのが、ものすごく好きだったのに、人に笑ってもらうのが、どれだけ大変か?子供の頃から、お前はおもしろいと言われ続けてきた自信が、根底から揺らいでしまった。

先輩団員は、本格的な演劇を目指していたが、若手は笑いからできる演劇を目指すことで、方向性の違いから、東京ボードビリアンショーから脱退を画策していた。柴田理恵、久本雅美、佐藤某、喰始くいはじめ(ゲバゲバ60分の脚本家)が参加した。

1143 このころか、柴田理恵もフロナシアパートに住んでいた。アルバイトを終えて、遅く帰ってきたら、銭湯へも行かれない。流しのシンクに水を貯めて、そこで体を洗っていた。ちょうど、秘所を洗っているとき、ガラっとあけて男性団員が入ってきて、そっくりすべてを見られてしまった。という話しを以前柴田理恵は身振りを混ぜ手説明していた。

NHKの番組だから、ここで内部分裂した詳細は説明は抜きだった。佐藤B作に叛旗翻し、その後、佐藤B作とは、柴田理恵・久本雅美は没交渉で20年くらい続いた。ある番組で、B作が入院しているとき、分派したワハハ本舗のメンバーが見舞いに行く・・・と、入院で気持ちが弱っていたせいか、B作は柴田理恵・久本雅美の見舞いに涙流して、喜んでいた。それで、過去のいざこざを水に流して、今後仲良くして行こうと語り合っていたが、それは今後の実績みないと、なんともいえないが。

2650分裂して「ワハハ本舗」をつくってから、久本雅美は、一転開眼したわけではない。先輩の脚本家喰始くいはじめは、久本に彼女の素質を見てアドバイスした。

普段の久本は本当に面白い。この性格が生かせないか。喰始くいはじめは、「演劇は非日常であるが、久本は日常自身が非日常だから、そのままの姿を舞台に上げてしまえばいい。そのまま、舞台でやれ」と指示した。

20090767今まで、大阪弁を封じていたのを止めて、一度全てをぶっ壊してみようとなった。二人羽織りを演じた。そこで、可愛い役のキャラクターが壊れ、大いに受けた。自分自身でも、内面にこだわりのあったカラが壊れたという自覚ができた。

Img_0940_2もう一つ、喰始くいはじめは、団員に脚本を書かせて、自分の演じるものを書かせ、それを演ずるようにした。脚本をつくることで、その劇の良し悪しも、役者自身の責任になる。成功したときの喜びが二倍、三倍になって、自分の自信になってくる。こうして、自分のキャラクターを創り、その台本を書くことで、確信して「久本雅美」が出来上がってきた。

O0581043610157711713 久本雅美が悩んでいた時期に創価学会に入ったようだ。そして池田大作のアドバイスもあって…というが、どこまで本物かわからないので、その点は避ける。

西田敏行と久本雅美の、演劇からテレビへ進出したとき、仲間との軋轢や時間がとれずに迷惑かけるなど、売れる人の悩みをお互いにわかりあって、西田も涙もろくなってさ、そんなお「お涙頂戴」インタビューでまとめてしまっていた。これは、番組の限界だね。

この番組を見て私が消化不良に感じたのは2点ある。①東京ボードビルショーとの分裂内紛、そして、
②創価学会の宣伝塔として利用されていることに
 どう考えているか、だ。久本雅美の自覚を追及したいだろうが、現状ではNHKも手控えている。

「読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 女の生き方 夫のいない家で何をする | トップページ | 黒柳徹子の信念と恋愛経験 »

コメント

私の名前は、富田益至
昭和33年7月11日生まれのO型
そして私も平野区(旧・東住吉区)久本雅美様と同級生なのだろうか? 病院でも貴女の父を見た

富田益至様
1958年昭和33年)は
4月1日 - 売春防止法施行。
4月5日 - プロ野球長嶋茂雄デビュー戦、4打席連続三振(投手金田正一)
7月9日久本雅美(53歳)誕生
9月11日 日米安全保障条約の改定に同意
11月27日 - 皇太子明仁親王と正田美智子の婚約を発表。(正田家と皇室直通電話設置)
 こんなことがあった年でした。

投稿: 富田益至 | 2012年6月10日 (日) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女の生き方 夫のいない家で何をする | トップページ | 黒柳徹子の信念と恋愛経験 »