« 傷痍軍人という生き方 | トップページ | 松本清張「書道教授」脚本ジェームス三木 »

2010年3月26日 (金)

経済破綻の北朝鮮

Photo_3 デノミの実施で北朝鮮の経済が混乱した。それを任務として実行した責任者は、銃殺で処刑された、と聞いた。

「読みましたよ」クリックをよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

戦争に負けて国土が荒れて困窮の極みだった頃、日本の人々はどうしていたか。元気な人は、おばさんだって、トラックを使って、食糧や衣類、燃料をかき集めて運んだ。それを小売商店へ卸していく実務に長けたものが儲ける。昭和20年代の日本がそうだった。

座して死を待つより、なんとかしなければならない。とにかく、強引に人を押しのけて、我先に乗り込まないと汽車には乗れなかった。汽車は満員だから、デッキに人がぶら下がっているのは、ごく当たり前だった。列車の屋根の上に乗っていた。屋根に人が乗って、トンネルに入るところで人がぶつかって死んだというニュースもあった。そんな時代が日本にあった。

北朝鮮の内情はわからないが、窮したときに人がやることは同じようなものだから、昭和20年代の日本で起きたことが、まあ、今の北朝鮮の状態ではないか、と想像している。よくなる兆しがない分、もっと苦しいかもしれない。

日本では、回りが海だから、亡命ができないが、北朝鮮はこれからますます脱北、亡命が多く起きてくるだろう。中国の一部を脱北者の難民キャンプ場化していくべきだ、というのは、韓国へ亡命した北高官黄長燁ファン・バンジョブ)氏だ。金正日が倒れたとき、その時が権力掌握する上層部で争いがおきて、政権の分裂が最後の姿になる。集団脱北 北朝鮮国境警備兵20名:

路チューで云々されている拉致担当大臣中井洽の招きで黄長燁は、4月上旬に来日することにきまった。黄長燁ファン・ジャンヨプ 脱北高官 来日

北朝鮮では、ルーマニアのチャウセスク大統領夫妻のような殺されて方をして、政権打倒劇が起きるとは思えない。民衆が蜂起して政権奪取する動きは期待できないから、上層部の権力闘争が崩壊につながるだろ。そうすると、金正日の思想より、もっと過激な亜流が出てきそうだ。

北朝鮮問題の理解① 南北交通遮断した北朝鮮 末期症状  北朝鮮の窮状 ここまで来た   北朝鮮ミサイルを撃ち落せないか?  日朝平壌宣言 平成14年9月17日   日朝平壌宣言 捨てるより生かせ  北朝鮮核実験でお手上げ アメリカ 国連  田原総一郎の北朝鮮観  コメント あなたは在日朝鮮人ですか?  北朝鮮は、デノミで大混乱  脱北女性 人身売買の犠牲  経済破綻の北朝鮮  黄長燁ファン・ジャンヨプ 脱北高官 来日  韓国哨戒艇 撃沈真相と北朝鮮の実情

北朝鮮問題の理解② 拉致問題を考える  めぐみさんの写真展 北朝鮮包囲網  ドン詰まり北朝鮮と中間選挙アメリカ  山拓、北朝鮮訪問、とんでもない?! 集団脱北 国境警備兵20名  北朝鮮は六カ国共同宣言を守るか   北朝鮮の今を紹介  拉致被害者横田さん あと一年が勝負 金正男、北後継者を降りる  北朝鮮制裁決議 根回しの悪さ  拉致問題がよくわかる YouTube

「読みましたよ」クリックをよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 傷痍軍人という生き方 | トップページ | 松本清張「書道教授」脚本ジェームス三木 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 傷痍軍人という生き方 | トップページ | 松本清張「書道教授」脚本ジェームス三木 »