« 黒電話からデジタル産業革命 | トップページ | ストレスは 寿命を伸ばす良薬?! »

2010年1月29日 (金)

ブラタモリで神田界隈を歩く

9615始まったときは、タモリ倶楽部(テレビ朝日、金曜日深夜)のパクリだと悪評だったので、 さすがにNHKも、ソレは気にしているな、と感じる。

だから、CG使ったり、違いを出そうと金掛けている。横浜を散歩したときは、地下に埋めた井戸を見に行ったり、普通の散歩では見られない努力をしている。飛び込みも、根回しが効いていて、タモリ倶楽部ではきっと入れないだろうトコにも、入っている。前回、浅草の編では、伝法院の庭園に入って井戸をサラっている。石器時代の貝を見せてくれた。その前には、旧大名屋敷だった大使館へ行った。今回は大聖堂の屋上へ行って鐘を突かしてもらった。NHKという看板があるからこそできる、そういう場面がある。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

助手の久保田祐佳という逆にすると「佳祐」男みたいな名前だが、気配りがソコソコできる桜井洋子の現代版のコが付いて回る。あまり名前も顔も知らない女子アナだが、いい感じにタモリとうまくからんでいる。神田の案内人はアメリカ人の日本学の東大教授キャンベルさんだ。(ロバート・キャンベル、専門分野は江戸から明治の日本文学 )

きょうは神田の本屋街を歩く。撮影中は古本市の10月~11月初旬の録画を放送していた。タモリの趣味で古地図を見せてもらって、古本屋の書庫へ入って見る。

9624300 古いものを集めているところには、スゴイものがある。江戸時代、参勤交代で駕籠に乗る大名は地図を見ながら、乗っているらしい。考えて見れば、駕籠に乗る人は、当然駕篭かきが疲れるからとか、そんなことは考える必要はない。当然のように一日8時間も、10時間も、今新幹線にのっているように乗っているから、何か食べたり、見たりしているわけだ。

9628 その時、大名は特注の地図を絵描きに作ってもらっているわけだ。薄い和紙で畳1枚分くらいの地図を描いてもらい、ポシェットみたいな革ケースにいれてあった。今買おうとすれば、300万円はするという。大名は金がないというが、こういうことには耐乏生活はしていないようだ。

9621 そのあと、古い写真帳を見る。個人所有の写真帳ながら、日支事変でてんてこ舞いになる日本の政府内で閣議を開いている写真(首相は若槻)が貼ってあるのに気づく。これって、すごい人が持っていた所蔵品が流出しているのだと、思う。9623_2

00004 1945年(昭和20年)8月22日、福岡県福岡市、現在の南区に誕生する。血液型O型。干支は乙酉。獅子座。
 生まれる前までは「義一」と名付けられる予定だった。血の繋がりのない祖父が、尊敬している田中義一(元陸軍大将、立憲政友会総裁、首相)にあやかって名付けようとしたが、「畏れ多い」と名を逆にした。
「ギンギンギラギラ夕日が沈む」と両手を回転しながらお遊戯している  園児達を見て、幼稚園入園を拒否、小学校入学に至るまで、毎日、一日中坂道に立って人間観察を行っていた。自身は「5歳が俺の精神的ピークだった」と、冗談めかしく語っている。

早稲田大学退学後、1968年に帰郷。保険外交員(朝日生命)営業成績がトップクラスで表彰されたこともある。この時期に同僚の女性と結婚した。また、喫茶店の雇われマスターだった頃には、ウィンナ・コーヒーを注文すると、ウィンナーソーセージが入ったコーヒーを出すなど、地元では奇妙なマスターとして有名であった。

デビューのきっかけ
きっかけは、ジャズ・ピアニストの山下洋輔との出会い。1972年、タモリが大分県日田市のボウリング場支配人だった時に始まる。当時の山下は、ライブ後ホテルで乱痴気騒ぎをすることを常としており、渡辺貞夫のツアーメンバーの1人として福岡を訪れた際も同様であった。

臨席したうちの1人である漫画家の赤塚不二夫は、「この男を博多に帰してはいけない」と引き留め、自らの家に居候させた。また、後にプロデューサー的にタモリを売り出した。(Wikipedia情報)

9638 そのあと、旧学問所へいく。これは、東大の前身、昌平坂学問所のあった場所。ここは、外側の広場が展覧会をやったということで、中はあまり見られなかった。

次に、ニコライ大聖堂へ上がる。ここは、前もってバチカンから許可を得ていたので、中をテレビカメラで撮るのは始めてということで、歓迎されていた。

9641_29642 明治半ばに完成したニコライ大聖堂は、当時ビルが殆どなかった東京には目立つ建物で、かなり遠くからでも見えた。靖国神社前道路から見た証拠の写真がある。

96499655 大聖堂の内部階段はかなり険しく、そこを登ると昔は東京中360度パノマラ写真をとって、売っていたという。

9656今は、ニコライ聖堂より背の高いビルに囲まれ、見晴らしはよくない。当時は、その360度パノマラ写真が本になって売られていた。その本を見ながら説明をうけた。神田の古本市にその写真集が、珍しく出されて目玉商品になったようで、その売値が120万円だったという。

憲政記念館と国会前庭   東京スカイツリー建設途中 224メートル   代官山朝倉邸 ヒルサイドテラス 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

|

« 黒電話からデジタル産業革命 | トップページ | ストレスは 寿命を伸ばす良薬?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒電話からデジタル産業革命 | トップページ | ストレスは 寿命を伸ばす良薬?! »