« 映画おとうと 吉永小百合の魅力 | トップページ | 伊達公子を目指すタマゴたちの葛藤 »

2010年3月 1日 (月)

外国人参政権 攘夷派と開国派

0285外国人に(地方)参政権を認めるか、という問題は日本人の思想の踏み絵みたいな要素がある。賛否真っ二つになっている。外国人の参政権を認めるのは甘ちゃんの大バカに見えるし、反対派は攘夷派、異分子を認めないガンコもんに見える。どっち付かずの浮動票的な目から、まず各派の実情を見ようと思う。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

0250 特に、これは特別永住権を持つ韓国人韓国民団の主張から始まっている。永住韓国・朝鮮人47万人、永住中国人14万人いる。次はブラジル人。永住権を持つ外国人は全体で90万人程度いる。

遡ること100年の韓国併合から問題の根っ子にある。日本へ強制連行された朝鮮人の子孫が日本に残っている、という歴史的な根拠とする側とそれは違うとする人がいる。

0236それが法案として、何度も提出されている。なぜか、特に公明党の提出回数が群を抜いている。在日韓国人から支持されているのだろうか。自民党からは、一度も提出されていない。これも不思議な事実。

賛成派は顔写真。  反対派は、顔写真。

03260305 朝鮮人(韓国人)の自己主張の強さ、しつこさを日本人が嫌う実例が、竹島(独島)の領有権問題で、既成事実を作っている現状からすれば、対馬で韓国人が増えてくると、参政権の行使する場として意図的に韓国人を増やして地方議会を操作するのではないか、と稲田某女が危惧する。

02610265 赤松農水大臣は、民団の記念式典で、地方参政権を外国人に与える法案は「お約束」だと、衆議院選挙に応援してくれたお礼だと言った映像が出てしまった。

その事実を踏まえて「約束」と何か、と小池百合子元防衛大臣が追及した。赤松さん、苦しい答弁をしていた。個人的な心情として、と辛うじて逃げた。民主党の中でも、社会党的な要素の強い人は外人の参政権に寛容だが、本籍地が自民党にある人は反対する。

たけしのTVタックルでは、韓国から来ている女性の東海大準教授金慶珠(キムキョウンジュ)、中国から来ている東アジア評論家張景子さんを呼んで来て、三宅さんら反対攘夷派が必死に怒っていた。

金慶珠(キム・キョンジュ/1967年 - ):韓国人で、東海大学教養学部国際学科准0269教授。専門は社会言語学(メディア論、朝鮮半島の文化と社会)。韓国ソウル生まれだが、少女時代を兵庫県芦屋市で過ごすなど日韓両国に長い在住経験を持つ。日韓両国語のネイティブスピーカー。
梨花女子大学校社会学科卒業。韓国外国語大学校大学院修士課程修了。 東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士論文「場面描写談話における話者の視点 : 日韓両言語の表現構造とその中間言語への影響について」により「博士(学術)」(2005年、東京大学)。同論文により、韓日仏教文化学術賞を受賞(2005年)。 2002年より東海大学専任講師。 Wikipedia参照

張景子:中華人民共和国出身で、朝鮮族。アナウンサー出身の日中韓専門家。稲311川素子事務所所属。 2008年に日本に帰化した。
1986~1990 北京外国語大学 日本語日本文化専攻
1999~2001 東京大学大学院 修士課程 地域文化研究
2001~2005 東京大学大学院 博士課程 地域文化研究
2010年3月1日、テレビ朝日ビートたけしのTVタックルにおいて、日本国憲法15条1項を朗読。大幅に改ざんされたもの、と出演者から即座に指摘がされたが、「日本国憲法15条1項です。ちゃんとここに書いてあります。」と最後まで認めなかった。
Wikipedia参照

反対攘夷派は、理屈ぬきで「日本が乗っ取られる」という勢いが0245_2 いいが感情的に見える。サンケイ新聞上がりの山際さん、大御所の三宅さん、なんかは、そのクチ。張景子が日本に帰化しているのを弾みで「(中国共産党の)残置諜者」と言い出したので、最初から開国派の油に火をつけた。

0277_20300 三宅さん、ジョークのつもりで言っているのに、張さんの隣りの金慶珠(キムキョウンジュ)さんも、韓国人独特の粘っこい論調で迫るから、日本人男性は辟易とする。

今回でなく、以前も三宅さん「(金慶珠は)美人だが」と頭につけて、その勢いを止めつつ「結婚できない」というようなことを遠慮会釈なく意見を述べる。日本男性陣は理屈をいう女性が嫌いで押され気味。

「中国は反対政党を認めず、選挙を一度もやったことがない。」と、共産党以外の政党を認めない中国の弱点、この事実を三宅さんは何度も指摘する。そんな国民が、参政権を日本国内で行使することの危険性を強調する。

私のところに、中国人の友人が遊びに来たとき、たまたま小学校の前を通ったら、選挙の投票日だった。「見たい」というので、中をのぞいて投票の様子を見た記憶がある。中国では選挙が行われていないのに、日本では一般国民が選挙でどう行動するか、それを知りたかったのかも。

中国では共産党以外の政党がないから、法輪功のような政党に近いものが生まれると、弾圧するのがその理由だろう。その過去の歴史からして、反対政党が生まれて、政権の崩壊になるのを一番恐れる。

0318 稲田朋美議員は、長野で聖火リレーをやったとき、中国人が動員されて、あっという間に日本人の何倍もの中国の赤い旗でいっぱいになった例を取り上げ、参政権を外国人に与えたら、地方議会を支配して、それが国政へ及んでくる危機を訴える。その中心人物になっている。

03190320 韓国の主張は、粘っこくて竹島の領有にしても、事実に立脚しないで感情でゴリオシで今では竹島(独島)を要塞化して立ち入らせないような島にしている。このオジさんのように対馬も韓国の領土だと主張する気でいる。そういう感じの国だから、地方参政権でも、外国人参政権はトンデモナイ、と日本人が思うのはムリもない。

0267 ところが、日本人の良識ある理性的な人は、在日韓国朝鮮人には、長いご苦労をかけたから、それに報いなければいけない、という気持ちがある。日本語しか使えないし、韓国に生活基盤もない。意識も故郷の韓国とは違うしと同情的だ。日本を韓国や中国本土からコントロールされる存在ではない。という。

0324 その面で見れば、ブラジルに溶け込んだ、日本人のあり方を見れば、案外当っているのではないか。ブラジルで日本人が地方議会に進出したり、国政にかかわることが可能になり、それによって日本をどうのこうの、ということはない。

昔、日本が鎖国していたDNAが日本人の体の中に染み込んで、外国人というと「攘夷」が目覚めてくるのだろうか。「攘夷」というと、日本の権利や財産、「天皇」を守っているような意識があるのかもしれないが、どうも「ムード」気分にゆり動かされている気配がある。

近い将来、いやおう無く、日本国内にチャイナタウン、リトルコーリアが出来るさ。もう(新宿区)新大久保に韓国人町がある。日本人町が、かつてはキリシタン大名たちが逃れてタイに日本人町ができた。今ではサンフランシスコに日本人町があるような地球になるにちがいない。今行なわれいる議論は無駄かもしれない。

参政権を希望するなら、日本に帰化してほしい。この主張はよくわかる。しかし、ブラジルの日本人がブラジルに帰化してしまうのはなんか寂しいが、しかたないか。ブラジルで活躍するなら。まあ、日本の国内法に従って、日本を愛する人なら認めましょう。そして、日本語を話せることも条件にしたい。バイリンガルの日本人を多くして、世界の架け橋になってもらいたいものだ。その上で、地方参政権を行使してもらいたい。

参政権の付与の問題と少しずれているが、ドイツでは、外国人特にトルコ人の流入が多くて、かなり制限して、日本人が行っても就職ができないのが普通。そういう労働者が来ると、彼らはイツ人より子供を生むのが多く、学校が必要だったり、行政の負担になるから、嫌われている。外人の入国制限をしている。

中国外交使節150名アメリカへ乗り込む  アメリカ海兵隊って、どんな軍隊?  東アジア共同体は 夢のまた夢か  中国簡体と日本略字からアジア連合 天安門事件と中国政府の体質  国のない民族 クルド、チベットなど 中華民族の国家造りの問題点 温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い   「ロシア油田」中国と競合から考える 怨みに徳をもって報いる 以怨報徳 日清戦争で日本人の意識が変わった 胡錦濤主席 サミットをキャンセル帰国 チベット暴動 他山の石

もうケンカはすみましたか 毛沢東 天安門事件と中国政府の体 毒入り餃子で 中国に負けるな ダライ・ラマ東京で語る記者会見  ちばてつや満州体験語る ちい散歩  中国語になった日本語(外来語)  温家宝 氷をとかす旅 裏の狙い    講和条約 日本は占領されていた  ジャッキーチェーン「中国人は管理せよ」  中国とアメリカの間の日本の立場

 ホットマネー石油へ流入大暴れ オバマ アメリカ大統領当選スピーチ ビッグ3アメリカ自動車産業の衰退原因 ホリエモン、村上世彰がアメリカ経済  ニューヨーク発 基軸通貨ドルの没落   100年に一度の不景気 クローズアップ現代   投機資金を封ぜよ現代社会のガン  国家予算の1割貯蓄から日本再建   外国人参政権 攘夷派と開国派 田原総一郎の北朝鮮観  プーチン外交の日本ターゲット 

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 映画おとうと 吉永小百合の魅力 | トップページ | 伊達公子を目指すタマゴたちの葛藤 »

コメント

 偶然このブログを拝見しました。
 テーマになっている番組を私も見ていましたが、いずれの側の意見にも首肯できる部分がありました。

 ただ、この問題は一旦踏み出してしまうと後戻りできない性格のものではないか、と思います。従い、話を進める場合にはあらゆるリスクを潰しながら一歩々々具体化していくべきでは、と愚考しています。
 短兵急な議論は避けるべきではないでしょうか。

投稿: 通りすがりの中年 | 2010年3月 3日 (水) 10時07分

通りすがりの中年様
そういう理性的な意見が一番いいのですが、そういうジェントルマンの意見が一番押しが弱いので、どうにも力にならないのが現実なのです。意見としては正しいのですが。
 そういう理性的な人が99%になれば、エネルギーを持つでしょうが、過激な意見は10%あると、事態が動いてしまう。そういうことが政治の世界ではある。その10%の暴走を抑えるには、理性的な意見をいつも声上げているだけの団結、挙兵が必要なんだろうと思っています。
 理性的な発言が行政、立法、司法に届いているか、これははなはだ疑問である。

投稿: nozawa22 | 2010年3月 3日 (水) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画おとうと 吉永小百合の魅力 | トップページ | 伊達公子を目指すタマゴたちの葛藤 »