« 護国寺境内は梅の花盛り | トップページ | 法科大学院の学費はなぜ高い »

2010年2月23日 (火)

ゼネコン、マザコン、日教組で長崎敗北

Photo4 たけしのテレビタックルで、衆院議員平沢勝栄(左)が「ゼネコン、マザコン、日教組 」というと、小沢さんと距離を置く民主党衆院議員安住 淳(右)が「うまいこという」と感心していたが、感心ばかりしていられない。国会議員の数では、民主党が圧倒的に多い長崎知事選で9万票の差をつけられて負け。3割も負けているのでは、完全に民主党はアウトだ。

Photo_2Photo_4 民主党がゼニカネの不透明な流れで、与謝野さんに鳩山首相が追い込まれてかなりカッカしている様子が写し出されていた。「ゼネコン」は小沢幹事長、「マザコン」は毎月1500万円を母親から受取った鳩山首相、「日教組 」は北海道出身女性衆議院議員。
「そんなこと、どこでもやっているでしょ!」と、蝿を追っ払うような態度で通せなくなったのが今の社会だと、なかなかわからないトシの方が多い。彼らが退場しない限り、まだまだ、この種の事件は起きます。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

野党自民党に追い込まれて、風向きがおかしくなって、民主党は長崎県知事選挙で敗北した。結果が下の表。

5今回、民主党の知事選の主張は、言っているのは、前の自民党と同じ「利益誘導」の中央から有利な条件を取り付けるようなコトばかり、これでは民主党ではなくて自民党と交代した意味がない。

今年夏に改選になる民主党参議院議員が張り付いていたが、接戦だと言っていたが、3割負けの現実を認識していなかった。昨年の衆議院選挙を夢みていたから、開票までは勝つと信じていた。だから、この議員、がっくりしていた。

日頃の活動がないと、選挙は勝てないと小沢一郎が指導している通りだ。こんなにも民主党の基盤の弱さは露呈して、老舗ではない党は、基礎がないから風が吹かない限りすぐ落ちてしまう。

今回の県知事選挙候補は、まるで知名度がないから、どんな人かさっぱりわからないところで、中央の「ゼネコン、マザコン、日教組」旋風で、あっさり民主は自民に負けた。特に無党派にはこれが効いた。無党派こそが政治を動かす。無党派の意向で時代は動く。これは、司法、立法、行政より、マスコミ権威が大衆を動かしているようだ。

民主党のヨタヨタ振りを毎日見せられていると、民主党も、自民党と同じようにカネで転ぶ議員ばっかりじゃないか、そんな印象を受けてしまう。

カネにクリーンならいい議員か?という議論がある。これは十数年から20年前なら通用する言い分だったが、今は最低ラインでカネにクリーンという条件が議員の登場資格になっている、というのが条件で、これをクリアしてから活躍しましょう・・・という風土になりつつある。

Photo_5 従って、小沢一郎さんたちの世代は退場すると、生粋の民主党育ちの、民主党の意識も生まれ変わる。なにせ、経政会(自民党時代の)の流れのまま来て、民主党の考えを左右するようでは、あきません。

Photo_6 旧来の自民党は幹部の年齢が老化しているように、衰退するしかない。そのかわり「みんなの党」の渡辺喜美党首が自民党に代わりうる立場になったら、二大政党の形になるかも、と期待している。

Photo_7 選挙直前に舛添さんが、自民党党首になるか、新党を立ち上げるか、あるいは民主党と合併するとか、「一寸先は闇」というように、自民党議員はタダの人になるか、どうかの境目ですから、なりふりかまわず、自民党は変身するはずです。ぼっちゃん民主党は、油断すると長崎の二の舞になる。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください。

|

« 護国寺境内は梅の花盛り | トップページ | 法科大学院の学費はなぜ高い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 護国寺境内は梅の花盛り | トップページ | 法科大学院の学費はなぜ高い »