« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

中津高トップの秀才の死を悼む

彼は小学校では児童会会長で、成績はトップ、U先生には、「私が教えた教えた生徒のなかでもこんなにできる子は始めて」といわせたほどの出来だったらしい。

担任I先生の生活綴り方教育の中では、先生のねらいを一番具現化してくれる生徒だった。版画でも、作文(綴り方)でも、リアリスティックに生活を描いていた。他の生徒も、昭和20年代の家庭生活を版画や作文で描いて残している。文集になって今も、各自の手元に残っているはずだ。

今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

個人情報のうるさい今から見れば、各自の住所氏名は、もちろんのこと、父と母のいさかいが、原因が何で、どう決着したか、そんなことまでを生活綴り方の中で、6年生の自分の子供が世間にばらしてしまうのだから、その後に中国で起こった「紅衛兵」みたいなことを生徒にやらせたのかもしれない。その赤裸々な姿を描くことで、社会の中の問題点が見える、と作文教育する人々はそれを主張した。

生徒をつかって自分の理想を描く先生たちを許す風土が地域の先生の仲間うちにはあったのだろう。それが4年5年と経つうちにそういう「赤」い先生は、ある地域の学校へ集められる傾向があった。

そういう先生は、教頭にも校長にも昇格しないという風評があった。それから、詫びを入れ転向声明を出し、青年期の夢から覚めて教頭になり、校長になる。「人間は歳と共に、その道を選ぶのだ」と大人は言っていた。教頭より実力あるN先生も、その口で、昔は左翼運動をやっていたんだ、と回りの生徒にも聞こえるような会話をする先生もいた。

K君は中学3年で生徒会の役員であり、小学校からの続きで成績はよかったし、家庭教師を頼んで、母親仲間でグループで子供に英語など教えてもらっていたようだ。きっと指導する親が必死になってきたのだろうか、第一中学では模擬試験をやれば、いつも総合トップだった。年間、その首位はキープ続けていた。学力は第一中学に負けていたのではないか、そんな感じだった。

第二中学では、クラスのトップが平均60点程度で勉強など必死になる家は数少なく、第一中学の(この時点ではK君の成績だとは聞いていないが)平均90点以上を取るのだ、と担任から聞かされてた。(担任T先生と彼の母親は中津の高女で同級生だった。)それは、私は第二中学だから、詳細は卒業したあとからなんとなく聞いた。

一中とちがって、第二中学は、学力一本やりの教育ではなかった。劇をやり、音楽会をやり、文集つくりをして年間の行事が生徒の育成に役立つと校長の方針だった。特に生徒会の選挙、運営は国会を模していた。戦後の民主主義を教えようとしていた。ただ、校長は、県から視察があると、反戦意見のある文集には、教師の責任が問われるから、消せとプレッシャーがあり、担任に指示が出た。

高校へ入ってから、K君は1年J組(音楽選択クラス)の学級委員に指名された。入試成績トップが指名の条件のようだった。旺文社調べを見ると、彼の成績は岐阜県内3位。H(美術選択クラス)では加子母出身のT君がクラス委員となった。彼の父親と校長が友だちで、入試発表前に自宅に結果を教えてもらっていたらしい。「成績がよかった。総合3番だった」と彼が言っていたが、そんな成績、学校から聞けたのだろうか?

高1の連休前に、クラス委員のK君に「うちに遊びに来ないか?」と誘われ、彼について自宅へいった。高校の裏から稲が青々した田んぼの中を通り、彼の家の裏庭に着いた。彼のお母さんが洗濯物を干していたか、取り入れていた。そのお母さんも、数年前、94歳で亡くなった。

彼の二間続きの勉強部屋は別棟にあり、昭和30年の勉強の環境としては、最良の環境を与えられていた。ちょっとうらやましかった。勉強は、板の間の机のある部屋で勉強する。隣部屋は寝室になっている。土建業で栄えていた時期であったか、彼の家の敷地には、母屋があり、二階建ての建築事務所が家の入口にあった。彼の勉強部屋とお婆さんの部屋が棟続きになっていた。

その後、学校帰りに彼の家へより、一緒に机を借りて宿題をした覚えがある。あるときは、彼の母の許可をもらい、スタンダールの「赤と黒」(貴族の赤、僧侶の黒)の映画を見に行った。この紘一の微妙な年頃に、きわど映画を許可してもらった、と思ったものだ。

1学期を終え、夏休みには彼は松本深志高へ転校した。一緒に学校へ行ったのはたったの一学期だったが、その後も文通して、情報を交換して、休みに帰省するたびに会いにいった。二年の夏休みには、KT君も一緒に木曽川を一緒に泳いだ。遊泳禁止の場所だが、高校生なら横断も可能。

高2の正月、彼の家へ行くと、東小、一中出身の大野君、川瀬君ら四人ほどいた。雑魚寝で徹夜して語り合う。ニ中学区の仲間は私だけ、彼と友達になったのは一番新しかった。翌朝10時頃まで寝ていると、親父さんが「コラ、眼が腐るぞ」と起こしに来た。みんなに雑煮を出してくれて、それを食べた記憶がある。

東京へ出てから、根津の昔置屋だったか、そんな感じの家に彼が下宿することになった。近くの動坂にいた私は、遊びに行って、下宿の女将さんを見た。60代なかばの白粉だらけ顔した人がナンヤカヤ世話してくれるが、18、19の青少年には、多少気味が悪く感じた。
 その後、私のいた叔母の動坂の家に同居した。亡くなった叔父が残した家作が空いていたので、朝と夕食を食べさせてもらった。半年位一緒に暮らした。

 彼と一緒に暮らしたのは、このときだけだが、その後、受験期から大学、卒業後、結婚するまで、実に10回ほど転居を繰り返した。毎回、いい部屋に住んでいた。最初の高校生の勉強部屋のレベル以下の部屋はなかった。

最小の就職で中国語の翻訳をよくやっていた。司法試験を受ける関係で仕事を中断して、真剣に取り組んでいたが、一次は通過するが、30歳過ぎに断念して都庁の試験を受けて都職員になった。

キャリア組に属して、千葉県にある東京都の広大な霊園墓地の所長になっていた。そのとき、広い霊園の中を案内してもらった。その時、彼の部下への気遣いを垣間見た。気苦労されている様子だった。

都庁公文書館や理髪学校校長を歴任した、石原慎太郎になる寸前に勧奨退職をしてその後は悠々自適の生活を続けた。在職中は接点が少なかったが、退職後は手紙のやり取りをし、付き合いの度が濃くなり、いろいろなアドバイスをもらったり、資料を送ってもらった。

Photo_2名古屋市大病院へ入院中、点滴を引き、玄関まで見送りに来てくれた。それが彼を見た最後だった。 

 そして、本日、永久の別れの連絡を頂き、絶句した。彼に会ったのは10月14日、名古屋市立病院で見た彼、まだまだ元気だった。退院後、電話のその後、たびたび連絡をもらっていたから、そう急激に悪くなることはない、と信じていた。

彼は、当ブログの熱心な読者でもあった。よくコメントを送ってくれた。高校生時代から50年に及ぶ親交と歴史が共有できる友を失ったのは、人の命はかくなるものとは知ってはいるが、いつも中津に彼がいると思うと、心の支えになっていた。それが亡くなったと身に染み込むまでに時間がかかるだろうが、周りに友が減る寂しさ、徐々に感じるだろう。

中津川市中学の連合生徒会長会があり、ニ中の浅野勇、一中の加藤、苗木の桜木、福岡の林憲三らがニ中に集まったことがある。それ以来、浅野常念氏から、彼らの様子を聞いていた。どんな男たちか、と思っていた。中津高校に集まってきて、ようやく会え、春秋に富んだあの時期から、光陰矢の如しとは、よく言ったものだ。

105歳の人がテレビに出て元気そうだが、息子70歳いわく、「友だちが誰もいないんです」と聞いて、長く生きていると、そういうことになる。人間の寿命が、まあ正確にプチン、プチン切られていく。いくらの長生きでも125歳までは生きていない。人間はそうものだろうか。活性酸素さえうまくコントロールできらが、人間、150歳も、可能だと聞いた。

彼の死で、きょう一日、多くの友に知らせた。メールを見る習慣がないのか、誰も反応がない。そのうち、誰か返事くれるだう。電話で、幼馴染のO君とは1時間話してしまった。

十九歳青春の旅 伊豆浄連の滝  2007.11.04  二八に帰るすべもなし  疾風のように駆け抜けた彼 6  疾風のように駆け抜けた彼 1 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

ストレスは 寿命を伸ばす良薬?!

9663_2 日本人は、ストレスをためやすい、といわれている。その理由は私の説であるが、大陸や南方諸島、北方地域から日本列島へ移住してきたことと関係があるのではないか。

というのは、元々いた場所に辛いことがあって住みにくくなった人が、安住の地を求めたという事情を抱えた集団が日本列島に集まった。だから、そういうストレスを抱えた人が多くなっているのだと思う。それが、外敵から海を隔てた島国だから、安心がある。抗ストレスの要素を養う必要が少ないから、ストレス免疫がない人を多くしてしまった。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

  国分太一とたけしの「日本のみかた」(テレビ東京)は、着目点がいい番組である。9685 国分太一:1974年9月2日(35歳)

「ストレスがない」と判定されると、日本人は嫌がり、「ある」と判定されると納得している。外国人は「ストレスがない」と大いに喜ぶ傾向がある。

ストレスがある」ということは、仕事に大いに積極的に向かって頑張っているというシルシと思うようだ。頑張ること=ストレスとの戦い、だから、いいことだと思うようだ。つまり、日本は頑張る文化、ストレスを溜め易い構造になっている、ということだ。

96679665_3 虫の音を聞いたときの反応 
 
溜まったストレスの癒しを求めて、日本文化が生まれたというわけだ。「月見」「虫の音鑑賞」「盆栽」「庭園文化」などなど、日本人には納得する文化だが、その文化がわかる人はヨーロッパには少ないらしい。
 特に、「秋の鈴虫の音」はわからないようだ。虫の音を聞いて、「うるさい」「やかましい」としか思わないらしい。癒しという感覚はない。ヨーロッパでは、「(原因に向かって)戦う姿勢」が生き方の基本になっているから、「癒し」というより、内なる「負け」の感情のようだ。

 ストレスは長く曝されると、悪影響が体に作用するが、短期間ならかえって、体にいい、という研究がある。鰯が大群でほかの敵から追われても、かえって病気などがでない。それは江ノ島水族館の係が証言していた。

9695  よくあるのが、外で仕事をしていた人が定年で家でブラブラしていると、十年もすると、死ぬといわれていた。家で奥様にガミガミ言われるとか、仕事のないストレスかと思ったが、それは逆で、ストレスがないがゆえに、抵抗力が低下するせい、かもしれない。

 ストレスがあって必死に働く方が、人間にはストレスに向かって抵抗するグロブリン、ナチュラルキラーが多く出る。それが体の活性化に役立つ。仕事を現役でしている人が若くみえること関係があるだろう。

9702  特別養護施設で、そのストレスを応用しているとことがあると紹介していた。
 ここでは、入居者は「上げ膳据え膳」ではなく、セルフサービスで自分で食事の配膳片付けをしなければならない。
 また、廊下には手すりがなく、自力で注意して歩く気配りが必要である。廊下
9719には坂があり車椅子も必死にこがないと先に進まない。二階へはきつい階段がある。社会と同じように、老人に負荷とストレスを掛けている、と施設の責任者が語っていた。

9715_2 入居者は、こうして自分でやらないと進まないから、張り合いができたという人や、ここの施設へ来て健康になったという人がいた。
 94歳で矍鑠
カクシャクと動いて、「これ以上元気だと施設にいられなくなる」と、ジョークを語るおばあさんがいた。

9698  断食道場へ入って1週間プログラムをやっている人にもインタビューしている。
 断食には、免疫力を高める効果がある。断食は厳しいが、血圧の高い人には、効果があると、この人の実験から血圧が200に近いところにいた人が一週間で正常値120台に戻ったみたいだ。

9716  ストレスの効果、これは考える課題だ。ハンス・セリエ博士が「ストレスは人生のスパイスだ」と語っている。

 まったく安心した生活はやはり人間には良くない。
 もともと、人間は木の実を採集し、獣を狩猟する民族だし、食べ物を見つけることができないときには、ひもじい思いをして生きのびてきた。だから、そのことに耐えられる体になっている。何百万年も経て、そういう個体のみが現代に残っていると考えられるから、楽な生活、飽食には体が異常を来たす。精神の緩んだ暮らしもよくない

サンマのDHA 脳神経と中性脂肪に有効 
さんまの焼き方 NHK料理参照 
ポリアミン効果、慢性腫瘍に効く 
人間の飽食から生まれた糖尿病 
脳力アップ 頭を鍛える問題 
生老病死をどう受け止めるか    
外国人医師の導入 プロ野球参照して   
帯状疱疹 大人の20%はかかる    
高血圧の特効茶 おもいきりテレビ   
健康保持、どうしていますか。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (1)

2010年1月29日 (金)

ブラタモリで神田界隈を歩く

9615始まったときは、タモリ倶楽部(テレビ朝日、金曜日深夜)のパクリだと悪評だったので、 さすがにNHKも、ソレは気にしているな、と感じる。

だから、CG使ったり、違いを出そうと金掛けている。横浜を散歩したときは、地下に埋めた井戸を見に行ったり、普通の散歩では見られない努力をしている。飛び込みも、根回しが効いていて、タモリ倶楽部ではきっと入れないだろうトコにも、入っている。前回、浅草の編では、伝法院の庭園に入って井戸をサラっている。石器時代の貝を見せてくれた。その前には、旧大名屋敷だった大使館へ行った。今回は大聖堂の屋上へ行って鐘を突かしてもらった。NHKという看板があるからこそできる、そういう場面がある。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

助手の久保田祐佳という逆にすると「佳祐」男みたいな名前だが、気配りがソコソコできる桜井洋子の現代版のコが付いて回る。あまり名前も顔も知らない女子アナだが、いい感じにタモリとうまくからんでいる。神田の案内人はアメリカ人の日本学の東大教授キャンベルさんだ。(ロバート・キャンベル、専門分野は江戸から明治の日本文学 )

きょうは神田の本屋街を歩く。撮影中は古本市の10月~11月初旬の録画を放送していた。タモリの趣味で古地図を見せてもらって、古本屋の書庫へ入って見る。

9624300 古いものを集めているところには、スゴイものがある。江戸時代、参勤交代で駕籠に乗る大名は地図を見ながら、乗っているらしい。考えて見れば、駕籠に乗る人は、当然駕篭かきが疲れるからとか、そんなことは考える必要はない。当然のように一日8時間も、10時間も、今新幹線にのっているように乗っているから、何か食べたり、見たりしているわけだ。

9628 その時、大名は特注の地図を絵描きに作ってもらっているわけだ。薄い和紙で畳1枚分くらいの地図を描いてもらい、ポシェットみたいな革ケースにいれてあった。今買おうとすれば、300万円はするという。大名は金がないというが、こういうことには耐乏生活はしていないようだ。

9621 そのあと、古い写真帳を見る。個人所有の写真帳ながら、日支事変でてんてこ舞いになる日本の政府内で閣議を開いている写真(首相は若槻)が貼ってあるのに気づく。これって、すごい人が持っていた所蔵品が流出しているのだと、思う。9623_2

00004 1945年(昭和20年)8月22日、福岡県福岡市、現在の南区に誕生する。血液型O型。干支は乙酉。獅子座。
 生まれる前までは「義一」と名付けられる予定だった。血の繋がりのない祖父が、尊敬している田中義一(元陸軍大将、立憲政友会総裁、首相)にあやかって名付けようとしたが、「畏れ多い」と名を逆にした。
「ギンギンギラギラ夕日が沈む」と両手を回転しながらお遊戯している  園児達を見て、幼稚園入園を拒否、小学校入学に至るまで、毎日、一日中坂道に立って人間観察を行っていた。自身は「5歳が俺の精神的ピークだった」と、冗談めかしく語っている。

早稲田大学退学後、1968年に帰郷。保険外交員(朝日生命)営業成績がトップクラスで表彰されたこともある。この時期に同僚の女性と結婚した。また、喫茶店の雇われマスターだった頃には、ウィンナ・コーヒーを注文すると、ウィンナーソーセージが入ったコーヒーを出すなど、地元では奇妙なマスターとして有名であった。

デビューのきっかけ
きっかけは、ジャズ・ピアニストの山下洋輔との出会い。1972年、タモリが大分県日田市のボウリング場支配人だった時に始まる。当時の山下は、ライブ後ホテルで乱痴気騒ぎをすることを常としており、渡辺貞夫のツアーメンバーの1人として福岡を訪れた際も同様であった。

臨席したうちの1人である漫画家の赤塚不二夫は、「この男を博多に帰してはいけない」と引き留め、自らの家に居候させた。また、後にプロデューサー的にタモリを売り出した。(Wikipedia情報)

9638 そのあと、旧学問所へいく。これは、東大の前身、昌平坂学問所のあった場所。ここは、外側の広場が展覧会をやったということで、中はあまり見られなかった。

次に、ニコライ大聖堂へ上がる。ここは、前もってバチカンから許可を得ていたので、中をテレビカメラで撮るのは始めてということで、歓迎されていた。

9641_29642 明治半ばに完成したニコライ大聖堂は、当時ビルが殆どなかった東京には目立つ建物で、かなり遠くからでも見えた。靖国神社前道路から見た証拠の写真がある。

96499655 大聖堂の内部階段はかなり険しく、そこを登ると昔は東京中360度パノマラ写真をとって、売っていたという。

9656今は、ニコライ聖堂より背の高いビルに囲まれ、見晴らしはよくない。当時は、その360度パノマラ写真が本になって売られていた。その本を見ながら説明をうけた。神田の古本市にその写真集が、珍しく出されて目玉商品になったようで、その売値が120万円だったという。

憲政記念館と国会前庭   東京スカイツリー建設途中 224メートル   代官山朝倉邸 ヒルサイドテラス 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月28日 (木)

黒電話からデジタル産業革命

Photo_3 番号を回す黒電話は、覚えていますか。最近はトンと見かけなくなりましたが、昔はこの電話が普通だった。

私は新しいモノが好きだから、契約した時、「色はどれがいいですか」と聞かれて、ピンクというか、薄い桃色の電話にした。

もちろん、ダイヤルはギーコ、ギーコ回す式だったが、色くらいは黒でない方がいい、と思った。

Photo_5 あるご年配の方の家にいったら、黒電話をコタツの上に出してきて、ダイヤルを回して、友人に次々に掛けて話していた。楽しそうだった。プッシュフォンでなくても、話は聞こえるし、何も不便はない。話が出来ればいいというなら、それで問題はない。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

Photo_9 昭和20年代には、電話局の交換手に番号を告げて繋いでもらう方式だった。四角い縦長の板に電話があり、目玉のようなベルが二つついている電話だった。

電子レンジでも、無精者の道具でしょう。ずくなしの道具だ、あんなの火を通せばいいと昔の先生だったら怒るかもしれない。すると、なくてもいい?FAXでも、手紙で送ればいいし、パソコンでも、書いて送ればいい。計算機でも、自分の手で計算すればいい。そう聞けば、そうか、人間の脳みそが退化してしまう。

そうか、確か、計算機できてから紙に式書いて頭を使って計算していない。ワープロ、パソコンになってから自分で漢字を書かないでも変換してくれるから、任せきりになって、脳の退化が激しい。油断していると、すっかり脳は衰退する。計算機でやれば、10桁の掛け算、割り算でも、瞬く間にできる。この快感、快適さは、一度覚えたら止められない。

確かのパソコンを必要であると思わない人には、いらない道具ではあるが、このことをすぐ伝えたいと思ったとき、相手にパソコンやメールができないと、残念だと思うことも多い。

使わない道具として無視しても世の中は動いていくし、そういう世代は徐々に少なくなって、小学校からパソコンの授業をやっているし、これから育つ子は「読み、書き、英語、パソコン」が普通になるのは、目に見えている。

あまり、ノスタルジックにアナログ世界にこだわっているわけにはいかない。新しいことにも順応して、取り入れることは、年寄りでも必要だ。頑なに古いものに固執しているのは、ガンコになる。新しいことを身につけると同時に「温故知新(古きをたずね、新しきを知る)」を旨としたい。

Photo_10 しかし、製品を供給する側には、新しい需要を起こしたいから、アナログテレビを廃止し、デジタルに変えようとするが、不自由と思っていない人からテレビを取り上げ、新しいのデジタルテレビを買えというのだから、かなり、山賊、海賊と同じような部分がある。

デジタル切り替えの2011年7月24日の停波にまだ見られるテレビを使えなくされるから、誰か訴訟するか、騒動が起こるのではないか。あるいはデジタル化は一時延期されるかもしれない。

02 私は、今までデジタル化の歴史にくっ付いて来たけれど、大変と思わないがたいへんだった。パンライターを買って、文書作成した。次に、ワープロを買い、富士通の親指シフトを覚え、これが一番早いタイピングだと信じていたら、アレアラと思ううちに富士通は「親指シフト」を止めてしまった。折角覚えたこの私、富士通にハシゴを外されて屋根の上に取り残された感がある。

ビデオでは、ソニーのベータは形が小さくて、性能がいいと思って買ったら、VHSの軍門に下り、ベータのビデオはいつの間にか廃棄処分されてしまった。そんな歴史がある。

Zentai パソコンでは、まず、買ったパソコンがアップル社のMac。半年もしないうちに日本ではウインドーズでないとうまくないと気づき、買い替得ざるを得なかった。その当時まだNECのパソコン市場占有率90%近い時代だった。その後、OSはは次々95、98、ミレニアム、2000から、XP、ビスタ、セブンにバージョンアップして進化する。その進化するのはいいが、旧バージョンを古くして見捨てる営業モデルに消費者は苦しめられている。それでも、新しいテクノロジーについていくしかないのか。

テクノロジーの進歩、改革が現実に起こって、その流れの真っ只中にいるのだから、無視した生活はできない。気づいていなかったが、18世紀に起こった産業革命と同じ。18世紀の産業革命には、蒸気機関が発明された。今はパソコン。蒸気機関車とパソコンとの違いだけで、今、IT産業革命が進行している。農場から追い出された農場労働者と同じように、多くの印刷業者に仕事がなくなり、苦しめられている。あらゆる産業に影響を与え、損している人もいるし、トクしている人もいる。好きで産業革命が起こしたわけではないが。

「時代遅れ」の黒電話が好きだし、自動車より足で歩くほうが体にしい。古いことも好きだが、新しいことにも付いて行かないと、現代社会から振り落とされてしまう。そういう2つの気分が私の中で揺れ動いている今日この頃です。一方にだけ偏ることのない生き方が求められるわけ。

現代の産業革命 光電話で再び騒動   ひかり電話の故障!大騒動顛末   翻訳ソフト 無料で便利 英→日、日→英  サーバーとドメインは 住宅とカギの関係  子ども見守りシステム  音声ファイル送付 データ便の説明    デジカメ パソコン技術革新 利用者グチ    光電話、転送電話の操作   宅ふぁいるか、ファイルオクール   富士通自身 親指シフトをあきらめた    迷惑メール対策、そして日本の行方   ステップアップ 社会人   ウチの得意分野 利用のお勧め  千客万来 資格取得新学習   

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (1)

2010年1月27日 (水)

紙芝居のおじさんの副業神主

もい Logo23 学校(南小)から帰ってきて、午後四時頃かな、紙芝居のオジさんが周辺の子供を集めるために、倉前町から本町へチンドン屋ふうの太鼓を叩いて回って来た。

 ドントンドドドン ドントンドドドン
 その太鼓の響きを聞くと、昭和二十年代の子供たちは鳴り物の魔力に他愛なく引かれて集まって来た。私も二円五十銭を貰って走り出した。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

Photo_2 倉前町から桃園町へいく手前の左側、倉庫の前がくぼみになって子供なら丁度十五人から二十人は集まれる所があった。そこにスタンド止めのでっかい紙芝居の自転車が止めてあった。
 あの倉庫には祭りの提灯や太鼓、山車が仕舞ってあった。

 当時、家庭にテレビがあるわけではないし、塾へ行く子もいないから、学校から帰って来れば子供たちはヒマだった。その時間帯に紙芝居のオジさんが回って来た。子供はお金を持って集まってきた。

 紙芝居の最低料金は一円の薄いセンベイ一枚。これだけを買うのは、貧乏臭くてちょっと恥ずかしかった。次のランクは茶色の練りアメ(二円五十銭)、上客は五円の透明な練りアメを買った。おじさんは紙芝居台の引出しから二本棒につけて子供に手渡した。買ったアメは、割り箸の半分の長さで棒二本で練る。五円の透明な練りあめを買っていたのは、両親健在の一人っ子、甘やかされた坊やだった。使うお金の額で子供の環境が察せられた。

 当然ただでは紙芝居は見せてくれないが、時にはなんとかズルして見ようと何気なく紛れている子がいた。その子にはその子の事情はあっただろうが、
「買わないと見せられない」
 オジさんはと中1くらいの女の子を帰した。もっと小さな子には、「今度からはお母さんにお金もらってきてね」と注意したが、帰すわけにもいかず、見せていた。

 01猫娘ネコムスメ
 見た紙芝居の中で、今でも思い出せる。よく覚えている。

 いつもは優しい娘が、生魚をくわえると途端にネコ娘になって本性を現す。耳が伸び、髪の毛は逆立つ。目がランランと輝き、爪が鋭くなる。

 佳境に入ると、太鼓が小さな音から急に早く大きくなり、ドドドド、ドン ドドドド、ドン・・・声色をつかって舞台の雰囲気を盛り上げていた。おじさんの妖怪猫はこわかった。

 子供は食い入るように見ていた。異様な雰囲気の絵、このオジさんの名演技、話術に酔いしれて子供たちは聞き入っていた。その演技や口調は学校の先生よりずっと引きつける力があった。

 何せこの子供の人気が生活に直接関わっていたから、オジさんは真剣だった。下手にやるわけにはいかない。その「猫娘シリーズ」は案外長く、一年位続いたと思う。

 紙芝居は当時の映画を意識して大体3本立てだった。3本で三十分から四十分で終わった。一本目は幼児向きの作品、次に活劇もの。メイン3本目に大きい子も喜ぶはやり物を見せて興味をつないだ。

 ストーリー展開には、オジさんは気を使った。間を持たせて、次の絵を半分見せ......次に期待させ、ドンドン、パッと場面展開をした。そして、明日も見たいと思わせ、太鼓をドンドンと叩いて終わった。今のテレビの手法とそっくり同じだ。

 買った練り飴を二本の棒で紙芝居の終わるまで練りつづけて、水飴の中に空気が混ざって真っ白になると、もう一つ何かサービスがあると聞いたが、私は大抵見ている間になめてなくなっていた。中学2年生になるとさすが見に行かなかった。

 紙芝居が終わると子供は帰って行く。
 オジさんは子供が散らかした跡を箒ではき、ゴミを片付けていた。倉前町が終わると、おじさんは重そうな紙芝居自転車のスタンドを外し、そろそろと消えて行った。
 次はどこだろうか、手賀野へ行くらしい、そう思っていたが確かなことは分からなかった。

 ある日、紙芝居のオジさんを意外なところで見た。
 大抵の新築の家を建てる時には、神主を頼んで地鎮祭をやってもらう。本町に住んでいた木材業のM村さんが竪清水タテシミズ町に家を建てた時、私はたまたま通り掛かって、神主さんを見てびっくりした。地鎮祭をやっている神主さんが、紙芝居のオジさんだったのだ。紙芝居のオジさんが祝詞ノリトを挙げていた。

 オジさんが、神主の着物を着て烏帽子エボシをかぶり、神様に幣ヌサを振って安全祈願をしている姿には、いつもは紙芝居をやっていた姿とはギャップがかなりあるように思えた。副業がないと紙芝居だけではやっていけないのか。なんとなく大人の生活をかいま見た気持ちになった。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

早春かな、と思う瞬間

9593_2 今、東京の片隅でアレっと思うのは、夕焼けを見たときだ。ホームを歩いていたら、夕刻の茜空を見つけた。なんか、得した気になる。これは拾い物したような、コレ消えるまえに撮って置こう、と思った写真だ。これだけでも幸せな気分だが、もっと夕焼けに近づいてみたいと思って、ホームの先端で線路と電車を見た。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

9599 9594 しかし、黄昏の時間帯は、わびしい気にもなるが、空気がそんなに冷えていなし、昨日は風が強かったが、きょうは優しい。春が近づいているのだろうか。昼間の温かさが残っている。

9606 東銀座にある弁護士事務所を訪ね、裁判のアドバイスを受けてきた。その帰り、歌舞伎座がもう取り壊しが近いと思ってか、通る人、留まって記念写真を撮る人が多い。

歌舞伎は昔からのシキタリに決められて演じられているから、ある程度の基礎がないと、親しめない。言ってみれば、クラッシク音楽を楽しめる人とそうでない人の違いがあるようなものだ。

ここに垂れ幕が下がっているが、「御禮本日千穐楽」と書く伝統があるんだね。(御礼本日千秋楽)もっとわかりやすくしろよ!と外野が叫んでも、誰も相手にしない世界が厳然とあるのが、不思議の一つ。

相撲の世界の改革を貴乃花が、やろうとしても、先輩と伝統が、相手にしていない。理事に立候補しているが、落選するのだろうか。同志7人では支持者が不足している。このまま既成勢力に押し切られてしまうのだろうか。このままでは、日本人力士がモンゴルやロシア、ブルガリアの力士に席巻されていいはずはないだろう。

改革に躊躇しては、あきませんよ。貴乃花は落選したのち、違う目が出るのかも。二年後には、誰かが引退すると、彼が一番に手を挙げた実績で理事になれるだろう。そのあとは、理事長候補として残っていける。

寒さが厳しい中から早春の息吹が感じられるはずだが、都内の冬は自然がないから、早春がピンと来ない。岐阜の田舎、中津川市には、町の中に四つ目川が流れていて、その川沿いにエノコロが膨らみ始めた時が、早春だった。今は寒いが春遠からじ、の感があった。それから数週間で、梅の匂いが町中に漂いはじめる。

梅が咲き始めると、もう春だ。終業式、卒業式と行事が、季節を思い知る時が過ぎていく。

アイラに「お祖父ちゃん、いくつ?」と聞かれ、「いくつと思う?」というと「37?」5歳の娘には、30代は相当歳だと思うようだ。「もうちょっと」「じゃあ、47?」これくらいで、もう自分の想像を超えているようだ。「じゃあ、57?」「もうちょっと」

9608帽子をコタツの上に置いて、9329横から見ると、富士山の裾野から坂を上り、頂上で平になり、また下るような形が出来る。それを指差し、「ここ1で生まれて、今アイラは、ここ2のところにいるでしょ」と話して聞かせると、わかったような顔。「トントンと坂上って、3になり、パパやママは4くらいかな」そうして「お祖父ちゃんは、今はここ5だろうね。もうじき、6になり、7になる。そうすると、死んじゃうだね」「フーン」

帽子を使って、人生を説明したら、うまく分かってくれたみたいだ。コレ、案外いい説明になったようだ。

中学生のころから高校生時代は、はやく30歳になりたい、と渇望していた。体力も学力も充実した時だと信じていた。「30までの勉強で、人生はその利息で生きていく」と、誰か大人が言っていた。そのために、何とかしてこの30まではしっかり勉強しておきたいと願ったが、なかなかそうは行かないものだ。

118e949e_3Kaiou 人生はいつで青春とはいいうが、記憶力はにぶり、体力は落ち、誰も若いとは言ってはくれなくなる。でも、ガンバロっと思うが、気力が落ちてはだめだ。千代大海の最後の相撲を見たが、魁皇に手もなく送り出され、気持ちはやる気でも、力が歴然と落ちている。

普通の人では、能力が落ちても、ああはわからないが、社会に通じないというのに気づかないかもしれない。しかし、能力は鍛えておかないと、「秋の日は釣瓶落とし」

トマト育てていた時、晩秋になると急に枯れはじめる。元気だったトマトもだだだっと枯れてしまう。人生も、そんなものだろうね。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月25日 (月)

小沢一郎の年頃になると思うこと

8ed4fd8c 小沢一郎の年頃になるとね、今までやってきたことと、今がちょっとズレが出るんですよ。ワザとやっているわけではないが

例えばね、道路をさっと横切るのって、昔はそう危険じゃなかったし、誰に咎められる問題ではなかったのでね、つい道路を車がこないから、渡ってしまったら、ひどく年下の近所の人に文句言われたんです。そう正義面されていわれると、昔のことを言いたくなる。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

Image060704 小沢 一郎おざわ いちろう、1942年5月24日 - ):現在の東京都台東区御徒町に弁護士で東京府会議員だった父・小沢佐重喜44歳、母・みち42歳の長男として生まれる。母は元千葉県会議員荒木儀助の四女。本籍地は岩手県奥州市(旧水沢市)。3歳から14歳まで郷里の水沢で育った。
 水沢市立常磐中学校(東水沢中学校)の2年生を修了後、東京の文京区立第六中学校に転校。東京都立小石川高等学校卒業後、慶應義塾大学経済学部に入学。
 1967年(昭和42年)日本大学大学院の法律学科へ進学。その年の5月司法試験の短答式試験に合格、次の論述試験は合格しなかった。翌年の5月にもういちど短答式試験から受けなおすことにした。ところが、それから数日たった5月8日父・佐重喜が急逝した。
 1969年(昭和44年)、父・佐重喜の急死に伴い第32回衆院選に旧岩手2区から自由民主党公認で立候補し、27歳の若さで当選した。

昔はそう厳しくなかったことが、妙にうるさく言われる。例えば、写真をブログに載せても、肖像権だとか、プライバシーだとか、やっちゃあいけないことになりつつある。どこの雑誌でも、文通希望欄があって、若い女の子の住所でも公開されていて、文通友だちペンパルの募集をしていた。その欄が人気だったものである。

一旦、自分のカネで土地を購入して、そのあとに預金を引き下ろして、銀行預金で買ったという帳尻あわせ、OKではないの?と思うのだが、いけなかったのかな。これを時間が多少逆になっても、小沢さんの感覚からしたら、許される範囲だと思うのが、いけませんか。

70歳か、75歳になると、タバコ吸いは、まあ、いいじゃないか。自由にやらせてくれ。と、言いたくなるらしい。あとは、オレの寿命だから、タバコを吸って死ぬのも自由だろう、と思うという。

旧来の習慣から離れられないのは、多くの年配者の傾向だ。今では、旧仮名遣いで文章を書く人は少なくなったが、私の親父は今生きていれば110歳だが、ずっと旧かなづかいで文章を書いていた。習ったことがそのまま付いて回る。

Photo 小沢一郎は、田中角栄さんを親父として親しく教えを受けてきたから、角栄さんのやり方を間違っているとは思わなかったのだろう。そうすることで、多くの味方をつくり、慕われてきた、と思っているから、どこがおかしい?法律があとから、あとから出来て、そっちガあとから来て文句を言っている。そんな感じがするのだろう。

たとえば、大都市郊外で養豚場をやっていたら、回りに新興住宅ができて、古くから農業や養豚をやっていた人が文句言われるような気持ちになるのは、どっちが悪いと聞かれたら、あなたならどう言う?

小沢一郎のやることは全部いいとは言わないが、あんた達、後から来た新興住宅の住民なのだから、そうそうトンガッたことを言うのは、少し控えめしてほしいな、という言い分は通りませんか。

じゃあ、規制、規制で、うまく世の中を回せますか。なんか、窮屈すぎる気がするのですな。

プライバシーマークがないと、情報保持ができないとでもいうように、機密保持を盛んに叫ぶが、あのシステムはマーク審査とか、指導をする天下り機関を作っているだけ。情報末端は、お互いの人間関係のなかで、守っているのに、漏えいは管理厳しいところからモレている。人間の信頼が基本であるべきだと思うのに、信頼できないというのが基本で世の中を管理しようとするから、息苦しいのだ。プライバシーマークの資格をとるには、30万円。数年に一度の更新に15万円を機関に支払う。これは天下り機関の収入になる。

人を信頼して社会を回せば、過不足なく、うまく回っていくはずだ。というのが、小沢一郎の年頃になると思うのである。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (1)

2010年1月24日 (日)

脳科学的ギモンに答える 澤口俊之

9577 茂木健一郎の脳科学の話を聞いていると、理路整然として、突っ込めないが、澤口先生、どこかスキがあって、ボロがでそうで、そこに好感が持てる。脳科学者らしいガンコさと可愛らしさが同居している。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

NHK専門で茂木健一郎が花盛りであったが、数億円収入の税金を払わなかった問題で、ミソつけた。修正申告して事なきを得たが、税理士を使っていなかったのは失敗だ。それで勢いが止まった感がある。そのスキに澤口 俊之が伸してきた、とも言える。

澤口先生、学会講演やっても、事前にプログラム抄録を出さないで事務準備に無関心とか、遅刻をするとか、パソコンが壊れたからってドタキャンする。優等生の茂木健一郎のように一部のスキもない論理が構成されていない。連絡取ろうとしても、連絡がなかなか取れないことがある、とWikipediaには書いてある。

澤口 俊之(さわぐち としゆき、1959年2月 - ):日本の脳科学者。元・北海道大学教授。専門は認知神経科学、霊長類学。理学博士(京都大学、1987年)。東京生まれ。
『幼児教育と脳』以後は、一般向けの著者として人気があり、「トンデモ本」とされることも多い
Wikipedia引用

一度テレビに出て、司会者に突っ込まれたり、イジられて話が自分のペースで語れなくて、「もうテレビには出ない」と言ったようだが、この空気を読まないで自己ペースで語る特異な人だ。

それで、二度目に出たとき、司会が「もう出ないといって、ディレクターがだいぶ慌てていたが」というと、先生「ウチの娘が出ろというので」と答えた。

今、脳科学がブームになっている。ほかにも質問をソツなくこなす脳科学者は多くいるが、澤口 俊之のガンコな学術口調とすっとぼけたキャラクターのギャップが面白い個性になって、群を抜いている。

9575 澤口の脳科学には、現代人の必要な知識があるから、引っ張りだこになっている。

「勉強は朝がいいのか」との質問に、的確な答えを出している。

9574 なぜ朝勉強すると、頭の回転がいいのか、それを論理的に答えてくれる。清々しい気分にさせるドーパミンが脳から出ているから、といわれると、朝早めに起きて勉強しようか、と思う魔力がある。

9576 睡眠して、改めて勉強すると、頭に入りやすい。とは言うものの、勉強はその場、教えてくれたその時、頭に納めるのが一番。興味のあることは、覚えやすい。面白いことは脳に残りやすい。これは間違いない。

高校生の時、「四当五落」という言葉で脅かされた。四時間しか寝ないで勉強すれば合格して、五時間以上寝れば不合格だ、というが、そんなこと言ったのは体育教師だから、あれはアテにはならない。

しっかり寝ておくことに罪悪感があった。睡眠時間は8時間とれば、しっかりご飯を食べたのと同じ効果がある。「オレは8時間ねて勉強する」と、いうのが、我々の親分だった、聖ちゃん(成瀬聖慈)の言葉だった。聖ちゃんは静岡大出てから、名古屋の大学で教授になった。

寝ないのは不幸の始まりだ。睡眠時間を削って秀才になっても、それは不幸だという考えだ。我々の求めるのは、幸せであって、辛い人生を求めているわけではない。

脳科学者 茂木健一郎: nozawa22

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (3)

2010年1月22日 (金)

ラサール石井で有名な大阪入江塾

Aさんの家では今年、長男が中学受験で必死だ。数年前から受験塾に通っていて、その成果が出る本番が今そこに来ている。この間、千葉県の私立名門を受けに行った。あと少しで東京の私立の受験日が近く、心に波が立っている様子だ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

受験当日、自分の生徒を励ますために塾の先生が校門前で待ち構えて、受験生にハイタッチして景気付けをしているという。プレッシャーに弱い子には、味方になってくれる先生が応援していると知れば、多少は効果があるかもしれない。この先生の応援は、段々過剰になっている様子だ。

Photo 今はおじさん、ラサール石井の家の近くに、大阪の灘中受験の塾があったという話はよく知られていた。ここは、数々の成果を上げて有名な『入江塾』。先生、スパルタの典型的な指導をして知られていた。

ラサール石井:学習塾『入江塾』で受験勉強をし(遅刻するので住込み状態)、灘高校に落ち私立ラ・サール高等学校(鹿児島市)に合格。東大に落ち早稲田大学第一文学部仏文学科在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。

受験生はまず灘中を受け、そこへ入るのがまず第一目標、そこを滑るとラサール(鹿児島)を狙う。鹿児島ラサールは、生徒は鹿児島へ移住して中高一貫で鍛えられる。大阪や神戸から、全国から優秀の生徒が集まっている。

そのラサールや灘の受験のときは、入江先生が塾から受ける生徒を集団で引き連れ、ほかの受験生の目の前で、デモンストレーションして、威圧するのだという。集団駆け足して、気合をいれ、大声出したりすると、ほかの受験生は怖くなるらしい。

ほかの受験生、みんな小学6年生だから、田舎から出てきた生徒は心細かったりすれば、そんな大阪の塾の先生が考えた威圧には驚かされるらしい。

大阪が終わると、生徒を連れて、飛行機で鹿児島へ飛ぶ。そこでも、塾生徒と名物入江先生は、大阪の灘でやったと同じようにデモンストレーションでほかの受験生の前で威圧する。それは、鹿児島ラサール卒業した東工大生に聞いた。受験したとき、生徒は精神的にプレッシャーを相当感じたといっていた。

その塾も先生も、寄る年波か、今から十数年以上前に止めたが、一時代の名物だった。とにかく、徹夜で勉強させるくらい当たり前、とにかく子供の限界を超える努力を強いて、塾へ泊り込みの勉強をしていた。ラサール石井は隣りくらいの場所であったのか、ほとんど、家と塾が一緒のような状態だったらしい。

灘中へ入れば、親にはもう殆ど成功、東大へ入るには、50%以上成功だ。とにかく、勉強さえできればいいのだから、相当のムチャクチャに仕込んだ。

入江塾:Wikipedia塾頭入江伸(いりえ しん、1917年12月15日 - 2006年2月20日)は右脚を悪く兵役検査で丙種不合格。教練不合格で官立上級学校への受験資格を得られず、関西大学哲学科卒業し、教職に就く。1948年、大阪阿倍野高での国語教師。その後、通信教育の添削を始める。その指導が人間性を重視したスパルタ教育で有名だった。評判となり、自宅に生徒たちが集まり、1960年に伸学社(通称入江塾)設立。スパルタ教育で評判を呼んだ。1985年に脳梗塞を発症、1986年に塾を畳む。2006年2月20日、肺炎で死去。享年88。

人間7分、学力3分の信念から、徹底した内面教育を行い、礼儀やマナーが守れない生徒は容赦なく叱責罵倒。しかし、それに伴う学力指導の成果もあり、毎年灘高を始めとする難関校に多数の合格者を出した。 自著で公開した入江塾のテクニックを利用した学習塾が増え、嫌気がさし、1986年に閉塾となった。
灘→ラ・サール→愛光(通称「西の御三家」)のツアー受験を行っていたことでも有名。

在籍していた著名
今中 雄一   - 京都大学医学部教授(医療経済学)
倉田真由美  - 漫画家
薩摩 和男    - 美々卯社長
※入江先生葬儀委員長
西田  猛      - 衆議院議員
藤本 貴也    - 国土交通省近畿地方整備局長

ラサール石井 - タレント
和田 秀樹    - 精神科医、受験評論家
永井 達也    -香川県警本部長

追悼:入江塾塾頭・入江伸氏、「伸学社」の思い出 この追悼ブログは入江塾の合宿で体験を通して、思い出が書かれている。こういう有名塾には数少ない成功者に対して、多くの優秀な敗残者がいる。それを書いている。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください。

| | コメント (0)

2010年1月21日 (木)

品川駅のビル群は美しいが、哀しい

9542月曜日のこと、思い立ったが吉日、と品川のショーウームへある事務機を見に行った。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

東京駅の山手線内へ飛び込みがあったらしい。それで、山手線外回りが全面ストップ。京浜東北線もストップしてしまった。だれか、行き詰ってしまって自殺したな、と品川駅の二つの手前「新橋ホーム」で立ち往生した。

9539 非道な言い方だが、他人には自殺するヒトへの同情なんて、ほとんどない。明日はわが身だと思わないわけではないが、都会では、他人の死になんとも感じない。感じようとしても、感じられない。都会の冷たさといえば言えるが、無縁の人にいちいち同情する、奇篤なヒトのほうが、風変わりと思われるほど。それが、現実になっている。

人のあり方として、もっと人と人が親身になれるはず、人の苦しみはみんなの苦しみでなければならない。この関係が段々薄らいできている社会をなんとかしなければ、人類は衰退する。今、人類は壁にぶち当たっていると思わないで、どうするのだろうか。

今日も、飛び込みが稲毛であったらしい。ニュースが駅の時刻表の下にテロップが流れていた。不景気になってから、自殺、飛び込み自殺が目立つ。鉄道以外の方法も多いが、鉄道で目立つ死に方で、最後のアピールかも知れない。借金まみれになった人は、返えそうと思っても、仕事がなければ、返せない。ウツになって、ついに「死ぬしかない」と思い込むかも。責任感の強い人ほど、そのスパイラルにはまったら、抜けられない。

9543 品川駅周辺の巨大ビルに取り囲まれて、十年前の古い地図にキャノンショールームの番地が載っていない。近いはずだと思って、タクシーに乗った。駅から歩いていく、ビルからビルへ渡っていけば、ストレートに行けたのだと、タクシーの運転手は、ビルの足元に下ろして去って行った。

ビルの中はガラス張りのビル、そこをエレベーターで二階、三階へと昇る。駅からビルの廊下を歩いていけば、近かったのだが、タクシーは着いた。

_9541 ショールームは静かな博物館だ。売るためだろうが、それほどあくせくしていない。30分間から1時間はじっくり聞き、その商品の使い方は覚えた。丁寧に教えてくれるから、コレ、案外都心の穴場かもしれない。1メーカーの商品しかないが、使い方、性能を調べるには、絶対便利だ。説明者は、「買え買え」とせっつかないから、気楽だ。

9537 ここの一連のビル群は、旧国鉄の最後のまとまった余剰地だといわれた場所だ。ついに全部、近代的なビルがニョキニョキ建った。みんな、とてつもなく高いビル。美しい造形ではあるが、哀しい。人間がアリンコ状態に見えて仕方がない。ビルの建物は、次から次へと進歩してビルは巨大化しているのに、人間は相変わらず、ソコソコの背丈で、頭脳も進歩したわけではない。ビルだけは、大きく、近代化している。人工物と人間のギャップがますます広がっているのと痛感する。

コレだけギャップが広がってくると、恐竜が栄え滅びた地球上の歴史を思い、空恐ろしい気がしてくる。人工物に人間が制御され、人間の側が自然を征服している気持ち、それが大きくなって、気づいた時には、人間の最後、滅びの時に至っている。そんなイメージがある。敏感な人間をまず最初に気を狂わせるかも。

手塚治の未来漫画で、御茶ノ水博士やアトムを見たときには。輝く未来見えた・高速道路を描いた漫画は、人間の未来は素晴らしく思えた。しかし。これも限度があって、人間のサイズに、人間が付いていける速度、大きさも「人間的」という言葉がここには必要かもしれない。

しかし、この中で働いている人には、そんなコト、慣れのなかで気づいていないだろう。ガラスのセメントとスチールで囲まれ、かろうじて、庭木が植えられているが、ビルの多さから比較すると、申し訳程度だ。

9551_2 人間が住む家屋はこの周辺にはない。大きなトンネルのようなセメントとガラスの職場から、駅に向かう道も、作り物の中に行き交う平成人たち、これでは気詰まりしそうだ。こんな自然と対極の場所で人生の数十年を費やしてしまって、いいのだろうか。気狂う人が出ても、当たり前だろう。

00004 人間が自分で、人工物の中へ追い込んで、効率的だと思い込んでいる図は、鶏卵をいかに能率的にたくさん生ませる白色レグホンのニワトリ小屋と完全に同じだと思う。

00005朝、山手線に乗ったら、車両のイスは午前10時までは、使えない。みんなだまって、つり革につかまり、ハネ上げたイスに通勤客は黙して語らず、立っていた。人々は等間隔に立って黙って一様にあらぬ方向を見ているか、ゲームをしている。人間以外の力が、人間を仕切っている。チャプリンが見たら、もう完全に再び映画「モダンタイムス」ができると、思うにちがいない。

品川駅周辺のビルだけではないが、ビルの造形は行き着くとこまで行ったのか、とても巨大で美しいし、機能的である。そのせいか、人間がますます矮小に見えてしかたがない。そして、近くには、民家という民家が、どこにも見当たらない。

この傾向は日本だけではないが。その国らしい特徴は都会ではない。ドイツを見たければ、田舎へ行け。といわれるが、人間、個人の力が、都会では発揮できない。そんな印象が強い。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月20日 (水)

幼い子を孤独にしてはいけない

昭和21年、継母となる母と始めてで会った。昔の話も、これだけ古いと、悲しみも、涙も、すっかり枯れて他人の話みたいにできる。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

何の用か、父親に会いに小5の兄と出かけた。中仙道沿いの本町に行くと、道の両側には柳が並木になっていた。昼過ぎていたが、人通りのない静かな町だった。しもた屋風の二階建ての則武という家の前に立って、兄は家の人に声をかけた。田舎の少年が「父いますか」とはいえなかったから「トウチャン、いますか?」とでも聞いただろう。

本町通りは、昔からの宿場町の家並で、江戸時代は宿屋だらけだった。ここの家も、その名残の古い家だった。下宿にはもって来い家だった。そこに父がいるはずだった。女性と一緒だという情報はあった。

父は不在であった。代わりに女性が下りてきて、父の不在を告げた。小学1年の私にも、この人が父と一緒に住んでいる女性だとわかった。

始めて会う子供達に、甘いものが少ない時代、干し柿を私たちに一個ずつくれた。子供達を懐柔するにはいいチャンスだったろう。他人の関係だから、優しい人には見えた。

それから、私と母の葛藤の始まり昭和64年が終わるまで、続いた。継母との付き合いって、経験してみないと、わからないが、芯から信じあえることの難しさがある。

本町通りの一偶に、(岐阜県)恵那郡に卸す麦を委託されて精麦する工場と家があった。兄弟7人いたので、病身の母が死にその後は、上の兄弟何人かは新しい母と暮らし始めた。小5だった兄と私は姉(長女)が二十歳を期に結婚した家に同居することに決まった。

兄弟の大部分は、父と新しい母と一緒に暮らしたが、姉の家で姉の夫(義兄)と一緒にメシを食う時、ビシビシ注意されるし、同居の心地はいいとはいえなかった。姉もアルバイトに出たし、兄は学校が遅くなると、小学校1年の私は、今でいう「かぎっ子」状態になることが多かった。

家に帰ってもダレもいない。テレビがあるわけでもない。することもない。隣に友だちがいない。ひとりぼっちだった。これ、どうしたらいいのか、まったく孤独だ!と痛感したときだった。

本町に兄弟がいる。父がいる。新しい母がいる。それは知っていたから、「本町へ行こう」と思った。姉の家は宮町(恵比寿神社前)から本町へ歩いて行った。およそ、数百メートルの距離だが、一人で行ったことはなかった。

柳並木の本町のウチへ着いた。でも、自分チだが、自分チではない家には、格子戸があり、閉まっていた。中へ入れない。ダレも出てこないし、外の通りにも人はいない。こんな孤独は、味わったことはなかった。

小一の私は、ここの家の子にしてもらえない寂しさを感じて、しばらく佇んでいたが、また、今来た道を帰るしかなかった。

アンジェラ・アキの「15の手紙」で、大人の自分へ手紙と大人の自分からの手紙を歌っているが、小一の私の気持ちがまだ残っている。だから、ずーっと私は小学一年生のような幼い子を孤独にしてはいけないと、思ってきた。Img_0524

山本寛斎も少年時代、両親が離婚して兄弟3人孤児院で過ごした経験を語っていた。温かい家庭がない少年の心には、よその家庭の夕飯時は特に寂しい。山本寛斉の少年時代 夕暮れは嫌い

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

共に縁を結ぼう 結縁の勧め

7Photo_6 「縁を結ぶ」 の反対「縁を切る」はわかりやすいが、結縁(けちえん)はわかりにくい。

唐招提寺の住職松浦和尚が説こうとしていることは、結縁「共に縁を結ぼう」という、仏の悟りに私たちも近づこう、ということ。しかし、ここへ結論を持ってきたいのだが、我々には、仏教の何たるかがよくわからない。仏教は葬式にしか縁がないのが現実だ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

松浦 俊海さん(72)まつうら・しゅんかい1934年、上京区生まれ。69年に壬生寺貫主になり、壬生狂言をとりしきる壬生大念仏講講長も務める。05年7月から鑑真和上を開祖とする奈良・唐招提寺(奈良市)の第八十五世長老を務めることになりました。同寺を総本山とする律宗の管長も兼務している。

唐招提寺というは、かの有名な鑑真和上がここで唐から持ち込んだ正しい仏教を日本に広めようとした寺である。その寺のトップに立っている松浦和尚である。

戒律を伝えた鑑真和上。

1、共に来縁を結ばん
戒律を伝えた鑑真和上

2、布施の行の尊さ
被災者を救う慈愛博愛

3、戒律を護持して
倫理観呼び覚ます生活

4、金堂大修理に思う
祖先の教え正しく伝承
02

この松浦さん、趣味が広くて、お年寄りにしてはびっくりする。特に理系に造詣が深く、IT技術が優れていて、インターネットで唐招提寺と壬生寺をつないで、早朝のテレビ会議をしているのだとか。松浦さん、今年は75歳。

04昔、仏教が広まったのは、僧侶に技術あり、尊敬された。行基菩薩は治水で、空海は川の氾濫を治めたり、池をつくり田畑に水を引いた。あるいは、秘法のように寺には薬をつくる技術が伝わっていた。仏教を広めるには、そういう庶民が渇望するものを与えて、そうして尊敬を集め、生きる望みを見せたのだと思う。宗教の役目があった。

宗教指導者が尊敬されるには、そういう技術の側面が常について回っていた。今現代には、それが必要ではないのかもしれないが、僧侶にはそれに代わる何かがないと、現代一般庶民の知識に負けては、ひきつけられないだろう。

03_2 僧侶の趣味には、ITは一見似つかわしくないようだが、 この現代の先端を使いこなせると、これからは、教えたり、共感できる。相談にも乗れる。まあ、江戸時代の名づけ親になるだけの漢学の知識が博学みたいなものだ。道具や科学では、お説教はできないが、宗教の真髄をITの上にも、真髄を通して仏教を語れる。

結縁「縁を共に結ぶ」ということは、なんだろう、と考えることができたら、本当の仏教を学ぶことになる。葬式セレモニーが宗教だと多くの人が思ったら、宗教は死に体だ。

05_2 鎌倉時代にできた浄土真宗、日蓮宗の誕生以前からある薬師寺や唐招提寺は、一風押されても倒れない貫禄がある。そして、高田好胤のようなヒトの心を掴む名人、名物僧侶がいた。唐招提寺の松浦和尚、高田好胤タイプではないが、いい味出している。

結縁の解説 昔から、在家の男女や僧尼たちは、仏・菩薩を供養することで、仏・菩薩のさとりと自分自身とを結びつけようとしてきました。それによって、来世に良い業を受けるための功徳を得ていたのです。

禅宗(曹洞宗 万福寺)からの贈り物 時間の有効利用、ヨガ教室、仏陀再誕 チベット動乱で聖火拒否の善光寺僧侶  不況と親鸞 文芸春秋五木寛之対談  他力本願と悪人正機説   親鸞「他力本願への道」 

幸福の科学 国政進出、第二公明党か  週刊朝日の公明党よ!目をさませ 自殺対策に取り組む僧侶の会  伊勢神宮の精神性は何か  極道の世界から仏の道へ  五体を離れ自分を認識する幽体離脱 暗くて重い女の業 水上勉の原点 薬師寺管主 高田好胤を思いだす 顕正会VS創価学会 近親相争う

ケルン大聖堂の威容  仏像を見て仏教を考える 陽根信仰の意味 つつしみの心 それは間違っていないが 陽根信仰の意味  石井一参院議員 創価学会党に噛み付く  紹介「池田大作なき後の創価学会」    薬師寺管主 高田好胤を思いだす

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (0)

2010年1月18日 (月)

小林繁さんが逝った 57歳

Photo 突然のふ報だった。70年代の終わりから80年代前半にかけ、阪神のエースとしてひときわ輝きを見せた小林繁さんが逝った。日本ハムによると、小林さんは朝、体調を崩し、救急車で搬送される途中に息を引き取ったという。空白の一日 江川卓と小林繁: 

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

Photo_2 「小林繁が息を引き取った」というニュースは、スポーツ紙で一面トップが多かったが、信じられない。彼は、敵役が江川卓で、小林繁は巨人ではあまりパッとしていなかったから、トレード要員にされたのだろうが、阪神へ行って、注目される役回りになったのは、得したと思った。彼の細身で、帽子をフッ飛ばして全力投球する姿は、義経のイメージで判官びいきのファンが多くついた。

まだ、まだ死ぬような年齢ではないのに、急死とは。人生の休止で、復活するような印象だ。何で死んだか、さっぱり情報がない。空白の一日 江川卓と小林繁:

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください

| | コメント (2)

2010年1月16日 (土)

作文、小論文 好きになる近道

学期初めに作文を書いて、学習以外の分野に目を向ける工夫をしていたが、生徒は何を書いていいか、結局一時間何も書けないまま、ほとんど白紙で提出するか、おざなりの文章を書いて、お茶を濁す。そんな具合であった。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

作文の苦手意識はどこから来るか。これが遊びで楽しいなら、下手 でも書きたいと思う。たとえば、そり遊びなら、坂の上から上手に降りてくる子も、途中でひっくり返ってしまう子も、楽しい気分で、またやたりたいと思うだろ。

問題は、それを材料不足でひっかるのか。書く形式ハウツーで苦しむのか、その違いで「作文、小論文の近道」の回答が違う。

材料不足が問題の場合、興味があることがあって、関心をもって物事に接する好奇心があると、蓄積が多くなる。読書も、テレビ観賞も、DVD鑑賞も、旅行も、交友も、なんでも書く対象になる。それが膨らんでいる人ほど、伝える材料が多い。

材料が多い人は、そっちへ時間がとられて、文章にする時間がないというかもしれない。「書くことがない、ない」という人に、一言、申し上げます。書く材料は、目の前にある机の上にあるものを順番に説明するだけでも文章は書けるのです。畳の目をじっと見つめても、書く材料が見つかります。

書く形式:文章を書いていく作業に、評価や義務、そういう要素がなければ多くの子は、自分のやったことを表現することは、本当いえば、苦しいわけではない。特に誰かに伝える相手がいれば、明確に伝える手立てになる。他人に伝えるブログでも、自分自身に伝える日記の形でも、同様だ。伝える対象がはっきりしていれば、その伝えるスタイルが決まる。そうすると、書きやすくなる。

作文は、まず最初に言いたいこと、伝えたいことを手早く、テレビドラマのトップシーンを書いてしまう。それが「起」となる。

その後は、そのシーンがどうして起こったか、順序だてて書き表す。その後は、ゆっくり、書くパートの長さを考えながら、全体を書いていく。これが、通常の作文の進め方だろう。トップシーンを描けると、あとは結論が平凡でも、評価が高いと思う。

論文を論文らしく書くには、「今日では、」と最初に書いてしまうと、それ以後の言葉が決まってくる。漢語調で始めると、大和ことば風な柔らかい言い方ができなくなる。と、いわれている。

入試の小論文は、制限時間があるから、得意なテーマを10本くらい練習して、見本を持っていないと、即座には出てこない。小論文指導者は、大抵、その手で受験生に指導する。頭にモデルパターンが入っていれば、大抵は応用がきくものである。

スピーチの話し方 挨拶の仕方

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (1)

2010年1月15日 (金)

ブレーメン音楽隊 大聖堂 海運商工会議所

 ブレーメンへ行く。途中でブレーメン大学の建物が見えた。クリスチャンの弟ニルスが機械工学専攻に在学している。ドイツでは、すべての学校は、国費によって授業料が不要だという。 ありがたいことだ。これで、安心してすべての国民は教育が受けられる。00001

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

Img_5228f305c 大聖堂の前に、童話「ブレーメンの音楽隊」の銅像は小さく立っている。世界中に知られているが、それが意外と小さいのにはおどろく。

ブレーメンの町が貿易の中継港で、ドイツで取れた燃料炭が輸出品だったころは、相当栄えていたと思われる。その証拠に、中世の立派な海運商工会議所が町の中心にドーンとある。この海運商工会議所は、千石船がヨーロッパ各地の港を回って、ずいぶん儲かっていたのだね。中世500年以上前の建物が、今も市役所として利用されている。

Photo  そのブレーメンの大聖堂の中に入り、説明をクリスに聞く。どこの歴史的施設もお金は強制的にとらならい。志として、寄付ができるように神父が胸に寄付箱をぶる下げて角々に立っている。

 聖堂の中を歩いていると、神父から<帽子を取りなさい>のゼスチャーで注意された。聖なる場所であって見物の姿勢を指摘された。観光客を監視している感じではある。

 入場料を取らないのは、人々は信仰を求めて来ている、という宗教的な立場で公開しているというわけである。ここが拝観料をとる日本の神社仏閣との差。日本が戦争に負けてアメリカ的になった途端、資本主義で利潤を上げることに草木もなびく姿勢にことごとく変わってしまったのと違いを痛感する。

 教会の中にある古い事物、あるいはステンドグラスに描かれた絵に関するストーリーもヨーロッパの人々には分かるものかもしれないが、ボッと出の東洋から来た我々にはわかるものではない。またこの巨大なドームも完成までに三百年の中断が入って、途中で建築様式が変わっているという説明を受けた。宗教の人々に与えた影響ははかりしれないが、それは一過性のツーリストにはなかなか理解できない。ケルンの大聖堂と由来が似ている。

 ヨーロッパでは、どんな戦争の時も、古い歴史のある寺社に対しては爆撃等は加えないという敵も味方も暗黙の認識があったのだという。日本軍にはその意識はなくても、アメリカ軍によって京都、奈良が守られたように、西洋人の先進性を感じた。

Buremenstreet ブレーメン町は、古い石畳の道を歩いた。清水寺の参道ような感じがないでもない。迷路のような町。昔のままの古い町並が続く。歴史を大事にしているのを痛感する。通りには豚の銅像があり、メルヘンの町を強調しているが、あまり重要な役目を果していないのに気づく。
 工場直営店でチョコレートを買う。次にデパートに行く。五時三〇分に市役所前に集合で帰ることにした。鮮魚店を見たが、魚の種類が少ない。店も狭い。魚を食べる人が少ないということを感じた。

「1日1回応援クリック お願いします!」
   ↓   ↓   ↓   ↓

人気blogランキングへ 今後とも、ブックマーク(お気に入り)で、継続的に追読して頂けると、嬉しく思います。 ブログ村 nozawa22 ←クリック

| | コメント (1)

2010年1月14日 (木)

北ドイツの観光あちこち 2

えmい ドイツのお父さんの案内で、湿地帯の丘陵にある芸術家村へ行く。
 そこ芸術家村は、湿地の中の小高い場所である。大抵の人が住んでいるのは、湿地帯の島のような場所である。芸術家が集まる集落が、日本でいうと軽井沢か、湘南に該当する観光地である。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

Artvillage1Artvillage2 最初芸術家志望の学生が六人くらいで住み着いたというが、芸術家の好んだ土地はやはり景色がいい。芸術そのものもなかなかユニークである。日本芸術の影響がある石造大黒さんのような石像が並んでいた。斜めに見える家などあり、興味深いものがあった。
 家の中は喫茶店になっているが、まだ二月、三月のシーズンオフは閉館されていた。私たち以外、観光客はダレもいないし、売店も休みだった。

 ここにいた芸術家村の人々は、彼らの芸術が残されているが、革新的な芸風であるが故にナチスに狙われて、ここの人々は一九三〇年代に一斉に姿消している。ソ連へ逃亡し、彼らはソ連で活躍したが、彼らの最後は不明。

Sofm エーデルワイスヤドレミの歌で有名なトラップ大佐家族がナチスから逃げたように、そういう逃亡した人が多いのが、ここでも感じられた。

 続いて、港町ブレンハーベンへ出掛けた。北の果ての港町で、夕日が落ちる海の光景がすばらしい。レストランでコーヒーを飲みケーキを食べた、船の博物館へと案内してくれたが、閉館まで一時間しかないので、海好きなハルケンゼー親子は見せたかった場所だったが、残念ながら、そこはカットした。

 デパートのウインドーショッピング。ここのデパートの入口でパンクロックのライブ演奏。音がうるさい。午前中の博物館に時間がかかりすぎて、予定している動物園の見学と船の博物館がカットされた。

 本日の最後に、洋食ばかりで飽きるだろうと、ブレーメンにあった中華料理店へと案内してくれた。ドイツの「中華料理の味」が、器は同じだったが、日本で味わう「中華料理」の味と違い、不満だった。中華料理も、その国によって違うのか、その辺がよくわからないが、私の印象では、日本人は中華でも繊細な味付けがうまいような気がした。ここでも時間がかかる。
 
 乳児だったR太郎の離乳食とかミルクとか、おむつとか、買い物が多くて時間がかかる。行動のスケジュールが不正確になる。そうすると、お父さんはドイツ人らしく綿密な計画を立てていたのに、その通りに行動してくれないから、イライラのし通しだったようだ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

北ドイツを観光ドライブ1

Logo7 私たち家族は、(ドイツ北部の)長い名前の町オスターフォルツ・シャームベック市駅からワンボックスカー(レンタカー)でハルケンゼー邸に着く。走行時間は10分から15分。娘の結婚式にドイツにきた十年前の話である。

翌日、私邸がすべて博物館という公園へ案内してくれた。しゃれた庭園に入ると、アメリカ西部劇に使われるような幌馬車が置かれていた。第2次世界大戦のさい、ロシアから一ヵ月かけて逃亡してきた人々が乗った馬車である。それが二台おいてある。足元に福寿草が咲いていた。2月29日晴れ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

Imagewinter3  娘婿クリスチャンは、博物館の館長さんを友人だといっていたが、三十代の人かと思ったら、かなりの年配の人だった。小学生時代から彼は遺蹟発掘が趣味で、今は町のスーパーマーケットが建っている場所から古い時代の土器を発見している。そこから発掘した土器を博物館へ寄贈している。その貴重な品を事務室の収納箱の中から見せてくれた。

 博物館内には、コレクション、所蔵物が種々雑多、所狭しと置いてあった。石器時代の鏃(やじり)、古代のヨット、煙草(葉巻)工場の所蔵品、教会の鐘、オリンピックのヨットでとった銀メダル、世界最古の自転車など。

Imagewinter1  私がもっとも興味を引いたのは、氷河の作った堆積燃料だった。堆積燃料というのは、湿原の草が秋になって枯れ、それが水に沈殿しそれが堆積したものである。
 この北部ドイツは氷河が溶けた水で洪水になって、最後まで水が引かない広大な湿原だった、という考古学的な歴史がある。氷河期が終わってから、何千年どころではなく、何億年という単位の歳月で、川岸のアシが地下に堆積したものであると考えればよい。堆積物が乾けば燃料になる。

Imagewinter2 北ドイツは湿原地帯が広がっており、堆積は平均すると、深さ7メートルから2メートルは積もっている。ヘタに足を踏み入れるとブクブクと沈んでしまう。産業革命で石炭がイギリスで堀り出され迄は、北部ドイツの堆積燃料は北ヨーロッパ(ドイツ)の最大の生産物であり、その貿易で栄えていた歴史がある。
 石炭・亜炭には露天掘りというのがあるが、この堆積燃料は主に湿地帯の水中から掘り出す。小さな船で集めた堆積枯れ草を煉瓦状に切り、それを集めて大きな船が輸出品として運んだ。その中世期の船は、縦四十メートル、幅十メートルあり、木造の博物館の中にメインとして陳列されていた。

 スカンジナビア半島のノルウェイやスエーデン、フィンランドには、氷河でできた風光明媚な湖がたくさんあることは知られているが、氷河期以降、氷河が溶けたけた水について考えたこともなかった。氷河が溶けた水が北ドイツの平原に押し寄せて湿原を作り、そこの植物が堆積した草が亜炭のようになっていたのだ。堆積され永久凍土のようになったアシの中からは、何万年も前の人とか、生物が見つかり、貴重な古代研究資料になることもあるそうだ。

 隣の別館は、鳥(フォーゲル)だけで、統一された博物館になっていた。
 湿原をバックにして立体的な展示がされている。ここの湿原に生息している小鳥たちにはどんな種類があるか、実によく楽しく展示されている。剥製が主体ではあるが、外には小鳥が来る巣箱が見える。これを中から楽しめる工夫がなされている。

 次に姑お父さんの案内で、湿地帯の丘陵にある芸術家村へ行く。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

アムステルダム「アンネの家」を見る

2月末、娘の結婚式でドイツへ行ったとき、成田発の日航ジャンボは、最初、アムステルダム(オランダ)に到着した。午後5時(現地時間)であったが、時差があるから、日本時間では言えば深夜1時はとっくに過ぎていた。一昔前、10年前の話である。

 アムステルダムといえば、オランダの代表都市なのに、駅前の歩道の悪いこと。びっくりした。東京の丸の内に該当する道路なのに、整備されていない。十年経って変ったかもしれないが、アムステルダムの駅前の石畳がガタガタ。走っている電車は、昭和30年代の都電を連結したような電路面車が通勤帰りの客を満杯に乗せて走っていた。情景としては、なごやかでいい感じではあるが、効率的ではない。旅行者のキャリーバックを滑らかに走らせる道路ではない。

回りの建物は、1930年代か、それ以前から建物は残っているのだろう。まるで古い洋画のセットだ。五、六十年以上前にタイムスリップしたような雰囲気の街だった。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

0801072

 まだ夕方だからとアムステルダムの街を見ようと出掛けた。運河の側の歩道には車がズラッと違法駐車している。東京なら確実に違反切符を切って罰金をとるだろう。運河沿いのスペースはそんな車で一杯。

 娘は一回しか行ったことのないのに「アンネの家」を案内すると歩き始めた。アムステルダムで有名なのは、運河、アンネの日記、そして「飾り窓」と相場が決まっている。
 別に運河の周辺でなくても、飾り窓のネオンはアチコチにある。人通りは少なかった通りにでも、ネオン輝くガラスのショーウインドウがある。一階にあるところもあったが、二階にネオンが輝いた部屋があるのもある。アチコチにネオンのついた館、飾り窓があった。人の姿は見えない。しかしカーテンが閉まっている。「接客中だよ」とこともなげに娘はいう。実に言いえて妙である。

11647_2 「アンネの家」へ迷いながら歩いた。しかし、5時過ぎには閉館することはわかっていたが、アムステルダムにきたら一応「ここは行った」と言いたい。外から「アンネの家」の中をガラス越しに見えるようになっている。「アンネの日記」世界中で発売されているものがライブラリーとして所蔵されている。日本の本も並んでいた。

 人の集まる店は少ないが、開いているレストランは若者で一杯。不思議なことに、必ずテーブルの上は燭台にキャンドルが点されていることだ。ろうそくのほの暗い明かりが心休めるのかと納得したが、いまだにあんな暗い灯りでよく平気だと、疑問が残る。

 レストランで食事をと注文したのは、野菜炒めのようなものだが、ちょうどそのときは狂牛病問題で話題が沸騰していたので、だれも肉は食わないという。肉は皿の外に出す。店の椅子の上にネコが寝そべっていてどこうとしない。店側もあえて追うこともしないのでネコの場所を避けて座る。

日本のネコと違って、手を出してかまおうとすると、フィーと歯をむき人間に向かってくる。これは、日本の犬やネコのように慣れ慣れしくない。ペットも自尊心があり、市民もペットに対する感覚が違うのは印象的だった。

 座ってから料理が出るまでの短い時間の間、店の中に中老の女性が入ってきて小さな紙切れを私の前に置く。オランダ語は読めないのにと思っていると、他のテーブルも回っている。日本で言えば、店内に入ってきて「お花、買ってください」というようなもの。オランダでは、中年おばさんが、小物のお土産品を買わせようとしている様子だった。「No Thank You」というと静かに引き下がってくれた。ごくあたりまえの営業のような様子にオランダの事情を垣間見た感じだった。

 帰ってきたホテルはセントニコラスホテルといった。ホテルとは名ばかり、エレベータに乗り込んでびっくり、木造エレベータで貨物用ではないかと思った。

 2月27日のアムステルダムは、樺太と同じ緯度、まだ厳冬だ。夜明けも遅い。明け方の気温は低い。ホテルの部屋の窓を押し開けると冷たい空気がはいて来る。曇っているが雪も雨も降っていない。しかし、街灯照らされた空には何か舞っているものがある。雪か霧か。そうダイアモンドスノウ(ダスト)だ。北国独特の天候だ。

泊まった翌朝、白々と明けてきた街の通りを窓から見ると、連結電車が走っている。火曜日、通勤の人で満員。向えのホテルから出た人が白い路上でタクシーを待っている。

向こうのビルとこっちのビルに張られた線の中央、道路の真ん中辺りに照明の電球がある。日本の街灯は歩道を照らすがここでは路面を照らしている。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

年寄り度検査します

空気の通りのいい社会を目指すべき

 多くの戦前に子供時代を過ごした老爺さんの中には小学校で教えられたものをそのまま信じて変わらない人もいるそうですが、いかがですか。昭和二十年以後の教育は、日本人の教育ではないと思っている老人もいると聞きます。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

 天皇制反対なんていう日本人は、生かして置けないと未だに思う人がいるのです。この問題だけは、自由に物をいわせないと言う人が多いのです。自由に討論することをさせないのは、狭窄的な視野に陥っています。度量がないといわざるを得ないのです。
 多様な意見があり、その存在を認めることが、自分の尊厳を他人に認めてもらうことでもあるわけです。

あなたは、若い人、目下の人の意見に耳を傾けていられますか。
「自分の考え方は正しい」と、いつも思っていませんか
命令には従順でないと、「不逞の輩だ」と思っていませんか。
天皇を崇拝しない人に「日本を出ていけ」…と、怒鳴りたくなりませんか。
自分の意見に従わない若年者に腹を立てていませんか。

相手の尊厳を認めることが、住みやすい世の中を作っていくことになるのです。

 お年寄りに申し上げます。
 『意見を言う』は『意見をする』と似ていますがこれは天と地ほど違うのです。まったく内容も、考えも違うことを気付く人は少ないので困るのです。このことに言及しようと思ったのは、ある一通の葉書『目上の人には、意見を言うものではない…』という趣旨の文面に出会ったからです。
 この文面は、目上の人に向かって自分の意見の押しつけはいけない、といいたかったのだと思います。

 これに対して、一言いわせて頂きます。
 私は意見は戦わしてこそ意味を生ずる…意見をいい合うことは、腹蔵無く何でも吐露して、お互いの意見の長所を取り、次ぎなる高次の意見へ到達する。そう思うのです。
 『意見する』というのは上意下達であって,上から下へ強制的な意思の伝達であって、それに逆らうことは有り得ないという前提で、『意見する』のでなくては、言葉が成り立たないのです。ですから、目下から『意見する』というのは、年功序列の世界では「下克上」と考えられるのでしょう。

 目下の人の意見が例え立派でも、上司の意に沿わない考えで受入れがたい…ということで却下されるとしたら…この不条理に我慢できる人は少ないのです。我慢したら、その我慢したことは、自分の下の者へ順繰りに、報復的な仕打ちをすることになります。
 同じ立場でディスカッションを認めないのは、上意下達をのみ重んずる世界で、肩書の物言う所でしょう。一方的に『意見をする』のは、上に立つものには都合のいい世界です。
 『意見を言う』は、おおいに奨励して、コミニュケーション、空気の通りのいい社会を目指すべきだと思いませんか。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月10日 (日)

私の心は夏もよう 内館牧子と藤本敏夫

Sty090131200709124653201n 藤本敏夫は加藤登紀子の夫である。妻公認の飲み友達で、内館牧子が飲み歩いていた頃の話がエッセイとして週刊朝日(新年特大号)に載っていて、面白かったので紹介する。内館牧子 養老院より大学院

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

赤坂や六本木で飲んだあと、藤本敏夫は締めに新宿二丁目のゲイバーへ行くのが常だった。内館牧子は歩いて帰れるところから新宿二丁目まで連れて行かれるのは迷惑だったが、元全学連闘士の強引さにあらがえなく、藤本のお気に入りの雑居ビルの地下一階ゲイバー「イノセント」へ。。

ゲイのママが一人でやっている静かなバーであった。口数の少ない化粧気もあまりないママで、気が置けない雰囲気があり、「明るい笑顔に寂寥感が漂う」(内館牧子の印象)人だった。

真夜中か、夜更けにタクシーを飛ばして、「イノセント」ゲイバーへ行くと、藤本は井上陽水「少年時代」を歌った。歌うのは、必ず、この歌だったという。

  夏が過ぎ 風あざみ
  だれの憧れにさまよう
  青空に残された 私の心は夏模様

  夢が覚め 夜の中 長い冬が
  窓を閉じて 呼びかけたままで
  夢はつまり 想い出の後先(アトサキ)

  夏祭り 宵かがり 
  胸の高鳴りに合わせて
  八月は 夢花火 私の心は夏模様
  Um Um Um Um Um----m---

  目が覚めて  夢のあと  
  長い影が  夜にのびて
  星屑の空へ  夢はつまり  
  想い出のあとさき

  夏が過ぎ  風あざみ  
  誰のたそがれに  さまよう
  八月は  夢花火  
  私の心は  夏模様

   カラオケ練習用1   カラオケ練習用2

 この歌は、もう少年時代を忘れてしまった人の歌詞だというが、そうかもしれない。この歌を五月の浜辺で明るく歌ったと内館牧子は回想する。目の前には、藤本が歌っているが、彼女はビールを飲み、ゲイのママはカウンターの中で鏡を見ていた。六月の梅雨の匂いがする地下で聞いても、「少年時代」は似合う。

健康的な「少年時代」も、雨の夜更けに聴く「少年時代」も、それぞれに似合った。ママ「牧子ちゃん、うっとり聴いているじゃない」といい、藤本は「オレの歌のすごさにひれ伏したか」と喜んでいた。井上陽水のすごさにひれ伏していたのである。と、内館牧子はいうが、そればかりではなかったかもしれない。

「八月は夢花火」という歌詞にあるように、少年時代少女時代を忘れた人には、これからやってくる「人生って短くて、はかない花火だったな」と身にしみる。その部分を感じさせるところに感興がいくのではないか、と彼女は述べている。

その数年後、飲み友達の藤本敏夫は死ぬ。何回か、ゲイのママから電話があり、新宿二丁目は行って、ゲイママと二人で歌うのは、藤本のオハコ、井上陽水の「少年時代」であった。

ある日、久し振りに電話があり、「牧ちゃん、今までありがとう。楽しかったわ。元気でね。さようなら」とママは店を閉めた。

藤本 敏夫 (ふじもと としお、1944年1月23日 - 2002年7月31日):兵庫県西宮市甲子園生まれの学生運動指導者。有機農法実践家、大地を守る会初代会長、兵庫県立鳴尾高等学校卒業、同志社大学文学部新聞学科中退。妻は歌手の加藤登紀子。また、娘も歌手のYae。

内館 牧子(うちだて まきこ、1948年9月10日 - ):作家。横綱審議委員会委員、東京都教育委員会委員、ノースアジア大学客員教授。秋田県秋田市出身。1970年(昭和45年)武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒。三菱重工業に勤務。1987年(昭和62年)に脚本家デビュー。当初は岸牧子の筆名で活動。代表作に、NHK連続テレビ小説『ひらり』、『私の青空』、大河ドラマ『毛利元就』など。
 大の格闘技ファン、特に好角家であることが知られ、2000年(平成12年)から日本相撲協会の横綱審議委員を務めている。2003年(平成15年)には東北大学大学院の社会人特別選抜を受験し文学研究科修士課程合格。『神事としてみた相撲』を研究テーマに宗教学を専攻し、2006年(平成18年)修了

寒い冬の日は 河島英五のうたがいい 歌で脳活 人生いつまでも青春時代 お互いに目を見つめる トワエモア 本田美奈子が歌うドボルザーク新世界  夏川りみ 彼女の歌をYouTube聴こう  心疲れた方へ 童謡唱歌を紹介 

真夜中に倍賞千恵子を聴きながら ちあきなおみ 冬隣 喝采 紅とんぼ 手紙 拝啓15の君へ アンジェラ・アキ  奇跡のシンフォニー August Rush 椎名林檎 天才か、はったりか 

歌で一息 休憩だ エンヤの歌声を大晦日に聴く イムジン河 加藤和彦の自殺はなぜ  秋の夜長 河島英五か、本田美奈子か 井上陽水 「いつのまにか少女は」聴く さだまさしの紅白あとNHK深夜番組 小倉優子音楽隊in荻窪音楽祭       

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月 9日 (土)

梅宮辰夫と立花隆 旧友再会NHK

920892079215 梅宮辰夫と立花隆とは結びとかない、と思いつつ、テレビを見た。旧友といっても、同級生ではなく、同郷生だ。梅宮も立花も満州からの引揚者で、水戸で同じ中学に通った梅宮の3年下に立花(本名は橘)が近所にいた。 『旧友再会~梅宮辰夫と立花隆』(NHK)

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

中学生のころ、梅宮辰夫を立花は憧れていた、という。彼梅宮がハイジャンプの花形だったのを見て、陸上部へ入ってあとを追った。立花は運動が苦手そうに見えても結構な記録を持っていた。一方、梅宮は学校内では、ケンカがあれば駆りだされて、先頭に立っていた。運動会では女の子たちが歓声を上げる対象だった。

梅宮は父が医者で、誕生日に空気銃を買ってもらえる家だった。体格もキップもよく、目立つ存在であった。梅宮の記憶では「1メートル70飛んだ」という。「今は70センチも飛べない」と自分の体型を見ながら苦笑している。

立花隆は、「私は1メートル64を飛んでいました」と、梅宮の記録を否定しないで、その記録が新記録だったことをいう。すると、梅宮の記録はなかったことになる。梅宮は、3級下の近所の少年立花の憧れの先輩だったから、多少遠慮があるようなしゃべりで話が進む。

梅宮は修学旅行で東京へ行き、グループで銀座を見て回った時、梅宮は級友が田舎丸出しでハシャいでいるのがとても恥ずかしく、自分だけは知らん顔で歩いていたという。

92119212 作文(文集)が小学校の資料庫にあった。梅宮は6年生「ジョン」という文章。立花は小学4年で「杉の木の一生」という二つを読み比べてみると、立花の4年生でありながら、ストーリーを作って一本の杉が切り倒されてから鉛筆になる話を創作していた。ジョンという犬が自分に懐いていた話を書いている。平凡な感じがした。ジョンは猫いらずを食って死んだが、誰かのせいと思っているようだった。

記憶力という点では、立花のほうが抜群に覚えている。陸上部顧問の先生が交代したとき、前の顧問にばかり生徒が懐いて、あとの顧問が悔しがる話とか、ピカイチの女性教師の話をしても、梅宮にはピンときていなかった。

つまり、梅宮はもっと面白い話が次から次と身の上に向うから来てくれるモテ男だったから、別に記憶に留めておく必要がなかった、ということかもしれない。記憶に留めておくには、それを真剣に見つめておく習慣があると、ないとの違いではないか。

俳優になったのは、「スカウトされて」と親父にいったら大反対で、一年だけこっちの世界を見ておくのもいいかな、という程度でタレントをはじめた。自分では長くやる気はなかった。勉強もしていなかったが、父の後継ぎで医師をやる気でいた。タレントをやっていながら、これでいいのか、といつも思っていた。その辺が、必死でなない、そんなところが余裕になっていたのかな。

梅宮は、芸能界にはいって、『夜の帝王』と呼ばれる時代、背広は飲み屋へ置いておき、寝巻きで撮影所へ入ってそこで衣装を着けて撮影して終わると、飲み屋の更衣室へ来て背広に着替える。それから銀座ヘ飲みに回る。そんな豪快な生活を送ったという。

この辺は、男として憧れる生活だ。立花が聞いても、それ以上深い話はしてくれないが、泣かせた女は何百人いるやら。ジェームス三木で300人の記録をつけていたから、梅宮なんか、それ以上だろう。まあ、それはそれとして。人間、ヤラシイとこに興味があるものだ。

立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )1942年(昭和17年) 父が文部省職員として北京の師範学校副校長となったため、一家で中国へ渡る。 1946年 6歳の時、引揚げで日本へ戻り、一時母方の茨城郡那珂西に住み、のちに父の郷里茨城県水戸市に移る。
 茨城師範学校(茨城大学)付属小学校、中学校を経て、1956年(昭和31年)に水戸一高、千葉県に移ったため東京都立上野高等学校への転入を経る。東京大学文科二類へ入学。1964年 文学部仏文科を卒業し、文藝春秋に入社、「週刊文春」に配属されるが、もっともやりたくない仕事であるプロ野球の取材をさせられたことから退職を決意1967年(昭和42年) 東京大学文学部哲学科に学士入学。哲学科在学途中から文筆活動に勤しむようになり、ジャーナリストとして活躍する。(Wikipedia)

梅宮 辰夫(うめみや たつお、本名:梅宮 辰雄、1938年3月11日 - )は、満州・ハルビン出身の日本の俳優・タレント。日本に引き揚げ後は茨城県水戸市で育つ。身長174cm。体重 75kg血液型はA型。
水戸の茨城大学教育学部附属愛宕中学校時代の後輩には、自動車評論家の徳大寺有恒や、ジャーナリストで評論家の立花隆がいる(立花隆とは2009年のテレビ番組『旧友再会~梅宮辰夫と立花隆』(NHK)にともに出演)。中学では三人とも陸上競技選手だった。早稲田高等学校卒業、日本大学法学部中退。
 結婚は2度目で、最初の妻は銀座「姫」のホステス・大門節子(レコードも出している。梅宮と離婚後沢村忠と婚約した)。現在の妻はアメリカ人の元モデルで、やはり銀座のクラブで働いていた梅宮クラウディア。タレント・モデルの梅宮アンナは娘。俳優の梅宮万紗子は姪。声楽家の高橋好子は母方いとこ。俳優の高橋克典は母方のいとこ甥(伯母の孫)である。元プレアイドルの梅宮亜須香とは遠い親戚である。(Wikipedia)

9198 二人の共通点は、ガンをやって人生の先を見つめていること、そして死ぬまで働かなければならない、という点だ。「生活の心配がなければ、引退したい」と梅宮がいう。立花隆は「マスコミに露出が多いから金があると思われるが、カツカツの生活だ。たまにヒットすると何千万と入ることがあるが、そんなの十年に一回あるかないかだ」まだ、7本、8本、頼まれたものがあるが、死ぬまでに書けるか、時間との競争だ、という。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (1)

2010年1月 8日 (金)

ゴルバチョフ「日本が核廃絶リーダーとなれ」

9498 ソ連の元首相ゴルバチョフの名前さえ、記憶にない人が多くなったかもしれないと思いながら、「世界一受けたい授業」に現れたゴルバチョフを見た。もうじき80歳とは思えない若さである。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

ミハイル・ゴルバチョフ(1931年3月2日生まれ78歳) :1985年に共産党書記長に就任し、ソ連国内では東欧の社会主義諸国民主化の契機となったペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を進め、政治・経済・文化など多岐にわたる分野で合理化・民主化を行った。外交面ではそれまで40年以上続いていた冷戦を、マルタ会談にて就任して僅か5年目で終結させ軍縮を進めるなど、世界平和に多大に貢献した。1990年、ソ連で最初で最後となる大統領に就任し、同年にはノーベル平和賞を受賞。(Wikipedia)

94539474 このゴルバチョフの優しい笑顔に日本人はコロっとほだされるのだけれど、政治家だから言葉をそのまま鵜呑みにはできないが、日本人が核廃絶の先頭に立って、世界に働きかけるべきだ、と話す。

日本が核廃絶リーダーとなることが、日本の損失になるのか、とこの政治家が国際的にいえない理由があるのか、と思ってしまう。石原慎太郎あたりが、オリンピック誘致と同じくらい力を入れたら、彼は歴史に名前が残るだろうに、ゼニ使って新銀行東京とか、オリンピック誘致と、失敗ばかりしている。大体、彼は青嵐会のときから「(ヒトの金は使うが)自分のカネは使わない」と評されていた。

9447

CO2削減問題より、核廃絶が先ではないか。イギリス、ロシア、北朝鮮、インド、イラン、フランス、中国、パキスタン、イスラエルなど、核技術のあるリビア、イラクなど、やる気になれば、個人レベルにまで知識が行く可能性がある。

今、スキがあれば、他人のホームページにもぐりこんで破壊活動をする正体不明の勢力か、個人がいる。誰のアドレスも関係なくメールを送る付けとか、FAX番号が判れば、無断で送りつけてくる。人を見たら、泥棒と思えの無法地帯が広がっている。

それが核の分野で、世界を破壊する力、武器がダレにでも持てるようになったら、CO2を相談しているどころではなくなる。相談している建物ごと、人間ごと吹っ飛ばしてしまう。

環境の悪化、その上に人間の貧困が自暴自棄な行動で、地球を壊してしまう。人間の滅亡は、21世紀が危ない。戦争の愚は、ダレにでもわかっていそうで、それを止められないのだから、不思議な人間たちだ。

Reagan_and_gorbachev_signing ゴルバチョフ(ソ連)が、レーガン(アメリカ)と、核廃絶交渉をして軍縮をした。冷戦中の米ソ関係が最悪のときに交渉するのは、小泉さんが北朝鮮に乗り込む以上に危険を感じていたという。殺し合いの気持ちだったと書いている。

ソ連の政治家にしては、柔軟な西側にも理解できる行動をして発言して、東西冷戦の終結に動いた。西側に非常にウケがいい。ゴルバチョフは日本へはもう10回も来ているという。しかし、日本びいきであっても、現役政治家ではないから、北方領土を返してくれる発言はできないだろう。

ゴルバチョフだって、そう、善人面ばかりではないだろう。プーチンのようにコワ面じゃあない分、ゴルバチョフには油断してしまうゴルバチョフがチェルネンコのあと書記長に推薦されたとき、「諸君、この人物は笑顔はすばらしいが、鉄の歯を持っている」とグロムイコ外相は後輩ゴルバチョフに褒め言葉として語っている。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月 7日 (木)

民事裁判 手続きの流れと書記官への道

000052 00004 

客観的に見れば、簡単な流れではあるが、訴えられた場合、大抵は突然の出来事であるから、弁護士の選定、費用を考えると、素人には対応が難しい。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

一番の負担は、この訴状に答弁書を作成する作業である。相手の論点に被告側の答弁をいかに構成するか、という内容である。次に、形式を踏んで書く練習を積んでいないから、相手側の弁護士の慣れた緻密に書かれた文章を解読するのに手間が掛かる。正本、副本、控えをそろぞれ、証拠と共に各一冊。

疑問や細かい点は、書記官の名前が出ているから、その人に聞くに限る。人にもよるだろうが、意外と親切に教えてくれる。

裁判所職員総合研修所 書記官養成課程 これは意外と面白い職業のように見える。今後は、裁判が増えそうで、需要があるから、試験が受かれば、安定した職業と見た。

採用まで:皆さんは,この職場に何を求めて裁判所の採用試験を受けようとしているのでしょうか。Aさんの場合:多少法律に関係する会社に身を置いてはいたものの,触れる法律は所詮机上の空論。「現場を覗いてみようか」という気持ちでこの世界に飛び込みました。
 法律の知識に疎いと感じていたり,既に社会に出ている皆さんの今置かれた状況や年齢など,大した問題ではありません。むしろ,企業等での豊富な社会経験が裁判所での仕事にも生かされるのです。逆に,現在大学などで法律を学んでいる学生さんにとっては,蓄積された知識が現場に出てこそ生かされるものとなるでしょう。
 仕事におけるモチベーションというものは人それぞれ,裁判所職員として年数を重ねながらいろんな部署を経験していくうちに変化していくものです。

※「裁判所書記官」になるには
裁判所の採用試験に「書記官」の文字がないのは,書記官への登用が基本的に内部試験によるからです。書記官になるためには,まず裁判所職員総合研修所の書記官養成課程への入所試験に合格しなければなりません。裁判所に採用された後,多くの職員が,配属された裁判所で司法行政事務や裁判事務に従事しながらこの試験を目指し研鑽しています。
 この「先輩職員からのメッセージ」では,約1年ないし2年を埼玉県和光市の裁判所職員総合研修所で過ごしながら理論と実務をじっくり学びます。

裁判所の書記官は、20年勤務すると、試験を受けなくても、司法書士の資格が得られて開業ができる。税務署に勤めると税理士になれるというのに似ている。

司法書士は、通常は大原簿記とか、専門学校で数年勉強して受験する。その場合の合格率はかなり厳しい。50人受験して、よくない年だと合格者ゼロということもあるらしい。県別合格率を見ると、50倍から20倍程度になっている。詳細は実際の資料で確認ください。司法書士の平成18年度の合格率は約3.5%

従って、裁判所職員総合研修所 書記官養成課程 これが受かれば、将来が安定する。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月 6日 (水)

nozawa22 今年読んでもらいたいブログ

今年読んでもらいたいブログを再度、みなさんの目の届くようにしたい。そんなページを紹介します。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

5744

拝啓、社民党代表福島さんにお願いが

太平洋戦争 開戦から学徒動員まで

葛飾区では、新しい図書館が金町駅前にできて、葛飾図書館が葛飾の中心図書館の役目からヒラ図書館に降格したら、だいぶ蔵書図書を整理した。その中でも、いっせいに廃止されたのは、かさばるVHSビデオである。ビデオ1本を置ける場所で数倍のDVDを置ける。そういう理屈で処分されて廃棄する。太平洋戦争関係のVHSビデオを捨てられるのだとか。

たまたま、シリーズの20本を見始めたら、三本目から先がもう廃棄されましたという憂き目にあって、見られなくなった。捨てるなら、返却しないでもいいようなものの、そうはいかないのが、お役所仕事だ。期日を過ぎて「返却」指示が来る。そして、返したら、もう廃棄されるとわかっていて、返却というのは、何か割り切れなかった。

Kif_6199

さんま 岡村隆史に恋のてほどき

岡村隆史は、彼の個性は演じている部分が多分にあるのだろうが、別に心配しているわけではないが、見ていて、まどろっこしい。

不倫と呼ばれる既婚のように、青年には、社会の制約があるわけではない。就職試験のように、10回受けて一社合格すれば、いいのだから、「下手な鉄砲数打ちゃ当る」の精神を徹底したらいかがだろうか。鳩山由紀夫さんのように「すべての女性から選んだ」なんてセリフを言われる女性には迷惑だが。

上がり症で度胸がないと、なかなかチャンスがめぐってこない。人それぞれの異性キャッチのノウハウがあるものだ。ライオンの狩りみたいなもので、ある程度、同好の志や仲間が協力してもらえないと、うまく行かないかもしれない。

ちょっと古い世代の男性に有り勝ちな思考として、女性を大切にする意味なんだけれど、勇気がなくて手が出ない。女性は待っているのに、それを気づかない男のトンチンカン、という場合もある。女の側でリードするしかないかも。

恋愛とか、恋の話はみんなが食いついてくれるが、自分の問題となると公の場では語りにくいものだ。テレビでは、何回見合いしてもまとまらない男性を女性に紹介する番組があった。

その男性、もう50歳に近いが、何度も見合いしては断られている。今回合コンを設定して、年上男性を好きな女性ばかり四人集め、男性もそのメイン男性を含め四人の4:4の合コンを隠しカメラで撮っていた。

メインのAさん、見ていると、女性の気持ちに沿って進行していない。自分の気持ちが焦っているのか、段取りばかりが先行して、その場にいる人の気持ちをつかめないのか、盛り上がりに欠けるその場に目も気も行っていない。

4人中のダレがスキになったのか、その相手に自分の気持ちを伝える気配もない。席替えの権利を持っているのに、好きな人を自分の横へ持ってこようと考えていなかったり、やっていることがよくわからない。

7582

東アジア共同体は 夢のまた夢か

今年は、中国との付き合い方を真剣に考えなければならない年になるのではないか、と思っている。どうも、中国と付き合うと日本が取って食われてしまうのではないか、そんな印象がある人が多く、多くの人はオッカナびっくりで付き合う傾向が見える。

北朝鮮との問題に目がいくとき、敵対関係で見てしまう。あの国は何をしでかすか、ミサイルを打ってくるのではないか、そんな警戒心で見てしまう。中国にしても、北が日本に攻撃を仕掛けるのを喜ぶはずがない。日本は小泉首相が北へ乗り込んで金正日と協定を結んだ経験がある。かなり、小泉さんもドキドキしていただろうが、まあアウエイでやり取りするのは、度胸やハッタリがひつようだ。

北との交渉も、中国とのバックグランドを地ならしして、応援を得てから展開すると、金王朝も、柔軟な対応を引き出せるのではないか。デノミで国民の財産を相当吸い上げてしまったから、これは北の経済の逼迫を示している証拠だ。中国の支援がなかったら、北朝鮮は持たないはずだ。

そのためにも、北との交渉に入ると同時に中国との親密な関係をきちんと持続しないと、東アジアとの友好が保てないはずだ。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

ベトナム戦争路上射殺 国警長官の末路

1127973988_2 ベトナム戦争を象徴する写真の一枚がこれである。

昭和43(1968)年2月1日に起きたテト攻勢の最中、サイゴン警察が捕虜として捕らえたベトコン(南ベトナム解放民族戦線)の幹部兵士グエン・ヴァン・レム(阮文歛)を、グエン・ゴク・ロアン国警察長官がリボルバー銃を引き抜き、路上で射殺した。彼は、グエン・カオキ副大統領の側近で強硬な姿勢で解放戦線に当っていた。 (外部リンク医学都市伝説: ベトコン兵士路上処刑の日

南ベトナム側は、南ベトナム解放民族戦線小隊の指揮官だったとして、その処刑は正当なものであると主張した。捕らえられたグエン・ヴァン・レムは、後ろ手に結ばれ記者の前に引き出された。この写真(「サイゴンでの処刑」)を撮ったエディ・アダムズは、1969年度ピューリッツァー賞を受賞している。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

04 この事実は、解放戦線側にもわかっていたのだろう。ロアンは解放戦線に狙われた。数ヶ月後の5月5日、サイゴンのファンタジアン橋に拠点を解放戦線は置いて、首都を攻撃していた。首都防衛の責任者であったグエン・ゴク・ロアン国警察長官は、足と胃に銃撃を受け、サイゴン市内の病院へ担ぎ込まれた。

04_2 翌日も首都攻撃が続き、重傷を負ったロアン長官の代わりに指揮を取っていたダム・バン・クイ副国警察長官(大佐)だったが、翌日6日に戦闘中に戦死した。

ロアン長官は、数ヶ月の入院で完治して職務に復帰した。その後、南ベトナムが解放戦線に白旗を掲げるまで7年間、昭和50(1975)年まで、ベトナム戦争は続いた。

アメリカ軍のサイゴン撤退とともに、グエン・ゴク・ロアンは1975年にアメリカへ亡命、バージニア州でピザレストランを開業した。しかし1991年、過去が公に明かされてしまい、仕事は廃業した。そして1998年7月14日、ワシントンDC郊外にあるバージニア州バークで、癌のため死去した。

1975430日の早朝には、最後までサイゴンに残ったグエン・バン・チュー元大統領ら南ベトナム政府の要人や軍の上層部とその家族、アメリカのグレアム・アンダーソン・マーチン駐南ベトナム特命全権大使や大使館員、アメリカ人報道関係者などの南ベトナムに住んでいたアメリカ人の多くが、サイゴン市内の各所からアメリカ陸軍や海兵隊のヘリコプターで、海上に待機するアメカ海軍の空母に向けて脱出した

戦争入門 ベトナム戦争 沢田教一の写真から:   ルソン島で人肉を食う敗走日本軍    初年兵を死地にやった上官   ある憲兵の記録 日本人のDNA    戦争を知る人たちの記録   

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (2)

2010年1月 4日 (月)

中部国際空港→成田空港ひとッ飛び

9436 4年生になったR太郎と千葉へ行くことになり、常滑から成田へいく。彼はもう数回一人旅をしているから、なれていた。座席に坐ると、窓の外の景色より、イヤホンをつけて、落語を聴き始めた。いまどきの子らしく、自分の世界へ入って、時々、笑い声を上げていた。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

9438 ちょっと風があるし、5時40分過ぎで暗くなってから離陸は大丈夫かと思う。グングン速度を増して滑走しているのがわかると、うまく離陸してほしいと願わざるを得ない。まだか、まだか、まだ車輪が離れていない。黙って窓の外の景色を見ていたが、このまま、滑走路の端から海に飛び込むのではないか、そんな時間を過ごし、ようやく滑走路から離れ、音が違った。

9439 離陸したら、旋回しながら、ぐんぐん高度を上げていく。地上の光で半島の形が見え、隣りに坐ったR太郎が「知多半島だ」という。東京へ向かうには、伊勢湾上空を旋回してから東海道にそって東に向かうから、暗闇の中、陸地の光が見える。景色はそれ以外にない。一体、どこの上空か、さっぱりわからない。

9441_2  1時間ほどで、成田へ着陸。低空になって、滑走路に近づいてもまだ車輪がついていない。かなりその低空飛行ののちに、ドシンという感じで、着地して走る走る。1000メートルくらい滑走してスピードが落ちて、ようやくノロノロと定位置に落ち着くなでに、かなり掛かる。

着陸でドスンという音で、地上に着いたら、私はほっと緊張感が溶けた。日航機墜落の画像を何度も見ていると、重い機械が空を飛ぶことが、いまいち信用できないから、気が休まらない。

成田空港での国内線は、国際線より冷遇されて、バスに乗り込み、約5分くらい走る。ようやく、出口にいける。そこから、京成の特急電車に乗る。そう何本もないから、ここでも待つ。

実質飛行機に乗る時間は短い。地上の交通でいえいば、東京駅から鎌倉へ行くくらいの時間しか乗っていないが、待ち時間などがやたらに長い。荷物検査のためにも、時間と手間がかかる。新幹線で名古屋→東京(のぞみ)で行くほうが、座れるなら、こっちを選んだほうがいいのではないか、と思う。

小学生のR太郎一人旅なら、常滑から成田へヒトッ飛びで、迎えが簡単な点は便利である。親が空港勤務なら、チケットが取りやすい点もある。

R太郎、千葉の小学校の友だちに会うのも、1年ぶりで楽しみにしている。

☆今後とも、励ましクリックよろしくね!
   ↓   ↓

人気blogランキングへ  ご感想  お書きください.
.

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »