« やむにやまれぬ 貴乃花の理事立候補 | トップページ | 「吾 唯 足るを 知る」幸福なエコ »

2010年2月 2日 (火)

機密費2億3千万円の行方 追及せよ

Photo どういうわけか、小沢民主党幹事長の資金問題のみ追及されているのは、不思議な印象を受ける。

確かな証拠なしに語るのが世間のうわさだが、また「火のないところに、煙は立たぬ」ともいいう。追及する検察、マスコミには、長い自民党政権の間にその方面にも組織が増殖していて、牙城ができているのだ、と思わされる。こちらは選挙で決めるのではないから、旧政権味方の組織はちとやそっとの政変に揺るがない。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

この河村建夫は、どうしてこいPlc0809242304034p1 う強欲な行動をするんだろう。2億3千万円をどこに隠したんだ!と思っていた。小沢幹事長の4億円は、曲りなりにも自分のカネだ。ところが、機密費ってのは、自分のカネではない。税金の一部だ。機密費は領収書がいらないというのは、何に使ってもOKというものではないはずだ。

河村 建夫かわむら たけお、1942年11月10日 - )衆議院議員(通算7期)。山口県議会議員(4期)、文部科学大臣(第3代・第4代)、内閣官房長官(第76代)などを歴任した。
1942年 山口県阿武郡三見村(現萩市)で生まれる。
1960年 山口県立萩高等学校卒業。
1964年 慶應義塾大学商学部卒業。
1967年 西部石油入社。
1976年 父・河村定一の死去に伴う山口県議会議員(萩市区・自民党公認)補欠選挙で当選。
 

それも、政権末期の一日に消えたというのだから、あまりにもヒドイ。まさにドロボウだ。民主党官軍が江戸城に入る前に、徳川自民党が金庫から全部持ち逃げした図だ。

民主的な政権交代をする現代において、それはないだろう。自民党はウヤムヤにするつもりだろうか。良識のある政治家だったら、この仕儀をなんと答える。それをやると、民主党が崩壊したら、民主党もやり、それを「めくそ、はなくそ」状態でケンカする政治を国民は見させられることになる。

そういう質の低い政争は、止めてもらうためには、まず河村建夫前官房長官が出てきて、説明して自民党の良心を見せたら、きっと自民党の人気が回復するだろうに、惜しいコトだ。

Photo_3 河村建夫前官房長官、現役中は、見栄えがイマイチで、特徴がなく印象が薄かったが、彼は政界随一の人格者だと、朝日新聞と論説委員の星浩さんが、褒めていた。

最近顔見ないと思っていたら、運動会で転んでアキレス腱を切って入院していたという。病院では、参議院選挙が近いからと「自民党の宣伝に努めていた」と、意気軒昂だったそうだ。ついでに、麻生太郎元首相のことを褒めていた。内閣を辞職後、閣僚全員に「麻生内閣を支えてくれてありがとう」という感謝の手紙を送ったという気配りを見せた、と河村建夫前官房長官はいう。

Photo_2 そのあと、河村さんは、一年ずっと一番そばにいて麻生さんと密着していたが、最後の挨拶状も「河村健夫」となっていた。「建夫」と、一年一緒にいても、気づかないトコは麻生太郎らしい、と河村さんが一言、オチをつけた。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« やむにやまれぬ 貴乃花の理事立候補 | トップページ | 「吾 唯 足るを 知る」幸福なエコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やむにやまれぬ 貴乃花の理事立候補 | トップページ | 「吾 唯 足るを 知る」幸福なエコ »