« 韓国併合までの安重根と伊藤博文 | トップページ | 語らざれば、憂いなきに似たり 五木寛之 »

2010年4月21日 (水)

日中韓三カ国で500漢字の共通化

Photo 日中韓賢人会議があると知らなかった。テレビで報道していたのだろうか。この記事は日経新聞で読んだだけだ。(開催地は奈良、日本経済新聞、新華社、中央日報主催)討論されたのは、①金融・財政・経済統合、
②環境・エネルギー、
③文化・教育・民間交流の分科会。

読んだよ!クリック」よろしくね! 
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

  漢字国である日本、中国、韓国が漢字を共同で同じ漢字500から始めて、共同の意味を持つ漢字を使えると、ずいぶんコミニュケーションのツールとしては、便利だ。

 私が「中国簡体と日本略字からアジア連合」で述べているように、漢字は中国から日本へ韓国へ来たものだから、共通している。漢字は政治的な色合いがついていない文化であり、これをきっかけに東アジア共同体の入口になる。「東アジア共同体は 夢のまた夢か」で、「大東亜共栄圏」を知っている私には、東アジア共同体はむりかな、と思っていたが、EUがヨーロッパに成長しているのに負けそうな状態でアセっていたが、「日中韓賢人会議」でいい方向へ進みそうで、楽しみになった。

 文化人だけでは、実行力がないから、これが政治のトップにその気がないと進まない。それを真剣に取り上げてもらいたいが、数年見守っていたい。中国政府が本気に日本を友だちになりたいと思ってくれたら進む。日本人が「大東亜共栄圏」意識(日本優位)を捨てれば、アジア諸国の人を尊重して、EU以上に親密な関係ができる。

日中韓から漢字500字は「始めの一歩」これから進む。小中高大の人から始めたら、十年で相当変化する。楽しみだ。

日清戦争で日本人の意識が変わった  中国語になった日本語(外来語)  中国簡体と日本略字からアジア連合   東アジア共同体は 夢のまた夢か  中国地名、人名の日本語表記で知恵 

 「文化・教育・民間交流」では、日中韓三カ国共同で使用する必須う漢字を500字程度選び、これを教育に採用しすれば、活発な交流に役立つと、中国の中国人民大学長(紀宝成)と韓国梨花大学長(李培鎔)提案した。コレに日本も賛成して、準備する専門委員会を設置する案が出た。

06 ①お互いの国の歴史的遺跡を回る小中高大学生のツアーを考えたらどうか、という意見も出された。各国100人で300人のツアーを提案された。②反日、反中の感情煽るインターネット上のグループの活動を規制するサイトを立ち上げるべきだ、という移管もあった。
③賢人会議メンバーの堺屋太一から「日中韓持ち回りの文化博覧会を開催」を提案した。

東アジア共同体への期待 日中韓三カ国で500漢字の共通化   東アジア共同体は 夢のまた夢か   中国簡体と日本略字からアジア連合   

読んだよ!クリック」よろしくね!
   ↓   ↓
人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 韓国併合までの安重根と伊藤博文 | トップページ | 語らざれば、憂いなきに似たり 五木寛之 »

コメント

東アジア共同体への期待 
日中韓三カ国で500漢字の共通化 東アジア共同体は 夢のまた夢か 中国簡体と日本略字からアジア連合

投稿: 日中韓台 共通漢字 | 2012年8月25日 (土) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 韓国併合までの安重根と伊藤博文 | トップページ | 語らざれば、憂いなきに似たり 五木寛之 »