« メール携帯電話の前 手紙時代 | トップページ | 井上ひさしの人生と DV離婚&再婚 »

2010年4月10日 (土)

新党「たちあがれ日本」は期待できるか

1078 10日午後、新党「たちあがれ日本」の結党記者会見となった。石原慎太郎東京都知事(右端)。左から中川義雄参院議員、藤井孝男参院議員、与謝野馨元財務相、平沼赳夫元経産相、園田博之衆院議員。応援に入っているのは、渡辺恒雄(読売新聞主筆)、石原慎太郎(東京都知事)。

「たちあがれ日本」結党メンバー経緯
(代表)平沼赳夫元経済産業相(70) =衆院岡山3区
(共同代表)与謝野馨元財務相(71)衆院比例東京
園田博之前自民党幹事長代理(68)衆院熊本4区
藤井孝男元運輸相(67)  参院岐阜選挙区(4)、
中川義雄元副内閣相(72)参院北海道選挙区

「読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

根幹は、今の民主党を引きずりおろし、
自主憲法制定(憲法九条の改定)、
消費税増税、(赤字ツケを国民に押付け)
これら二本柱を早急にやって日本をしっかりした国するのとが、狙いである。

コテコテの保守、自民党体制を固めてきた渡辺恒雄は、これ以上、民主党の世界が世に普及してしまうと、任意契約のように甘い汁が吸えない。これを何がなんでも、民主党が参議院でも過半数を占めると、裁判所から、キャリア官僚から、警察OBまで自民党系の人脈で固めてきた縁故が、崩れてしまう。コレはたいへんだ!

今の野党自民党が政権を取り戻すことが困難になっているから、せめて民主党の絶対過半数だけは阻止しないといけないと必死こいて、見苦しいかぎりだ。

自民党をこれ以上壊さないで、それでいて、民主党を伸ばさせないという、ヘンな論理で純粋右翼、国家主義右翼、神国天皇崇拝超保守が平沼赳夫が、信念を貫いていたのが、与謝野晶子の孫与謝野馨がアメリカ自由経済の保守主義者がくっついたので、「新党たちあがれ日本」の方向性が疑問視されている。

1113だから、清潔、やる気、という党の姿勢だけで一致しようとしている。これでは、党の中身が一体どうなっているか、プロの議員にはバレでしまっている。

平沼赳夫の子飼いのように可愛がられていた、静岡二区で無所属で勝ち上がってきた若手城内実が入ろうとしないことに、すでに疑問符がつく。平沼赳夫さんが動けば、当然付いて行くと思う。

参議院で民主党の単独過半数を阻止にだけ走っているのが明瞭すぎて、それに与謝野馨が動いているのが、彼の良識にかげりを感じる。東京1区(小選挙区)で民主党海江田万里に負けて、比例で救われ、自民党の枠で当選している議員だから、自民党から党籍離脱したら、議員を辞めなきゃならない、という論理になる。そこを突かれて、どういう気だろう。

このまま新党を進めても、議員5人いても、参議院を辞める予定の選挙で減るじゃないか。平沼さんの無所属暮らしを貫いた人と違って、ずっと自民党の陽の当たる場所にいた与謝野さんに「当選議員ゼロ}という現実が突きつけられたら、落ち込むよ。自民党にいたほうが良かった…になりゃしないか。

46011p1_2 新党「たちあがれ日本」の結党記者会見でポーズをとる石原慎太郎東京都知事(右端)。左から中川義雄参院議員、藤井孝男参院議員、与謝野馨元財務相、平沼赳夫元経産相、園田博之衆院議員=10日午後、東京都内のホテル

「たちあがれ日本」は、もっと主張を明確にするべきだ。
自主憲法制定
(憲法九条の改定)、これは、中国や北朝鮮に軍事的も負けない国つくりを考えているが、国民を叱咤激励。戦前の日本の基本構想とどう違うか、説明できるのか。
消費税増税、これは赤字ツケの責任を明瞭にしないで「一億総懺悔
」思想の延長で、国民に押付ける。消費税を上げる議論の前に、無駄削減と同時に、もうけている企業は国をもっと支えるように政権政党は主張するべきだ。

政治する人々① 鈴木寛講演会 民主党政権に群がる人々   小沢一郎の年頃になると思うこと  ゼネコン、マザコン、日教組で長崎敗北  外国人参政権 攘夷派と開国派  消費税値上げ以外に打開策ないか  踊らされた相楽総三と赤報隊  日本の大借金と 国民一億総懺悔  税金高い社会か、税金安い自由の国か 参議院でボタン代理投票 幸福の科学 国政進出、第二公明党か   

政治する人々② 沈没船から逃げ出すネズミ自民党末期  東京12区,、神戸8区、叛乱茨城県6区  渡辺喜美「みんなの党」 がんばれ  東京1区海江田万里 与謝野馨 誰が勝つ   自民党のネガティブキャンペーン  勝ちすぎ民主党、4年間は選挙しない?  民主党のエースになるか、福田衣里子  鳩山一郎後援会長だった叔父  直接民主主義 区議市議会は不要  葛飾区議選+区長選挙の結果  機密費2億3千万円の行方 追及せよ  

「読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« メール携帯電話の前 手紙時代 | トップページ | 井上ひさしの人生と DV離婚&再婚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メール携帯電話の前 手紙時代 | トップページ | 井上ひさしの人生と DV離婚&再婚 »